ssnote

x

新規登録する

作品にスターを付けるにはユーザー登録が必要です! 今ならすぐに登録可能!

この作品はオリジナルキャラクターを含みます。

この作品は執筆を終了しています。

上条「統括理事長に俺はなる!」神上「なってんじゃん…」

    • Good
    • 3

loupe をクリックすると、その人の書き込みとそれに関連した書き込みだけが表示されます。

▼一番下へ

表示を元に戻す

  1. 1 : : 2014/09/11(木) 00:02:06
    続き
  2. 3 : : 2014/09/11(木) 00:04:02
    とある高校

    小萌「今日は転校生が三人いるのですよ」


    上条「エーダレダロー」


    小萌「この3人ですどうぞ〜」


    浜面「浜面です☆」
    ※宮迫です風


    駒場「駒場…利徳…」


    半蔵「服部半蔵だ。よろしく」


    浜面「ってか統括理事長と同んなじクラスじゃないっすかー」


    上条「は?統括理事長?何イッテンノ?」ギロ


    浜面「え?」gkbr


    小萌「そ、それではまぁあの辺にでも座っててくださいです。浜面の席がないので地べたにでも座っててください」


    浜面「俺の扱い変わらず⁉︎」

    ____________

    ネセサリウス女子寮

    神崎「はぁ…この洗濯機の機能が少なすぎて困るわ」


    アニェーゼ「機械音痴が上条さんにあっちまってから何があったのか機械抜群になっちまいました」


    神崎「学園都市から取り寄せよ」

    ______________

    ■■「キャッ!」下着姿


    上条「でさ〜ん?」チラ


    ■■「キャッ」


    上条「それがヤベェんだよ」


    モブ「マジかよ〜」


    ■■「」

    ____________

    吹寄「3人の新しい仲間の歓迎パーティしましょうよ!」


    土御門「鍋パだにゃー」


    鍋パ

    上条「なんでこいつ来たんだ?」


    禁書「ムッ!それはきにしちゃダメかも!」


    青ピ「では、私が音頭をと
    土御門「カンパーイ!」


    一同「カンパーイ!」


    青ピ「」




    上条「それでさ〜」ヒョイ


    禁書「あっ…」


    浜面「ヘぇ〜」
    (ヤベェ…あの銀髪ロリが取ろうとしてる肉を全て的確に取ってやがる)


    上条「ん!うめぇな!」ヒョイ


    禁書「あっ…」


    浜面(もはやイジメにしかみえねぇ)
  3. 4 : : 2014/09/12(金) 22:10:34
    御坂「これが私の母親よ」


    上条「こんにちは。まさかPTA会長が御坂さんの母親だなんて」


    美鈴「いえいえ、こちらこそうちの美琴がお世話になっております」


    上条「まぁ、最近はスキルアウトの被害が多いのでお帰りの際はお気を付けください」


    美鈴「それでは失礼します」

    ガチャ

    御坂「それよりアンタが統括理事長になったとはね」


    上条「おかげで毎日忙しいぞ」


    御坂「統括理事長なんだからお給料もすごいでしょうね」


    上条「ん?俺はレベル0程度にしか貰ってねぇぞ?実際レベル0だし」


    御坂「」


    御坂「アンタって政治家の鏡ね…あれ、涙が…」ソンケイノナミダ


    上条「まぁ統括理事長から実行するのはあたりまえだろ?」


    御坂「あれ?涙がとまらない…アンタ日本の政治家に今の言葉をいってあげなさいよ…」

    ____________

    美鈴「せっかくだしお土産でm
    スキルアウト「オイ!抵抗するんじゃねぇぞ…」


    美鈴「あら…せっかく注意されたのに…」


    浜面「なぁなぁお前のそのナイフ錆びてんぞ!こっちと変えとけ」


    スキルアウト「お、おう」


    美鈴「ふぅ…何がしたいの?」


    浜面「それよりも逃げましょうね〜」


    スキルアウト「お、お前仲間に紛れて…」


    スキルアウト「待ちやがれぇぇえええ」


    スキルアウト「おりゃぁぁああ!」ナイフブス!


    浜面「ん?」


    スキルアウト「あれ?」シャコン


    浜面「ブフッ…おもちゃのナイフで脅せるんですかwww」


    スキルアウト「テメェ!やっちまえ!」


    駒場「俺の番だな」ドス


    スキルアウト「お、お前は…伝説の‼︎」


    半蔵「さて選ばしてやる。学校へ行くか。刑務所か。」


    スキルアウト「学校へ行きます!」


    浜面「…風紀委員も意外といいな」

    ____________

    しかし学園都市もまだ平和でない

    ____________

    上条「ローマ正教が?」


    土御門「そうだにゃー。だからちょっと手伝って欲しいですたい。」


    神上「C文書っつーやつだな」


    土御門「そうだにゃー」


    一方「俺も行くァ」

    ____________

    親船「であるからして…


    テロ組織「やっちまうぞ!」


    麦野「誰をやっちまうって?」


    垣根「おうおう残念だったな拘束しちまえ」


    フレンダ「この爆弾見えるって訳?」


    絹旗「はい!超おとなしくしててくださいね!」バキ


    テロリスト「フベラ!」パタ


    滝壺「学園都市はまだ平和ではない」
  4. 5 : : 2014/09/12(金) 22:11:04

    上条「ってことでフランスに来ました!」


    神上「んじゃバチカンを包むように幻想殺しで」パキーン


    神上「ん、あっちだな」


    土御門「先に壊してから向かうとは…」

    ____________

    テッラ「小麦粉を上位に…我を下位に…あっ間違えた」


    一方通行「自転パーンチ」


    テッラ「タワワ!」バキ


    上条「こいつは誰でも勝てそうだな」


    土御門「小麦粉より弱いからにゃー」


    神上「ふぅ、戦争終わらして来た」


    上条「どうやって?」


    神上「ローマ法王脅して」


    土御門「事件じゃね!?」

    ____________

    上条「お目にかかれて光栄です」


    ローマ法王「こちらこそ学園都市からはるばるおこしになさって」ビクビク


    神上「あーなんかすいませんね脅しちゃったりして」


    ローマ法王「い、いえとんでもございません」


    一方「まァ和解できたなら帰るかァ」


    土御門「んじゃさよならにゃー」


    神上「さらば!」ヒュン


    ローマ法王「消えた!?」

    ____________

    博士「これが私の作ろうと思っていた細胞!」


    木原「はあまりにも危険なので処分させていただきまーす」ガシャーン


    博士「」


    木原「はい手錠ね 危険物所持で逮捕?まぁなんでもいいや」カチャン

    ____________

    上条「いやぁ忙しいね」


    結標「あらお帰りなさい。どこいってたの?」


    上条「ちょっとフランスに。戦争終わらして神の右席のやつ倒してローマ法王に渡してついでにローマ法王と同盟結んで来た」


    結標「おつかれさまです」
    (さらっと世界を…)

    ____________

    理事員「わ、わたじわぁぁああ、ぅう"ッ、ごのぉおおお、交付金でぇえええ!報告もせずぅぅううえええん!私金とじでぇえええ!使ってしまいまじだぁぁあ」


    上条「彼は解任します」

    ______________

    とある高校

    吹寄「ちょっ!上条が統括理事長としてテレビにでてたんだけど!」


    ■■「私も見た」

    ガラララ

    上条「おはざぁーす」



    吹寄「貴様!じゃなくて上条さん統括理事長だったんですか!?」


    上条「いや違うけど?」


    吹寄「でもテレビで…」


    上条「えっ!映ってた!?クソ!編集しろっつったのに!」


    吹寄「あーほんとに統括理事長なんですね?」


    上条「ちょっ、急に敬語はやめろよ吹寄」


    浜面「よぉ大将!昨日テレビでてたな!」


    土御門「まさかあいつがそんなことするとは思ってなかったにゃー」


    青ピ「でも職場ではなんかビクビクしとったで?」


    上条「そうゆうのちゃんと伝えてくれよ青ピ」


    吹寄「ちょっ!理事関係何人いるの?」


    上条「」/


    土御門「」/


    青ピ「」/


    浜面「」/


    駒場「」/


    半蔵「」/


    吹寄「……」

    ____________
  5. 6 : : 2014/09/13(土) 18:42:47
    エツァリ「今日は2号さんと5号さんの日ですか」


    冥土「そうだね。よく働いてくれてとてもたすかるね」


    エツァリ「いえいえ本願ですから」ニコニコ

    TV<侵入者に注意してください

    エツァリ「おっとこれはすごいですね、ここに侵入するなんて」


    冥土「素直に理事長に言えば通してくれるのにね」


    エツァリ「彼も僕にIDを発行してくれましたよ、脳はなにもいじらずに」


    冥土「彼はお金に揺るがないから強いんだよ」

    ガシュァーン

    エツァリ「こっちに侵入して来ましたか侵入者さん」


    ショチトル「裏切り者め!おまえはここで殺し ムグッ!」

    上条「お疲れ様で〜す」


    エツァリ「あっこんにちは。その子は私の元組織の仲間ですね」


    ショチトル「プハァッ!テメェ!誰だよ!」


    上条「統括理事長ですよ?」


    ショチトル「……」

    ____________

    上条「んで?エツァリを殺そうとしたと」


    ショチトル「あぁ、原典も手に入れてやっとここにきたんだがな」


    エツァリ「原典を!?身を滅ぼすだけじゃないですか!」


    ショチトル「でもおまえを殺せってずっといってくるからこれくらい必要かと思って…」


    上条「まぁ原典消せたしよかったじゃん」


    ショチトル「原典消せるとかあるんだ」


    エツァリ「うちの統括理事長ですから」


    上条「あと君の組織に圧力かけといたから当分襲ってこないと思うけど」


    ショチトル「ねぇ、この人すごくね?」


    エツァリ「うんヤヴァイ」
  6. 8 : : 2014/09/13(土) 18:51:42




    □ローマ法王<ちょっ、テッラデットナウ
                        なんで?>上条□


    □ローマ法王<アックアに殺られた

                       おぅ… マジか!>上条□


    □ローマ法王<アックアがそっちいくらしいからちょっと相手してやってくれよ


    しゃーねーなぁ>上条□


    □ローマ法王<ちょ、テッラを天草式んとこに送りやがった!


