ssnote

x

新規登録する

作品にスターを付けるにはユーザー登録が必要です! 今ならすぐに登録可能!

この作品は執筆を終了しています。

キース「貴様は何者だ!」 エレン「シガンシナ区出身! アルミン・アルレルトです!」 アルミン「はっ!?」(ギャグ)

    • Good
    • 56

loupe をクリックすると、その人の書き込みとそれに関連した書き込みだけが表示されます。

▼一番下へ

表示を元に戻す

  1. 1 : : 2014/03/30(日) 17:29:33
    思いつきでスレッド立てました!

    ギャグになると思います。(キャラ崩壊注意!!)

    文章ぐたぐたかもしれません。

    そして、更新遅いです。


    それでもOKの方は見てください!


    では、よろしくお願いします(*`・ω・)ゞ



  2. 2 : : 2014/03/30(日) 20:19:06
    訓練兵団 入団式


    キース「貴様は何者だ!」


    エレン「ハッ! シガンシナ区出身、アルミン・アルレルトです!」


    キース「そうか! バカみてぇな名前だな!!」


    エレン「俺もそう思います!」


    アルミン「(うぉい! 僕の名前勝手に使っときながら、馬鹿にすんなやっ!!)」


    キース「そっそうか!(何この子? 自分の名前バカみたいだと肯定しちゃったよ?)」


    キース「アルレルト! 貴様は何しにここに来た!?」


    エレン「人類を一匹残らず駆逐するためです!!」


    エレン「あっ! 間違えました! 巨人です!!」


    キース「(そこ重要だろ!! 間違えんなやっ!)」


    キース「それは素晴らしいな!! まぁ、お前みたいな奴は到底無理だろうがな!!」



    キース「次!!」

  3. 10 : : 2014/03/30(日) 23:42:21
    キース「貴様は何者だ!」


    ジャン「トロスト区出身! ジャン・キルシュタインジャン↑」


    キース「何のためにここに来たじゃん!(何のためにここに来た!!!)」


    ジャン「……ププッ」


    キース「貴様! 何故笑った!」


    ジャン「教官…。ご自分でお分かりでは?wwwwww」


    キース「!! 貴様の変な名前のせいで、おかしなことを言ってしまったではないか!」


    キース「このような事態を防ぐ為に、貴様は今日からジョンだ! 分かったな!」


    ジャン「理不尽じゃん!」


    キース「貴様はもういい。 次!!」
  4. 21 : : 2014/04/01(火) 00:53:31
    キース「貴様は何だ!!」


    マルコ「ウォール・ローゼ南区ジナエ町出身! マルコ・ボットです!」


    キース「何しにここに来た!」


    マルコ「憲兵団に入り! 王と仲良くなり、そしてお金をがっぽりと稼ぎ、裕福な暮らしをするためです!」


    キース「そうか…貴様はずる賢いこく生きそうだな!!」


    キース「だが、王と仲良くなれる確率はほとんどないと思うぞ!!」


    マルコ「それは、教官の頭から毛が生えてくるのと同じくらいの確率ということでしょうか?」


    みんな「(wwwwwwwwwwww)」


    キース「貴様…。覚えておけよ…。(こいつ、私の頭を馬鹿にしおって! これは、邪魔だから剃っただけだ! 決してハゲた訳ではないぞ!(^_^;))」


    キース「次!!」



  5. 26 : : 2014/04/02(水) 00:07:16
    キース「貴様は何者だ!?」


    アルミン「シガンシナ区出身! アルミン・アルレルトです!!」


    キース「…ほう。 貴様もアルレルトなのか…。 なぜ、この訓練兵団に同じ名前のものがいるのだ!」


    アルミン「(はっ! そうだった! エレンが僕の名前使ったんだった!)」チラッ


    エレン「wwwwwwwwwwww」


    アルミン「(むっちゃ笑ってるじゃないか!)」


    アルミン「…僕はエレン・イェーガーです。」


    キース「何故嘘をついた!!」


    アルミン「何かを変えることが出来る人は、名前をも変えることが出来るからです!!」


    キース「意味が分からん!!!」


    キース「貴様は、二度と嘘をつかないように!!」


    アルミン「(くそぉ…! エレンめ! 覚えてろよ!)」チラッ


    エレン「おっ!サンキュー!」モグモグ


    アルミン「(えーーーー! 隣の女の子と芋をシェアしてるぅぅぅぅぅ!!)」


    キース「次!!」


    キース「(Σ(゚д゚;) なんだあいつは!?)」




  6. 28 : : 2014/04/02(水) 00:34:00
    キース「オ…イ…。 貴様は何をやっている?」


    サシャ「アルミン、教官が何か言っていますよ!」


