ssnote

x

新規登録する

作品にスターを付けるにはユーザー登録が必要です! 今ならすぐに登録可能!

この作品は執筆を終了しています。

進撃の巨人Another 第18話 『以心』 ――憲兵団配属編 No.10――

    • Good
    • 8

loupe をクリックすると、その人の書き込みとそれに関連した書き込みだけが表示されます。

▼一番下へ

表示を元に戻す

  1. 1 : : 2013/11/06(水) 18:31:55

    進撃の巨人Another 第18話 『以心』

    ――憲兵団配属編 No.10――


    ――――街中――――

    ユーク「――――おおよその人物像は、わかった」スタスタ

    ライナー「そうか、伝わったならなによりだ。何しろ表現するのが難しい人からな」フゥ

    ベルトルト「まぁ、ユークも分かっただろうけど、ハンジ分隊長は…」

    ユーク「…生粋の変態だな」ウンウン

    アニ「(やっぱり、そういう納得の仕方した)」トコトコ

    ライナー「まぁ、いくら口で言っても、実物を見るに越したことはないな」
  2. 2 : : 2013/11/06(水) 18:32:22

    ベルトルト「まさに、『百聞は一見に如かず』が当てはまる人物だからね」

    ユーク「あぁ、話だけでは、要領を掴むまでは到達しなかった」ウーム

    アニ「でも、言ったところでちゃんと話を聞いてくれるの?」

    ユーク「まぁ、後はライナー達次第だ。もしダメな奴なら、そこで可能性を切り捨てる迄」

    アニ「昨日と言っていたことが少し違わない?」

    ユーク「確かに『可能性を見誤るな』とは言ったが、『捨ててはいけない』とは言ってない」
  3. 3 : : 2013/11/06(水) 18:32:25
    支援じゃぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ
  4. 4 : : 2013/11/06(水) 18:32:54

    アニ「それは、そうだけどさ」

    ユーク「俺達には、可能性をじっくりと吟味している時間がない事もまだ事実だ」

    ユーク「そこで、期待値の低い可能性は切り捨てることも、また判断として必要な事だよ」

    ベルトルト「その通りだね」

    ライナー「もう着くぞ?準備はいいか?」

    ユーク「じゃあ、アニはそこら辺を散策しててよ。俺1人だと思わせた方がいい」
  5. 5 : : 2013/11/06(水) 18:33:09

    ユーク「ライナーとベルトルトは俺の前衛を任せた」

    ライナー「わかった」

    ベルトルト「頑張るよ」

    アニ「私はまた除け者か」イジイジ

    ユーク「そんなに、落ち込まないで」ナデナデ

    アニ「ん…許す」スリスリ
  6. 6 : : 2013/11/06(水) 18:33:31

    ユーク「それじゃあ、アジト乗り込もう!」オーー!

