ssnote

x

新規登録する

作品にスターを付けるにはユーザー登録が必要です! 今ならすぐに登録可能!

この作品は執筆を終了しています。

エレン「俺とクリスタの夏休み」

    • Good
    • 12

loupe をクリックすると、その人の書き込みとそれに関連した書き込みだけが表示されます。

▼一番下へ

表示を元に戻す

  1. 1 : : 2013/10/20(日) 14:19:01
    前作
    クリスタ「なんとしてでもエレンと付き合う!」
    http://www.ssnote.net/archives/981
    アニ「催眠術?」
    http://www.ssnote.net/archives/1079
    アルアニ「本」(鬱エンド注意!)
    http://www.ssnote.net/archives/1227

    とは一切関係ない物語です。
    ちなみに今回はほのぼのでぬくぬくした物語です、なので皆さんも温かい目で見てあげてください!
    キャラ崩壊と捏造は、自分の得意科目です!
    そして初めての現パロです!
  2. 2 : : 2013/10/20(日) 14:21:30
    カルラ「いい? ちゃんといい子にしてるのよ?」
    エレン「大丈夫だよ、母さん達こそ一週間親子水入らずで楽しんできなよ!」
    カルラ「まぁ、そんな言葉どこで覚えたのかしら」
    グリシャ「そろそろ時間だ、行こう」
    カルラ「はいはい、じゃあ行ってくるわね」

    エレン「行ってらっしゃい!」
  3. 3 : : 2013/10/20(日) 14:30:49
    エレクリ期待
  4. 4 : : 2013/10/20(日) 14:30:51
    ミーンミンミーン
    エレン「はぁ、夏か・・・」

    トゥルルルルル! トゥルルルルル!
    エレン「ん、電話だ」
    ガチャ
    エレン「はい、イェーガーですけど?」

    クリスタ「エレン?」
    エレン「ああ、クリスタか! どうした?」
    クリスタ「よかったらさ・・・、一緒に遊びたいなぁ・・・って///」
    クリスタ(ユミルの話だと、まずは一緒に触れ合うのが大事だって言ってたよね・・・頑張らなきゃ!)

    エレン(まあ暇だしいいか)
    エレン「いいよ」
    クリスタ「本当?!」
    エレン「ああ、俺の家来いよ」
    クリスタ「えっ?! 家?!」カァ///
    クリスタ(家って、俺の家って言ったよね?/// ど、どうしよ! 嬉しいけど恥ずかしいよ!)
    エレン「あー、ダメだったか? なら・・・
    クリスタ「ううん! 行く! 絶対に行く! すぐ行く!」
    クリスタ(口が勝手に/// どうしよう・・・、変に思われないかな・・・)
    エレン「分かった、じゃあ待ってるよ」
    クリスタ「うん!」
    クリスタ(ホッ・・・変に思われてないみたいで良かった♪)
  5. 5 : : 2013/10/20(日) 14:45:16
    数十分後、

    ピンポーン。
    エレン「おっ来たか、はい!」
    ガチャ
    クリスタ「く、クリスタです! ふ、不束者ですがよろしくお願いします!」
    エレン「えっ・・・」
    クリスタ「えっ! あっ! エレン! こ、こんにちは」ニコ
    エレン(結構かわいい・・・)
    エレン「まあ、入れよ」
    クリスタ「う、うん/// お、お邪魔します///」
    スタスタ

    クリスタ「そういえば、エレンは今まで何やってたの?」
    エレン「勉強だ!」
    クリスタ「そうなんだ、偉いなぁ!」
    エレン「ただ、この問題で躓いていたんだよな」

    りんごが10個ありました、ヘボ太くんはそのりんごを1個食べました。 ジャイアソはりんごを全部食べました、さて残ったのは?

  6. 6 : : 2013/10/20(日) 14:56:29
    クリスタ(え・・・えぇー、算数・・・?)←中学生

    エレン「これだけわけ分からないんだよなぁ・・・」←中学生

    クリスタ「これ、すごい簡単な気が・・・」
    エレン「マジか?! クリスタ先生さすが!」

    クリスタ(クリスタ・・・先生?)キラキラ

    クリスタ「も、もう仕方ないなぁエレン君は///」
    クリスタ(さっそくアピールできるポイントが来た!)
    クリスタ「まずリンゴが10−1だから9でしょ?」
    エレン「ふむふむ」
    クリスタ「でジャイアソが9個食べたから残りはないよ!」
    エレン「おお! すごいな! クリスタ天才だ!」
    クリスタ「でしょ?」ドヤァ
    クリスタ「それで答えは?」








    A、リンゴの芯10個
    エレクリ「・・・・・・」
  7. 7 : : 2013/10/20(日) 15:10:58
    エレン「やっぱりクリスタも引っかかるよな!」
    クリスタ「エ・レ・ン?」ニコ

    エレン「ん、なんだ?」
    クリスタ「これのどこが勉強なのかなぁ?」ゴゴゴゴ

    エレン「いや、これはその・・・」
    クリスタ「」チラ
    クリスタ(夏休みの課題をまとめて、机の端に置いてる・・・ということは夏休みの課題が分からなくて投げ出したんだろうなぁ・・・)
    クリスタ「エレン?」ニコ
    エレン「はい」セイザ
    クリスタ「夏休みの課題手伝ってあげてもいいよ?」
    エレン「本当か?!」
    クリスタ「ただし!」
    エレン「はい!」ビク

    クリスタ「ちゃんと真面目にやること、分かった?」
    エレン「はい・・・」

    クリスタ(あれ? いつの間にか緊張が消えてる・・・)
  8. 8 : : 2013/10/20(日) 15:29:51
    クリスタ「じゃあまずは読書感想文からやろうか」
    エレン「えー、だってあれ本を丸々一冊読まなきゃいけないじゃん!」
    クリスタ「実はね・・・、短時間で本を丸々一冊読めるのがあるんだよ!」
    エレン「嘘?!」
    クリスタ「蜘◯の糸という名作なんだけど、これなら10分ぐらいで丸々一冊読めるのだ!」

    エレン「す、すげぇ! なんでだ!」
    クリスタ「普通の本より遥かに短いからね、その代わり内容は深いけど」
    エレン「なんかセコイ気が・・・」
    クリスタ「ムッ、じゃあ辞書ぐらい厚いの読んじゃおっか♪」
    エレン「待て待て! 読みます! 読む!」
  9. 9 : : 2013/10/20(日) 15:38:42
    親子みずいらずではなく
    夫婦水入らずでは?
  10. 10 : : 2013/10/20(日) 15:39:46
    >>9
    ご指摘ありがとうございます!
    そうでした>_<
  11. 11 : : 2013/10/20(日) 16:15:35
    図書館、
    奥さん「あらあら熱いわね・・・」
    おじいさん「わかい頃を思い出すわい」
    ホームレス「彼女より家が欲しい」

    エレン「な、なぁ手繋ぐのなんか恥ずかしいんだけど・・・」
    クリスタ「ダーメ♪」
    エレン「ちょっとトイレ・・・」
    クリスタ「さっき行ったでしょ?」
    エレン(周りから絶対変な目で見られてる! でもクリスタは・・・)
    クリスタ「♪〜」ニコニコ
    エレン「なんかすごい喜んでる!」

    ーーーーーーーーーーーー
    それは図書館に行く少し前、
    クリスタ(ちょっと恥ずかしいけど、積極的にいってみようかな///)

    クリスタ「一緒にさどこか行くって、デートみたいだよね・・・///」
    エレン「いやただの友達と遊びにいくだけだろ」エガオ
    クリスタ「」カチン
    クロスタ(へぇ〜、お友達か〜、そっかそうだよね〜)
    クロスタ「」ニヤリ
    エレン「ん?」
    クロスタ「友達同士なら手を繋ぐのも問題ないよね?」ニコ
    エレン「いやそれは・・・
    クロスタ「辞書がいい?♪」
    エレン「問題ないです!」
    ーーーーーーーーーーーーーーーー
    エレン(とら言うものの・・・これは本当にデートじゃないか!)
  12. 12 : : 2013/10/20(日) 16:16:23
    >>11
    とは言うものの でした>_<
  13. 13 : : 2013/10/20(日) 16:47:31
    クリスタ「確かここら辺にあったかな、これだこれ!」

    エレン「薄っすいなこれ! パンフレットぐらいのサイズじゃん!」
    クリスタ「そうそう、それじゃあ読んで行こうか!」

    ーーーーーーーー数分後ーーーーーーーー
    エレン「よし、読み終えた!」
    クリスタ「お疲れ様!」
    エレン「じゃあ帰るか!」
    ガシ
    クリスタ「感想文は?」ニコ
    エレン(こ、これクリスタの力なのか?! すごい強いんだけど!)
    エレン「大丈夫! 後で書くから!」
    クリスタ「今まで読書感想文の提出をした回数は?」
    エレン「0だ!」キリ
    クリスタ「もう! そんな人が後で書けるわけないでしょ! 今から書くよ!」
    エレン「はい・・・」

    エレン「でもさ、読書感想文ってさ中々書くの難しくない?」
    クリスタ「そうだね、作者は密林の本のレビュー適当に引っ張って書いてるらしいけどね。 まずはさ、この本をどうして選んだの?」
    エレン「そりゃ、クリスタが勧めてくれたから!」
    クリスタ「まあそうなんだけどね・・・、じゃあ次はこの本のあらすじを簡単に書くの」
    エレン「ふむふむ」カキカキ
    クリスタ「次に、もし自分が主人公ならどうする?」
    エレン「そうだな、地獄にいるやつはみんな罪人なんだろ? なら俺はそいつらを全員駆逐して蜘蛛の糸に登る!」←中学二年生
    クリスタ「・・・、えっとそれはどうしてそう思ったの?」
    エレン「そりゃ悪い奴はやっつけるべきだ!」
    クリスタ「悪い奴をやっつけようと思うきっかけは?」
    エレン「えっ、えーと見ててイライラするから!」
    クリスタ「初めてイライラしたのは?」
    エレン「・・・・・・ごめん」
    クリスタ「えっ?」
    エレン「それだけはちょっと・・・」
    クリスタ「そ、そっか! でも今までの事書いていけばきっと埋まるよ!」
    エレン「おう、ありがとな!」
  14. 14 : : 2013/10/20(日) 17:06:13
    おもしろいです
    頑張ってください
  15. 15 : : 2013/10/20(日) 17:22:01
    >>14
    ありがとうです!
  16. 16 : : 2013/10/20(日) 17:25:57
    期待です!
  17. 17 : : 2013/10/20(日) 17:42:31
    数時間後、
    エレン「ふぅー、書き終えた!」
    クリスタ「じゃあ今日はこの辺で・・・」
    エレン「ああ!」
    クリスタ「そういえば、エレンの両親はどっか出かけてるの?」
    エレン「一週間、海外旅行に」
    クリスタ「そうなんだ、いつ帰ってくるの?」
    エレン「一週間後」
    クリスタ「えっじゃあご飯は?!」
    エレン「なんかお金もらってカップ麺かなんか買いなさいって」
    クリスタ(そんなんじゃ栄養が偏っちゃう! でも私の両親が許してくれないだろうし・・・)
    ーーーーーーーーーーーーーーーー
    クリスタの頭の中、
    ガチャ
    クリスタ「お帰りなさい、 あ・な・た♪」

    エレン「ああ、ただいま」
    クリスタ「ご飯にする? それともお風呂にする?」
    ダキッ
    クリスタ「えっ///」
    エレン「クリスタで」

    ーーーーーーーーーーーーーーーー
    クリスタ(やっぱり交渉しよう)

