ssnote

x

新規登録する

作品にスターを付けるにはユーザー登録が必要です! 今ならすぐに登録可能!

このSSは性描写やグロテスクな表現を含みます。

この作品はオリジナルキャラクターを含みます。

転生者 ~名を継ぐ者達の物語~

    • Good
    • 2

loupe をクリックすると、その人の書き込みとそれに関連した書き込みだけが表示されます。

▼一番下へ

表示を元に戻す

  1. 1 : : 2019/08/12(月) 02:14:04
    今まで書いてきた系統とは異なるSSです!歴史上の偉人の名前を継承した人々の物語です。
    荒し以外であればコメントは気軽にどうぞ!
  2. 2 : : 2019/08/12(月) 02:48:26
    日本、そして世界中で歴史は多くの人物がそれぞれのやり方や志をもとに生き、そして死んでいくことを繰り返して現代と続いてきた。歴史上で一部の人物は英雄として、もしくは極悪人という形だとしても後世に名を残している。

    しかし、彼らの命が現代にも転生し、継承されていたとしたらどうだろうか?

    これは転生した者達の物語
  3. 3 : : 2019/08/17(土) 02:23:48
    ここは、東北にある奥州高等学校。通称奥校は全国で見ても、札付きの不良校である。

    この高校では至るところで生徒同士の喧嘩が絶えない。しかし、そんな不良校だが現在は番長がおらず、3つの派閥が拮抗していた。それぞれの派閥のリーダーはいずれも3年である。

    1つ目は片倉小十郎率いる片倉一派、2つ目は大内定綱率いる大内一派、そして3つ目は相馬義胤率いる相馬一派である。

    だが、4月になり、新入生として入学してきた二人の生徒が現れたことにあり、奥州高校の頭を巡る争いは激化するのだった
  4. 4 : : 2019/08/17(土) 02:37:31
    政宗「ここが奥州高校か…確かに、見るからに荒れてるな…」

    政宗「なあ、成実…この高校の番長に俺はなるぞ!」

    従兄弟の成実に政宗は言った。政宗のフルネームは伊達政宗、右目には黒い眼帯をしているこの男は意気込んでいた

    成実「お前は自分の力がどこまで通用するかが楽しみでここに入ったんだしなー。」ニヤッ

    こっちは政宗の従兄弟の伊達成実、彼もまた政宗に微笑みながらも自分自身、奥州高校に入学するのは楽しみにしていた。

    政宗「拳1つで俺は成り上がる!」

    政宗と成実、この二人の生徒が3派閥が拮抗していた奥州高校に変化をもたらす
  5. 5 : : 2019/08/17(土) 02:41:45
    登場人物プロフィール

    ①伊達政宗

    本作の主人公、奥州高等学校1年。容姿は黒髪
    左耳に2つ、右耳に1つピアスを開けている。
    右目が失明しており、右目は黒色の眼帯をつけている。南奥州中学校を締めていた番長であり、拳1つで成り上がることを目指し、奥州高校に入学した。不良でありながら、料理の腕は一流
  6. 6 : : 2019/08/17(土) 02:47:02
    登場人物プロフィール

    ②伊達成実

    名前の読み方はだてしげざね。政宗の従兄弟であり、幼馴染みでもある。容姿は茶髪。
    南奥州中学校の副番長であり、政宗を支え、政宗を奥州高校の番長にするために一緒に入学。性格は好戦的、見た目はチャラいと言われやすい。
  7. 7 : : 2019/08/18(日) 03:39:33
    政宗「おらっ!」バキッ

    不良「ぐはっ!」バタ

    成実「雑魚が!」バキッ

    不良「がはっ!」ドサッ

    政宗「大したことねー奴等ばっかだな…」

    政宗と成実は既に1年で挑んでくる奴等を返り討ちにし、次々と倒した

    政宗「んで?次に俺に挑むやつはいるか?」

    政宗の周囲には、ボコボコにされた1年の不良が何人も倒されていた

    不良「ダメだ…!あの二人はレベルが違う!」

    成実「それは、お前ら1年が俺らに降参したってことでいいのか?」

    政宗「文句があるやつは今ここで名乗り出ろ!!」

    そう言われても、誰も歯向かうものはいない。
    なぜなら、奥州高校に入学してきた1年は思い知らされていたからだ、この二人には勝てないと

    政宗「いねぇな?今日から1年は俺が仕切る!そして俺はここの番長になる!」

    政宗と成実が快進撃を続けるなかで、一人の男が彼に興味を持っていた

    小十郎「伊達政宗か…」
  8. 8 : : 2019/08/18(日) 04:05:59
    数日後

    成実「政宗!敵が来た!!」

    政宗「誰が来たんだ?奥州高校も大したことねーし、ましな奴が来たのか?」

    成実「今回は強いのが来たぜ。」

    政宗「誰が来たんだよ?」

    ドカッ!!