    めんどく せぇことしやがってオイ!!!>上条□


    まぁいいけど>上条□


    □ローマ法王<ちょ、このトプ画良くね?


    そうか?俺は・・・

    ____________

    神上「俺もローマ法王のアカウントほしいんだけど」


    上条「なんか渡さないでくださいとかいわれてるから」

    ゴッ

    アックア「」


    結標「あら⁇かっこ良く登場したくて窓割ろうとしてでも窓がとてつもなく頑丈で割り切れなかった来客が窓に!」


    一方「だっせェ!」ケラケラ

    コンコン

    上条「どうぞー」


    神裂「テッラという者が送りつけられたのですが…アックアという者がどうちゃらこうちゃら」


    五和「おしぼりおしぼり」


    建宮「のよなのよな」

    上条「あー多分こいつだな」


    アックア「」


    神裂「うわ…ダサ…」


    五和「おし…ぼり…」


    建宮「のよ…な…」


    結標「日本語は苦手なのかしら?」

    ____________

    コンコン

    上条「どうぞー」


    アックア「ど、どうもなのである」


    神裂「あっ、ダサ男さん」


    神上「やめたれや」


    アックア「おまえを倒すのである」


    上条「んじゃこっちも久々に」
    グォオオオオ


    アックア「負けたのである」


    神裂「ダッサぁあ」


    一方「やめたれ」


    神上「ここまで小型化するんだな」


    上条「おーよしよし 久々だな竜たち」


    竜たち「グォオオオオ」


    アックア「怖かったのである」


    土御門「んじゃ送るにゃー」


    アックア「さらばである」

    ピューン

    結標「ただ上条が新ワザを披露しただけだったわね」
  7. 9 : : 2014/09/13(土) 18:52:28
    ダメだ…LI○E形式にできない
  8. 10 : : 2014/09/14(日) 22:47:06
    とある高校


    小萌「最近転入生が急増してますよ黄泉川先生!今日はレベル3のエイワスちゃんと風斬ちゃんがきましたよー!」


    黄泉川「そりゃあレベル5が1人とレベル3が2人いるじゃん?それに特殊能力者が1人と統括理事長で最強のやつが1人、しかも大覇星祭で優勝、個人戦では全部この高校じゃん!そりゃそうなるじゃん!」


    小萌「た、確かにそうです…」


    黄泉川「いそがしくなるじゃん!」


    そしてとある高校も名門
    となりました


    小萌「最近展開が早くて大変ですね黄泉川先生」


    黄泉川「確かにそうじゃん!」


    小萌「ってことでいったん現状をお伝えしますよ〜!」


    黄泉川「今の統括理事長は上条じゃん!」


    小萌「一応今私が知ってる理事員は雲川ちゃん、土御門ちゃん、青ガミちゃん、一方通行ちゃん、親船ちゃんです!秘書と助手で結標ちゃんと神上ちゃんです!」


    黄泉川「さらにさらに、垣根、麦野、滝壺、絹旗、フレンダは一応役所で働いているじゃん」


    小萌「今の順位はレベル6の第1位、一方通行、2位の垣根帝督、レベル5の1位は滝壺理后、2位は御坂美琴、以外麦野、食蜂、青ピ、削板です!ちなみに土御門ちゃんは特殊能力者となってるんです!」


    黄泉川「そしてそして、統括理事長の直接部隊、アンチスキル特殊部隊のリーダー木原くンとスキルアウトの鎮圧を任されている直轄の風紀委員、浜面、駒場、半蔵とその愉快な仲間たちがいるじゃん!」


    小萌「これらの情報をどこで手に入れたの?ですか?ご想像におまかせしますよ〜!」


    黄泉川「これからの展開が楽しみじゃん!」


    小萌「感想もどんどん募集していますよ〜!」


    黄泉川小萌「これからもよろしくお願いしま〜す!(するじゃん!)」
  9. 18 : : 2014/09/15(月) 14:26:30
    フィアンマ「イギリスを侵略する」


    ローマ教皇「やめろ」


    フィアンマ「は?無理」


    アックア「戻ったのである」


    フィアンマ「ん?早かったな…幻想殺しはどうした」


    アックア「あれは…多分おまえも勝てないのである」


    フィアンマ「あぁ?俺が勝てないやつなんていねぇ!イギリス侵略やめて学園都市にいく!」


    ローマ教皇「んじゃアポとっといてやるよ」つ□


    ローマ教皇「もしもし?統括理事長さん?そうそう俺!あのさぁー今からフィアンマが…あっ、フィアンマってのはあの神の右席の1番強いのな、アックアは元気だぞ?おおわかった」


    ローマ教皇「フィアンマ、アポとっといたぞ」


    フィアンマ「何かってに同盟結んでんだよ!ってかその携帯最新式じゃね!?」


    ローマ教皇「どうだ?欲しいか?」


    アックア「私も貰ったである」
    つ□


    フィアンマ「ヤベェ俺も欲しい…行って来る!」


    アックア「ちゃんと建物は入り口からはいるのであるよ」


    フィアンマ「わかってるぞ…」
    ____________

    上条「今からローマ正教の一番強いやつが来るってさ」


    一方「ンじゃお迎えの用意だなァ」


    結標「また窓から入って ゴッ …こようとしたようね」ハァ


    一方「ダセェ!」ケラケラ


    神上「やめたれ」
    ________

    フィアンマ「こ、こんにちは」


    上条「おーはるばるおこしになさって」


    一方「コイツら学習装置つけたほうがいンじゃね?」


    神上「建物は入り口から入りましょうってか?」ケラケラ


    フィアンマ「…」


    上条「これが欲しいんだって」
    つ□


    フィアンマ「お、おう って言うか一応おまえの幻想殺しの力をもらいに来たんだが…」


    神上「えー、俺おまえにとりつくの嫌しぃ」


    上条「ってかこいつはこいつでなんかいんじゃないの?」


    神上「一個下の位のやつがいるな」


    上条「それはそれでいいじゃん」


    フィアンマ「なんの話だ?」


    上条「こっちの話だよ」


    フィアンマ「とりあえずおまえの右腕は貰って行く!」右腕ブン

    シーン

    フィアンマ「…なぜ発動しない」


    上条「魔術と能力はこの建物では使えませーん」


    フィアンマ「…」


    上条「こんなのならできるけどね」グォォオオオオ


    フィアンマ「負けました」


    竜「ダッセェ!」


    上条「おぉ!喋れるようになったか!」


    竜「うん!」


    結標「可愛い」キュン
    ____________

    フィアンマ「お疲れ様でした!」


    上条「あっ、あとおまえがしたがってたなんやらの星?あれもうできないから」


    フィアンマ「な、何故だ!」


    上条「右腕振ってみ?」


    フィアンマ「」ブン!

    シーン

    フィアンマ「」ブン!ブン!ブン!ブン!・・・・

    ________

    上条「な?いろいろあって危険だからなくしといたぞ」


    フィアンマ「何故こんなことを!」


    上条「戦争を起こそうってんなら先に止めるまでだろ」


    フィアンマ「何故そこまで私のことをわかっている!」


    上条「Wikipediaがあるから!」

    ____________

    スキルアウト「チッ!もっとスピードあげろ!」


    スキルアウト「これが限界だ!」

    ゴッ


    スキルアウト「な、なんだ!?」


    スキルアウト「エンジンにクナイが!」


    スキル「爆発すんぞ!」


    回避!

    スキル「危ねえ!」


    半蔵「ことはやめるんだな!」シュパ


    スキル「ヒイッ」


    黄泉川「お疲れじゃん」


    浜面「んじゃ後頼みますね」


    黄泉川「了解じゃん」

    ____________

    ヴァルキリー「どうちゃらこうちゃらのこと。」


    神裂「ジーンズ切られた」


    店主「おぉっ、いい…」


    神裂「み、見ないで!」


    ヴァルキリー「わたしのも見て!」


    店主「おぉっ、いい!」


    神裂(だ、だめ!隠したい!けど…もっと見て欲しい!はぁぁぁああ)


    ヴァルキリー「んんっハァっ もっと!」

    ヴァルキリーは露出して興奮する変態さんでした。神裂さんも変態さんになりました。

  10. 19 : : 2014/09/15(月) 16:17:12
    神の右席は頭おかしきことこの上なしだな
  11. 20 : : 2014/09/15(月) 17:23:02
    >>19
    偉人は頭おかしいやつとか変態とかが多いからな
  12. 21 : : 2014/09/15(月) 21:54:31
    刀夜「やぁリトヴィアさん」


