ssnote

x

新規登録する

作品にスターを付けるにはユーザー登録が必要です! 今ならすぐに登録可能!

この作品は執筆を終了しています。

ジョジョ「…ディオが悪くなかったら?」

    • Good
    • 4

loupe をクリックすると、その人の書き込みとそれに関連した書き込みだけが表示されます。

▼一番下へ

表示を元に戻す

  1. 1 : : 2014/07/08(火) 22:09:48

    ジョジョパロです。

    ディオがあんまり悪くなかったら…という架空の設定で進めていきます。

    そのかわりジョジョがクズです。

    スマホでゆっくりやっていきます。
  2. 2 : : 2014/07/08(火) 22:41:43
    ••••••••••••

    ダリオ「ディオ!ゴホッゴホッ…私の可愛いディオ、聞いておくれ。」

    ディオ「なんだい父さん!薬がほしいのかい?それとも食欲がわいたのかい?」

    ダリオ「私はもう長いことない…わかるんだ…」

    「じき死ぬ…」

    ディオ「そんな‼︎大丈夫だよ父さん‼︎薬を飲んでいれば…‼︎」

    ダリオ「聞くんだ‼︎ディオ‼︎」

    ディオ「‼︎」

    ダリオ「死んだあとの気がかりはひとり息子のお前だけだ…いいかいディオ、私が死んだらこの手紙を出してこの宛名の人の所へ行くんだ。」

    ディオ「父さん…」

    ダリオ「この人は俺の恩人であり、大の親友なんだ。きっとお前の生活の面倒をみてくれる。学校にも行かせてくれるだろう!」
  3. 3 : : 2014/07/08(火) 22:49:50

    ダリオ「そう…12年前…」

    あれは1868年の雨の日だった…

    あそこの崖は雨でくずれやすくなる…

    よく馬車が落ちるんで見回りをしてたんだ

    私は妻を連れて通りかかった

    ダリオ「おい、なんてこった!事故が起きてしまったッ!」

    ブランドー夫人「あなた!助けてあげないと!」

    ダリオ「…赤ん坊をかばって死んだんだ…その勇気に私は敬意を表するッ‼︎」

    ブランドー夫人「…埋葬してあげましょう…」

    ダリオ「まてッ!こっちの方は息があるぞッ‼︎」
  4. 4 : : 2014/07/08(火) 22:54:17
    ジョージ「うう…」

    ダリオ「大丈夫ですか⁉︎」

    ジョージ「き…君……」

    ダリオ「すぐに医者をよべッ‼︎」

    ブランドー夫人「は、はいッ!」

    ジョージ「き…君が介抱してくれたのか、ありがとう。」

    ダリオ「いえ、めっそうもございません。すぐに医者がきます。それまでご辛抱を。」

    ジョージ「妻!妻は…妻と息子は…どうした?ふたりは…無事か?」
  5. 5 : : 2014/07/08(火) 23:02:23

    ダリオ「…いや、ご婦人と御者はすでに亡くなっておりました。

    で…でも赤ちゃんは無事です」

    ジョージ「妻のかわりに私が死ねばよかったのに…でも息子は無事……これも運命か。

    これ、少ないがお礼だ。もらってくれ。」

    ダリオ「い、いえ!そんな!いただけませんッ!」

    ジョージ「私の名はジョースター。命を救ってくれたお礼がしたい。また気を失う前にあなたの名を聞かせてほしい

    このジョースター、決して恩を忘れはしまい。」

    ダリオ「名のるほどの者ではありませんが…

    私の名はブランドーといいます。」

    その後-
    さらにジョースター卿からもらった多額の礼金で妻の病気は治せたが、経営がうまくいかず過労死…

    私ももうすぐあいつの所へ行ける…
  6. 6 : : 2014/07/08(火) 23:08:25

    ダリオ「ディオッ!私が死んだらジョースター家に行くんだッ

    お前は頭がいいッ!私のかわりに、ジョースターさんへ恩返しをしてやってくれッ!」

    ビュウウウウォオォオ

    ディオ「誰よりも妻を愛し、誰よりもかっこよかった最高の父さん!最後の願い、ちゃんと叶えてみせるよッ!」

    うわぁぁぁああぁあん………

    墓場にひとりの男の泣き声が響いた…

  7. 7 : : 2014/07/08(火) 23:20:24
    ••••••••••••••••••••••

    いやあ〜〜〜ん!


    モブA「おい、エリナ!この人形買ってもらったのか!

    お前の親父、ヤブ医者のくせにもうけてっからなッ!」

    モブB「よし!人形の服をぬがせてやるぜッ!あそこが本物と同じかどうか見てやるッ!」

    シクシク

    モブAB「「わーっ エリナ!エリナ!泣き虫エリナッ」」


    ????「やめろォ!」

    ジョジョ「人形を俺によこせぇッ!」バァーン

    モブA「なんだ⁉︎おまえ!エリナの知り合いかッ⁉︎」

    ジョジョ「知らない子だがぼくには戦う理由があるッ」ダアッ

    モブA「こ、この野郎ッ 女の子の前だからってカッコつけるヤツ

    おれ、こーゆーヤツは大嫌いだッ!やっつけてやるッ」

    ガシィィィン

    ジョジョ「ギャッ」




  8. 8 : : 2014/07/08(火) 23:26:18

    モブB「おやァ なんでェ〜
    こいつてんで弱いぞッ!」

    ジョジョ「うう〜」

    モブA「ギャハハハハハ

    これ以上みじめなことがあろーか!
    助けに入って逆にやられてやがる」

    ジョジョ「おい、そこのゴミ共…」

    モブAB「「⁉︎」」

    ジョジョ「…俺が誰だか知ってるか?」
  9. 9 : : 2014/07/08(火) 23:31:56

    モブB「ま、まさか…ジョースター家のひとり息子じゃあねえだろーな⁉︎」ガクブル

    ジョジョ「へへっ」ニヤニヤ

    ハンカチヒラヒラ

    モブAB「「あっ‼︎」」

    モブB「こいつッ やっぱりジョースター家のひとり息子だッ!」

    ジョジョ「父さんに言いつけてやるぞッ!」

    モブAB「「や、やめてくれッ!うちを潰す気かッ」」

    ジョジョ「人形を俺に渡してすぐに帰れッ‼︎」

    モブAB「「うわぁぁぁああぁあ‼︎」」
  10. 10 : : 2014/07/08(火) 23:39:24

    ジョジョ(あいつら…モブAとBだな……
    とことん潰そう)

    エリナ「あ、あのっ…」

    ジョジョ「人形…ハアハア…」

    エリナ「…あのっ…」

    ジョジョ「いいからほっといて!