    すると、政宗と成実がいる教室に生徒が蹴り飛ばされてきた

    不良「」ピクピク

    政宗「ん?俺の仲間じゃねぇか?やりやがったのは誰だ!」

    小十郎「俺だ…。」

    成実「ほらな?来ただろ?片倉一派、それもリーダーの片倉小十郎直々に来たみたいだ。」

    小十郎に続いて、片倉一派の不良達が続々と入ってきていた。この状況に政宗と成実以外の伊達一派の生徒は驚いていた

    政宗「目がつけられるのが早いもんだな…」

    小十郎「1年を早々に締めたルーキーがいると聞いてな。暴れまわってるらしいな。」

    政宗「流石、広まるのは早いな…」

    小十郎「話には聞いてる、南奥の政宗と成実だろ。」

    成実「知ってもらえるとはありがたいねー!」

    政宗「俺もお前のことは知ってるよ。奥州高校の3大派閥の1つだろ?」

    小十郎「俺らも倒すつもりか?」

    政宗「当たり前だ!俺はここの番長になる!いや、それだけじゃねぇ、俺は拳1つで成り上がる!この高校の番長だけじゃねぇ、上に上がり続けるだけだ!!」

    小十郎「そうか…」ニヤッ

    小十郎はそう聞くと微笑んだ

    小十郎「久し振りに面白い奴が来たな…よし!決めた!俺はお前につく!」

    政宗 成実「は…?」

    政宗も成実も小十郎の言っている意味がわからなかった。てっきり二人ともこのまま片倉一派と殴り合いになると思っていたからだ

    小十郎「気に入ったんだよ、俺はお前の…いや、政宗の右目になる!」

    政宗「小十郎…俺の仲間になるってことでいいのか?お前は番長になりたくないのかよ?」

    小十郎「俺よりもお前が番長になる方が面白そうだからな。」

    成実「でも、小十郎…お前の仲間は納得してないみたいだぜ?」

    片倉一派の不良達「小十郎さん!何言ってるんすか!」

    「俺らは伊達の下にはつきたくねーよ!」

    「何でこんな1年の下なんかに俺らがつかないといけないんすか!?」

    小十郎「聞き分けのねぇ奴らだな…」

    政宗「どうするんだ?」

    小十郎「従えるしかないだろうが…」

    小十郎「お前ら!俺が政宗の下につくのに反対する奴らは文句言ってねぇで来いやぁ!」

    片倉一派の不良達「政宗の下にはつかねぇ!」

    片倉一派の不良達は小十郎の考えに納得いかずに、小十郎に向かっていった

    小十郎「お前らを率いてた俺が、お前らに負けるかよ」ダッ

    小十郎「おらっ!」バキッ

    不良「うっ…!」バタッ

    小十郎「その程度か?」バキッ

    不良「がはっ!」バタッ

    小十郎「本気で来いやぁ!」ドカッ

    不良「ぐはっ!」ドサッ

    その後も小十郎は自分に歯向かった不良を殴り、蹴り次々に倒していった

    小十郎「終わりだ!」バキッ

    不良「くっ…」バタ

    小十郎「制圧したな…」

    政宗「流石の強さだな…頼むぜ、俺の右目!」

    成実「すごいことになったなーいきなり。」

    小十郎「お前ら、俺に敗れたんだ、伊達一派に入ることに文句はねぇな?」

    そう尋ねる小十郎に対して、片倉一派の不良たちは首を縦に振った

  9. 9 : : 2019/08/18(日) 04:10:46
    登場人物プロフィール

    ③片倉小十郎

    読み方はかたくらこじゅうろう。奥州高等学校3年。奥州高校三大派閥の1つである片倉一派のリーダーだったが、入学してきた政宗を気に入り、仲間となる。政宗の右腕、いや右目の存在。容姿は黒髪。普段のイメージからは考えられないが、好きな食べ物は抹茶スイーツ
  10. 10 : : 2019/09/13(金) 18:50:15
    小十郎が政宗の下についたことは、奥州高校全体を揺るがす大ニュースだった。その後は日に日に伊達一派の影響力は増していった。

    政宗「いつの間にか、俺達のことを知ってる奴らが増えたもんだな…。」

    成実「ああ、気づけば一大勢力になったな。」

    政宗「小十郎、お前の影響力が相当すごかったみてーだな!」

    小十郎「俺についてる奴らは政宗に従うのは当たり前だが、ここまでざわつくことになるとはな…」

    政宗の下についた小十郎もここまでの騒ぎになるとは思っていなかったようだ

    小十郎「だが、政宗…この状況を黙って見過ごすわけにはいかないって奴らもいることを忘れるな。」

    政宗「3大派閥のあとの2つか?」

    小十郎「あいつらは、仕掛けてくるだろうな。」

    成実「いよいよ、始まるな!政宗!」

    政宗「誰であろうと、倒すだけだ!強い奴が上にたつ!それだけだ!!」
  11. 11 : : 2019/09/30(月) 05:04:50
    一方、奥州高校の3大派閥の一角を担う大内定綱はこの状況が面白くなかった

    定綱「入学したばかりのルーキーが調子に乗りやがって…!!」

    定綱派の不良「定綱さん、どうしますか?」

    定綱「そんなもん決まってんだろ!!生意気な政宗を潰すんだよ!!片倉もだ!!」

    定綱「伊達一派をまとめて潰して、俺がここの番長になる!」

    ???「おー!荒れてるね~!定綱!」

    大内一派の溜まり場に一人の男が入ってきた

    定綱「何しに来た?それとも…お前から潰してやろうか?相馬!!」

    義胤「俺はお前と喧嘩しに来たんじゃねぇ!」

    定綱「よく言うぜ…普段から殴りあってばかりだろ!てめぇらとはよ!」

    義胤「普段はな…だが、今回は違う!俺らも政宗を潰してぇ!1年がなめた真似しやがって!」

    定綱「それで?俺らの所に来る理由になってねぇぞ?」

    義胤「今政宗には片倉が下についてやがる…そこでだよ!定綱、俺と組め!」

    定綱「何を言ってんだ?」

    義胤「俺らは一時的に手を組んで伊達一派を潰す。それからは俺とお前が決着を着けてどっちかが奥高の番長になる!悪くはないだろ?」

    定綱「確かにな…悪くない。相馬、お前の提案に乗った!」

    義胤「そー来なくちゃな!」


    定綱「伊達一派の奴等…覚悟しろ…!」
  12. 12 : : 2019/09/30(月) 05:06:12
    登場人物のあだ名

    伊達政宗→独眼竜

    片倉小十郎→竜の右目

    伊達成実→百足
  13. 13 : : 2019/09/30(月) 05:10:30
    登場人物プロフィール

    ④大内定綱

    名前の読み方はおおうちさだつな。奥州高校3年。奥高3大派閥の内の1つ大内一派のリーダー。容姿は茶髪に両耳にピアスを1つずつ開けている。あだ名は雄牛。血の気の多い性格だが、好物の寿司を食べているときはその様子は見られない。
  14. 14 : : 2019/09/30(月) 05:14:46
    登場人物プロフィール

    ⑤相馬義胤

    名前の読み方はそうまよしたね。奥州高校の3年。奥高3大派閥の1つの相馬一派のリーダー。ファンキーな性格でヒップホップとストリートファッションを愛している。容姿は金髪にストリートファッション。好きなスポーツはバスケ。
  15. 15 : : 2019/10/06(日) 18:04:56
    大内一派と相馬一派が手を組んだというニュースは高校内にすぐに広まっていった。片倉一派が伊達政宗についた時以上に校内はざわめき、
    高校の覇権争いが激化するのは当たり前だった。

    政宗「大内と相馬、そいつらは揉めてたんじゃなかったか?」

    小十郎「政宗のことが、よっぽど気に入らないんだろうな…」

    成実「まだ1年なのに、いきなりこんな歓迎されるとはねー!」

    政宗「歓迎じゃねぇだろ!バカかよ!」

    成実「でも、向こうが手を組んだのって俺らにとって得じゃない?」

    小十郎「いや、厄介なことになっただろ…」

    政宗「いや、違う!小十郎!成実の言う通りだ!」

    小十郎「…?」

    政宗「大内も相馬もまとめて倒せば、俺が番長になれるしな!向こうが来るのはラッキーだな!」

    成実「そういうこと!俺らが両方とも潰せばいいんだよ!」


    ヒュン!ガタン!!!ドサッ!!!

    政宗派の不良「」バタッ

    政宗達の仲間の不良が教室の扉を吹き飛ばして気絶していた

    政宗「何だ…?」

    義胤「よう!お前が噂の独眼竜だな?換気ついでにお前の仲間気絶させちまった…」ヘラヘラ

    定綱「それで?誰をまとめて倒すって?」

    教室の中に大内定綱と相馬義胤、更には大内一派と相馬一派の不良が乗り込んできた

    政宗「もう来たか…こっちから出る手間が省けた!」

    定綱「なめた口聞けねぇようにしてやる!」

    奥州高校の番長の座を懸けた戦いが幕を開けた
  16. 16 : : 2019/10/06(日) 23:48:42
    え?復活しとるやん
  17. 17 : : 2019/10/16(水) 19:34:05
    政宗「お前らが大内定綱と相馬義胤だな?」

    定綱「そうだ!」

    義胤「最近、イキってるルーキーが入学来てきたって聞いたからな!来てやったんだ!」

    定綱「独眼竜だっけか?残った目も潰してやるよ!」

    小十郎「まさか、本当にお前ら二人が組んでいるとはな…」

    定綱「片倉!お前は何でこんな奴の下についてるんだ?」

    義胤「がっかりだぜ?俺らと張り合ってたお前がまさか、1年の下につくって聞いたときは…」

    小十郎「お前らと張り合ってたつもりはねぇよ…本気も出してないしな。」

    定綱「言ってくれるじゃねぇか!」

    成実「これはすごい状況になったねー。だけど、番長になるのは政宗だ!!」

    政宗「そういうことだ、誰が相手だろうが俺は勝つ!」

    義胤「威勢だけはいいな!調子に乗るな!!」

    政宗「そんなに言うなら、二人まとめてかかってこいよ!!」

    定綱「上等だ!後から泣いても知らねぇからな!」

    成実「政宗!?二人とも相手にするのか!?大丈夫かよ!?」

    小十郎「あいつがそう言うんだ、信じてやろうぜ!!」

    成実「ちげーよ!俺だってどっちかと戦いたかったってことだ!」

    小十郎「それはそうだな…だが、今回は政宗に花を持たせてやろうぜ!!」

    政宗「小十郎!成実!あとの奴等は任せた!!」

    小十郎・成実「任せろ!!」

    義胤「なめられたもんだねぇ…お前らやっちまえ!」

    大内・相馬派の不良達「うおぉぉぉぉ!!」

    小十郎「成実!行くぞ!」

    成実「ああ!」

    小十郎「大したことねぇな!」バキッ

    大内派の不良「がはっ!」バタッ

    小十郎「失せろ!!」ドカッ

    相馬派の不良「ぐはっ!」バタッ

    人数では圧倒的に劣るものの小十郎は殴り、蹴り、敵を簡単に蹴散らす。

    成実「おらっ!」バキッ

    相馬派の不良「うっ…!」バタッ

    成実「よっしゃぁぁ!!次の奴こいやぁ!」

    一方で成実の方も生き生きと喧嘩を楽しんでいた


    政宗「俺らも始めようぜ?」

    定綱「ああ!そうさせてもらうぜ!!」ダッ

    そういうと、定綱は一気に距離を詰めた

    政宗「ん?」

    定綱「くらいやがれ!」バキッ!