    エレン「どうしたんだ? クリスタ」
    クリスタ「ううん、ちょっとさ私の家まで送ってもらっていい?」
    エレン「いいよ」

    ーーーーーーーーーーーー数十分後
    クリスタの家の前、
    クリスタ「ちょっと待っててね」
    エレン「う、うん・・・」
    エレン(これ家? ネズミーランドで似た城見たんだけど・・・)
  18. 18 : : 2013/10/20(日) 18:11:59
    はよはよ
  19. 19 : : 2013/10/20(日) 18:38:14
    クリスタ「ただいまー!」
    クリスタ父・母「お帰りなさい」

    クリスタ「一週間友達の家に泊まってもいい?」
    クリスタ父「ダメだ!」
    クリスタ父(誰がこんな天使を他の家に泊まらせるものか!)
    クリスタ母「あらあら・・・、一週間くらいいいんじゃない?」
    クリスタ父「一週間くらいって、一週間が何時間あると思っているんだ! 168時間じゃないか!」
    クリスタ(や、やっぱりダメか・・・)
    クリスタ母「あなただって一週間は一瞬だとか言って私を口説いたじゃない!」
    クリスタ父「あれは言葉のあやだ!」

    クリスタ「・・・クス」
    クリスタ父「いいかクリスタ、よく聞くんだ」
    クリスタ「はい」
    クリスタ父「女という文字はどうやって出来ているか知っているか?」
    クリスタ「えっ、くノ一からじゃないの?」
    クリスタ父「違う! いいかい女という漢字は手を前に重ね膝まずいている様子の象形文字だ!」
    クリスタ「なるほど・・・」
    クリスタ父「だからクリスタ! お前もひざまず

    ゴス
    クリスタ母「このバカをちょっとどうにかしてくるから、いってきなさい」ニコ
    クリスタ「うん!! いってくる!」


    クリスタ母「さて、あなた・・・」ゴゴゴゴ
    クリスタ父「はい・・・」
    クリスタ母「懺悔の用意はできたかい?!」クワ

    ドカバキゴスゴスゴス

    クリスタ「あー、よかった♪」
  20. 20 : : 2013/10/20(日) 19:26:06
    ちょっと休憩
  21. 21 : : 2013/10/20(日) 20:20:01
    クリスタ父ィ・・・
    期待です
  22. 22 : : 2013/10/20(日) 21:31:08
    再開します!
  23. 23 : : 2013/10/20(日) 21:31:39
    エレクリか!!!期待してます
  24. 24 : : 2013/10/20(日) 21:33:58
    はよ
  25. 25 : : 2013/10/20(日) 21:34:48
    エレン「もうかれこれ30分くらいか・・・」

    タッタッタ ガラガラガラ
    クリスタ「ごめん! お待たせ!」
    エレン「えっ、そのスーツケース何?!」
    クリスタ「ちょっとエレンの所に一週間いようと思って!」
    エレン「いや・・・でもそんな・・・」
    ギュウ
    クリスタ「ダメ・・・かな?」ウワメヅカイ
    エレン「あっ!」カァ//////
    エレン「持つよ・・・」
    クリスタ「い、いいよ! 大丈夫だよこれくらい!」
    エレン「男の俺が持つものだから」
    クリスタ「う、うん・・・分かった・・・///」

    ガラガラガラ

    エレン「にしてもこれ重いな! なに入ってるんだよ!」
    クリスタ「着替えとか色々・・・」
    エレン「まぁ、まず家に持って行かなきゃな!」
    ーーーーーーーーーーーー
    エレンの家
    エレン「やっとついたな!」
    クリスタ「お疲れ様!」
    エレン「もう六時か・・・」
    クリスタ「買い物行こっか♪」
    エレン「だな!」
  26. 26 : : 2013/10/20(日) 21:44:32
    女神と二きり・・・・・・
    羨ましい!!
  27. 27 : : 2013/10/20(日) 23:28:56
    デパート、
    エレン「さて、カップ麺を買わなきゃ」
    クリスタ「ダメ!」
    エレン「えっ?」
    クリスタ「私が作るよ!」
    エレン「えっ、クリスタは料理出来るのか?!」
    クリスタ「当たり前でしょ♪」フフン
    エレン「おお! じゃあ頼む!」
    クリスタ「エレンは何が食べたい?」
    エレン「チーハン!」
    クリスタ「じゃあまずは合い挽き肉と玉ねぎと卵とパン粉だね」
    エレン「おう!」
    クリスタ「後は人参とアスパラガスとレタスとトマトぐらいかな?」
    エレン「えっ、えー? 人参?」←人参苦手
    クリスタ(エレンは人参が苦手なんだね・・・)
    クリスタ「もしかして人参嫌い?」
    エレン「うん・・・」
    クリスタ(だけどβカロテンとかビタミンAとか多く含んでるから美味しいんだけどなぁ・・・)
    クリスタ「どこが苦手なの?」
    エレン「漢字がどうしても書けないから・・・」

    クリスタ「えっ」
    エレン「あれはどう考えてもニンジンじゃねぇよ! ジンサンにしか読めねぇよ!」
    クリスタ「エレン?」
    エレン「ん?」
    クリスタ「明日は夏休みの課題の漢字ドリル終わらせようね」ニコ
    エレン「はい・・・」

    こうして買い物が終わったとさ。
  28. 28 : : 2013/10/20(日) 23:29:15
    母親は強い、はっきりわかんだね
  29. 29 : : 2013/10/20(日) 23:29:27
    >>26
    ああ、死んでもいい・・・
  30. 30 : : 2013/10/20(日) 23:31:36
    >>28
    ですね!
  31. 31 : : 2013/10/21(月) 00:01:03
    その一時間後、
    クリスタ「出来たよー!」
    エレン「チーハァン!」
    クリスタ「なんか今ちょっぴりサシャに似てたよ」クス
    エレン「そ、そうか?」
    クリスタ「じゃあいただきますしようか!」
    エレン「おう!」
    エレクリ「いただきます!」

    エレン「パクッ、うめぇ!」
    クリスタ「気に入ってもらえて何よりだよ♪」
    エレン「クリスタはいいお母さんになれるぞ!」
    クリスタ「えっ?!///」ドキ
    エレン「いやだって料理出来るし勉強できるし優しいからさ!」
    クリスタ「しょ、しょかにゃぁ・・・」カァ///
    エレン「ああ! 多分素晴らしいお父さんと一緒にいると思うぞ?」
    クリスタ「え、じゃあさ! もしよければさ私と・・・
    エレン「ご馳走さま!」
    クリスタ「早っ!」
    エレン「さて、シャワー浴びてゲームしよっと」

    クリスタ(全く、子供なんだから・・・)クス
    クリスタ(ってなんかもう凄い私馴染んでるんだけど?! エレンもだけど!)


  32. 32 : : 2013/10/21(月) 00:32:21
    ちょっぴり休憩
  33. 33 : : 2013/10/21(月) 01:29:07
    再開します!
  34. 34 : : 2013/10/21(月) 01:36:56
    11時
    クリスタ「ふぅ、よかった!」
    エレン「」ピコピコ
    クリスタ「それポケモン?」
    エレン「おう!」
    クリスタ(ユミルの情報通り本当にポケモン好きなんだ・・・)
    クリスタ「でもそろそろ寝なきゃ朝起きれないよ?」
    エレン「夏休みは夜更かしゲーム、昼に起きるが普通だぜ?」
    クリスタ「ダーメ!」
    エレン「じゃあさ! もしポケモンで対戦しよう!」
    クリスタ「え?」
    エレン「もし俺が勝ったら夜更かしOKで!」
    クリスタ「じゃあもし私が勝ったらすぐ寝ること、一緒に寝る事。 いいね?」
    エレン「ちょ、ちょっと条件多くないか?///」
    クロスタ「もしかして負けるの怖くなった?」ニヤ
    エレン(大丈夫大丈夫、クリスタは女だからポケモンなんかやってないはず・・・そして弱小データで戦わせよう・・・)
    エレン「多分クリスタはポケモン持ってないよね? 貸してあげ
    クロスタ「さて、やろっか♪」
    エレン(持ってるだと?! でも俺のがやり混んでるぜ! なんせプレイ時間が100時間いったしな!)
  35. 35 : : 2013/10/21(月) 01:48:40
    わかる人だけ見てください
    フラットルール、63
    エレン
    ダイケンキ50Lv
    ドテッコツ50Lv
    ゴルーグ50Lv
    ワルビアル50Lv
    シンボラー50Lv
    バオッキー50Lv

    クリスタ
    夢ニョロトノLv50
    キングドラ50Lv
    ナットレイ50Lv
    ローブシン50Lv
    サンダー50Lv
    マンムー50Lv


  36. 36 : : 2013/10/21(月) 02:01:39
    クリスタ(ありがとうユミル! ユミルの情報のおかげでエレンに勝てたよ!)
    エレン「ま、負けた・・・」
    クロスタ「じゃあ、寝よっか♪」
    エレン「あ、ああ・・・」
    バサッ
    クリスタ「お邪魔します///」
    クリスタ(エレンの匂いいい匂いだなぁ///)
    エレン(クリスタがなんか柔らかい/// てか寝れねぇよ!)
    クリスタ「スヤスヤ」ギュウ

    エレン(抱きつかれた・・・もう逃げれない・・・)
    クリスタ「スースー」
    エレン(ね、寝息が/// どうしよ、どうしよ! 寝れねぇよこれ!)
    エレン「く、クリスタ・・・起きてるんだろ?///」

    クリスタ「んん・・・」
    エレン(可愛い・・・)
  37. 37 : : 2013/10/21(月) 02:24:21
    一時間後、
    クリスタ「スースー」
    エレン(寝れねぇ・・・)

    二時間後、
    クリスタ「んん・・・」
    エレン「就寝したい」

    三時間後、
    クリスタ「んー、エレェン・・・」
    エレン「就寝させてくれ」

    五時間後、
    クリスタ「スースー」
    エレン「グヒヒヒ、クリスタもパジャマも布団なんじゃい」

    六時間後、
    エレクリ「スースー」
  38. 38 : : 2013/10/21(月) 02:25:08
    寝ます!
  39. 39 : : 2013/10/21(月) 09:38:12
    支援
  40. 40 : : 2013/10/21(月) 09:42:07
    エレン旅パかよwww
  41. 41 : : 2013/10/21(月) 11:42:08
    支援!!
  42. 42 : : 2013/10/21(月) 15:48:56
    期待そして
    続きはよ
  43. 43 : : 2013/10/21(月) 15:58:04
    >>39
    >>41
    >>42
    ありがとうございます! 再開します!
    >>40
    ネタが伝わり安心しましたw
  44. 44 : : 2013/10/21(月) 16:09:05
    二日目の朝、7時
    クリスタ「ん、ふわぁ〜もう朝・・・」←エレンに抱きついたまま

    クリスタ「あれ?!///」
    クリスタ(おかしいな・・・いつもならお布団抱いてるのにエレン抱いてたよ///)ミミマッカ

    クリスタ「と、とりあえず朝ごはん作らなきゃ!」バッ

    ーーーーーーーーーーーーーー数十分後
    クリスタ「できたー!」
    クリスタ「エレン起こさなきゃ!」
    エレン「」←睡眠時間一時間

    クリスタ「エレーン! 起きなよぉ〜」ユサユサ

    エレン「ん、んん〜」
    クリスタ「ご飯冷めちゃうよ〜」
    エレン「ん〜」←布団に潜る
    クリスタ(こ、こういう時におはようのキスとかそういうのするのかな///)
    クリスタ「お、起きないとしちゃうよ〜///」

