ssnote

x

新規登録する

作品にスターを付けるにはユーザー登録が必要です! 今ならすぐに登録可能!

この作品は執筆を終了しています。

進撃の巨人Another 第17話 『志と命』 ――憲兵団配属編 No.9――

    • Good
    • 8

loupe をクリックすると、その人の書き込みとそれに関連した書き込みだけが表示されます。

▼一番下へ

表示を元に戻す

  1. 1 : : 2013/11/05(火) 12:05:26

    進撃の巨人Another 第17話 『志と命』

    ――憲兵団配属編 No.9――


    ――――兵舎廊下――――

    アニ「――――それで、その論文の理論は、ユークは正しいと思ったの?」スタスタ

    ユーク「いや、あの理論は、あくまで数学的な思考に基づいた極論だ」

    アニ「まぁ早い話、『ある』か『ない』かっていう二次元理論だったしね」

    アニ「説明を受けた今なら、何となく分かるよ」
  2. 2 : : 2013/11/05(火) 12:05:56

    ユーク「あの論文は、アルミンでさえ一晩考えて、なんとか納得に持ち込めたらしいし」

    ユーク「解らなくても、気にすることじゃないよ。何が本質なのかが解れば、それでいい…」

    ユーク「…でも、さっきも言ったけど、世界はそんな単純じゃない」

    アニ「普通の人は、アンタみたいに理解が早い訳じゃないんだよ」ハァ

    ユーク「解ってる」

    アニ「アンタもきっと、解ってないよ…」
  3. 3 : : 2013/11/05(火) 12:06:10

    ユーク「……」

    アニ「……」

    ユーク「…見つからないな、あいつら」キョロキョロ

    アニ「ここには、居ないのかもね。他を当たる?」

    ユーク「そうだな。もう昼前だし、教官へ挨拶して一旦、お昼にしようか?」

    アニ「うん、それがいいね――――」


  4. 4 : : 2013/11/05(火) 12:07:00

    ――――教官・職員室――――


    コンコンコン


    キース「入れ」


    ガチャ


    ユーク「失礼します」

    アニ「…失礼します」

    キース「思い出には存分に浸ったか?」

    ユーク「はい、気持ちを入れ直しました」

    アニ「…はい」
  5. 5 : : 2013/11/05(火) 12:07:14

    キース「そうか。それはよかった。これからも人類の為に仕事に励んでくれ」

    ユーク「はい。(人類の為…か)」

    アニ「……はい」

    キース「もう、帰るのか?」

    ユーク「はい。その為にまた、ご挨拶に参りました。ありがとうございました」ペコリ

    アニ「…ありがとうございました」ペコリ
  6. 6 : : 2013/11/05(火) 12:07:26

    キース「うむ、またいつでも来るといい」

    キース「良き先輩の来訪で、後輩達の士気も上がることだろう」

    ユーク「はい、機会があれば、是非また伺います。それでは、失礼します」

    アニ「...失礼します」


    ガチャ バタン

    スタスタ スタスタ


    キース「また会える時を、待ってるからな――――」


  7. 7 : : 2013/11/05(火) 12:07:42

    ――――街中――――

    ユーク「今日は、どこにしようか?」キョロキョロ

    アニ「屋台は、復興してるみたいだよ。簡易だしね」

    ユーク「じゃあ、何か立ち食いするか」

    アニ「たまには、そういうのもいいかもね」

    ユーク「何か希望は?」

    アニ「うーんと…あっ!」
  8. 8 : : 2013/11/05(火) 12:08:00

    ユーク「…今度は誰を見つけた?」クス

    アニ「コニー」

    ユーク「コニーならお薦めを教えてくれそうだな。ついでに話でも…」

    アニ「いいよ、付き合うからさ」

    ユーク「じゃあ、決まりだ。おーい!コニー!!」タッタッタ

    アニ「…まだまだ子供なんだから」クスッ

  9. 9 : : 2013/11/05(火) 12:08:18


    コニー「おお!ユーク、それにアニも!久しぶりだな!!」パァァ

    ユーク「(うわっ、相変わらず眩しいな…特に頭が)」

    アニ「(いや反射するほど、っていうか、剥げてすらないから)」

    ユーク「(ナイスツッコミだ、アニ!)」ニッ

    コニー「(なんだ、こいつら?)」ポカン

    アニ「ほら、折角声を掛けたのに、コニーが置いてけぼりだよ?」クスス
  10. 10 : : 2013/11/05(火) 12:09:40

