ssnote

x

新規登録する

作品にスターを付けるにはユーザー登録が必要です! 今ならすぐに登録可能!

この作品は執筆を終了しています。

進撃の巨人Another ――番外編―― 第14話 『ずっと傍に居る人』

    • Good
    • 8

loupe をクリックすると、その人の書き込みとそれに関連した書き込みだけが表示されます。

▼一番下へ

表示を元に戻す

  1. 1 : : 2013/12/07(土) 20:04:08

    進撃の巨人Another ――番外編―― 第14話


    ――Part 1――

    ――――前回までのあらすじ――――

    104期訓練兵「ユーク・トラス」には、1つの苦悩があった。そしてそれを乗り越えた
    彼にとって、何が大切なものなのか。少しずつ成長を繰り返してゆく――――

    ユークが6位へと陥落!更に3人との差を見せつけられ、益々気を落とす事に…

    アニはユークを元気づけようと躍起になり、想いを語る事でアプローチを仕掛けるも…

    そんな中、開催されたエレンの誕生日。決死のミカサの想いは、半分砕かれた!!――――


    ――――――――
    ――――
    ――

  2. 2 : : 2013/12/07(土) 20:06:19

    ――――夜 女子寮――――

    アニ「Zzz」ベローン

    ミカサ「あっ、アニったらお腹を出して寝ている」

    アニ「Zzz」ベローン

    ミカサ「いくら暑いからと言って、何も掛けていないと風邪を引いてしまう」

    ミカサ「ので、少々失礼して」ササッ バサッ

    アニ「Zzz」キチーン
  3. 3 : : 2013/12/07(土) 20:06:43

    ミカサ「…これでよし!」

    アニ「Zzz」スピーー

    ミカサ「アニはよく寝ている」ジーーッ

    アニ「うぅーん…」モゾモゾ

    ミカサ「(…ん?)」ジーーッ

    アニ「…ゆぅくぅぅ」ムニャムニャ
  4. 4 : : 2013/12/07(土) 20:07:56

    ミカサ「ふふっ、可愛い寝言」ニコ

    アニ「Zzz」スースー

    ミカサ「……」ジーーッ

    アニ「…むにゃぁあ」スヤスヤ

    ミカサ「…堪能した」ホッコリ

    ミカサ「私も寝るとしよう」モゾモゾ
  5. 5 : : 2013/12/07(土) 20:08:48

    ミカサ「今日も夢で、エレンに逢えますように」

    ミカサ「Zzz」スピーー

    アニ「うぅーん…」ゴロゴロ グチャグチャー

    アニ「Zzz」ベローン



    アニ「…くしゅん」ブルブル

    アニ「Zzz――――」


  6. 6 : : 2013/12/07(土) 20:09:49

    ――――翌朝――――

    アニ「ごほっ、ごほっ」グスグス

    ミカサ「案の定、風邪を引いてしまったのね」

    アニ「『案の定』って?」ゴホゴホ

    ミカサ「昨晩、アニはお腹を出して寝てしまっていた」

    アニ「なんだ、直してくれたらよかったじゃないか」ズピズピ

    ミカサ「勿論、寝る前に直した」
  7. 7 : : 2013/12/07(土) 20:10:28

    ミカサ「きっとアニが寝ている間に、また布団を蹴飛ばしたのだと思う」

    アニ「そうだったんだ。わざわざありがとね」ゴホゴホ

    ミカサ「…今日の訓練は、休んでいて」

    アニ「そうするよ」ズピズピ

    ミカサ「教官には伝えておくから、医務室に行って休んでいましょう」

    アニ「そうだね。皆に移すと悪いしね」
  8. 8 : : 2013/12/07(土) 20:10:54

    ミカサ「では、行きましょう」

    ミカサ「朝食は後で、私が届けに行くから」

    アニ「面倒を掛けるね」

    ミカサ「それほどでもない」

    アニ「その前に着替えたいんだけど?」

    ミカサ「わかった。手伝おう」
  9. 9 : : 2013/12/07(土) 20:12:30

    アニ「お願いね?」

    ミカサ「ええ、任せて」

    アニ「…でも」

    ミカサ「…?」

    アニ「また胸を触るのは、ダメだからね?」ジロッ
    (『――番外編―― 第8話』参照)