    エレン「ん〜、ミカサァ〜」
    クロスタ「」カチン

    コチョコチョコチョコチョ
    エレン「アハハハ! ってクリスタ! やめ!」

    クロスタ「」プンスカ
    エレン「お願い! やめ、アハ、アハハハ!」
    クリスタ「目、覚めた?」ニコ
    エレン「お、おう・・・」
    エレン(頭痛い・・・)
    クリスタ「じゃあご飯にしようね♪」
    エレン「あ、ああ!」
  45. 45 : : 2013/10/21(月) 16:17:17
    エレン(おかしいな・・・頭痛いのに味噌汁もご飯もすごく美味しい・・・)

    クリスタ「♪〜」ニコニコ
    エレン「クリスタ・・・」ジーン
    クリスタ「ど、どうしたの? 何か美味しくなかった?!」
    エレン「すごく美味しいよ・・・」グス
    クリスタ「そ、そうなの?! えっじゃあ何で泣いてるの?!」
    エレン(頭痛くない時に食べたかった・・・)グス
    エレン「な、泣いてなんかねぇよ〜」グス
    クリスタ「そ、そう!」
    クリスタ(くすぐり、やり過ぎたかな?)アタフタアタフタ

    エレン「ご馳走様」
    クリスタ「お粗末様でした」

    エレン「ちょっとそこで待っててな」タッタッタ
    クリスタ「う、うん」
  46. 46 : : 2013/10/21(月) 16:26:41
    クリスタ「エレンになんか悪いことしたなぁ・・・」

    一時間後、
    クリスタ「エレン大丈夫かな・・・」

    二時間後、
    クリスタ「あれ・・・なんか涙が・・・」グス

    三時間後、
    エレン「待たせたな!」
    クリスタ「エレン?!」ポロポロ
    エレン「クリスタ? どうした?!」
    クリスタ「私てっきりエレンに嫌われたのかどうか・・・」
    エレン「ち、ちげぇよ! ちょっと睡眠不足だったから寝直したんだ!」
    クリスタ「すいみんぶそく?」
    エレン「いやお前に抱きつかれてさ・・・緊張して寝れなかった・・・」カァ///
    クリスタ「」カァ///
    クリスタ(エレンが私を女として/// すごい嬉しい! って私そんな前から抱いてたの?! )

    エレン「ミカサに抱きつかれた時よりも緊張してさ・・・」

    クロスタ「」カチン
    クロスタ「じゃあ今日は国語のプリントやろうね♪」
    エレン「あ、ああ!」
  47. 47 : : 2013/10/21(月) 16:43:54
    可愛い子には○○させよ

    クリスタ「有名なことわざだね・・・」

    エレン「おう! これは父さんから言われてたから分かるぞ!」

    クリスタ「ホント?!」
    エレン「ああ!」

    エレン:可愛い子にはぜいたくさせよ

    クリスタ「・・・・・・」
    エレン「なんか可愛い女の子には優しくしなさいって言われてさ!」
    クリスタ「エレンのお父さんさ、お母さん何人いるの?」
    エレン「一人に決まってるだろ!」
    クリスタ「そ、そうだよね・・・アハハ・・・」
    エレン「?」
    一寸○○にも五分の○○

    クリスタ「こ、これも有名なんだけどなぁ・・・」
    エレン「分かった!」

    一寸法師にも五分の変身

    クリスタ「え、えっ・・・と・・・ウル○ラマン?」
    エレン「ウルト○マンは、3分じゃないか?」
    クリスタ(ことわざ出来ないのに常識語られるって何か悔しい・・・)グヌヌ

    石の上にも○○

    クリスタ「もう何も言わない・・・」
    エレン「出来た!」

    石の上にもコニー

    クリスタ「失礼でしょ!」
    エレン「いやだってなんか合うじゃん」
    クリスタ「頭の色が石の色に似てるからってそれはひどいよ!」
    エレン「そ、そこまで言ってない!」
  48. 48 : : 2013/10/21(月) 16:55:11
    クリスタ「もう! 国語のノートとプリントに書いてあるでしょ!」

    エレン「そ、そうだな!」
    ノート→取ってない
    プリント→全部鶴

    クリスタ「」ゴゴゴゴ
    エレン「お、俺さ! 鶴だけは折れるんだぞ! す、すごい
    クリスタ「エレン?」
    エレン「はい・・・」
    クリスタ「授業中は先生の話聞いてるの?」
    エレン「聞いてます!」
    クリスタ「ふーん・・・、なんでノートが所々ベタベタなのかな?」
    エレン「そ、それは汗で・・・」
    クリスタ「体育の後に国語はないよ?」
    エレン「寝てました・・・」

    クリスタ「もう! 今のうちに勉強しないと痛い目みるよ?!」
    エレン「でもさ、中学の勉強なんて大人の時に役に立たない・・・かなぁって・・・」
    クリスタ「大人でもないのに大人を語らないの!」
    エレン「は、はい!」

    クリスタ「今日は全部片付けるからね!」
    エレン「は、はい!」

    クリスタ「まずは全部一から教えるからね!」
    エレン「分かりました! クリスタ先生!」
  49. 49 : : 2013/10/21(月) 16:55:52
    少し休憩
  50. 50 : : 2013/10/21(月) 17:01:40
    この作品面白い!( ^ω^ )
  51. 51 : : 2013/10/21(月) 17:52:25
    再開します。
    後、今回は話が長くなります(多分100行くかな?)
    それともし好評であれば続編を書こうかなと思います。
    この話が終わった後に続編希望、と書き込んでくだされば(一人でも)続けますので!
    告知は以上です!
  52. 52 : : 2013/10/21(月) 18:06:39
    それから、険しいクリスタ先生の授業が始まった。

    国語、
    クリスタ「まずはひたすら本を読む!」
    エレン「うぉー! 海○尊の本面白いいいい!」シュバババ!←中学二年生

    社会、
    クリスタ「本を読みまくる!」
    エレン「司馬○太郎の本面白いいいい!」シュバババ!←中学二年生
    英語、
    クリスタ「オ○マ大統領のスピーチをひたすらディクテーション!」
    エレン「Yes,he can!」←中学二年生?
    理科、
    クリスタ「実験しまくるよ!」
    エレン「えーっと、ベンゼンに硫酸入れてベンゼンスルホン酸になって、水酸化ナトリウムで融解してナトリウムフェノキシドになって、炭酸水でフェノールがウンタラカンタラ」←中学二年生

    数学、
    クリスタ「じゃあまずはこれの面積求めて」
    エレン「この四角形は双心四角形だから全部の辺を掛けてそのあと平方根で求めれます」←中学二年生
  53. 53 : : 2013/10/21(月) 18:17:20
    気がつくと夜になっていた。

    エレン「ハァハァ・・・な、なぁ・・・」

    クリスタ「ハァハァ・・・ん?」
    エレン「なんか中学生が出来なくてもいい範囲をやっていたような・・・」
    クリスタ「き・・・気のせいだよ」ニコ

    ーーーーーーーークリスタの回想

    ロリスタ「おとーしゃん」
    クリスタ父「どうしたんだ?」
    ロリスタ「おとーしゃんからおかーしゃんにコクハクしたのぉ?」
    クリスタ父「HAHAHA!! 実に面白い冗談だ!」
    ロリスタ「んぅ?」
    クリスタ父「いいかい? お母さんはね、幼稚園の頃から東大の入試問題を満点で取れる私に恋心を抱いて、しーかたなーく! 付き合ってあげたんだよ!」←大嘘
    ロリスタ「しょうなのぉ?」
    クリスタ父「ああ! だからクリスタも付き合うなら私みたいな天才と付き合いなさい!」
    ロリスタ「うん!」
    ーーーーーーーーーーーーーーーー
    クリスタ(これくらいやらなきゃダメだよね・・・)

    エレン「どうした? 暗い顔して?」
    クリスタ「なんでもない♪」ニコ

    クリスタ「ご飯にしよっか!」
    エレン「おう!」
  54. 54 : : 2013/10/21(月) 18:30:59
    期待&支援♪

    すごく面白いです


    たまにクロスタが出るのがいい
  55. 55 : : 2013/10/21(月) 18:33:56
    クリスタ(今日は買い物行ってなかったから野菜炒めにしよう)

    クリスタ「♪〜」
    ジュージュー

    エレン「クリスター?」
    クリスタ「ん?」
    エレン「明日さアルミン達誘ってプール行かないか?」
    クリスタ「いいね!」
    エレン「あっ、でもクリスタの水着が・・・」
    クリスタ「持ってきてるから!」
    エレン(なんで?!)
    エレン「そ、そうか・・・」

    エレン「じゃあ色んな人誘うわ」
    クリスタ「うん! お願い♪」


    それから夕食を済ませてシャワーを浴び・・・。

    エレン「クリスタ!」
    クリスタ「何かな?」
    エレン「今度はディシ○ィアで勝負だ!」
    クリスタ「そっちか、いいよ♪」
    クリスタ(確かユミルの情報だと・・・)
    エレン(俺のフリ○ニールはクラスの奴ら全員を無双したから勝てるはず!)

    エレン「勝ったら夜更かしOKな!」
    クリスタ「じゃあこっちが勝ったら、すぐに寝る、一緒に寝る、プールの行きと帰りの間ずっと手をつなぐで!」
    エレン「条件が・・・」
    クロスタ「また負けちゃうかもね」クス
    エレン「望むところだ!」

    テ○ナのメテオ連発にハメられやられました
  56. 56 : : 2013/10/21(月) 18:34:38
    ちょっと休憩
  57. 57 : : 2013/10/21(月) 18:43:27
    タグに笑ってしまった
    面白いです 支援です!!
  58. 58 : : 2013/10/21(月) 18:47:57
    今後も続けて欲しいなー
  59. 59 : : 2013/10/21(月) 18:54:20
    期待期待期待
  60. 60 : : 2013/10/21(月) 21:26:39
    続きはよーー
    おもしろいです頑張って
  61. 61 : : 2013/10/21(月) 21:27:48
    ロリスタかわいすぎワロタ
  62. 62 : : 2013/10/21(月) 21:40:02
    >>54
    >>57
    >>58
    >>59
    >>60
    ありがとうございます!
    >>61
    かわいいよな・・・(鼻血)

    では再開します!
  63. 63 : : 2013/10/21(月) 21:47:48
    このクリエレいい!がんばって!
  64. 64 : : 2013/10/21(月) 21:50:30
    バサッ

    クリスタ「お邪魔しまーす♪」
    ギュウ
    エレン「お、起きてるのにやるなよ!///」
    クリスタ「別にいいでしょ♪」
    エレン「いや明日は
    クリスタ「ダメ・・・なの?」ウルウル

    エレン(何か顔に血が集中してきてクラクラと・・・)カオマッカ

    クリスタ「フフ♪」
    クリスタ(ユミルが男の人は涙目に弱いって聞いたけど本当だった♪)

    ギュウ
    クリスタ「え?」
    エレン「スースー」
    クリスタ(昨日はすぐ寝ちゃったから気づかなかったけどエレンとこんなに近づいてたの?!///)

    エレン「スースー」
    クリスタ「ふぁっ?!///」
    クリスタ(うー/// 耳にかかるよう!)
  65. 65 : : 2013/10/21(月) 21:52:55
    一時間後、
    エレン「スースー」
    クリスタ「耳がぁ///」
    二時間後、
    クリスタ「み、耳ガード!」←耳の上に手を乗せただけ
    その十分後、
    エレクリ「スースー」
  66. 66 : : 2013/10/21(月) 22:09:15
    これは!( ・∀・)イイ!!!!
  67. 67 : : 2013/10/21(月) 22:12:17
    3日目、朝の9時。
    クリスタ「ハッ!」ガバ
    エレン「スースー」

    クリスタ「今日はプールだから早く支度しないと!」

    クリスタ「まず弁当は、卵焼きと・・・冷蔵庫にウインナーがある! 後は挽肉余ってるからミニハンバーグかな」

    クリスタ「お弁当箱持ってきて正解だった♪」
    クリスタ「よーしちゃっちゃと作るぞー!」

    ーーーーーーーーーーーー一時間後、
    クリスタ「エレン! もう起きなきゃ!」

    エレン「あっ! 今日はpoorだ!」
    クリスタ「rとlの発音は舌の位置気をつけてって言ったでしょ! 早く起きるの!」
    エレン「わ、悪い・・・よし着替えよう」

    クリスタ「キャッ/// ここで脱がないでよ!///」
    エレン「わ、悪い!」
    クリスタ「私、洗面所で着替えてくるから!」ガラ
    エレン「ああ!」
    クリスタ「後それ朝のおにぎり!」
    エレン「ありがとな!」

    ーーーーーーーーーーーーーーーー
    ガチャ、バタン。
    クリスタ「そういえばどこで待ち合わせ?」
    エレン「ああ、歩いてすぐのバス停だよ」
    クリスタ「じゃあ間に合うね!」
    エレン「行こうか」
    クリスタ「・・・・・・」
    エレン「あれ?どうした?」
    クリスタ「手は?」ニコ
    エレン「あ、ああ/// 繋ぐんだったな!」

    クリスタ「///」シュー
  68. 68 : : 2013/10/21(月) 22:12:38
    プールは深夜に書きます!
  69. 69 : : 2013/10/21(月) 23:12:08
    期待頑張って
  70. 70 : : 2013/10/21(月) 23:45:11
    頑張って
  71. 71 : : 2013/10/22(火) 00:00:39
    >>69
    >>70
    ありがとうです!