    ライナー「切り替え早いな、お前は」

    ベルトルト「良い性格してるね」

    ユーク「それ、皆にも言われるんだが、流行ってんのか?」

    ライナー「……」

    ベルトルト「……」
  7. 7 : : 2013/11/06(水) 18:33:45

    ユーク「?」キョトン

    アニ「…...」ポケーー


  8. 8 : : 2013/11/06(水) 18:34:27

    ――――調査兵団本部――――


    コンコンコン


    「はーい、どうぞー!」


    ガチャ


    ライナー「失礼します」

    ベルトルト「失礼します」

    ハンジ「んー?何の用かな?鎧君と、大型君」ニコニコ

    ライナー「分隊長、その名前で呼ぶのやめてください」

    ベルトルト「何度も言ってるじゃないですか」ハァ
  9. 9 : : 2013/11/06(水) 18:35:24

    ハンジ「だって、君達目立つんだもん、しょうがないじゃん」シレッ

    ライナー「はぁ、それで、お話があって来たんです」

    ハンジ「んー?なにかなー?」ワクワク

    ベルトルト「実は、僕達104期の同期で是非とも分隊長に会って」

    ベルトルト「お話がしたいという人が居て、今日連れてきているんです」

    ハンジ「へー、そうなんだぁ。まぁいいんじゃない?入って入って!」チョイチョイ

    ライナー「(OKが出たな。それも、あっさりと)」

    ベルトルト「(ユーク、このまま部屋に入るつもりかな?)」


  10. 10 : : 2013/11/06(水) 18:35:44

    ――――部屋の外――――

    ユーク「(…簡単すぎる。というか、警戒心がなさすぎる)」

    ユーク「(同期であると明言したからか?)」

    ユーク「(だが、懸念していたように、所属はおろか名前すら聞いていないが気になる)」

    ユーク「(期待外れだったか?『鎧君』と『大型君』にはドキリとしたが…)」

    ユーク「(今日の所は、引き上げるか――――)」


  11. 11 : : 2013/11/06(水) 18:36:39

    ――――部屋の中――――

    ハンジ「あっ、でも、まだ名前や所属を聞いてなかったね。失敬、失敬」ペチン

    ライナー「あ、はい。その者は『ユーク・トラス』元訓練兵で」

    ライナー「現在は、憲兵団ストヘス支部にて、勤務しております」ビシッ

    ハンジ「え!?もしかして、あのミカサに匹敵するとか噂されてる、ユーク君?」

    ベルトルト「はい、おそらく分隊長がおっしゃっている人物です」

    ハンジ「そうなんだぁ、召集のついでにわざわざ来てくれるなんてラッキーだねぇ」ワクワク


  12. 12 : : 2013/11/06(水) 18:37:10

    ――――部屋の外――――

    ユーク「(…なんだ。うっかりか。まぁこのくらいは…)」

    ユーク「(だが、俺も名が知られたものだな…しくじった)」

    ユーク「(だが、気になるのは、最後の『ラッキー』という発言…)」

    ユーク「(おそらく咄嗟に口から出てしまったのだろうと予想する。こちらがチャンスか?)」

    ユーク「(いいだろう!正面から当たってみせよう。後悔するなよ?)」キッ


  13. 13 : : 2013/11/06(水) 18:37:46

    ――――部屋の中――――

    ハンジ「部屋の外で待ってるの?呼んで、呼んで!」ワクワク

    ライナー「は、はい。解りました」

    ベルトルト「ユーク、入室の許可が下りたよ」

    ユーク「あぁ、わかった。ご苦労様」ポン

    ライナー「それでは、我々はこれで失礼します。部屋の外で彼を待っていますので」

    ベルトルト「失礼します」


    ガチャ バタン

  14. 14 : : 2013/11/06(水) 18:38:45


    ユーク「(ナイスだ、ライナー。しっかりと援護の準備をしてくれている)」

    ユーク「(さてと、どう話し始めるかな…まぁ、まずは自己紹介からだろう)」


    ユーク「初めまして、分隊長。ご紹介に預りました、『ユーク・トラス』です!」ビシッ