    キース「貴様だ! 貴様に言っている!! 確かにアルレルトも問題だが! !」


    キース「貴様…何者なんだ!?」


    サシャ「…ゴクン ウォール・ローゼ南区、ダウパー村出身!! サシャ・ブラウスです!」


    キース「サシャ・ブラウス…。貴様が右手に持っている物はなんだ?」


    サシャ「教官は分からないのですか? これは、教官の頭にそっくりな蒸かした芋です!!」


    キース「私の頭にそっくりという前置きはいらん!!!」


    エレン「教官! サシャは分かりやすく説明しただけではないでしょうか?」


    キース「アルレルト!! 貴様は口を閉じていろ!!」

  7. 29 : : 2014/04/02(水) 00:52:21
    キース「サシャ・ブラウス! 貴様は何故、今食べだした!」


    サシャ「芋がここにあるからです!!」


    キース「そうだろうな! 貴様が盗んできたからな!!」


    キース「もういい! 貴様は今から倒れるまで走ってこい!!」


    サシャ「!! 教官はSなんですね!」


    キース「やかましい!!」


    タッタッタッタッ


    キース「」チラッ


    エレン「」プルプル


    キース「…アルレルト、貴様は何をやっている!」


    エレン「プハァ! 教官が、口を閉じていろとおっしゃったので、閉じていました!」


    キース「息を吸うなとは言ってないだろ!! それに、何故鼻を使わない!?」


    エレン「はっ! その手がありましたね!」


    キース「…貴様も走ってこい!!」


    エレン「御意!!」


    キース「(何故104期は変な奴しかおらんのだ…。)」


    キース「(あの黒髪の子は真面目そうだな!)」


    キース「次!!」
  8. 41 : : 2014/04/02(水) 23:05:08
    キース「貴様は何者だ!」


    ミカサ「アルレルトの嫁です!(今、エレンはアルミン・アルレルト。 だから私はこう言わないといけない。)」


    キース「違う!! 名前を聞いているのだ!」


    ミカサ「ミカサ・アルレルトです!」


    アルミン「(あー…。ミカサまで僕の名前使い出したよ…。)」


    キース「(なぜこの子はアルミン・アルレルトと結婚しているのだ? まだ結婚できる歳ではない。 まぁ、いいか。 ほうっておこう。)」


    キース「何しにここへ来た!!」


    ミカサ「アルレルトとの愛を確かめるために来ました! 愛があれば巨人を蹴散らすことができる! そして世界を救えるのです!」


    キース「(愛だけで巨人倒せるわけないだろ!! 何この子? ほんとに何?)」


    キース「貴様の特技は何だ?」


    ミカサ「毛を削ぎ落とすことです!」


    キース「(この子危ない((((;゚Д゚)))))」サッ


    ミカサ「?? 教官、何故頭を隠しているのですか?」


    ミカサ「教官はそもそも不毛!(`・ω・´)ドャッ」


    キース「じゃかましい!!!」


    キース「次!!」




  9. 79 : : 2014/04/05(土) 01:02:51
    キース「(よし!これで最後だな)」


    キース「貴様は何者だ!」


    アニ「…アニ・レオンハート。」ボソッ


    キース「声が小さい!!」


    アニ「教官は耳が遠いです!! もう歳ですね!!」


    キース「まだ、若いわっ!!(まぁ、ハg…ゲフンゲフン 頭は剃っているのだがな!)」


    キース「貴様は何しにここに来た!?」


    アニ「出会いを求めに来ました! 婚活中です!」


    キース「(最後の最後にまた変な奴きたなぁ)(^_^;)」


    アニ「教官は焦っているようですが、あんたは私の眼中に無い!!」


    キース「分かっとるわっ!! 誰が貴様となんか!」


    アニ「あんた乙女にむかって酷いこと言うね。 来な!! コテンパンにしてやるよ!」


    キース「(何故こんなことになってるんだ…。 それにその身長じゃ私に勝てんだろうに…。)」


    アニ「今、私の身長馬鹿にしたよね? 乙女は小柄! これが鉄板さ!!」ドカッ バキッ


    キース「」


    アニ「ねぇ、どうしてこんな茶番になったと思う?」


    アニ「あんたがハゲだからだ!!」


    キース「それ、関係ないだろっ!!」



    なんとか通過儀礼を終えたキースは、たくさんのストレスが溜まっていたようです。


    ご愁傷様です。


    Byメガネ教官



  10. 87 : : 2014/04/06(日) 01:06:36
    ー入団式(通過儀礼)終了後ー


    ザワザワ ザワザワ

    オイ、アイツラナンナンダ? シルカヨ! コッチガキキタイヨ!