    では再開します
  72. 72 : : 2013/10/22(火) 00:08:50
    バス停、
    ライナー「お、おい・・・」
    アルミン「どうして・・・」

    エレン「ハァハァ・・・悪い! 遅れちまった!」←手を繋いでる
    クリスタ「ハァハァ・・・もう! 自動販売機で考えすぎだよ!」←手を繋いでる

    ライナー「ベルトルト・・・」
    ベルトルト「どうしたんだい?」
    ライナー「吐血したい」
    ベルトルト「きゅ、急にどうしたの?!」

    ミカサ「アルミン・・・」
    アルミン「今胃が痛いから後でで・・・」
    ミカサ「あれは、エレン? クリスタ? 違う似ているだけ、だから殺しても問題ない」
    アルミン「大アリだよ!」
    サシャ「プールの水は飲めるんでしょうか?!」
    コニー「お前には負けねぇからな!」
    サシャ「ふっふっ・・・私は持ち帰るようにペットボトル持ってきましたよ!」
    コニー「俺なんか水筒だぜ!」

    クリスタ「二人とも! そんなの飲んだら体によくないよ!」
    サシャコニー「はーい」


    ホームレス「飲める時に飲まないでどうするんじゃ」
  73. 73 : : 2013/10/22(火) 00:27:42
    ホームレスワロタw
  74. 74 : : 2013/10/22(火) 00:30:38
    バス

    エレン「何泳ごうかな・・・」←手を繋いでる
    クリスタ「私はエレンが行くところならどこでもいいよ!」←手を繋いでる

    ライナー「なあ、アルミン」
    アルミン「なんだい?」
    ライナー「女神がエレンに取られた」
    アルミン「まだ判断するには早いよ、あのエレンだし・・・」
    ライナー「今日さ、クリスタへの男らしさアピールに水着にふんどしを持って来たんだけどさどう思う?」
    アルミン「プールで海パンレンタル出来るから借りてきなよ」

    ベルトルト「僕もそうするよ」
    アルミン「ベルトルトは忘れてきたとか?」
    ベルトルト「無理矢理ライナーにね・・・」
    ーーーーーーーーーーーーーーーー
    ベルトルトの回想、

    ベルトルト「えぇ?! ふんどしでプール行くのかい?!」
    ライナー「ああ、そうだ! 俺たちはクリスタに男気アピールをするためにふんどしでいく!」

    ベルトルト(それ男気じゃなくて変態をアピールしてるような)
    ベルトルト「僕はいいよ・・・ライナーだけそれで行きなよ・・・」
    ライナー「お前は逃げるのか?」
    ベルトルト(逃げるよ)
    ライナー「みんなふんどしでくるらしいぞ」←嘘
    ベルトルト(そ、それじゃあ海パンで行く僕は・・・仲間外れ?!)
    ベルトルト「やるよ! 僕は行くよ! ふんどしで!」
    ライナー「よし、共に戦士として闘おう! たとえこの世界に大きな変化があったとしても」←厨二病
    ベルトルト「たとえこの街が暗黒に染まろうとも・・・」←厨二病
    ライベル「(俺)僕達はふんどしを履く!」←?
  75. 75 : : 2013/10/22(火) 00:53:41
    プール、

    エレン「おま! まだ浮き輪いるのかよ!」
    アルミン「仕方ないだろう! プール深いんだから!」
    ベルトルト「なんかさ・・・」
    ライナー「おう・・・」
    ライベル(水着のペアルックって恥ずかしくね?!)

    クリスタ「エレーン!」
    ライアル(し、白ビキニィイイイイ!!)
    エレン「おう、クリスタ!」
    クリスタ「どう?」
    エレン「似合ってるぞ」

    ライアル(完璧アウェーなんだけど)
    ミカサ「エレン!」
    エレン「おう! ミカサ!」
    ミカサ「どう?」モジモジ
    ライアル(ミカサが可愛い!)
    エレン「お前・・・」
    ミカサ「エレン・・・あまり見ないで///」モジモジ
    エレン「相変わらず腹筋すごいな」

    ライアル「水着を褒めろよー!!」
    エレン「えっ?」
    アルミン「君はどうしてそう鈍感なんだ! 今のミカサ見て見なよ!」
    ミカサ「」←石化
    アルミン「あれじゃあミロのヴィーナスだよ! タビデの女版だよ!」

    ミカサ「アルミン・・・私は大丈夫だから・・・」
    エレン「てかお前そんな綺麗な水着あるなら前から着とけよ」
    ミカサ「いや、アルミンがスク水のが需要が
    アルミン「ワー! ワー!」
    ライナー(アルミン、隅に置けないやつだな・・・)

    サシャコニー「ガボボ! ガボボ! ガボボ!」←飲んでるなう
    ベルトルト「いや・・・二人とも飲むのやめなよ・・・」


  76. 76 : : 2013/10/22(火) 01:12:05
    クリスタ「ム・・・、エレン! どこ行く?!」
    エレン「じゃあまずは流れるプールから行こうか!」
    クリスタ「よかったら・・・泳ぐの教えてくれないかな?」パァ
    エレン「お、おう/// い、いいぞ!」
    ミカサ(ハッ! クリスタが私のエレンを奪おうと!)
    ミカサ「私も教えて欲しい」
    エレン「いやお前、一昨年に足攣って溺れているライフセーバー助けてたじゃねえか」

    ミカサ「あれは海、今回はプールだから違う」
    エレン「お前、小3でプールで体育の先生抜かしてたじゃねえか」
    ミカサ「あれは体育の先生が遅かった」
    エレン「いや元オリンピックの水泳選手じゃねえか」
    ミカサ「分かった、私がエレンに水泳を教える」
    エレン「最終的に人工呼吸しか教えなかったじゃねえか」

    ミカサ「アッカーマンションボリ・・・」
    クリスタ(なんか色々すごかったけど、ミカサが可哀想・・・)
    クリスタ「わ、私エレンとミカサの二人に教えてもらいたいなー(棒)」
    エレン「まぁ、クリスタがそれでいいならいいぞ」
    ミカサ「天使!」パァ
    クリスタ「えへへ・・・」
    ミカサ「エレン! 天使! エレンは天使!」ダキスリスリ
    エレン「な、なんだよ気持ち悪いな///」
    クリスタ「ムゥ・・・」プクー
    クリスタ「///」ダキスリスリ
    エレン「や、やめろよ二人とも! 恥ずかしいだろうが!///」

    ライアルサシャコニ「ガボボ! ガボボ! ガボボ!」←プールの水飲みなう
    ベルトルト「いや、気持ちわかるけどやめようよ」

    モブA「ゲッ・・・水着のペアルックとか・・・」
    モブB「キンモ〜」
    ベルトルト「・・・・・・・」


    ライアルサシャコニベル「ガボボ! ガボボ! ガボボ!」←プールの水飲みなう
  77. 77 : : 2013/10/22(火) 01:30:09
    すいません、今日はここまでで!
    期待、支援、読んで笑ってくれる方、読んでくださった方本当に嬉しいです!
  78. 78 : : 2013/10/22(火) 06:08:01
    ガボガボガボ
  79. 79 : : 2013/10/22(火) 17:15:31
    ライベルは結局ふんどしなのか?
  80. 80 : : 2013/10/22(火) 17:19:22
    >>78
    ガボボガボボ!
    >>79
    レンタルの海パンです。
    ちなみにレンタルの海パンの柄が同じということです。

    分かりづらくて申し訳ございません>_<
  81. 81 : : 2013/10/22(火) 17:37:19
    クリスタのポロリイベントお願いしますwww
  82. 82 : : 2013/10/22(火) 17:38:06
    >>81
    それはないからwwww てか文章でポロリしたって燃えないだろっ!
  83. 83 : : 2013/10/22(火) 17:46:58
    ウォータースライダーでエレンにクリスタが抱きついてエレンが赤面するシーン希望!www
  84. 84 : : 2013/10/22(火) 17:50:09
    ネタ提供ありがとうですwww

    では再開です!
  85. 85 : : 2013/10/22(火) 18:10:23
    普通のプール、
    クリスタ「こんな感じかな?」バシャバシャ
    ミカサ「ダメ、膝が曲がってる」
    エレン「膝でバシャバシャするんじゃなくて足全体を使うんだ」

    クリスタ「うん! こうかな?」バシャバシャ
    エレン「おお! いいぞ!」
    ミカサ「ダメ、膝の角度が0.000000001°ズレてる」
    エレン「それあってるだろ」
    ミカサ「ダメ、それではオリンピックに出れない」
    エレン「いや、目指してないからってかなんでお前は大会でないんだよ!」
    ミカサ「エレンと離れたら私は弱くなるから」シュン
    エレン「そ、そっか・・・なんか悪いことしたな・・・」
    クリスタ(グヌヌヌ・・・、私の事忘れるなんて酷いよ!)
    エレン「よし、じゃあ次は実際に俺が手を掴むから実際進んでいくぞ?」
    クリスタ「う、うん!」
    ギュッ
    クリスタ「」カァ///

    クリスタ「ま、いいかな♪」
    エレン「ん? 何がだ?」
    クリスタ「なんでもない♪」

    バシャバシャ
    エレン「1、2、3、1、2、3」←あまり意味ない
    クリスタ「♪〜」バシャバシャ
    エレン「よし! バタ足は完璧だな!」ナデナデ
    クリスタ「えへへ///」
    ミカサ「ムッ」
    ミカサ(この女に本当のバタ足を見せたらエレンは私の頭を撫でるはず・・・)
    ミカサ「見てて! エレン!」
    バシャバシャビューン

    クリスタ「は、速い・・・」
    エレン「小学校の時に、進撃小のポセイドンと呼ばれてたからな・・・」

    プール監視員A「ちょっと君! スピード出し過ぎ! みんなの迷惑になるから!」

    エレン「・・・・・・どっか行くか」
    クリスタ「じゃあ、あれで♪」ユビサシ

    キャーキャー
    エレン(ウォータースライダー・・・)