    むこうへ行けよッ ぼくは君に感謝されたくってあいつらにむかって行ったんじゃないぞッ!」

    エリナ「…」

    ジョジョ「ぼくは女の子のあそこが見たかったからだ!君が女の子でカッコつけたかったからだ!相手が大きいヤツだからって、権力を振りかざせばひれ伏すからだぞッ‼︎」

    エリナ「」

    ジョジョ「お父さんに言いつけなきゃ」サッ

    エリナ「ジョナサン•ジョースター」

    エリナ「…」
  11. 11 : : 2014/07/08(火) 23:49:18

    馬車バン

    ドザァ!

    シャン!

    スタッ

    グゥゥン

    バァーン

    ジョジョ「誰だこいつ」

    ジョジョ(ハッ!そうだ…ディオ!
    こいつの名はディオ•ブランドーだ!)

    ジョジョ「君はディオ•ブランドーだね。」

    ディオ「そういう君はジョナサン•ジョースター。」

    ジョジョ「ジョジョって呼んでくれよ。これからよろしく。」

    ゔるるるぅぅぐぅあああ

    ディオ「⁉︎

    犬⁉︎あの目がイっちまってる動物は犬なのかッ⁉︎」

    ダニー「ゔゔゔゔうううああぅゔ‼︎」

    ジョジョ「ダニーッ」

    ダニー「ぎゃひぃぃいいんンンッ‼︎」

    ジョジョ「紹介するよ。ダニーってんだ!

    ぼくの愛犬でね、利巧な猟犬なんだ!

    心配ないよ!人はたまにしか噛まないから!」

    ダニー「ぐるぅぅううゔゔぅぅ‼︎」ダダダ

    ディオ(や、殺られるッ‼︎)
  12. 12 : : 2014/07/08(火) 23:55:55

    ダニー「ぐあああああるるるる」ダダダ

    ディオ(やらなきゃ殺られるッ‼︎)

    ビシィッ(本編より優しめ)

    ジョジョ「なっ!何をするだーッ

    ゆるさんッ!」

    ディオ「ご、ごめん…でも…」

    ジョジョ「黙れッ‼︎ このクソカスがァーッ‼︎」
  13. 13 : : 2014/07/09(水) 00:05:55
    ジョージ「疲れたろうディオ君!ロンドンからは遠いからね。君は今から私たちの家族だ。」

    ディオ「…」ヒリヒリ

    ジョージ「私の息子ジョジョと同じように生活してくr…どうしたその頬は」

    ディオ「…いえ」(殴られた…)ヒリヒリ

    ジョージ「そうか、彼らは家事をしてくれるみんなだ。」

    ディオ「ジョースター卿、御厚意大変感謝いたします。」

    ジョージ「ジョジョと仲良くしてやってくれたまえ
    ジョジョ…ダニーの事はもういいね?」

    ジョジョ「うん…別に気にしてないし…」(あとでもう一発入れとくか…)

    ジョージ「来たまえディオ君、君の部屋に案内しよう!」



  14. 14 : : 2014/07/09(水) 00:11:26

    ジョジョ(とはいえ…一応家族になるわけだしな。中良さげにはしとくか)スッ

    ガシィッ

    ディオ「ちょっ、別に運ばなくてもいいよ!」

    ジョジョ「え?」

    ディオ「僕たちは兄弟だろう。気を使わなくても大丈夫だよ!」(犬のヨダレでベトベトになるのはやだなあ…)

    ジョジョ「ぼくは運んであげようとしただけなのにッ!このスカタンめッ‼︎」

    ディオ「えっ」
  15. 15 : : 2014/07/09(水) 00:13:44

    ジョジョ「おまえ、好きな数字は?」

    ディオ「……1…?」

    ジョジョ(こいつッ‼︎やなやつだッ‼︎)バァーン


    ーそれまで楽しかったジョジョの生活はとてもつらいものとなったのだったー
  16. 16 : : 2014/07/09(水) 00:21:28

    バチン

    ジョージ「またまちがえたぞッジョジョ!」

    ジョジョ「…」(こいつのせいだ…)

    ディオ(あとで教えてあげよう!)


    ジョジョ「」バクパクムシャズルベチャグチャッ

    ジョジョ「レロレロレロレロレロレロレロレロレロレロレロレロレロレロレロレロレロレロレロレロあっ」 ポトッ

    ダーン

    ジョージ「ジョジョ おまえそれでも紳士か!作法がなっとらんぞッ!作法が!

    もうジョジョの食器をさげたまえ

    もうたべんでよいッ!今晩は食事ぬきだッ!自分の部屋へ行きなさいッ!」

    ジョジョ「…」(こいつのせいだ…)

    ディオ(チョコレートで少しはお腹が満たされるといいけど…)
  17. 17 : : 2014/07/09(水) 00:23:31

    ジョジョ「………」

    ジョジョ(あー、うぜえなあ…あいつ、一発シメといたほうがいいな…)

    ジョジョ「!チョコじゃん!」

    ムシャガブアムベチャグチャガブやったね

    ••••••••••
  18. 18 : : 2014/07/09(水) 00:37:48

    •••••••••••••
    Sports!
    19世紀のSports!
    どうにもこうにもSports!
    SportsったらSports!
    HAHAHA!

    司会「つづいて紹介するのはジョナサン•ジョースターッ!挑戦者ッ!彼は最近実力をつけてきました!」(自分の家が潰されるのに本気で殴れるわけないよ…何が実力だよ…)

    チャンピオン「」ボソボソ

    司会「…‼︎

    みなさん!みなさんお静かにッ!ここにいるチャンピオンにかわって今、新しい友人が我々のゲームに参加したいとの申し入れがありましたッ!」

    ジョジョ「まさかッ…!」

    司会「ディオ•ブランドー君です!」(こいつならやってくれるかもしれないッ!ディオ君なら家を潰される心配はないッ!)

    バーン

    ディオ(小遣い使わないし、ジョジョにあげてしまおう…)チャリン

    司会「こ、こんなに!」ドヨッ

    ジョジョ「‼︎」

    ディオ「え?」(しまった!相場を間違えたようだぞ!)
  19. 19 : : 2014/07/09(水) 00:48:00

    ざわ•••
    ざわ•••
    ざわ••• ざわ•••

    司会「グッド!ディオ…ルールを説明しよう
    顔面に一発でもくらえばその場で負け。

    ボディはいくら打たれてもいいがノックダウンはもちろん10カウントだッ いいね!」

    ディオ「…」(さっさと終わらせて帰って勉強しよう。)

    カァーン!