    ユーク「すまんすまん、それでさ、コニー!なんか屋台でお薦めの店はないか?」

    ユーク「紹介ついでに、一緒に飯と行こう!!」

    コニー「おお!いいぜ、俺も丁度、飯時だったんだ!!」

    ユーク「どこがお薦めだ?」キョロキョロ

    コニー「俺の今一番のお薦めは、あっちの屋台の長パンだ!」

    コニー「それにそこの屋台のサラダを挟めば、激ウマサラダサンドの出来上がりだ!!」
  11. 11 : : 2013/11/05(火) 12:10:35

    ユーク「おお!その発想はなかったな。やるな、コニー!!」キラキラ

    コニー「何たって俺は、天才だからな!!」ワッハッハ

    ユーク「あぁ、野生の勘が働いた時のコニーは、本当に天才と呼べる才能を発揮するからな」

    ユーク「こういう時は、頼りになるぜ!!」ハハハ

    アニ「(それって、単純にコニーが何も考えずに、感じたままに行動してるって言ってるのと、同義じゃないの?)」

    コニー「ありがとよっ!!じゃあ早速、買いに行こうぜ?」スタスタ

    ユーク「よっしゃ!行こうぜ!!」スタスタ

    アニ「(いつの間にか、私が置いてけぼりにされてた…寂しい)」ポツーン

    アニ「ちょっと待ってよ、2人とも。慌てないで――――」タッタッタ


  12. 12 : : 2013/11/05(火) 12:10:49

    ――――食事中――――

    ユーク「おお!これはいけるな!!」パクパク

    コニー「だろぉ?もうすぐ帰っちまうユークにも食べて貰いたいと思っててさぁ」ガツガツ

    アニ「…美味しい」モグモグ

    ユーク「アニにも好評だぞ?良かったな、コニー」ニッ

    コニー「おう!アニもそんな顔するんだな!!」

    アニ「え、どんな顔?」キョトン
  13. 13 : : 2013/11/05(火) 12:11:02

    ユーク「美味しそうに食べてる表情だよ。可愛いぞ?」ニッ

    アニ「っ!!げほっげほっ///」

    コニー「アニ、大丈夫か?」

    ユーク「あっ!コニー、俺のセリフとらないでくれよ」プンプン

    コニー「お、おお。なんだかよくわからねぇが、済まねぇな」アセアセ

    ユーク「うん!…大丈夫、アニ?」
  14. 14 : : 2013/11/05(火) 12:11:14

    アニ「げほっ…アンタの所為でしょうが…白々しい」ジロッ

    ユーク「アニの上目遣い、いいねぇ」ニヤリ

    アニ「…ふんっ///」

    コニー「おーい、お前らぁ。俺はもう食い終わっちまったぞ?」

    ユーク「あれ、いつの間に。俺まだ半分あるのに…」

    アニ「アンタが、私で遊んでるからでしょ…私もまだ残ってる」
  15. 15 : : 2013/11/05(火) 12:11:40

    ユーク「もうちょっとだけ待ってくれ、コニー。すぐに食べ終わるからさ」

    コニー「いいや、別に俺は待つぞ?」キョトン

    ユーク「そうか、ありがとな」パクパク

    アニ「こんなこいつで済まないね」モグモグ

    コニー「よくわかんねぇけど。仲がいいんだったら、それでいいんじゃねぇか?」キョトン

    ユーク「…コニーはいい事を言うな」ジーン
  16. 16 : : 2013/11/05(火) 12:11:54

    アニ「アンタも少しは見習ったら?」モグモグ

    ユーク「うぅーん、いやだ」キッパリ

    アニ「はぁ、もういいよ。私が我慢すれば、いいだけの話だからさ――――」


  17. 17 : : 2013/11/05(火) 12:12:12

    ――――食事後――――

    ユーク「それじゃあ、コニー、またな!」ヒラヒラ

    アニ「またね」

    コニー「おう!!次に会うのを楽しみにしてるぜっ!!」ブンブン

    コニー「じゃあなぁーー!!」タッタッタ


    ユーク「行ってしまったな」

    アニ「そうだね」
  18. 18 : : 2013/11/05(火) 12:12:51

    ユーク「“次”は果たして、訪れるんだろうか…」

    アニ「さぁ?それは、私達次第じゃない?」

    ユーク「じゃあ、目標に向かう為に、捜索を再開しますか!」

    アニ「次は、調査兵団の所へ行ってみるの?」

    ユーク「あぁ、そこで会えれば、この手紙を渡して、夜にでも会えるよう取り計ろうと思う」

    アニ「用意周到だね」

    ユーク「1つもミスは許されないからな」

    アニ「そうだね、選択肢を狭めない為にも」

    ユーク「あぁ、その通りだ。行こうか――――」


  19. 19 : : 2013/11/05(火) 12:13:23
    お昼休みの為に一旦、終了!

