ssnote

x

新規登録する

作品にスターを付けるにはユーザー登録が必要です! 今ならすぐに登録可能!

この作品は執筆を終了しています。

だんご大家族

    • Good
    • 3

loupe をクリックすると、その人の書き込みとそれに関連した書き込みだけが表示されます。

▼一番下へ

表示を元に戻す

  1. 1 : : 2015/10/30(金) 21:43:12
    どうも。


    3つの作品を掛け持ちしているおぐにゃんと申します。



    今回は『CLANNAD』 のED「だんご大家族」のssを書いていきたいと思っております。



    短編になるかもしれませんが、よろしくお願いします。




    このssの目線は焼きだんご目線です。
  2. 2 : : 2015/10/30(金) 21:44:17


    だんご大家族


    http://blogs.c.yimg.jp/res/blog-f6-13/hayate_blackwing/folder/329957/05/10243005/img_0
  3. 3 : : 2015/10/30(金) 21:46:49



    俺の名は『焼きだんご』




    すこしやんちゃだ。
  4. 4 : : 2015/10/30(金) 21:49:21


    このだんご星はついこの間出来たばかり。




    でもたくさんの友だちがいるんだ。




  5. 5 : : 2015/11/01(日) 20:04:51



    俺の初めての友達『あんだんご』



    とってもやさしいんだ。



  6. 6 : : 2015/11/01(日) 20:06:54



    次に出来たのは『月見だんご』



    夢見る女の子......らしい





    それと『ごまだんご』




    無口だが、根はやさしい。


  7. 7 : : 2015/11/01(日) 20:09:34
    つい最近また友達ができた。




    『串だんご』は4つ子で、みんな性格が違う。



  8. 8 : : 2015/11/01(日) 20:12:15

    俺にとっては家族みたいな存在だ。



    かけがえのない存在。

  9. 9 : : 2015/11/01(日) 20:13:31


    俺達のほかにもたくさんのだんご達がいる。




    このちっぽけな星で俺たちは生きている。



  10. 10 : : 2015/11/01(日) 20:14:50


    この前にある事件が起きた。



    この星に隕石が落ちたんだ。


  11. 11 : : 2015/11/01(日) 20:16:21

    それほど大きいものでは無かった。



    だが、被害が大きく、星に穴が開いたという。



  12. 12 : : 2015/11/01(日) 20:18:00


    その事件がきっかけにみんなの心にも『不安』というものが生まれた。





    とくに月見だんごは一番酷かった。
  13. 13 : : 2015/11/01(日) 20:20:27



    夢見る女の子にとっては辛い現実。




    それを受け止めてくれたのは俺の初めての友達『あんだんご』だった。



  14. 14 : : 2015/11/01(日) 20:26:55


    月見だんご「...............」


    あんだんご「月見だんご......」


    月見だんご「あんだんご君........」





    月見だんごは泣いていた。




    小さな瞳から涙が零れる。




    月見だんご「私........生きてくのが不安で.........」



    するとあんだんごは月見だんごのそばに近寄った。




    あんだんご「月見だんご.........僕がなんでも相談に乗るよ........なにかあったら僕が....






