    ハンジ「うん。よろしくね。私は『ハンジ・ゾエ』。調査兵団の変人って言われてるよ」

    ユーク「(『奇行種』では?まぁ、そんなことはいいか)」

    ユーク「(女性の方だったんだな。まぁ『変人』と言われるだけでもダメージはあるだろう)」
  15. 15 : : 2013/11/06(水) 18:39:19

    ハンジ「あっ、それと敬礼はもう直っていいからね。フレンドリーに頼むよ!」ニコ

    ユーク「はい、よろしくお願いします」ニコ

    ハンジ「今日は何の用があって来たのかな?」

    ユーク「はい、単調直入にお聞きします」

    ユーク「私達104期が優先的に装置の検査の対象となった経緯について、お話があってきました」

    ユーク「(勘だが、この相手に、初めから裏をかくのはいい予感がしない)」
  16. 16 : : 2013/11/06(水) 18:39:33

    ユーク「(…ここはストレートに攻めて、俺の印象を捻じ曲げておこう)」

    ハンジ「そっかぁ。君もわざわざストヘス区から来たんだし、大変だったねぇ」

    ユーク「ええ、どっかの馬鹿が何か仕出かしてくれたおかげで」ハァ

    ハンジ「…まぁ座りなよ」ドウゾ

    ユーク「では、お言葉に甘えて、失礼します」ストン

    ハンジ「それでね、君達を先に選んだのは…」ストン
  17. 17 : : 2013/11/06(水) 18:39:51

    ユーク「あの、分隊長」ジッ

    ハンジ「ん?なぁに?」キョトン

    ユーク「…なんで隣に座ったんですか?」

    ハンジ「え?何か問題が?」

    ユーク「普通、議論するなら対峙するものでしょう?」

    ハンジ「うーん、これが私のスタイルなんだけどなぁ」
  18. 18 : : 2013/11/06(水) 18:40:19

    ユーク「(本当のことを言っているのか?怪しい…)」ジッ

    ユーク「とにかく、向こう側へ座っていただきたいのですが」

    ハンジ「わかったよ。じゃあ、前に」ストン

    ユーク「では、続きをお願いします」

    ハンジ「君達を先に選んだのはね――――」

    ユーク「(こいつ、俺の隣で心拍数でも測るつもりだったのか?)」
  19. 19 : : 2013/11/06(水) 18:40:33

    ユーク「(それとも、表情の変化を読み取るための策略か――――)」


    ハンジ「――――というわけだったんだよ。わかってくれた?」

    ユーク「はい、そう言う理由ならば、納得せざるを得ません」

    ハンジ「よかった。素直な子で」ニッ

    ユーク「これからも仲間を大切にしてあげてください」

    ユーク「人が最も欲しがるものは、なにより人との信頼ですから」
  20. 20 : : 2013/11/06(水) 18:41:24

    ハンジ「うん、私もそう思うよ。あっ!それでね、それでね!!」

    ユーク「はい?」

    ハンジ「死んじゃったソニーとビーンの2体で行った実験なんだけどね――――」


    ユーク「(この人、巨人の生態の話になるとすごく生き生きしてる)」

    ユーク「(まるでエレンが外の世界の話をする時のように、眼を輝かせて…)」

    ハンジ「――――」ペチャクチャ
  21. 21 : : 2013/11/06(水) 18:41:54

    ユーク「(貴方の希望に応えられる者は既に、貴方の目の前に居ますよ?)」

    ハンジ「――――だから、巨人を捕える新しい方法としてね――――」ニヤリ

    ユーク「(絶対に、捕まらない自信はありますけど)」

    ハンジ「――――つまり、彼らは日光が必要で、――――」ペチャクチャ

    ユーク「(長いな…いつまで続くんだろ?)」ウズウズ


    ――――――――
  22. 22 : : 2013/11/06(水) 18:43:11

    分隊長…貴方が努力の末に知り得た、その情報

    それは、俺達にとって、当たり前の事項であり

    また、あなた方人類の英知は、俺達にとって未知な事も多い

    同じ人間なのに、どうしてこうも立場が異なるのか

    貴方は、気になりませんか?