    プール監視員B「君達飲むのやめなさい! てか飲み過ぎだよ!」

    ライアルサシャコニベル「ガボボ! ガボボ! ガボボ!」
  86. 86 : : 2013/10/22(火) 18:47:44
    ウォータースライダー、

    エレン(どうしよう・・・高い・・・)←高所恐怖症

    クリスタ「エレン? 大丈夫?」
    エレン「お、おう!」

    クリスタ「本当に?」
    エレン「あ、ああ!」ブルブル
    クリスタ「足震えてるよ?」
    エレン「寒かったからな!」ブルブル

    クリスタ「ふーん?」ニヤニヤ
    エレン「な、なんだよ?!」ブルブル
    クリスタ「そうなんだー♪」
    エレン「べ、別にウォータースライダーなんて怖くねぇよ!」
    クリスタ「私まだなにもウォータースライダーなんか言ってないよ?」コアクマスマイル
    エレン「あっ!」
    クリスタ「あ、エレンの番だ!」

    エレン「ゲッ!」

    エレン(俺も男だ・・・覚悟を決めよう・・・)

    一分後、
    エレン(どうやったらウォータースライダーから逃げれるんだろ・・・)

    クリスタ「もう! 行くよエレン!」ガシ
    エレン「へ?」

    シューーー

    エレン「ギャアアアアアアアアアア!」
    エレン(速ぇ! 速過ぎるぞこれ!)
    プニ

    エレン(プニ? そういえば俺なんでウォータースライダーに・・・)

    クリスタ「えへへ・・・/// キャー!」

    エレン(クリスタ/// まずい! 怖いけどマズイ!///)
    エレン「」シュー
    クリスタ「エレンー! キャー!」
    エレン「///////」カオマッカ

    バシャーン

    クリスタ「アハハハ! すごい楽しい!」
    エレン「く、クリスタ!」カオマッカ
    クリスタ「ん? 顔真っ赤だよ?! どうしたのエレン!」
    エレン「えっいやそれは・・・」ダラダラ
    エレン「」カァ///バタン
    クリスタ「エレン?! エレン!」

    プールの監視員B「このプールは塩素入ってるからあまり飲んじゃ駄目だよ」
    アルミン「水道水にだって塩素入ってるでしょうが!」グスン
    ライナー「筋肉ねぇヒョロヒョロのお前には分からねぇだろうな!」グスン
    ベルトルト「僕の青春を返してください!」グスン
    サシャ「塩素美味しいです!」
    コニー「ごめん! 俺何が何だか分かんねぇ!」
  87. 87 : : 2013/10/22(火) 19:17:18
    昼、

    ライナー「やべぇ、お腹いっぱいだ・・・」
    アルミン「ぼ、僕も・・・」
    サシャ「二人とも大丈夫ですか?! 私はお腹がすきました!」
    コニー「俺、こういう状況をなんて表すか知ってるぞ! あれだ! ステイルメイトだ!」

    エレン「ハッ! 俺は何を?!」
    クリスタ「エレン大丈夫?」
    エレン「ああ、まあな」
    クリスタ「そっか・・・グス・・・よかった」パァ
    エレン「」ズキューン
    アルミン(神様?)←惹かれた?
    ベルトルト(女神?)←惹かれた?
    ライナー(駆け落ちしたい)←メンヘラ?
    コニー(チェックメイト!)←バカ

    クリスタ「はい、エレン。 お弁当だよ!」

    エレン「ああ! ありがとな!」
    クリスタ「あーん♪」
    エレン「え・・・///」カァ///
    クリスタ「あーん♪」
    エレン「あ、あーん♪」パク
    エレン「//////」モジモジ

    ライナー「コニー! お前は流れるプールを! アルミン! お前は子供用プールを! ベルトルトと俺はウォータースライダーを!」
    ベルアルコニ「おう!」
    ライベルアルコニ「ガボボガボボガボボ!」

    サシャ「でへへ〜、私はこれです!」パカッ

    エレン「おせちかよ!」
    サシャ「はい! 美味しいに季節は関係ありません! 私は昨日おやつに太巻き食べました!」

    エレン「そ、そうか・・・」
    クリスタ(なんだろこの敗北感・・・)
    エレン「さすがにおせちはプールで食いたくねぇな・・・」
    クリスタ「だよねー?」パァァア
    エレン「あ、ああ」
    エレン(何かすごい喜んでる、なんでだろ)
    クリスタ「もっと食べてー、もっと食べてー」
    エレン「なんかよく分からないけどおう!」
  88. 88 : : 2013/10/22(火) 19:46:59
    クリスタ「さて、どれに遊ぼうかな〜。 そういえばまだ流れるプール行ってないよね!」

    エレン「そうだな!」

    ライベルアルコニ「ガボボガボボガボボ!」

    エレクリ「・・・・・・」

    クリスタ「ピィー!」
    エレン「口笛?」
    ライベルアルコニ「はい!」シュタ
    クリスタ「何やってるのかな?」ゴゴゴゴ
    ライナー「俺はプールの水が飲みたくて・・・」
    アルミン「ライナーが指示しました!」
    ライナー「お、おい! 裏切る気か?!」
    ベルトルト「ライナーが指示しました!」
    ライナー「ベルトルトまで?!」
    コニー「
    ライベルアル「お前は話をややこしくするから喋るな!」

    ライナー「ベルトルトとアルミンもノリノリでした!」
    ベルトルト「ライナー!」
    アルミン「君って奴は!」

    あーだこうだ、あーだこうだ!

    クリスタ「もういいよ! とりあえずみんなでなんか遊ぼうよ!」
    ライナー「そのためにな、ビーチバレー持ってきたぞ!」

    サシャ「わーいカレーだぁ!」レトルト
    コニー「よっしゃ! 2ラウンド目だぁ!」

    プール監視員B「明日休もう」


    それから楽しいプールが終わったとさ!
  89. 89 : : 2013/10/22(火) 19:47:09
    ちょっと休憩
  90. 90 : : 2013/10/22(火) 20:22:54
    ダメ。あなたは休憩させない。わたs...ミカサをもっと書くべき(嘘だよー。エレクリがいいよー)
  91. 91 : : 2013/10/22(火) 21:29:14
    ここで流れでコニーとサシャもくっつけよう!
  92. 92 : : 2013/10/22(火) 23:41:42
    >>90
    ありがとうですw
    >>91
    それはまた違う話でw
  93. 93 : : 2013/10/22(火) 23:45:37
    これでライナーとベルトルトをくっつけようww
  94. 94 : : 2013/10/22(火) 23:47:25
    >>93
    ペア海パンだから展開的にはおかしくないねw
  95. 95 : : 2013/10/23(水) 00:03:50
    エレンの家、
    エレクリ「つーかれーたー」←廊下で倒れてる

    クリスタ「ご飯作らなきゃね」
    エレン「そうだな」
    クリスタ「お母さんって大変だね」
    エレン「それなら家族サービスする父親大変なんだな」
    クリスタ「フ、フフフフ」
    エレン「アハハハハ」
    クリスタ「なんか笑っちゃうね」
    エレン「なんでだろうな」

    クリスタ「よし! 今日は!」
    エレン「カップ
    クリスタ「じゃなくてお茶漬け!」
    エレン「いいな!」
    クリスタ「こういう時のためにお茶漬けの素を買っておいたのだ!」
    エレン「いいな!」


    ジョボボボボ

    ズズズズズ

    エレン「美味いな!」
    クリスタ「うん、なんか胃に優しい・・・」
    エレン「アハハ、おばあちゃんかよ!」
    クリスタ「ち、違うよう!」
    エレン「ご馳走様!」
    クリスタ「お粗末様でした♪」

    エレン「シャワー浴びて寝よう!」
    クリスタ「うん!」
  96. 96 : : 2013/10/23(水) 00:11:04
    個人的にはエレンハーレムよりエレンが誰か一人といちゃいちゃしてる方がすきかな
  97. 97 : : 2013/10/23(水) 00:37:55
    エレン(今日の俺の作戦は寝たふりして徹夜でゲームする作戦!)

    クリスタ「あー、いいお湯だった♪」
    エレン「クリスター! 一緒に寝ようぜ!」
    クリスタ「えっ?/// 今日はゲームしなくていいの?///」
    エレン「おう! もう疲れたからな!」
    クリスタ「そっか/// お邪魔します♪モゾモゾ」

    クリスタ「♪〜」
    クリスタ(エレンから誘ってくれたからこれしたっていいよね♪)

    ギュウ

    エレン(手を後ろに?!)
    クリスタ「ふふ♪」
    プニ
    エレン(あっ/// ダメだ/// 頭がクラクラしてきた・・・)カオマッカ

    クリスタ(おしりのポケットにゲーム機?)

    クロスタ(はは〜ん、さては私を先に眠らせてこっそりやる気だったね?)
    エレン「ん〜、クリスタ〜」

    クリスタ(私の夢見てるし今日は許してあげよ♪)
  98. 98 : : 2013/10/23(水) 00:39:55
    今日はここまで!
  99. 99 : : 2013/10/23(水) 00:40:46
    >>96
    天然ジゴロは本当に何やらかすか分からないですからね>_<
  100. 100 : : 2013/10/23(水) 15:38:56
    再開します! 今日で片を付ける!
  101. 101 : : 2013/10/23(水) 15:40:10
    おう
    頑張れ
  102. 102 : : 2013/10/23(水) 15:48:20
    朝、
    エレクリ「ふわぁ〜」

    エレン「一緒に起きたな」ウトー
    クリスタ「そうだねー」ウトー

    エレン「よし! 今日は俺が色々やる!」
    クリスタ「色々って?」
    エレン「家事とか!」
    クリスタ(できるのかな・・・?)
    クリスタ「いや、いいよいいよ! なんか悪いし!」
    エレン「クリスタのいつも見てきたから大丈夫だ!」

    いつも見てきた・・・見てきた・・・見てきた・・・

    クリスタ「あぅー///」バタン
    エレン「クリスタまだ眠いのか? よし、今のうちに朝食作るか!」

    二人は気づいていなかった・・・実はもう昼だということに・・・
  103. 103 : : 2013/10/23(水) 16:06:02
    なん・・・だと・・・
  104. 104 : : 2013/10/23(水) 16:30:56
    エレン「よし、アニメやドラマの朝食でよく見る目玉焼きとトーストにしよう!」
    エレン「まずはトーストをトースターに入れて」
    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    クリスタ「ハッ! 大丈夫かな、エレン」トテテ

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    クリスタ「エレーン! 大丈夫?」

    カチチ、カチチ
    エレン「コンロが壊れちまった! 何でこんなときに!」

    クリスタ「・・・・・・」

    キュッ
    クリスタ「ガスの元栓が閉まってたよ・・・」

    エレン「あ、ああ! なるほどな!」

    カチチ、ボッ

    エレン「よし、卵いれて・・・」
    クリスタ「すっストップ!」
    エレン「え?」
    クリスタ「フライパンがまだ温まってないよ!」

    エレン「フライパンを温めて・・・」

    エレン「よし、じゃあベーコン入れて」

    クリスタ「そのまえに油引かなきゃ!」
    エレン「ベーコンの油があるから大丈夫だ!」
    クリスタ(なんで元栓とかフライパンを温めるは知らないのにそういうのは知ってるの?!)

