ssnote

x

新規登録する

作品にスターを付けるにはユーザー登録が必要です! 今ならすぐに登録可能!

この作品は執筆を終了しています。

アスカ「バカシンジに告られた」シンジ「モテキだから女で遊ぼう笑笑」

    • Good
    • 0

loupe をクリックすると、その人の書き込みとそれに関連した書き込みだけが表示されます。

▼一番下へ

表示を元に戻す

  1. 1 : : 2014/07/30(水) 22:23:15
    キョウコ「アスカにぃ、デート権ですっ!!!!」

    アスカ「い、いらないわ」

    ミサト「まぁた!いってらよ!仲良くね!あー見えても、ナイーヴでしょ!?」

    アスカ「エコヒイキにぶん殴られるわ!」

    ミサト「へーき!」

    キョウコ「ユイさんにも許可とったわよ?」

    アスカ「そーゆー事じゃないわ。。。。。」
  2. 2 : : 2014/07/30(水) 22:42:36
    カヲル「何か悩み事かい?」

    シンジ「カヲルくん。」

    シンジ「綾波が、デートに誘ってくれたんだけど。」

    カヲル「嫌なのかい?」

    シンジ「え、嬉しい!けど。。。。。」

    カヲル「?」

    シンジ「同じ日にアスカにも誘われた。から。。。。。」

    カヲル「!!!!モテるね!シンジくん。」

    シンジ「カヲルくん程じゃないよ」

    カヲル「難しいね。。。。。」

    シンジ「うん?」

    シンジ「あ。ダブルデートにしよっ。
    カヲルくん、アスカの相手よろ?」
  3. 3 : : 2014/07/30(水) 22:48:18
    カヲル「何か悩み事かい?」

    シンジ「カヲルくん。」

    シンジ「綾波が、デートに誘ってくれたんだけど。」

    カヲル「嫌なのかい?」

    シンジ「え、嬉しい!けど。。。。。」

    カヲル「?」

    シンジ「同じ日にアスカにも誘われた。から。。。。。」

    カヲル「!!!!モテるね!シンジくん。」

    シンジ「カヲルくん程じゃないよ」

    カヲル「難しいね。。。。。」

    シンジ「うん?」

    シンジ「あ。ダブルデートにしよっ。

  4. 4 : : 2014/07/30(水) 22:52:56
    リツコ「てことで、キョウコ博士の娘アスカがデートします。」

    ミサト「おーよ!マギで確認しながら、デートを見守るわ!」

    マヤ「そんなんにマギを。。。。。」

    ゲンドウ「マヤ、給料カット」

    リツコ「はい」

    マヤ「え」



  5. 5 : : 2014/07/31(木) 15:57:19
    アスカ「あのさ、し、シンジどこ行く?」

    シンジ「あ、綾波にも誘われたんだけど。。。。。」

    アスカ「」

    ネルフ

    リツコ「マヤ!!!!」

    マヤ「はい?」

    リツコ「綾波レイは風邪よ!!」

    マヤ「はい!!」

    マヤ「シンジくんに送信!!」

    マコト「赤木リツコさん、大変です。」

    リツコ「何!?」

    マコト「パターン青!!!!」

    マヤ「loveですっ!!!!」

    リツコ「なんですって」

    学校

    シンジ「あ、アスカ??」

    手を握る

    アスカ「黙って!!」

    シンジ「。。。。。」

    アスカ「え、エコヒイキじゃなきゃ、駄目。。。。。?」

    シンジ「。。。。。!!」

    シンジ「そんなこと、ない。。。。。、良いかも。。。。。」

    アスカ「シンジ。。。。。!!」

    シンジ「あ?」

    ぶぶ。。。。。

    シンジ「綾波風邪で行けないって!」

    アスカ「それで、いいの。。。。。?エコヒイキじゃくて。。。。。」

    シンジ「アスカが、いいんだ。。。。。!!」

    アスカ「そんな、あ、ありがとう、シンジ。。。。。」

    シンジ「アスカも、ありがとう。」

    レイ「碇くん。駄目。。。。。」

    シンジ「あ、綾波?!」

    レイ「わたしと、行きましょう?」

    レイ「碇くんのしたいこと、してあげるわ」

    シンジ「したいこと?!」

    アスカ「エコヒイキ!!!!」

    アスカ「シンジは、わたさない!」

    レイ「わたしもわたさないわ。本当の綾波レイを、見つけてくれたの」

    シンジ「あ、綾波。。。。。」

    アスカ「シンジ!!あたしが、いいでしょ」

    レイ「碇くん。。。。。」

    シンジ「え。」

    シンジ(なんだ、この女?!あ。でも、綾波は言うことききそうだし。でも、ばかだし。)

    シンジ(アスカは新鮮ピュアだし。でも、面倒だし。)

    シンジ「考えさせて。。。。。」


  6. 6 : : 2014/07/31(木) 19:35:11
    シンジ「僕はアスカが、好きで告ったんだ!」

    シンジ「浮気なんて。。。。。」

    シンジ「綾波が、僕にデート誘ってくれると思わなくて。。。。。」

    カヲル「きみは、セカンドが、好き。それで、いいじゃないか。」

    シンジ「だって。」

    シンジ「僕。。。。。、ほらきさんから、綾波が僕に告るって聞いて。。。。。」

    カヲル「修羅場。」
  7. 7 : : 2014/07/31(木) 22:10:53
    シンジ(僕。。。。。モテるな笑笑)

    シンジ(いっそ、遊ばれて貰おうかな!アスカとか、あそびがいありそうだし?)

    シンジ(綾波にはエロスなうしてさ笑笑)

    シンジ(はは)

    シンジ(クソ親父と違ってオレ、モテるし!)

    シンジ(モテる奴の特権笑笑)

    シンジ(明日から、はじめよう笑笑)

    シンジ(綾波にもアスカには、ヒミツで、って言って、告る。)

    シンジ(綾波が、本当に、好きな人だから、とか言ってさ笑笑)

    シンジは、悪に染まっていった。
  8. 8 : : 2014/07/31(木) 22:25:58
    アスカ(シンジが。あたしを好き。。。。。)

    アスカ(あたしとシンジは恋人。。。。。!!)

    アスカ(学校でもloveloveできる!シンジと両思い。。。。。!!)

    アスカ(エコヒイキに、勝ったwあいつには、シンジは告ってない。。。。。)

    アスカ(あたしはシンジにとって、エコヒイキより上。。。。。!!)

    アスカ(エコヒイキが、今日シンジに何か一杯いったけど、大丈夫)

    アスカ(シンジはあたしに告ってきたもの!リツコさん、ミサト、ママ、マギで、見守るって言ってたわ!)

    アスカ(頑張るのよ、アスカ!!!!)