    また夜にでも来ます
  20. 20 : : 2013/11/05(火) 17:37:54

    ――――街中――――

    ユーク「それでさ、その時にエレンが言っていた事が――――」

    アニ「アンタは、本当に外の世界の話が好きだよね」

    ユーク「まぁね、聞いてて飽きないよ…あっ!あのとりわけデカい2人組は」スッ

    アニ「こんなところで根を生やしてたんだね」

    ユーク「『根を生やしてた』とは、とんだ言い草だな。植物だけに」

    アニ「ふふっ、別に上手くないよ?だって、あいつらデカすぎて鬱陶しいんだもん」
  21. 21 : : 2013/11/05(火) 17:38:14

    ユーク「アニ、ちゃんと笑ってくれたじゃないか。じゃあ、俺は?」

    アニ「アンタも割とでかいほうだけど、細身で邪魔にはならないし、丁度いいんじゃない?」

    ユーク「なら、よかった。邪魔者扱いされなさそうで」ホッ

    アニ「あいつら、あそこで何やってるんだろ?」

    ユーク「さぁ?木材運んでる様子から察するに、大方、復興の手伝いだろうな」

    アニ「…声掛ける?」
  22. 22 : : 2013/11/05(火) 17:38:29

    ユーク「優先事項だし、掛けておこう。もしかしたら、手伝う羽目になるかもな」

    アニ「えぇ、嫌だなぁ」

    ユーク「じゃあ、アニはそこら辺に隠れているかい?」スッ

    アニ「それもまた、卑怯だし、良いよ。最悪、手伝うからさ」

    ユーク「じゃあ、行こうか」スタスタ

  23. 23 : : 2013/11/05(火) 17:38:40


    ライナー「ここの手伝いは、これで終わりか?」

    ベルトルト「いや、あの機材の片付けまで担当らしい」スッ

    ライナー「あの機材重たいんだよなぁ、はぁ」

    ベルトルト「仕事なんだから、しっかりやろうよ」

    ベルトルト「僕達は、他の人よりもでかくて力持ちだから、どうしても頼られる」

    ライナー「それは、わかってるけどさ」
  24. 24 : : 2013/11/05(火) 17:38:57

    ベルトルト「ライナーがいつも兄貴風吹かせてたのも原因にあるんだからね?」

    ライナー「ははは、まぁ、これも『兵士』の仕事だろ?」

    ベルトルト「一応、確認するけど、僕たちは『兵士』?『戦士』?」

    ライナー「は?何を言ってるんだ?俺達は『兵士』だろ?」

    ベルトルト「!!ライナー、君はまたっ!!」バッ

    ライナー「おいおい、何だってんだ、ベルトルト?放せよ」グラグラ

  25. 25 : : 2013/11/05(火) 17:39:14


    ユーク「よう、2人とも、久しぶりだな!」ヒョコッ

    アニ「久しぶりだね」チョコン

    ベルトルト「あっ!アニ、ユーク!!丁度いい所に」

    ユーク「何かあったか?ライナーの胸倉を掴んで」ジッ

    アニ「まさか、また?」ジッ

    ベルトルト「そうなんだよ…ユーク、またお願い」パッ
  26. 26 : : 2013/11/05(火) 17:39:52

    ユーク「はぁ、分かった」スッ

    ライナー「ん?なんだ?お前ら?」キョトン

    ユーク「ライナー、俺の眼を見ろ」ジッ

    ライナー「なんだよ、急に…」キョロキョロ

    ユーク「従え。眼を見ろ」ジーーッ