    ジョジョ「死ねェッ‼︎ディオッ‼︎」ブン

    ディオ「えっ?」(このレベル…?)スッ

    ジョジョ「キエェェェエエイ‼︎」ブンブンブン

    ディオ「」(ジョジョの成長のためにも頑張るぞ!)スッスッスッ

    観客「なんだあの動きは⁉︎」

    観客「今までに見た事もない動きだ!」

    ジョジョ(なんで死なないんだこいつッ⁉︎)

    ディオ「」(ボディに軽く入れとこう。腹筋が鍛えられるからね。)バシッ
  20. 20 : : 2014/07/09(水) 00:56:34

    ジョジョ「うぐぅッ‼︎」フラッ

    ディオ(ジョジョ、これから一緒に強くなろうッ!)

    ジョジョ「ぶっ殺すッッッ‼︎」プッツーン

    以外ッ!それは頭突きッ!

    ディオ「ヒィッ」ガード

    バシィィイイン!

    司会「入ったァーッ ジョジョの負けだあッ」(よくやった!ディオッ!)

    ジョジョ(試合では負けたが、このままッ‼︎鼻を!折るッ‼︎)

    ジョジョ「ハッ‼︎ 親指が目の中にッ‼︎」

    ブッギャア!

    ディオ「ジョジョッ‼︎」

    観客「すごい!」

    観客「すごいヤツだ!」

    司会「ありがとうディオ君ッ!」

    ディオ「う、うん」(こんなはずじゃあ…)
  21. 21 : : 2014/07/09(水) 00:56:46
    二人が共闘して柱の男達を倒すのかと思った
  22. 22 : : 2014/07/09(水) 01:03:14

    ジョジョ「う…うう」

    ディオ「ジョジョッ 大丈夫かい⁉︎」

    ジョジョ「この便器に吐き出されたタンカスがァーッ‼︎

    わざとだ!目から血が出ているッ!こいつはわざと目を狙ったんだァーッ‼︎」

    ディオ「ジョジョ…」

    観客「…」

    観客「…」

    司会「…」


    ーこの日を境にジョジョは孤立することになるー
  23. 23 : : 2014/07/09(水) 01:06:51

    ジョジョ「おっかしいかあ!ぼくの時計がないぞ!ディオのやつか⁉︎あのゴミめッ!

    …はっ!」

    ディオ「……庭に落ちてたよ…」

    ジョジョ「…」

    ディオ「…ここにおいておくよ…」

    バシッ‼︎

    スタスタ

    ディオ「ジョジョ…」
  24. 24 : : 2014/07/09(水) 01:11:47

    石仮面さわさわ

    ディオ「すみません ジョースター卿
    かってにさわったりして…」

    ジョージ「いやいやかまわんよ

    …それよりディオ君…」

    ディオ「なんでしょうか」

    ジョージ「」ボソボソ

    ディオ「ッ‼︎」

    ジョージ「頼む…君しか頼れないんだ…」

    ディオ「考えておきます…」

  25. 25 : : 2014/07/09(水) 01:24:12

    ジョジョ(パイプッ ふかさずにはいられない!)

    ジョジョ「おーい!みんな登ってこいよ!隠れてパイプふかそう!」

    モブA「…」

    モブB「…」

    モブC「…」

    ジョジョ「どうしたんだよおまえら!父さんに言いつけるぞ!」

    モブA「…向こう行こう」

    モブB「ああ、もう潰されちゃあかなわないからな」

    モブC「ざわ••• ざわ•••
    ざわ••• ざわ•••」

    ジョジョ「なんだって⁉︎ ま…待て!
    この穢れた血め!」

    モブC「オラァ‼︎」ゴシャア

    モブA「チクリ魔のジョジョめ!」

    モブB「行こうぜ!」

    モブC「ざわ••• ざわ•••」

    ジョジョ「誰がチクリ魔だ!もどってこい!下等生物共め!

    ディオだな!
    くそッ!ディオ!」

  26. 26 : : 2014/07/09(水) 01:26:58

    ディオ ! ディオ!

    ディオ!
    ディオ!

    ディオ! ディオ!
    ディオ! ディオ!

    ディオ!
    ディオ!
    ディオディオディオディオディオディオディオディオディオディオディオディオディオディオディオディオディオディオディオディオディオディオディオディオディオディオディオディオディオディオディオディオディオディオディオディオディオディオディオディオディオディオディオディオディオディオディオディオディオディオディオ









    ジョジョ「…恋してるみたいじゃないか気持ち悪い」
  27. 27 : : 2014/07/09(水) 21:58:06

    ジョジョ(あいつが来てから俺の生活はメチャクチャ…

    孤独だッ!)

    ジョジョ「お前だけはディオが何したって僕の友達だよね?ダニー!」

    ダニー「ゔぁああぐるああぁぁ」


    パキッ

    エリナ「…」

    ぶどうサッ

    パタパタ

    ジョジョ「? 誰だ今の女…俺のファンか…?

    あっ!俺のハンカチ!思い出した!人形の時の女!」

    エリナ「…」パタパタ

    ジョジョ「おい!明日もここへ来いッ‼︎」

    エリナ「‼︎」ビクッ

    ジョジョ「へへへ…ついに俺にも春が来たか…?」



  28. 28 : : 2014/07/09(水) 22:29:04

    ージョジョはいまだにみじめさと落ち込んだ気持ちが続いてたが…!

    恋!

    そのすてきな好奇心がジョジョを行動させたッ!ー

    ジョジョ(エリナ…エリナか!なんてカワイらしい名だろう!)ニヤニヤ

    ディオ「…?」



    ジョジョ「おいエリナ!」

    エリナ「‼︎」(えっ⁉︎気づかれるのお構いなし⁉︎)

    ジョジョ「あとで水着きて川に来いよ…」ボソッ

    エリナ「…はい」(やだなあ…)
  29. 29 : : 2014/07/09(水) 22:38:26

    ジョジョ「ねー、カエルメメタァしたことある?」

    エリナ「キャッ!」

    ジョジョ「ごめんよエリナたん!

    このカエルめッ‼︎波紋疾走‼︎」メメタァ




    ジョジョ「…」ガリッガリッ

    エリナ「ねえジョジョ、何を掘っているの?」

    ジョジョ「これさ!」

    バァーン

    エリナたんmy LOVE
    by ジョジョ

    エリナ「えぇー…」(金と権力があるかから遊んでやってるのにこいつ、本気になってんのかよ…)
  30. 30 : : 2014/07/09(水) 22:43:26

    エリナたんmy LOVE
    by ジョジョ


    ディオ「…」

  31. 31 : : 2014/07/09(水) 22:56:30

    エリナ「…」テクテク

    モブA「ほら、行けって!」グイッ

    モブB「言っちゃえって!」グイッ

    ディオ「お、おい!わかったって!」

    エリナ「!」(まさか、これがディオ…?ジョジョが言ってたのとは違ってかなりのイケメンね)

    ディオ「ぼ、僕はディオ…!
    君は…ジョジョと付き合ってるんだよね…?

