ssnote

x

新規登録する

作品にスターを付けるにはユーザー登録が必要です! 今ならすぐに登録可能!

この作品はオリジナルキャラクターを含みます。

あの日、死んだエレンは、異世界に転生しました。

    • Good
    • 0

loupe をクリックすると、その人の書き込みとそれに関連した書き込みだけが表示されます。

▼一番下へ

表示を元に戻す

  1. 1 : : 2018/10/18(木) 18:00:35
    「おい!異端者!」

    その言葉とともに遠くで殴る音がする。オレはその異端者が誰か分かっている。幼馴染のアルミンだ。オレは走った。アルミンを助けるために。

    エレン「おい!お前ら!何やってんだよ!」

    モブ1「おい!エレンだ!」

    モブ2「エ、エレンだけか?ミカサは?」

    モブ3「知るか、そんな事、エレンの近くにいないんだろ?きっ   と神がくれたチャンスだ!」

    その言葉とともにモブ3がハンカチに包んだナイフを取り出す。

    モブ2「おい、ナイフはありえないだろ!ミ、ミカサにばれたら   不味いよ!」

    モブ1「おいおい、そのナイフ、どこで手に入れたんだよ~」

    モブ3「ん?ああコレ?親父、異端者嫌いでよ~異端者懲らしめ   るって言ったらくれたんだぜ~」

    モブ1「なら、俺とモブ2で気を反らすから、その隙にナイフで   刺してくれよ?」

    モブ3「ああ、分かってるって」

    エレン「この野郎、アルミンに謝れよっ」

    エレンは、モブ1にパンチを繰り出す。

    モブ1「おいおい、そんなもん、当たらねーよっ」

    モブ1がエレンの手を掴んだ。

    モブ1「いまだ!!モブ3!!」

    モブ3「あいよっ」

    モブ3のナイフがエレンに刺さった。

    エレン「カハッ な、何すんだよこの野郎。」

    アルミン「エ、エレン!!」

    モブ1「おい!!潮時だ!帰るぞ!」

    モブ達はエレンにナイフを刺したまま、逃げて行った。
  2. 2 : : 2018/10/18(木) 18:05:39
    期待(*`・ω・)ゞ
  3. 3 : : 2018/10/18(木) 18:06:08
    期待ですー!
  4. 5 : : 2018/10/18(木) 18:09:09
    アラスさん、ラーメンさんありがとうございます!!
  5. 6 : : 2018/10/18(木) 18:47:33
    続き

    アルミン「エレン!大丈夫!?」

    アルミンが駆け寄る。

    タッタッタッ

    ミカサ「さっきモブ達にあったけど…え、エレン?どうしたの?そのナイフ!?」

    アルミン「あのモブ達だよ。エレンをぶちのめしたかったんだろう。モブ3が持ってきたんだ。ミカサ、オジサン(グリシャ)とオバサン(カルラ)を呼んで来てくれないか?」

    ミカサ「分かった。アルミンはどうするの?」

    アルミン「僕は応急処置をしてみる。」

    ミカサ「分かった。」

    ミカサはエレンの家に向かった。

    アルミン「エレンとりあえず、このナイフ、抜くよ?痛かったら言ってくれ。」

    エレン「あ、ああ。分かった。」

    アルミン「じゃあ、抜くよ?」

    ヌプヌプヌプ(ナイフ抜いてる)

    エレン「っくっ」

    アルミン「よしっナイフ抜けたよ。」

    エレン「ああ、ありがとな」

    カルラ、グリシャ「エレン!」

    ミカサと2人が走ってきた。

    カルラ「エレン!気をしっかりして!」

    グリシャ「そうだ、エレンしっかりしろ!家に帰ったら地下室、見せてやるから!」テヲニギル

    エレン(あれ?みんな何言ってんの?ぜんぜん聞こえない…)

    グリシャ「……脈が、無い…」
  6. 7 : : 2018/10/18(木) 18:48:14
    今日はここまで。明日書くかも?
  7. 8 : : 2018/10/18(木) 18:52:22
    名作の予感!(≧▽≦)
  8. 9 : : 2018/10/18(木) 18:55:40
    http://www.ssnote.net/groups/633/archives/2570
    コミュニティ作りました!!雑談は、こちらで!
  9. 10 : : 2018/10/18(木) 20:32:05
    編集パスワード忘れたー次からメモしなくては…もし次の章行くなら、メモします!あとURLも貼ります!!本当にすいません
  10. 11 : : 2018/10/18(木) 20:40:41
    今日書き出してもう36人見てるの!?自分の駄作だと思ってるのに!?本当に感謝感激です!!
  11. 12 : : 2018/10/19(金) 02:02:34
    読んでくださった皆さん、このSSの感想、「こうしたら良い」などのアドバイス、などなど書きこんでください!!おねがいします!!  
  12. 13 : : 2018/10/19(金) 02:14:05
    ・20日は、土曜日でも午後6時くらいに書きこみます。