    リトヴィア「えっ…」


    刀夜「いかがですか?これお土産にどうですか?」


    リトヴィア「えーと・・・

    ____________

    バルビナ「たくさん、お土産、やる、おまえ」


    刀夜「いらない」


    バルビナ「」
    ____________

    削板「お前ら大丈夫か根性!」


    原谷「大丈夫」


    スキルアウト「」チーン


    浜面「ん?なんだこいつ?」


    駒場「第6位だな」


    半蔵「こいつ使えんじゃね?」


    削板「根性!根性!」


    浜面「おまえ風紀委員ならねぇか?」


    削板「根性!」


    削板が風紀委員になった!
    ____________

    旅掛「そうか、それなら投棄された家電の基盤からレアメタルをとる会社を作ればどうだ?」


    イネス「それいっすね!」


    旅掛「起業費は学園都市の理事長が寄付してくれたよ」


    イネス「本気感謝尊敬っス」
    ____________

    白井「ストレートパーマお願いしますの!」


    坂島「はいよぉー」
    ____________

    オッレルス「オラァァアア!テメェらブチ殺し決定だごるぁぁあ」

    -----------------------------------------

    オッレルス「組織壊滅、子供たちは保護しました」


    シルビア「よし!今日の任務は達成だな!理事長に電話よ!」

    ____________

    浜面「ん?」


    郭「半蔵はいますか?」


    半蔵「その声は郭か?」


    郭「お兄ちゃん!」ダキ


    半蔵「おっとどうした!」


    駒場「む?半蔵の妹か?」


    半蔵「あぁ、俺は家には帰らんぞ?」


    郭「マジかよ!ついでくれよ!」


    半蔵「おまえがつげ!」


    郭「めんどくさい」


    半蔵「おい!」

    __________

    工山「ハッキング♪ハッキング♪」


    初春「はい特定完了」


    木原「テメェかハッキングしてやがんのは!もっとみつからねぇようにしやがれクソヤロウが!」

    ____________

    刀夜「それでさぁ!うちの息子がさぁ…


    旅掛「うちの娘は…


    田中(この人たちの子供ってたしか中高生…ヤベェ)
  13. 23 : : 2014/09/17(水) 22:43:32
    久々に高校風景

    上条「あぁーあ、今日もテストかよ…」


    青ピ「ピアスはずそかなぁ。でも補習も受けたいわ。どないしたらいい?カミやん」


    上条「知るか!」


    土御門「イギリスでアレイスターが泣いてたにゃー」


    上条「なんて?」


    土御門「怖かったって」


    上条「精神年齢いくつだよ」


    浜面(アレイスター。そこだけは同情するぜ…)


    小萌「はいはい皆さん座ってくださいなのですよー」

    ____________

    テスト結果

    500点満点
    上条、土御門、青ピ、駒場、半蔵

    498点
    浜面

    454点



    浜面「クソ!またハブられた気分だぜ!」


    クラス一同(こいつ…ケンカ売ってね?てか浜面から次のやつまでの点差44点って舐めてんだろ)
  14. 24 : : 2014/09/17(水) 22:43:58
    常磐台

    「キャッキャウフフ」

    バァァァアンッッッッ

    一方「テメェら席に着けェ!」


    生徒(教卓に出席簿を叩きつけただけなのに爆発音が出ましたわ!?)


    生徒「不審者ですか!?」

    キャーキャー

    一方「スゥ…黙れグォラァァァァアアアアアアアアアアア!!!」


    生徒「」ビクゥ


    白井「遅れてすいま、せん…の!?」


    一方「座れ白黒ォ!」


    白井「御意!」シュバババ


    一方「よォし!その動きだァ!」


    白井「はい!」gkbr


    生徒「一体あなたは?」


    一方「副統括理事長兼絶対能力者の第一位の一方通行だァ」


    生徒「oh」


    一方「テメェらがレベル3以上だからって調子に乗って勉強もろくにしてねェやつもいやがるだろォ」


    一方「そこでェ俺が直々に調査兼授業をしてやるァ、感謝しやがれェ!」


    生徒たち「は、はい!」


    一方「ン、じゃそこの格下ァ!この問題解け!」


    生徒「わ、私ですか!」


    一方「5、4、


    生徒「えっ、こんな問題を5秒で!?解けませんよ!」


    一方「3、2、1タイムアップだァ!テメェは問題を解く上で一番やってはならねェことをしたァ!それがなにかわかるか?」


    生徒「えーと、諦めることでしょうか…」


    一方「ちげぇ!それは二番目だァ!」バァァァアン


    生徒「」ビクゥ


    一方「白黒ォ!なんだかわかるよなァ!」


    白井「はい!この問題のぐぁあああってなってるところとまろみを見つけることですの!」


    生徒(ぐぁあああ?まろみ?)


    一方「そォだァ!正解だァ!」


    生徒(なん…だと!?)


    一方「わかったかァ?問題のぐぁあああってなってるところとまろみを見つけられればどンな問題も楽勝なンだよォ!」


    生徒(マジかよ…)


    一方「こンな問題レベル0でも解けンぞ」


    生徒「それは無理ですよ」アハハ


    一方「言いやがったなァ?テメェ今の統括理事長はレベル0なンだぜェ?それに他にも俺が知ってる中では3人、元スキルアウトのやつもいるぞ」


    生徒「嘘ですよぉ」


    一方「そういうと思って。私、一生懸命探しました。」


    白井「」ドキドキ


    生徒「…」


    一方「みつかりましたよ!」


    白井「」パァア


    生徒「」


    一方「どうぞォ!」


    浜面「どうもどうも!」


    駒場「」


    半蔵「」


    一方「ってことで誰でもいいから問題だせェ。とびっきり難しいのをなァ!」


    生徒「それでは

    ーーーは?」


    浜面「え…」


    生徒「ほらウソではないですか、わからないな 浜面「簡単すぎじゃね?まぁ中学生だから仕方ねぇか」


    生徒「」


    浜面「ここがぐぁあああってなっててここのまろみがこうだから


    生徒「」
  15. 25 : : 2014/09/17(水) 22:45:56
    ぐぁあああとまろみがわからない方は寺子屋さンへどうぞ
  16. 28 : : 2014/09/18(木) 21:42:21
    禁書「最近とうまが無視してくるんだよ!」


    神裂「うーん、仕方ありませんね」


    ステイヌ「インフルエンザハァハァ」


    禁書「ひどいんだよ!」


    神裂「まずとうまってあなたが呼べるだけの身分をお持ちだとお思いですか?」


    禁書「呼んだらだめなの?」


    神裂「はぁ、それにあなたに会って喋ってあの方になんのメリットがありますか?」


    禁書「私を見られて嬉しくなるかも!」


    神裂「それはステイヌだけです」


    禁書「ちがうもん!」


    ステイヌ「インフォームドコンセントハァハァ」


    神裂「では本人に会って聞いてみましょう」


    禁書「それがいいんだよ!」プンスカ


    ステイヌ「それはやめておいたほうが…」
    ____________

    上条「おう、久しぶりだな神裂!とうまいb

    ステイヌ「言わせねぇよ!?てかさっきからステイヌになってるけどちがうからね!ちがうんだよ!」


    一方「きめェ。」


    神裂「それで今日はこの子がどうしても会いたいと」


    禁書「久しぶりなんだよ!とうま!」


    上条「」


    神裂(とてつもなく嫌そうな顔をしていますね…)


    禁書「ムッ、その顔は何⁉︎もう怒ったんだよ!」ウガー


    上条「せいっ!」バキ


    禁書「ウッ!なじゅう…」ガク


    神裂(噛みつこうとして飛んでいるところにアッパーが入りましてその手は右手のため服がバラバラに……)


    上条「いやぁ気持ちいいな今日は!」


    ステイル「うわぁ、今ので禁書は無いわぁ、なんで禁書なんて好きだったんだろう…魔術師の仕業か!?こんなに何もできない失礼な長所が銀髪ロリと完全記憶能力しかないやつを僕が好きになるはずがない!」