    定綱の拳は政宗を捉えた。雄牛と称される男が政宗をぶん殴った

    政宗「っ!」ズザァァ

    政宗「なるほど、確かに重いな…。」

    定綱「いつもなら一撃で仕留めれるんだがな…」

    政宗「その辺の不良と一緒にすんな!」

    義胤「後方注意だぜ!」グルッ

    政宗「あ?」

    義胤がいつの間にか政宗の後ろに回り込み、回し蹴りを政宗の背中にかました。バキッ!!という鈍い音がした政宗は吹き飛ばされた

    政宗「後ろからか…まあまあな一撃だな。」

    義胤(背中にクリーンヒットしたのに何で余裕で立てるんだ!こいつ!?)

    政宗「おもしろくなってきた!」




  18. 19 : : 2019/10/17(木) 03:17:11
    まじぃ?
  19. 20 : : 2019/10/24(木) 22:46:06
    定綱「確かに、瞬殺されないのは褒めてやるよ!だが、いい気になるなよ?」

    政宗「お前らの攻撃を受けて思ったことがある。」

    義胤「何だよ!!」

    政宗「このくらいの奴らなら、ここの番長は俺で決まりだ!」

    義胤「調子に乗るなぁぁ!!」ダッ ブン!

    その言葉に怒った、義胤は政宗へと距離を詰めると握り締めた拳を振りかぶった

    ガシッ!!

    政宗「食らってたまるかよ!」

    義胤「!?」

    定綱「相馬!?」

    政宗は義胤の拳を正面から受け止めたのだ、義胤の表情から余裕が消えていくのが、政宗にも定綱にも分かった


    義胤(受け止めただと!?こいつ!何なんだよ!?)

    政宗「俺もやり返さねぇとな!」バキッ

    義胤「ぐはっ!?…くそ…!!」ズザァァァ

    政宗は義胤をそのまま殴り、吹き飛ばした

    政宗「まだだぜ!」ダッ

    政宗は義胤の元へと距離を詰める

    定綱「来るぞ!相馬!!」

    義胤「わかってる!次こそ!」

    政宗「おせぇよ…!」バキッ

    義胤が構えるよりも早く、距離を詰めた後に政宗の拳は義胤の腹を捉えた

    義胤「がはっ!」ヨロッ

    義胤(早い!?それに一撃が重い…!)

    定綱「なめんなよ!1年が!!」ダッ

    苦戦する義胤を見て、定綱が加勢しに行った

    政宗「お前こそ!年だけで人を判断すんなよ!」ヒュ

    定綱「黙ってろ!」ヒュ

    バキ!!!

    政宗と定綱の拳がぶつかり合った

    政宗「これで終わるかよ!!」グルッ

    ドガッ!!

    拳同士のぶつかり合いで政宗と定綱の攻撃は相殺されたが、政宗は続けて回し蹴りを決めた

    定綱「うっ…!くそっ!」

    定綱(何なんだよ!?こいつは!?)

    政宗「そろそろ、終わらせに行くか!!」

    義胤「終わらせるかよ!食らいやがれ!」ヒュ

    政宗「そんな拳当たらねぇよ!」

    政宗の宣言通り、義胤の拳は空を切った

    政宗「まずは1人目!!」ヒュ

    バキッ!と鈍い音がして、義胤の右頬に政宗の拳がクリーンヒットし、義胤は軽く吹っ飛んだ

    義胤「うっ…!がはっ…!!」

    政宗「止めだ!!!」ヒュ バキッ!!

    政宗のハイキックは義胤の首の近くに当たり、義胤は吹き飛ばされると壁に激突した

    義胤「ゲホゲホ……この俺が……!くそっ…」バタ

    定綱「相馬!?」

    政宗「あとはお前だけだ…!!」







  20. 21 : : 2019/11/06(水) 11:48:40
    定綱「相馬に勝ったからって、俺に勝てるとか思い上がるな!」

    定綱は政宗へ怒りを燃やし、向かっていった

    定綱「おらっ!」ブン

    政宗「そんなもんか?」

    政宗は定綱が殴りかかるのを避けた

    政宗「そんなんで勝てると思うな!!」ブン

    政宗は定綱の腹を殴り、バキッ!という音がすると定綱は痛みを隠しきれない表情をしていた

    定綱「くっ…!てめぇ!!」ヒュッ バキッ

    政宗「流石だな…やっぱいてぇな…」

    定綱の拳は政宗にダメージを与えたが、政宗にはまだ余裕があるようだった

    定綱「まだまだ…!!」

    政宗「そうはいくか!!

    政宗は定綱の右足に蹴りをきめた

    定綱「うっ…!!」ヨロッ

    定綱はまともに蹴りをくらって、よろめいた

    政宗「もらった!!」ヒュッ

    定綱がよろめき、体勢を崩した瞬間を政宗は見逃さなかった。政宗は定綱の顎にアッパーを叩き込んだ

    定綱「ぐはっ……!!!」ビチャ

    定綱は真上に吹っ飛び、吐血した

    定綱「ハアハア…」

    政宗「俺の勝ちだ!」ブン

    政宗が定綱の顔を殴り、バキッ!と音が鳴り響くと、定綱は倒れた

    定綱「くそ……俺の負けだ…参ったぜ…」バタ

    政宗「これでこの高校の番長は俺だ!」



  21. 22 : : 2019/11/21(木) 00:22:10
    期待
  22. 23 : : 2019/12/08(日) 23:01:21
    小十郎「政宗、こっちも制圧し終わった!」

    大内・相馬派の不良達「」

    成実「大したことなかったわー…政宗も倒したみたいだな!」

    政宗「ああ、こいつらには勝ったぜ!」

    定綱「ハアハア……ゲホッ…」

    義胤「ゲホゲホ……」

    片倉、大内、相馬の3派閥が互いに争っていた奥州高校は彗星の如く現れた超新星の1年伊達政宗の登場し、彼らを従えここに番長が誕生した


    小十郎「政宗、頭になった気分はどうだ?」

    政宗「何も変わんねぇよ…次はもっと強いやつと闘いたいってだけだ!」

    成実「政宗らしいな!」

    政宗「小十郎、お前に副番長を頼んでいいか?」

    小十郎「ああ、構わねぇ。」

    成実「俺じゃねぇのかよ!って言いたいところだけど、小十郎の方が強いからなーちくしょー!!」

    政宗「大内と相馬もこれからは仲間としてよろしくな!」

    定綱「分かったよ…」

    義胤「ああ!」
    ―――――――――――――――――――――――
    ――――――――――――――――――――――
    ―――――――――――――――――――――
    ――――――――――――――――――――