    ミカサ「そ、そんな事は、もう考えていない」アセアセ
  10. 10 : : 2013/12/07(土) 20:13:01

    アニ「……」ジトーーッ

    ミカサ「あうっ、ほ、本当」キリッ

    アニ「まぁ、信じるよ」

    ミカサ「よかった」ホッ

    アニ「それじゃあ、そこの引き出しからテキトーに服を取ってくれない?」スッ

    ミカサ「ええ、わかった」
  11. 11 : : 2013/12/07(土) 20:13:21

    アニ「よろしくね」

    ミカサ「少し待っていて」ガサゴソ

    アニ「(ミカサ、随分と素直になったね)」

    アニ「(そういえば、ミカサとはもう随分と、一緒に居るような気がする)」

    アニ「(特に関わりを持ったのは、最近だって言うのにね)」

    アニ「(私…このままでも…いいのかな?)」
  12. 12 : : 2013/12/07(土) 20:13:44

    ミカサ「アニ、服を用意したので、着替えよう!」

    アニ「お願いするよ」

    ミカサ「ええ、では始める」テキパキ

    アニ「…妙に手馴れているね」

    ミカサ「え?そ、そ、そ、そんな事はない」キリッ

    アニ「ふぅーん」ジーーッ
  13. 13 : : 2013/12/07(土) 20:15:09

    ミカサ「あぅぅ、そんな疑いの目を向けないで」シュン

    アニ「それより、早く着せてくれない?」

    ミカサ「そうだった!忘れるところだった」テキパキ

    アニ「…ありがとね、ミカサ」モゾモゾ

    ミカサ「…どういたしまして」テキパキ

    アニ「……」モゾモゾ

  14. 14 : : 2013/12/07(土) 20:15:35

    ――――――――

    ミカサ「出来た!」パパーン

    アニ「それじゃあ、行こうか」

    ミカサ「ええ、肩に掴まっていて」

    アニ「そこまでよろよろじゃないよ」ヨロヨロ フラフラ

    ミカサ「ふふっ、言葉と様子が一致していない」クスッ

    アニ「…それじゃあ、頼むよ」
  15. 15 : : 2013/12/07(土) 20:15:54

    ミカサ「お姫様抱っこでも、私は構わないけれど?」ニヤ

    アニ「…それは、遠慮しておくよ」

    ミカサ「そうね。アニがそれをしてほしい人は、既に決まっているもの」ニコ

    アニ「な、何の事だい?」プイ

    ミカサ「照れなくてもいい」

    アニ「て、照れてなんていないさ」プーイ
  16. 16 : : 2013/12/07(土) 20:16:24

    ミカサ「頼めばきっと、彼は快くしてくれるはず」

    アニ「そんな事ないよ…だって私は…」ボソボソ

    ミカサ「どうかしたの、アニ?」ジッ

    アニ「な、何でもないさ!」アセアセ

    ミカサ「...?」

    アニ「ほら、アンタも朝食に遅れるよ?」
  17. 17 : : 2013/12/07(土) 20:18:12

    ミカサ「そうね、それは大変」

    ミカサ「では、医務室に行きましょう、アニ」

    ミカサ「しっかり掴っていて」トコトコ

    アニ「すまないね」ガシッ トコトコ

    ミカサ「…友達だから」トコトコ

    アニ「…ありがとう」トコトコ



  18. 18 : : 2013/12/07(土) 20:18:43

    ――――食堂――――

    ミカサ「皆、おはよう」

    エレン「おはよーさん」ノビーン

    ユーク「おはよう、ミカサ」

    ミカサ「ええ、ここに座ってもよいだろうか?」

    エレン「あぁ、いいぞ」

    ミカサ「ありがとう」スチャ
  19. 19 : : 2013/12/07(土) 20:19:01

    ユーク「随分と遅かったね」

    ミカサ「ええ、ギリギリになってしまった」

    ユーク「……」キョロキョロ

    ミカサ「どうかしたの?」

    ユーク「…アニは?」ジーーッ

    ミカサ「実は、今朝の事なのだけれど――――」

  20. 20 : : 2013/12/07(土) 20:19:32

    ――――――――

    ユーク「ふぅーん、アニは風邪を引いちゃったんだな」

    ミカサ「ええ、そう」モグモグ

    ユーク「原因がお腹出して寝ていたからだって?」

    ミカサ「その通り」

    ユーク「君が寝る前に直したけど、朝にはまた『元の状態』になっていたと?」

    ミカサ「私の注意が足りなかった」
  21. 21 : : 2013/12/07(土) 20:20:03

    ミカサ「ので、謝る。ごめんなさい」ペコリ

    ユーク「いや、違うよ、ミカサ」フルフル

    ユーク「…ありがとね」

    ミカサ「…?」ポカン

    ユーク「アニが風邪を引いたのは、やっぱりアニの所為だ」

    ユーク「だから、ミカサが責任を感じる必要はない」
  22. 22 : : 2013/12/07(土) 20:20:36

    ミカサ「今日はアニに対して冷たいのね、ユーク」

    ユーク「だって…ねぇ」

    ミカサ「...?」

    ユーク「悪いけど、ここじゃ言いにくい事だから…さ?」チラ

    ミカサ「なるほど、承知した」

    ユーク「今日の予定は、対人格闘と座学だったよね?」
  23. 23 : : 2013/12/07(土) 20:20:51

    ミカサ「ええ、そう」

    ユーク「それじゃあ対人格闘は、俺と組んでくれ」

    ユーク「話の機会を設けよう」

    ミカサ「わかった。よろしく」

    ユーク「それじゃあ、君が食べ終わるまで待とうか」

    ミカサ「先に行っていてもいい」
  24. 24 : : 2013/12/07(土) 20:21:28

    ユーク「女の子に対して、そう言うわけにはいかないよ」

    ユーク「ね、エレン?」チラ

    エレン「Zzz」

    ユーク「あれ?寝ているや」

    ミカサ「エレンも疲れているのだろうか?」

    ユーク「最近暑いから、寝ている間にも体力が奪われているんだろうな」
  25. 25 : : 2013/12/07(土) 20:22:01

    ミカサ「貴方も注意して?」

    ユーク「ありがとう、でもミカサもだよ?」

    ミカサ「どうして?」

    ユーク「君はアニの着替えを手伝ってくれたんだろ?」

    ミカサ「ええ、そう言った」

    ユーク「だから、一番アニに接触していたわけだからさ」
  26. 26 : : 2013/12/07(土) 20:22:16

    ミカサ「なるほど、理解した」

    ユーク「アニは嫌がっていたかい?」

    ミカサ「いいえ、素直に応じてくれた」

    ユーク「そうか。聞けて良かったよ」

    ミカサ「でも…」

    ユーク「『でも』?」
  27. 27 : : 2013/12/07(土) 20:23:08

    ミカサ「アニは身体を触られる事に警戒していた」

    ユーク「(どきりっ!!)」ピク

    ミカサ「ん?どうかしたの?」

    ユーク「い、いや…何でもないんだ」ドキドキ

    ミカサ「(変なユーク…)」ジーーッ

    ユーク「(この前の“あの出来事”を…思い出してしまった)」ドキドキ
    (『――番外編―― 第13話』参照)
  28. 28 : : 2013/12/07(土) 20:23:53

    ミカサ「やはり、アニは嫌なのだろうか?」

    ユーク「それは君が以前、そういう事をしたからだろう?」
    (『――番外編―― 第8話』参照)

