ssnote

x

新規登録する

作品にスターを付けるにはユーザー登録が必要です! 今ならすぐに登録可能!

「1人で泣くなよ、スガ。」

    • Good
    • 3

loupe をクリックすると、その人の書き込みとそれに関連した書き込みだけが表示されます。

▼一番下へ

表示を元に戻す

  1. 1 : : 2014/08/01(金) 23:25:12




    『影山飛雄』



    その名前を見たとき、心臓が跳ねた。

    …あの天才セッターが、烏野《うち》に来る。


    これから烏野は強くなるかも知れない。

    みんなの士気がさらに上がるかも知れない。







    そんなことよりも、まず頭に浮かんだのは







    『俺はどうなるんだろう。』

    そのことだった。




    俺…菅原孝支は、入部届のその名前を見て目を輝かせるチームメイトの大地と田中の様子を、一歩引いて見ていた。







    ーーーーーーーーーーーーーーーーー




    こんにちは、はじめまして。

    ページを開いてくださって、ありがとうございます。

    少年ジャンプにて連載中の漫画『ハイキュー‼︎』のSSです。

    一度上げてたのですが、ハイキュー‼︎のカテゴリが新設されたので、新しくスレッドを立て直しました。コメント、お星様をつけてくださっていた方、申し訳ありません。



    ・菅原さんの1人語り的視点でお話が進みます。

    ・単行本だと7,8巻までのお話の内容を含みます。




    拙い文章ではありますが、最後までお付き合いいただけたら幸いです。

    どうぞ宜しくお願いいたします。

    では、続きをどうぞお楽しみくださいませ。



  2. 2 : : 2014/08/01(金) 23:29:55




    田中「おい!こいつって、北川第一の『コート上の王様』だよな?」

    澤村「ああ。去年のあの試合、強烈だったもんな。なあ、スガ?」

    菅原「あ、うん。」

    澤村「そうか、こいつが烏野かあ。楽しみだな。」

    菅原「…」





    …大丈夫、大丈夫。

    まだ俺の方が劣っているって決まったわけじゃない。

    それでも、背中を嫌な汗が伝うのが分かった。





    去年の3年生が引退して、俺はやっとスタメンに入ることが出来た。

    それから今まで、烏野の正セッターとして、インターハイや春高を目指して練習を積んできた。



    …のに。



    やっと掴んだその座を、新入生の『天才』に取って代わられるかも知れない。

    怖かった。



    …そして、俺の懸念は現実のものになった。

    インターハイのコートに立つチームメイトを、ウォーミングアップエリアから見つめる。



  3. 3 : : 2014/08/01(金) 23:34:23




    試合の相手は、3月にボロ負けを喫した伊達工業高校。

    『鉄壁のブロック』が旭のスパイクを弾き飛ばし、審判の笛が短く鳴る。

    眼光鋭い大柄の選手がガッツポーズをすると、伊達工業の応援団が一斉にメガホンを叩いて声援を送る。

    スコアをちらりと見るとまだギリギリ烏野がリードしているものの、試合の流れは完全に伊達工にあった。




    澤村「ドンマイ、旭!」

    西谷「旭さんすんません!次は取ります!」



    旭の肩を叩くチームメイトたちに向けて、言葉を投げかける。



    菅原「旭!いっぽーん!」



    その声にこちらを振り向いた旭が、にかっと微笑む。

    よかった、大丈夫そうだ。



  4. 4 : : 2014/08/01(金) 23:41:33




    旭は強くなった。

    もう3月の試合の時のように、そう簡単に折れたりはしないだろう。

    大地も、西谷も、田中も…みんなあの時とは違う。

    そして何より日向、影山の存在だ。

    2人は俺らが想像していた以上の成長を遂げ、今や烏野の攻撃の要だ。



    今の烏野は、昔とは違うぞ。

    離れたネット越しに相手の様子を伺う。



    そうだ。

    今の烏野は、昔と違う。












    『今の烏野のコートには、俺がいない。』





    自分の言葉に、俺の中の『自分』がはっとした。



  5. 5 : : 2014/08/01(金) 23:45:57
    期待です…!
  6. 6 : : 2014/08/02(土) 00:21:02




    旭も、

    大地も、

    西谷も田中も、

    みんな3月より強くなって、コートに立っている。



    けど、俺は?