    奥州高校の番長が伊達政宗になったということは東北の不良界隈にはすぐに広まっていった。

    その知らせは東北最大の暴走族である羽州連合にも届いていた。羽州連合は奥州高校と並び東北で札付きの悪が集まることで有名な暴走族である。

    羽州連合総長の最上義光は政宗が奥州高校を見ることが締めたということを当然知った。

    義光「あれだけ決まらなかった番長が遂に決まったか…伊達政宗か…。」

    義光「奥州高校とはいずれ東北最強の座を懸けてやり合うことになるとは思っていたが、仕掛けるなら今だな…!」
  23. 24 : : 2019/12/08(日) 23:05:41
    登場人物プロフィール

    ⑥最上義光

    名前の読み方はもがみよしあき。東北最大の暴走族である羽州連合の総長。羽州連合は奥州高校とは何度か小競り合いを起こしている。現在年齢は19歳で総長に就任したのは2年前から。
    大好物は鮭で焼き鮭、刺身、寿司、ムニエルと何でも好き。皮が厚い鮭は更に好き
  24. 25 : : 2020/01/25(土) 03:25:09
    成実「それにしても、政宗も有名になったんだな!」

    放課後の学校の屋上で成実は寝転がりながら政宗に話しかけた

    政宗「校内の知名度がってことか?」

    小十郎「校内ではもちろんだが、校外での知名度がうなぎ登りだ、お前を狙う奴らも増えるだろうな。」

    政宗「校外?奥校は東北一の不良校なんだろ?
    他校で喧嘩売るようなとこがそんなにあるのか?」

    小十郎「他校なんてかわいいもんだろ。俺らからすりゃ敵じゃねぇ。」

    政宗「んじゃ、誰が俺を狙うんだ?」

    定綱「羽州連合の奴らだろうな…」

    定綱は義胤とともに今では政宗の仲間として、行動をともにしていた

    成実「羽州連合!?それって東北最大の暴走族のか!?」

    義胤「そうだ、2年前から総長を務めてるのは最上義光って奴だ…」

    政宗「最上義光…強いのか?」

    小十郎「ああ、相当な…」

    定綱「俺らの学校の奴らが何人も病院送りにされてるくらいだ。」

    義胤「んで、その報復で俺らが羽州連合の奴らを病院送りにしてるって感じだな!」

    成実「何回も抗争が起きてるってことか!」

    小十郎「東北最強が奥州高校か羽州連合かって他校は言ってるくらいだからな。」

    政宗「羽州連合を倒せば、東北で最強なのは俺ってことか?」

    小十郎「そういうことだ。」

    成実「政宗!やる気出てきたんじゃねーの?」

    政宗「おう!最上義光に勝ちてぇ!」
  25. 26 : : 2020/02/10(月) 02:57:52
    屋上で話をしていた時に、突然爆音のバイクのエンジン音が響き渡った

    成実「何だ?」

    異変に気づいた成実は屋上からエンジン音のする方を確認した

    成実「おい!あれって!!」

    小十郎「どうやら、噂をすればやって来たか…」

    校門を破壊して、多くのバイクが奥州高校のグランドへと入ってきた

    定綱「相変わらず、めちゃくちゃだな…」

    義胤「羽州連合の奴らめ!!」

    羽州連合がやって来たことにより、校内は騒がしくなっていた

    政宗「あの中に最上義光はいるのか…?」

    小十郎「ああ、いるな…」

    政宗「そうか、それならよかった!お前ら!迎え撃つぞぉ!!」

    政宗以外「おおおぉぉぉ!!!」

    政宗たちは屋上から階段を駆け下りて、グランドへと向かった

    小十郎「ここは奥高の敷地内だが?何の用だ?」

    義光「そんなことは知っている!お前に用はない片倉!」

    小十郎「族の奴らを連れて迷惑なんだよ、帰れ!」

    義光「お前らを締めている伊達政宗はどいつだ?」

    政宗「俺だ!」

    義光「お前か…片目?喧嘩には向かねぇな。」

    政宗「この右目のせいでなめてかかるやつが多いんだが、その心配はいらねぇぜ?」

    義光「これが番長が不在だった奥州高校をまとめて、頭を張ってる超新星か…」

    政宗「最上義光はお前だな?羽州連合の総長なんだろ?」

    義光「そうだが?今日はな、お前を潰して東北最強は羽州連合だということを証明しに来た。」

    政宗「そうか、それは好都合だ!俺もお前とやり合ってみたいと思ってた!」

    義光「調子に乗んなよ!雑魚が!!」

    政宗「来いよ、タイマンだ。どっちが強いか白黒つけようぜ!!!」
  26. 27 : : 2020/03/31(火) 02:53:24
    秀綱「義光が出るまでもねぇ!奥高の相手くらい俺らで十分だ!!」

    義光「黙ってろ鮭延!!」

    秀綱「……」

    光安「おいおい、義光!タイマンを受けるつもりか?俺らの人数で蹴散らせばいいだろ?」

    義光「志村、ここで俺がタイマンを受けなかったら逃げたと思われるだろうが。」

    光安「奥高を潰すのが目標だろ?だったら、確実に総力戦でいけばいい!」

    義光「伊達とのタイマンを避けて勝ったところで、それじゃ試合に勝っても勝負に負けたと思われたらメンツが立たねぇだろうが!」

    光安「…」

    義光「副総長だろ?それくらい分かれよ!」

    政宗「話は終わったか?」

    義光「ああ、覚悟しろよ?タイマンで2度と逆らえないように敗北を刻んでやるよ…!」

    政宗「脅しは終わったか?早く来いや!」

    義光「年下になめられってことがなぁ…俺はムカつくんだよ!!」ダッ ブン

    そう言い終わると、義光は政宗に向けて間合いを詰めて、拳を振り下ろした

    バキッ!

    政宗「くっ…!強いな…!!俺もだ!」ブン

    バキッ!

    義光「うっ…!」

    東北最強の座を懸けてのタイマンが幕を開けた
  27. 28 : : 2020/03/31(火) 02:56:03
    登場人物プロフィール

    ⑦鮭延秀綱

    名前の読み方はさけのべひでつな。羽州連合の特攻隊長を務める。義光の1個下の18歳。ちなみに1番寿司のネタで好きなのはサーモンではなくえび
  28. 29 : : 2020/03/31(火) 02:59:25
    登場人物プロフィール

    ⑧志村光安

    名前の読み方はしむらあきやす。羽州連合の副総長であり、義光と同い年であることからも羽州連合内で唯一義光と対等で口を聞ける存在。
    義光や秀綱とは普段も一緒に飯を食べに行ったりするほど仲がいい
  29. 30 : : 2020/04/02(木) 03:08:25
    義光「久しぶりにいい拳をもらったな…雑魚だという言葉は撤回してやる。」

    政宗「相変わらず上から物を言うじゃねぇか!」

    義光「ああ、俺の方が上だからだ!力の差ってやつを分からせてやるよ!」ブン

    義光は政宗に殴りかかる

    政宗(こいつの拳は重い…避けながら立ち回らないとな…)サッ

    義光「おらっ!」ブン

    政宗に避けられた後もすぐに義光は2発目を打ち込む

    政宗(早い!!)

    ゴッ!!

    政宗「ぐっ!」

    義光「1回避けたからといい気になるなよ?」ブオッ

    義光はすかさず政宗に蹴りを入れる

    ガシッ!!

    義光「っ!?」

    義光の足を政宗は掴んでいた

    政宗「いい気になってるのはどっちだ?」ブン

    政宗は足を掴んだ方と逆の手で義光の腹を殴り、バキッ!という音が響いた

    義光「がはっ!」ヨロッ

    政宗「まだまだこれからに決まってんだろ!」ブン バキッ!

