ssnote

x

新規登録する

作品にスターを付けるにはユーザー登録が必要です! 今ならすぐに登録可能!

この作品は執筆を終了しています。

エレン「1月15日の誕生日」

    • Good
    • 1

loupe をクリックすると、その人の書き込みとそれに関連した書き込みだけが表示されます。

▼一番下へ

表示を元に戻す

  1. 1 : : 2019/01/15(火) 18:26:26
    1月15日はヒスちゃんの誕生日!

    はい!というわけでss書きます!
  2. 2 : : 2019/01/15(火) 18:26:58

    机の上には、大量の花束が置かれていた。

    そして、その机の上にもたれて寝てるヒストリア。

    今日は1月15日。こいつの誕生日だ。

    もともと祝う予定で、3日位前から前もって言っておいたんだが。

    今日は硬質化の実験が長引いてしまって、こんな遅い時間になってしまった。

    机に突っ伏して寝ていることから察するに、ずっとここで俺が来るのを待っていたんだろう。

    誕生日なのに、悪い事をしてしまった...。

    俺はおもむろに、ヒストリアを起こさない様にそっと椅子を引き、隣に座る。

    近づいてわかったが、よだれを垂らして髪の毛を食べていた。

    そう言えば、フリーダさんの記憶でも、よだれを垂らして髪の毛を食べてたっけ。

    変わってないんだな...そう言うところは。

    フリーダさんは確か、膝の上でヒストリアを寝かしてたな...。

    ---
    --
    -

    よし、何とか起こさずにヒストリアを俺の膝の上で寝かせることに成功した。

    途中よだれが手に着くというアクシデントもあったが、何とか起こさずにできた。偉いぞ、エレン・イェーガー。

    さて...これからどうするか。

    このままこいつが起きるのも待ってもいいが、日が変わってしまったらもともこもない。

    起こすか。

    エレン「おっ...」

    起こそうと思ってヒストリアの顔を覗き込むと、ズボンにヒストリアのよだれが垂れていた。

    エレン「これは...こいつを責めれないな」

    膝の上にヒストリアを寝かした俺の責任でもあるわけだからな...。

    エレン「はぁ...ヒストリア、起きろ」

    俺はヒストリアの肩を軽く叩く。

    彼女の目がゆっくりと開く。

    エレン「おはよ、悪いな、遅くなっちまって」

    ヒストリア「ん...んー...?」

    まだ寝ぼけているようだ。

    ヒストリア「フリーダ...お姉ちゃん...?」

    まさかここまで寝ぼけているとは。

    エレン「ヒストリア、悪いけど俺だ」

    ヒストリア「...あ!エレン!」

    エレン「おはよう」

    膝枕をしてるのが俺だと気づくやいなや、すぐに起きあがった。

    ヒストリア「えっと...」

    エレン「誕生日おめでとう、ヒストリア」

    ヒストリア「あ、うん...」

    エレン「お前、昔と変わってないんだな」

    ヒストリア「え?」

    エレン「よだれを垂らすところ」

    そう指摘すると、急いで袖で口元を拭きだした。
  3. 3 : : 2019/01/15(火) 18:27:02
    エレン「...なあ、この花はどうしたんだ?」

    ヒストリア「え...あぁ、それはこども達が摘んできてくれたの」

    エレン「...え?この季節に?」

    ヒストリア「うん、顔を赤くさせて、手が霜焼けになるまで探してくれた...こんなにいっぱい」

    ヒストリア「でも、わからないんだ」

    エレン「え?」

    ヒストリア「こうやって、誰かに祝われた事なんて無かったから...誰にも、祝われた時の対応の仕方なんて教えてくれなかったから...」

    エレン「...お前ってやっぱりバカだよな」

    ヒストリア「失礼だよ」

    エレン「あのな、そんなときは心に思った事をばーっと言葉で表現したり体で表現したらいいんだよ」

    ヒストリア「ばーっと...」

    ヒストリアは眉間にしわを少し寄せて、本当に困った様子だ。
    まさかこいつがここまで重症だなんて思わなかったな。

    エレン「ほら、お前はあいつらに花束をもらってどう思ったんだよ」

    ヒストリア「嬉しい...」

    エレン「他には?」

    ヒストリア「悲しい...」

    なんでだよ。

    エレン「なんでだよ」

    思わず声に出てしまった。

    ヒストリア「わかんないよ...だって涙が...」

    涙が出るから悲しいと思ってるのか...?