    上条「正当防衛だからな!」


    神裂「この子もう社会に出れませんね」


    上条「ちょっとこっちの人格更生教室に通わせるか」


    神裂「それがいいですよ!」


    ステイル「この子の食費はもう底を突くんだ!」


    上条「絶対にこいつのアイデンティティをなくしてみせる!」キリッ


    神裂(カッコイイ!)キュン


    ステイル「それじゃあ彼女は任せたよ!」


    上条「あぁ!任せろ!」


    ここに新たな友情が芽生えた。
    一人の個性を犠牲にして…















    まぁいいけどな フッ


    禁書「」
  17. 32 : : 2014/09/19(金) 00:19:51
    一方「やっぱコーヒーは最高だねェ!」


    上条「紅茶派ですよ上条さんは」


    結標「グレープフルーツジュースこそ至極よ!」


    神上「地上の飲み物は大体うまい」


    一方「コーヒーだろォが一番は!」プンスカ


    白井「その通りですの!」プンスカ


    上条「そこまで好まねえけどどちらかといえば紅茶だな」


    一方「まろみ…そしてこのまろみ…最高じゃねェかァ!」ゴクゴク


    白井「この黒のまろみがやっぱりいいですの!」


    一方「オォ!わかってるなァ白黒ォ!」


    白井「フッ、店開ける自信がありますの!」


    一方「ンじゃァコーヒー屋さン開

    上条「やらせねぇよ!?」


    結標「それやったらモロパクリになっちゃうしね……」


    神上「ところどころパクってるけどな…まろみとか」


    一方「なンかしてェ」


    上条「まぁ考えといてくれ」

    ____________

    人格更生教室

    禁書「お腹が空いたんだよ!」
    ジタバタ


    教官「んー、さっき30分前に食べたからあと5時間は待ってね〜」


    禁書「あんなの少ないんだよ!」


    教官「あれが人間の適量ですよ〜」


    禁書「そんなの嫌かも!」


    教官「そうですか〜」


    禁書「怒ったんだよ!こうなったら魔術で無理やり!」


    教官「ここの建物は能力も魔術も使えませ〜ん!ざーんねーん」


    禁書「そんなの我慢できないんだよ!」


    教官「だからみんなに嫌われるんですよ〜!現実見ましょうね〜!」


    禁書「嫌われてないんだよ!実作のヒロインは私なんだよ!」


    教官「それでは自分のいいところをあげてください、よーいどん!」


    禁書「いっぱい食べられるんだよ!人気があるんだよ!可愛いんだよ!それと…完全記憶能力を持ってるんだよ!」


    教官「ハイ終了!現実を見てみましょう」


    教官「さてアンケートの結果、あなたは第六位です!良かったですね!」


    禁書「人気はあるんだよ!」


    教官「しかし御坂美琴さんはあなたの票のやく5倍で第一位ですよwww」


    禁書「た、短髪に負けたんだよ…」


    教官「メインヒロインは御坂さんだと私は思いますね!」


    俺「俺もそう思う」


    教官「またイカ娘とキャラが被ってる上にイカ娘の方が可愛いという残念な意見もありましたね」


    禁書「そんな…」


    教官「次に暴食キャラ。実作ではバカなぐらい食べ、成長期という理由をつけながらもどこも成長しない無駄な食事を主人公は強いられている訳なんです」


    禁書「失礼かも!」


    教官「え?事実を言っただけですが?迷惑をかけていることさえわからないとは致命傷ですね。学習装置が必要になりそうです」


    禁書「それはいやかも!」


    教官「それでは1日三食適量ですね!あなたが1日にたべる10分の1の量となります」


    禁書「えっ、」


    教官「それが適量なんですよ?わかりましたか?おかしいんですよあなた」


    禁書「「そ、そんなことないんだよ!」


    教官「おかしいからこの施設に入ったんですよ〜」


    禁書「」


    教官「これらから実際長所はちょっと顔はいいけどキャラ被ってる子のほうが可愛い。あと完全記憶能力のみ。短所はいっぱい食べる。すぐに噛み付く。居候のくせになにもしない。なにもできない。常識、マナーが第二位よりない。機械を触ると壊れる。家主を風呂場で寝かせる。ーーーー


    禁書「」

    ____________
  18. 37 : : 2014/09/19(金) 23:42:07
    雲川「お疲れ様でーす」


    上条「おぉ、終わった?原石保護の書類」


    雲川「とっくに終わりましたけど」


    貝積「お疲れ様じゃきん」


    上条「それでは海外の部隊に呼びかけておきます」

    ____________

    オッレルス「原石の保護?了解!」


    ショチトル「了解した!私たちも協力しよう!」


    トチトリ「やりますぜい」


    ローマ教皇「こちらでも保護のお手伝いをしましょう」

    ____________

    一方「あァ?また常磐台に授業だとォ?」ヨシヨシ


    アンジェレネ「ふにゃぁ」

    ____________

    上条「先生!ちょっと明日は休みます!」


    小萌「上条ちゃんは大変ですね〜。わかりました〜」


    上条「ちょっと常磐台に授業を」


    小萌「」

    ____________

    「ワイワイガヤガヤ」


    上条「はい始めまーす!」


    御坂「え…アンタ、じゃなくて上条さん先生なんですか!?」


    上条「ちょっと学力調査にな!さて今日は皆さんにテストを受けてもらいます。はい、はじめ!」


    生徒「えっ…(いつの間に配ったの!?)」

    ____


    上条「はいやめ!」


    生徒(おうっふマジかよ…めっさむずいやん)


    御坂「えらい難しい問題出すわね」


    上条「ほー、これが難しいレベルなのか」


    生徒(余裕感ぱネェ!)


    上条「ちなみに上条さんは5分で全問正解ですのことよ!」ババーン


    生徒「……」ス、スゲェ


    上条「さてではまろみ教育開始だな!」


    こうして学園都市にはまろみ教育が盛んとなり学力が劇的に上がった。

    生徒「ここがぐぁぁああってなっててここのまろみが…」ハイ


    先生「正解ですね!」ウン

    ____________

    教官「適度な運動も欠かさずにね!」


    禁書「はい!わかりました!教官!」スタスタ


    禁書「モグモグ、とても美味しいですね!」


    禁書「洗濯は終わりました!教官!」


    教官「もう教えることは何もない!」


    禁書「今までありがとうございました!」


    禁書が釈放された!テデーン


    上条「よし!アイデンティティは完全に消し去った!」ハイ


    上条「でもなんか学園都市にはいらないからネセサリウスに送りつけとこ」

    ____________

    ローラ「アレイスターに萌えりける」


    アレイスター「モグモグ」ボロボロ


    アレイスター「あっ…」


    アレイスター「」フキフキ


    ローラ「ビーカーからでてきて培養液の水圧とかどうちゃらこうちゃらけりし、ぞ、ける」
    (水中に逆さまにいるのに慣れていたから地上で普通に暮らすと挙動不審の不器用になってる)
  19. 38 : : 2014/09/19(金) 23:44:25
    期待
  20. 39 : : 2014/09/24(水) 00:00:54
    上条「ふぅ、疲れた」


    上条「上条さんは最近忙しきことこのうえなしですのよ」


    上条「んで、なにしてんの垣根くん」


    ていとうこ「……」


    上条「いや、もうわかるから…ゴメンわかっちゃうから…」


    ていとうこ「……」チッ


    上条「今したうちしたよね!そこ!」


    ていとうこ「……」


    上条「はぁ〜、垣根くんの能力なくしてあげよっかなぁー」


    ていとうこ「……」ガチャ


    垣根「クソッ!最高のカモフラージュだと思ったのによ!」


    上条「リベンジとか無理だから…不意打ちとか無理だから」


    垣根「つ、次こそは!」


    上条「こりねーなぁー。統括理事長にすることじゃねぇぞ…」


    垣根「お、覚えてろー!」
    スタスタガチャスタスタ


    上条「うん、覚えてほしいなら次から録画しとこ…」


    上条「…やけに冷蔵庫似合ってたな…」
  21. 40 : : 2014/09/24(水) 00:01:08
    強盗「せいせい!金だせい!」


    強盗「オラ!客も動くんじゃねぇぞ!」


    銀行員「えー、いくらほど…」


    強盗「んー、百万ぐらい?」


    強盗「もうちょいいけるんじゃね?」


    銀行員「はぁ。」


    強盗「二百万で!」


    銀行員「まぁ二百万円までですねウチは」


    強盗「やっぱりもう一声!」


    銀行員「んー、しかたありません…二百万五千三百二円にいたしましょう!」


    強盗「…」フルフル


    強盗「ありがとうございやす!」


    客(えぇー。バカだコイツ)

    ヒュン

    白井「ジャッジメントスですの!あっ…メントスではありませんの!」


    強盗「お疲れ様です。」


    白井「あなた達が最近噂の強盗ですの!?」


    強盗「強盗屋さン」キュピーン


    白井「あっ、強盗屋さン」シツレイ


    強盗「それでは失礼しました。」


    白井「に、にげるんじゃねぇぇえええ!しれっと逃げるんじゃねぇぇえええ、ですの。」


    強盗「たいへんですね」


    白井「お互い様ですの…」
    ーーーーーーーーーーーー
    10分後

    強盗「すいませんねぇ、でもにげるためですから」


    白井「」ビクンビクン


    強盗「いざという時のために三角木馬もってきててよかったな」


    客(あのカバン…四次元ポケットにちがいねぇ!)


    白井(んんっ!ハァ、ハァ、体が…
    誰か…助けてくださいましぃん)

    ガシュヮァァァンッ

    一方「テメェらゥ!俺ゥのお気に入りゥにナニしてくれてンだゥ?」


    客(新しいキャラキター!!)


    一方「そこの三角木馬に乗せた白黒を放すンですの!」ハイ!


    強盗「嫌ですの!」ハイ!


    一方「しかたねェ…テメェら永仁の徳政令だァァァァアアアアア!」


    客(意味わかんねぇええええ!)

    _____________________
    さらに10分後

    強盗「」チーン


    客(コイツばかかと思ってたら意外とってかめっさつよかった)


    一方「おォ大丈夫かァ?」


    白井「アヘ…アヘアヘェ…」


    一方「うン。これは支部に持っていくべきだなァ」


    銀行員「せめてお名前だけでも!」


    一方「江戸川コナン。探偵さ。」
    フッ


    客(絶対嘘やん…)


    銀行員「え、どがわ。コナンっと。ありがとうございました!」


    一方「お疲れ様でェす」


    客(マジかよぉぉぉおおお!銀行員マジかよぉぉぉおおお!)

  22. 41 : : 2014/09/24(水) 17:37:01
    第一七七支部

    ドォォオオンッッ!

    一方「宅配便でェーす!」デデーン!


    固法「何事!?」


    一方「お届け物でェす」


    白井「アヘアヘェ…」


    初春「どうしたんです…か…」


    一方「たいへン残念ですがァ…もう手遅れです」


    固法「ウッ、ウッ」グスン


    初春「ウッ、あっ、御坂さん」


    白井「おねぇさま!?」


    一方「はいお疲れ様でしたァ」


    固法「お疲れ様です服統括理事長」


    一方「ンじゃァな。」タツマキノハネ

    ゴォォオウウウッッ!

    初春「ご協力ありがとうございましたぁ〜」


    白井「おねぇさまいねぇ。」
    ガーンデスノ

    ____________________
    10分後

    固法「あら?こんなデーベーデーセットしたかしら?」ムサシノウメェ

    ピッ

    TV<アヘアヘェ…アンッ!ヒグゥゥッ!


    固法「Oh………」


    固法「…永久保存版も作りましょうか」ウン


    初春「黒歴史。

    か、く、て、い、ね!」

    ____________________

  23. 42 : : 2014/09/25(木) 00:02:06
    上条「学園都市にはたくさんのアトラクションがありますが……
    いまいち!というものも多く存在します!そこで!そんな!テーマパークを!改装して!すごいの作っちゃおーってわけです!」ハイ!