    腹を殴られ、一瞬よろめいた義光の隙を見逃さずに政宗はもう一発殴った

    義光「ぐはっ…!」

    政宗「おらっ!!」ブン

    義光「食らうかよ!」サッ ブン バキッ!

    義光は政宗の拳を避けると、その流れで政宗を殴った

    政宗「ぐっ…!そう簡単にはいかねぇか。」



    光安「あいつ…義光と対等に立ち回っているだと!?」

    秀綱「バカな!義光は歴代の羽州連合の総長でも実力は1番だと言われているんだぞ!?」

    成実「この状況が納得いかねーか?言っとくけど、俺の従兄弟は強いぜ?」

    小十郎「政宗の実力は文句なしで奥高の頭を張るレベルだ…当然、羽州連合の総長くらいとは張り合ってもらわねぇとな!」

    定綱「それにしても、あいつは喧嘩となると生き生きとして闘うよな。」

    義胤「全くだ!」
  30. 31 : : 2020/04/03(金) 02:13:14
    政宗「やっぱ、強い奴との喧嘩は楽しいな!」

    義光「は?何を言ってるんだ?すぐに終わらせる!!」

    そう言うと、義光は政宗に蹴りかかるが政宗はギリギリの所でかわす

    義光「チッ…調子に乗んなぁ!!」ブン

    政宗(かわした後でも油断はしねぇ…)サッ

    続けて殴りかかってきた義光の拳も政宗は避ける

    政宗「なめんな!」ブン

    刹那、政宗はカウンターを仕掛ける

    義光「そんなんが当たるかよ!」ガシッ

    義光は政宗の拳をかわしながら、腕を掴んだ

    義光「これで避けられねぇな?ガードも取ることができねぇ!!」

    政宗「動きが止まったのは俺だけじゃないぜ?」グル バキッ!!

    政宗は義光に掴まれながらも、掴まれた腕を軸にして回し蹴りを義光の横っ腹に食らわせた

    義光「がはっ…!!」ヨロッ

    政宗「おらっ!!」バキッ!

    回し蹴りをまともに食らい、よろめいた義光の腹に政宗は膝蹴りを食らわす

    義光「ぐはっ…!!」ビチャ

    義光は吐血したのを見て、政宗は更に攻撃を続けようとしたとき

    義光「年下がなめんじゃねぇぞ!!」ガシッ ブン

    政宗「なっ!?」ドサッ

    義光は掴んでいた政宗の腕を利用し、政宗を背負い投げした

    義光「おらっ!!」バキッ!

    政宗「ぐはっ…!」ゴロゴロゴロ

    政宗が背負い投げされ、倒れたところに義光は蹴りかかり、政宗は転がりながら吹き飛ばされた

    義光「俺が吐血したことなんて、今までで初めてだ…お前が隻眼じゃなければもっと闘えてたかもな…」ガシッ

    義光は吹き飛ばされた政宗の胸ぐらを掴みながら、そう言った

    義光「おらっ!」バキッ!

    義光は胸ぐらを掴んだ手とは逆の手で政宗の腹を殴る

    政宗「がはっ!」ビチャ

    義光「お前も血を吐いたか…こっからは俺の圧勝になりそうだな…お前は善戦したぜ?」

    政宗「圧勝?ふざけんな!!」バキッ!!

    政宗は勢いよく、アッパーを義光の顎にクリーンヒットさせた

    義光「ぐっ…!!」

    政宗(顎は人体の急所…どんなに強い奴でも、すぐには反撃できない!)
  31. 32 : : 2020/04/04(土) 16:09:41
    義光(くそっ!?脳が揺れる…!)

    政宗「今だ!!」バキッ!

    義光「がふっ…!!」ビチャ

    アッパーを受け、防御する構えが取れていない義光の腹に政宗は蹴りを食らわせた

    政宗「おらっ!!」バキッ!

    義光「ぐっ…!!」

    政宗は更に続けて、義光の腹を殴った

    政宗「俺はお前に勝つ!!!」ブン

    ガシッ!

    政宗「何!?」

    義光「この程度で俺を倒したとでも思ったか?」

    政宗の殴りかかろうとした拳を義光は防いでいた

    義光「ハアハア…確かにダメージが効いてきてるのは認めるが、俺はまだ倒れんぞ?」

    政宗(アッパーを食らったのに、回復が早い…!羽州連合の総長の実力は相当だな…)

    義光「俺もやり返さねぇとな!!」パッ

    そう言うと、義光は防いだ政宗の手を離した

    政宗(離した!?何が狙いだ…?)ブン

    政宗が両手が自由になったことで、義光に殴りかかる

    義光「食らうかよ!」サッ

    義光は当たる寸前で政宗の拳をかわすと、背後に回り込んだ

    政宗(あれだけ食らったのに、まだそのスピードで動けんのかよ!!)

    義光「終わりだぁ!!」バキッ!!!

    義光は政宗の背後に回り込むと踵落としを政宗にきめた

    政宗「ぐはっ…!!!」ドサッ!

    鈍い音が響き、政宗は倒された

    義光「止めを刺すとするか…」
  32. 33 : : 2020/04/12(日) 18:49:13
    義光「お前はよくここまでやり合った…だがな、敵わない相手がいると知るのも成長だ。」

    そう言うと、義光は政宗に蹴りを入れようとした

    政宗「俺がいつ負けたと決まったんだ?油断すんな!!」ドカッ!

    義光「何っ!?」ヨロッ

    政宗は一気に起き上がると同時に義光に蹴りを入れた

    政宗「勝つのは俺だ!!!」ダッ ドン!!

    更にその勢いで政宗は義光にタックルをきめる

    義光「ぐはっ…!!」バタ

    よろめいていた義光は政宗のタックルをまともに食らい、倒れた

    政宗「絶対お前に勝つ!!!」

    義光「ぐっ…!くそっ!離せ!!!」

    政宗はそのまま倒れた義光に対して、間接技をきめ、更に義光の首も抑えた

    義光(まずい…!動けねぇ…何とか抜けないと…)ジタバタ

    政宗「悪あがきか?絶対離さねぇ!!お前を倒す!!!」



  33. 34 : : 2020/04/19(日) 14:43:30
    義光「離しやがれ!!」

    政宗「絶対離さねぇ!!」グググッ

    政宗は義光を抑える手の力を強くした

    義光(こいつ…!抜けられねぇ…!)

    政宗「お前を倒す!!」ギチギチグググッ

    義光「ふざ…けんな…!」バキッ

    義光は抜け出そうと腕を動かし、政宗を殴るが政宗に抑えられているために本気が出せず、殴る威力が落ちていた

    政宗「お前は強いのは分かった、だけどな、負けられねぇんだよ!!!」グググッ!