    アルミン「なんか食堂の前のベランダに人だかりができてるね。」


    ミカサ「なにがあったのだろう?」


    アルミン「!……」


    ミカサ「……」


    エレン「よっ! ほっ!」


    サシャ「シュー!」


    アルミン「エレンがバク転してて…。」


    ミカサ「サシャがその下をローラースケートでくぐってる…。」


    アルミン「何やってんだよっ!!」


    アルミン「教官に走れって言われてたじゃないか!」


    エレン「(*`゚з´)b゙ チッチッチッ それだからお前は名前間違えちゃうんだよwww」


    アルミン「いや!お前のせいだろ!」


    エレン「まぁ、いい。」


    アルミン「いや、よくないけどね!」


    エレン「走るというのはある場所から、ある程度の早さで進めば走るということになる。 それに俺は回転を加えた。 簡単なことさ!(`・ω・´)キリッ」


    アルミン「(うわぁ…。変な屁理屈言い出した。)」


    ミカサ「サシャはなぜローラースケート? ん?良く見れば…」


    サシャ「ミカサ、よく気がつきましたね!」


    サシャ「これはローラー部分が芋で出来ているのです(`・ω・´)ドャッ」


    アルミン「どーやって滑ってんだよ!!」

  11. 88 : : 2014/04/07(月) 02:27:02
    サシャ「エレン、それは企業秘密なので教えれません。」


    アルミン「いつから企業起こしたの? というか、ポテトスケート需要あるの? てか、僕はそのスケートの秘密知りたい訳じゃないけどね。」


    サシャ「アルミン、エレンが難しいこと言ってます。」


    エレン「あいつは昔から頭がかてぇからなwww 黒金竹のようになwww」


    サシャ「エレンの頭は黒金竹なんですか! ヘルメット不要ですね!」


    アルミン「僕は普通の頭だ!」


    エレン「まぁ、さっきあいつが言ってたことはつまり、俺たちのあの技を見たいってことだよ!」


    サシャ「なるほど! そう言う事だったんですね!」


    アルミン「なぜ、そうなる!! だれもお前らの技なんか見たいなんて言ってない!」


    エレン「まぁまぁ、そんなこと言うなよ。親友!」ガシッ


    ベルトルト「あの…君人違いだよ…。」


    エレン「あれ?お前、髪黒くしたんだな。それに身長が超大型巨人wwwwww」


    サシャ「壁バコーンですねwww」


    ベルトルト「あっあのさ、人違いだって…。さっきここにいた金髪の子はもう食堂に行ったよ? 黒髪の女の子と一緒に。」


    エレン「おい! サシャ! 超大型巨人が喋ってるぞ!人類は初めて巨人と意思を通わせることに成功したぞ!」


    サシャ「これはとてもすごい進歩です!」


    ベルトルト「(話が通じない…。 この二人とは巨人と意思を通わせるよりも難しそうだな…)」

  12. 95 : : 2014/04/18(金) 23:53:50
    エレン「あれ? よく見たらお前違うじゃん!」


    ベルトルト「だからそう言ってるよ。」


    サシャ「ベルトルトですよね?」


    ベルトルト「!! サシャ!君は素晴らしい人だ!僕の名前を間違えずに言えるなんて…。」


    サシャ「当たり前ですよ! 仲間は大切にします! 」


    ベルトルト「サシャ….。゚+.(・∀・)゚+.゚キラキラ」


    サシャ「これからよろしくお願いしますね! ベルサイユ!」


    ベルトルト「……。」


    エレン「きましたーー! サシャの必殺奥義! 上げてからの落とす! 今のお気持ちをどうぞ!」


    サシャ「いやぁ。 照れますね//」


    エレン「今後はどこように活動していきますか?」


    サシャ「そうですねぇ。これからもこの技を磨き、同期の精神を駆逐したいです!www」


    ベルトルト「うぉい!! さっきの仲間は大切にしますっていうのは嘘か!?」


    サシャ「はて? 何のことでしょう?www」


    ベルトルト「もういいよ。」


    エレン「はい! どうもありがとうございました!」


    ベルトルト「えっ? 」


    サシャ「どうしたんですか? ベルトルト? これはお笑いですよ?」


    ベルトルト「……そっか。(真面目に返事してた自分が恥ずかしい)」
  13. 96 : : 2014/04/29(火) 19:03:43
    ー食堂ー

    エレン「だから…見たことあるって…w」


    訓練兵1「本当か!?」


    訓練兵2「どのくらい大きいんだ!?」


    エレン「んー?りんご500個分くらいかな?www」


    皆「……(よくわかんねぇ…)」


    訓練兵3「とっ取り敢えずでかいんだな?」


    エレン「おうっ!」


    エレン「鎧もでかかったなぁwww それにあの体当たり、すげぇよ.゚+.(´∀`*).+゚.」


    皆「おっおうそうか…。(こいつイカレてるわwww)」


    エレン「鎧はな、なんと! ライナーにそっくりだ!!」


    皆「なっ(; ・`д・´)ナン…ダッテ!?」


    アルミン「確かにそっくりだったね!」


    ライナー「(`-ω-´)フッ」


    サシャ「ライナーかっこいいです!!」


    クリスタ「だから、そんなに筋肉がすごいのね!!」


    マルコ「そして、体がでかい!!」


    皆「なんて凄いんだ!!」


    ライナー「お前らよせよ! 照れるだろうが(`-ω-´)フッ」


    皆「うぉぉぉぉお! かっこいい!!」


    ベルトルト「……(ライナー! 何やってるんだ! (`-ω-´)フッじゃないよ!)」


    ベルトルト「(というか、なぜ皆はライナーが鎧の巨人なのにかっこいいって言ってるんだ? わっ分からぬ……)」
  14. 103 : : 2014/05/03(土) 23:14:54
    エレン「それと、超大型巨人はベルトルトにそっくりだ!!」


    皆「なっ(; ・`д・´)ナン…ダッテ!?」


    アルミン「悪魔の末裔が!」


    ミカサ「削いでやる!」


    マルコ「汗っかき野郎が!」


    クリスタ「名前言いにくいんだよ!」


    ライナー「俺の後ろについてくんな!」


    ベルトルト「えっ!?ちょっ……!? 僕は超大型巨人じゃないよ!」アセアセ


    ベルトルト「(なんで、僕はこんなに罵倒されてるんだ?! しかも何故ライナーまで!! ゆっ許さぬ!!)」


    皆「|ω・`)じー」


    ベルトルト「ほっほんとだよ!!」アセアセ


    ライナー「いや!こいつは超大型巨人だ!!」


    ベルトルト「はっ!?」


    ベルトルト「何言ってるんだよ!ライナー!」


    皆「やっぱりか!! 根絶やしにしてやる!!!」


    ライナー「いくぞ!みんな!人類の反撃はこれからだ!」


    ベルトルト「ライナァァァァ! 君も巨人だろっ!!!」


    ライナー「きょとん・・(*・o・)」


    ベルトルト「うぉい!!」
  15. 108 : : 2014/05/10(土) 18:13:35
    ライナー「まぁ、いい。 今日の所はこれで勘弁してやるよ! なっ?みんな!」