    一方「いいンじゃないですかァ?」


    雲川「私も賛成するわ」


    土御門「では票をとるにゃー
    賛成の方は?」


    土御門「」メモメモ


    土御門「次に反対の方は?」


    土御門「」メモメモ


    土御門「票をとった結果…」


    上条「」ドキドキ


    土御門「賛成100%反対0%だったにゃー」ハイ!


    一方「みたらわかるわボケェ!!」

    【学園都市テーマパーク改装案】

    ______________________________

    佐天「ねぇ初春!あそこのテーマパーク新しくなるらしいよ!」


    初春「へぇ〜、佐天さんて九九の三の段が10まであれば佐天三十みたいな感じになりそうな名前ですよね」


    佐天「うん聞いてた?」


    御坂「お待たせ〜!」


    佐天「本当待たせないでくださいよー!」


    御坂「ゴメンゴメンなんかスキルアウトに絡まれちゃってね。ほんとレベル0だからっていじけちゃってさ。馬鹿みたいだよね!ほんとクズだわぁ〜。そんな才能ない人たち学園都市から消え去ればいいのにね?あっ、佐天さんは別よ?」


    佐天「」


    初春「ほんとですよね〜!あっ、私レベル2になったんですよ〜!なんか才能あるからあとちょっとでレベル3だそうですよ!やっぱり才能ってありますよね〜!才能ないなら学園都市から消え去ればいいのにって思う時ありますよね!あっ、佐天さんは別ですよ?」


    佐天「」
  24. 46 : : 2014/09/25(木) 23:25:18
    続きが楽しみ
  25. 47 : : 2014/10/11(土) 22:38:05
    インタラクティブ「続きが見たいんだよ!」
  26. 48 : : 2014/10/13(月) 00:15:12
    佐天「」
  27. 49 : : 2014/10/15(水) 23:08:04
    パスワード忘れた
  28. 50 : : 2014/10/15(水) 23:24:59
    パスワード再設定からの久々にとうこうはしない
  29. 51 : : 2014/10/15(水) 23:47:16
    といったけれどもする
  30. 52 : : 2014/10/15(水) 23:47:42
    白井「確かに最近無能力者が調子に乗っているようですの。統括理事長様がいろいろと手配してくださっていて特別支部というのが作られてからはマシになっておりますがまだ多いですわね」


    佐天「で、でも統括理事長さんは無能力者ですよね!」


    白井「あ、あれは別格ですの…世界を握っているといっても過言ではないほどの権力と武力をもっておりますの…」ガタガタ


    佐天「oh…」


    上条「おーい!もうすぐ完全下校時刻だから早く帰れよー!」


    佐天「だって。」


    白井「oh…」


    御坂「アン…上条さんじゃないですか!」


    上条「ん?あー御坂か。早く帰れよー!」


    初春「誰ですか?」ボソボソ


    佐天「知らないよ」ボソボソ


    白井「統括理事長様ですのよ?」ハァ


    佐天初春「oh…」

    ________________________

    トーンテーンカーン

    【遊園地・新たなる挑戦】

    ・エンデュミオンフリーフォール

    ・あの世行きのジェットコースター

    ・縦回転メリーゴーランド

    ・変則的回転コーヒーカップ

    ・お化け屋敷(仮)

    ・二次元バトルロイヤル

    ・脱落式シューティングゲーム

    ・天下一武闘会ポロリもあるよ

    ※エンデュミオンフォールからのジエットコースター

    佐天「あれ?これ死ねるやつじゃ…」


    初春「エンデュミオンって確か宇宙まで届く高さの建物ですよね」


    白井「まぁ、テレポーターの私からすれば
    御坂「酸素どーなってんだろ」
    ですの」


    初春「レールから酸素を放出しているようですね」


    御坂「なら問題ないわね」


    佐天「あれ?結構問題ある気がするのは私だけ?」アレ?


    白井「ですの!」
  31. 53 : : 2014/10/15(水) 23:49:34
    期待
  32. 54 : : 2014/10/15(水) 23:49:42
    続きが楽しみ
  33. 55 : : 2014/10/16(木) 00:11:10
    一方「ア、アァー、ただいまよりィ、遊園地・新たなる挑戦を開園するェ、注意事項は一つだけェ、死ぬなァ、以上だァ」


    土御門「んにゃ、にゃー、マイクテストマイクテスト、では開園するにゃー、のりものの破損での怪我などは責任をとるが、それ意外でなら死んでも責任とらないにゃー」


    雲川「開園するのだけど」

    ウオオオオオオオオオオオ

    ________________________

    上条「反響はどうよ?」


    部下さん「大変いいにくいのですが…」


    上条「ん?何かあったのか?」







    部下さん「大反響です」


    上条「普通に言えよ」パシィ


    部下さん「イテ」スンマセン


    上条「よし、これからも頼むわ」


    部下さん「はい!」
  34. 56 : : 2014/10/16(木) 00:12:00
    期待
  35. 57 : : 2014/10/16(木) 00:12:11
    続きが楽しみ
  36. 58 : : 2014/10/16(木) 00:18:24
    続きが楽しみ
  37. 59 : : 2014/10/16(木) 21:50:29
    続きが楽しみ
  38. 60 : : 2014/10/16(木) 21:50:38
    続きが楽しみ
  39. 61 : : 2014/11/06(木) 04:51:09
  40. 62 : : 2014/11/09(日) 11:08:10
    続きはまだですか?
  41. 63 : : 2014/11/10(月) 19:57:54
    >>62
    受験生は忙しいのです!
  42. 64 : : 2014/11/23(日) 03:40:18
    追い付いた
  43. 65 : : 2014/11/25(火) 00:12:42
    あと一週間待ってくれ、テストが終わる
  44. 66 : : 2014/11/25(火) 00:26:17
    アレイスター「私は…どうすれば…」


    ローラ「はたらけばよろしくなきこと?」


    アレイスター「しかし、私は魔術側を裏切った存在」


    ローラ「それはちがいなきことね」


    アレイスター「それならばどうすれば…」


    ローラ「自分で考えろや」


    アレイスター「え?」


    ローラ「だからそんぐらいテメェが考えろっつってんだよど素人が!」


    神裂「それ、私の…」


    ローラ「たこ焼き屋でもやってやがれりけり」


    ステ犬「だんだん口調が戻って…」


    アレイ「そうか!たこ焼き屋!」
    ハッ


    神崎「こいつバカだ」


    インフォームドコンセント「ちゃんと説明をするんだよ!」


    うまい棒「黙れ」


    インラン「見るんだよ!」ヌギヌギ


    バーコード「汚い 目に毒だ」


    インターナショナル「国際関係は大切かも!」


    バーコード「は?」

    ________________________

    垣根「いやぁやっぱ飛行機はANAだな」


    麦野「ちょい、これどこ向かってんの?」ナリユキデノセラレタ


    垣根「いやぁANAしか使わねぇわ
    もう俺のことANAリストって呼んでくれ」


    絹旗「それはそれで超嫌ですね」


    滝壺「かきねはあなrフレンダ「そこまでって訳よ滝壺さん…」


    垣根「んでいまからアフリカで子供達が大量に拉致されてるみたいだからその組織壊滅が今回の仕事な」


    麦野「了解」

    キュィーン
    ________________________

    学園都市テーマパーク

    佐天「新しい例の乗り物、あれ気絶者続出なんだってねぇー」


    黒子「あれほどのことで気絶するものならテレポーターとしてやっていけないですの」デスノ!


    御坂「いやぁ、楽しいわね!アイツ…理事長も流石ね!」


    初春「うぉぇ…」ゲッソリ


    佐天「は、花が…」


    黒子「枯れて…」


    御坂「きゅ、救急車!」


    初春「なぁーんて!」フフッ


    佐天「まさに演技力が神がかってるね」ハハッ


    御坂「でも驚いたよー!初春さんがレベル3になって花までコントロールできるようになるなんて!」


    初春「まぁ体の一部ですから動かせるのが当たり前なんですけどね!」


    黒子「体の一部…」


    ??「今こそ学園都市は手薄…
    仕返しを!!!」
  45. 67 : : 2014/11/25(火) 00:28:44
    ステイル「まだエセシスターを完全に調教できていなかったみたいだから送り返しておこう…」
  46. 68 : : 2014/11/25(火) 00:28:54
    期待
  47. 69 : : 2014/11/25(火) 00:29:00
    待ってくれとかいいつつ書いちゃった
  48. 70 : : 2014/11/25(火) 00:31:10
    期待
  49. 71 : : 2014/11/25(火) 00:36:29
    誰か教えて、書いたら勝手に期待って送れるシステムあんの?
  50. 72 : : 2014/12/12(金) 10:16:17
    期待期待期待期待期待期待
  51. 73 : : 2014/12/19(金) 19:24:50
    研究者?「ようやく…ようやく仕返しの時が!!」


    研究者「天井さん、調整終わりました!」


    天井(?)「まだだ…アイツらはこの程度では倒せん…」


    研究者「で、ではいかがいたしましょう?」


    天井「学園都市全部の清掃ロボをハッキング、またこちらにも戦闘兵器は完成している。アイツは最終兵器だ。」


    研究者「……」


    天井「どうした!?準備にかかれ!!」


    研究者「は、はい!!」
  52. 74 : : 2014/12/19(金) 19:27:40
    木原「さぁて今日は学園都市をもう一つ作るところを探さねば…神戸が良さそうなのだがな」