    だから、答えてくれなくていい…

    好きだ‼︎エリナさん‼︎
    僕は、一目見たときから君が好きだったんだ‼︎」ズキュウゥゥン

    モブA「やっ やったッ///」ズキュウゥゥン

    モブB「さすがディオ!
    俺たちにできない事(告白)を恥ずかしがりながらもやってのけるッ///

    そこにシビれる!あこがれるゥ///」ズキュウゥゥン

    エリナ「!」ズキュウゥゥン
  32. 32 : : 2014/07/09(水) 23:02:01

    ディオ「いきなりごめんね!じゃあ…!」

    エリナ「待って!」

    ディオ「ッッッ‼︎‼︎‼︎」



    ズキュウゥゥン


    モブA「」

    モブB「」

    エリナ「…ジョジョにはナイショよ」(ジョジョよりイケメンだし、遊んでやるか)

    ディオ「」

    モブA「や、やった…///」

    モブB「さすがエリナ…///
    俺たちにできない事(キス)を平然とやってのける…///
    そ、そこにシビれる!あこがれるゥ…///」

  33. 33 : : 2014/07/09(水) 23:05:49

    ディオ「君…もうジョジョとキスはしたのかい…?」

    エリナ「いいえ、してないわ」

    ディオ「‼︎」

    モブA「初めての相手はジョジョではないッ!」

    モブB「このディオだッ!ーーーーッ!」

    ディオ「えっ」

    エリナ「ジョジョとキスなんてあり得ないわ!するくらいなら泥で口を洗うわ!」

    ディオ「えっ」
  34. 34 : : 2014/07/09(水) 23:11:40

    ••••••••••••••••

    ジョジョ「行くぞダニーッ!」

    ダニー「うばっしゃああぁああぁぁあ‼︎」




    ディオ「ダニー…こわいですね…」

    ジョージ「……うん」

    ディオ「…噛まれたことがおありですか?」

    ジョージ「…………うん」

    ディオ「………こわいですね」

    ジョージ「…………うん」
  35. 35 : : 2014/07/09(水) 23:22:08

    ••••••••••••••••

    ジョジョ「!」

    エリナ「…」テクテク

    ジョジョ「おい!エリナ!」

    エリナ「…」テクテク

    ジョジョ(無視ッ⁉︎なぜだ⁉︎やぶ医者の娘の癖にッ‼︎)

    エリナ「…」テクテク

    モブA「ウケケケケ…」

    モブB「見ろよジョジョのなさけねェ姿を!ウヒヒヒ」

    モブA「おい言ってやれよ なぜ彼女があんな態度をとるのかをよ!」

    モブC「ざわ••• ざわ•••」

    モブB「やだよ オレジョジョが悲しむ姿見たくねーモンッ!ウヒャヒャヒャヒャ!」

    ジョジョ「お…おまえら…

    俺のエリナに何をしたーッ」

    モブA「俺らは何もしてねェーよッ!」

    モブB「ウケケケケ」

    ジョジョ「」ゴゴゴゴ
  36. 36 : : 2014/07/09(水) 23:49:44

    ゴオオゥゥォオオウ

    バァーン

    ガオォオッ

    ジョジョ「ディィィオォォーッ‼︎‼︎」

    ディオ「ジョ、ジョジョ…!」(エリナさんのことがあってから気まずいんだよなあ…)

    ジョジョ「決して許さないッ!お前がこの家に来てからロクなことがないッ‼︎今ここでぶっ潰してやるッ‼︎」

    ディオ「えっ」

    ジョジョ「エリナとキスをしただとォーッ⁉︎

    許さないッ‼︎このジョジョ、容赦せんッ‼︎」

    ディオ「あ、あれは彼女から…‼︎」


    ドドドドド

    ジョジョ「うるせぇッ‼︎死ねッ‼︎」ブワオ

    ディオ「‼︎」(ジョジョ…まえの試合から何も成長していないじゃないかッ‼︎ここは心を鬼にして!)

    メギャア

    ジョジョ「ッ‼︎」(か…かなわない…

    でも負けられない…俺のエリナたんを取り戻すためッ!)



  37. 37 : : 2014/07/12(土) 22:22:45

    ディオ(徹底的に鍛えなおしてあげるよ!ジョジョ!)

    ジョジョ「う…うぉぉあああっ」ドアァッ

    ディオ「こいッ!」ビシ

    バッ

    ガッギィィィン

    ゴォォ

    ゴシャアッ

    ディオの蹴りがジョジョの顔に炸裂ゥゥゥ‼︎

    しかしッ!ジョジョは愛しのエリナをとられた悔しさで痛みを感じていないッ!

    ディオをつかんだァァァーッ‼︎

    ディオ「ジ、ジョジョッ!さすがだ!蹴りを入れられてつかんでくるとはッ!」
  38. 38 : : 2014/07/12(土) 22:27:37

    ジョジョ(ぶっころすッ‼︎ ディオッ‼︎)

    ジョジョ「頭突き‼︎」ドッガァーン

    ディオ「うげぇえええっ」

    ジョジョ「頭突きッ‼︎ 張り手ッ‼︎ 頭突きッ‼︎ 頭突きッ‼︎」ドッガァーンドッガァーンドッガァーン

    ディオ「うげぇぇぇえええええっ」

    ジョジョ「ディオォォオオーッ

    君がッ

    泣くまで

    殴るのをやめないッ!」グオオッ

    ドッガァァァン
  39. 39 : : 2014/07/12(土) 22:31:46

    ディオ「こ…こんな

    こ…こんな

    こんな嬉しいことはないぞッ‼︎」

    ドババババ

    ジョジョ「えっ」

    ディオ「弟子に抜かされるこの瞬間ッ‼︎

    俺は嬉しいぞッ ジョジョッ‼︎」

    ジョジョ「お、俺がいつお前の弟子になったんだよォォォッ‼︎」ボワァァ

    ブアッギャア!

    血ビュッ

    石仮面ガシャーン
  40. 40 : : 2014/07/12(土) 22:37:20

    ディオ「ジ、ジョジョ…

    よくやった!」嬉し泣き

    ジョジョ「な、涙…」


    ジョージ「ふたりともいったい何事だッ!」バン

    ジョジョ「父さんッ!」

    ジョージ「男子たるものケンカのひとつもするだろう!

    しかしジョジョ!今のは抵抗もできなくなったディオを一方的になぐっていたように見えた!

    紳士のする事ではないッ!」

    ジョジョ「え?ち…ちがう!」

    ジョージ「いいわけ無用!部屋へ入っとれッ

    ふたりともだ!あとでふたりとも罰を与える」

  41. 41 : : 2014/07/12(土) 22:40:20

    •••••••••••••••

    強盗(あの犬…邪魔だなあ…)



    ダニー、死亡。


    ジョジョ「あ…あっけなさすぎる…

    ディオ………」



    ディオォォオオーッ

  42. 42 : : 2014/07/12(土) 22:41:41

    ージョジョはじぶんの部屋へ行き2時間ねむった…

    そして…

    目をさましてからしばらくして

    ダニーが死んだ事を思い出し…

    泣いたー
  43. 43 : : 2014/07/12(土) 22:44:11
    ーディオはー

    ディオ(ジョジョッ!俺が君に教えることはもう何もない!

