ssnote

x

新規登録する

作品にスターを付けるにはユーザー登録が必要です! 今ならすぐに登録可能!

ほむら「何度でも繰り返す…」

    • Good
    • 0

loupe をクリックすると、その人の書き込みとそれに関連した書き込みだけが表示されます。

▼一番下へ

表示を元に戻す

  1. 1 : : 2013/12/05(木) 18:19:26
    初めまして。久しぶり。おはこんばんわ。
    えっと久しぶりの投稿ですがよろしくお願いします。

    ちなみにほむらの過去を細かく書いたものです。
    ネタバレは思いっきりあります。
    映画ネタバレはないとおもいますだ。
    頑張りますだ!
  2. 2 : : 2013/12/05(木) 18:21:22
    期待です♪
  3. 3 : : 2013/12/05(木) 18:25:26
    まどマギ♪

    期待や!
  4. 4 : : 2013/12/05(木) 18:32:29
    ほむら「うぅ…緊張するなあ…」
    教室のドアの前で私はそわそわしながら言いました。

    ……友達、できるかなぁ。
    はあぁ。どうしよ、話しかけられたら何ていえばいいのかな。
    でもやっぱり自己紹介はしっかりしとかなきゃ、だよねっ。

    …でも、でも、自分、特技とかないからなあ。
    運動だって入院してから全くしてないし…
    はあぁ。やっぱ自分なんてd

    ‹はーい、それじゃあ自己紹介いってみよー

    ガララッ。

    ほむら「あ…あああの……っ…私」

    ほむら「明美…ほむらですどうか…よ、よろしくお願いします…」


    ‹明美さんは心臓の病気で…

    わ、わわわ私、ちゃんと歩けたかな?
    ていうか自己紹介真っ白でどうだったか分からない…

    自分ってだめだな…  



    はあ……


  5. 5 : : 2013/12/05(木) 18:59:26
    ふうぅ…、やっと終わったぁ。

    なんだかもう、クタクタになっちゃった。
    そろそろお薬の時間だし、保健室に…

    ‹ねえねえ、暁美さん
    !?
    ほむら「は、はいぃっ!!」ビクッ
    前はどこの学校だったの?›
    わ、私は…お薬を…
    ほむら「私は…」
    部活とかやってた?›
    はうぅ…
    ほむら「その」

    ほむら「えと…」

    ‹すっごく長い髪だよね~編むの大変じゃない?

    ほむら「その、私…」
    保険、室…に…




    「ちょっとごめんね、みんな!」



    「暁美さん、休み時間は保健室でお薬飲まないといけないの」

    ‹そうだったの?
    ごめんね、暁美さん›

    た、助かったあぁ…



    「私、保険委員なんだ」

    「場所、わかる?」ニコッ

    可愛い人…

    「暁美さん?ボーっとして具合でも悪いの?」アセッ

    ほむら「あ、い、いや!大丈夫です!」

    可愛い子「そ、そう?具合が悪くなったらいつでも言ってくれたらうれしいな」ニコッ

    ほむら「お、おねがいします…」

    可愛い子「?うん、えと…」

    ほむら「その、案内、お願いします…」

    可愛い子「あ、うん!案内するね!」


    しゃ、しゃべれたあ!
    な、なまえとかきいてもいいの…かな?


    えへへ…
  6. 6 : : 2013/12/05(木) 19:00:45
    すみません。
    たまに文が謎の現象によって消えたりして時間がかかってしまいました。

    でも、つづきも見てくれたらうれしいなって!!!
  7. 7 : : 2013/12/05(木) 19:13:50
    可愛い子「--ごめんね、転校生って珍しいからみんなはしゃいじゃって…」

    ほむら「その、ありがとうございました…」

    可愛い子「そんな緊張しなくていいんだよ!」
    可愛い子「クラスメイトなんだから」

    やっぱり、緊張してるの、ばれてたんだ…
    で、でも名前ぐらいはきけるはず…!多分…

    可愛い子「あたし、鹿目まどか」
    まどか「まどかって呼んで」

    ほむら「えっ……っ?」
    び、びっくりしちゃった。
    心を読まれたみたい…

    まどか「だからわたしもほむらちゃんって呼んでいいかな?」

    ほむら「そんな……私…」
    ほむら「あんまり名前でよばれたことなくて…変な名前だし」

    な、名前聞かれるとは思わなかった…
    で、でもふつうそうだよね!
    見習わなきゃ…!

    まどか「?、そんなことないよ!かっこいいと思うな!」

    ほむら「名前負けしてます…」ショボ

    まどか「んーー…あっ!」ピコンッ

    まどか「だったらさ!ほむらちゃんもカッコ良くなっちゃえばいいんだよ!」

    カッコ良く…?
    鹿目さん、みたいに…?