    部下「まぁとりあえずいろいろ回って見ましょう」


    木原「そうだな」
  53. 75 : : 2015/01/14(水) 11:03:59
    続きはよ
  54. 76 : : 2015/03/13(金) 02:16:22
    続きはまだかァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
  55. 77 : : 2015/03/30(月) 18:31:38
    インプラント「続きが見たいんだよ!!」
  56. 78 : : 2015/04/05(日) 19:05:42
    まさか…失踪…!?
  57. 79 : : 2015/04/28(火) 21:55:31
    続き見てーよ!
  58. 80 : : 2015/04/28(火) 21:56:38
    うまい棒「僕は11円なんだよ! 悲しいんだよ!」
  59. 81 : : 2015/05/03(日) 23:30:27
    早く見たいよ。そして11円を脱却するんだ!!
  60. 82 : : 2015/05/05(火) 19:09:12
    あっはは、そーだね
  61. 83 : : 2015/05/05(火) 19:09:55
    81>>早く続きを!
  62. 84 : : 2015/05/06(水) 17:50:40
    つ、つづ…き……うま…い……棒…………
  63. 85 : : 2015/05/25(月) 01:53:51
    ツ、ツズキ...を
  64. 86 : : 2015/05/26(火) 14:09:33
    お久しぶりだぜこの野郎
    受験は合格したぜってことでまた再開することを予告しておきやしょうか
  65. 87 : : 2015/05/27(水) 07:17:34
    俺「いやぁ、受験も無事合格することができて久々に舞い戻ってきました>>1です」キリッ


    上条「もういいよ!どうせなげーんだろ?早く本編入ろうぜ」


    俺「」
  66. 88 : : 2015/05/31(日) 21:32:06
    期待です!
  67. 89 : : 2015/06/10(水) 20:05:22
    期待
  68. 90 : : 2015/06/12(金) 00:15:57
    期待
  69. 91 : : 2015/06/13(土) 21:21:05
    設定は面白いけど...口調と展開が...

    頑張ってください
  70. 92 : : 2015/06/17(水) 23:28:10
    期待
  71. 93 : : 2015/07/05(日) 01:03:22
    ガンバ
  72. 94 : : 2015/07/08(水) 02:48:44
    ガンバ!!!!!ガンバ!!!!!ガンバ!!!!!ガンバ!!!!!ガンバ!!!!!ガンバ!!!!!ガンバ!!!!!ガンバ!!!!!ガンバ!!!!!ガンバ!!!!!ガンバ!!!!!ガンバ!!!!!ガンバ!!!!!ガンバ!!!!!
  73. 95 : : 2015/07/08(水) 16:34:55
    だにゃー
  74. 96 : : 2015/07/17(金) 19:16:11
    頑張ってくださいね。 是非見ますから
  75. 97 : : 2015/07/18(土) 23:43:58
    期待
  76. 98 : : 2015/07/23(木) 04:47:08
    続ききたァァァァァァ!!!!!!
    \( ‘ω’)/ウオオアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアーッッッッッッッッッッッッッッ!!
  77. 99 : : 2015/07/24(金) 23:56:56
    うぉああああああああああああ!!!!
    あああああああ!!!!あああああああ!!!!あああああああ!!!!あああああああ!!!!あああああああ!!!!あああああああ!!!!あああああああ!!!!あああああああ!!!!あああああああ!!!!TUDUKI!!!!!!!!!!!
  78. 100 : : 2015/08/01(土) 08:24:44
    期待
  79. 101 : : 2015/08/06(木) 20:06:25
    続きをはやくーーーーーーーーーーーーーー
  80. 102 : : 2015/08/07(金) 21:50:12
    はよはよ!
  81. 103 : : 2015/08/11(火) 17:59:50
    期待
  82. 104 : : 2015/08/19(水) 23:35:21
    はやく
  83. 105 : : 2015/08/23(日) 15:26:51
    >>1 投稿まだか?
  84. 106 : : 2015/08/23(日) 15:27:55
  85. 107 : : 2015/08/23(日) 15:28:48
    >>99>>98 壊れた
  86. 108 : : 2015/08/28(金) 22:27:54
    >>1 よ、待っているぞ
  87. 109 : : 2015/09/13(日) 18:38:03
    早く書けよks
  88. 110 : : 2015/09/23(水) 23:22:27
    諦めた
  89. 111 : : 2015/09/26(土) 02:02:44
    >>1はよ
  90. 112 : : 2015/10/03(土) 23:08:37
    久しぶりだなテメェら


    __________

    _____

    ___
    上条「あわきんちょっとローマまで行ける?なんか今度ローマに学園都市の発表するからその打ち合わせだってよ」


    あわきん「了解」ヒュン


    神上「いいのか?今学園都市は俺と上条と一方通行しかいねぇんだぞ?」


    一方「青ピと土御門はどォしたンだよォ?」


    上条「休暇とって沖縄に小旅行に」オレモサソエヨナ


    神上「ま、心配はしなくていいか…」


    上条「心配いらねぇよ、もう敵になりそうなやつはいねぇから
    それにここまで強いやつがいる街を今になって攻めにくるやつなんていn バァンッ


    上条「ドア吹きt 浜面「大変だ!街中の清掃ロボットが暴れだした!」


    一方「上条がフラグ建てすぎたンだなァ」ヤッパリ


    神上「んなの全部電源切っちまえよ」


    浜面「ダメだ…コントロール室がハッキングされちまった」


    上条「初春でも太刀打ちできないほどなのか?」


    浜面「あぁ……」


    一方「チッ」


    神上「俺の視界に入らない……ってことは魔術師か……?」


    上条「天使にも見られないようにできる魔術師なんているのかよ!」


    神上「この建物みたいな感じで何にも干渉されないような仕組みにした構造を作るのは簡単じゃない……が、時間をかければ作れないことはない…」


    上条「マジかよ……」


    一方「どォやら外部との連絡手段も切られたよォだなァ」


    神上「それは魔術師によるものだ」


    上条「つまり科学者と魔術師の二人組以上が主犯ってことか……」


    浜面「もう一つ……大切なことがあるんだ」


    浜面「落ち着いて聞いてくれ……打ち止めと妹達が何者かに拐われた」


    一同「!?」


    一方「クソッ」バンッ


    上条「……」


    神上「おいどうすんだ」


    上条「アンチスキル総員、街の沈静化に努めてくれ」


    浜面「お、おい…犯人はどうやって…


    上条「…俺がやる……」


    上条「……見つけて殴ってやる」


    浜面「で、でも… 駒場「お、おい!
    無人の駆動鎧が街で暴れている!」


    上条「なんだと!?」


    駒場「その数およそ1000体……」


    一方「俺が行く」


    駒場「ダメだAIM拡散力場を出してる」


    神上「ほらよ」サワ


    神上「これでお前にAIM拡散力場は通用しない……はずだ」


    一方「なンで不確定な言い方なンだよォ?」


    神上「ここまでできるやつはこんなことをすることも予想がついていて対策をしてなければいいんだがな」


    上条「俺の竜王の顎は大丈夫みたいだな」グォオォオォ


    上条「でもさすがに龍は呼べないみたいだ」クソッ

    < ドッカァァーーーン

    神上「こうやってちんたらしてる暇は無さそうだな」


    上条「とりあえず街の駆動鎧を鉄くずにしながら犯人の手がかりを探すぞ」


    一方「連絡手段はこォしようぜェ」ニヤ


    ミーシャ(こうですか?)


    上神(‼︎)


    上神(やるじゃねぇか)ニヤ


    一方(負けてられねェンだよォ)フッ


    上条「んじゃ行くか」


    一同「おう!」


    上条「散!」

    シュバババッッ
  91. 113 : : 2015/10/08(木) 03:49:02
    まってたぞ
  92. 114 : : 2015/10/27(火) 14:14:38
    これからもよろしくお願いします
  93. 115 : : 2015/10/28(水) 19:20:56
    続きが気になるのよな!
  94. 116 : : 2015/11/03(火) 23:03:56
    何か凄いことになってる<’o’>
  95. 117 : : 2015/12/01(火) 02:06:04
    また更新が1ヶ月ナイナー
  96. 118 : : 2015/12/19(土) 14:54:48
    続き早く読みたいの巻
  97. 119 : : 2015/12/19(土) 19:31:15
    ハリー
  98. 120 : : 2016/01/09(土) 21:28:32
    早く見たいんだよ!
  99. 121 : : 2016/01/20(水) 14:51:21
    まだですかな?
  100. 122 : : 2016/01/27(水) 17:36:36
    >>121すいません。頑張りたいと思います
  101. 123 : : 2016/01/30(土) 21:36:46
    早くお願いします、、
  102. 124 : : 2016/02/07(日) 16:54:15
    期待!!!
  103. 125 : : 2016/02/07(日) 21:58:14
    超期待‼︎
  104. 126 : : 2016/02/11(木) 20:00:01

    ___________________

    __________

    _____

    俺「あれだよね、なんかss書いてたらなんか俺何書いてんだろ恥ずかしっ!///ってなるよな」


    一方「知るかァボケェ」


    俺「」


    上条「早く書けよ」


    俺「」


    浜面「ほんと早くk
    俺「お前に言われたくはない」


    浜面「」

    ____________________

    __________

    _____

    上条「っつっても1000って割と楽じゃね?」


    神上「そりゃ、まぁ少ないという部類に入るな」


    上条「んじゃチャッチャとやっちゃいますか」


    一方「そォだなァ」

    ___________________

    __________

    上条「ッラァァア」


    どんがらがっしゃーん


    神上「ほらよっと」


    どんがらがっしゃーん


    「咲けェ…氷花ァ」


    神上「そ、それは…」


    「…エターナルフォース……」


    上条「ヤベェ(;・∀・)」


    一方「ブリザードォォオ!」


    その時、街の駆動鎧は花のように凍った。それはとても美しく、そして少しの寂しさを…
    上条「何やっとんじゃ我ぇぇええ!」


    一方「オイオイ、ナレーションいいとこだったじゃねェか」


    神上「死にかけたわ!てかなんなの!いつの間にそんなの習得したの!?」


    一方「いやァ、久々にBLEACH見てたら日番谷隊長がなンかしてたからァ」


    一方「俺もできるかなみたいなァ?」


    上条「エターナルフォースブリザードってのは一撃必殺なんだぞ!?」


    上条「大気で覆われて俺たちも巻き添えくらったらどうすんだよ!?」


    一方「いやァ、でもやってみたかったからァ」


    神上「もういいだろ、行くぞ」


    ___________________

    __________

    上条「んで神上、心当たりは?」


    神上「ない(´ー`)フッ」


    一方「(´ー`)フッじゃねェよォ!」


    神上「んでも、まぁたぶん主犯は科学者と魔術師の2人以上だな。
    シスターズさらったところからして俺たちに恨みがあるやつ」


    上条「んなやついるか?」


    一方「まァ力で平和にして来たからなァ」


    神上「んでもうひとつ、今見つけたけど中が見えない建物があるぞ」


    上条「研究所みたいだな」


    一方「……」


    神上「あぁ、すんなり見えちゃうのね」


    上条「前から出来た」


    一方(こいつもうほぼ天使じゃねェかァ?)