    政宗を力を一段と強くする

    義光(まずい…息が……このままだと…落ちる…)

    義光「離せ…」

    政宗「お前を倒すまで離さねぇ!!」

    義光「降参だ…俺の…負けだ…!」

    政宗「そうか、俺の勝ちだな!!」パッ

    義光「ハアハア…やるじゃねぇか…」

    小十郎「政宗が義光に勝った!」

    成実「お前ら!!政宗が勝ったぞー!!」

    定綱「あの最上を倒したのか?」

    義胤「何て奴だ…俺らの番長は…」


    秀綱「バカな!?義光が負けた!?」

    光安「そんなに強かったとはな…だが、あいつも相当疲労してるし、怪我を負ってるな。」

    秀綱「お前ら!!今の内だ!!伊達政宗を潰しにいけ!!奥高の奴等も制圧しろ!!!」

    羽州連合一同「おー!!!」

    小十郎「何だ?お前らの頭が負けたのにまだやる気か?」

    光安「まあ、組織として負けたわけではない、そうだろ?」

    成実「上等だ!!かかってこいや!!」

    政宗「ハアハア…まだ…終われねぇのか……」

    秀綱「行くぞ!かかれー!!」

    義光「やめろ!!!!」

    秀綱「!?」ピタッ

    光安「義光?」

    義光「俺はこいつに負けたんだ…タイマンでの真剣勝負でな、頭が負けたんだ。数でこいつらを潰したり、弱ったこいつを潰してもそれは勝ちじゃねぇ…」

    義光「志村、鮭延、俺のメンツまで潰そうとしてんじゃねぇよ!!!」

    光安・秀綱「義光…」

    義光「羽州連合は奥州高校の下につく!お前らの戦力になってやるよ…」

    政宗「義光、お前いいやつなんだな…」

    義光「黙ってろ…」

    政宗と義光の勝負は政宗に軍配が上がり、これによって政宗は東北最強となったのだった

  34. 35 : : 2020/05/09(土) 00:04:32
    ――――――――――――――――――――――――
    ―――――――――――――――――――――――
    ――――――――――――――――――――――

    伊達政宗が最上義光とのタイマンに勝利し、羽州連合が奥州高校の下についたというニュースは東北中はもちろん、関東にまで広まっており、その話は関東最強の不良校までもが知るところとなった。

    氏直「東北が騒がしくなってきたなー伊達政宗、1年なのにやるな…独眼竜の異名までついてるのかー」

    関東最強と恐れられている不良校の名は小田原学園。彼はそこの番長である北条氏直である。

    氏直「関東の学校は締めてるんだけど、三葉葵の奴らが邪魔だなーあいつらがいなければ東北進出も出来るんだけどねー。」

    氏政「氏直、気になるのか?」

    彼は氏直の父の北条氏政、小田原学園を創設した学園長である。しかし、それはあくまで表の顔。裏では氏政は北条会の組長であり、氏直は次期組長である。

    氏直「別にーまずは三葉葵を消してからだしねー。」

    小田原学園は北条氏政によって創設された、私立高校である。ただし、ここには関東中から不良が集まってくる、更に金さえ払えば入試は無し、生徒たちは北条会からのスカウトや他の裏世界からのスカウトを目指し、留年を重ねる者もいる。留年についても金さえ払えば何年でもいていいという方針である。

    氏政「あいつらか、ガキ同士の喧嘩はお前に全部任せる。」

    小田原学園に払われた金はそのまま北条会の資金となっており、学園から生徒を組にスカウトも出来るので、構成員を補充できる。氏政にとってはこの学園を創設したのは大成功である。

    氏直「相変わらず、ガキ扱いかー俺が組を継いだら、勢力はもっと拡大すると思うけどねー。」

    氏政「まだ、引退するつもりはないからな。」

    氏直「まあ、邪魔な奴らは消すだけだけどねー。」

    北条親子の不穏な会話が小田原学園では繰り広げられていた
  35. 36 : : 2020/05/09(土) 00:10:31
    登場人物プロフィール

    9 北条氏直

    小田原学園3年であり番長。学園長の子供であり、北条会の次期組長。関東の不良校を締めており、関東の不良達のトップ。留年している年上の生徒にもタメ口。野心家であり、自分が北条会の組長になったら、父よりも勢力を拡大できるという自信がある。語尾を伸ばしがち
  36. 37 : : 2020/05/09(土) 00:13:35
    登場人物プロフィール

    10 北条氏政

    表の顔は小田原学園の学園長であり、氏直の父。不良校であることがバレないように根回しをしている。裏では北条会の組長であり、小田原学園の生徒達から払われた金を北条会の資金としており、学園からスカウトをすることで構成員を増やしており、狡猾な男。猫まんまにかける味噌汁が1回だけだといつも足りない。
  37. 38 : : 2020/05/27(水) 19:28:58
    一方、神奈川の小田原学園が敵対視している 学生団体 三葉葵にも伊達政宗が東北を締めたことは伝わっていた

    家康「伊達政宗…東北を統一したって、まだ高1らしいよ?すごいよね。」

    忠勝「強さに歳は関係無いってことだな。」

    直政「そんなことよりも、小田原学園が活発に動いてるのはどうする?」

    忠次「あの不良校も懲りないもんだな…ガキが派手に遊び回りやがって!」

    康政「学園長がヤクザの組長で、あそこの生徒はヤクザの候補生ばっかだからな。」

    家康「僕らに絡みたがるのは何でなんだろうね?不良でも何でもないのに。」

    忠勝「邪魔なんだろうな、今や三葉葵に加盟してる学生は多いしな。」

    康政「それに忠勝と直政はそもそも喧嘩強いだろ!」

    忠次「最強と呼ばれる忠勝と赤鬼と呼ばれる直政か…こんな二人が所属する学生団体か…」

    直政「謙遜してるが、忠次と康政も強いだろ?」

    家康「確かに、君達四天王は強いのは分かるけど、他の団員は喧嘩とか戦闘には巻き込みたくないよ。」

    忠勝「小田原のガキ共が全面抗争仕掛けてくるなら、俺らで迎え撃てばいい!」

    家康「まだ分からないしね、小田原学園に潜入してる半蔵からの連絡を待とう。」
  38. 39 : : 2020/05/27(水) 19:32:18
    登場人物 プロフィール

    11 徳川家康

    江戸大学4年、学生団体 三葉葵のリーダーであり、関東の学生が次々に加盟しており、勢力を拡大している。小田原学園にスパイを潜入させたりと関東中やその他地域の情報を三葉葵のネットワークを使ってすぐに集めれる。物腰は柔らかく、温厚な性格。待ち合わせ時間の遅刻は何時間でも待つ
  39. 40 : : 2020/05/27(水) 19:34:35
    登場人物プロフィール

    12 本田忠勝

    江戸大学3年、学生団体 三葉葵の幹部であり、徳川四天王の1人。ボクシング、空手、柔道など多くの格闘技を経験し、そのどれでも全国優勝している武闘派、戦国時代でも強いということから戦国最強の異名がある。
  40. 41 : : 2020/05/27(水) 19:36:47
    登場人物プロフィール

    13 酒井忠次

    江戸大学4年。学生団体 三葉葵の幹部であり、徳川四天王の1人。三葉葵を家康とともに立ち上げた最古参のメンバー、家康と三葉葵の運営を中心的に行っており、ブレーンの役割を果たしている。
  41. 42 : : 2020/05/27(水) 19:38:58
    登場人物プロフィール

    14 榊原康政

    江戸大学3年。学生団体、三葉葵の幹部であり、徳川四天王の1人。幼い頃から剣道をやっており、忠勝と同時期に三葉葵に加入した。忠勝や直政の影に隠れているが、意外と好戦的な性格
  42. 43 : : 2020/05/27(水) 19:41:05
    登場人物プロフィール

    15 井伊直政

    江戸大学2年。学生団体 三葉葵の幹部であり、徳川四天王の1人。元は不良であり、いくつもの高校を束ねる番長で、異名は赤鬼。三葉葵1血の気が多い。喧嘩の時は全身赤色の服装で固める
  43. 44 : : 2020/08/01(土) 02:21:00
    ―――――――――――――――――――――
    ――――――――――――――――――――
    ―――――――――――――――――――