    ユーク「やっぱり原因は、その事に尽きているよ」

    ミカサ「そうなのだろうか」シュン

    ユーク「アニの態度は、どうだった?」

    ミカサ「言うほど、怖い印象ではなかった」
  29. 29 : : 2013/12/07(土) 20:25:32

    ミカサ「寧ろ、軽い注意程度に感じた」

    ユーク「なら、きっとミカサは、アニに信用されているさ」ニコ

    ミカサ「本当だろうか?」パァァ

    ユーク「自信を持っていいよ?」

    ユーク「アニは信用した人にしか、そういった冗談を交えないからさ」

    ミカサ「ユークは、本当にアニの事をよく分かっている」
  30. 30 : : 2013/12/07(土) 20:26:18

    ユーク「そうかな?」

    ミカサ「ええ、きっとそう」ニコ

    ユーク「(本当に…そうなのだろうか…?)」

    ミカサ「食べ終わった。行きましょう…」ガタッ

    ユーク「そうだね、行こうか!」

    ミカサ「…っと、いけない」
  31. 31 : : 2013/12/07(土) 20:26:41

    ミカサ「忘れるところだった」

    ユーク「何を?」

    ミカサ「アニにご飯を持って行くことになっていた」

    ユーク「俺も付き添おうか?」

    ミカサ「…いいえ、今はいい」

    ユーク「今は?」
  32. 32 : : 2013/12/07(土) 20:27:37

    ミカサ「訓練が終わったら、お見舞いに行きましょう!」

    ユーク「わかったよ」

    ミカサ「それじゃあ、私はご飯を届けてくる」

    ミカサ「ので、貴方は先に訓練場へ行って、待っていて」

    ユーク「よろしくね、ミカサ」

    ミカサ「ええ、ではまた」スクッ

  33. 33 : : 2013/12/07(土) 20:28:00


    スタスタ トコトコ


    ユーク「ほら、エレン」ユサユサ

    エレン「お、おぉ、なんだぁ、ユーク?」ウトウト

    ユーク「訓練場に行くぞ?」

    エレン「おぉ、そうだなぁ」

    ユーク「ちゃんと目を覚ましていないと、怪我しても知らないぞ?」

    エレン「悪い、悪い!目も覚めたよ」パンッパンッ
  34. 34 : : 2013/12/07(土) 20:28:37

    ユーク「ミカサは、少し遅れて来るからさ」

    ユーク「俺達は、先に行っていよう!」

    エレン「わかった!頑張ろうぜ!!」

    ユーク「生憎、アニは風邪を引いているから」

    ユーク「今日のエレンは、ミカサ以外の相手を探してくれよ?」

    エレン「そうなのか、残念だな」
  35. 35 : : 2013/12/07(土) 20:32:17

    ユーク「ミカサの相手は、俺が務めるからさ」

    エレン「あいつの事をよろしくな、ユーク!」ニッ

    ユーク「あぁ、任せておけ…?」ポカン

    エレン「(やっぱミカサには、ユークがお似合いかもな!)」

    ユーク「…?」

    エレン「ほら、遅れるぞ?」スクッ
  36. 36 : : 2013/12/07(土) 20:32:38

    ユーク「あぁ、そう…だな?」スクッ

    エレン「よっしゃあ!今日も頑張るぞぉ!!」タッタッタ

    ユーク「……」タッタッタ

    ユーク「(…なんか今の会話…腑に落ちない)」モヤモヤ

    ユーク「(でも…それより)」

    ユーク「(アニ、元気でいてね?――――)」


  37. 37 : : 2013/12/07(土) 20:33:15

    ここでPart1はおわり

    明日は、まだどちらかは未定

  38. 38 : : 2013/12/08(日) 19:41:35

    ――Part 2――

    ――――午前 対人格闘訓練――――

    ユーク「それじゃあ、そのまま相手をお願いね?」

    ミカサ「ええ、この訓練では談話が出来るので便利」

    ユーク「一種の羽休めといったところか」

    ミカサ「それで、貴方は何の話をしたいの?」

    ユーク「朝は時間がなくて、話せない事もあったしね」

    ミカサ「…?」
  39. 39 : : 2013/12/08(日) 19:42:01

    ユーク「どうしたの?」

    ミカサ「貴方はさっき、『ここでは話せない事』と言った」

    ミカサ「その話は、どこへいったのだろうか?」

    ユーク「ありゃ、鋭いね」

    ミカサ「それで、その話とは?」ジッ

    ユーク「アニの事だよ」
  40. 40 : : 2013/12/08(日) 19:42:28

    ミカサ「それは…何となくわかっていたけれど」

    ユーク「アニはね…昔からよく布団を蹴飛ばす癖があったんだよ」

    ミカサ「そうだったの」

    ユーク「だから開拓地に居た時も、夜中に必ず1度は毛布を掛け直してあげていたものさ」

    ミカサ「ふふっ、アニは寝相が悪かったのね」クスリ

    ユーク「ベルトルト程じゃないけどな」
  41. 41 : : 2013/12/08(日) 19:42:55

    ミカサ「え?どうしてベルトルトが出てくるの?」ポカーン

    ユーク「あっ!いやっ、そうじゃなくて…」アセアセ

    ミカサ「...?」

    ユーク「ここへ来てからは、あいつと同室だからさ」

    ユーク「どうしてもあいつの寝相の悪さは、気にせずにはいられなかったって事だよ」

    ミカサ「そうだったの」
  42. 42 : : 2013/12/08(日) 19:44:04

    ユーク「そうそう!」ドキドキ

    ミカサ「確かに、彼の寝相の悪さの話は、こちらにも伝わっている」クスリ

    ユーク「女の子達にも?」

    ミカサ「ええ、その通り」

    ユーク「どんな風に?」

    ミカサ「何でも、彼の寝相で天気を予想できるだとか」

  43. 43 : : 2013/12/08(日) 19:45:25

    ユーク「まぁ実際に、的中率は高いんだけどね」

    ミカサ「便利ね」クスッ

    ユーク「あぁ、ベルトルト占い様様だよ」ハハハ

    ミカサ「ふふっ」クスリ

    ユーク「(危なかった…俺は馬鹿か!!)」

    ユーク「(途中から、何とかして話を天気予報に逸らしたけど...)」
  44. 44 : : 2013/12/08(日) 19:46:40

    ユーク「(こういう凡ミスをしている様じゃあ…先が思いやられるな)」ハァ

    ミカサ「溜息ついてどうしたの?」ジッ

    ユーク「大した事じゃないさ」

    ミカサ「そう」

    ユーク「それより、話を戻そうか」

    ミカサ「ええ、確かアニの寝相が悪いという話だったはず」
  45. 45 : : 2013/12/08(日) 19:48:09

    ユーク「そうなんだよね」

    ユーク「(ミカサの注意をベルトルトから逸らす為にも…)」

    ユーク「(もう、あの話をしてミカサの注意を惹きつけるしかないか…)」

    ユーク「夜、膝枕をしてあげて『いた』時も、しばしば毛布を蹴り飛ばしていてね」

    ユーク「大体、その度に直してあげていたんだよ」

    ミカサ「膝枕をしてあげて『いる』のは、見ていたから知っている」
  46. 46 : : 2013/12/08(日) 19:49:18

    ミカサ「けれど、アニが寝ているというのは、初耳だった」

    ユーク「(よし!食いついたな)」

    ユーク「(恥ずかしいけど、もう少し情報を与えておくか)」

    ユーク「まぁね。膝枕をしてあげていると、アニがよく寝ちゃうんだよ」

    ミカサ「そうね。貴方の膝枕は、安心感を覚えるから」クスリ

    ユーク「そうだったの?」
  47. 47 : : 2013/12/08(日) 19:49:41

    ミカサ「ええ、この前にしてもらった時、眠たくなったのもその為」
    (『――番外編―― 第13話』参照)

    ユーク「それは、俺も初耳だったかも」

    ミカサ「アニは貴方に頼めば、いつでもしてもらえるみたいで羨ましい」

    ユーク「君は以後、エレンに頼みなよ?」

    ミカサ「私もそう思っていたのだけれど」
    (『――番外編―― 第2話』参照)

    ミカサ「頼んでも、中々してくれない」
  48. 48 : : 2013/12/08(日) 19:50:32

    ミカサ「道は遠い」シュン

    ユーク「今度、俺がエレンに頼んでおくよ」

    ミカサ「本当に?」パァァ

    ユーク「まぁ、期待していて?」

    ミカサ「ありがとう!嬉しい!!」ギュ

    ユーク「ほら、またそうやって手を握る」ヤレヤレ
  49. 49 : : 2013/12/08(日) 19:51:05

    ミカサ「おっと、いけない、いけない」パッ

    ユーク「その癖も、少しずつ直そうね?」

    ミカサ「ええ、わかっている」

    ユーク「…もう、午前も終わりそうだね」

    ミカサ「話していると、あっという間だった気がする」

    ユーク「時間の流れなんて、そういうものだよ」
  50. 50 : : 2013/12/08(日) 19:51:20

    ミカサ「そうね。楽しい時間は、すぐに過ぎ去ってしまう」

    ユーク「ミカサは、俺と話していて楽しいのかい?」

    ミカサ「ええ、とても」ニコ

    ユーク「エレンと話すよりも?」

    ミカサ「ユーク、今はそういう無粋な事は、言わないで?」

    ユーク「…ごめん、失礼だった」ペコリ
  51. 51 : : 2013/12/08(日) 19:51:47

    ミカサ「勿論、エレンが一番っ!!」キリッ

    ユーク「っていう流れだと思ったよ!」クッ

    ミカサ「ふふふ、貴方もまだまだ」ニヤニヤ

    ユーク「くっそぅ、下手に出ていれば…」グヌヌ

    ミカサ「ふふふ」ニマニマ

    ユーク「ぐぬぬ」
  52. 52 : : 2013/12/08(日) 19:52:12

    ミカサ「…でも」

    ユーク「ん?」

    ミカサ「貴方と話していて、楽しいというのは本当」

    ユーク「…ありがとう」

    ミカサ「願わくは、アニもエレンも一緒に居られる事が一番幸せ」

    ユーク「…とても嬉しいよ」
  53. 53 : : 2013/12/08(日) 19:53:28

    ユーク「俺も…きっとアニもね」ニコ

    ミカサ「ええ、これからも私達と仲良くしてほしい」ニコ

    ユーク「俺達からも、宜しく頼むよ」

    ユーク「(いずれ訪れる“その時”までの、ささやかな時間の間だけでも…)」

    ミカサ「ユーク、最後にストレッチをしましょう!」

    ユーク「そうだね。身体の調整をしないと!」

  54. 54 : : 2013/12/08(日) 19:53:54

    ――――――――

    ミカサ「それじゃあ、もうこの訓練も終わった」

    ミカサ「ので、お昼を食べて、アニにご飯を持って行きましょう」

    ユーク「今度は、俺も着いて行っていいかい?」

    ミカサ「ええ、朝は時間がなかったので、断ったけれど」

    ミカサ「お昼は時間に余裕がある」

    ミカサ「ので、行きましょう!」ニコ
  55. 55 : : 2013/12/08(日) 19:54:25

    ユーク「アニ、大丈夫かな?」

    ミカサ「それほど、熱が高かったわけでもなかった」

    ミカサ「ので、安静にしていれば、きっと大丈夫」

    ユーク「少し、急ごうか」

    ミカサ「ええ、アニと居られる時間が、無くなるものね?」ニヤリ

    ユーク「今は、何も言い返せないな」
  56. 56 : : 2013/12/08(日) 19:54:45

    ミカサ「もっと素直になってもいい」

    ユーク「俺は素直さ」

    ミカサ「着替えを手伝わせてくれたアニは、随分と素直だった」

    ユーク「アニも俺も、君の所為で変わってしまったんだよ?」

    ミカサ「それは、前にも聞いた事がある」
    (『――番外編―― 第12話』参照)