    ジュー

    クリスタ(すごい手際いいな〜、エプロンが似合ってるなあ〜///)

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    エレクリ「いただきます!」

    エレン「うまい!」
    クリスタ「美味しい!」

    ピンポーン、

    エレン「あ、誰か来たみたいだな!」

    ガチャ
    クリスタ「はい、イェーガーです♪」

    ライナー「えっ」
    クリスタ「えっ」
    アルミン「えっ」
    クリスタ「えっ」
    ベルトルト「えっ」
    クリスタ「えっ」

    エレン以外「エーーーーーーッ!」


    エレン「やっぱり目玉焼きにはベーコンだな」
  105. 105 : : 2013/10/23(水) 16:43:59
    エレンの部屋、
    ライナー「ど、どういうことだエレン!」
    アルミン「君は死に急ぎ野郎からいつから抜け駆け野郎に変わったんだ!」
    エレン「抜け駆け?」
    ベルトルト「中学生で同棲はまずいよ!」
    エレン「同棲ってなんだ?」
    ライナー「そんなことは何でもいい! とりあえずクリスタの今日のパンツの色を教えてくれ!」
    アルミン「ライナー落ち着きなよ! エレン、君はなんでクリスタと一緒にいるんだい?」
    エレン「えーっと・・・なんでだろ・・・」←うまく説明できない
    アルミン「ま、まさかクリスタとあんなことやこんなことはしてないよね?!」
    エレン「例えば?」
    アルミン「例えば、クリスタと一緒に寝たとか?!」
    エレン「あー・・・なんだかんだで毎日寝てるな・・・」
    アルミン「激しいいいぃぃいいい」ハナヂブシャー
    ライナー「うおおおおお!」ハナヂブシャー

    ベルトルト「いやなんで目から血を流してるの・・・」
    アルミン「は、初めて寝た時どうだったの?!」
    エレン「えーっと、まあ初めての時はすごかったな、なんかさすぐ落ちるんだよ(バオッキーが)」
    アルミン「」
    ライナー「に、二度目は?」
    エレン「もうあれはセケェよ! うまくハメられてさ!(テ◯ナハメ)」

    ベルトルト「お、落ち着きなよ二人とも・・・」

    ライアル(転生したい・・・)
  106. 106 : : 2013/10/23(水) 17:08:54
    エレンwww
  107. 107 : : 2013/10/23(水) 17:10:26
    ライナー「こうなったら俺らが出来ることは・・・」
    アルミン「天使の幸せを手伝う・・・」
    エレン「そういえばお前ら何しにきたんだ?」
    ライナー「ほら、夏休み前に一緒に誰が一番速いか決める約束しただろ?」
    エレン「あ、ああ! マ◯オカートでそういや決着つけるって言ってたな!」
    アルミン「まあ僕のピノキ◯が一番だけどね」
    ベルトルト「ル◯ージだって速いよ」
    ライナー「俺は、ド◯キーほど強いのはいないと思っているがな!」

    コンコン
    クリスタ「そろそろ入っていい?」
    エレン「おう!」

    ガチャ
    クリスタ「何やってるの?」
    エレン「今からみんなで◯リオカートやろうと思ってな!」
    クリスタ「私も入れて!」
    ライナー「え、でもクリスタはDSが・・・」
    クリスタ「あるよ♪」
    ライナー「ソフトが・・・」
    クリスタ「あるよ♪」
    クリスタ(ユミルの情報通りエレンはマリオカートやってた! 確か使うキャラは・・・)

    エレン「クリスタ! 今日も勝負だ!」
    クリスタ「いいよ!」
    エレン「俺が勝ったら、夜更かしOKで!」
    クリスタ「じゃあ私が勝ったら11時に寝ること、一緒に寝ること、抱きながらで!」

    ライアル(くそがぁああああ!)

    ライナー「ちなみに罰ゲームはこのデスソースを食してもらう!」

    ライナー「クラスで一番は誰か・・・決めるぞー!」

    アルベルエレ「おー!!」

    クリスタ「お、おー・・・」
  108. 108 : : 2013/10/23(水) 17:21:12
    また分かる人だけ
    150cc、ルイージサーキット
    エレン、マリオ、シューティングスター
    アルミン、ピノキオ、フォー・ホイール・クレイドル
    ライナー、ドンキー、ワイルドライフ
    ベルトルト、ルイージ、ストリームライン
    クリスタ、カロン、カロンカノン


    ライナー「クリスタがカロンとは意外だな」
    アルミン「ピーチ姫とかそういうのだと思ったよ」
    クリスタ「カロンがちょっと可愛くてね・・・」
    エレン「カロンってそんな速くないから今回はもらったぜ!」
    クリスタ「ムッ、やってみなきゃわからないでしょ!」
  109. 109 : : 2013/10/23(水) 17:23:47
    ライナーにデスソース飲んで欲しいww
  110. 110 : : 2013/10/23(水) 17:29:59
    Lap1/3
    クリスタ「よし、順調に一番をキープしてる」

    ライナー(このままじゃ・・・)

    アルミン(クリスタが・・・)

    ライアル(また抱かれてしまう!)

    ライナー「うぉー!」
    アルミン「トゲゾー! 行けー!!」

    クリスタ「キャッ!」

    エレン「よし! 一番をもらった!」

    クリスタ「ひどいよ、アルミン、ライナー!」
    ライアル(すまん、これもクリスタのためだ・・・)

    クリスタ「私が一番じゃ・・・ダメかな?」ウルウル

    ライアル(天使に勝たせる!)
    ライナー「くらえ! トゲゾー!」

    エレン「ぐあー!」

    ベルトルト「キラー!」
    エレン「おふっ!」

    エレン「だ、だがまだだ! あと2週ある!」
  111. 111 : : 2013/10/23(水) 17:31:05
    ここで少し安価みたいなことを。

    ライナー
    アルミン
    ベルトルト
    エレン

    この中でビリになったのは?

    >>113
  112. 112 : : 2013/10/23(水) 17:33:03
    ライナー
  113. 113 : : 2013/10/23(水) 17:48:04
    ライナー
  114. 114 : : 2013/10/23(水) 18:26:41
    アルミン「ビリになったのは・・・」

    エレン「ライナーだな!」

    ライナー「持ってきた俺かー!」
    ベルトルト「どれくらい食べさせるんだい?」

    エレン「全部だろ」
    アルミン「死んじゃうよ!」
    クリスタ「一口でいいんじゃない?」

    ライナー「そ、それなら!」

    クリスタ「はい、あーん♪」

    ライナー「?!」
    アルミン(それ一口だけど大口スプーンに山盛り?!)
    クロスタ(こっそり聞いてたよ? エレンに私のパンツの色聞こうとしてたよね?)

    ライナー「」プルプル
    エレン「ライナー!」
    ライナー「みんな、よく聞け」
    ライナーとクリスタ以外「!」
    ライナー「戦士にはな・・・引けない状況がある・・・、今がその時だ! アム!」

    ライナー「辛っ! おええ! 辛っ! 痛い! 痛い! ぐおおおお!!」
    アルミン(必死に喉を抑えてる・・・)

    ライナー「グホォォォ」バタバタ

    ベルトルト「ライナー・・・君の犠牲は無駄にはしないよ・・・」
    アルミン「ベルトルト・・・」

    クリスタ「あ、今日は買い物行かなくっちゃ!」
    エレン「あっそうだ! みんなも一緒に食おうぜ!」
    クリスタ「その方が楽しいね!」
    ライナー「お・・・・う・・・・」
    ベルトルト「ライナーがそうなら僕も!」
    アルミン「僕も!」
  115. 115 : : 2013/10/23(水) 18:26:50
    ちょっと休憩
  116. 116 : : 2013/10/23(水) 19:43:39
    夜ご飯もクリスタとエレンイチャイチャしてほしいなーww
  117. 117 : : 2013/10/23(水) 20:00:01
    >>116
    もちろんしますよー!(ネタバレ)
  118. 118 : : 2013/10/23(水) 20:03:56
    >>117よっしゃー
    ありがとうございます♪( ´▽`)
  119. 119 : : 2013/10/23(水) 21:16:37
    では再開します!
  120. 120 : : 2013/10/23(水) 21:32:30
    デパート、
    エレン「アルミン、大勢で食べるとしてオススメってなんだ?」

    アルミン「うーん、たこ焼きとかどう?」
    エレン「いいな!」
    ライナー「ならたこ焼きではなく、みんなの好きな物を中に入れたものなんかどうだ?」
    エレン「おもしれぇなそれ!」
    アルミン「楽しそうだね!」
    ベルトルト「みんながいいなら僕も」
    クリスタ「あまり水分を多く含んだのは選んじゃダメだからね?」
    クリスタ以外「おう!」
    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    エレン「俺は冷凍のチーハンにするか!」

    アルミン「僕はイワシにしよう」

    ライナー「俺は骨付き肉だ!」

    ベルトルト「ギョウザにしよう」

    クリスタ「私はイチゴにしよう!」
  121. 121 : : 2013/10/23(水) 21:56:45
    エレンの家
    クリスタ「チーズハンバーグ、イワシ、骨付き肉、ギョウザ、イチゴ・・・」

    エレン「うまそうだな!」
    ライナー「ああ! 楽しそうだ!」
    クリスタ「いやいや、骨付き肉なんかたこ焼きの生地の中に入らないでしょ!」
    ライナー「しまったー!」
    アルミン「仕方ないから骨付き肉の肉だけ削いでたこ焼きに入れるしかないね」
    ライナー「アルミン、さすがだな」
    アルミン「いやいや・・・そうでもないよ」

    クリスタ「生地はもう出来てるから座ってね、じゃあ私の隣は・・・ここで♪」

    ライアル「」ズイ
    クリスタ「ハッ!」

    エレン「じゃあおれはこっち」
    ベルトルト「僕はエレンの隣で」

    ベ机ク
    エ机ラ
    クリスタ(エレンと隣じゃない・・・)
    アルミン(これぞ)
    ライナー(クリスタフィルター!)

    クリスタル「エレン〜」トテテ
    エレン「ん、なんだ?」
    クリスタ「もうちょっと机から後ろに下がって?」
    エレン「あ、ああ」

    クリスタ「♪〜」ズイ
    ライアル(エレンの上だとー?!!)
  122. 122 : : 2013/10/23(水) 21:57:11
    リンゴハイ見ながらなので更新が少し遅くなります
  123. 123 : : 2013/10/23(水) 22:13:03
    そのまま興奮してエレンのち〇〇がたってというハプニングを(ゲス顔)www
  124. 124 : : 2013/10/23(水) 22:22:12
    >>123
    思春期か貴様わwwww
  125. 125 : : 2013/10/23(水) 22:27:09
    このあとエレンが間違えてお酒飲んじゃってクリスタに甘える展開を!ww
  126. 126 : : 2013/10/23(水) 22:30:36
    >>125
    中学二年生で酒飲むわよろしくないわw
  127. 127 : : 2013/10/23(水) 22:45:29
    >>126
    間違えて飲むのなら大丈夫ってハンネスさんが言ってましたww
  128. 128 : : 2013/10/23(水) 23:03:44
    エレン「チーハン♪」

    クリスタ「私はイチゴを入れて焼こう♪」

    ジュー

    クリスタ「アム♪ おいしい!」

    エレン(と、取りづらい・・・)

    クリスタ「はい♪」ヒョイ
    エレン「あ、ありがとう」

    ライアル(クリスタがエレンの膝の上で向かいあってる・・・)

    ググググ
    エレン(あれ、取れねぇ!)
    クリスタ「はい♪」
    ググググググググ

    エレン(ち、力強い!)
    クリスタ「はい♪」
    エレン(ま、まさかこのまま口に入れろと?)
    クリスタ「あーん♪」
    エレン「・・・あーん、パク」

    エレン「//////」

    ライアル(エレン殺す!!)
  129. 129 : : 2013/10/23(水) 23:12:30
    ライナー(こっそりデスソースつけて・・・)

    ライナー「エレン! 俺のも食べてくれよ!」
    エレン「ま、またあーん♪かよ?」
    ライナー「いや、違うほら」
    エレン「おお、ありがとな!」
    クリスタ(何かソースの端に赤いのが・・・、まさか!)
    クリスタ「エレン!」
    エレン「アム ん?」

    エレン「辛っ!!」
  130. 130 : : 2013/10/23(水) 23:15:30
    面白い 期待
    だけど台詞と台詞の間に改行してくれ
  131. 131 : : 2013/10/23(水) 23:19:26
    クロスタ(悪魔の末裔を根絶やしにしなきゃ・・・)

    ベルトルト「ハクション!」

    ベルトルト(風邪引いたかな・・・)

    クロスタ「ライナー、あーん♪」

    ライナー「お、おお/// あーん♪ パク」

    エレン「辛っ! ゴホゴホ!」

    ライナー「辛っ! 辛っ!」

    クロスタ(中身がデスソースです♪)

    アルミン(恐るべし天使!)