    ライナー「お、おう…」タジタジ
  27. 27 : : 2013/11/05(火) 17:41:35

    ユーク【…お前は、『戦士』だ。決して『兵士』ではない】ジーーッ

    ライナー「…お、俺は、へいし…だ」ユラユラ

    ユーク【いいや、違う。俺の意志に従え。お前は歴《れっき》とした『戦士だ』!!】ジッ

    ライナー「そ、そうだっ!俺は…『戦士』だ!!」

    ユーク「…それでいい」スッ

    アニ「大丈夫なの?アンタも」
  28. 28 : : 2013/11/05(火) 17:43:45

    ユーク「暗示は、眼が疲れる」フゥ

    ベルトルト「ライナーの意識は、戦士に戻れたの?」

    ユーク「しばらくは、大丈夫だろう…」

    ベルトルト「そう、ありがとう」ホッ

    ユーク「けど、また何らかのきっかけで切り替わる事も少なくないだろう…」

    ユーク「視覚や触覚…要因は様々だ」
  29. 29 : : 2013/11/05(火) 17:43:55

    アニ「壁外調査の後もちゃんと持つの?」

    ベルトルト「僕も心配なんだ。ユーク、君が居ないと…」

    ユーク「帰る時にまた一度、暗示を施しに来るから」

    ベルトルト「よろしく頼むよ」

    アニ「……」

    ユーク「それより、今急用なんだ。あそこの影で話をしよう」


  30. 30 : : 2013/11/05(火) 17:44:06

    ――――物陰――――

    ライナー「それで、お前達は何の用なんだ?」

    アニ「はぁ、全く、人の気も知れないで」ハァ

    ベルトルト「ほんとだよ、苦労するのは僕なんだからさ」ハァ

    ライナー「何の事だ?」キョトン

    ユーク「ライナーが気にする事じゃない。それより本題だ」

    ユーク「報告及び、今度の予定の打ち合わせに来た」
  31. 31 : : 2013/11/05(火) 18:44:27

    アニ「まぁ、そう言う訳で、アンタらを探してたのさ」

    ベルトルト「そうだったの、こっちも丁度良かったよ」

    ユーク「それで、主に用件は、この紙に書いてある」

    ユーク「今日中に暗記して、燃やせ。ベルトルト、お前に任せる」スッ

    ベルトルト「了解したよ」パシッ

    ユーク「それと、憲兵団での出来事と、ここへ来てからのことだが――――」

  32. 32 : : 2013/11/05(火) 18:44:40


    ライナー「――――そうか、憲兵団のシステムは、既に腐敗していたか」

    ベルトルト「まぁ、それは予想通りだったね、2手に分散してよかったと思うよ」

    ユーク「あぁ、俺もつくづくそう思ってる。あそこなら2人で十分だ」

    ライナー「…ミカサとアルミンは、今回の装置の検査の事に疑問を抱いていた、と」

    ユーク「その通り、でも、ちゃんと核心から話を逸らしたから、心配無用だ」
  33. 33 : : 2013/11/05(火) 18:45:03

    ベルトルト「そしてエレンの所在は、未だ掴めていない、と」

    ユーク「どうも、別の場所で隔離されてるらしいが、詳細は不明だ」

    アニ「ミカサも知らないんじゃあ、どうしようもないよ」

    ユーク「地道な情報収集が必要だな…だが、時間も限られている」

    ベルトルト「後、何日居られるんだい?」

    ユーク「今日を含めて、後4日だ」