    その爆発力に僕は敬意を表するッ!)



    そしてー

    7年の歳月が経過するー

    ジョジョはひとりぼっちのままどのように成長していくのだろう


    石仮面はー

    静かに時を待つ…
  44. 44 : : 2014/07/12(土) 22:46:17

    ••••••••••••••

    あれから7年

    1888年!

    ーそれはロンドンに『切り裂きジャック』というなぞの怪人が出現した年!

    しかしッ!出番はないッ!ー

  45. 45 : : 2014/07/12(土) 22:54:20

    司会「とったァーッ‼︎」

    ド ド ド ド

    司会「ボールを奪いとったのは我がヒュー•ハドソン校の雄ーっ

    ジョナサン•ジョースターだァーッ‼︎」

    ジョジョ「ウオオオ‼︎」

    司会「普段から嫌なやつ!身長195cmジョナサン•ジョースター雄叫びをあげてゴールへ突進するゥ

    大学卒業を目前にしたこの試合!優勝でかざれるかァーッ」

    ドォドッ

    司会「おおーっとつかまったァーッ 敵校のひとりがジョジョにタックル!

    し…しかし!

    たおれない!ひきずるぞォジョジョ!

    また2人!つかまったッ3人!」

    グワワッ

    司会「すっごぉーいッ

    3人にタックルされたままひきずりながらも突進をやめないッ!ジョナサン•ジョースターッ!やなやつ!」

    ドッギャーン

    司会「なんという爆発力

    なんという根性

    なんという意地の悪さッ」

  46. 46 : : 2014/07/12(土) 22:58:38

    司会「4人目ッ‼︎

    さすがにぐらついたッ!両ヒザをつけジョジョ!

    ああッ」

    パッシィ

    司会「パスがとおったァーッ

    飛び出したのは…⁉︎」

    ディオ「YES, I AM !」

    司会「ディオォォオオーッ!

    やはり我が校のディオ•ブランドーですッ!」

    バオーッ

    ドッガァーン

    司会「華麗な走りですッ!ぬけるかッ‼︎

    ぬけろッ‼︎
    ぬけろぬけろぬけろぬけろぬけろぬけろぬけろぬけろぬけろぬけろぬけろぬけろぬけろぬけろぬけろぬけろぬけろぬけろぬけろぬけろぬけろォォーッ‼︎」
  47. 47 : : 2014/07/12(土) 23:01:58

    司会「トライ!

    やったァーッ 最後の試合を優勝でかざりましたァーッ‼︎


    私の仕事も、ここまでか…」

    ウワオォーン

    ディオ「やったなジョジョ!またまたぼくらのコンビで勝負を決めたなッ!」

    ジョジョ「…うん」

    ディオ「ジョジョのおかげでトライできたよッ‼︎」
  48. 48 : : 2014/07/12(土) 23:06:25

    ディオ「この勝利をさっそく父さんに報告しなくっちゃあな

    JOJO、着替えたら待っててくれ!一緒に帰ろう!」

    ジョジョ「…うん」


    ジョジョ「…」(なぜ⁉︎やつに冷たくしてるのに俺に構うんだッ!

    それになぜ俺はこんなにやつが気に食わないんだッ⁉︎

    愛犬ダニーのせいか⁉︎エリナのことだってあるな‼︎

    あいつが悪いんじゃないか‼︎

    全部‼︎何もかも‼︎死ね‼︎)
  49. 49 : : 2014/07/12(土) 23:10:54

    モブγ「ディオ!学園の新聞に君たちの友情について書くけど話してくれないか?」

    ディオ「友情だって⁉︎テレるなあ‼︎

    ジョジョと僕が兄弟になってから7年が…」ペラペラ

    ディオ(友情だって‼︎やっぱりジョジョは僕に心を開いてくれているんだッ!

    それよりも…

    もうすぐ卒業…

    あの計画も大詰めだ…)
  50. 50 : : 2014/07/15(火) 06:49:54
    期待!!
  51. 51 : : 2014/07/16(水) 00:36:31

    ジョージ「ゴホゴホッ」

    ディオ「お父さんご気分はいかがですか?」

    ジョージ「うむ…だいぶいいよ…ゴホッ

    ただ、せきが止まらないな…今日医者に入院をすすめられたが断ったよ」

    ジョジョ「…」

    ジョージ「胸の痛みもなくなったし、手のはれもひいたみたいだ良くなっている…」

    ディオ「お父さん…早く元気になってください、本当に!」

    ジョジョ「…」(カゼをこじらせただけなのにこんなに悪くなって…
    ちっとも良くなっているとは思えない‼︎

    ディオの野郎、薬とかクスリでも盛ってるんじゃないだろうな…?)
  52. 52 : : 2014/07/16(水) 00:40:24

    ジョージ「ところでディオ!ジョジョ!優勝おめでとう!」

    ディオ「ええッ!もう知ってるんですか?」

    ジョジョ「…」(ゴミディオを先に呼びやがったこのジジイ…)

    ジョージ「大学の友人がさっき来て教えてくれたよ!」

    ディオ「ひどい友人をお持ちです!ぼくらは真っ先に喜ぶ顔が見たくてすっとんで帰って来たのにッ!」

    ワッハッハッハッ!

  53. 53 : : 2014/07/16(水) 00:45:26
    ジョージ「いやいや喜んどる!わたしは鼻が高いよ、すばらしい息子たちだ!」

    ジョジョ「…」

    ジョージ「ディオ、君はとくにガンバッた…

    卒業したらなりたいものになるがいい!援助はおしまない、君は私の家族なんだからね」

    ジョジョ「…」(まーたディオちゃまですかい)

    ディオ「まずしい出身のこのぼくにチャンスを与えてくれてありがとうございます!ますます励みたいと思います!」

    ジョジョ「…」(いい子ちゃんが…)
  54. 54 : : 2014/07/16(水) 00:51:24

    ジョジョ「…」

    ー暗い部屋の中で

    ジョジョはナイフで指を少し切ったー

    ジョジョ「…」

    ポタッ

    ー一滴の血が石仮面の上に垂れるー

    ズオオオオ

    ガッシャン

    ジョジョ「ディオが言っていたな『考古学なんてすばらしいじゃないか!さすがジョジョ!』って…

    あいつらしいな…」

  55. 55 : : 2014/07/16(水) 00:57:02

    ジョジョ「…」(…この仮面をディオに被せれば…)




    ー殺せるー




    ジョジョは歪んでいたッ!
    最初からだいぶイっちゃってたがやばいッ!