    皆「そうだな! 改めてよろしくなベルベロン!!」


    ベルトルト「……。」


    ベルトルト「今いろいろとおかしかったよね?」


    ライナー「ん?どこがだ?」


    ベルトルト「まず、なんでライナーが僕のこと罵倒してたんだよ! 君も巨人で仲間だろ!! おかしすぎる!!」


    ベルトルト「次に、なんでさっきまで僕のこと罵倒してた奴と、これから仲良くやってけるんだよ!!」


    ベルトルト「それに、名前間違ってるよ!! 」


    オイ! ナマエマチガッテタンダトヨ! マジカヨ……


    クリスタ「ベルサイユなんじゃない?」


    ユミル「いや、ベロリンガだ!」


    マルコ「違うよ! ベルベルベだよ!」


    サシャ「皆さん! 違いますよ!!」


    ベルトルト「サシャ!」


    サシャ「私とベルトルトは漫才をした仲。 間違えるはずがありません!」


    ベルトルト「ちゃんと覚えてくれたんだね!」キラキラ


    サシャ「ベルトゥルトですよ!」


    ベルトルト「なんか格好いいけど、違う!!!」
  16. 113 : : 2014/05/16(金) 18:16:50
    訓練兵1「ベルトゥルトのことはもう、おいとこうぜ!」


    訓練兵2「そうだな!」


    ベルトルト「酷い(;´Д`)」


    訓練兵3「なぁ、アルミン! そういえば、普通の巨人はどうなんだ?」


    エレン「ウッ…ゲホゲホ…ヤベェw」スプーンヲオトス


    皆「シーン」


    エレン「口に出してシーンって言うなよwwww」


    マルコ「みんなもっと質問しよう!」


    コニー「す、すまん! 色々と思い出させちまって…ん? この場合聞かない方がいいんじゃないのか?」


    マルコ「コニー…((-ω-。)(。-ω-))フルフル」


    コニー「俺が間違ってたんだな! ここは聞くべきなんだな!」


    マルコ「あぁ、そうさ!」


    コニー「アルミン! もっと詳しく教えてくれよ!」


    エレン「しょうがねぇな。 お前ら驚くんじゃねーぞ!」


    皆「おう!」
  17. 114 : : 2014/05/16(金) 18:31:14
    エレン「巨人なんてな…実際大したことねぇな。(`-ω-´)フッ」


    皆「(; ・`д・´)ナン…ダッテ!?」


    エレン「俺の母さんでも勝てるんだからなwww」


    ミカサ「カルラおばさんは凄かったwww」


    マルコ「教えてくれよ!.。゚+.(・∀・)゚+.゚」


    エレン「あぁ、いいぜ!」


    エレン「俺の母さんは、俺の父さんグリシャ・イェーガーと結婚して、後に俺を産んだ。」


    アニ「そこからかいっ!!」


    エレン「アニ!ナイスツッコミだ!」


    アニ「こんなの私にしてみれば朝飯前さっ!(`・ω・´)」


    エレン「お前は朝飯前に1人ツッコミしてたのか!」


    皆「(´-`).。oO(そういう意味じゃねーよwww)」


    アニ「そうさっ!(`-ω-´)フッ」


    皆「えぇぇぇぇーーー! そうなの!?wwwwww」


    アニ「あんたのボケと私のツッコミ。 なかなか相性がいいと思うけど、どう? 付き合ってみない?」


    エレン「丁重にお断り……しない!」


    アニ「しないんかい!! じゃあ、これからよろしく!」


    エレン「あぁ!」


    ミカサ「……エレン?」ゴゴゴゴゴ
  18. 122 : : 2014/05/21(水) 23:43:37
    アニ「どうしたの?ミカサ。こいつはアルミンだよ。」


    ミカサ「…( ゚д゚)ハッ!」


    アニ「あんたは老化が進んじゃったようだね。」


    ミカサ「私はあなたより1つ年下。 おばさんに言われたくない。」


    アニ「恋する乙女になんてこというんだい!!」


    エレン「まぁまぁ。落ち着けよ。」


    エレン「ミカサは老化が進んで、アニはおばさん。もう、こういうことにしとこうぜ!」


    ミカアニ「まとめんなっ!!」


    エレン「ビクッ」


    エレン「あっ!声に出してた。さっき、シーンって言ってた奴の気持ち分かったwww」


    ミカサ「今は、老化とかおばさんとか、どっちでもいい。 問題は、アルミンとアニが付き合うこと。」ゴゴゴ


    アニ「どこが問題なんだい?」ゴゴゴ


    ミカサ「私とアルミンは結婚している。ので、大問題!!」ゴゴゴ


    アニ「はっ! どうだか。 どうせあんたの嘘でしょ!」ゴゴゴ


    ミカサ「話し合いでは、解決できない。」スッ


    アニ「あぁ。そのようだね」スッ


    エレン「おい! お前らはどうしてこんなことで戦うんだよ!」


    ミカサ「仕方無いでしょ? 世界は残酷なんだから。」


    エレン「世界って…。スケールでけぇよ!www」
  19. 131 : : 2014/05/28(水) 00:22:37
    アニ「やるからには本気で行かせてもらうよ!」ゴゴゴ