  34. 34 : : 2013/11/05(火) 18:45:49

    ライナー「これは、しんどそうだな」

    ユーク「あぁ、帰りの体力も残す必要があるから、無理な詮索はできない」

    アニ「捕まったら、元も子もないからね」

    ベルトルト「それで、ユークは僕たちに、何を求めているの?」

    ユーク「察しが良くて助かる。調査兵団の内部を見たい」

    ライナー「え?」
  35. 35 : : 2013/11/05(火) 18:46:05

    ベルトルト「敵の本拠地に足を運ぶなんて、危険じゃない?」

    ユーク「じゃあ、俺が聞きたい事を代わりにお前たちが聞いて来てくれるか?」

    ライナー「いや、それは…その…」

    ベルトルト「…僕たちには、技量が足りない」

    ユーク「残念だが、それが事実だ」

    ユーク「だから、俺が直接出向く」
  36. 36 : : 2013/11/05(火) 18:49:15

    アニ「なら、私も…」

    ユーク「いいや、アニだけは隠し玉にとっておく。大切な『玉《ぎょく》』だ」

    ベルトルト「『玉』か。そういえば、君は“あれ”が得意だったよね」

    ユーク「あぁ!あんなに面白いものを14年間知らなかったなんてな」

    ユーク「なんと人生を一部を損していた事か」ハァ

    ライナー「なら、俺達が先導しよう。上司に話ができるよう、交渉してみる」
  37. 37 : : 2013/11/05(火) 18:49:56

    ユーク「あぁ、そこら辺の手筈はお前達に任せよう。ただし!」

    ライナー「何だ?」

    ユーク「なるべくぎりぎりまで俺の名前はおろか、身元は明かさないよう努力してくれ」

    ベルトルト「それに一体どんな意味があるんだい?」

    ユーク「身元や名前すら分からないまま、交渉に応じるような節穴だったら」

    ユーク「わざわざこちらから危険を冒してまで、話の機会を設ける価値もない」
  38. 38 : : 2013/11/05(火) 18:50:24

    アニ「どういう事?」

    ユーク「その様な可能性は、寧ろ敵が罠を張ってにやけてると、想定すべきだろう」

    ユーク「ある程度、疑りを持たれた方が、解くのが容易な事もある。今回はその例だ」

    ライナー「なるほどな、疑いを逆説的に捉えたのか」

    ベルトルト「凄いね」

    アニ「(また、ついていけなくなった…)」ショボン
  39. 39 : : 2013/11/05(火) 18:52:20

    ユーク「時に、2人とも」

    ライナー「ん?なんだ?」

    ベルトルト「どうしたんだい?」

    ユーク「これは調査兵団へ乗り込む目的の1つに値するのだが」

    ユーク「もしお前達が既に知っているのならば、答えてほしい」

    ライナー「おう」
  40. 40 : : 2013/11/05(火) 18:52:59

    ベルトルト「僕達が分かる事かな?」

    ユーク「今回の装置の検査で俺達104期を最初に疑う様に立案したのは、誰か分かるか?」

    ライナー「いや、分からん」

    ベルトルト「うん、僕も分からない」

    ユーク「そっか」

    ライナー「だが、その目的の人物になら、心当たりをある」
  41. 41 : : 2013/11/05(火) 18:53:17