    ユーク「その時は、アニをおぶっていたね」
  57. 57 : : 2013/12/08(日) 19:55:16

    ミカサ「ええ、アニはお姫様だった」

    ユーク「…俺達は、君の影響を受け過ぎたみたいだ」

    ミカサ「それは…いい傾向?」

    ユーク「そうだね…きっといいんだろうな」

    ミカサ「…ユーク?」ジッ

    ユーク「それじゃあ、ミカサ、行こうか!」タッタッタ
  58. 58 : : 2013/12/08(日) 19:57:43

    ミカサ「あっ、待って!…ふふっ」クスリ

    ユーク「(アニ、待っていて!)」タッタッタ

    ユーク「(今からご飯を持って行くからさ!)」

    ミカサ「(アニ、ユークが今からお見舞いに行く)」タッタッタ

    ミカサ「(ので、今から楽しみに待っていて?)」

    ミカサ「(…と、私の中で思っていても、アニはその事を知らないけれど――――)」クスス


  59. 59 : : 2013/12/08(日) 20:00:26

    ――――医務室――――


    コンコンコン


    アニ「はい、どうぞ」


    ガチャ バタン


    ミカサ「アニ、お昼ご飯を持って来た」

    アニ「あぁ、またすまないね」ゴホゴホ

    ミカサ「当たり前の事」

    ミカサ「アニは、安静にしていて」

    アニ「それじゃあ、そこに置いておいてくれないかい?」ズズズ
  60. 60 : : 2013/12/08(日) 20:00:49

    ミカサ「食欲がないの?」

    アニ「後で食べるからさ」

    ミカサ「それじゃあ、朝の配膳は回収する」

    アニ「そこに置いてあるよ」

    ミカサ「それじゃあ、それを持って行くのはお願い、ユーク」

    アニ「え?ユークも居るの?」ドキリ
  61. 61 : : 2013/12/08(日) 20:01:33

    ユーク「アニ、大丈夫?」ヒョコッ

    アニ「あ、う、うん…大丈夫さ」ニコ

    ユーク「そう、よかった」ニコ

    ミカサ「……」ニヤニヤ

    ユーク「何だい、ミカサ?」チラ

    ミカサ「いいえ、何でも?」ニマニマ
  62. 62 : : 2013/12/08(日) 20:02:41

    ユーク「それじゃあ、これは帰りに持っていくからね?」

    アニ「うん。アンタにも世話を掛けるね?」

    ユーク「アニは今、自分の事だけ気にしてなよ?」

    アニ「ありがと」

    ミカサ「では、私は退散しようか」ソソクサ

    ユーク「まぁ、待ちなよ」ガシッ
  63. 63 : : 2013/12/08(日) 20:03:06

    アニ「あっ!」

    ユーク「ん?」

    アニ「な、何でも…ない」ソワソワ

    ユーク「…?」チラ

    ミカサ「...?」チラ

    アニ「…むぅ」ソワソワ
  64. 64 : : 2013/12/08(日) 20:03:28

    ミカサ「ユーク、そろそろ手を放して」ジタバタ

    ユーク「そうだね、ごめん」パッ

    アニ「……」ホッ

    ミカサ「...?」

    アニ「そ、それでアンタ達は、この後どうするの?」

    ミカサ「とりあえず、午後の座学が始まるまでの間は、ここに居て話し相手をしようと思う」
  65. 65 : : 2013/12/08(日) 20:04:06

    ユーク「他に何か、注文はあるかい?」

    アニ「今の所、頼みたい事はないよ。ありがとね」

    ユーク「そう」

    ミカサ「午後の座学だけれど」

    アニ「あっ、そうか。ノートが…」

    ユーク「それは、俺の専売特許だろ?」
  66. 66 : : 2013/12/08(日) 20:04:28

    ユーク「アニの分は、任せておいて?」

    アニ「ありがとう、頼むよ」ニコ

    ユーク「(どきりっ!!)」ピクッ

    ユーク「あ、あぁ…ちゃんとやっておくよ」フイ ドキドキ

    アニ「...?」

    ミカサ「にまにま」
  67. 67 : : 2013/12/08(日) 20:05:06

    ユーク「こら、ミカサ。口に出ているよ?」

    ミカサ「おっと、失敬、失敬」ニヤニヤ

    アニ「表情に出していれば、いいってものでもないからね?」

    ミカサ「では、どうすればいい?」

    ユーク「初めから、そういう下心はなくしたらどうだい?」

    ミカサ「いや」キッパリ
  68. 68 : : 2013/12/08(日) 20:05:50

    アニ「即答だね」

    ミカサ「そんな事では、貴方達を見ていても楽しめない」ニマニマ

    ユーク「君は本当に…」ハァ

    アニ「自由奔放だね」ハァ

    ミカサ「2人して、同時に溜息とは…」

    ミカサ「まさに以心伝心」ニマニマ
  69. 69 : : 2013/12/08(日) 20:06:30

    アニ「ほら、話が終わったなら、さっさと戻りな」フイ

    ユーク「おっと、その前に」ササッ

    アニ「…?」

    ユーク「水タオルを代えないとね?」テキパキ

    アニ「いいって、自分でやるからさ」

    ユーク「病人は寝ているのが一番だよ?」サッ
  70. 70 : : 2013/12/08(日) 20:08:05

    アニ「んっ…ありがと、気持ちいいよ」

    ユーク「それじゃあ、また後で来るよ」

    ミカサ「アニもユークが来てくれて、寂しくなくなったはず」

    ミカサ「またお見舞いに来るまでの間、そのユークの温かさを感じて、大人しく待っていて」

    ユーク「タオルは冷たいけどね」

    アニ「そんな茶番は要らないよ、全く」クスリ
  71. 71 : : 2013/12/08(日) 20:09:01

    ミカサ「アニも気が紛れて、少し元気になったよう」

    ユーク「そうだね、来た甲斐があったよ」

    アニ「ありがとね」

    ミカサ「ええ。それじゃあ、ユーク、行きましょう」

    ユーク「ばいばい、アニ!」フリフリ

    アニ「ばいばい」

  72. 72 : : 2013/12/08(日) 20:09:20


    ガチャ バタン


    アニ「…とても温かいよ、ユーク」

    アニ「ありがと」ニコ

    アニ「(また、眠たくなってきた…)」ウトウト

    アニ「(2人が来てくれたおかげで…安心したよ)」

    アニ「(また…来てほしいな…)」ウトウト

    アニ「Zzz――――」スピーー


  73. 73 : : 2013/12/08(日) 20:10:17

    Part2おわりです。

  74. 74 : : 2013/12/09(月) 19:54:04
    やっっっと追いついたー!!!
    一週間前からずっと見ててこれ以外のss全然見れてないww
  75. 75 : : 2013/12/09(月) 23:42:48

    ――Part 3――

    ――――教室――――

    ユーク「それじゃあ、午後の座学を受けに行こうか」

    ミカサ「ええ、また隣をお願い」

    ユーク「そうだね。筆談でもして、話をしていようか」

    ミカサ「でもノートを取るのを怠ってはダメ」

    ユーク「その辺は抜かりないから、心配ご無用!」

    ミカサ「ふふっ、アニと話が出来て、貴方も元気になったみたい」ニコ
  76. 76 : : 2013/12/09(月) 23:43:14

    ユーク「…ばれていたか」ニコ

    ミカサ「貴方も寂しかったの?」ジッ

    ユーク「…そうだね」

    ユーク「半日会えないだけでも、これ程寂しい思いをするとはね」

    ユーク「最近の俺は…少しおかしいのかもね」

    ミカサ「そんな事はない」
  77. 77 : : 2013/12/09(月) 23:44:37

    ミカサ「それは、きっと貴方がアニを大切に想っているという事の、何よりの証拠」

    ミカサ「ので、もっと自信を持って!」

    ユーク「ありがとう…でもね、やっぱりアニは家族のような存在だからさ」

    ユーク「ミカサが考えているような関係には…多分なれないんだよ」

    ユーク「(例えアニが…そう望んでいたとしても…ね)」

    ミカサ「(ユーク…)」ジッ
  78. 78 : : 2013/12/09(月) 23:47:21

    ユーク「さっ!どこに座ろうか?」キョロキョロ

    ミカサ「筆談する事を初めから目的とするならば、後ろの方がいいかも」

    ユーク「あっちに丁度、2つ席が空いているね」スッ

    ミカサ「ええ、エレンには申し訳ないけれど、今日は貴方と座る目的がある」

    ミカサ「ので、エレンの隣は諦める」クッ

    ユーク「……」チラ

  79. 79 : : 2013/12/09(月) 23:47:43

    ユーク「ここで残念なお知らせがあるんだけど…」シンミリ

    ミカサ「何?」

    ユーク「そのエレンの両隣は、既に埋まっているよ?」

    ミカサ「え?」

    ユーク「あっちを見て」スッ

    ミカサ「『あっち』?」チラ

  80. 80 : : 2013/12/09(月) 23:48:09


    ザワザワ ワイワイ


    エレン「今日の内容は、『巨人の生態について』だったよな?」ワクワク

    アルミン「もう、エレンは他の講義もちゃんと聞いていなよ?」

    ジャン「へっ、相変わらずの巨人馬鹿だな」

    エレン「なんだよ、いいじゃねぇか別に」プンプン

    アルミン「ほら、ジャンも言い過ぎだよ?」

    ジャン「ははっ、悪かったな」
  81. 81 : : 2013/12/09(月) 23:48:26

    エレン「まぁ、良いけどよ」

    ジャン「それよりアルミン!また今度、外の世界の話をしてくれねぇか?」ワクワク

    エレン「俺も、俺も!!」ワクワク

    アルミン「それじゃあ、この前エレンがジャンから貰った本を読ませてくれないかい?」

    エレン「おっ!あの誕プレの本か?」
    (『――番外編―― 第13話』参照)

    アルミン「うん、あの時から気になっていたんだよ!!」ウキウキ
  82. 82 : : 2013/12/09(月) 23:48:57

    ジャン「そうだな、よろしく頼むぜ!」ワクワク

    エレン「楽しみだなぁ」

    アルミン「それじゃあ、いつにしようか?」

    ジャン「そうだな、見つかるのも拙いし、俺がお前達の部屋に行くぜ!」

    エレン「よっしゃ、じゃあ後はいつ読むかだな!」ワクワク

    アルミン「それじゃあ、この日なんてどうかな?――――」

  83. 83 : : 2013/12/09(月) 23:49:35


    ワイワイ キャッキャッ

    スゲースゲー ワクワク


    ミカサ「あぁ…エレぇン…」グスン

    ユーク「よしよし」ナデナデ

    ミカサ「うぅぅ…」グスグス

    ユーク「ほら、今日が“あれ”で都合が良かったじゃないか」

    ミカサ「でもぉ…」グスグス

    ユーク「今度は、ちゃんと早く来て」
  84. 84 : : 2013/12/09(月) 23:50:05

    ユーク「席を確保しよう!ね?」

    ミカサ「…うん」スピッ ヒンッ

    ユーク「(エレンの事となると、途端に涙脆くなるなぁ、ミカサは…)」


  85. 85 : : 2013/12/09(月) 23:50:47

    ――――講義中――――

    ユーク「ミカサ、ミカサ」ヒソヒソ

    ミカサ「何?」ヒソヒソ

    ユーク「......」カキカキ

    ミカサ「(なるほど、筆談)」

    ユーク「……」サッ

    ミカサ「(えーと、何だろうか?)」ジーーッ
  86. 86 : : 2013/12/09(月) 23:51:29


    『アニにしてあげられる事って、何かないかな?』


    ユーク「……」チラ

    ミカサ「……」コクリ

    ユーク「(ミカサに伝わったかな?)」

    ミカサ「(なるほど、ユークはアニの事が、本当に心配だと見受けられる)」

    ミカサ「(…そうだ!)」

    ミカサ「……」カキカキ

    ミカサ「……」スッ

    ユーク「(えーと、何々…)」ジーーッ
  87. 87 : : 2013/12/09(月) 23:52:34


    『膝枕!!』


    ユーク「……」チラ

    ミカサ「……」ニマニマ

    ユーク「(おい、真面目にやれ)」

    ミカサ「(恥ずかしがらなくてもいい。アニもきっと望んでいる)」ニヤニヤ

    ユーク「(全く、ミカサは…)」プンプン

    ユーク「……」カキカキ

    ユーク「……」スッ

    ミカサ「(さて、どういう返事が来ただろうか…)」ジーーッ
  88. 88 : : 2013/12/09(月) 23:53:16


    『治らないだろ、それじゃあ』


    ミカサ「……」チラ

    ユーク「……」プンスカ!