    この世界は、面白いことが星の数ほど転がっている

    貴方もそう思いませんか?分隊長――――


  23. 23 : : 2013/11/06(水) 18:44:17

    ――――対談終了後――――

    ユーク「今日は、ありがとうございました。とても有意義でしたよ?」

    ハンジ「うん…私も…思う存分話せて…満足したよ…ありがとう」ゼェゼェ

    ユーク「それでは、私はこれで、失礼します」ペコリ

    ハンジ「うん…また来てねぇー」フリフリ グテーン


    ガチャ バタン


    ユーク「…ライナー達、待ち疲れて寝たか」クス
  24. 24 : : 2013/11/06(水) 18:44:32

    ライナー「Zzz」グガーー

    ベルトルト「Zzz」グネェン

    ユーク「ライナーはいびきが五月蝿いし、ベルトルトは酷い寝相だ」

    ユーク「おい、起きろ、2人とも。俺は戻るぞ?」

    ライナー「あ、ああ、すまん。寝てしまっていた」

    ベルトルト「あれ?いつの間に」パチリ
  25. 25 : : 2013/11/06(水) 18:44:43

    ユーク「…まぁ、いいさ。俺は戻るぞ?」

    ライナー「分隊長といい話はできたか?」

    ユーク「あぁ、おおよそな。また今度話しに来るかもな」ハハ

    ベルトルト「後で内容教えてね?」ヒソヒソ

    ユーク「あぁ、内密にな」コソコソ


  26. 26 : : 2013/11/06(水) 18:45:28

    ――――本部から離れた物陰――――

    アニ「あっ、遅かったね」クタクタ

    ユーク「ただいま、アニ。お待たせした。分隊長の話が長くてさ」

    アニ「どんな話してたの?」

    ユーク「前半は本題を聞いていたけど、案外すぐに終わって」

    ユーク「その後はずっと、巨人の生態について、実験を聞かされていたよ」

    ユーク「所々、意見したりして、有意義な議論だったよ」フゥ
  27. 27 : : 2013/11/06(水) 18:45:38

    アニ「そっか。本題の方はどうだった?」

    ユーク「あぁ、この前俺が言った通りの事を聞かされたよ。答え合わせだな」

    アニ「それで?」

    ユーク「第一目的は、仲間を信用するためのもの」

    ユーク「そして、おまけに犯人捜しって感じだった」

    ユーク「ハンジ分隊長が話す限りでは、壁外調査に重きを置いているようだった」
  28. 28 : : 2013/11/06(水) 18:45:55

    アニ「…その話が本当ならば…ね?」

    ユーク「本当であると願いたいけどねぇ。余計な杞憂は、もう要らないよ」ハァ

    アニ「2人にはこの事は伝えた?」

    ユーク「いや、まだだ。また2日以内に伝達する予定だ……作戦の詳細も含めてね」

    アニ「そっか、この後はどうする?」

    ユーク「アニは、歩き回って疲れちゃった?」クスッ
  29. 29 : : 2013/11/06(水) 18:46:20

    アニ「ちょっとね、でもまだ大丈夫さ」

    ユーク「じゃあ、次は俺と散歩へ行こうか」ギュ

    アニ「…うん、わかった」ギュ

    ユーク「頭使って疲れたし、お菓子食べに行こう!!」グイ

    アニ「ふふ、いいよ。今日は私が奢ってあげるから」ニコ

    ユーク「おっ!やったね、嬉しいな!!」ワクワク
  30. 30 : : 2013/11/06(水) 18:47:20

    アニ「どこの店がいい?」

    ユーク「散策して、どこかいい所見つけた?」ニコ

    アニ「じゃあ、あそこなんかどう?」スッ

    ユーク「じゃあ、そこにしようか!」ニッ

    アニ「うん――――」


    ―――――――― 
  31. 31 : : 2013/11/06(水) 18:49:57

    ハンジ分隊長、貴方との議論では

    貴方が様々な視点から物事を見ていると解り、有意義な時間でした

    これは嘘ではありません

    ですが、分隊長。貴方は、私に嘘をついてはいませんか?

    貴方を100%信用はしていません。ですが、その根拠もありません

    そんなの、実に私らしくはありませんが

  32. 32 : : 2013/11/06(水) 18:50:34

    貴方も私と同じ嘘つきの匂いがするんです

    きっと貴方も感じていたのではないですか?私の本当の匂い

    だからあの時、自然と横に座った。違いますか?

    やはり、あなた方のボスに会わなければ、いけないのかもしれませんね

    それと、分隊長……私は見逃しませんでしたよ?

    貴方がたった一度だけ、本気でにやけた、その顔を――――



    To be continued...