  9. 9 : : 2014/08/01(金) 18:39:09
    アスカ「シンジ!!」

    シンジ「綾波は、断ったよ。ぼ。。。。。。」

    シンジ「僕の彼女だから。。。。。」

    アスカ「し、シンジぃ」

    シンジ(はい、きました!!ピュアアスカ!!)

    シンジ(遊んでやるぜ!!)

    シンジ「どこ行く?」

    シンジ「あっ、映画かな?」

    アスカ「見たいのあるのよね!!ほらっ、感動するやつ。」

    シンジ「あ、いいね」

    カヲル「シンジくんが、心配だから、きてしまった。。。。。」

    カヲル「大丈夫かな、シンジくん。。。。。、アスカさんとはなかいいみたいだけど。。。。。」

    レイ「。。。。。ストーカー?」

    カヲル「」

    レイ「わたしは、碇くんと、セカンドのデートを壊すように、言われている」

    カヲル「だれからだい?」

    レイ「ゼーレ。。。。。」

    カヲル「!!?ゼーレが何故君に!!?」

    レイ「あなたが、役に立たないから。。。。。」

    カヲル「はい、そーですか」

    カヲル「もう、いいよ。。。。。」

    レイ「わたしも気が変わったわ。わたしもストーカーするわ。」

    カヲル「」

    カヲル「尾行にしてくれ」
  10. 10 : : 2014/08/02(土) 11:00:19
    アスカ「これ、みたいの。。。。。」

    恋げりおん

    シンジ「。。。。。」

    シンジ「僕。。。。。?も、?女ものだけど。」
  11. 11 : : 2014/08/02(土) 13:14:47
    アスカ「はぁ?」

    シンジ「」

    アスカ「付き合え、ばか!」

    シンジ「」

    アスカ「何でもいんでしょ?」 

    シンジ「そんなこと、いってねえ!!!!」ばんっ

    アスカ「!!!!」

    アスカ「し、シンジ?!」

    ぱしっ

    アスカ「いたっ!!!!」

    シンジ「黙ってれば、えらそうに!!ちょっと遊んでやっただけなのによう!!」

    アスカ「ひっ!?」

    シンジ「だいたい、キモイんだよ!!!!なんだよ、ピュアと思ってれば、いきなりうるせぇし!!!!」




  12. 12 : : 2014/08/02(土) 13:21:48
    シンジ「オレは最初から、アスカで遊んでたの!!!!」

    アスカ「!!!!」

    シンジ「アスカが、好きなわけねーだろ。。。。。」

    シンジ「オレは、綾波が、好きなの!!」

    アスカ「やっぱり。。。。。」

    シンジ「オレ、モテキだからさ。遊んでやっただけ!!」

    アスカ「。。。。。ごめんなさい」

    たっ

    シンジ「はっ!!」

    カヲル「シンジくん。。。。。やり過ぎだよ」

    レイ「あれは、酷いわ…。」

    カヲル「誤ろう?」

    シンジ「無理。」

    シンジ「ほんとうに遊んでやっただけ」

    シンジ「アスカもいい夢みれただろ?」

    カヲル「おかしいよ。。。。。」

    レイ「酷いわ…。最低よ。。。。。」

  13. 13 : : 2014/08/03(日) 09:15:50
    シンジ「ひどいよ。。。。」

    カヲル「え?」

    シンジ「カヲルくんも、僕のこと、最低とおもうの?」

    カヲル「」

    シンジ「…………ごめん。」

    シンジ「アスカにあやまってくるよ。」

    カヲル「シンジくん……!」

    ーアスカ宅ー

    アスカ「し、、シンジ…?」

    シンジ「アスカ、、ごめん。」

    アスカ「ううん、………ばか。許さないんだから!」

    シンジ「ほんと、ごめん。」

    アスカ「」

    アスカ「許さないんだから!」

    シンジ(うるせぇ女。謝ってんだから、いーだろ、ばか女!!!)

    シンジ(くそっ!こんな、きもい声……声優つける意味だろ。声優する宮村優子さんが、可哀想じゃねぇか)

    アスカ「嘘よ。私…、まだ、シンジがすき。でも、あえて、離れるわ。」

    シンジ「うん。」


    ーネルフー

    カヲル「やはり、君はそうして誤るとおもっていたよ」

    シンジ「う、うん、ありがとう、カヲルくん。」

    レイ「碇くん、好き。」

    カヲル(なんだ、こいつ。空気よめないのか?さすがは、綾波レイ。)

    レイ「駄目かしら?」

    シンジ「え……アスカに、悪いよ。」

    シンジ(きたー笑笑!!!!)

    シンジ(おれ、モテキですから。少しくらい、女であそんで、いいですよね?)

    シンジ「でも、僕も綾波が好きだったんだ。」

    カヲル(えええええ!!!!??)

    レイ「碇くん。」

    抱き合う

    カヲル(ちょつ、、?展開早すぎですから!!さすがは、
    リリンの王の息子だ。)

    こうして
    碇シンジはアスカに懲りず、綾波レイに移り変わり、女遊びをたのしんだのだ。

    カヲル「僕も、女で遊ぼうかな……。」
  14. 14 : : 2014/08/03(日) 15:05:36
    カヲル「僕と、えっちなこと、しませんか?」

    マヤ「」

    カヲル「駄目……ですよね。はい、それが、普通ですから、、、、、。マヤさんは汚れがなく、羨ましいです。」

    マヤ「う゛あ゛!!」

    カヲル「そこまで、引かれると……傷つきます。」

    マヤ「あの、なにかあったんですか?」

    カヲル「えっちなことしませんか?」

    マヤ「」

    カヲル「はい、嘘です。ごめんなさい!」

    マヤ「ははははは………。」

    渚カヲルは孤独寸前であった。

  15. 15 : : 2014/08/03(日) 15:16:12
    カヲル「赤木博士?」

    リツコ「なにかしら」

    カヲル「えっちなことしませんか?」

    リツコ「」

    リツコ(ちょうど……碇司令に捨てられては…傷ついてたのよね、あそんで、もらおうかしら)

    リツコ「いいわよ。少しよ、最後の使者!」

    カヲル「はい!?」

    カヲル「嘘ですよ!!僕はマヤさんの清きさを見習おうと、誰が不潔で清潔かみているんです。」

    カヲル「赤木博士、あなたは不潔ゾーンにはいりました。」

    リツコ「」

    ー綾波レイー

    レイ「なに」

    カヲル「僕とつきあわないかい?」

    レイ「あ゛?」

    カヲル「?」

    レイ「わたしには碇くんがいるのよ。あなたみたな、ナルシスト嫌よ!!!消え失せろ!!!!!!!!!」

    ばきいっ

    カヲル「軽く……殴ってほしかったよ。ああ……、僕、明日ご臨終だなぁ……、すみません、ゼーレの皆様…。」

    レイ「」

    レイ(やりすぎた?でも、あなたが悪いし、いいわよね?これが、現実って教えてやったのよ。)

    カヲル「う゛う゛う゛。。。。。。。。。。痛い。」

    多量出血

    カヲル「ああ、第一使徒アダム様。。。。。」

    レイ(ついに壊れた。)

  16. 16 : : 2014/08/03(日) 19:03:30
    カヲル「僕と、えっちなことしませんか?」

    ミサト「え?」

    ミサト「あー、渚くん?どうさなたか?」

    カヲル(この女は言語不自由か?)