    ミカサ「(全く、じれったい)」

    ユーク「(何か“早く治す”手段はないものかな?)」

    ミカサ「(でも、普通に考えて…)」

    ミカサ「……」カキカキ

    ミカサ「……」スッ

    ユーク「(えーと、次は何だって?)」ジーーッ
  89. 89 : : 2013/12/09(月) 23:53:47


    『薬はもう飲んでいるはず。ので、余計な事はせずに、安静にさせておいた方がいい』


    ユーク「……」チラ

    ミカサ「……」コクリ

    ユーク「(まぁ、正論だよな)」

    ミカサ「(ユーク、焦ってはダメ)」

    ユーク「(俺は、何を急いでいたんだろうな?)」

    ユーク「……」カキカキ

    ユーク「……」スッ

    ミカサ「(ユークの反応は…)」ジーーッ
  90. 90 : : 2013/12/09(月) 23:54:12


    『ありがとう、頭が冷えた』


    ミカサ「……」チラ

    ユーク「……」コクリ

    ミカサ「(そう、良かった)」

    ユーク「(じゃあ、やっぱり安定の膝枕か?)」

    ミカサ「(私達にできる事は、見守る事だけだから…)」

    ミカサ「……」カキカキ

    ミカサ「……」スッ

    ユーク「(今度は何だろう?)」ジーーッ
  91. 91 : : 2013/12/09(月) 23:55:16


    『私達も焦らず、ゆっくり見守っていてあげましょう。それが何よりアニの為になる』


    ユーク「……」チラ

    ミカサ「……」コクリ

    ユーク「(ミカサの方が、よく分かっていたなんてね)」

    ミカサ「(ユークが焦る気持ちも、わからないでもない。これがエレンだったら、私も…)」

    ユーク「(お見舞いに行くのは、やっぱり夕食後かな?)」

    ユーク「……」カキカキ

    ユーク「……」スッ

    ミカサ「そろそろ終わりだろうか…)」ジーーッ
  92. 92 : : 2013/12/09(月) 23:56:04


    『夕食を食べた後に、ご飯を持って行く?』


    ミカサ「……」チラ

    ユーク「……」コクリ

    ミカサ「(そうね、それが一番いいかも)」

    ユーク「(アニの傍に、居てあげたい)」

    ミカサ「(その方が、就寝時間までアニの傍に居てあげられるから…)」

    ミカサ「……」カキカキ

    ミカサ「……」スッ

    ユーク「(もう話す事もないかな?)」ジーーッ
  93. 93 : : 2013/12/09(月) 23:56:22


    『そうしましょう。これでこの話も終わり』


    ユーク「……」チラ

    ミカサ「……」ニコ

    ユーク「(ありがとう、ミカサ)」

    ミカサ「(アニは、とても幸せ者)」

    ユーク「(そして、待っていてね、アニ)」

    ユーク「ありがとう、ミカサ」ヒソヒソ

    ミカサ「ええ」ニコ ヒソヒソ
  94. 94 : : 2013/12/09(月) 23:56:58


    教官「――――であるからして、巨人の弱点の――――」

    ユーク「(不安事も消えたし、後はアニの為にノートを取る事に専念しよう!)」カキカキ

    ミカサ「(ユーク、安心した顔をしている)」

    ミカサ「(きっと不安が軽くなった為だろう。良かった)」ニコ

    ユーク「(アニ、もう少しだけ待っていてね――――)」カキカキ


  95. 95 : : 2013/12/09(月) 23:58:25

    ――――講義終了後――――

    エレン「よっしゃ!おわったぁ!!」

    アルミン「お腹空いたね」グゥゥ

    ジャン「晩飯も一緒に食わねぇか」

    エレン「おっ!いいな、それ」

    アルミン「じゃあ、行こうか!」

    エレン「そうだな。ミカサはユークに世話になってるみたいだし」
  96. 96 : : 2013/12/10(火) 00:00:37

    アルミン「ユークならミカサを任せられるね」

    ジャン「へっ、そうだな」チラ


    ホラ ミカサ イクヨ! スタスタ

    マッテ スコシ ネムイ ウトウト


    ジャン「(ミカサ…)」

    アルミン「(ジャン…)」

    エレン「(ユークになら、ミカサを“任せて”もいいかな?)」

    エレン「(いつ、『あいつ』と話をしようかな?――――)」


  97. 97 : : 2013/12/10(火) 00:01:39

    ――――夕食後――――

    ミカサ「それでは、ユーク、行きましょう!」

    ユーク「うん、そうだな」

    ミカサ「今度は、貴方がアニに食べさせてあげたら?」ニヤ

    ユーク「それも…悪くないかもね」ハハッ

    ミカサ「…意外な反応」

    ユーク「え?」
  98. 98 : : 2013/12/10(火) 00:02:00

    ミカサ「いつもなら、適当に反抗するところなのに」

    ユーク「…まぁ、それくらいならね」

    ミカサ「そういえば、以前にも貴方とアニは、自然と食べさせ合いをしていた」
    (『――番外編―― 第3話』参照)

    ミカサ「あれは、どうして?」

    ユーク「あぁ、あれね」

    ユーク「あれは…昔、した事があったからだよ」
  99. 99 : : 2013/12/10(火) 00:03:05

    ミカサ「前にも、アニに食べさせてあげた事があったという事?」

    ユーク「そっ!開拓地時代にね」

    ミカサ「…そう」

    ユーク「あの時も、アニが風邪を引いた時だったんだ」

    ミカサ「そう…今回の様に?」

    ユーク「そう。今回の様に、お腹を出して寝ていてね」クスリ
  100. 100 : : 2013/12/10(火) 00:03:56

    ミカサ「昔からそうだったのね、アニは」

    ユーク「だから午前にも、そう言ったでしょ?」

    ミカサ「そういえば、そうだった」

    ユーク「とまぁ、そんな事があってね」

    ユーク「初めはアニも恥ずかしがって、中々、口に入れてくれなかったんだけどさ」

    ユーク「暫くすると、おなかが空いたのが原因か、観念して食べてくれたんだよ」
  101. 101 : : 2013/12/10(火) 00:04:57

    ミカサ「そう。アニは昔から可愛かったのね」

    ユーク「そっ!実は昔からあまり変わってないんだよ、アニは」

    ミカサ「貴方もまた…幸せ者ね」

    ユーク「…そうかもね」

    ユーク「アニとずっと、一緒に居られたからね」

    ユーク「不幸せなものか」
  102. 102 : : 2013/12/10(火) 00:05:28

    ミカサ「それを聞けば、アニもきっと喜ぶはず」ニコ

    ユーク「いや、こんな恥ずかしい事は、本人には言わないよ?」

    ミカサ「じゃあ、私が…」ニヤニヤ

    ユーク「…言う時は、俺の口から言うからさ?」ジッ

    ミカサ「…わかった、言わないって約束する」

    ユーク「ありがと」
  103. 103 : : 2013/12/10(火) 00:06:16

    ミカサ「ねぇ、ユーク」

    ユーク「ん?」

    ミカサ「その風邪を引いた後は、アニとは食べさせ合いはした事があるの?」

    ユーク「…偶にね」

    ミカサ「そう…偶に」ジッ

    ユーク「…君も頼めばいい」
  104. 104 : : 2013/12/10(火) 00:07:04

    ミカサ「え!?」ドキリ

    ユーク「俺にアニを嗾《けしか》けた、“あの時”の様に」ジッ
    (『――番外編―― 第10話』参照)

    ミカサ「そ、それは…そのぉ///」モジモジ

    ユーク「何?自分の事となると殊更、恥ずかしがり屋なのかな、ミカサちゃんは?」ジトッ

    ミカサ「あ、あぅぅ…///」モジモジ

    ユーク「…からかってごめんね?」
  105. 105 : : 2013/12/10(火) 00:09:01

    ミカサ「べ、別にいい…///」

    ユーク「それじゃあ、アニもきっと待っている事だろうし、行こうか!」

    ミカサ「ええ…行きましょう」

    ユーク「可愛いところあるんだな、ミカサも」チラ

    ミカサ「…どういう意味?」ジトーーッ

    ユーク「何でもないよーっと!!」タッタッタ


  106. 106 : : 2013/12/10(火) 00:11:55

    Part3おわり

    実験が長引いて、気が付いたら23時

    それから帰宅して、なんとかノルマ達成!!

    これから帰宅途中に買って来た別マガ読んで、単行本もウソ予告を見て本編書けたら書いて、寝よう!!

    また明日!!

    それと、――相談所編――もよろしく!!

  107. 107 : : 2013/12/10(火) 00:15:49
    >>74
    『追いついた』コメントは、常連さんのそれとは違った嬉しさを感じます

    シリーズで続けていて良かったと感じる瞬間でもあります

  108. 108 : : 2013/12/10(火) 00:25:14
    遅くまでお疲れ様です!