    だとしたらこいつの悲しいの概念壊れてるだろ...。

    エレン「...」

    俺はヒストリアへの贈り物として買って置いた髪飾りをポケットから出す。

    ヒストリア「それって...」

    エレン「ほら、頭こっちもってこいよ」

    ヒストリア「...うん」

    パチンっとヒストリアの前髪をまとめるように止める。

    エレン「うん、似合うな、やっぱり」

    ヒストリア「あ、ありがと...」

    涙で少し不格好だが、口角が上がって、眉尻、目尻が下がり、すごく穏やかな顔になる。

    エレン「お、今のその顔」

    ヒストリア「え?」

    エレン「前みたいに気持ち悪くないな」

    ヒストリア「そう言うときはさ...気持ち悪くないじゃなくて他に言い方が...」

    エレン「?...まあヒストリア、そんな考えこむことじゃねぇだろ、今のその対応でばっちりだよ」

    ヒストリア「...」

    エレン「ありがとうってちゃんと言えて、ちょっと涙で笑顔が崩れてるが、お前の素を見れてる気がして俺は好きだな」

    ヒストリア「何それ...わかんない」

    エレン「まあ、お前みたいなお堅い奴にはわからないのかもな、でも、今のままのお前でいい、俺はそう思うぞ」

    ヒストリア「...うん...ありがと」

    エレン「まだ時間あるな...」

    ヒストリア「エレン」

    エレン「ん?」

    ヒストリア「膝枕...また時間があるときでいいからしてほしい」

    エレン「いいけど...なんで?」

    ヒストリア「いや...お姉ちゃんを思い出すって言うか...」

    エレン「...あぁ、いいよ、お前は本当に昔と変わらず、甘えん坊なんだな」

    ヒストリア「うっさい」

    エレン「甘えるのは下手な甘えん坊だけどな」

    ヒストリア「~~~!」

    エレン「そのふくれっ面やめろよ、ブサイクだぞ」

    ヒストリア「ひどい...」

    エレン「悪い悪い、...ほら、ヒストリア、こいよ」

    ヒストリア「う、うん...」

    エレン「...ヒストリア」

    ヒストリア「?」

    エレン「誕生日おめでとう」

    ヒストリア「うん...ありがと!」















    『エレン「1月15日の誕生日」』
    ---終わり---
  4. 4 : : 2019/01/15(火) 18:30:57
    はい!というわけでノリと勢いだけで書いた話でした!

    正直、前日から話を考えておこうと思ったのですが、想像以上に時間が取れず、考えながら書くという、ヒスちゃんの誕生日なのに、すごく失礼な感じで書いてしまいました。すいません...(-_-;)
    (そのせいでクオリティが残念なことに...)

    もしまた誕生日がきた場合は、ちゃんと前もって考えて書く来ますね!

    ※ワタシトヒスチャンノタンジョウビハイッショダヨ...
  5. 5 : : 2019/01/15(火) 21:53:50
    お疲れ様です~
  6. 6 : : 2019/01/15(火) 23:12:10
    これ、考えながら書いたんですか!?
    流石Lialさん!!これからも期待です‼
  7. 7 : : 2019/01/16(水) 01:22:22
    見るの遅れた……
    けどめっちゃよかった!
  8. 8 : : 2019/01/16(水) 01:26:32
    Lialさん誕生日おめでとう
  9. 9 : : 2019/01/16(水) 15:54:43
    遅れた....
    Lialさんおめでとう‼︎!
  10. 10 : : 2019/01/16(水) 19:10:15
    文の構成が絶妙でいいですね…Lialさんの作品は読んでてわかりやすく、読んでて飽きることがないので好きになりました!

    これからも頑張ってください

    おめでとうございます
  11. 11 : : 2019/01/16(水) 21:09:25
    最高でした
  12. 12 : : 2019/01/17(木) 00:50:29
    >>5 涼ちゃん

    乙ありです~♪

    >>6 Lialさん応援隊さん

    期待ありがとうございます!
    これからも頑張ります!(`・ω・´)ゞ

    >>7 >>8 メイルザさん

    ありがとうございます!

    ありがとうございます!!(誕生日)

    >>9 名無しさん

    ありがとうございます!(●´ω`●)

    >>10 エレアニ最高。さん

    そんな褒めても何も出ないですよ(*ノωノ)

    はい!頑張ります!ありがとうございます!(`・ω・´)ゞ

    ありがとうございます!!!(誕生日)

    >>11 名無しさん

    ありがとうございます!(`・ω・´)
  13. 13 : : 2019/01/17(木) 17:50:46
    凄いですね
  14. 14 : : 2019/01/17(木) 22:13:54
    別になにかして欲しい訳では無いですよ…笑

    まぁしいていえば息抜き程度でいいので自分の作品に遊びに着ていただけると嬉しいのですが...

    まずはLialさん自身の作品を頑張ってください!

    なんか上から目線ですいません...
  15. 15 : : 2019/01/21(月) 23:01:46
    >>14 エレアニ最高。さん

    はい!今度読ませに行かせていただきます!
  16. 16 : : 2019/01/22(火) 21:09:15
    ありがとうございます!

    彼氏さんとお幸せに!
  17. 17 : : 2019/01/23(水) 17:35:33
    >>16 エレアニ最高さん

    はい!ありがとうございます!(●´ω`●)
  18. 18 : : 2019/01/23(水) 21:16:18
    というかLialさん羨ましいぜよw

    オレハコウエイナコトニイチロートイッショ・・・
  19. 19 : : 2019/01/23(水) 22:04:39
    >>18 江礼比住さん

    高校生になったら...何とかなる!
    頑張って!(`・ω・´)ゞ
  20. 20 : : 2019/07/07(日) 21:27:05
    短編サイコー!!

▲一番上へ

名前
#

名前は最大20文字までで、記号は([]_+-)が使えます。また、トリップを使用することができます。詳しくはガイドをご確認ください。
トリップを付けておくと、あなたの書き込みのみ表示などのオプションが有効になります。
執筆者の方は、偽防止のためにトリップを付けておくことを強くおすすめします。

本文

2000文字以内で投稿できます。

0

投稿時に確認ウィンドウを表示する

著者情報
SeLial_

Lial

@SeLial_

「進撃の巨人」カテゴリの人気記事
「進撃の巨人」カテゴリの最新記事
「進撃の巨人」SSの交流広場
進撃の巨人 交流広場