ssnote

x

新規登録する

このスレッドの編集には編集パスワードが必要です。

表示するレスにはチェックしを、表示しないレスはチェックを外してください。

▼一番下へ

  1. 1 : : 2019/02/11(月) 14:23:06
    エンジンの耳を劈くような爆音で私はシルバートーンの世界からカラーの世界へ私を戻した。昭和20年8月7日皇紀2605年早朝....私達は必死の特別作戦に参加する。まだ日は完全に上がっていなく辺りはよく見えづらい....奇襲にはうってつけだろう。勿論皮肉である。こんな状況でも冗談は言える....不思議なものである。
  2. 2 : : 2019/02/11(月) 14:23:44
    さて辺りを見回してみると隊員達の顔色は悪い。そして誰の家族もいない....勿論私の家族もだ。まぁまず来るよしもないしかもここは九州であり家族は蝦夷の択捉島だ。来るわけがない.....これる筈がないのだ....そろそろ出撃の時間だ盃を飲み交わすなどもうしないようだ....ゾロゾロと死刑囚達が自分の棺桶(機体)に乗り込んで行く。私も乗り込まなければ行けない。私の代わりはいない。
  3. 3 : : 2019/02/11(月) 14:24:12
    計器に異常は無い...エンジンの音すらもおかしくないのだ....整備は完璧である。目玉から出てくる逃げ出したい気持ちをグッと頭にしまい込む。しまい込めて....
  4. 4 : : 2019/02/11(月) 14:24:34
    そんな事を考えているいるうちに爆弾を抱え込んだ棺桶はもう東雲色の宙に浮いていたのだ。スーッと空を滑りながら飛んで行く....もう渡り鳥の様に編隊は組めないのだ....。十数分飛んだだろうか急に目の前に敵戦闘機が現れた。新鋭戦闘機F6Fだ。勝てるわけがない。防護手段すら奪ったこの棺桶には何も出来ないのだ。逃げようとする棺桶は何も出来ずに海へと堕ちていく。私も死ぬのだろう.....
  5. 5 : : 2019/02/11(月) 14:26:18
    だがもう風を受ける事を出来ないのだろうか?手足を動かす事も出来ないのか?家族に会うことも全て出来ないのだろうか?今自分の様に涙さえも流す事は出来ないのだ....そんなものは嫌だ....嫌だ死にたくないまだ地面を踏みしめたい愛する者に抱きつきたい自然を見たい風を受けたい息をしたい水を飲みたい...まだ....まだ....生きていたいのだ。
  6. 6 : : 2019/02/11(月) 14:32:03
    昭和20年8月15日血みどろの戦争は終わったのだ....。日本は負けたのだ....。天皇陛下のお言葉も耳に入って来ずに私はただお辞儀をしていたのだ....非国民である。
  7. 7 : : 2019/02/11(月) 14:33:03
    その日私は夜行列車に乗り択捉島へと向かっていた。軍は勝手に抜け出してきたのだ。撃ち殺されても仕方ない
  8. 8 : : 2019/02/11(月) 14:36:48
    昭和20年8月30日津軽海峡は夏なのに冷めていたこの機雷で汚れた海を船で渡って行く。
  9. 9 : : 2019/02/11(月) 14:37:21
    沈んでも不思議では無かったのだ
  10. 10 : : 2019/02/11(月) 14:42:05
    昭和20年9月14日北海道の納沙布岬に着いた。だが様子が変である。陸軍の兵器や兵隊が居たのだ。しかも負傷兵すらいる。私はその日船夫を急かし国後島に出向させたが断られたのだ嫌な胸騒ぎがする....
  11. 11 : : 2019/02/11(月) 14:43:37
    昭和20年9月14日北海道の納沙布岬に着いた。だが様子が変である。陸軍の兵器や兵隊が居たのだ。しかも負傷兵すらいる。私はその日船夫を急かし国後島に向かう様に言ったのだが断られたのだ嫌な胸騒ぎがする....
  12. 12 : : 2019/02/11(月) 14:45:57
    聞いた話によるとソ聯が侵攻した様だ。私は2日かけて家族を探したが見つからなかった。だが隣人が運良く生きていたのだ。
  13. 13 : : 2019/02/11(月) 14:46:58
    昭和20年9月17日私はその日生きる希望を喪ったのだ

▲一番上へ

編集パスワード

スレッド投稿時に設定した編集パスワードを入力してください。