    明日も楽しみです(≧∇≦*)
    My.LoさんのSSを見るのが日課です

    最近ジャンが好きになってきた
    ので、名前を若干変えました(*・ω・)ノ
  109. 109 : : 2013/12/10(火) 00:53:24
    >>108
    嬉しいです
    これからも頑張り続けますよ!
  110. 110 : : 2013/12/10(火) 17:24:52

    ――Part 4――

    ――――医務室――――

    アニ「……」チラチラ

    アニ「(ユーク、まだかなぁ)」ソワソワ

    アニ「(あれ?私、『ユークまだかな』って思った?)」

    アニ「(ミカサが第一に看病してくれたんだから、そんな事を思ったら失礼だよね)」

    アニ「(…でも)」モンモン

    アニ「(ゆーくぅ…)」ソワソワ

  111. 111 : : 2013/12/10(火) 17:28:14


    コンコンコン


    アニ「(あっ!来たかも!!)」ドキリ

    アニ「(冷静に、冷静に…)」スーハー

    アニ「はい、どうぞ」


    ガチャ バタン


    ミカサ「アニ、ご飯を持って来た」

    アニ「ありがと」ニコ

    アニ「(あれ?ユークは?)」ソワソワ
  112. 112 : : 2013/12/10(火) 17:28:30

    ミカサ「ドアを叩いてから返事をするまで、時間が掛かっていたけれど、大丈夫?」

    アニ「ご、ごめん!少し寝ていたんだよ!!」アセアセ

    ミカサ「そう、顔色が少し良くなったようで、私も安心した」ニコ

    アニ「アンタのお陰だよ、ありがと」モジモジ

    ミカサ「どういたしまして」ニコ

    アニ「そ、それよりさ…」ソワソワ
  113. 113 : : 2013/12/10(火) 17:28:58

    ミカサ「ん?」

    アニ「あいつは…いないの?」モジモジ

    ミカサ「『あいつ』…とは?」キョトン

    アニ「ユ、ユークの事だよ///」ドキドキ

    ミカサ「…その事については、申し訳ないけれど」

    アニ「え?」
  114. 114 : : 2013/12/10(火) 17:29:30

    ミカサ「ユークは諸事情により、来られなくなって…」トオイメ

    アニ「え…あ、そ、そうなんだ…」シュン

    ミカサ「……」チラ

    アニ「……」ズーン

    ミカサ「……」

    アニ「……」ジワァ
  115. 115 : : 2013/12/10(火) 17:29:55

    ミカサ「…ふふっ」プルプル

    アニ「え!?」ドキリ ウルウル

    ミカサ「ごめんなさい。もう堪えるのは…無理」プルプル

    アニ「え?どういう事?」

    ミカサ「アニ、安心して。ユークもちゃんと来ているから」ニコ

    アニ「え?どこに?」キョロキョロ
  116. 116 : : 2013/12/10(火) 17:31:18

    ミカサ「ユークも入って来てくれて、構わない」チラ

    ユーク「いやぁ、まさか泣きそうになるとはね、意外だった」ヒョコッ

    アニ「ア、アンタ達、一体…」ワナワナ

    ミカサ「ごめんなさい、アニ」

    ミカサ「少し貴方をからかって、その可愛らしい反応を見たかっただけなの」

    ユーク「焦らしてしまって、ごめんね?」ナデナデ
  117. 117 : : 2013/12/10(火) 17:31:44

    アニ「んっ…それで?」スリスリ

    ミカサ「とても可愛らしかった」ニマニマ

    ミカサ「そうでしょう、ユーク?」チラ

    ユーク「あぁ、可愛かったよ、アニ?」ニコ

    アニ「ア、アンタ…」ウルウル

    ユーク「でも、からかいが過ぎたようで…ごめんね?」ナデナデ
  118. 118 : : 2013/12/10(火) 17:32:07

    アニ「撫でていれば…いいってもんじゃ…ないんだからね?」グスッ

    ユーク「…アニ」ダキッ

    アニ「あっ、ちょっと!ミカサが見ているしさ…」ドキドキ

    ユーク「いいさ、別に」ギュッ

    アニ「…もう、ユークの…ばかっ」ギューーッ

    ユーク「寂しい思いは、もうさせないから」ギュッ
  119. 119 : : 2013/12/10(火) 17:32:36

    アニ「うん…うん」ギューーッ スリスリ スリスリ

    ミカサ「いやぁ、とてもいいものを見せて貰った」

    ミカサ「私もこれで満身創痍」

    ミカサ「ので、後は2人でごゆっくり…」ソソクサ

    ユーク「あっ!ミカサっ!!」グイ

    ミカサ「私は2度は、同じ手は食わない」サッ
  120. 120 : : 2013/12/10(火) 17:32:56

    ミカサ「ので、さようなら」フリフリ

    アニ「ミカサ!」

    ミカサ「ユークが居れば、私は別にいなくても大丈夫だと思う」

    ミカサ「ので、アニはユークを頼ってあげて」

    アニ「違うよ、ミカサ」

    ミカサ「何?」
  121. 121 : : 2013/12/10(火) 17:33:15

    アニ「…ありがとう」

    ミカサ「……!」

    ミカサ「そう。私も感謝してもらえて、嬉しい」ニコ

    ミカサ「それじゃ、ユーク。アニを宜しく」

    ユーク「お膳立てありがとね、ミカサ」ニコ

    ミカサ「ええ、少し強引だったけれど、掴みは上出来だった」
  122. 122 : : 2013/12/10(火) 17:33:34

    ミカサ「ので、後は貴方達2人の時間」

    ミカサ「楽しんで?」ニコ


    ガチャ バタン


    ユーク「ミカサ、ありがとな」

    アニ「本当に…お節介な奴だよ」グスン

    ユーク「アニ…」ギュッ

    アニ「うん…ユークぅ」ギューーッ

    ユーク「それじゃあ、ご飯食べようか?」
  123. 123 : : 2013/12/10(火) 17:34:25

    アニ「うん…それで…なんだけど…///」モジモジ

    ユーク「…わかったよ…久しぶりだもんね?」ナデナデ

    アニ「うん…お願いね?」スリスリ

    ユーク「それじゃあ、アニはこのまま起きていてね?」

    アニ「うん…」ドキドキ

    ユーク「じゃあ、いくよ?――――」


  124. 124 : : 2013/12/10(火) 17:35:19

    ――――医務室の外――――

    ミカサ「…むふふ」ニヤリ

    ミカサ「(勿論、このまま帰るはずがない)」

    ミカサ「(折角、ここまでお膳立てしたのだから、報酬はきっちりと貰う)」キリッ

    ミカサ「(さぁて、これからの展開が楽しみ、楽しみ!!)」ワクワク

    ミカサ「(では!盗聴開始!!)」イザ!