    君を守る.......!」






    月見だんごはあんだんごに寄り添った。










  15. 15 : : 2015/11/01(日) 21:11:31
    俺はこのまえあんだんごとケンカした。




    少しの考えの違いでケンカにまで発展した。










    やきだんご「このやろう!!!!」




    俺はあんだんごにタックルした。あんだんごが少しよろける。




    あんだんご「やったな!!!!」




    あんだんごもタックルで反撃してきた。俺もよろける。




    この展開が数時間は続いた。





    しかし、ケンカが終わればいつも通りに戻り笑いあった。





    やきだんご「ははっwなんだよその顔wwボロボロじゃねえかw」




    あんだんご「そっちだってwww」










    俺たちはこんな少年時代を繰り返していった。






    俺達の心の中には「(きずな)」が生まれていった。






  16. 16 : : 2015/11/01(日) 21:14:43

    月日は経ち、俺達の少年時代も終わった。



    俺達も自分の道を歩み始めた。






  17. 17 : : 2015/11/01(日) 21:18:53


    この星も良くなってきた。



    町も作り、家や大きな建物、緑も増えていった。



    だんご星と名付けられたこの星はみんなで笑い合う豊かな星になった。




  18. 18 : : 2015/11/01(日) 21:19:59


    この前おめでたい話が入ってきた。




    あんだんごと月見だんごが結婚したという知らせだった。



  19. 19 : : 2015/11/01(日) 21:36:41


    俺は結婚式であんだんごと月見だんごに手紙を読んだ。





    手紙を読みながら、二人の方をチラリとみた。



    成長した二人の姿を見て、思わず涙した。




    そしてこの時のために作ってきた曲を二人にプレゼントした。









    『だんご大家族』








    という曲だ。




    この星で笑い合い、悲しいことを乗り越え、嬉しいことを分かち合い、幸せに生きていこうという曲だ。





    この曲をみんなで歌った。







  20. 20 : : 2015/11/01(日) 23:40:56


    俺はスーパーで働いた。


    レジ打ちの仕事だ。

  21. 21 : : 2015/11/01(日) 23:43:46
    あんだんごは小学校の先生。



    みんなからはあん先生と呼ばれている。




    ごまだんごは作家デビュー。一作目の本が大ヒットしたらしい。




    串だんごは4人でアイドルをしている。



    時々バラエティーに出たりもしている。



    面白さはあのときと変わらない。



  22. 22 : : 2015/11/01(日) 23:47:13


    またおめでたい話が入った。




    あんだんごと月見だんごの間にあかちゃんだんごが生まれたそうだ。



    名前はまだ決まってはいないが、とってもかわいいらしい。




    あかちゃんだんごはとっても小さいが、いつも幸せの中にいる。




    そしてどんどん成長していき、この星の未来をつくる。



  23. 23 : : 2015/11/01(日) 23:49:12


    あれから数十年。




    俺達も還暦を迎え、老後ぐらしが始まった。



  24. 24 : : 2015/11/01(日) 23:50:27


    俺達は目も遅くなり耳も悪くなった。




    『年寄りだんご』になった。


  25. 25 : : 2015/11/01(日) 23:53:49


    この歳にもなると、体も自由に動かない。




    ほとんど家にいる状態だ。

  26. 26 : : 2015/11/01(日) 23:54:54


    悲報が入ってきた。





    串だんごが亡くなったという知らせだった。




  27. 27 : : 2015/11/01(日) 23:56:30


    死因は寿命死。




    この歳になるといつ死んでもおかしくはない状態だ。


  28. 28 : : 2015/11/02(月) 00:00:18


    串だんごの死はとても悲しんだ。




    親戚よりも少年時代を一緒に過ごした俺達が一番悲しんだ。



  29. 29 : : 2015/11/02(月) 00:02:19



    この星にある病が流行った。



    その病にかかると、カビが生え、そのうち死に至るという。





    治療法はまだ見つかってはいないが、この星の若い人たちならきっと見つけてくれるだろう。



    そう信じた。
  30. 30 : : 2015/11/02(月) 15:59:16



    だが、その願いは神様には届かなかった。





    流行り病がどんどん進行していき、だんご星のだんごの数は半分になっていった。
  31. 31 : : 2015/11/02(月) 16:01:07


    俺は重い身体を引きずりながらも町を歩いた。




    するとあるところに辿り着いた。




    一本の大きな木が立っているところだ。


  32. 32 : : 2015/11/02(月) 16:03:29


    俺はその木を見上げた。




    俺の脳裏に何かが(よぎ)った。




  33. 33 : : 2015/11/02(月) 16:09:38




    「ここに木の苗植えようぜ」









    「いいのかな?こんなのところに?」










    「空き地だからいいじゃん」








    「この木は俺達のシンボルだ!」








    「そうだな」


    「そうだね」









    「これが俺達の木




















    『だんご大家族』の木だ!」










  34. 34 : : 2015/11/02(月) 16:17:20


    思い出した。





    この木は俺達のシンボル。









    あの結婚式の時もこの木を見ながら作った。








    悲しいことや嬉しいこと、辛いことや楽しいことがあったときもこの木によく来ていた。










  35. 35 : : 2015/11/02(月) 16:18:47


    俺はこの木に願った。






















    みんなの幸せ、この星の平和、そしてーーーーーーーーーーーーーーーーーー





  36. 36 : : 2015/11/02(月) 16:22:16




    願ったとき、微かにこの木が揺れた。







    俺になにかを告げるように揺れた。そんな気がした。




  37. 37 : : 2015/11/02(月) 16:25:13