    ほむら「……」
  8. 8 : : 2013/12/05(木) 19:46:54
    鹿目さんみたいに、カッコよく…

    ほむら「……」

    ‹あー…君は休学してたんだっけな後でノートを借りておくように


    ほむら「……」プルプル


    鹿目さんみたいに…カッコよく…




    ‹準備運動始めるよー
    ほらー男子並んでー›


    鹿目さんみたいに、カッコよく…





    ‹準備運動だけで貧血ってヤバいよね…
    半年もずっと寝てたんじゃ…仕方ないんじゃない?›


    鹿目さんみたいに……カッコ、よく…






    ほむら「わたし…カッコよくなんてなれないよ」

    人に迷惑かけて…

    “あとでノート借りとくように”

    恥かいて…

    “準備運動だけで貧血ってヤバいよね…”


    私ずっとこのままなの……?

    ほむら「……」トコトコ


    “ダッタライッソ、死ンデシマッタ方ガイイヨネ”


    そうかな…

    ほむら「……」トコトコ

    “死ンデシマエバ・・・”

    ほむら「…っ!?」ピタッ

    ほむら「なに…っ!?」


    “死んじゃえばいいんだよ…”

    ほむら「どこなの…っ!?ここ…っ!」
    いやだ…!どこよ…、ここ…!
    な、なにかの間違いよね!?
    ゴゴゴゴ……

    ダン
    IS
    ダンダン
    ISAB
    ダンダンダン
    ISABEL


    ISABEL
    ダンダンッ!


    オオオオ…

    使い魔「ウグア…」ユラア

    ほむら「--っ!?!」
    なに―…っ!?
    やだ……やだ!!!
    変な夢でも見てるんだわ!!
    きっとそうに――

    ギュルルルッッ!