    ミカサ「(ユーク、そしてアニ…頑張って!)」ジーーッ


  125. 125 : : 2013/12/10(火) 17:35:59

    ――――医務室の中――――

    ユーク「ほら、アニ。あーん」スッ

    アニ「んっ」パク

    ユーク「食欲は、もうあるのかい?」

    アニ「うん…薬も飲んで、大分楽になったからさ」モグモグ

    ユーク「そっか、安心した」スッ

    アニ「んっ」パク
  126. 126 : : 2013/12/10(火) 17:36:29

    アニ「アンタ達は、今日何をしていたの?」モグモグ

    ユーク「そうだな。じゃあ話の種をまいて、花を咲かせるとするかな」

    アニ「何だい、その気障な言い方?」クスリ

    ユーク「まぁ、聞きなって」ハハハ

    アニ「はいはい、それで?」ジッ

    ユーク「今日の座学で、エレンの両隣がさ――――」
  127. 127 : : 2013/12/10(火) 17:36:55

    アニ「へぇ、それは面白い話だね」

    ユーク「だろ?ミカサも泣き出しちゃってさ」

    アニ「ふふっ、私もその場に居たかったよ」

    ユーク「エレンも全然だからなぁ」

    アニ「あの死に急ぎ鈍感野郎じゃあねぇ」クスクス

    ユーク「全くだ、ミカサぁ」ホロリ
  128. 128 : : 2013/12/10(火) 17:37:27

    アニ「こら、心に留めておきな」クスリ

    ユーク「…アニも元気そうで、何よりだ」ニコ

    アニ「うん。アンタ達のお陰でね…」モジモジ

    ユーク「食べ終わったし、もう横になっていなよ?」

    アニ「うん。でも…」

    ユーク「ん?」
  129. 129 : : 2013/12/10(火) 17:37:46

    アニ「私が寝るまで…話し相手に…なっていてよ?」ジッ

    ユーク「当たり前だろ?」

    アニ「それと…」

    ユーク「何だい?」

    アニ「手を…握っていてほしいんだ///」モジモジ

    ユーク「お安い御用さ」ギュッ
  130. 130 : : 2013/12/10(火) 17:41:04

    アニ「んっ、ありがとう…///」テレテレ

    ユーク「アニが寝るまで、こうしているからさ」ギュッ

    アニ「うん…お願い」ジッ

    ユーク「(最近は、こういう事が多いね)」

    アニ「(優しいなぁ、ユーク)」

    アニ「(アンタだから、私は甘えたくなるんだよ…)」
  131. 131 : : 2013/12/10(火) 17:41:14

    ユーク「(アニ、ずっと君の傍に居るからね?)」ギュッ

    アニ「(ユーク、ずっと私の傍に居てね?)」ジッ

    ユーク「それでさ、話の続きなんだけど…」

    アニ「そうだね。続きをお願い」

    ユーク「その後の夕食の時にね――――」

    アニ「ふふっ、面白い――――」


  132. 132 : : 2013/12/10(火) 17:41:30

    ――――医務室の外――――

    ミカサ「(2人とも、いい雰囲気になってよかった)」

    ミカサ「(今この場には、もう私は必要ないだろう)」

    ミカサ「(私も今日は満足したし、寮へ戻ろう)」

    ミカサ「(きっとユークは一晩中、アニの傍を離れる事はないだろう)」

    ミカサ「(アルミンにユークの都合をつけてもらうよう、頼んでおこう)」

    ミカサ「(それじゃあ2人とも、おやすみなさい)」スタスタ


  133. 133 : : 2013/12/10(火) 17:42:26

    ――――医務室の中――――

    アニ「Zzz」スースー

    ユーク「いつの間にか、寝ちゃった」

    ユーク「手を握っていたから、安心したのかな?」

    ユーク「アニ、君の傍に居られて、俺は幸せだよ?」

    アニ「Zzz」スピーー

    ユーク「でもね…まだ君を女の子として、好きになった訳ではないんだ」
  134. 134 : : 2013/12/10(火) 17:43:03

    ユーク「それが…いつ訪れるのか」

    ユーク「はたまた…ずっとこのままなのかは…俺にもわからないけど…」

    ユーク「アニ…君を大切に想う気持ちは…ずっと変わらないからね?」

    アニ「Zzz…うぅーん」ニコニコ

    ユーク「俺の言葉に反応してくれたのかな?」ジッ

    ユーク「俺も…眠たくなってきた」ウトウト
  135. 135 : : 2013/12/10(火) 17:44:06

    ユーク「でも、アニ。今日はずっと君の傍に居るからね?」ギュッ

    アニ「Zzz…ふふっ」ニコニコ

    ユーク「ゆっくりおやすみ、アニ」ニコ

    アニ「Zzz」

    ユーク「……」ウトウト

    ユーク「Zzz――――」ギューーッ


  136. 136 : : 2013/12/10(火) 17:46:50

    ――――翌朝――――

    ミカサ「(もう朝になった)」

    ミカサ「(ので、2人を呼びに来た)」

    ミカサ「(果たして、どうなっているだろうか?)」

    ミカサ「(ユークが素直にアニの手を握った時は、少し感動した)」

    ミカサ「(私の片方の願いが叶うまで…後、どれだけ掛かるのだろうか?)」

    ミカサ「(失礼しまぁーす)」コソコソ

  137. 137 : : 2013/12/10(火) 17:47:11


    ガチャ ソローリ バタン


    ミカサ「(あっ!これは…)」

    ユーク「Zzz」ギューーッ

    アニ「Zzz」スヤスヤ ニコニコ

    ミカサ「(ユークがアニの手を握ったまま、寝てしまっている)」

    ミカサ「(対するアニも、とても安心した寝顔を浮かべている)」

    ミカサ「(正直、この2人の仲はとても睦《むつ》まじくて、羨ましい)」ジーーッ
  138. 138 : : 2013/12/10(火) 17:48:16

    ユーク「Zzz」ギューーッ

    アニ「Zzz」スヤスヤ ニコニコ


    ミカサ「……」ジーーッ

    ミカサ「(こんな2人を邪魔するような無粋な事は、私にはできない)」

    ミカサ「(ので、時間一杯まで、このままにしてあげよう)」

    ミカサ「(それが何よりも、2人の幸せとなるだろうから――――)」


    ガチャ ソローリ バタン


    ユーク「Zzz…アニ…俺が守るから…」ギュッ

    アニ「Zzz…ゆぅーくぅ」ギューーッ


  139. 139 : : 2013/12/10(火) 17:48:32

    ――――翌日――――

    ユーク「ごほっ、ごほっ…」ケホケホ

    ミカサ「それで、貴方に風邪が移ってしまった…と」ジトーーッ

    アニ「…… ///」テキパキ

    ユーク「看病を頼んですまないな、アニ」ゴホゴホ

    アニ「べ、別に…当たり前の事だから…///」テキパキ

    ミカサ「そう、アニが貴方を看病するのは、『当たり前の事』」ニヤニヤ
  140. 140 : : 2013/12/10(火) 17:48:50

    ミカサ「ので、貴方はアニに思いっきり甘えるといい」ニマニマ

    ユーク「うぜぇ表情を連ねやがって…」ケホケホ

    アニ「ユーク、安静にしていて」グイ

    ユーク「…分かったよ、アニ」ゴロン

    ミカサ「まぁ今の暴言は、『風邪の悪さ』という事で見逃そう」

    ユーク「はいはい、ありがとね」ケホッ
  141. 141 : : 2013/12/10(火) 17:49:16

    ミカサ「それでは、アニ。ユークにもご飯を食べさせてあげて」

    アニ「え?」ドキリ

    ミカサ「大丈夫、ご飯はこの通り用意してあるし、私しか見ていないから」ニマニマ

    ユーク「なんだ、見て行くのかよ」

    アニ「で、出て行ってくれないの?」ソワソワ

    ミカサ「いや」キッパリ
  142. 142 : : 2013/12/10(火) 17:49:34

    ユーク「きっぱりと言うね、君は」

    ミカサ「是非見たい」ウズウズ

    ユーク「本音を表に出し過ぎだろ」ハァ…ケホッ…

    アニ「…むぅ」ソワソワ

    ミカサ「どうしたの、アニ?」

    ミカサ「ユークを飢え死にさせたいの?」ニヤニヤ
  143. 143 : : 2013/12/10(火) 17:50:20

    アニ「わ、わかったよ…///」

    アニ「ユーク、ん」スッ

    ユーク「はぁ…じゃあ、いただきますっ!」パクッ

    アニ「…どう?」ドキドキ

    ユーク「…アニが食べさせてくれて…不味いわけがないだろ?」フイ

    アニ「…!!」プシューー! ボンッ!!
  144. 144 : : 2013/12/10(火) 17:50:38

    アニ「……///」プスプス

    ミカサ「(またもや、とてもいいものが見られた)」ニヤニヤ

    ユーク「(こいつ、むかつくなぁ)」イライラ クシュンッ!

    アニ「(ユーク、なんて恥ずかしい事を…///)」モジモジ

    ミカサ「とにかく、ユークは身の回りの事をアニに任せる事、いい?」

    ユーク「はいはい、わかったから」
  145. 145 : : 2013/12/10(火) 17:51:11

    ユーク「君は、もう大人しく帰りなよ」シッシッ

    ミカサ「今日のユークは、とても冷たい」シュン

    ユーク「風邪引いているから、少し機嫌が悪いんだよ」コホコホ

    ミカサ「本当は、貴方は早くアニに甘えたい」

    ミカサ「ので、私に出て行ってほしいだけではないだろうか?」ニマニマ

    アニ「ミ、ミカサ!」アセアセ
  146. 146 : : 2013/12/10(火) 17:51:42

    ミカサ「アニも照れていないで、もっとユークにアタックしていけばいい」ニヤニヤ

    アニ「い、いいよ…私はさ」モジモジ

    ユーク「…エレンが呼んでいたよ?」

    ミカサ「そう!ならばすぐに行く!!」ピューー


    ガチャ バタン

    タタタタッ


    ユーク「やっと巻いたか」ハァ

    アニ「騒々しかったね」

    ユーク「(こんな単純な手に引っかかる彼女じゃないだろ?)」

    ユーク「(きっと、帰るタイミングがなかったんだろうな)」

  147. 147 : : 2013/12/10(火) 17:52:40

    ――――――――

    ミカサ「……」スタスタ

    ミカサ「(食べさせ合いの姿は見たかったけれど、仕方がない)」

    ミカサ「(アニの幸せを奪う事は、したくないから)」

    ミカサ「(2人とも…仲良くね?)」

    ミカサ「…よし、それでは」

    ミカサ「(さて、私はエレン、エレンっと♪)」ルンルン

  148. 148 : : 2013/12/10(火) 17:52:54

    ――――――――

    アニ「はい、ユーク」スッ

    ユーク「ありがと」パクッ

    アニ「美味しいかい?」

    ユーク「さっきも言っただろ?」

    ユーク「アニが食べさせてくれて、不味いわけがないって」

    アニ「で、でもそれは…『美味しい』とは…言っていないじゃないか」
  149. 149 : : 2013/12/10(火) 17:53:20

    ユーク「…美味しいよ、アニ!」ニコ

    アニ「(どきんっ!!)」ビクッ

    アニ「そ、そうかい…///」ドキドキ

    ユーク「…アニ」ジッ

    アニ「…何だい?」ジッ

    ユーク「“あの時の返事”は…もう少しだけ…待っていてくれないか?」
    (『――番外編―― 第13話』参照)
  150. 150 : : 2013/12/10(火) 17:54:04

    アニ「え?『あの時の』って…」ドキドキ

    ユーク「必ず答えを出して…アニに伝えるからさ」ニコ

    アニ「…うんっ!待っているね」グスン

    ユーク「(この前までは、アニと一緒に居るのが少し苦しかったのに)」

    ユーク「(今ではもう、平気になった)」

    ユーク「(寧ろ想いは…より強くなったと感じている)」

    ユーク「(これも偏《ひとえ》に、ミカサのお節介のお陰かな?)」

    ユーク「(いつまでも君を大切に想う気持ちは、朽ち果てないからね…アニ――――)」



    進撃の巨人Another ――番外編―― 第14話

    『ずっと傍に居る人』



    La Fin.