  33. 33 : : 2013/11/06(水) 18:51:32

    【あとがき】

    彼が感じた印象は、彼女に対する『以心』ではあるが、決して『伝心』は有り得ない

    彼は、『以心』を人として得《う》り、『伝心』を敵として拒絶した

    嘘つきの称号を最期まで持っているのは、如何《いかん》や

    また、其《そ》は誰ぞ――――

  34. 34 : : 2013/11/06(水) 18:52:44

    【投稿完了 / シリーズ名 / 話数 / タイトル / URL】

    ――本編――

    【13/11/05 進撃の巨人Another 第17話 『志と命』】
    http://www.ssnote.net/archives/2140

    【13/11/04 進撃の巨人Another 第16話 『選ぶ』】
    http://www.ssnote.net/archives/2041

    【13/11/03 進撃の巨人Another 第15話 『悪癖』】
    http://www.ssnote.net/archives/1992

    【13/11/02 進撃の巨人Another 第14話 『クチは...』】
    http://www.ssnote.net/archives/1943

    【13/11/01 進撃の巨人Another 第13話 『ドウキ』】
    http://www.ssnote.net/archives/1886

    【13/10/31 進撃の巨人Another 第12話 『人柄』】
    http://www.ssnote.net/archives/1841

    【13/10/30 進撃の巨人Another 第11話 『危機と嬉々』】
    http://www.ssnote.net/archives/1815

    【13/10/29 進撃の巨人Another 第10話 『見上げる先』】
    http://www.ssnote.net/archives/1748

    【13/10/28 進撃の巨人Another 第9話 『辛辣』】
    http://www.ssnote.net/archives/1702

    【13/10/10 進撃の巨人Another 第8話 『本物』】
    http://www.ssnote.net/archives/805

    【13/10/10 進撃の巨人Another 第7話 『捨てる』】
    http://www.ssnote.net/archives/800

    【13/10/10 進撃の巨人Another 第6話 『側』】
    http://www.ssnote.net/archives/796

    【13/10/10 進撃の巨人Another 第5話 『指令』】
    http://www.ssnote.net/archives/795

    【13/10/10 進撃の巨人Another 第4話 『再び』】
    http://www.ssnote.net/archives/793

    【13/10/10 進撃の巨人Another 第3話 『解散式の夜』】
    http://www.ssnote.net/archives/792

    【13/10/10 進撃の巨人Another 第2話 『見たもの、見るもの』】
    http://www.ssnote.net/archives/791

    【13/10/10 進撃の巨人Another 第1話 『4人目』】
    http://www.ssnote.net/archives/790

  35. 35 : : 2013/11/06(水) 18:52:55

    ――番外編――

    【13/10/27 進撃の巨人Another ――番外編―― 第8話】
    http://www.ssnote.net/archives/1550

    【13/10/24 進撃の巨人Another ――番外編―― 第7話】
    http://www.ssnote.net/archives/1374

    【13/10/15 進撃の巨人Another ――番外編―― 第6話】
    http://www.ssnote.net/archives/1078

    【13/10/14 進撃の巨人Another ――番外編―― 第5話】
    http://www.ssnote.net/archives/1040

    【13/10/13 進撃の巨人Another ――番外編―― 第4話】
    http://www.ssnote.net/archives/941

    【13/10/12 進撃の巨人Another ――番外編―― 第3話】
    http://www.ssnote.net/archives/923

    【13/10/12 進撃の巨人Another ――番外編―― 第2話】
    http://www.ssnote.net/archives/878

    【13/10/11 進撃の巨人Another ――番外編―― 第1話】
    http://www.ssnote.net/archives/845


    ――雑談――

    【13/10/12 進撃の巨人Another シリーズ ――雑談所――】
    http://www.ssnote.net/archives/924

    【13/10/14 進撃の巨人Another シリーズ ――思い出(過去コメント)保管所――】
    http://www.ssnote.net/archives/1038
  36. 36 : : 2013/11/06(水) 18:54:32
    >>3
    投稿終わるまで気づかなかったよ
    でもありがとう!
  37. 37 : : 2013/11/06(水) 18:59:08

    滞在は2日目が終了

    ...長いね。でもこれらも決して無駄じゃないからさ!

    まだ続きは残ってるんだけど、

    ここで1度、番外編を数話入れたいと思います
    (何話やるかは私の匙加減)

    ちょっと後悔してる事もあって、
    どうせなら、本編と番外編を4対1くらいに交互にやっていけば、いい感じに互いの
    話が光ったんじゃないかなぁと思うようになった、今日この頃...

    今後、検討してみます
  38. 38 : : 2013/11/06(水) 23:37:16
    いいねぇ。今回はなんか背筋がぞくぞくしたよww

▲一番上へ

名前
#

名前は最大20文字までで、記号は([]_+-)が使えます。また、トリップを使用することができます。詳しくはガイドをご確認ください。
トリップを付けておくと、あなたの書き込みのみ表示などのオプションが有効になります。
執筆者の方は、偽防止のためにトリップを付けておくことを強くおすすめします。

本文

2000文字以内で投稿できます。

0

投稿時に確認ウィンドウを表示する

著者情報
MyLo0922

My.Lo

@MyLo0922

この作品はシリーズ作品です

【進撃の巨人Another】 シリーズ

「進撃の巨人」カテゴリの人気記事
「進撃の巨人」カテゴリの最新記事
「進撃の巨人」SSの交流広場
進撃の巨人 交流広場