    ジョジョ「うわ、ミスった!」

    ー参考にしていた本の山が崩れるー

    ドサドサ

    ジョジョ「しまったァー!」
  56. 56 : : 2014/07/16(水) 22:54:16
    ヤバい…こんなに吹いたの久しぶりwwwww

    超面白い!

    期待×∞で!!!!!
  57. 57 : : 2014/07/18(金) 06:10:04
    期待
  58. 58 : : 2014/07/18(金) 07:44:48
    これからどうなるんだwww

    期待!大!!
  59. 59 : : 2014/07/18(金) 22:03:04

    ジョジョ「ホッ 高価なもんじゃなくてよかったぜ…

    ん?本の間に古い手紙…」


    ダリオ•ブランドー


    ジョジョ「ダリオ…ブランドー

    ダリオ•ブランドーッ⁉︎だってッ⁉︎」

    バァーン

    ジョジョ「読んじゃお!」スッ

    ギャーンッ

    ジョジョ「ッ‼︎」
  60. 60 : : 2014/07/18(金) 22:06:53

    召使「いつもすみません、ディオさん」

    ディオ「薬をあげるぐらいたやすいよ!」

    召使「年はとりたくありませんな

    階段をのぼるのが苦になりました」

    ディオ「なに、かまわないよ!」





    ディオ「…」
  61. 61 : : 2014/07/18(金) 22:10:50

    ••••••••••••••




    石仮面さわさわ

    ディオ「すみません ジョースター卿
    かってにさわったりして…」

    ジョージ「いやいやかまわんよ

    …それよりディオ君…」

    ディオ「なんでしょうか」

    ジョージ「私を…死なせてくれないか…?」ボソボソ

    ディオ「ッ‼︎」


  62. 62 : : 2014/07/18(金) 22:15:19

    ジョージ「妻が死んで…一人息子のジョジョはあの通りひねくれている…」

    ディオ「…」

    ジョージ「私は…間違っていたのかもしれない…」

    ディオ「そんなことは…‼︎」

    ジョージ「私は、妻のところへ行きたいのだよ」

    ディオ「ジョジョのことは僕に任せてくださいッ‼︎だからッ‼︎」

    ジョージ「…ありがとう、ディオ君

    だけど…」

    ディオ「…」
  63. 63 : : 2014/07/18(金) 22:19:28

    ジョージ「頼む…君しか頼れないんだ…」

    ディオ「考えておきます…」

    •••••••••••••••••••••••••


    ディオ「…」(僕は…父親を殺そうとしている……そのために父が死んだあの病気と似た症状が出て、違和感なく死ねる薬も調達した……

    ああ、僕は最低なヤツさ…7年、7年も育ててくれた親を殺そうとしてるんだ……

    父さんには死んでほしくない…だけど、どうしたらいいんだ…)
  64. 64 : : 2014/07/18(金) 22:24:56

    ディオ「…」ゴソゴソ

    スッ

    ジョジョ「…」

    ディオ「…」

    ジョジョ「ディオ、今…その薬どうした?」

    ディオ「…」

    ジョジョ「7年前、君のお父さんが出した手紙…偶然みつけたよ!

    私は今…病にあります

    たぶん死ぬでしょう、わかるのです

    病名はわかりませんが

    『心臓がいたみ』『指がはれ』『せき』がとまりません…

    私が死んだら息子のディオを…」
  65. 65 : : 2014/07/18(金) 22:31:38

    ジョジョ「ぼくの父さんと同じ症状だーッ!いったいこれはどういう事だッ!ディオーッ‼︎」

    ディオ「…」

    ••••••••••••••••••••••••••

    ディオ「父さん、気分が悪いのかい?

    だったら…この薬を飲みなよ…」

    ダリオ「馬鹿野郎!ディオ!私のために金を使うんじゃないとあれほど…!」

    ディオ「バイトを始めたんだよ…父さん…」

    ダリオ「自分で稼いだ金だ!自分のために使いなさい!」
  66. 66 : : 2014/07/18(金) 22:36:43

    ダリオ「ディオ、このお酒を売りなさい…私の秘蔵の酒だ……

    きっといい値段で売れる…」

    ディオ「父さん…」

    ダリオ「ごめんな…おまえにだけは苦労をかけたくなかったんだが…」

    ディオ「…」

    ダリオ「ただし、ディオ!母さんのドレスだけは売るんじゃないぞ!

    あれは私が初めてあいつにプレゼントしたものなんだ…」

    ディオ「父さん…」グスッ
  67. 67 : : 2014/07/18(金) 22:50:12

    ディオ「…」(僕の父さんは最高の人間だった!あの人の血が流れてることを!僕は誇りに思う!)


    そしてー


    ワンチェン「…」スッ

    ディオ「…」

    ワンチェン「ぼうやの耳…おもしろいホクロあるね

    私の国でそれと同じホクロを持つ人見たことあるね」

    ディオ「…」

    ワンチェン「彼は誰よりも優しい心をもっていたね

    その薬…あまり、無理しないでね……」
  68. 68 : : 2014/07/18(金) 22:53:59

    ••••••••••••••••••••••

    ドドドドドドドン

    ジョジョ「お、お前ッ‼︎実の父親を殺したなッ⁉︎」

    ディオ「えっ」

    ジョジョ「そしてッ‼︎父さんの遺産を狙ってるなッ⁉︎」

    ディオ「えっ」

    ジョジョ「ふざけんなこのクソカスがッ‼︎」

    ディオ「えっ」









    ディオ「えっ」
  69. 69 : : 2014/07/18(金) 23:34:59

    ジョジョ「ディオッ‼︎その薬調べさせろ‼︎」

    ディオ「ジョジョ!その薬を調べるという事は僕たちの友情を疑う事!友情を失うぞッ!」

    ジョジョ「…」

    ディオ「…」

    ジョジョ「…いや、もともとないだろ」

    ディオ「えっ」
  70. 70 : : 2014/07/21(月) 23:08:29
    えっ
  71. 71 : : 2014/07/22(火) 18:54:32
    えっ(; ̄O ̄)
  72. 72 : : 2014/07/25(金) 23:03:01

    ジョジョ「ディオ!自分の潔白を父親に誓えるならばこの薬をお盆に戻そうッ!」

    ディオ「くっ…」

    ジョジョ「ふふっ」(ディオは父親を心から尊敬しているッ!やましいことがあるなら誓えないはずだッ‼︎)ニヤニヤ

    ディオ「ち…誓いか…

    父さん……」

    ジョジョ「…」(きたッ‼︎)

    ディオ「ぼ、僕には誓えないッ‼︎

    ジョジョ!薬をお盆に戻すんだァーッ‼︎」
  73. 73 : : 2014/07/25(金) 23:06:45

    ジョジョ「お前への疑惑が確信に変わったぜッ!