    カヲル「駄目ですよねー」

    ミサト「当たり前でしょう。中2のこが!わたしは29のおばさんよ。」

    カヲル「それもそうですね」

    ミサト「」

    カヲル「はは。最初から誰でもよかったので。」

    ミサト「はははははは。そうよね」

    ミサト(こいつ。。。。)
  17. 17 : : 2014/08/04(月) 12:27:45
    生徒「ねぇ、ほんとに綾波さんと碇くん付き合い始めたんだー」

    生徒「ねぇー。でもまだ、渚くん残ってるしー、わたしは良いかなー。」

    マリ「ほほぉー、姫は駄目だったみたいだにゃー」

    生徒「姫?」

    ヒカリ「アスカのことー、だよね?」

    マリ「だにゃー」

    アスカ「」

    ヒカリ「ああああああ、アスカ!!!!???」

    アスカ「なによ」

    マリ「ざーんねんだにゃー」

    アスカ「うるさいわね。。べつに、かなしくなんてなっ。。。。。。う゛っ。。。。。ひっく」

    ヒカリ「アスヵ。。…!!」

    マリ「わんこくん、一回懲らしめてやるかにゃ」

  18. 18 : : 2014/08/09(土) 08:24:19
    シンジ「綾波。。。。。。おはよう」

    レイ「おはよう、し、シンジ。。。。。。」

    シンジ「へ?!」

    生徒「わぉ!♪」

    生徒「バカップル!!?」

    生徒「けっこー良い雰囲気!!」

    マリ「」

    マリ「ッチッ、あのバカ」

    シンジ「じゃあ、僕移動だから行くね。」

    レイ「わたしもよ」

    シンジ「あ、そっか……。」

    シンジ「でも僕カヲルくんと約束してて、ちょつと。。。。。。また後でね。」

    廊下

    ぐいっ

    シンジ「!!!???」

    胸ぐらつかまれる

    マリ「ちょーっと、わんこくん、調子乗りすぎだにゃ?」

    シンジ「!?」

    マリ「女を泣かせるなんてロクな奴じゃないにゃ」

    シンジ「ほっとけよ」

    マリ「ッチッ」
  19. 19 : : 2014/08/10(日) 17:02:50
    シンジ「ははっ」

    シンジ「そーですよ!!ロクなやつじゃないです。。。。。マリさんの、言うとおりなんです。。」

    マリ「わ、わんこくん??」

    シンジ「こんなんだから、父さんにも捨てられて、母さんも死んじゃって。。。。僕は。。」

    マリ(たいへんな、家庭事情?!)

    シンジ「どうしたら、父さんにも、みんなにも、好かれるんだろう。。」

    シンジ「僕は。。、みんなと仲良くしたいのに。誤解されちゃって。。駄目だなぁ、僕って。。」

    マリ「そんなことないにゃ!!!わんこくん頑張ってるにゃ!責めちゃ駄目だにゃ!!」

    シンジ「マリさん。。!!!」

    マリ「わたしも。。誤解してたにゃ。姫がひたすらわんこくんを悪く言ってるだけだにゃ。」

    シンジ「わかってくれますか?」

    マリ「もちのろんだにゃ、、!!」
  20. 20 : : 2014/08/10(日) 17:07:44
    シンジ(はい、きました!!同情してくれてる!)

    シンジ(この女もどーってことねーや)

    シンジ(きたね!!)

    シンジ(碇シンジ可哀想同情project!!!)

    シンジ(やっぱり、おれ、モテキだわwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww)

    マリ「姫なんか、同情してほしくて、悪く言ってるだけだにゃ!!ははっ!!」

    シンジ「マリさん、ありがとうございます!!!!!!」

    マリ「じゃーね」

    シンジ「はい」

    シンジ(綾波レイ、アスカ、マリ、ぜーいん、おれの女wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww)

  21. 21 : : 2014/08/27(水) 19:59:50
    コメントが
    ない。。。。。(泣)
  22. 22 : : 2014/08/28(木) 14:49:20
    期待
  23. 23 : : 2014/08/28(木) 14:49:52
    面白いwwwwwwwwwwwww
  24. 24 : : 2014/08/28(木) 18:24:24
    コメントありがとうございます。
    ななしさん!!
    初めてコメントうれしいです
  25. 25 : : 2014/08/28(木) 18:30:41
    シンジ「そろそろオレの女どもにあきたな。」

    シンジ「おもしろくしてぇな。」

    シンジ「調子のっちゃう?!モテキだもんな、オレ笑笑」

    リツコ「シンジくん。ちょっといいかしら?」

    シンジ「はい?なんでしょうか、リツコさん」

    シンジ(胸でかい)

    シンジ(きたわー!!胸、さいこぉ)

    リツコ「これね、見てくれる?」

    シンジ「手紙、ですね?」

    リツコ「ええ、フィフスから、よ」

    シンジ「ありがとうございます。リツコさん」

    リツコ「それじゃ」

    シンジ「なんだろう、手紙?カヲルくんから。。。。。」

    親愛なるシンジくん。
    僕は君を亜衣してあるよ

    シンジ「カヲルくんて、日本語知らないのかな。やっぱ、使徒だな」

    シンジ「亜衣してあるよって、なに」

    シンジ「きもい」

    シンジ「でも、こいつで遊ぶかな笑笑」

    シンジ「ふっ。」

    シンジ(モテキです。はい、羨ましいでしょう?)