    山梨県 風林火山本拠地

    信玄「今回の定例会を始めるか。」

    風林火山の組長 武田信玄は椅子に腰かけると幹部たちに声をかけた。信玄率いる風林火山は甲信地方を締めており、日本の中でも大きな組の1つである。

    勝頼「親父、相変わらず上杉が俺らにとっては邪魔だ!」

    信玄の息子で、風林火山の跡取りの勝頼は声を荒らげた

    信春「上杉の毘沙門天とは中々決着がつかないからな…」

    昌景「川中島で派手な抗争を繰り広げても、結局潰せてないし、川中島をうちの島にできてねーしな。」

    昌豊「5回やって、互いの組員は何人も失っているが、毎回引き分けで進展がないもんな。」

    昌信「それに関東の北条会も不穏な動きを見せてるな、学校を運営して不良たちを組にスカウトとかえげつないこと考えやがる…」

    昌幸「それに関東では学生連合の三葉葵の活動が活発になっていますしね。」

    信玄「近隣では気になる動きが多いな、やはり毘沙門天とはけりをつけないといけないな。昌幸!総攻撃をかけるために組員を集めろ!」

    昌幸「はい!いつに召集をかけますか?」

    信玄「1週間後だ!謙信を潰す!!」

    昌景「次こそ決着をつけるってことだな。」

    勝頼「親父!次こそは倒そうぜ!」

    信玄「謙信へ宣戦布告しておけ!場所は川中島だ!!いいな!!」

    風林火山幹部「はっ!」

    風林火山と毘沙門天の川中島での6度目の抗争が行われようとしていた
  44. 45 : : 2020/08/01(土) 02:32:12
    登場人物プロフィール

    16 武田信玄

    風林火山組長。53歳。甲信地方を締めており、風林火山を抗争のモットーにしている。戦闘面だけでなく、部下からの信頼が厚く、裏社会で名前を知らない者はいない

    17 武田勝頼

    風林火山の跡取り。27歳。信玄の息子であり、若いため血の気があるが、偉大な父を持つため、自身が跡を継いだときのプレッシャーも感じている。

    18 山県昌景

    風林火山幹部。武田四天王の異名をとるうちの1人。風林火山屈指の武闘派であり、抗争でも先陣をきる。服装は真っ赤で統一されており、赤備えと呼ばれ、恐れられている。

    19 馬場信春

    風林火山幹部。武田四天王の異名をとるうちの1人。風林火山設立時からのメンバーであり、信玄のことを若いときから支えてきた。

    20 内藤昌豊

    風林火山幹部。武田四天王の異名をとるうちの1人。昌景と同じく、風林火山の武闘派として知られ、昌景ともに風林火山の双璧と言われる。

    21 高坂昌信

    風林火山幹部。武田四天王の異名をとるうちの1人。駆け引きに優れており、事業の経営などでの能力が高く、風林火山の資金源を作っている。

    22 真田昌幸

    風林火山参謀。信玄や勝頼、武田四天王から頼られており、抗争での戦術や敵に対しての戦略立案、島を巡っての駆け引きで才能を発揮する。
  45. 46 : : 2020/08/02(日) 03:07:40
    パンッ!

    昌豊「は…?どういうことだ…?」ツー バタッ

    一発の銃声が響くと、昌豊は倒れた

    昌信「内藤!?おい!何があった!」

    パンッ

    昌信「ぐはっ…」バタッ

    昌豊に駆け寄っていった昌信も撃ち殺された

    信玄「何が起きている?」

    勝頼「敵!?狙撃されたのか!?どこからだ!」

    ???「ヒャッホー!!まとめて殺してやるぜ!!」

    信春「親分!早くお逃げください!!」

    信玄「あ、ああ…」

    ?????「逃がすか!!」パンッ

    信春「くっ……」バタッ

    ????「お前ら!!突入しろ!!全員ぶっ殺せー!!」

    昌景「定例会中に襲撃!?毘沙門天の奴らか!!」カチャ

    昌幸「親分!若!脱出しましょう!!」

    昌景「風林火山に攻めこんだことを後悔しやがれ!!」パンッ パンッ

    風林火山一の武闘派の昌景が敵に発砲した

    ???「遅い遅い…こーやって撃つんだぜ?」

    パンッパンッパンッ

    昌景「ぐっ…がはっ!」バタッ

    信玄(誰だ?謙信はこんなことはしないはず…)

    昌幸(四天王を瞬殺…!?何者だ…!?)

    ???「逃がすな!追え!」

    ???「任せとけー!」

    ?????「それにしても、ボスの計画は大成功だな!!」

    ????「ああ、一人ずつ幹部は殺したな…残りは敵のボスとその子供か!」

    ???「ビリー、ブッチ、サンダンス、ジェシー…しくじるなよ?追ってこい!」

    4人「分かりました!ボス!!」ダッダッダッ
  46. 47 : : 2020/08/02(日) 03:19:50
    ブッチ「奴らがいたぞ!!」

    信玄「くっ…お前らは誰だ!謙信はこんな卑怯な真似はしない!誰の差し金だ!!」

    ビリー「俺はビリー・ザ・キッド」

    ブッチ「俺の名前はブッチ・キャシディ」

    サンダンス「サンダンス・キッド」

    ジェシー「ジェシー・ジェイムズだ。」

    信玄「お前ら!アメリカマフィアか!!」

    ビリー「そーゆーこと!それじゃあな!」パンッ

    乾いた銃声が響くと、信玄が動くことは2度ととなかった。日本最強のヤクザの候補として挙がり、裏社会で一目置かれていた風林火山の組長はアメリカマフィアの襲撃により、その一生に幕を下ろした

    ビリー「残りは子供の方か…」




    昌幸「幸村!!」

    幸村「父さん?どうしたの?」

    昌幸「アジトが襲撃された!このままでは殺される!お前だけは逃げろ!」

    幸村「そんな逃げれるわけないよ!父さんを見殺しにできない!!」

    昌幸「行け!今なら逃げれる!!」

    幸村「それなら父さんも!!」

    昌幸「ダメだ!俺は親分に助けられた身、親分も若も助けなければならない!生死も共にする!」

    幸村「それなら俺も父さんと!!!」

    昌幸「お前は若い!!早く行け!!」


    ブッチ「この辺から声が聞こえたな?」

    ジェシー「どこだ?子供の方か?」


    昌幸「行け!幸村!!」ドンッ

    幸村「父さん!?」

    昌幸は無理矢理開けていたアジトの入り口から幸村を押し出した。

    ガチャ

    扉が閉まる

    幸村「そんな!父さん!!」ガンガン

    扉が開くことはない

    幸村「父さん…必ず仇は取る!」ダッダッダッ

    少年は1人、覚悟を決めると走り出した
  47. 48 : : 2020/08/02(日) 03:32:57
    昌幸「若!どこですか?」

    勝頼「昌幸生きていたか!!」

    昌幸「ええ、ですが、厳しい状況ですね…」

    サンダンス「追い詰めたな。」

    ビリー「やっほー!早く殺して終わらせよーぜ!」

    ブッチ「そっちが敵のボスの子供か。」

    ジェシー「それと幹部が残り1人だな。」

    昌幸「若は守りきる!」スチャ

    パンッ!!