    上条「行ってみよう」


    シュタタタタタ
  105. 127 : : 2016/03/03(木) 14:17:52
    期待
    一方■■「投稿が遅ェぞ三下ァァァ!!」

    ■■「その幻想をブチ殺す!!」
  106. 128 : : 2016/03/29(火) 00:50:24
    まだかな|ω・`
  107. 129 : : 2016/04/09(土) 02:19:26
    10円は消費税で計算しても10円です
  108. 130 : : 2016/04/18(月) 22:13:34
    物によっては11円に
  109. 131 : : 2016/04/28(木) 23:29:10
    ただいま学園祭にてワッフルを販売しております!一つ60円になります!ブルーベリーメープルイチゴチョコがあります!是非お買い上げくださいまし!あ、宣伝するとこ間違えた。





    もうちょっと待ってくれ今忙しいんだ
  110. 132 : : 2016/05/22(日) 13:32:33
    研究所「ドドーンッッ!」

    上条「でかいなおい」

    一方「なンでバレなかったンだァ?こンなにでかけりャすぐバレンだろォ」

    神上「割と実績出してるみたいだな。
    だからバレてないしここまででかくなった」

    上条「なるるーん」

    ???「パーパッパーパララーパララー」

    上条「なんだありゃ?駆動鎧…じゃねぇな」

    「ッッ、気をつけろ!あれはAI兵器ピューパだ!」

    神上「今の誰?」

    上条「知らんけどピューパって言うらしいな」

    一方「もォ知らねェ」

    ___________________
    _______________
    __________

    上条「よし、AIポットだけ狙え!」

    ピューパ「パーパッパーパララーパララー」

    神上「了解!」ドカーン

    ピューパ「ゥァゥ!」

    「ッッ!よし今だ!AIポットを破壊して乗り込める」

    一方「乗り込ンでどォすンだよォ…」

    上条「…」パカッ

    一方「乗り込むのかよォ!!」

    「ッッ!AI記憶版は光っている色で種類が違う。好きなものを選んでくれ」

    一方「いやァ、なにそれェ!何に使うのそれェ!」

    上条「…」ガシャンッ

    一方「なンで抜き取るンだよォ!!」

    ___________________
    ______________
    __________

    上条「なんとか破壊できたな!」

    神上「しかもヘッドパーツも手に入れたしな!置いてきたけど」

    一方「……」
  111. 133 : : 2016/05/28(土) 02:36:25
    期待してる、はよ書け( ´・ω・`)
  112. 134 : : 2016/06/06(月) 00:04:42
    >133

    しゃあなしだぞ
    お前に免じて書いてやらぁ
  113. 135 : : 2016/06/06(月) 00:14:58
    2時間後

    ZEKE「ドヤッ」ガシャーンッ!

    一方「……」

    上条「いやぁ意外と簡単に出来るもんなのな〜」

    神上「こ、これが人間界のプラモデルとやらか!!」キラキラ

    一方「いやァちげェよ!!」ズビシッ

    上条「でもやっぱクリサリスのレールガンgetは苦戦したな」

    神上「え?クリトリ…
    一方「いわせねェよォ!?」

    ___________________
    ______________
    _________

    天井「ヤバイ、これはヤバイぞ!?」

    研究者A「天井さん!A地区突破されました!」

    天井「……」

    研究者B「天井さん!B地区突破されました!」

    天井「それ言いたかっただけだろ!?どちらかというと地点だし!」

    研究者C「C地区び突破されました!」

    天井「おいっ!!」

    天井「……まぁいい、あいつらのことだ
    ここまでは予想内だ」

    天井「だが次はそうはいか…
    研究者D「D地区び突破されまし
    天井「地区びやめろ!!」

    ___________________
    ______________
    ________

    上条「結構広いとこ出たな」

    神上「またあのAI兵器とやらか?まぁこっちにゃZEKEがあるからな」

    ZEKE「うっす」

    一方「えェ!?」

    ZEKE「あーいっつーさん、俺なんか記憶版で喋れるんすわ」チース

    一方「……ツッコミが追いつかねェよォ」

    ZEKE「あ、そういやこれ企ててるの天井ってやつとアレイぼし?ってやつっすよ」チスチース

    上条「ネタバレが著しいなおい……」

    神上「最後まで隠しておくべきだっただろ、せっかくアレイスターって言わないようにしてたのに」

    一方「……」

    上条「ったく作者の気持ちにもなれよ」

    ZEKE「さーせん」ウィース

    神上「ま、倒しに行きますか」

    一方「もォやだァ……」
  114. 136 : : 2016/07/04(月) 22:06:05
    期待
  115. 137 : : 2016/07/14(木) 13:09:22
    (∩`・ω・) はよ
  116. 138 : : 2016/07/28(木) 20:40:51
    期待良いいい良いおああああああああああああああああああああああああああああああああ
  117. 139 : : 2016/07/31(日) 21:25:03
    上条「ここか…」

    天井「よく来たね、歓迎するよ」

    一方通行「あれだよなァ、なンかサプライズ感に欠けるなァ」ハァ

    天井「いや何求めてくれちゃってんの…」

    神上「こ、こいつがA級ヒーロー第1位の…」

    天井「あぁ…それ天井違いだわ…残念だけど違うわ、なんかごめんね」

    一方「みりゃァわかンだろォ、こいつがアマイマスクかァ?ブサイクじゃァねぇかァ」ブフォッ

    上条「」ブフォッ

    ☆「」ブフォッ

    天井「いやあなたも!?あなた味方でしょうよ!?」

    ☆「いやwwwwまじでwwwwwごwwwwwめwwwww」

    上条「味方からもえらいやられようやな」

    一方「てかァシークレットキャラしれっと登場しちゃってくれてますよォ!?」

    神上「もはやさっきのくだりでシークレットでも何でもない、ただの星や」

    ☆「星ゆーな」

    天井「なぜに関西弁なんだ貴様ら」

    一方「なァ、なンで関西弁でおまンねン?」

    上条神上「ヘタクソかよ」ブフォッ

    天井「あの…そろそろ戦闘シーン入らない?」

    上条「おっとっと、忘れてたよ、漫才始めるところだった」

    上条「んじゃちゃちゃっと星にしちゃいますか」

    ☆「アレイスターだけに?うまい事言うなよ、ヨダレ出るわ」

    神上「いやうまいの意味違うから」ズビッ

    天井「いやもうなんか漫才始まっちゃってるよこれどうしよう秘密兵器の出しどころが見当たらないよ」

    一方「……ひ、秘密兵器だとォ!?」

    天井「…ほらこの子優しい子だよほんとは、秘密兵器出すタイミングを与えてくれたよいい子だよ」

    天井「んじゃちょっと待ってね、秘密兵器出すから、10分くらい待っててね」

    ☆「…んじゃそのうちに漫才一本作っちゃうか」

    上条「そうしよう」

    神上「俺がノンスタイル井上!」

    「ナニッ!?」

    天井「………」
  118. 140 : : 2016/08/15(月) 13:08:58
    頑張れよ。更新遅いんだから、良いの作れよ。
  119. 141 : : 2016/10/05(水) 20:46:05
    上条さんに能力をコピーして合成する能力でもつけたら??
  120. 142 : : 2016/10/19(水) 11:16:12
    内容は面白いけど>>1の自分語りが気持ち悪い
  121. 143 : : 2016/11/09(水) 19:47:51
    はよしーや、何年前から見とる思っとんねん、いつまでもグダグダやるなや
  122. 144 : : 2016/11/10(木) 22:45:44
    期待か・く・て・い・ね。大体そんな>>1を超応援してるって訳よ、にゃあ!
  123. 145 : : 2016/11/24(木) 20:39:23
    期待期待期待期待期待期待期待期待期待期待期待期待期待期待期待期待期待期待
  124. 146 : : 2017/01/10(火) 23:34:01
    そして2017年へ






    期待してます
  125. 147 : : 2017/01/18(水) 20:39:31
    <ミタイナコトガアッテンー

    ナンデヤネン>

    <ナンデヤネンッテナンヤネンイタイネンツッコミツヨイネンシネ

    ……ゴメン…>

    ……………




    ドゥーンヌッ!!!