  26. 26 : : 2014/08/28(木) 18:39:28
    カヲル「君から僕の家に来てくれるなんて。感動だよ、紳士くん。」

    シンジ(名前違う。。。。。)

    カヲル「どうしたんたい?僕2用って!?」

    シンジ(大丈夫か、こいつ。日本語。。。。。)

    カヲル「え!?なんたまい!?」

    シンジ「」

    シンジ「旅行行かない?みんなで!」

    カヲル「亜衣の逃避行かい!?」

    シンジ「」

    シンジ「アスカもマリも綾波も!ミサトさんリツコさん!」

    カヲル「二人じゃないのは、恥ずかしいからかい?」

    シンジ「ん、うん」

    シンジ(んなわけ、ねぇだろ。日本語もろくに出来ねぇ奴と)

    シンジ「恥ずかしい?ああ、たしかに。一緒にいて恥ずかしいよ)

    カヲル「セカンドもか。楽しみだね」

    シンジ「アスカのこと、好きなの?」

    シンジ「あの?」

    カヲル「いや、色々恨みがね。」

    シンジ「恨み?カヲルくんでもあるの?大変だね。。。。。」

    カヲル「あいつはシンジくんと一緒に住んでいる。てことは、パンツや下着も見ていると言うこと。最悪だ。」

    シンジ(お前が考えてることが最悪だよ。)

    シンジ「見てないよ。アスカだもんね」

    カヲル「そうかい。」

    シンジ「うん」

    シンジ「また、旅行の日ね」
  27. 27 : : 2014/08/28(木) 18:43:15
    完全なキャラ崩壊だwwwwwwww
  28. 28 : : 2014/08/28(木) 18:44:00
    アスカ「シンジ!遅いわよ」

    シンジ「アスカが自分の荷物僕に持たすからだろ」

    アスカ「ごめん。。。。。。嫌いに、ならないで」

    シンジ「ならないよ、そんな事で」にこっ

    アスカ「//// 」

    シンジ(ピュアアスカもそろそろうざいしな)

    レイ「碇くん。おはよお。」

    シンジ(!?)

    シンジ「どうしたの?」

    レイ「精一杯甘えたの」

    シンジ「か、可愛いね、服。。。。。」

    レイ「ありがとう」

    シンジ「綾波って、ロリータだったのか!!)がーん

    シンジ「似合わなすぎるだろ!!)

    マリ「わんこくーん」

    シンジ「マリさん!こんにちは」

    マリ「ふふ」

    シンジ(バレバレ上目使い)
  29. 29 : : 2014/08/28(木) 21:32:11
    カヲル「シンジくん!!あえて嬉しいよ!!」

    シンジ「う、うん」

    カヲル「今日のパンツは何色だい?」

    シンジ「」

    シンジ「わすれちゃつたよ」

    シンジ(おまえの変な質問のせいで、かんじゃったよ!)

    カヲル「そうかい。温泉でわかるね、シンジくん」

    シンジ「うん」

    シンジ「。。。。。あはは」

    シンジ(きもい。吐きそう。)

    アスカ「んの、ナルシスホモ!!シンジはわたしのものよ」

    アスカ「分かった!?」

    シンジ「なった覚えありません。」

    アスカ「ごめん。。。。」

    アスカ「調子のったわ」

    シンジ「いや、大丈夫」

    レイ「碇くん。はやく。」

    シンジ「うん」

    レイ「あんたのために言ったんじゃないからね!!」

    シンジ「!?」

    カヲル「」

    アスカ「」

    ミサト「れ、レイどうしたの?」

    レイ「ツンデレです」

    シンジ「そ、そっかぁ。。。。。」

    シンジ(オレの、女頭わいてるぞ!!)

    カヲル「わぉだよ。きもすぎて」

    シンジ(おまえもな)

    ななしさんコメントありがとうございます。
    頑張りますね!!

  30. 30 : : 2014/08/29(金) 12:23:59
    シンジ「最初はさ、ここいこうよ!」

    レイ「富士9?」

    カヲル「たのしそうだね!富士急なんて!!」

    シンジ「富士Qだよ、カヲルくん」

    アスカ「いいじゃない。楽しそうよ。シンジの、おびえた顔が浮かぶわねー!!」

    ミサト「おおう。リツコも乗る?ジェットコースター!!」

    リツコ「しないわ。時間の無駄ね」

    ミサト「またまたぁ。怖いのかぁ?」

    リツコ「そそそそんなこと、ないわね!!」

    シンジ「やりましょうよ、リツコさん」

    リツコ(この純真無垢な碇司令官の息子!可愛いわね)

    シンジ「リツコさんー!」

    リツコ「そうね」

  31. 31 : : 2014/08/29(金) 12:27:24
    カヲル(ふふ)

    カヲル(僕の可愛い親愛なるシンジくん。)

    カヲル(亜衣してあるよ)

    カヲル(だか、ぎみは、セカンドやファストの事がすき。)

    カヲル(つき合っている。)

    カヲル(そんなの、司会文書には描かれていない)

    カヲル(。。。。。僕、日本語。。。。。頑張ろかなぁ。)

    カヲル(帰国子女2なぅているよ)

    つくづく、馬鹿であった。
  32. 32 : : 2014/08/29(金) 12:35:27
    アスカ(シンジは、あたしが嫌い?好き?でも、別れたわ。)

    アスカ(距離を、おいたもの)

    アスカ(どうしよう。少し、気まずいわね)

    アスカ(ファーストはどう思ってるのかしら。)

    アスカ(バカシンジのと!)

    シンジ「アスカ?どうしたの?」

    レイ「?」

    アスカ「なんでも、ないわよ」

    カヲル「ふふ」

    カヲル「シンジくんのこと、考えてるのかい?ふふ」

    カヲル「だが、残念だ。シンジくんのきすもばたかも僕はみている」

    シンジ「ばたか?。。。。。ああ、裸。?」

    アスカ「日本語出来なすぎよ、あんた。」

    カヲル「ふふ。、ぼくはシンジくんかすきだ。」

    カヲル「そうして、いつも、パンツの色をみすいろで」

    アスカ「みすいろで?水色でしょ」

    カヲル「はは。ごめんよ。レディー、!」

    カヲル「まあまあ。今日は金曜ロードショー、エヴァンゲリオンだから。許してくれ」

    アスカ「関係無さ過ぎよ」

    シンジ「みんな、ケンカはやめてよ。父さんのこと、思い出すから。。。。。。」

    マリ「!」

    マリ「そうだにゃ!くずが!!わんこくーんのまえで言うことないにゃあ!」

    シンジ(おれの女一人はかわいそうな、家庭事情に、よわい!)

    シンジ(はは。もっと、遊んでやる)
  33. 33 : : 2014/08/29(金) 12:35:59
    たれか。


    読んだらコメントください。
    励ましになります、。
  34. 34 : : 2014/08/29(金) 15:15:08
    期待がんばー
  35. 35 : : 2014/08/29(金) 15:49:00
    レイさん
    ありがとうございます。

    嬉しいです。
    これからもよろしくお願いします!!