    ユーク「!!…それは?」

    ライナー「ハンジ分隊長だ」

    ユーク「それは、誰だ?」

    ベルトルト「…まぁ、一言で言えば、変人だよ。調査兵団の奇行種って呼ばれてる」ハハ

    ユーク「(『調査兵団の奇行種』だって?まさか、俺があの時感じた予感は…)」

    ユーク「その人物の話、詳しく話してくれ」ズイッ
  42. 42 : : 2013/11/05(火) 18:54:54

    ライナー「いいぞ。だが、まだ少し仕事が残っていてな。その後でいいか?」

    ベルトルト「ハンジ分隊長のことなら、歩きながらでもできるからさ」

    ユーク「わかった。俺も手伝うよ」

    アニ「私も」

    ライナー「いや、いいって。俺達の仕事だ」

    ベルトルト「君達は長旅で疲れもあるんだろうし、休んでなよ?」
  43. 43 : : 2013/11/05(火) 18:55:12

    ユーク「俺達の体力も嘗めるなよ?」ニヤ

    アニ「そうそう」ニヤ

    ライナー「わかったよ、好きにしろ。こちらも助かる」

    ベルトルト「じゃあ、後はこの機材を片づけてお終いなんだ…とても重いけどね」

    ユーク「はっはっは、俺に任せろ。いくぞ、アニ!!」グッ

    アニ「はいはい、ライナーとベルトルトは、そっち側持ちな」グッ
  44. 44 : : 2013/11/05(火) 18:55:55

    ライナー「いやぁ、頼もしい限りだ」ハハハ

    ベルトルト「ほんとにね、いつから兄弟分が入れ替わってしまったことやら…」トホホ

    ユーク「何言ってんだ。お前らは、俺にとって、この先もずっと兄貴分だよ!」ヨット

    アニ「私は、『おねぇちゃん』だから」ボソッ

    ユーク「ん?なんか言ったか、アニ?」ニヤニヤ

    アニ「ふんっ、何でもないさ」ヨイショ
  45. 45 : : 2013/11/05(火) 18:56:24

    ライナー「(…あれ?俺ら邪魔じゃね?)」

    ベルトルト「(僕達が初めに居たのに、なぜか追いやられてる…)」

    ユーク「よいしょっ!よいしょっ!」グイグイ

    アニ「…ふっ…ふっ」グイグイ

    ライナー「……」

    ベルトルト「......」


  46. 46 : : 2013/11/05(火) 18:56:44

    ――――街中――――

    ライナー「いやぁ、助かった」ゴキゴキ

    ベルトルト「僕達ばかり重いもの運ばれて、理不尽なんだよね…」グッタリ

    ユーク「…お悔やみ」ナムナム

    アニ「……」ナムナム

    ライナー「2人揃って、手を合わせてるんじゃねぇよ!」

    ベルトルト「僕達、まだ死んでないからね?」
  47. 47 : : 2013/11/05(火) 18:57:48

    ユーク「それじゃあ、かの人の話を頼む」キリッ

    ライナー「…あぁその人っていうのが、巨人好きの変態と言われててな――――」


    ―――――――― 

    俺達は、ライナー達が根城としている調査兵団本部に向かう事となった

    この先、俺が出会うであろう『ハンジ分隊長』が如何程《いかほど》の人物であるか

    そして俺の求める、期待に相応するだけの『答え』を持っているのだろうか

    もし、持っているならば…その『答え』、何としてでも俺が譲り受けよう――――



    To be continued...

