ssnote

x

新規登録する

作品にスターを付けるにはユーザー登録が必要です! 今ならすぐに登録可能!

この作品は執筆を終了しています。

ダズ「腕相撲が強くなりたい」

    • Good
    • 0

loupe をクリックすると、その人の書き込みとそれに関連した書き込みだけが表示されます。

▼一番下へ

表示を元に戻す

  1. 1 : : 2019/10/14(月) 13:39:26
    アニ「‥」


    ダズ「頼むアニ!!」

    アニ「喧嘩‥筋肉‥次は腕相撲かい?」


    ダズ「お前ならー」


    アニ「うんうん、その台詞は聞き飽きたから」

    アニ「一応言っておくけど、私は何でも屋じゃないからね」



    ダズ「分かってるけどよ‥」


    アニ「言っておくけど、私は筋力はそれほど強くないよ」


    アニ「腕相撲ならライナーにだって勝てないし、ミカサ になんて全く及ばないよ」


    ダズ「それがいいんだよ」



    アニ「どういう事?」


    ダズ「お前はなんて言うか‥努力型の人間だろう?」



    アニ「まぁ、否定はしないね」



    ダズ「ライナーは体格が良いし、ミカサ はアッカーマンだからな」



    ダズ「あの2人は何て言うか‥強くなるべくして、強くなった感じだろ?」


    ダズ「つまりあの2人は才能があって強くなった。まぁ努力もしたんだろうけどさ」



    アニ「言ってる事は分かるよ」



    ダズ「お前は女で小さい‥なのに男より強いだろ?」


    アニ「‥」ギロ


    ダズ「お、おい。睨むなよ」



    アニ「ふっ、冗談だよ」ニッコリ



    ダズ(顔がマジなんだよな‥それに目が笑ってない‥)プルプル
  2. 2 : : 2019/10/14(月) 15:00:07
    アニ「ちなみにアームレスリング と腕相撲の違いは知ってる?」


    ダズ「同じじゃないのか?」


    アニ「全然違うよ」

    アニ「腕相撲は腕の力だけで力比べをするんだよ」



    アニ「それに対してアームレスリング は腕の力だけでなく、背中、足、など全身の筋肉を連動させて勝敗を決める」


    アニ「それにアームレスリング はちゃんと競技として存在する。腕相撲の大会とかもあるけど」


    アニ「アームレスリング の方が競技人口も多いし、奥深い」



    ダズ「なるほど。」


    アニ「だからアームレスリング の技術を習得すれば、腕相撲も強くなれる」



    ダズ「素人同士なら腕力の差が大きいんじゃないのか?」


    アニ「たしかにその通りだ。でもね」


    アニ「アームレスリング の選手の中には筋トレをやらなくても強い人がいる。だから、実戦を積んでその過程で技術をした方が強くなれるのさ」



    ダズ「へぇー」


    アニ「あんた腕相撲やる時腕の力しか使ってないだろう?」


    ダズ「言われてみればそうだな。」


    ダズ「全身の連動なんて考えた事無かったな。」



    アニ「意識を変えるだけでも強くなれるよ。あとは実戦を積めばいいだけさ」



    ダズ「分かった!ありがとうー」ガシッ


    アニ「と、いう事で私とやろうか」ニッコリ


    ダズ「い、いや。友達とやってみるよ。お前とやったらまた怪我するかもしれないし」



    アニ「そんな事ないさ。私は腕相撲はあんまり強くないからね」スッ



    ダズ「はぁ‥その言葉あんまり信用できないな」スッ



  3. 3 : : 2019/10/14(月) 15:00:33
    ダズがそのあとどうなったかはご想像にお任せします

▲一番上へ

このスレッドは書き込みが制限されています。
スレッド作成者が書き込みを許可していないため、書き込むことができません。

著者情報
power

@power

「進撃の巨人」カテゴリの人気記事
「進撃の巨人」カテゴリの最新記事
「進撃の巨人」SSの交流広場
進撃の巨人 交流広場