    (*゚▽゚)ノ
  36. 36 : : 2014/08/29(金) 19:06:21
    カヲル「こうして、コメントがいっぱいあるわけだ。すこし、調子に乗ろうじやないか!!」

    シンジ「」

    アスカ「よし、3つ部屋があるわ。シンジとナルシスホモ、あたしと、マリ、レイ。ミサトとリツコね」

    リツコ「なんですって!?」

    ミサト「?不満でも?」

    リツコ「あったりまえでしょう!?」

    リツコ「こんな、寝相の悪い奴と!!」

    ミサト「」

  37. 37 : : 2014/08/30(土) 00:49:06
    頑張れ頑張れ( *`ω´)
  38. 38 : : 2014/08/30(土) 09:06:06
    見てるよ✨頑張ってね✨
  39. 39 : : 2014/08/30(土) 09:06:27
    見てるよ✨頑張ってね✨
  40. 40 : : 2014/08/30(土) 21:07:48
    ガンバレーいつも見ているよー
  41. 41 : : 2014/08/31(日) 19:10:28
    みなさん、ありがとうございます。
    期待に答えられるように頑張りますね!!

    本当にありがとうございます。
  42. 42 : : 2014/08/31(日) 19:19:16
    レイ「フィフスとわたしの碇くんが、一緒なのは。。。。。危険だわ」

    アスカ「ねぇ、今わたしの、って言ったの?」

    レイ「勿論よ。碇くん。私が好きなのよね?」

    シンジ「え?う、うん。」

    アスカ「」

    カヲル「さぁさぁ!!旅館2以降じゃ内科?」

    シンジ(どうして、カヲルくんて、馬鹿なんだろう?日本語出来れば完璧なのに)

    シンジ(ふっ、おれはモテキだから。)

    アスカ「?なに笑ってんのよ?キモチワルイ」

    シンジ(こいつもいちいちうぜぇな)

    シンジ(しめるか)

    シンジ「マリ、アスカどうにかしてくれる?僕何もしてないんだけど。。。。。」

    マリ「おげ!まかしとき!」

    アスカ「なに話してんの?こしょこしょとさあ。あ、浮気?ファーストも本命じゃない?あははっ」

    シンジ「」

    マリ「姫、いくらわんこくーんにかまってもらえないからって、止めなよ。」

    マリ「ミジメ」

    アスカ「!!!」

    アスカ「」ちっ!

  43. 43 : : 2014/08/31(日) 19:27:40
    ー旅館にてー

    シンジ「富士急楽しかったね!!」

    アスカ「ええ、そうね」

    レイ「貴女妙に大人しいわ」

    アスカ「ふ、ふんっ」

    カヲル「ふふ。心身くん!お風呂入ら内科?」

    シンジ「し、シンジだよ。カヲルくん。」

    アスカ「なっ!お風呂ですって!?富士急であんなにイチャイチャしたのにまだする気なの!?」

    カヲル「ふふふふふふふ」

    マリ「わんこくん、一緒、。。。。。部屋一緒にしない?」

    シンジ「はい?」

    アスカ「は?」

    シンジ「つまりは、僕とマリさん?」

    マリ「おーよ!」

    シンジ「」

    ミサト「それは、問題だから!」

    リツコ「性的欲望にやられるわ、子ども産まれるわよ」

    レイ「話、進みすぎですよ、赤木博士」

    ミサト「子どもは、碇司令官の許可ないとね」

    シンジ(そーゆー問題じゃねぇだろ、三十路!!?)

    シンジ(阿呆か!)

  44. 44 : : 2014/08/31(日) 21:04:25
    これからもみなさんの
    コメントを励ましに頑張りますね!!

    カヲル「心身くん。」

    シンジ「なに、カヲルくん。」

    カヲル「こじかだよ。ほら、窓のあそこ。」

    シンジ「ぶっ!」

    シンジ「小児科だよ。。。。。カヲルくん。」
  45. 45 : : 2014/09/01(月) 12:21:57
    いつも見ています頑張ってください
  46. 46 : : 2014/09/01(月) 18:30:06
    >>名無しさんありがとうございます。
    頑張りますね!!

    アスカ「ぶっ!小児科?こじかって読んだの?あんた、ばかぁ?」

    カヲル「そんなに、笑わなくても。傷つくよ、さすがの僕でも」

    シンジ「そうだよ、アスカ」

    シンジ(もっと言ってやれ、このクズに)

    レイ「wwwwwwwwwwwww」
  47. 47 : : 2014/09/02(火) 18:13:24
    レイ「部屋割り。私とセカンド、フォース。葛城三佐、赤木博士」

    レイ「で、良いですよね」

    シンジ「さすが、綾波!僕の彼女だよ」

    レイ「いか、碇くん?」

    シンジ「え?あ。」

    シンジ(あ、ふいに言っちゃたよ)

    シンジ(僕が遊んでるはずなのに。どうして?ときめいてるんだ?)

    アスカ「イチャイチャしてんじゃねぇよ」

    マリ「ちっ」

    ミサト「青春ねー!!」

    リツコ「あの、レイが。ありえないわ」

    アスカ「そーよ。人形の癖に。」

    レイ「わたしは、人形じゃないわ。生きてる。」

    レイ「碇くんが私を、変えたのよ!」

    レイ「あなたが私を憎むのは愛に飢えてるからだわ。」

    アスカ「なんですって!?」

    レイ「これ以上。碇くんを傷つけちゃ駄目。」

    アスカ「。。。。。」
  48. 48 : : 2014/09/02(火) 19:39:07
    期待してるよー
  49. 49 : : 2014/09/02(火) 20:13:15
    〉〉レイさんありがとうございます。
    コメントくれるとすごい嬉しいですーっ!!
    コメントこないと悲しいのでくださると嬉しいですーっ!!

    レイ「貴女も碇くんで変われるわ。まだ、遅くない。」

    アスカ「そう、かもね。ははは」

    カヲル「さて、この旅館の部屋とーっても綺麗だ!!」

    カヲル「ふふ。心身くん!イチャイチャするにはもってこいだよ」

    シンジ「」

    シンジ「というと?」

    カヲル「彼女と、仲良くね、心身くん!」

    カヲル「はは。ファースト、シンジくんをゆずるよ。仲良くね!!!僕は。。。。。」

    カヲル「はは。いまからでも取り返すからね」涙ちょちょぎれ

    レイ「ふふ、どん引きwwwwwwwwwww」

    レイ「貴女の物じゃないのに」

    アスカ「そーよ、バカシンジ!」

    シンジ「僕!?」

  50. 50 : : 2014/09/02(火) 20:17:28
    ーお風呂たいむ。ー

    アスカ「ふふ、レイあんた胸小さいわねぇ笑」

    レイ「同じくらいよ。そんなに大きく見せたいの?キモイわね。」

    ミサト「ねぇ、レイ性格変わったわねぇ」

    リツコ「本当ね。悪い方に進んでるわ。碇司令官がみたら気絶するわね」

    ミサト「たしかに」

  51. 51 : : 2014/09/03(水) 18:18:29
    コメントこない。。。。。
    悲しいわ。

    誰かお願いします。。。。。
    来るのを楽しみにまってるのですからぁ

    う゛ーーー
  52. 52 : : 2014/09/03(水) 22:17:23
    あまり見る時間が無いけど、ちゃんとみてるよー!がんばって!
  53. 53 : : 2014/09/04(木) 19:01:02
    期待
  54. 54 : : 2014/09/04(木) 20:30:13
    〉〉みなさんありがとうございます♪
    頑張りまーすにゃ♪♪
    レイさん名無しさんありがとうございますっ!!