    クリスタ「エレン? 大丈夫?」サスサス

    エレン「ゴホッゴホ!」

    アルミン「僕だけど・・・、大丈夫かい?」サスサス

    ライナー「し、死ぬぅ・・・ゴホッゴホ」
  132. 132 : : 2013/10/23(水) 23:21:13
    さらにライナーの飲み物の中に下剤混ぜたほうがいいねw
  133. 133 : : 2013/10/23(水) 23:24:14
    >>130
    ありがとうございます! 適用しました!

    >>132
    ドSかwwww
  134. 134 : : 2013/10/23(水) 23:29:12
    >>133
    ドSではない!
    クリスタの恐ろしさをわからせるのだw
  135. 135 : : 2013/10/23(水) 23:34:48
    思春期とは失礼なwwwもう高3で再来週に大学入試だよ
    www←何やってんだ
    という事で下剤入り激辛ソースをコップ一杯分無理やり飲まそう
  136. 136 : : 2013/10/23(水) 23:37:45
    >>135それはライナーにとっての生き地獄になるだろう!ww
  137. 137 : : 2013/10/23(水) 23:45:43
    いいじゃん半殺しwww
    むしろ目の前でエレンにキスすればいいと思う
  138. 138 : : 2013/10/23(水) 23:46:52
    アルミン「ベルトルト、はい」

    ベルトルト「パク 辛っ! かっっっっれ! 辛い!」

    アルミン「ごめん、ノリで」

    ベルトルト「悪魔の末裔が! 根絶やしにしてやる! ゴホッゴホ!」

    クリスタ「アルミン、あーん♪」

    アルミン(いやせめてたこ焼きに入れるとかにしなよ、ただのデスソースの塊じゃないか)

    クリスタ「あーん♪」

    アルミン「ご、ごめんお腹いっぱいだから・・・」

    クリスタ「私の・・・食べて・・・」

    アルミン(エロい)

    アルミン「頂きまーす! パク」

    アルミン「うぉー!! 死ぬ! 辛い! もうダメ! グオオォォ!」

    エレン「ゴホッゴホ!」

    クリスタ「エレン、大丈夫?」サスサス

    ベルトルト「クソゥ!」

    アルミン「死ぬぅ!」

    ライナー「回復したい」
  139. 139 : : 2013/10/23(水) 23:47:29
    >>137それは関係のないアルミンまで被害が及ぶねw
  140. 140 : : 2013/10/23(水) 23:48:30
    うん、もう及んでましたw
  141. 141 : : 2013/10/23(水) 23:56:18
    アルミンだからねwww
  142. 142 : : 2013/10/23(水) 23:56:59
    もはやカオスなので省略します。

    ライナー「このソース結局使い切ったな・・・」←25ml

    ベルトルト「もう胃が燃えてる気がする・・・」20ml

    アルミン「五臓六腑がグチャグチャにされた気分だよ」←100ml

    エレン「喉が痛い・・・」←5ml

    クリスタ「もう! 変な遊びするから!」←0ml

    ライナー「そろそろ帰るか!」

    アルミン「うん!」

    ベルトルト「そうだね」

    ライベルアル「お邪魔しましたー!」

    エレン「おう! また来いよな!」

    バタン

    クリスタ「さて、片付けなきゃ!」

    エレン「遊びすぎて疲れた・・・風呂入るか」
  143. 143 : : 2013/10/24(木) 00:00:58
    やっぱりクリスタと一緒に入るしかなにいでしょ?ww
  144. 144 : : 2013/10/24(木) 00:02:38
    >>143
    裸の付き合いははぇーよwww 中学生だからな!w
  145. 145 : : 2013/10/24(木) 00:02:49
    エレクリってさいこうだよな
  146. 146 : : 2013/10/24(木) 00:07:27
    >>144じゃあハプニング的な感じでw
  147. 147 : : 2013/10/24(木) 00:10:11
    もうやっちゃえよ
  148. 148 : : 2013/10/24(木) 00:13:04
    >>145
    ですよね!
    >>146
    クリスタ「ポピーさんのエッチ!」
    >>147
    やっぱり思春期だろwwwww
  149. 149 : : 2013/10/24(木) 00:14:41
    エレン「そういえばマリオカ◯トの約束か」ダッコ

    クリスタ「そだよー!」

    エレン「後、俺ずっと気になってることあるんだ」

    クリスタ「ん、なにかな?」

    エレン「なんでお前ってさ・・・」

    クリスタ(何かこの感じ・・・ドラマで見たことある・・・、口説かれちゃうのかな///)

    エレン「なんで同じ石鹸なのに、こんないい匂いするんだ?」スンスン

    クリスタ「・・・エレンのバカ」

    エレン「え?」

    クリスタ「寝るよ!」

    エレン「あ、ああ・・・」
  150. 150 : : 2013/10/24(木) 00:18:16
    石窯工房さんのがエッチでしょww
  151. 151 : : 2013/10/24(木) 00:43:24
    いや、まだ他にエッチなやついるかもよ(ゲス顔


    ドウダウレシイカライナー!  パシンパシン
    ナニコウフンシテンダヨ!ゴリラ! パシンパシンパシン
  152. 152 : : 2013/10/24(木) 00:43:55
    朝、

    エレン「今日は何して遊ぼうか」

    クリスタ「今日は夏祭りだよ!」

    エレン「もうそんな日か!」

    クリスタ「うん!」

    エレン(夏休みも残り半分・・・)

    エレン「もうそんな日か・・・」

    クリスタ「えっえっ?」

    エレン「仕方ないからゲームでもして待ってるか・・・」

    クリスタ「そ・の・ま・え・に」

    エレン「ん?」

    クリスタ「何かなこれは?」ニコ

    エレン「携帯?」
  153. 153 : : 2013/10/24(木) 00:50:36
    from:ミカサ
    title:教えて
    なんでクリスタと仲がいいの?
    ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    from:ミカサ
    title:教えて
    なんで起きてるのに返事がないの?
    ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    from:ミカサ
    title:今
    私、ミカサ。 今吉◯家で牛丼食べてるの
    ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    from:ミカサ
    title:今
    私、ミカサ。 今、あなたの家の近くの横断歩道でお婆さんを助けてあげてるの
    ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    from:ミカサ
    title:今
    私、ミカサ。 駅のホームで10駅拾ったの♪
    ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    クリスタ「これ浮気じゃないっ!」プンスカ

    エレン「いや、これ人の携帯をツ◯ッターにしてるだけだろ! 浮気じゃねーよ!」

  154. 154 : : 2013/10/24(木) 00:51:45
    >>153
    10駅じゃなくて10円でした
  155. 155 : : 2013/10/24(木) 00:55:49
    何かストーカーじゃね?
  156. 156 : : 2013/10/24(木) 01:02:23
    ピピ、

    エレン「あ、メールだ・・・」

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    from:ミカサ
    title:今
    私、ミカサ。 今、お寺でお餅もらったなう
    ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    エレン「なうの使い方間違ってるわ!」

    クリスタ「これは浮気じゃないの?」

    エレン「どうやったらそうとれるんだ?!」

    クリスタ「じゃ、じゃあ違うんだね?」

    エレン「うん、てか浮気するしないとか俺ないから」

    クリスタ「そっか♪」
  157. 157 : : 2013/10/24(木) 01:03:10
    >>155
    ストーカーなら人の家の前まできて、駅のホーム行かないかな・・・
  158. 158 : : 2013/10/24(木) 01:05:00
    ダメだ今日じゃおわらない!

    明日終わらせます!
  159. 159 : : 2013/10/24(木) 06:06:39
    俺はエロじゃない!!
    クリスタのエロを求めてるだけだ!!!( ・´ー・`)どや
  160. 160 : : 2013/10/24(木) 21:30:06
    再開します
    >>159
    それが俗に言う変態だw
  161. 161 : : 2013/10/24(木) 22:02:28
    クリスタ「それで、今回対戦するゲームは?」

    エレン「今回は・・・、ドッ◯サッカーフットサル・・・」

    クリスタ「えっなにそれ?!」

    クリスタ(そんなゲーム・・・ユミルから聞いてない・・・聞いたことない・・・)

    エレン(アルミンから聞いた通り言ったけど、本当にクリスタが焦ってる・・・今回はいけるかも)

    クリスタ(どうしよどうしよ)アタフタ

    エレン「よし、やるか!」エガオ

    クリスタ「グヌヌヌヌ・・・」

    エレン(グヌヌ顔のクリスタかわいい・・・)


    ※恐らく、これを見ている方は知らないゲームの名前だと思うので一応補足。
    ドッ◯サッカーフットサルというのは、サルゲッチュ2の中にあるミニゲームで作者が一時期すごいハマッていたゲームである。
    PS2が出来る環境であれば中古で買いプレイすることをオススメします、すごい楽しいです。
  162. 162 : : 2013/10/24(木) 22:09:10
    変態じゃないよ! 
    たとえ変態だとしても変態と言うなの紳士だよ!( ・´ー・`)どや
    そしてロリコンは認める
  163. 163 : : 2013/10/24(木) 22:10:07
    そのゲーム知ってますwww
    俺も一時期はまってましたwww
  164. 164 : : 2013/10/24(木) 22:26:09
    分かる人だけ、

    エレン「よし! いける!」カチャカチャ

    クリスタ「あっ! そんな!」カチャカチャ

    1ー0

    クリスタ「ああ! もう!」

    エレン「このまま流れで・・・」カチャカチャ

    その時だった・・・
    クリスタのチームの選手の一人が適当にボールを蹴ると、そのボールがエレンのチームの選手の一人に当たり怯んだのである。

    クリスタ(しまった! 痛いことしちゃった・・・これ反則だよね?)チラ

    エレン「」ダラダラ

    クリスタ(エレンが困ってる・・・、もしかしてそういうゲーム?)