    ミカサ「望むところ!」ゴゴゴ


    アニ「Σ(゚ω゚ノ)ノちょっ!ミカサ! あんたどうしたの!?www」


    ミカサ「ただ、両手にフォークとスプーンを持っているだけ」シャキン


    エレン「なんで、フォークとスプーンなんだよwww お前なら普通はブレード持ってくるべきだろwww」


    ミカサ「私は人間。瞬時にブレードを持ってくることは出来ない。」


    ミカサ「他のSSでの私の扱いは酷い(;´Д`)」


    アニ「あんた、この世界観でSSとか言うんじゃないよ!www」


    ミカサ「大丈夫。もうすでにいろいろと崩壊している(o´・ω-)b」


    エレン「(o´・ω-)b」


    アニ「そうだね。(o´・ω-)b」


    皆「(o´・ω-)b」
  20. 135 : : 2014/06/03(火) 21:02:25
    アニ「なんか馬鹿らしくなってきたよ(o´Д`)=зフゥ…」


    ミカサ「それもそう(o´Д`)=зフゥ…」


    エレン「なんかよく分からないけど、一件落着か?」


    アニ「さぁ、ご飯の続きを楽しもうじゃないか。」


    ミカサ「えぇ。そうね。」


    エレン「ちゃんと両手に持ってたフォークとスプーンで食べるのなwww」


    アニ「ミカサ、その…これからよろしく…。」


    ミカサ「……。」


    アニ「えっ!? 無視!?」


    ミカサ「……。」


    アニ「(´・ω・`)」


    ミカサ「」チョンチョン←肩を叩く


    アニ「なんだい?」


    アニ「Σ(゚ω゚ノ)ノ ”うん”ってフォークとスプーンで書いてある…。ミカサぁ!」


    ミカサ「(o´・ω-)b」


    エレン「口で言えやっ!!www」




    ジャン「おい!!! お前ら!!」


    エレン「どうしたんだ?ジョン?」


    ジャン「ジャンだよ!コノヤロー!!」
  21. 146 : : 2014/06/07(土) 01:02:39
    エレン「で?なんだよ。」


    ジャン「一言で言おう…。」


    ジャン「俺の出番おせぇよ!!!」


    エレン「俺的にはカットの予定だったけどwww」


    ジャン「そりゃひでぇじゃねぇーか!!」


    エレン「しょうがねぇな…。話を聞いてやるよ。」


    ジャン「上からだな!www」


    エレン「はっ? 何言ってんの? 俺の方が身長低いから、下からジャン!」


    ジャン「おい! いろいろぶっ込むんじゃねぇwwwwww」


    エレン「俺はシンプル派だけど?」ズズズ


    ジャン「お前が今飲んでるスープの話じゃねーよ!www」


    エレン「なんだ、違うのか。 てっきり、スープに入れる具材をぶっ込む話かと思ったじゃねぇか!www」


    ジャン「なんでそう思ったんだよ!www お前がバカなのがよく分かったぜwww」


    エレン「そんなに褒めても何も出ないぞ(。 ・`ω・´) キラン☆」


    ジャン「褒めてねぇよ! 貶してるんだよ!www」
  22. 151 : : 2014/06/08(日) 00:13:19
    ジャン「アルミン、話を戻すぞ!」


    エレン「おう!」


    ジャン「あのシーンをやるぜ!」


    エレン「まかせろっ!」


    ジャン「オイオイ正気か?」


    エレン「そうだが。お前こそ、いきなりそのセリフから入るなんて正気か?wwwwww」


    ジャン「そこ、突っ込むなよ!www」


    エレン「wwwwww」


    ジャン「話がなかなか進まねぇな! もう次いくぞ!」
  23. 152 : : 2014/06/08(日) 00:18:16
    ジャン「今、お前調s……」


    ジャジャジャジャーン ジャジャジャジャーン!