  55. 55 : : 2014/09/04(木) 20:39:38
    シンジ「おいしい」

    レイ「ね、みそしる。なにか。。。。。」

    シンジ「懐かしい?」

    シンジ「母さん?」

    レイ「?」

    カヲル「君はお母さんが好きなんだね!!」

    シンジ「誤解招く言い方止めて、カヲルくん。」

    カヲル「はは」

    アスカ「マザコンですかー?」

    アスカ「くすくすっ」

    シンジ「酷いよ。。。。。」

    ミサト「いいじゃないの。マザコンて」

    リツコ「可愛いわ」

    マリ「姫にはわかんないにゃ!家庭事情が!!」

    シンジ「はは」

    アスカ「はぁ!?馬鹿!コネめがね!!」げしっ

    マリ「痛いにゃ」

    ー厨房ー

    ユイ「そりゃそーよー!!私が作ってるもの!!」

    コック「あの、僕。。。。。」

    ユイ「うるさいわよ!!息子のご飯くらい私が出来るわ!黙りなさい!」

    コック「すいません。。」
  56. 56 : : 2014/09/05(金) 21:51:39
    ミサト「あっ!エヴァやってるわよ」

    シンジ「リアルタイムで観 ちゃいますか!」

    アスカ「いいじゃない!私を、観たいわね!!」

    レイ「それで自画自賛するの?」

    アスカ「ええ、もちろ。。。。。なわけないでしょっ!」

    リツコ「シンクロテストの場面だわ」

    シンジ「酷いです。あんなチョーカー!!死にたくないですよっ」

    ミサト「そうなることもあるかもよ」

    シンジ「うそでしょっ」

    リツコ「否定はしません。」

    シンジ「アスカいつから猫キャラになったの?」

    レイ「恥ずかしいわねー」笑笑

    ミサト「みんなズタズタだわー」

    リツコ「碇司令官まだかしらっ」

    ミサト「!?」

    マリ「あっ、私だー!!」

    マリ「さすが私だにゃ!姫とちがってプラグスーツ似合うにゃ」

    ミサト「あらまー。私もいつからあんなキャラに?」

    リツコ「いろいろ違うわね。Q って」

    アスカ「みんな違うわ」
  57. 57 : : 2014/09/05(金) 22:09:35
    エヴァQ なう笑笑

    やっぱ破や序に比べれば
    つまらないわwww

  58. 58 : : 2014/09/05(金) 23:11:08
    がんばれ!
    Qは駄作と思うかなり頭使わないと意図が見えてこない。ssも序と破を素材にするのが一番だね
  59. 59 : : 2014/09/06(土) 09:41:05
    レイさんいつもありがとうございますっ♪♪
    レイさんとは私、話があいそうだなーといつもおもってますっ
    これからもよろしくお願いします♪♪
  60. 60 : : 2014/09/06(土) 09:43:01
    シンジ「あ、終わった!」

    カヲル「僕。。。。。死ぬんだねぇ」

    アスカ「の割に誇らしげだけど。」

    カヲル「シンジくんのためなら死ねるよ!」
  61. 61 : : 2014/09/06(土) 12:25:33
    シンジ(じゃあ死ねとか言えないわー)

    レイ「碇くん、お風呂行きましょう!混浴あったわ!」

    アスカ「ちょっと待て!!」

    レイ「なに?」

    アスカ「それはさすがに馬鹿!」

    ミサト「それは問題だからね、レイ?」

    レイ「そうですか。。」

    シンジ「僕はいいよ?綾波!」

    レイ「!!ありがとうっ」

    シンジ(エロスなうきたね)

    レイ(とことん責めるわ!私のボディで!!)

    レイ(セカンドには負けない)

    シンジ「アスカは来ないでね」

    レイ「そうそ。貧乳はお呼びじゃない!」

    シンジ「まじ、それな」

    アスカ「あんたらにはデリカシーってもんがないんかい!!」
  62. 62 : : 2014/09/06(土) 12:51:20
    期待してます
  63. 63 : : 2014/09/06(土) 14:34:30
    名無しさんありがとうございますっ♪♪
    頑張りますね!!

    ー入浴中ー

    レイ「ん、碇くん、細い。」

    シンジ「綾波もね」

    イチャイチャloveloveちゅーだった。
  64. 64 : : 2014/09/07(日) 00:11:03
    話が合いそうですね〜
    ssもいつもみてるから頑張って完走してね!
  65. 65 : : 2014/09/07(日) 13:21:22
    レイさんほんとにありがとうですっ♪♪
    レイさんとこーやって話せるのが嬉しいですっ、名無しさんもありがとうですっ
    頑張りますね!!

    カヲル「混浴。。。。。風呂にしては遅く内科?」

    アスカ「あんたばかぁ?日本語覚え立ての外国人みたいだわ」

    カヲル「ひどいなぁ」

    シンジ「お風呂終わったよー」

    レイ「次入っていいわよ」

    アスカ「ふん、バカシンジ!!あたしがお風呂最初に決まってんのに何先にはいってんのよ!!レディーファーストよ!!!」

    シンジ「レディー?どこにいるの?」

    アスカ「」

    レイ「ほんと、どこかしら?」

    アスカ「」

    シンジは女遊びキャラからドSキャラにかわっていった。
  66. 66 : : 2014/09/07(日) 13:24:48
    アスカ「あいつ、いつからあんなキャラになったのよ!?」

    マリ「私に言ってんのかにゃ?」

    アスカ「それ以外誰がいんの!?」

    マリ「ごめんなさいにゃ」

    アスカ「あたしの下僕の癖に。」

    マリ「!!わんこくんは下僕じゃないにゃ!!」

    アスカ「はぁ?あんた、バカシンジの肩を持つの?!」

    マリ「もちろんだにゃ!!」

    マリ(だってわんこくん好きなんだにゃー)ふふっ

    アスカ「キモイわね。」
  67. 67 : : 2014/09/07(日) 13:27:26
    カヲル「新作くん部屋に逝こうじゃないか」

    シンジ「名前もちがうし、僕は死んでないし。」

    アスカ「漢字は気をつけろ。クズが」

    シンジ「ほんとだよ。」

    シンジ「カヲルくんは逝ってもいいけどさ」

    カヲル「え?」

    シンジ「いや、何でもないよ。」

    レイ「ww」
  68. 68 : : 2014/09/07(日) 18:54:01
    期待
  69. 69 : : 2014/09/07(日) 23:46:59
    期待( *`ω´)
  70. 70 : : 2014/09/13(土) 16:24:16
    シンジ「カヲルくんさ、好きな人いないの?」

    カヲル「?ああ、そうだねぇ、あ」

    シンジ「やっぱりいるんだ!?もてるね!」

    シンジ(オレほどじゃねぇけど。)

    カヲル「新宿くんかな」

    シンジ(新宿?え?て、え??ぼ、僕じゃ、ないよね??あれ?碇新宿?)