    俺は家に帰った。




    新聞が届いていた。





    号外だった。



  38. 38 : : 2015/11/02(月) 16:26:15


    どうやら流行り病はなくなったらしい。






    俺の願いが神様に届いたらしい。




  39. 39 : : 2015/11/02(月) 16:27:27


    その日の夜、夜空を見上げた。






    まんまるのでっかいお月さまだった。









    ずっと見つめていると、月のうさぎが手を振っているように感じた。




  40. 40 : : 2015/11/02(月) 16:29:06




    久しぶりにあんだんごと月見だんごに会った。






    すっかり二人とも年寄りだんごだ。



  41. 41 : : 2015/11/02(月) 16:30:06



    しみじみと昔の話をした。






    少し涙の零れる話もあったが、いろいろと思い出せた。




  42. 42 : : 2015/11/02(月) 16:32:41



    一年が経った。





    あんだんご、月見だんごが亡くなった。





    ごまだんごはこの前突然倒れて入院。余命はあまり長くはないらしい。




  43. 43 : : 2015/11/02(月) 16:33:45


    俺は普通の生活をしていた。





    運動したり、買い物などもしていたが、もう身体が動かない。




  44. 44 : : 2015/11/02(月) 16:35:59


    俺が生まれてきたときは何もなかった。






    数十年たった今では何もかもが変わった。










    何もないところには建物が建ち、(くぼ)んだところなどには川や湖が出来ていた。




  45. 45 : : 2015/11/02(月) 16:37:46



    俺はこの前、階段で転落してしまった。





    身体の内部が損傷して、もう長くはないと医者に言われた。





  46. 46 : : 2015/11/02(月) 16:39:01


    ベッドの上、俺はあの歌を口ずさんでいた。






    思い出の詰まったあの曲だ。





  47. 47 : : 2015/11/02(月) 16:39:45


    いろんな思い出が甦る。





    そして俺の視界が狭くなっていく。





  48. 48 : : 2015/11/02(月) 16:41:11


    俺の身体が軽くなっていく。




    下には俺の身体。





    『天使だんご』になったのだ。




  49. 49 : : 2015/11/02(月) 16:41:56



    どんどん上に昇っていく。




    眩しい光。そのなかに家族がいた。




  50. 50 : : 2015/11/02(月) 16:44:32





    「お、きたきた」



    「久しぶりー!」



    「みんな待ってたよ」




    「あ、いい忘れてた!」




    「なになに?」





    「ほらあれだよ」



























    「おかえりなさい」
















  51. 51 : : 2015/11/02(月) 16:45:09



























    「ただいま」


















  52. 52 : : 2015/11/02(月) 16:49:03




    「ねーねー、お父さん」





















    「なんだい?」




















    「あのきってなーに?」


















    「あの木はな、この星を作った人が植えた木なんだよ」





















    「へー!すごいきなんだねー!あのきなんていうのー?」






















    「あの木はな『だんご大家族』の木って言うんだよ」

















  53. 53 : : 2015/11/02(月) 16:49:45



































    『だんご大家族』

























  54. 54 : : 2015/11/02(月) 16:53:19




    これでだんご大家族は終わりとなります。




    読んでくださった皆様、お疲れさまでした。







    細かく投稿させていただきましたがどうでしたか?



    結構早いスピードで仕上げてしまい、この文章あってるかな?と思います。






    なにかあれば質問こぉなぁまでご連絡ください。 http://www.ssnote.net/groups/1590







    お気に入り登録してくださった方ありがとうございます!




  55. 55 : : 2015/11/02(月) 23:40:13


    時代設定はだんご星が誕生したときから始まります。




    0年 だんご星誕生 やきだんご達『だんご大家族』誕生




    14年 隕石落下 だんご星に穴が空いた。


    これにより『不安』という気持ちができた。





    15年 やきだんごとあんだんごのケンカ。






    17年だんご大家族の木の苗を植える






    28年 あんだんごと月見だんご結婚




    やきだんご、『だんご大家族』という曲を作る


    同年



    それぞれの道を進む。


    やきだんご スーパーのレジ打ち


    あんだんご 小学校の先生


    ごまだんご 作家デビュー


    串だんご アイドル







    32年



    あんだんごと月見だんごの間にあかちゃんだんごが生まれる






    65年



    還暦を迎え、年寄りだんごに



    串だんごが寿命死








    68年




    病にかかるとカビが生えるという流行り病が流行る。






    69年



    流行り病がどんどん進行していき、数が半分に







    同年




    若者達が流行り病の治療法を見つけ、流行り病消滅






    72年



    やきだんご、久しぶりにあんだんご、月見だんごと再会






    73年 あんだんご、月見だんご亡くなる





    ごまだんごも倒れ、年末に亡くなる




    76年




    やきだんご、階段から転落。




    翌年亡くなる


▲一番上へ

このスレッドは書き込みが制限されています。
スレッド作成者が書き込みを許可していないため、書き込むことができません。

著者情報
neptuneTLD

おぐにゃん

@neptuneTLD

「未分類」カテゴリの人気記事
「未分類」カテゴリの最新記事
「未分類」SSの交流広場
未分類 交流広場