    クロスタ(よし、殺る!)キラーン

    ドカバキゴスゴスゴスゴスドカ

    エレン「ちょ・・・クリスタ・・・、これはゴールに入れて遊ぶゲームで敵を当てるゲームじゃ」

    クロスタ「早く死んでしまえ!! 何強い人ぶってんだよ!! そんなにカッコ良く死にたいのかバカ!!」

    エレン「クリスタが壊れた!」

    1ー13

    クリスタの勝ち
  165. 165 : : 2013/10/24(木) 22:27:57
    Oh・・・
  166. 166 : : 2013/10/24(木) 22:28:11
    知ってるのかよ!w
  167. 167 : : 2013/10/24(木) 22:29:45
    何が何でもクリスタがたとえクロスタ
    になろうもクソゲーだと思って買ったゲーム
    が神ゲーだったゲームでもかつのか・・・
  168. 168 : : 2013/10/24(木) 22:48:57
    その時代のサルゲッチュは全制覇してますからね( ・´ー・`)どや
  169. 169 : : 2013/10/24(木) 22:49:37
    夏祭り、
    エレン「それで、確か罰ゲームが・・・」

    クリスタ「夏祭りはずっと手を握る、一緒に花火を見る、一緒に寝る、早く寝る、明日私の好きなところに行く」

    エレン「多すぎるわ!」

    クリスタ「まぁまぁ♪」

    エレン「まぁ今回は俺に有利だったから仕方ないか・・・にしてもクリスタはゲーム強いな」

    クリスタ「そうかな〜、エヘヘ」

    エレン「いや、だって未だに勝ったことねぇもん」

    クリスタ「エレンが弱いからだよ!」

    エレン「なんだとこの〜」

    クリスタ「あっ! 綿あめだ!」

    エレン「ちょっ! 力強っ!」

    クリスタ「わた飴くださいな♪」

    アニ「はいよ」

    エレン「は・・・・・・」

    アニ「あ・・・・・・」

    エレン「お前・・・まさかここにいたとはな」ゴゴゴゴ

    アニ「あんたこそ、元気にしてたかい?」

    クリスタ「え? え? エレンってアニの知り合いだったの?!」

    エレン「ああ・・・そして俺が初めてイライラしたことだ・・・◯ケモンだけど」

    クリスタ「ポケモ◯で?!」

    アニ「それはあんたが攻撃ばかりしか考えてなかったからでしょ」

    クリスタ「攻撃ばかり?」

    クリスタ(いや初めてイライラしたのがポケ◯ンって! あの時の意味ありげな伏線は何だったのよ!)
  170. 170 : : 2013/10/24(木) 22:55:06
    ファイトです!ポケモンでイライラするエレンwww
  171. 171 : : 2013/10/24(木) 23:03:17
    アニ「というか、あれまだ忘れてなかったの?」

    エレン「いやあれは忘れられねぇよ、クリスタちょっとちょうだい」

    クリスタ「もふもふ・・・、いいよ」

    エレン「もふもふ・・・美味しいな」

    アニ「もふもふ・・・あんたら店の前でイチャつくのやめてくれない?」

    クリスタ「もふもふ・・・アニだって店員さんなのに食べてていいの?」

    エレン「もふもふ・・・そうだそうだ」

    アニ「もふもふ・・・そろそろ交代だし大丈夫」

    エレン「もふもふ・・・あれ、夏祭りは一人で周るのか?」

    アニ「宴の中は孤高な存在でいるべきだよ・・・」←厨二病

    クリスタ「もふもふ・・・行こっか」

    エレン「もふもふ・・・そうだな」
  172. 172 : : 2013/10/24(木) 23:08:23
    >>167
    コッペパンさんも知ってるのかw
  173. 173 : : 2013/10/24(木) 23:11:03
    またまたミニ安価、
    夏祭りでエレンとクリスタが行った店は?

    卑猥なものはなしで。

    >>174
  174. 174 : : 2013/10/24(木) 23:12:08
    射的屋
  175. 175 : : 2013/10/24(木) 23:21:54
    ラブホ屋さん
  176. 176 : : 2013/10/24(木) 23:39:44
    型抜き
  177. 177 : : 2013/10/24(木) 23:46:08
    射的屋

    おっさん「いらっしゃい!」

    エレン「おっ射的屋だ!」

    クリスタ「エレンできるの?」

    エレン「いや初めてだけど、すげーやりたかった!」

    おっさん(一応のりで補強してあるから大丈夫だよな・・・)

    パチーン

    エレン「くっそ!」

    おっさん「ハッハッハ! おしいな坊主!」

    パチーン

    エレン「あれ?」

    おっさん「もうちょい下だな!」

    クリスタ「エレン、頑張って!」

    エレン「当たってるのになんで耐えれないんだろ〜」

    射的屋「ハッハッハ! 彼女さんが応援してるんだから頑張らなきゃな!」

    クリスタ(でも当たってるのに1mmもずれないのはおかしいな・・・)

    パチーン

    エレン「クソッ! 今良いところ当てたのにな!」

    クリスタ「ちょっとかーして♪」

    エレン「あっああ・・・」

    おっさん「お、彼氏さんの仇打ちってかい・・・ん?」

    おっさん「どこ狙ってるの? そこには品物が何もな

    クリスタ「えい♪」

    パキン

    ガタタタタタタタ

    おっさん「台の留め具に当てた?! 全部品物が!」

    クリスタ「やったぁ! 全部落ちたー!」

    エレン「すげえな! クリスタ!」

    おっさん「くぅー、もってけ泥棒!」

  178. 178 : : 2013/10/24(木) 23:46:56
    >>178
    耐えれないんではなく、倒れないんだろで
  179. 179 : : 2013/10/24(木) 23:53:42
    遊び人さん頑張って
    期待してます
  180. 180 : : 2013/10/25(金) 00:11:52
    エレン「そういえばさ、そろそろ花火の時間だな」

    クリスタ「そうだね!」

    エレン「ここは混んでるからもう少し離れたところから行こうか」

    クリスタ「うん!」

    エレン「確かここら辺の近くに河原があったな、そこで見ようか」

    クリスタ「そうだね!」

    クリスタ(あそこも今は騒がしいからダメか・・・)
  181. 181 : : 2013/10/25(金) 00:31:12
    期待してます‼( ´ ▽ ` )ノ
  182. 182 : : 2013/10/25(金) 00:45:50
    河原、

    ヒュー、ッドーン。

    クリスタ「綺麗・・・」

    エレン「クリスタ! こういう時はたまやー! って言うんだぞ」

    クリスタ「そ、それくらい知ってるよ!」

    クリスタ(知らなかった・・・)

    ピュ〜、ッドーン!

    エレクリ「たまやー!」

    エレン「うまくハモったな!」

    クリスタ「ねっ!」

    エレン「よし、次ももう一回!」

    クリスタ「うん!」

    ピュ〜、

    エレン「キタキタ!」

    ドォォオオオオオオオオン!!

    クリスタ「きゃっ!」 エレン「うぉ!」

    エレン「ハァハァ・・・」

    クリスタ「フーフー」

    エレン「アッハッハッハ!」

    クリスタ「クス・・・フフフフ・・・」

    エレン「なんか前もこういうことあったな」

    クリスタ「そうだね!」

    エレン「なぁ、花火ってさあっという間だよな」

    クリスタ「そうだね」

    エレン「なんか夏休みもあっという間だよな・・・」

    クリスタ「そうだね・・・」

    エレン「でもさ、クリスタといてるとすげえ楽しいや!」

    クリスタ「そ、それは・・・私もだよ?」

    エレン「だからさ、いつもこんな感じで楽しく行こうぜ!」

    クリスタ「・・・クス」

    エレン「な、笑ったな?!」

    クリスタ「いや、こんな感じでなんなのかなって!」

    エレン「そ、それはあれだよあれ!///」カァ///

    クリスタ「あれってなぁにー? 私わからなーい」クスクス

    エレン「あっ笑ったなこのやろ!」
  183. 183 : : 2013/10/25(金) 00:56:06
    それから私たちは時間を忘れて遊んだ。

    花火が終わった後も河原で水を掛け合って遊んだ、着物が濡れちゃったけどすごく楽しかった!

    そして一緒に寝て・・・相変わらずエレンは顔真っ赤で照れてた♪

    そして私は誰も人が来ない、景色のいい丘で・・・

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    クリスタ「付き合ってください!」

    エレン「ああ、一緒にずっとそばにいよう!」

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    その瞬間、私の頭に電撃が走った。

    私は何処かでエレンとこの丘で告白した・・・


    エレン「分かった・・・、離れるなよ///」

    クリスタ「ワァァアアアアン」

    それは見たことのない街並みだったけど丘から見える景色は同じだった。

    夕焼けで燃えた空に鮮やかな緑色の山が奥へ奥へと続いていて、くっきりとした地平線が浮かび上がっている。

    昔、私達はここで同じことをやっていたんだ・・・、私はそう認識した。

    続く?
  184. 184 : : 2013/10/25(金) 00:59:48
    これで終わりになります!
    ここまで読んでくださり本当にありがとうございました、凄い長いなww うん、本当に。

    初めての長編だと思います!

    続編はクリスタとエレンが付き合ってのスタートとなります。
    ぜひ続編希望と投稿してくださいな!

    ラストのエンドは昔から僕の作品を読まないと分からないようになっています。
    初めての長編で、少し記念にと思いやりましたがこの作品から読み始めた人には分からなくて申し訳ないです。
  185. 185 : : 2013/10/25(金) 01:05:58
    それと余談ですが、今日自分がパソコンに入って気づいたことなんですが・・・

    遊び人「えっ、人気SS作家に入ってる・・・」

    この後普通なら喜びますよね? 自分は違いました・・・

    遊び人「すいませんでした!」

    まあ人気SS作家に出てる人たちの所のアイコン押してプロフィールのところ開いて、一人ずつ謝ったんですね。
    いやだって、人気になれるわけないと思ってたしまだ色んな人のSS見ていいなぁ、とかこんな感じで書きてぇな〜とか思ってましたし。
    というわけで、人気SS一覧はあれは嘘です! 僕はまだ始めて11日の初心者SS作家です!

    なので今後もよろしくお願いします!
  186. 186 : : 2013/10/25(金) 01:06:39
    つづきがみたいお
  187. 187 : : 2013/10/25(金) 01:08:33
    続き期待してますよ!
  188. 188 : : 2013/10/25(金) 02:21:57
    これはいいエレクリ
  189. 189 : : 2013/10/25(金) 07:20:45
    続きおねしゃす!
  190. 190 : : 2013/10/25(金) 07:42:36
    続編に期待!
  191. 191 : : 2013/10/25(金) 16:06:37
    続編希望
  192. 192 : : 2013/10/25(金) 16:10:55
    >>186
    >>187
    >>188
    >>189
    >>190
    >>191
    ありがとうございましす! 頑張ります!
  193. 193 : : 2013/10/25(金) 16:12:48
    ちなみに続きはこちら。

    http://www.ssnote.net/archives/1518#thread-bottom-navigation
  194. 194 : : 2013/10/25(金) 21:20:21
    さっき見てきた訓練兵団卒業スピーチっていう神作品の後に見たせいで微妙に感じた。
    あれは面白すぎたわ
  195. 195 : : 2013/10/26(土) 00:11:00
    どこにでも沸くなお前は
  196. 196 : : 2013/11/06(水) 17:10:30
    wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
  197. 197 : : 2013/11/06(水) 18:42:04
    ありがとうございます!
  198. 198 : : 2013/11/19(火) 17:45:45
    頑張って
  199. 199 : : 2014/03/01(土) 09:41:50
    最高だあああああああああああああああ
  200. 200 : : 2014/03/08(土) 14:15:07
    エレンは地獄へ…
  201. 201 : : 2014/03/24(月) 16:03:54
    夏休みの宿題どうなったの?
  202. 202 : : 2014/09/28(日) 23:48:00
    いい
  203. 203 : : 2014/12/26(金) 05:57:56
    ドッチサッカーフットサル知ってるよ!!サルゲッチュ2のなかで一番好きだったやつ一番強いのは冒険家のサルだよねそのサルはゲットしたらフットサルのサル選択メニューのしたの方にあるよ!!

▲一番上へ

名前
#

名前は最大20文字までで、記号は([]_+-)が使えます。また、トリップを使用することができます。詳しくはガイドをご確認ください。
トリップを付けておくと、あなたの書き込みのみ表示などのオプションが有効になります。
執筆者の方は、偽防止のためにトリップを付けておくことを強くおすすめします。

本文

2000文字以内で投稿できます。

0

投稿時に確認ウィンドウを表示する

著者情報
asobienu

あそびーぬ

@asobienu

この作品はシリーズ作品です

エレンとクリスタの奥の恋路 シリーズ

「進撃の巨人」カテゴリの人気記事
「進撃の巨人」カテゴリの最新記事
「進撃の巨人」SSの交流広場
進撃の巨人 交流広場