    後輩にポジションを取られ、今年未だに公式戦に出ることすら出来ていない。

    俺以外のみんなは昔より強く成長しているのに、俺はさらに昔に逆戻りだ。

    …情けない。



    ゴールデンウィークの合宿の時、烏養監督に『次に進む切符が取れるのが俺より影山なら、迷わずに影山を選ぶべきだ』と言ったことを思い出した。

    今もその気持ちに変わりはない。

    けれど…

    ウォーミングアップエリアの白い枠に目線を落とす。





    俺も試合に出たい

    あの緊迫した空気を感じたい

    スパイカーにトスを上げたい

    みんなと試合をしたい

    1試合でも多く

    1プレーでも多く…




    『次に進む切符』が取れるのが俺より影山だということは、自分でもよくわかっていた。

    それが、余計に悔しかった。



  7. 7 : : 2014/08/03(日) 18:45:57





    日向「トス持ってこ〜〜い!!」




    ボールが割れるのではないかと思うような鋭い音と共に、日向の打ったスパイクが伊達工のコートに落ちる。

    あのスパイクを生む速く正確なトスが上げられるのは、影山だけだ。

    悔しい気持ちをぐっと堪えて、日向と影山にエールを送る。




    俺がいなくても

    いや

    俺がいない方が

    烏野は強いんだ。






    ピピー!という空気を切り裂くような笛の音が、広い体育館に響く。

    スコアは25-22。

    3月にストレート負けした伊達工業に、今度はストレート勝ち。

    嬉しかった。

    次に進む切符が、また手に入ったのだから。




    でも、




  8. 8 : : 2014/08/03(日) 23:02:06




    菅原「…もちろん、自分のトスで勝てたら良かったと思うよ。」



    会話の端につい漏れた一言が、試合を終えて隣を歩いていた大地の耳に入り、彼は少し困ったように視線を宙に泳がせた。

    し、しまった!