    エレン「おっ! 鐘がなったから寮に帰るか!www」


    ジャン「今の鐘かよっ!www おかしすぎだろ!!」


    ジャン「普通はカンカンカンとかだろ!www」


    エレン「普通に囚われてちゃ何も始まらねぇよ……(`-ω-´)フッ」


    ジャン「鐘くらい普通でいいだろっ!www」


  24. 153 : : 2014/06/08(日) 00:22:27
    サシャ「皆さん!!」


    クリスタ「どうしたの、サシャ?」


    サシャ「ちょっと叫びたいんです!」


    ユミル「勝手に叫んどけwww」


    サシャ「では……神ぃいいいいいいいいい!!!」


    皆「……」


    サシャ「すみませんww でも、ここで言っておかないと私の名言が出てこないと思ったのでwww」


    皆「wwwwwwwww」
  25. 166 : : 2014/06/23(月) 21:53:18
    ー翌日ー


    キース「まずは貴様らの適性を見る!両側の腰に……(以下略www)」


    キース「では、始め!!」


    眼鏡教官「見ろ…あの子だ。」


    ミカサ「アルミン。アルミン。 なぜ、あの女狐と付き合うとか昨日言ってたのだろうか……。許せない…。私というものがありながら…。」ブツブツ


    眼鏡教官「まったくブレが無い…。」


    新米教官「あの!心はブレブレのようですが!www」


    眼鏡教官「…………何をどうすればいいのかすべて分かるのだろう…。素質とはそういうものだ。」


    新米教官「最初の間は何ですか?!wwwwww」


    眼鏡教官「……そういうときもあるのだよwwwwww」


    新米教官「勉強になりますwwwwww」


    エレン「…何故か悪寒がするんだが…。」ブルブル


    アルミン「大丈夫?…(まさか!!)」チラッ


    ミカサ「アルミンは私のもの…。アルミンは私のもの…。 アルミンは私…。ん? 私達は一心同体?///」ブツブツ


    アルミン「(やっぱりミカサだーーー!)」


    アルミン「アルミン!(o´・ω-)b」


    エレン「??」

  26. 172 : : 2014/06/28(土) 18:04:39
    エレン「おい!エレン、次お前の番だぞ!」


    アルミン「ほんとだ! 頑張ってくる!」


    エレン「おう!」





    眼鏡教官「んん…今期はできる者が多いようだ。」


    コニー「天才とは俺の事(。 ・`ω・´) キラン☆」ギシギシ


    サシャ「芋は友達!! 芋 my friend!!」ギシギシ


    ジャン「俺、出番少なくね…? あのバカ二人より少ないし…( ´'ω'` )( ´'ω'` )」ジャンジャン


    新米教官「……。(なんか可笑しくないかwww??)」


    新米教官「(確かに上手だが……www 何?このカオスな訓練??www もうやだぁん お腹いたぁいww」


    眼鏡教官「おい? お前はオネエなのか…?」


    新米教官「はっ! オネエでございますwww」


    眼鏡教官「サザエでございますみたいに言うなwww」




    新米教官「あの…彼は…。」


    眼鏡教官「どうしたんだ? Σ(゚д゚;) クソワロタンバリンシャンシャンwww」


    新米教官「私は眼鏡教官の発言にクソワロタンバリンシャンシャンwww」


    キース「カオスだな この状態は カオスだなwww」


    キース「キース心の俳句!!」


  27. 174 : : 2014/06/29(日) 00:27:22
    眼鏡教官「素質というものだろうwww 人並みwww以上にwwwできることがあれば……www」


    新米教官「笑いすぎですwww」


    眼鏡教官「人並み以上にできないこともあるwww」





    アルミン「……」プラーン


    エレン「……w」


    ミカサ「……w」


    アルミン「えぇぇえぇぇーーー!!! なんで?? なんで僕なのーーー??」


    アルミン「これは僕の役じゃないでしょーーーー!?」


    キース「何をやっている! エレン・イェーガー!!」


    アルミン「はっ! 姿勢制御の訓練です!」キリッ


    キース「それは見ればわかる!!」


    キース「上体を怒せ!!」


    キース「( ゚д゚)ハッ! 違う! 上体を起こせ!!」


    アルミン「ププーwww」


    キース「」イラッ
  28. 175 : : 2014/06/29(日) 00:33:16
    キース「貴様に笑われる筋合いはない!!」


    アルミン「僕だって好きでひっくり返ってるワケじゃないのに…」ボソッ


    エレン「エレン! 早く上体起こせよwwwwww」


    アルミン「お前に言われたくねぇよ!!」


    アルミン「原作では出来なかったくせに!!」


    エレン「( ̄o ̄ ̄ 3)ん?」


    アルミン「うわぁ… すごいムカつく。」


    エレン「まっ俺は出来たし(`・ω・´)ドャッ」


    アルミン「そのドヤ顔腹立つー!!」
  29. 176 : : 2014/06/29(日) 00:38:37
    アルミン「ん? まてよ…。 もしかしてベルトこわけてるんじゃ…!」


    ミカサ「それはない。エレン。」


    アルミン「えっ!? なんで?」


    エレン「俺がお前のベルトを確認しておいたからだ!」


    アルミン「いつの間に!!」


    エレン「さっきの間だ!!」


    アルミン「……。」


    エレン「俺が確認したんだから、大丈夫だ!」


    アルミン「えっ?何? 姿勢制御出来ないのって僕の運動神経が悪いからなの? そうなの?」
  30. 180 : : 2014/06/29(日) 14:06:31
    >>仲良し三人組さん
    ありがとうございますwww
  31. 184 : : 2014/06/29(日) 14:26:36
    エレン「そうなんじゃねwww」


    ミカサ「エレン、私が練習に付き合ってあげてもいいけど?www」


    ジャン「おいおい、お前ら。 ちょっとひでぇんじゃねぇーの?w」


    エレン「何がいいたいのかな? ジャン坊?www」


    ジャン「その呼び方止めろよ!! というか、何故知ってるんだ!?」


    エレン「そりゃ、寝言で”母ちゃん! ジャン坊は寂しいよォォ! 母ちゃん!!”なんて言ってたらなぁwww」


    ジャン「なんだってぇぇぇ!?」


    コニー「お前の寝言はすげぇよwww」


    ジャン「クソッ!! お前ら覚えてろよ!!!」ダダダダッ


    エレン「おう! ジャン坊ってこと忘れねぇよwww」


    ジャン「それは忘れろ!!!」ダダダダッ
  32. 185 : : 2014/06/29(日) 14:34:45
    アルミン「ねぇ、そういえばジャンは何をいいに来たんだろ?」


    エレン「さぁなw」


    コニー「なぁ、エレン。 お前ずっとぶら下がったままだが、頭に血が上らねぇのか?www」


    アルミン「……」プラーン


    アルミン「……もうなれたよ…。」プラーン


    コニー「そっそうか!」





    ライナー「おい! お前らいつまで訓練してるんだ? もう終わったぞ?」


    エレン「えっ!まじか!?」


    アルミン「あれ?そういえばミカサは?」


    エレン「確かに!」


    ベルトルト「ミカサなら、そこで紅茶飲んでるよ。」


    ミカサ「ズズッ」←足を組みながら紅茶を満喫中


    エレアル「うぉぉぉぉぉい!!!」
  33. 186 : : 2014/06/29(日) 15:16:38
    アルミン「なんで、一人だけくつろいでるんだよぉぉぉぉ!!!」