  48. 48 : : 2013/11/05(火) 18:58:30

    【あとがき】

    タイトル『志と命』

    その読み方は『シとメイ』

    志《こころざし》とは、自らの意志で決定するコトであり、植えつけられるモノではない

    命じられた志《し》が、果たして機能するか否か、それは最期まで解らない――――
  49. 49 : : 2013/11/05(火) 18:58:48

    【投稿完了 / シリーズ名 / 話数 / タイトル / URL】

    ――本編――

    【13/11/04 進撃の巨人Another 第16話 『選ぶ』】
    http://www.ssnote.net/archives/2041

    【13/11/03 進撃の巨人Another 第15話 『悪癖』】
    http://www.ssnote.net/archives/1992

    【13/11/02 進撃の巨人Another 第14話 『クチは...』】
    http://www.ssnote.net/archives/1943

    【13/11/01 進撃の巨人Another 第13話 『ドウキ』】
    http://www.ssnote.net/archives/1886

    【13/10/31 進撃の巨人Another 第12話 『人柄』】
    http://www.ssnote.net/archives/1841

    【13/10/30 進撃の巨人Another 第11話 『危機と嬉々』】
    http://www.ssnote.net/archives/1815

    【13/10/29 進撃の巨人Another 第10話 『見上げる先』】
    http://www.ssnote.net/archives/1748

    【13/10/28 進撃の巨人Another 第9話 『辛辣』】
    http://www.ssnote.net/archives/1702

    【13/10/10 進撃の巨人Another 第8話 『本物』】
    http://www.ssnote.net/archives/805

    【13/10/10 進撃の巨人Another 第7話 『捨てる』】
    http://www.ssnote.net/archives/800

    【13/10/10 進撃の巨人Another 第6話 『側』】
    http://www.ssnote.net/archives/796

    【13/10/10 進撃の巨人Another 第5話 『指令』】
    http://www.ssnote.net/archives/795

    【13/10/10 進撃の巨人Another 第4話 『再び』】
    http://www.ssnote.net/archives/793

    【13/10/10 進撃の巨人Another 第3話 『解散式の夜』】
    http://www.ssnote.net/archives/792

    【13/10/10 進撃の巨人Another 第2話 『見たもの、見るもの』】
    http://www.ssnote.net/archives/791

    【13/10/10 進撃の巨人Another 第1話 『4人目』】
    http://www.ssnote.net/archives/790
  50. 50 : : 2013/11/05(火) 18:58:56

    ――番外編――

    【13/10/27 進撃の巨人Another ――番外編―― 第8話】
    http://www.ssnote.net/archives/1550

    【13/10/24 進撃の巨人Another ――番外編―― 第7話】
    http://www.ssnote.net/archives/1374

    【13/10/15 進撃の巨人Another ――番外編―― 第6話】
    http://www.ssnote.net/archives/1078

    【13/10/14 進撃の巨人Another ――番外編―― 第5話】
    http://www.ssnote.net/archives/1040

    【13/10/13 進撃の巨人Another ――番外編―― 第4話】
    http://www.ssnote.net/archives/941

    【13/10/12 進撃の巨人Another ――番外編―― 第3話】
    http://www.ssnote.net/archives/923

    【13/10/12 進撃の巨人Another ――番外編―― 第2話】
    http://www.ssnote.net/archives/878

    【13/10/11 進撃の巨人Another ――番外編―― 第1話】
    http://www.ssnote.net/archives/845


    ――雑談――

    【13/10/12 進撃の巨人Another シリーズ ――雑談所――】
    http://www.ssnote.net/archives/924

    【13/10/14 進撃の巨人Another シリーズ ――思い出(過去コメント)保管所――】
    http://www.ssnote.net/archives/1038
  51. 51 : : 2013/11/05(火) 19:00:59
    続き気になる!

    乙です!

    壁外調査はいつぐらいからはじまりますか?
  52. 52 : : 2013/11/05(火) 19:01:08

    今日はこれで終わり!

    明日は第18話

    奇行種と策士の腹の探り合いだ!!
  53. 53 : : 2013/11/05(火) 19:02:34
    >>51
    もう少しだけ『前置き』に付き合ってね
  54. 54 : : 2013/11/05(火) 19:27:12
    すいません。気が早すぎました!

    次から気を付けます!
  55. 55 : : 2013/11/05(火) 19:49:57
    >>54
    謝る必要は、ありませんよ?

    それだけ、皆様に楽しみにしてくださっている事が
    コメントを通じて伝わって来ているので、私も嬉しい限りです!

    応援コメントはいただけるだけで感謝なので、
    これからもお付き合いのほど、宜しくお願いしますね?
  56. 56 : : 2013/11/05(火) 19:53:55
    もうこれを読むのが日課になってるww

▲一番上へ

名前
#

名前は最大20文字までで、記号は([]_+-)が使えます。また、トリップを使用することができます。詳しくはガイドをご確認ください。
トリップを付けておくと、あなたの書き込みのみ表示などのオプションが有効になります。
執筆者の方は、偽防止のためにトリップを付けておくことを強くおすすめします。

本文

2000文字以内で投稿できます。

0

投稿時に確認ウィンドウを表示する

著者情報
MyLo0922

My.Lo

@MyLo0922

この作品はシリーズ作品です

【進撃の巨人Another】 シリーズ

「進撃の巨人」カテゴリの人気記事
「進撃の巨人」カテゴリの最新記事
「進撃の巨人」SSの交流広場
進撃の巨人 交流広場