  151. 151 : : 2013/12/10(火) 17:55:26


    【投稿完了 / シリーズ名 / 話数 / タイトル / URL】

    ――本編――

    【13/12/05 進撃の巨人Another 第28話 『キタイ』】
    http://www.ssnote.net/archives/4287

    【13/12/05 進撃の巨人Another 第27話 『夜明け』】
    http://www.ssnote.net/archives/4235

    【13/11/30 進撃の巨人Another 第26話 『蓄積』】
    http://www.ssnote.net/archives/3742

    【13/11/27 進撃の巨人Another 第25話 『帰る先』】
    http://www.ssnote.net/archives/3554

    【13/11/23 進撃の巨人Another 第24話 『隠れる』】
    http://www.ssnote.net/archives/3249

    【13/11/21 進撃の巨人Another 第23話 『行き互い』】
    http://www.ssnote.net/archives/3189

    【13/11/18 進撃の巨人Another 第22話 『次世代』】
    http://www.ssnote.net/archives/2988

    【13/11/15 進撃の巨人Another 第21話 『鍵《ヒント》』】
    http://www.ssnote.net/archives/2740

    【13/11/10 進撃の巨人Another 第20話 『懐古、そして展望』】
    http://www.ssnote.net/archives/2440

    【13/11/08 進撃の巨人Another 第19話 『待つ者』】
    http://www.ssnote.net/archives/2307

    【13/11/06 進撃の巨人Another 第18話 『以心』】
    http://www.ssnote.net/archives/2219

    【13/11/05 進撃の巨人Another 第17話 『志と命』】
    http://www.ssnote.net/archives/2140

    【13/11/04 進撃の巨人Another 第16話 『選ぶ』】
    http://www.ssnote.net/archives/2041

  152. 152 : : 2013/12/10(火) 17:55:40

    【13/11/03 進撃の巨人Another 第15話 『悪癖』】
    http://www.ssnote.net/archives/1992

    【13/11/02 進撃の巨人Another 第14話 『クチは...』】
    http://www.ssnote.net/archives/1943

    【13/11/01 進撃の巨人Another 第13話 『ドウキ』】
    http://www.ssnote.net/archives/1886

    【13/10/31 進撃の巨人Another 第12話 『人柄』】
    http://www.ssnote.net/archives/1841

    【13/10/30 進撃の巨人Another 第11話 『危機と嬉々』】
    http://www.ssnote.net/archives/1815

    【13/10/29 進撃の巨人Another 第10話 『見上げる先』】
    http://www.ssnote.net/archives/1748

    【13/10/28 進撃の巨人Another 第9話 『辛辣』】
    http://www.ssnote.net/archives/1702

    【13/10/10 進撃の巨人Another 第8話 『本物』】
    http://www.ssnote.net/archives/805

    【13/10/10 進撃の巨人Another 第7話 『捨てる』】
    http://www.ssnote.net/archives/800

    【13/10/10 進撃の巨人Another 第6話 『側』】
    http://www.ssnote.net/archives/796

    【13/10/10 進撃の巨人Another 第5話 『指令』】
    http://www.ssnote.net/archives/795

    【13/10/10 進撃の巨人Another 第4話 『再び』】
    http://www.ssnote.net/archives/793

    【13/10/10 進撃の巨人Another 第3話 『解散式の夜』】
    http://www.ssnote.net/archives/792

    【13/10/10 進撃の巨人Another 第2話 『見たもの、見るもの』】
    http://www.ssnote.net/archives/791

    【13/10/10 進撃の巨人Another 第1話 『4人目』】
    http://www.ssnote.net/archives/790
  153. 153 : : 2013/12/10(火) 17:55:55

    ――番外編――

    【13/12/04 進撃の巨人Another ――番外編―― 第13話】
    http://www.ssnote.net/archives/3949

    【13/11/30 進撃の巨人Another ――番外編―― 第12話】
    http://www.ssnote.net/archives/3487

    【13/11/24 進撃の巨人Another ――番外編―― 第11話】
    http://www.ssnote.net/archives/3066

    【13/11/17 進撃の巨人Another ――番外編―― 第10話】
    http://www.ssnote.net/archives/2668

    【13/11/12 進撃の巨人Another ――番外編―― 第9話】
    http://www.ssnote.net/archives/2257

    【13/10/27 進撃の巨人Another ――番外編―― 第8話】
    http://www.ssnote.net/archives/1550

    【13/10/24 進撃の巨人Another ――番外編―― 第7話】
    http://www.ssnote.net/archives/1374

    【13/10/15 進撃の巨人Another ――番外編―― 第6話】
    http://www.ssnote.net/archives/1078

    【13/10/14 進撃の巨人Another ――番外編―― 第5話】
    http://www.ssnote.net/archives/1040

    【13/10/13 進撃の巨人Another ――番外編―― 第4話】
    http://www.ssnote.net/archives/941

    【13/10/12 進撃の巨人Another ――番外編―― 第3話】
    http://www.ssnote.net/archives/923

    【13/10/12 進撃の巨人Another ――番外編―― 第2話】
    http://www.ssnote.net/archives/878

    【13/10/11 進撃の巨人Another ――番外編―― 第1話】
    http://www.ssnote.net/archives/845


    ――その他――
    【執筆中 進撃の巨人Another ――104期相談所編―― ユーク「勉強の方法が分からない?」】
    http://www.ssnote.net/archives/4493


    ――雑談――

    【随時更新中 進撃の巨人Another シリーズ ――思い出(過去コメント)保管所――】
    http://www.ssnote.net/archives/1038

    【随時更新中 進撃の巨人Another シリーズ ――雑談所――】
    http://www.ssnote.net/archives/924


    ――その他情報媒体――

    【随時更新中 SS Pedia記事 『進撃の巨人Another』】
    http://dic.ssnote.net/article/%E9%80%B2%E6%92%83%E3%81%AE%E5%B7%A8%E4%BA%BAAnother

  154. 154 : : 2013/12/10(火) 18:13:53

    これで14話も終わり

    珍しく、1日のみの出来事で完結しました

    構想を考える始めると、流れるように決まった話だったので、書き下ろしもスムーズでした

  155. 155 : : 2013/12/10(火) 21:43:11
    よ・う・や・く・お・い・つ・い・たwwww
    1週間ぐらいかけて読み終えた
    そんでもって、このシリーズすごい面白いです!
    言語力もすごいし、非の打ちどころがないとはまさにこのことですね!
  156. 156 : : 2013/12/10(火) 23:25:09
    >>155
    お褒めに預かり光栄だよ

    君の名前は、他のSSで偶に見かけるから知っているよ!

  157. 157 : : 2013/12/10(火) 23:31:43
    >>156
    こんな感じの名前の人たくさんいるからわかんないけど、
    知ってもらえていてうれしいです!
  158. 158 : : 2013/12/11(水) 09:37:13
    >>157
    そうだね。アニの事が好きな人がここには多いみたいだから

  159. 159 : : 2013/12/11(水) 22:39:21
    ええ。それに、ここだけではないと思いますな。
    それよりも続きが気になりますwww(急かしちゃってすいません。)
  160. 160 : : 2013/12/11(水) 23:35:46
    >>159
    番外編はちゃんと校正までちゃんと出来ているから、期待していてもいいよ?

    ただ、本編がねぇ...時間がない

▲一番上へ

名前
#

名前は最大20文字までで、記号は([]_+-)が使えます。また、トリップを使用することができます。詳しくはガイドをご確認ください。
トリップを付けておくと、あなたの書き込みのみ表示などのオプションが有効になります。
執筆者の方は、偽防止のためにトリップを付けておくことを強くおすすめします。

本文

2000文字以内で投稿できます。

0

投稿時に確認ウィンドウを表示する

著者情報
MyLo0922

My.Lo

@MyLo0922

この作品はシリーズ作品です

【進撃の巨人Another】 シリーズ

「進撃の巨人」カテゴリの人気記事
「進撃の巨人」カテゴリの最新記事
「進撃の巨人」SSの交流広場
進撃の巨人 交流広場