    エレン「なんで紅茶なんだよぉぉぉ!! そこは珈琲だろぉぉぉぉ!?」


    エレアル「えっ!?」


    アルミン「紅茶か珈琲なんてどっちでもいいじゃないか!!」


    エレン「いや、重要だ!!」


    アルミン「何処がだよ!!!」


    ミカサ 「落ち着いて二人とも。ズズッ」





    ライナー「なぁ、もう兵舎に帰らないか?」


    ベルトルト「そうだよ!」


    ミカサ「えぇ。そうしましょう。」


    エレン「そうだな。」


    ゾロゾロ←皆帰っていく



    アルミン「うぉぉぉぉぉい!!! 待てよ! 置いてくなよ!!!」ジタバタ


    アルミン「……(´・ω・`)」


    エレン「お前はもう…死んでいる!(*`・ω・´)」


    アルミン「死んでないよ!! 生きてるよ!!!」


    エレン「アディオス!!」


    アルミン「うぉぉぉぉぉい!!!」


    アルミン「……(´・ω・`)」


    アルミン「……。゚(゚´Д`゚)゚。」
  34. 189 : : 2014/06/29(日) 15:28:14
    コニー「エレン! 今下ろしてやるよ!」


    アルミン「コニーィィィィ!!」


    コニー「これで好感度上がったか? マルコがこうするといいって言ってたんだ!」


    アルミン「……。」


    アルミン「マルコ、君には失望したよwww」


    アルミン「そのゲスっぷりは流石だなwww」


    コニー「……??」


    アルミン「さぁ、そろそろ帰ろうか。」


    コニー「あっあぁ。そうだな!」


    アルミン「野郎どもが待ってるあの兵舎へ!!!」


    コニー「おうwww(エレンが厨二病になってきてる。どうしよwww)」




    こうして男たちは兵舎へと向かって走って行った。





    アルミン「ケンケンパ!w」


    コニー「ケンケンパ!w」


    ケンケンパをしながら……www


    今日あった悲しいことを忘れたかのようにwww


    コニー「俺、別に悲しいこと無かったぞ?」




    バカと厨二の姿はもう見えない。




    ──────END─────































    と見せかけての







    ──────To be continued──────





  35. 190 : : 2014/06/29(日) 15:31:06
    いったんここで終了とします。


    作者のケータイはレス数が多くなると重たくなるので大変なのですwww


    さて、読者の皆様、笑って頂けたでしょうか?

    笑ってもらえたのなら嬉しいです!!


    新しくスレッドをたてるので、そちらもよろしくお願いしますm(*_ _)m


    お気に入り登録や、コメントして下さった方ありがとうございました!!
  36. 191 : : 2014/06/29(日) 15:32:07
    感想お待ちしてます!!

    (批判的なものは辞めて下さいね! 作者のメンタルは豆腐ですwww)
  37. 192 : : 2014/06/29(日) 15:41:41
    http://www.ssnote.net/archives/19046

    続きです!
  38. 193 : : 2014/06/30(月) 07:50:45
    乙 面白かった!
  39. 194 : : 2014/06/30(月) 20:05:11
    面白すぎて食べてたわらび餅のきな粉が喉に詰まったという…ねwwwwww
  40. 195 : : 2014/06/30(月) 21:35:34
    >>名無しさん

    ありがとうございます((。´・ω・)。´_ _))ペコリ

    >>いちごわさびさん

    大丈夫ですか!?www そんなあなたに水をプレゼント!w つ水inコップ


    コメントありがとうございます!
  41. 196 : : 2014/07/01(火) 20:09:52
    さっきから笑いが止まらないwww
  42. 197 : : 2014/07/01(火) 20:14:32
    >>バナナアイスさん

    ありがとうございますwww
    嬉しいですwww
  43. 198 : : 2014/07/02(水) 21:53:38
    アルミンが可哀想・・・・(´・ω・) もうちょっといい役ない?さもないと削ぐぞ?wwwwwwww
  44. 199 : : 2014/07/05(土) 21:01:51
    笑いすぎてお腹痛いですww
    最初から最後まで超おもしろかったですwwww
  45. 200 : : 2014/07/05(土) 22:23:33
    コメントありがとうございます!

    アルミンは…w
  46. 203 : : 2014/07/08(火) 18:49:26
    執筆中にもらったコメントは、見にくくなるため非表示にさせてもらいました。


    たくさんのコメントがもらえて私は嬉しかったです!
    ありがとうございました!
  47. 204 : : 2014/07/10(木) 00:56:02
    すごいおもしろかったです!

    顔文字がかわいいですね

    次回にも期待!
  48. 205 : : 2014/07/12(土) 22:08:14
    END
    と見せかけてのwww
    おもろいwww
  49. 206 : : 2014/07/12(土) 22:34:35
    もう最高でしたw

    さて、つづきつづき(笑)
  50. 207 : : 2014/07/25(金) 00:02:38
    なにこれ、カオス笑
  51. 208 : : 2014/08/19(火) 09:52:39
    かwwwwおすwwwwwwwwww
    まじかwwwwwwwwwwwww
    ちょwwwwwは、はらいtwwwwwwwwwwwwwwwwww
  52. 209 : : 2014/08/21(木) 14:40:21
    爆笑しましたwww
  53. 210 : : 2014/08/23(土) 14:36:44
    絵文字がwww
    腹筋崩壊しますwwwwww
    続き期待www
  54. 211 : : 2014/08/28(木) 16:42:18
    面白かったwwwwwけど俺的にはアルミンとエレン逆でよかったゲフンゲフンなんでもありやせん
  55. 212 : : 2014/08/29(金) 09:23:47
    めちゃくちゃ面白かったです!