    ディオ!やっぱりお前はジョースター家の財産を狙ってやがったんだな‼︎」

    ディオ「それはほんとに違う」

    ジョジョ「くらえ!ゴミ屑野郎ッ‼︎」

    以外ッ それは木製バット!

    ディオ「ぐあぁぁっ‼︎」

    ジョジョ「俺は財産を守るッ!相続権を守るッ!」
  74. 74 : : 2014/07/25(金) 23:14:10

    ジョジョ「しねぇッ‼︎」バキッ

    ディオ「ううッ!」


    バゴォオン

    ディオ「ひ、卑怯だ…」(なんとかしてごまかせないものか…

    あの薬は東洋のものだからそう簡単にはバレないはずだが…)
  75. 75 : : 2014/07/25(金) 23:18:26

    ジョジョ「お前のたくらみは全部見抜いてるんだぜッ‼︎俺らには最初から友情などなかった!」

    ディオ「えっ」

    ジョジョ「父さんには近づけねえぞッ!この薬分析して必ず終身刑にしてやるぞッ!」

    ディオ「えっ」

    ジョジョ「ダニー殺しのこともまだ俺は恨んでるんだぜッ‼︎」

    ディオ「えっ」

    ジョジョ「全財産‼︎俺のものだッ‼︎」

    ディオ「」
  76. 76 : : 2014/07/25(金) 23:23:10

    ジョジョ「御父様!僕は2,3日ロンドンに行ってまいります!その間ディオにだけは絶対会わないでください!」

    ジョージ「…」(御父様…?)

    ジョジョ「あいつは最低のゴミ屑です!絶対に会わないでください!」

    ジョージ「ディオなr…」(こいつ、私の死期が近づいてるから株をあげにきてるのかッ⁉︎)

    ジョジョ「あいつの名前を口に出さないで‼︎身体に触ります‼︎」

    ジョージ「あ、ああ…」(全くの逆効果だッ!それにディオはもうしばらく出かけると言って出て行ったというのに!)
  77. 77 : : 2014/07/25(金) 23:25:38

    in馬車

    ジョジョ「父さんの症状は依然悪くなっているようだ

    解毒剤が必要なのかもしれない…」


    ハッ

    ジョジョ「…」(いや、ここで助かったら遺産がもらえないぞ…‼︎


    それならば…)
  78. 78 : : 2014/07/25(金) 23:28:14

    ディオ「父さんの所へいこう…

    勇気をもらうんだ…父さん…」


    •••••••••••••••••••••••••


    ジョジョ「父さんの解毒剤が間に合わなかったことにして遺産を総取り…

    そしてそのあとこの仮面でディオを殺す…‼︎完璧だ‼︎


    ハァーッハッハッハッ」
  79. 79 : : 2014/07/25(金) 23:34:32

    御者「だ…だんなあ…あっしはここから先にはいけねぇ!行けねえんですゥ!

    ここから先は食屍鬼街っていうんですぜェ!」

    ジョジョ「使えねえゴミだな…」(まあ、権力があれば大丈夫だろう…)


    ••••••••••••••••••••


    ディオ「父さん…久しぶり…」
  80. 80 : : 2014/07/25(金) 23:42:35

    ディオ「…」(お酒!一緒に飲もうって約束したあのお酒!

    父さん…ありがとう…僕、がんばるよ…!)トクトク


    •••••••••••••••••••••


    ジョジョ「…」

    刺青「うきゃあああッ!しねぇッ!」

    ジョジョ「俺はジョースター家の人間だッ‼︎」

    刺青「ッ‼︎」

    スピードワゴン「えっ」

  81. 81 : : 2014/07/25(金) 23:46:50

    ジョジョ「おい、てめえ俺にケガさせたらどうなるかわかるよな…?」

    刺青「…はい」

    スピードワゴン「…ッ‼︎」(し、紳士じゃないッ‼︎)

    ジョジョ「お前もだよコラ」

    スピードワゴン「は、ハイッ!」

    ジョジョ「いいだろう、お前には本当の恐怖を見せてやるよ」

    スピードワゴン「えっ」
  82. 82 : : 2014/07/25(金) 23:49:05

    ジョジョ「いい機会だ…ディオのやつを殺そうと思っていたがまずここで試してやるッ」

    刺青「えっ」

    グワッシィ

    ドスッ

    刺青「ぎゃあああーっ‼︎」

    スピードワゴン「ッ‼︎」

  83. 83 : : 2014/07/25(金) 23:52:38

    シュゴオォオ

    ジョジョ「こ…この光はいったい⁉︎」

    ドスドスドスドス

    刺青「復☆活」キラッ

    スピードワゴン「えっ」

    ジョジョ「まさかッ!し…死んでいないッ!」
  84. 84 : : 2014/07/25(金) 23:57:04

    ジョジョ「ハッ、こいつはきっと吸血ゾンビになったんだそうに違いない!太陽光に弱くなる代わりにものすごいパワーを手に入れるんだな!そうに違いないったら違いない!」

    スピードワゴン「押し付けがましいッ‼︎」

    刺青「…ッ‼︎」ジュー

    スピードワゴン「まさか、本当にッ⁉︎」

    刺青「太☆陽☆光ッ‼︎」ジュー

    ジョジョ「ほらね!」
  85. 85 : : 2014/07/25(金) 23:59:33

    スピードワゴン「た、助かった…」

    ジョジョ「ふ、ふふ…」

    スピードワゴン「…?」

    ジョジョ「お前は…東洋の薬を売ったな?」

    スピードワゴン「えっ

    そ、そんなことはしてないですけど…」

    ジョジョ「…売ったな?」

    スピードワゴン「…はい」
  86. 86 : : 2014/07/26(土) 00:02:31

    ーそのころジョースター邸では故郷から戻ったディオがジョジョの帰宅を待っていたー

    ディオに毒薬を売った東洋人を連れて…


    ディオ「ジョジョが食屍鬼街に入ったなんて‼︎今すぐ助けに行かねば‼︎」

    ワンチェン「信じてあげるのです…それしかないのです…」

    ディオ「…」
  87. 87 : : 2014/07/26(土) 00:04:32

    ジョジョ「…」

    スピードワゴン「…」ビクビク

    シイーン

    ジョジョ「どうした執事⁉︎なぜ邸内の明りを消しているッ!」

    シュボッ

    ディオ「…」

    ジョジョ「ディオ!」

  88. 88 : : 2014/07/26(土) 00:10:08

    ジョジョ「てめえに毒薬を売ったという東洋人を見つけたッ‼︎てめえを刑務所にぶち込む準備はできたんだぜ‼︎」

    スピードワゴン「ううっ…」

    ジョジョ「おらッ‼︎てめえがこのディオに毒薬を売ったんだよな?」

    スピードワゴン「そ、そうです…」

    ディオ「…」
  89. 89 : : 2014/07/26(土) 00:12:33

    ジョジョ「ここに解毒剤もあるぜッ!」(ほんとは青酸カリだけどな…けけっ)