    ビリー「早撃ちでは俺には勝てねーよ!」

    昌幸「」バタッ

    勝頼「昌幸!」

    ジェシー「ラストだな。」

    勝頼「お前ら!よくも俺の親父と仲間を…!!誰が頭だ!!刺し違えても殺してやる!!」

    サンダンス「今、ここにはボスはいなくてな…」

    ブッチ「そーゆーことー、お前をボスに会わせるまでもない!!」

    ???「そう言ってやるな。俺はそいつにとっては親の仇だからな。殺したくもなるだろう。」

    ビリー「ボス!?どうしてここまで?」

    ???「そろそろ終わると思ってな。」

    勝頼「お前か!定例会中の襲撃をして親父と幹部連中殺すように命令したのは!!」

    ???「そうだ。」

    勝頼「許せねぇ…お前は誰だ!」

    ???「アル・カポネだ。」

    勝頼「アル・カポネ…?アメリカ最大のマフィアがなぜ日本に…」

    アル・カポネ「これから死んでいくお前に、答える義理はないな。」パンッ

    勝頼「がはっ…!」

    アル・カポネ「死ね。」パンッ パンッ パンッ

    勝頼「親……父………」ドサッ

    アル・カポネ「日本のヤクザは大したことないな。」

    こうして、甲信地方を締めていた風林火山はアメリカからやって来たカポネ・ファミリーの襲撃によって壊滅した
  48. 49 : : 2020/08/02(日) 03:35:51
    登場人物プロフィール

    23 真田幸村

    風林火山参謀の真田昌幸の息子。信州上田高校1年。普段は高校に通っており、1年にして高校の頭を張っている。また、風林火山の見習いとしても活動をしている。父の昌幸を殺され、仇を討つことを誓う
  49. 50 : : 2020/08/02(日) 03:46:21
    登場人物プロフィール

    24 アル・カポネ

    アメリカ最大、最強のマフィアであるカポネ・ファミリーのボス。仲間からの人望は厚いが、敵に対しては容赦がなく、残虐かつ冷酷な性格。アメリカだけではなく、日本の裏社会への進出が狙い。表記がフルネームなのはアルやカポネで切るのがしっくり来ないから。

    25 ビリー・ザ・キッド

    カポネ・ファミリー殺し屋。早撃ちの天才であり、殺しの任務を失敗したことがない。子供っぽい所があり、戦闘中にテンションが上がると叫ぶ。アイスクリームが好物。

    26 ブッチ・キャシディ

    カポネ・ファミリー幹部。元はワイルドバンチという強盗中心の犯罪組織のリーダーだったが、カポネ・ファミリーに吸収され、傘下に加わる。武闘派。

    27 サンダンス・キッド

    カポネ・ファミリー幹部。元はブッチと共にワイルドバンチで犯罪行為をしていたが、ブッチともにカポネ・ファミリーの傘下に入る。冷静であり、カポネ・ファミリーのブレーン。

    28 ジェシー・ジェイムズ

    カポネ・ファミリー幹部。元はギャングのボスであったが、カポネ・ファミリーの傘下に入った。武闘派であるが、警察への根回しを行うなど狡猾な一面もある。
  50. 51 : : 2020/08/02(日) 22:50:52
    ―――――――――――――――――――――――
    ――――――――――――――――――――――
    ―――――――――――――――――――――
    長野県 上田市

    幸村「ハァハァ…流石にここまで来れば大丈夫か…」

    風林火山のアジトを脱出した幸村は走り続け、何とか危機を回避した回避した幸村は上田の自宅へと帰ってきた。

    幸村(父さん…どうしてこんなことに…)

    信州上田高校へと入学し、1年で高校の番長となった幸村は父の昌幸が所属する風林火山の見習いであり、次期幹部候補として有望のため、風林火山の定例会を見学していた。しかし、そこで起きたのは悲劇の虐殺であった。

    幸村(定例会を襲撃した奴らは誰だったんだ?それに何でアジトの場所が割れていたんだ?)

    幸村(もし…襲撃者側に実はアジトを脱出した生還者がいたと分かれば、口封じのために俺を殺しに来るかもしれないな…)

    父が自分を犠牲にして、守ってくれた自分の命をすぐに失うことだけはしたくない。幸村は復習心を燃やしながらも冷静に状況を判断していた。

    幸村「この家にも長くはいれそうにないな…どこかへ逃げるか…逃亡するなら誰かの手を借りたいな…」

    幸村「あいつしかいない!!」

    プルルルル プルルルル ガチャ

    幸村「もしもし、佐助!俺だ!」

    佐助「幸村?こんな時間にどうしたんだ?お前は定例会の見学のはすだろ?」

    幸村「そのことなんだが…まずいことになってな。父さんが殺された。」

    佐助「!?組織内の内部抗争か!?」

    幸村「外部からの襲撃だ、風林火山は壊滅した…」

    佐助「は?外部?そんな…それならお前は何で?」

    幸村「父さんが俺のことを逃がしてくれた…だが、俺もここには長くはいられない。佐助…手を貸してくれ!!」

    佐助「なるほど。幸村、俺はお前が行くとこならどこでもついていくぜ!!いつ向かえばいい?」

    幸村「明日の朝だ!夜の間に準備してここを出る!」

    佐助「りょーかい!」ピッ

    ここに二人の少年の逃亡劇と復讐が幕を開ける



  51. 52 : : 2020/08/02(日) 22:52:31
    登場人物プロフィール

    29 猿飛佐助

    信州上田高校1年。高校では副番長を務める。幸村とは幼馴染みであり、二人で喧嘩に明け暮れている。身のこなしが軽くアクロバティックな戦い方をする。
  52. 53 : : 2020/08/05(水) 02:42:48
    佐助「幸村ー来たぜー!」

    幸村「佐助、来てくれたか!」

    朝になると佐助は幸村の家へとやって来ていた

    佐助「それにしても昨日は大変だったな…幸村の父さんが…」

    幸村「父さんに救われたが…その遺体を弔うこともできないなんてな…くそっ!」

    幸村はやるせない顔で下を向く

    佐助「そーいや、外部からの襲撃で風林火山が壊滅したって言ってたよな?」

    幸村「ああ…」

    佐助「よく分からないのがよ、アジトの場所が敵は何で分かったんだ?」

    幸村「毘沙門天のやつらなら分かるんじゃないか?何回も抗争を繰り広げてるしな。」

    佐助「だけどよ、毘沙門天を指揮する謙信は卑怯なやり方を嫌う男だろ?定例会中を襲撃するとは思えない。」

    幸村「それならどうやって敵はアジトを突き止めたと言うんだ!」

    佐助「内通者だ。」

    幸村「内通者?裏切り者がいたってことか!?」

    佐助「それなら繋がる、内通者が他の組にアジトの場所と定例会の時間を言ったってことなら全てが繋がる!」

    幸村「そうか!それで分かったのか!」

    佐助「幸村、敵の特徴とか覚えているか?」

    幸村「いや、脱出に精一杯で全く……いや!外国人だ!」

    佐助「外国?」

    幸村「そうだ!襲撃者は日本人ではなかった!」

    佐助「ちょっと待て…てことは、海外のマフィアか殺し屋が絡んでるぞ…」

    幸村「日本国内での派閥争いの枠を超えてるってことか?」

    佐助「そうかもしれない。」

    幸村「俺が生き残ったことがバレたらここも危ない、佐助一緒に逃げるぞ!そしてまずは、内部の情報を売った裏切り者を炙り出す!」

    佐助「りょーかい!」

    幸村「だけど、高校は大丈夫か?番長の俺と副番長のお前が抜けるとなると統率はとれるか?」

    佐助「心配すんな!才蔵に言ってあるからよ!留守はあいつに任せてある!」

    幸村「そうか、それなら心配することはないか!行くぞ!佐助!」

    佐助「おう!どこまでもついてくぜ!」

▲一番上へ

名前
#

名前は最大20文字までで、記号は([]_+-)が使えます。また、トリップを使用することができます。詳しくはガイドをご確認ください。
トリップを付けておくと、あなたの書き込みのみ表示などのオプションが有効になります。
執筆者の方は、偽防止のためにトリップを付けておくことを強くおすすめします。

本文

2000文字以内で投稿できます。

0

投稿時に確認ウィンドウを表示する

著者情報
09262014

ジャン最高@5周年

@09262014

「アクション」SSの交流広場
アクション 交流広場
「歴史」SSの交流広場
歴史 交流広場