    天井「ぜハハハハ、待たせたな貴様らぁ!こいつこそが俺の最終兵器であり秘密兵器である」

    上条(ナイスタイミングゥー、危うく気まずい雰囲気が続くところだったやでー)

    神上「関西弁下手かよ」

    一方「テメェなにしゃべってンだァ!?」

    神上「あ?ツッコミ強いくらいで怒ってんじゃねぇよ」

    一方「テメェつよすぎンだよォ!!なンで龍出してつっこむンだよォ!?」

    天井「あっ、あの」

    神上「すんません!」

    一方「いいよォ〜」

    上条「いいのかよ」

    一方「謝ったでしょォ?ならいいよォ〜」

    天井「うるさぁぁぁぁあい!!!」

    上条「てかアキさんダンスうまいよな」

    天井「まだ続けるの!?今大きな声を出したんですけどぉ!?」

    神上「…」体操座り

    一方「あァっ…」体操座り

    上条「結局しげぞうなんだよな」

    神上「おい、上条、上条(小声)」コソコソ

    上条「えっ、あっ…」体操座り

    天井「えー皆さんが静かになるまで3分かかりましたぁーってちがぁぁぁぁう!!!!!」

    ☆「おまえ、そんなに感情の起伏が激しいやつだっけ」

    天井「うるせぇよ!!」

    天井「ほら!秘密兵器だぜ!!!」

    番外個体「やっはろ〜!一通ちゃん殺しに来たよ〜ん」

    一方「て、テメェはァ…」



    一方「はるのン!!!!」

    番外個体「ちげえよ!!!?!?!」

    天井「ハイ注目!!こいつの身体には爆弾が詰まってまーす!!」

    ☆「えぇぇえええ!!?!?」

    天井「いやなんでお前が」

    天井「さらにこいつは見ての通り、第3位のDNAデータから作った」

    上条「あれは消し去ったはずなんですけれども?」

    ☆「魔術でちょろーっとね(ご都合主義)」キャピッ

    神上「魔術ってすげえ」

    一方「テメェが言うな」

    番外個体「ギャーギャーギャーギャーやかましいんだよ!発情期か?」キャハッ

    上条「さっきからちょこちょこパクってるのは偶然か?」

    天井「やれ」

    番外個体「あーい」ヒューンッッ

    一方「爆弾持って突っ込ンで来たってなァ、俺はもォ一瞬で爆弾なンざ解除できンだよォ!!!!」キャハッ














    番外個体「ふふっ、騙されたね(小声)」ニヤリ

    ビューンッッッ

    神上「……え

    ギュッ

    私はあなたを封印するために作られた神封印用のただの入れ物、ばくだんなんてないよ〜ん








    ………………ヒュッッ

    番外個体「ぁ"ぁ"ぁ"ぁ"あ"あ"あ"あ"ぁ"あ"ぁ"あ"ぁ"あ"あ"あ"あ"あ"あ"あ"あ"あ"」



    あ"あ"あ"あ"あ"あ"あ"あ"あ"あ"あ"あ"あ"あ"あ"あ"あ"あ"あ"あ"あ"あ"あ"あ"あ"あ"あ"あ"
  126. 148 : : 2017/01/18(水) 20:42:25
    _______________________________

    _____________________

    _______________

    上条「………ここは…」

    神上「俺の中だな」

    上条「なにそれなんか卑猥」

    神上「俺はもうすぐ、いや一瞬で封印される」




    上条「…え………」

    神上「だから俺の中に呼んで時空を歪めて、上条、お前と話す時間を作った」

    上条「な、なんとか封印は解けないのかよ!!お前はいつだって、チートみたいな能力でいとも簡単に切り抜けてきたじゃねぇか!!」

    神上「神だって弱点はある、そこを突かれたな、全く情けない話だ」

    上条「で、でも…」

    神上「上条、俺はこの世界が好きだ、だから俺はこの世界に引きこもってた。それが俺をスキだらけにしちまったんだろうな」

    上条「ちくしょうっ!!俺には何も出来ねぇのかよ!!!!」

    神上「上条、俺は意外と悔いがないんだ。楽しかったぜ、美味いものもたくさん食った」

    上条「何か俺に出来ることはないのか!?」

    神上「上条、聞け、俺は神の王から命を受けた」

    ___________________________________

    ___________________________

    __________________

    神王「あ、アンタちょっと来なさいよっ!」

    神上「はいはい仰せのままにぃー」

    神王「適当ね…」

    神王「まぁいいわ、あなたは今から生まれるこの子の右腕に少し能力を与えなさい、そして監視しなさい」

    神上「えーなんでー?」

    神王「下界は少し調子に乗りすぎた。魔術が荒れている。だから1度全てを0に戻すの」

    神上「だから俺ですか、でもどうやって?」

    神王「上条当麻というのだけれど、この子には死んでもらうわ」

    神上「え…」

    神王「右腕に封印するあなたの能力の塊を世界に放ち、全ての異能の力をリセットします」

    神上「……」

    ___________________________

    ___________________

    ______________

    神上「これが俺がお前に接触した理由だ」

    上条「俺が…死ぬ…?」

    神上「あぁ」

    上条「世界が…世界を…0にする……ため?に?」

    神上「あぁ」

    上条「なんで?なんで俺が?」

    神上「この世界で一番無実の人を殺してる大量殺戮犯を決めるとしたらそれは神だよ」

    上条「……はは、俺死ぬのか」



    上条「まぁでも楽しかったかなぁ、不幸だったけど」

    神上「まぁ死なせないけどな俺が」

    上条「え…」

    神上「お前の右腕には誰の能力が封印されてると思ってんだよ」

    神上「俺だ」

    神上「つまり、お前が犠牲にならなくても、俺が力を世界に向けてぶちまける」

    神上「今から俺が封印されるまでにやらなきゃいけない」

    上条「そのぶちまけた力で神上の封印は解けないのかよ」

    神上「解けない、俺の放つ力の效果が発揮されるまで少し時間がかかるからな」

    神上「何せ0.02秒を20分近くに引き伸ばしてるんだぜ?実は」

    上条「0.02秒じゃ間に合わないのか…くそっ」チッ

    神上「そうカリカリするなよ」

    上条「友達をひとり失うんだぞ!大切な親友を!」

    上条「それなのに俺には何も出来ないのか」ポロポロ

    神上「泣くの遅いわ、そろそろ時間だ…最後くらい笑ってくれよ」

    上条「……あぁ」ゴシゴシ

    神上「……最後にお願いだ」

    「………………………」

    神上「じゃあな」ニッ

    上条「あぁっ!さよならだ」ニッ

    神条「ありがとなっ」



    _____________________________

    _________________

    __________

    (俺を封印してるこの子は俺を封印したら死ぬ)

    (だから俺とこの子を引き離す、すぐにお前の手で触れ)

    上条「…」スッ

    「あ"あ"あ"あ"あ"あ"あ"あ"あぁあぁっ」ポロポロ

    一方「上条!?一体何がァ!?」

    上条「あとで話すよ」ポロポロ

    神上「」

    天井「やったぞ!俺はやった!!あとはこいつらを倒すだけだ!!どうだ!!!!思い知っ

    バギィッッッ

    上条「おい」ポロポロ

    上条「立てよ」ポロポロ

    上条「てめぇはこれからどうするつもりだ」

    天井「まぁそう急に殴んなよ、んーそうだな、学園都市をぶっ壊そうかな」フハハ

    上条「そうかよ」

    上条「いいぜ」

    上条「お前が学園都市をぶっ壊すつもりなら」

    上条「その幻想をぶち殺すッ」

    バキィッ



    ドーーーンッッッ

    一方「いったいなにがァ?」

    一方「ア、アレェ!?能力がァ、体内からAIM拡散力場を感じないェ…?」
  127. 149 : : 2017/01/18(水) 20:42:56
    ________________________________

    ________________________

    _______________

    御坂「あ!!!アンタちょっと待ちなさいよ!!!」

    上条「うわっビリビリッ!!」ダッシュ



    上条「あれ?追いかけてこない?」

    御坂「はぁ、はぁ、はぁ、アンタ、能力無くなった女の子が、はぁ、そんな早く走れるわけないでしょ、はぁ」

    上条「あぁ、そうだな」フゥ

    御坂「でも謎よね、急にみんな能力失って」

    上条「…そうだな」

    御坂「何その間は…もしかしてアンタなんか知ってんじゃ無いでしょうね!?」

    上条「え、なんのことでせう?上条さんはなんにも全く知りませんのことよ?」アセアセ

    御坂「……まぁいいわっ、そうだ!アンタちょっと買い物に手伝いなさい!」

    上条「えぇぇえええ…上条さんは今から会議なのですよ、統括理事会なのですよ」

    御坂「……それじゃあ次の日曜日!買い物!セブンミストに10時集合ね!」


    カミジョォ、カイギノジカンダゼェ>

    上条「わかった!すぐ行く!」スタタタ

    御坂「ちょ、アンタ!約束わかってんの!?」

    上条「あぁ!わかってるよ!デートだろ?任せろ!」

    御坂「で、で、ででででーと!?///」プシュー

    御坂「バ、バカァ///」コインヲピンッ

    チャリン

    御坂「そうなるわよね」ハァ




    御坂「ま、いっか」

    デートッデートッテワタシバカミタイ…


    ………おわり
  128. 150 : : 2017/02/17(金) 23:45:09
    追いついた…
    goodだったよ
  129. 151 : : 2017/02/22(水) 18:36:41
    いいねぇ!さいっこうだねぇ!!!!!!

▲一番上へ

名前
#

名前は最大20文字までで、記号は([]_+-)が使えます。また、トリップを使用することができます。詳しくはガイドをご確認ください。
トリップを付けておくと、あなたの書き込みのみ表示などのオプションが有効になります。
執筆者の方は、偽防止のためにトリップを付けておくことを強くおすすめします。

本文

2000文字以内で投稿できます。

0

投稿時に確認ウィンドウを表示する

著者情報
makaronex

makaron

@makaronex

この作品はシリーズ作品です

上条さんと神上さん シリーズ

「とある」カテゴリの最新記事
「とある」SSの交流広場
とある 交流広場