    ディオ「…」

    ジョジョ「おい、ゴミ屑野郎…なに黙ってんだよッ‼︎」

    ドガッ
    ージョジョがろうそくを蹴り飛ばすー

    ディオ「…解毒剤なら、もう飲ませたよ…」

    ジョジョ「ッ⁉︎」
  90. 90 : : 2014/07/26(土) 00:14:37

    ディオ「そして自首したよ…このワンチェンと一緒にね…」

    ワンチェン「…」

    ジョジョ「…は?意味わかんねえし意味わかんねえし」

    ディオ「…父さん」

    ジョージ「ジョジョ、聞いてくれ」

    ジョジョ「は?なんだよ」
  91. 91 : : 2014/07/26(土) 00:18:35

    ジョージ「私は、ディオに頼んだのだよ…」

    ジョジョ「…なにをだよ…」

    ディオ「…」

    ジョージ「私を殺すように頼んだのだよ」

    ジョジョ「ッ⁉︎」

    ジョージ「私はディオに大変な迷惑をかけた…だが、ディオは私のために一生懸命やってくれた‼︎

    そして最後の最後で勇気を出して自首したんだ…毒薬を売った東洋人も連れてな…」

  92. 92 : : 2014/07/26(土) 00:24:11

    ジョージ「つまり、お前が連れてきたその人も解毒剤も偽物ってことだ…」

    ジョジョ「…」

    ジョージ「おまえ、財産目当てだったのだろう?」

    ジョジョ「…ああ、そうだよ」

    ディオ「…ジョジョ」

    ジョジョ「適当な人間ひっぱってきて無理矢理犯人に仕立て上げた‼︎

    そしてこの青酸カリを使っててめえを殺して財産を奪う手はずだったんだよォォォッ‼︎」

    ジョージ「…残念だよ」

    ザザーッ
    ー意外ッ それは警察!ー
  93. 93 : : 2014/07/26(土) 00:27:35

    ジョージ「ディオはどうする気だったんだ…?」

    ディオ「…」

    ジョジョ「んなもん、殺すに決まってんだろ

    この石仮面でな」

    ディオ「ッ‼︎」

    ジョジョ「…ディオ、逮捕されるよ…

    だがせめて君の手で手錠をかけてほしい…」

  94. 94 : : 2014/07/26(土) 00:31:00

    ディオ「わかった…僕が手錠をかけよう!」

    ジョジョ「ディオ、人間ってのは能力に限界があるなあ

    俺は…人間を越えるものにならねば…」

    ディオ「なんのことだ?なにを言っているッ!」

    ジョジョ「おれは人間をやめるぞ!ディオーッ‼︎」バン

    バキィッ
  95. 95 : : 2014/07/26(土) 00:34:42

    ワンチェン「こういうやつには気をつけなければならないのですよ、ディオさん」


    ーワンチェンが、ジョジョを止めたッー


    ディオ「ワ、ワンチェン‼︎」

    ジョジョ「なんで止めるんだよ‼︎便所のネズミのクソにも匹敵するこのクソカスどもがァーッ‼︎

    俺は‼︎俺は人間をやめるのだッ‼︎それをなぜお前らが止めるんだァーッ‼︎」

    ワンチェン「あなたはまだ若い…やり直せるのです…」
  96. 96 : : 2014/07/26(土) 00:36:56

    ジョジョ「やり直せるわけねぇだろうがよォォォッ‼︎」

    ディオ「…ジョジョ」

    ジョジョ「お前のせいだッ‼︎お前が来てから全部狂ったんだ‼︎このゴミが‼︎

    ゴミ屑がッ‼︎」

    ジョージ「…」

    警察「よし、逮捕だ…」
  97. 97 : : 2014/07/26(土) 00:41:32


    ジョージ「…」

    ージョージは、結局半年後死去するー

    ー寿命だったー

    スピードワゴン「…」

    ースピードワゴンはクールに去るー

    ワンチェン「…」

    ーワンチェンは全ての罪を認め逮捕、しかしこの背景のため罪は軽いー

    ディオ「…ジョジョ、待ってるよ…」

    ジョジョ「…」

    ージョジョは何も言えなかったー
  98. 98 : : 2014/07/26(土) 00:44:10

    ージョジョは、どこで間違ってしまったのだろうー

    ーその答えは見つからないー

    ー彼は、ただ自分を認めてほしかっただけなのかもしれないー





    ジョジョ「…ディオが悪くなかったら?」

  99. 99 : : 2014/07/26(土) 00:45:22

    長かったですがこれで終了です。

    ありがとうございました。

    楽しかったです。

  100. 100 : : 2014/08/01(金) 22:02:53
    ブラボー!おおッ!ブラボー!!
  101. 101 : : 2014/08/08(金) 08:41:43
    このSSには凄いとしか言いようが無い…凄味があるッ!!
  102. 102 : : 2014/09/01(月) 13:17:56
    パラレルワールドっすか!!面白かったです!!
  103. 103 : : 2014/11/01(土) 12:19:21
    >>1ィ!このssはッ!砂漠の真ん中でオアシスを見つけた人の目のようにッ!
    輝いているぞォ!
  104. 104 : : 2015/03/02(月) 15:18:02
    えっ(・д・)
  105. 105 : : 2015/06/10(水) 00:32:36
    ダニーがまるでパープルヘイズじゃあないかww
  106. 106 : : 2015/07/23(木) 11:38:42
    すげえ。すげえぞ!このssはー!!
  107. 107 : : 2015/08/31(月) 22:23:53
    「これが一巡後のわたしか・・・」
  108. 108 : : 2016/05/05(木) 19:17:56
    なんだこれ!?すごかった!!
  109. 109 : : 2016/07/14(木) 16:55:16
    イギーとかいたなww

▲一番上へ

名前
#

名前は最大20文字までで、記号は([]_+-)が使えます。また、トリップを使用することができます。詳しくはガイドをご確認ください。
トリップを付けておくと、あなたの書き込みのみ表示などのオプションが有効になります。
執筆者の方は、偽防止のためにトリップを付けておくことを強くおすすめします。

本文

2000文字以内で投稿できます。

0

投稿時に確認ウィンドウを表示する

著者情報
shun0308

マサチューセッツ

@shun0308

「ジョジョの奇妙な冒険」カテゴリの最新記事
「ジョジョの奇妙な冒険」SSの交流広場
ジョジョの奇妙な冒険 交流広場