    シンジ「あ、えと?カヲルくん?」

    カヲル「はははは。」

    カヲル「新宿くん、寿司だよ」

    シンジ(たぶん、訳すと。。。。。、シンジくん好きだよ、かなあ?)

    シンジ「そそそっか。ありがとう、カヲルくん。僕は異性の人を聞いたんだけど。」

    カヲル「あ、壮なのかい?」

    シンジ「あ、うん。」

    シンジ(面倒くさっっ!)
  71. 71 : : 2014/09/19(金) 15:08:37
    シンジとカヲル面白いwwwww
  72. 72 : : 2014/09/20(土) 16:05:20
    ちょwwwwこれwwww
  73. 73 : : 2014/09/20(土) 17:50:56
    名無しさん、ありがとうございます!!
    応援嬉しいです!!

    アスカ「女子会ナウ♪」

    マリ「にゃは。姫、わんこくんすきかにゃ?」

    マリ「にゃ??」

    アスカ「んなわけ、あるか!!」

    レイ「それなら、わたし貰っても良いわよね?」

    アスカ「?あんたにあげんのはしゃくね!いやよ」

    マリ「もらうって、なにかにゃ?」

    レイ「碇くん」

    マリ(貰うとかのまえに、わんこくんは物じゃないにゃ。わんこくんは誰が好きかハッキリしないからにゃ)


  74. 74 : : 2014/09/20(土) 17:54:32
    カヲル「真実くん。僕さ、思うよ。きみは男だって。」

    シンジ「言うまでもなく、思うよだよ?」

    カヲル「画像くん。」

    シンジ「もはや、人じゃないね」

    シンジ「日本語教えようか」

    カヲル「?これでも英才教育はウケテイル」

    シンジ(さいご、どーした?)

    シンジ「そっか」

    カヲル「はははは。数寄だよ」

    シンジ「うん。」

    シンジ(もう、つっこむのも疲れた)
  75. 75 : : 2014/09/20(土) 19:21:44
    シンジ(カヲルくんといると僕まで日本語おかしくなるよ)

    シンジ(さっきも、おかしくなったしさ)

    シンジ(僕は外国人か)

    シンジ(めんどくせぇなあ)

  76. 76 : : 2014/09/22(月) 18:12:52
    アスカ「ねぇ、起きなさいよ」

    マリ「」すびー

    レイ「いいわ、置いてきましょう。遅れる」

    アスカ「はぁ?あんた、ばかぁ??朝ご飯よ?」

    アスカ「さすがに可哀想だわ」

    レイ「そう?」

    アスカ「はっ、これだから、人形は」

    レイ「わたし、人形じゃ(以下略)」

    アスカ「コネメガネ!!!」

    レイ「夜遅くまで、レンきゅんーとか言ってるからよ」

    アスカ「コネメガネ、あのテレビ好きなのよ~」

    レイ「知った事じゃないわ」

    レイ「碇くん、待ってるわ」

    アスカ「一人で行けば?」

    レイ「。。。。。」

    こんこん

    シンジ「アスカー??まだー?後れるよー」

    アスカ「コネメガネ寝てるのよ!!!」

    がちゃ

    シンジ「えー、マリぃ。」

    カヲル「ふふ。ここは一つ。真実すん、先に逝こう」

    シンジ「逝かないよ!!」

    カヲル「はぅ。シンジきゅん、今日も2011115555!!」

    シンジ「。。。。」

    マリ「起きた。」

    アスカ「おせぇよ」

    シンジ「ったくさー、昨日夜遅くまで、リンちゃんーとか、言って、ロストワン好きでさー、とか戯れ言言ってるから」

    カヲル「ははは。VOCALOIDが隙なんだね!」

    シンジ「固有名詞ださないで。」

    カヲル「はは。固有名詞なのかい?」

    シンジ「えっ!あ、違う、かも?」

    アスカ「もう、馬鹿ね」

    レイ「朝食、いきましょう」

    シンジ「そうだねー」
  77. 77 : : 2014/09/25(木) 22:18:50
    コメントwelcome!!

    てゆーか
    コメント欲しいです。。。。。

    だれかぁ
  78. 78 : : 2014/09/26(金) 08:04:20
    見てます、頑張ってください!
    カヲル君に期待o(^▽^)o
  79. 79 : : 2014/09/26(金) 21:41:15
    めちゃ面白いです!
    期待!&支援!
  80. 80 : : 2014/09/26(金) 21:45:47
    シンジいつからゲスにアッパーDA!
    (`-´¶
  81. 81 : : 2014/09/27(土) 21:03:56
    わぁー!!
    コメントたくさんありがとうです!
    うれしいぃ( ´艸`)
    応援ありがとうです!
  82. 82 : : 2014/09/27(土) 21:31:48
    アスカ「いただきまーす!」

    レイ「いただきます。」

    カヲル「頂くに値するよ」

    シンジ「」

    シンジ(綾波って、どんな生活してるのかなぁ)

    シンジ(バイキングなのに。)

    シンジ(全部レタスとか。。。。。)

    シンジ(ご飯もパンもねぇよ)

    シンジ(この女は駄目だ。結婚してもレタスとかブロッコリーとかしかでねえ)

    アスカ(流石ね。バカシンジ。ちゃんと栄養なってるわ)

    レイ(碇くん。肉も野菜もあるわ)

    レイ(セカンド。。。。。)

    レイ(野菜がないわ。肉ばっかし)

    レイ(野菜も食べやさいwwwwwwwwww)

    マリ(ふふん。ご飯さいこぉ!)

    マリ(あははは。ご飯なう)

  83. 83 : : 2014/10/04(土) 13:42:59
    まだ?
  84. 84 : : 2014/10/04(土) 19:05:09
    遅れてすいませんっ
    色々いそがしくて。。。。。

    楽しみにしてくれて何よりです!