    絵文字wwwwwww
  56. 213 : : 2014/09/01(月) 19:53:41
    おもろいwwwwwwwwwwwwwwまた書いて~
  57. 214 : : 2014/09/02(火) 20:00:01
    吹きまくったwwwwwwwwww
  58. 215 : : 2014/09/03(水) 23:04:06
    続き期待!
  59. 216 : : 2014/09/07(日) 22:27:11
    はっは!
  60. 217 : : 2014/09/09(火) 16:52:47
    めっちゃ笑いましたww
  61. 218 : : 2014/09/13(土) 18:30:08
    カオスやわ~wwwwwww
  62. 219 : : 2014/09/16(火) 19:38:27
    アルミン(笑)
    面白いです(笑)
  63. 220 : : 2014/09/21(日) 01:50:29
    腹筋崩壊しましたwwwww
    キースをイジり倒すシーンがもうwwww
    面白かったです!
  64. 221 : : 2014/09/21(日) 13:14:59
    wwwワロタ
  65. 222 : : 2014/09/22(月) 23:39:07
    ちょっw絵文字wなんか、後々笑いが来るですけどww

    ってか笑いすぎて、灰皿ひっくり返ったw大変すぎて死ぬ(俺が)
  66. 223 : : 2014/09/27(土) 21:03:41
    つまんね
  67. 224 : : 2014/09/29(月) 19:10:07
    むむむ 荒しがいるなwww
    それより期待!
  68. 225 : : 2014/10/06(月) 20:11:20
    乙乙、いやはや面白かったですな~w次回もぜひとも期待したい

    >>223 なるほど~、君はしりとりをしたいわけか~・・・
        なから始まる・・・ね、ね、ネギ!これでどうだね(ドヤッw
  69. 226 : : 2014/10/06(月) 20:13:24
    失敬、「ねからはじまる」だったw
    なんで、「な」から始まってからネギになるんだよ!?ってなw
  70. 227 : : 2014/10/21(火) 22:33:52
    ゲスミンの二つ名がある奴に下種呼ばわりされる筋合いは無いんだけど・・・・・・                          byまる子 ポット    
  71. 228 : : 2014/10/21(火) 22:38:18
    トルトルベはやはりここでも名前ネタかwww           おっと失礼、私もつい間違えてしまったwwww
  72. 229 : : 2014/10/28(火) 00:17:21
    めちゃ笑いましたwww
    面白いです!
  73. 230 : : 2014/11/30(日) 18:10:50
    ベルトゥルト頑張れwwwwwwwz
  74. 231 : : 2014/12/05(金) 14:23:52
    この作品のネタ動画でみた。パクリだったのか。
  75. 232 : : 2014/12/05(金) 23:57:11
    >>231
    糞餓鬼はタヒんでね♪
    まじでキモイ&マジキチだから…wwww
    あ…言葉の意味…分かんなかったか厨房よw
  76. 233 : : 2014/12/10(水) 22:11:53
    >>232
    通報しました。
  77. 234 : : 2014/12/13(土) 12:09:57
    >>233
    ナイス
  78. 235 : : 2014/12/13(土) 12:10:53
    >>225>>226
    評価に対して何を言ってるんだ貴様ら
  79. 236 : : 2015/01/13(火) 17:25:04
    最初のほうパクりですね···
  80. 237 : : 2015/01/25(日) 18:56:31
    クッソ吹きましたwwwベルタルトの扱いwwwあれwwwベルサイユだったっけwww
    ま、どうでもいいやwwwベロリンガの名前なんてwww
    ???「どうでもよくないよ...このぼkベルトルトの名前は覚えてやってよ...」
  81. 238 : : 2015/02/08(日) 01:41:30
    笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑
  82. 239 : : 2015/02/18(水) 00:25:20
    >>235>>234のスレを片っ端から荒らしてやろうwwww
  83. 240 : : 2015/05/02(土) 12:07:28
    ちわ
  84. 241 : : 2015/08/25(火) 18:53:11
    おもれぇwwwwwwwwwwwwww
  85. 242 : : 2015/10/05(月) 21:05:06
    どうも、ウーサーさんです!このssは、私の中で2位です!すごく面白かった!これからも、期待(>_<)
  86. 243 : : 2015/12/26(土) 19:47:51
    ヤベェ
    3時間腹痛になったwwwwww
    面白かったwwwwww
  87. 244 : : 2016/03/22(火) 18:26:44
    ミカサザマアシネ消え失せろばかあほかす

  88. 245 : : 2016/07/02(土) 12:49:56
    クソワロタw
  89. 247 : : 2016/07/05(火) 13:09:18
    パクリ乙
  90. 260 : : 2017/06/20(火) 14:44:28
    アニオモロwwwwwwwwww

▲一番上へ

名前
#

名前は最大20文字までで、記号は([]_+-)が使えます。また、トリップを使用することができます。詳しくはガイドをご確認ください。
トリップを付けておくと、あなたの書き込みのみ表示などのオプションが有効になります。
執筆者の方は、偽防止のためにトリップを付けておくことを強くおすすめします。

本文

2000文字以内で投稿できます。

0

投稿時に確認ウィンドウを表示する

著者情報
mikasa-L

葉月@久々

@mikasa-L

この作品はシリーズ作品です

葉月のギャグ集www シリーズ

「進撃の巨人」カテゴリの人気記事
「進撃の巨人」カテゴリの最新記事
「進撃の巨人」SSの交流広場
進撃の巨人 交流広場