    え…?
    ほむら「…?」


  9. 9 : : 2013/12/05(木) 19:53:14



    「間一髪ってとこかしら」


    まどか「もう大丈夫だよほむらちゃん!」

    かっ鹿目さん!?
    ほむら「あ…あなた達は…」


    「彼女たちは“魔法少女”」







    QB「魔女を狩る者たちさ」


  10. 10 : : 2013/12/05(木) 20:39:08
    ほむら「……」ソワソワ

    マミ「もう!暁美さんったら、そんな緊張しなくていいのよ?私、一人暮らしなんだし」ガチャリ

    ほむら「は、はい…お邪魔します…」ソッ

    まどか「えへへー!マミさんのケーキ楽しみだなぁ」

    ほむら「鹿目さん、靴、揃えときますね」

    まどか「えっ?ああっ、ごめんね!ほむらちゃん!」アセッ

    マミ「もうっ、鹿目さんは少しは緊張してほしいわ」クスッ

    まどか「ウェヒヒ…」

    ほむら「……」

    わあ……
    なんだか、これって…



    マミ「ふんふふふーーん」コポコポ

    まどか「あっ、マミさん、これってオレンジペコですか?」

    マミ「あら!鹿目さん、よくわかったわね。これも毎日私の家に押しかけてお茶を飲んでるおかげかしら?」

    まどか「い、いたいとこつかないでくださいよお。これでも昔はオレンジペコのことオレンジ味だと思ってたんですよ?」

    マミ「はいはい、えらいえらい」フフッ

    まどか「えへへー」ニコニコ

    ほむら「……」
    わあ…


    マミ「さ、暁美さんも遠慮しないで?」

    ほむら「はい…」 
    わあ…いい匂い…紅茶なんて久しぶりだなあ。

    まどか「んーおいひー」パクッパクッ

    ほむら「鹿目さん…いつもあんなのと戦ってるんですか?」

    まどか「んー?」パク…ピタッ

    まどか「マミさんはベテランだけどわたしは半人前だよ」
    まどか「先週キュゥべえと契約したばっかだし」テレッ

    でも…さっき、鹿目さんも巴さんもすごかった…
    鹿目さん…なんだか、遠い人みたい。



    ホワホワ…

    マミ「レガーレ・バスターーリア!!」シュバッ

    まどか「いきなり秘密がバレちゃったね」ヒュンッ
    まどか「クラスの皆には内緒だよ?」

    マミ「いくわよ鹿目さん!」バンバンバンッ

    まどか「はいっ!」タッタッ

    キュイィィイン…


    マミまど「ティロ・フィナーーッレ!!」ドンシュババッ

    ドオォォオン…

    シュインシュイン…

    ほむら「……」

    ほむら「…わああ」


    ホワンホワン

    ほむら「すごかったなあ…」
    それに比べて私は…

    はああ…私も鹿目さんたちといっしょに戦ってみたいなぁ。
    えへへー…

    ホワンホワン

    マミ「暁美さん!おねがい!」

    ほむら「ふッ…!!」シュババッ

    まどか「きゃあああ!!ほむらちゃあああん!」

    ほむら「はッ!…大丈夫?まどか」ファサッ

    まどか「ありがとう!ほむらちゃん!」

    ほむら「みんな!いくわよ!」

    マミ「ええ!」

    まどか「うん!」

    ほむまどマミ「ティロ・フィナーーッレ!!!」


    ホワンホワン

    …みたいな?
    かっこいいなあー

    マミ「暁美さん?」

    ほむら「ふぁっ…?」

    まどか「あ、マミさんがおかわりはどうかって…」

    ほむら「ごめんなさい…」


    まどか「え?」
    こんな会話もできない人が一緒に戦うなんて無理ですよね―…

    はあぁ…
  11. 11 : : 2013/12/05(木) 21:06:15
    ほむら「おじゃましましたー」

    まどか「したー!」

    マミ「ふふふっ。またいらっしゃい。」



    ほむら「…鹿目さん、」

    まどか「ん?なあに?」

    ほむら「なんでもないですっ」エヘヘ

    まどか「?、ほむらちゃんっ!」

    ほむら「なんですか?」

    まどか「好きだよ!」

    ほむら「えッ!!?」ゴホッゴホッ

    まどか「なんちゃってね♪」エヘ

    ほむら「び、びっくりしたー…」

    まどか「ふふっ♪ほむらちゃん、まだ時間平気だったらウィンドウショッピングでもしない?どうかなっ。」

    ほむら「!!!、はい!いきたいです!…わたしで、良ければ」

    まどか「じゃあ決まり!今から早速行こう!」

    ほむら「はい!」

    まどか「「はい」じゃなくて「うん」だよっ!ほむらちゃん!」ニコ

    ほむら「ぅ、うん…、うん…!」

    まどか「よしよし♪」


    さやか「あれ?まどかと…転校生じゃん!」

    仁美「あら、本当ですわ。お二人とも仲が良くて?」

    まどか「あっ、うん!一応保健委員だしね!」

    仁美「…はっ!?2人とも、まさか保健室で如何わしいことを…!?ですから、さっきもいちゃいちゃして…!?」カアアッ

    まどか「ふぇっ!?ちがうよお!仁美ちゃん!」

    さやか「あっはは!まどかー。中学生にはまだはやいんじゃないかあー?」

    まどか「も、もうっ!さやかちゃんも、なにいってるの!?」

    仁美「!?まさかさやかさんまで割りはいって禁断の恋愛関係を…!?もう…私が入るすきはないのですねーーーー!!!」ダッダッダッ

    さやか「あー…いっちゃったよ…」

    まどか「とりあえず、仁美ちゃんを追いかけて誤解を解こうよ。」カバンモワスレテルシ
    まどか「ほむらちゃん、ごめんね!ウィンドウショッピングはまた今度にしよっか!」

    ほむら「あ、はい…」

    まどか「ほむらちゃん、仁美ちゃん追いかけにいこう!」

    ほむら「えッ!?私も…?」

    まどか「あっ無理やりごめん…やっぱりもう帰る?」

    ほむら「あっ、いえ…行きます…」

    さやか「よーし、じゃあいくぞー!そこの恋人さんたち!」

    まどか「も、もう!?さやかちゃん…!」

    ほむら「……」シュン





  12. 12 : : 2013/12/05(木) 21:09:40
    今日はこれからゲーム攻略するから、ここで終了します!

    アドバイス、意見等などお時間あったらぜひ、お願いします!
    明日も気軽にふらっとよってくれたら…
    かんしゃかんしゃです^^
  13. 13 : : 2013/12/05(木) 21:09:48
    おやすみなさいです!
  14. 14 : : 2013/12/25(水) 18:00:32
    期待です
  15. 15 : : 2014/02/17(月) 19:45:09
    期待っ!!!(^∇^)
  16. 16 : : 2014/03/31(月) 16:55:02













































































































































































  17. 17 : : 2014/04/01(火) 09:49:37
    早く〜投稿〜お願いします〜!
  18. 18 : : 2014/10/11(土) 19:03:30
    テスト

    ニコニコ大百科っぽくなったかな?

▲一番上へ

名前
#

名前は最大20文字までで、記号は([]_+-)が使えます。また、トリップを使用することができます。詳しくはガイドをご確認ください。
トリップを付けておくと、あなたの書き込みのみ表示などのオプションが有効になります。
執筆者の方は、偽防止のためにトリップを付けておくことを強くおすすめします。

本文

2000文字以内で投稿できます。

0

投稿時に確認ウィンドウを表示する

このSSは未登録ユーザーによる作品です。

「まどマギ」カテゴリの最新記事
「まどマギ」SSの交流広場
まどマギ 交流広場