    アスカ「おいしかったわね。」

    レイ「碇くんには、かてないわ、あの程度の料理じゃ。」

    シンジ「そんなことないよー、すごくおいしかった。」

    カヲル「ふふふふふふふ。障害くん。大好きだ。」

    シンジ「ごめん、カヲルくん、僕、障害ないよ。」

    カヲル「そんなつもりないよ?」

    シンジ「?障害者扱いしなかった?」

    カヲル「きのせいだ。それに、障害者さんに失礼だよ。」

    シンジ「あ、そっか。ごめん、カヲルくん。」

    カヲル「謝るひと、チガウヨネぇ?」

    シンジ(なんだ、こいつ。)

    シンジ(うわ、いらいらする。)

    シンジ(しね、くそが。)

    シンジ(バカヲル。」

    シンジ(なんでこんな奴がエヴァファンに人気なんだ?)

    シンジ(やはり、人類は狂ってるんだ)

    シンジ(こんな、言葉も話せないやつが)

    シンジ(なんで、フィギュアが売れるゆだ!!??)

    レイ「ど、どうしたの?碇くん!」

    シンジ「え?いや。ははは」

    アスカ「碇だけに怒りを隠せてないわ!」
  85. 85 : : 2014/10/04(土) 19:11:32
    シンジ(カヲルくんのせいで、僕まで、日本語がへたになってる?)

    シンジ(日本人のぼくが。)

    シンジ(国語科やろう)

    シンジ(だから、国語科の勉強は大変なんだ)

    シンジ(うん、そうだね、そうだ。)
  86. 86 : : 2014/10/04(土) 21:31:13
    リツコ「あらシンジくん」

    シンジ「リツコさん」

    リツコ「お困りのようね」

    シンジ「はは。ホモ男に疲れちゃって。」

    リツコ「相談に乗りましょうか?」

    シンジ「はい。」

    リツコ「旅行は楽しかったの?」

    シンジ「はい。」

    リツコ「ホモ男って?」

    リツコ「フィフス?」

    シンジ「そうです。彼は僕が好きすぎて好きすぎて。。。。。」

    リツコ「そのようね。でも貴方、愛されたいでしょう?」

    シンジ「は?」

    リツコ「愛に飢えてる。違う?」

    シンジ「違う」

    リツコ「ふふ。彼は異性よりも同性に退かれたのね」

    シンジ「惹かれるですよね。」

    リツコ「細かい男は駄目よ。」

    シンジ「貴方みたいなババアに言われても。それに僕はミサトさんのようにズボラになりたくありません!」

    リツコ「ちっ。これだから、思春期のクソガキは」

    シンジ「こんな大人がいるから世の中おかしくなる。」



  87. 87 : : 2014/10/05(日) 17:44:04
    ぎゃははははははははははははははははは
    笑える
  88. 88 : : 2014/10/06(月) 21:49:50
    カヲル「セカンド?」

    アスカ「あら、なによ。バカヲルじゃない?暇なの?」

    カヲル「まぁねー」

    アスカ「なんかムカつくわ!」

    レイ「なにしてるの」

    アスカ「ファースト?は、早くしね。」

    レイ「辛口ね」

    アスカ「どーも?」

    カヲル「誉めてないよ。」
  89. 89 : : 2014/10/06(月) 21:51:21
    リツコ「ミサト、ちゃんと教育することね」

    ミサト「へ?」

    リツコ「あんたのせいよ。」

    リツコ「あの、忠実なシンジくんが。」

    ミサト「?なにかあったのー?」
  90. 90 : : 2014/10/09(木) 18:21:39
    期待
  91. 91 : : 2014/10/10(金) 19:04:51
    ちょっとこれは…
  92. 92 : : 2014/10/11(土) 18:40:38
    シンジ「え?デート!?」

    レイ「ええ。どうかしら?」

    シンジ「日曜日なら。」

    レイ「ふふ。お迎えいくわ」

    シンジ「うん。ありがとう。」

    シンジ「デートか。」

    シンジ「初めてだ」

  93. 93 : : 2014/10/11(土) 18:45:23
    ー日曜日ー

    アスカ「出席とるわ!コネメガネ!」

    マリ「はぁーい」

    アスカ「猪カヲル!」

    カヲル「なぎさ、渚カヲルです。。。。。いのしし。。。。。」

    アスカ「え?あ、ごめん。」

    カヲル「ははは。。。。。」

    マリ「笑」

    アスカ「とゆーことで!名付けて、ストーカー作戦!!」

    マリ「内容は?」

    アスカ「あいつとのデートをみる。参考にする。」

    マリ「参考?」

    アスカ「とことん、邪魔をする!!」

    カヲル「君がどれだけ人間として底辺かよくわかっ、いだっ!!」

    アスカ「痛い目みるわよ!」

    カヲル「そのようだね。。。。。」
  94. 94 : : 2014/12/02(火) 17:42:25
    死んで欲しい人がいるとき、どうして気持ちをおさえますか?

    はる○か死ねよ

    こればかりおもってしまいます。
    どうすれば。。。。。
  95. 95 : : 2014/12/02(火) 17:43:49
    カヲル「さて、どうする?ショッピングしてるよけど。」

    アスカ「邪魔すんよ!」

    カヲル「本当に底辺だね、君」

    ぐぶっ!

    アスカ「痛い目みる」
  96. 96 : : 2014/12/08(月) 16:56:54
    すっげー!面白いぜ(^w^)クセになるわ。
  97. 97 : : 2014/12/22(月) 20:59:48
    シンジ「綾波、楽しいね」

    レイ「ええ。初めてよ、デートなんて。。。。。」

    シンジ(あたりめぇさ。俺とのデートだぞ?楽しいに決まってるだろ)

    シンジ「どこ、いく?映画かな?」

    レイ「あ!エヴァやってるわ!見ましょう?」

  98. 98 : : 2014/12/22(月) 21:00:43
    カヲル「映画診るといってるが。」

    アスカ「観る、ね」

    マリ「国語、できてないにゃ!」

    カヲル「そうだね」

    アスカ「はぁ。」

  99. 99 : : 2015/01/12(月) 21:34:26
    終わり?笑笑
    特に、レイさん、名無しさんありがとうございました!!
  100. 100 : : 2015/01/14(水) 20:10:29
    終わりです。

▲一番上へ

名前
#

名前は最大20文字までで、記号は([]_+-)が使えます。また、トリップを使用することができます。詳しくはガイドをご確認ください。
トリップを付けておくと、あなたの書き込みのみ表示などのオプションが有効になります。
執筆者の方は、偽防止のためにトリップを付けておくことを強くおすすめします。

本文

2000文字以内で投稿できます。

0

投稿時に確認ウィンドウを表示する

このSSは未登録ユーザーによる作品です。

「エヴァンゲリオン」カテゴリの人気記事
「エヴァンゲリオン」カテゴリの最新記事
「エヴァンゲリオン」SSの交流広場
エヴァンゲリオン 交流広場