    こんなこと、言うつもりじゃなかったのに。



    菅原「わ、悪い!いまのはここだけの話で…」



    やっと勝ったところなのに、水を差すようなことを言ってしまった自分を戒める。

    けれど大地の口から出た言葉は、予想をしていなかったものだった。




    澤村「いや、良かった。」

    菅原「え?」

    澤村「お前がまだ戦うつもりで居て、良かった。」

    菅原「!」

    澤村「明日も試合だ、勝ち残るぞ。」

    菅原「…おお。」




    そうだ。

    明日も、試合があるんだ。

    ここで諦めて、へこたれてどうする。




    そう自分に発破をかけて、大地に遅れまいと歩く速度を上げる。



  9. 9 : : 2014/08/05(火) 11:17:30




    「「きゃあ〜〜〜!!」」




    突如上がった黄色い歓声に、俺と大地は驚いて前につんのめりそうになった。

    その声がした方向にある隣のコートに目をやると、県内屈指の強豪校、青葉城西の及川のサーブの順番が回ってきたようだった。

    既に2セット目のスコアは、青城が相手校に大差をつけてリードしている。

    そのまま危なげなく点を稼ぎ、青葉城西はあっさりと勝利した。



    日向「やっぱ大王様すっげぇ〜!早く試合したいなあ!」

    西谷「俺も!及川サーブ俺のとこ狙ってくれねえかな、取りてえ!!」

    澤村「2人とも頼もしいな…けど、青城は強敵だ。気ィ引き締めていけよ。」

    2人「「おす!!」」




    …今日より、さらに強い相手と戦う。

    そんな明日の試合に、俺の出る幕はあるのだろうか。

    また今日みたいに、狭い白い枠の中からコートを眺めることしかできないのではないだろうか。



    これから先、俺は烏野のコートに立てるのだろうか。



    一時は前を向いた視線は、また足元を見つめていた。

    及川を労う女子たちの声が、何時もにも増して耳障りだった。



  10. 10 : : 2014/08/05(火) 23:11:53




    烏養「よーし、明日に備えて今日はしっかり疲れをとって、早く休めよ。」

    全員「「おす!」」

    烏養「じゃあ解散!」

    澤村「お疲れっしたー!」

    全員「「したー!!」」




    学校に戻ってミーティングと今日の反省を兼ねた軽い練習をすると、その日はすぐに解散になった。

    影山と日向が競い合うようにコートにモップをかける様子を見ながら、ほとんど量の減っていない水筒に口をつける。




    澤村「スガ、肉まん食って帰ろうぜ。」

    菅原「あ、悪い。今日はやめておくよ。」

    東峰「スガが断るなんて、珍しいな。」

    菅原「少しやることがあってさ。」

    澤村「そうか、じゃあまた明日な。」

    菅原「おう。」




    大地と旭がひらひらと手を振って体育館を後にする。

    田中と西谷たち2年生も、挨拶をして部室へと向かった。




    菅原「あ、ネットは俺が片付けるから、張ったままでいいよ。」



    そう山口に声を掛けると彼は一瞬変な顔をしたが、はい、とだけ言って月島の後を追いかけて行った。

    いつまでもグズグズ体育館にいた日向と影山を追い立てると、ただっぴろい体育館には俺1人だけになった。



  11. 11 : : 2014/08/09(土) 21:22:21




    用具室からボールをひとつ取り出し、手でくるくると回す。

    床に落として感触を確かめると、ダン、という心地いい音が館内いっぱいに反響した。





    ネットの前真ん中のセッターの位置で、1人トスを上げる。

    繰り返し

    何度も

    何度も。




    この体育館で、何回トスを上げただろう。

    その数は間違いなく影山よりも多いのに、どうして実力はそれに比例しないんだろう。

    そんなことを考えたって仕方がないのは、百も承知だ。

    けど、試合に出たいという気持ちを抑えつけることは出来ない。



    強いものだけがコートに入れる。

    それは当たり前のこと。

    頭ではよくよく分かっていても、心が駄々をこねる。



  12. 12 : : 2014/08/12(火) 09:35:10




    菅原「くそ…」




    視界がぼやけ、トスを上げたボールが見えにくくなる。

    それでも上を見上げ、何回も何回もボールを宙に上げ続けた。

    影山に追いつけるように

    影山を追い越せるように




    『圧倒的な実力の影山に隠れて、安心してた。』

    町内会チームの人たちと対戦した時、俺はみんなにそう言った。

    けど安心すると同時に、誰もがその才能を認める影山を、羨ましくも思っていたんだ。

    俺が3年間このチームでやってきた経験をも一瞬で越えて行くような技術は、まさに天才の名に相応しい。

    それでも影山は、日々の鍛錬を怠らない。

    …俺は、きっと影山には追いつけない。




    瞬きを一つすると、頬を雫がつうっと伝った。

    それでもトスを上げる手は降ろさない。

    小さく漏れた嗚咽が、キュ、という靴音に掻き消される。

    俺は今日の試合でボールに触れなかった分を取り返すように、ただただトスを上げ続けた。




    コントロールが乱れ、真上に上げ続けていたボールがレフトに飛ぶ。

    けど、拾いに行く気力は残っていなかった。

    …俺はきっとこのまま、もう試合に出られずに現役を終えるんだ。

    ボールがコートに落ちるのを待ちながら、そう諦めかけていた時だった。


  13. 13 : : 2015/09/07(月) 10:50:35
    めちゃくちゃ期待です!
  14. 14 : : 2016/12/29(木) 16:45:10
    ―4月―。

    桜の花びらが舞い散る空の下。

    暖かな風が柔らかく、優しく心を撫でていく季節。

    そんなある日、俺のもとに一通の手紙が届いた。

    淡い空の色の封筒に、きれいな字で『烏野のみんなへ』と書かれている。

    封を切って中を見る。

    真っ白な便せんが一枚だけ入っていた。

               ―元気ですか?-

▲一番上へ

名前
#

名前は最大20文字までで、記号は([]_+-)が使えます。また、トリップを使用することができます。詳しくはガイドをご確認ください。
トリップを付けておくと、あなたの書き込みのみ表示などのオプションが有効になります。
執筆者の方は、偽防止のためにトリップを付けておくことを強くおすすめします。

本文

2000文字以内で投稿できます。

0

投稿時に確認ウィンドウを表示する

著者情報
deepsubmerge

深海みちる

@deepsubmerge

「ハイキュー!!」カテゴリの人気記事
「ハイキュー!!」カテゴリの最新記事
「ハイキュー!!」SSの交流広場
ハイキュー!! 交流広場