    ・あまり書き込みが少ない日は次の投稿が多いかもしれません。

    以上の2つお願いします!!(・p・)
  13. 14 : : 2018/10/19(金) 02:37:08
    面白いです。無理せず頑張ってください。
  14. 15 : : 2018/10/19(金) 04:28:13
    >>14 名無しの読者さん、ありがとうございます!今日は、書き込む予定です!!
  15. 16 : : 2018/10/19(金) 05:03:51
    続きいっきまーす!!

    エレン「…ん?ここはどこだ?」

    エレンは白い空間にいた。

    ???「お目覚めですか?」

    白い翼と頭に黄色い輪がついた女の人がいた。

    ???「私は、ガブリエル。君の転生担当だよ!よろしく☆」

    エレン「なんで俺がここにいるんだ?アルミンは?ミカサは?父さん、母さん…」グスッ

    ガブリエル「あ~やっぱり?しかたがないなぁ~」スゥッ

    光の画面にミカサ達が映される

    ミカサ「エレン!なんで?なんでなの!」

    アルミン「昨日まで楽しく話していたのに…」

    カルラ「エレン、起きて?おいしいチーズハンバーグ作るから!」グスッ

    グリシャ「エレン…」

    ガブリエル「っと、まあこんな感じだよ?」

    エレン「……」

    ガブリエル「ねえ、いつまで泣いてるの?」

    エレン「泣いてねぇ」

    ガブリエル「若くして死んだ君に特別に、異世界に連れていくよ!これは強制!拒否権なし!」

    エレン「はぁ?異世界?」

    ガブリエル「そんじゃぁいってらっしゃーい!」

    地面に穴が開いてエレンは落ちて行った。
  16. 17 : : 2018/10/19(金) 05:09:10
    エレンが異世界で初めに会うのは?>>18から夕方の5時までで、多いキャラにします!進撃のキャラでお願いします。


    オリキャラの依頼はhttp://www.ssnote.net/groups/633/archives/2570でお願いします!
  17. 18 : : 2018/10/19(金) 06:15:53
    >>18からにします!もし5時までで誰もいないとこちらで決めさせてもらいます。
  18. 19 : : 2018/10/19(金) 17:51:39
    では誰もいないのでサシャにします。
  19. 20 : : 2018/10/19(金) 18:07:00
    えっ?17から行けば解りますよオリキャラは(´・ω・`)
  20. 21 : : 2018/10/19(金) 18:18:10
    ごめんなさい(´・ω・`)
  21. 22 : : 2018/10/19(金) 23:16:23
    >>18はエレンが異世界で初めて会うキャラです。紛らわしくてすいません。
  22. 23 : : 2018/10/20(土) 21:58:43
    すいません。受験勉強などのためこのssの投稿を4月くらいまで休みます。自分がいうのもおかしいけど、面白くて期待してくれてるみなさん本当にごめんなさい。
  23. 24 : : 2018/10/20(土) 22:17:13
    (´・ω・`)
  24. 25 : : 2018/10/30(火) 14:49:35
    親の目を盗んで書き込みます。今夜には書き込みます
  25. 26 : : 2018/10/30(火) 15:56:18
    アラス「」パァァァァァァO(≧∇≦)O
  26. 27 : : 2018/11/07(水) 18:32:32
    ???「大丈夫ですか?」

    エレン「ん…ん!?こ、ここはどこだ!?」

    ???「ここはエルディア王国の王都ミットラスです。そして私はサシャです。」モゴモゴ

    エレン「何で、芋食べてるの?」

    サシャ「いや~近くのレストランを親が経営しているんですが、手伝いをしてお腹が減ったのでつまみ食いしたら、もう良いって言われまして!」ゴクン(・w・)

    エレン「そりゃぁそうでしょ」ボソッ

    サシャ「ん!?何か言いましたか?」

    エレン「いや、何も」

    サシャ「ところで何でこんな所に?」

    エレン「ん~……ん!?」

    --------
     |        |
     |魔法      |
     |  騎士団   |
     |   新団員募集|
      ---| |---
         | |
         | |
  27. 28 : : 2018/11/07(水) 18:41:06
    新作です!

    月、水曜は
    こっちのss

    火、木、土曜は
    http://www.ssnote.net/archives/73195

    を書きます!
  28. 29 : : 2018/11/09(金) 07:15:35
    今日午後に更新します。
  29. 30 : : 2018/11/09(金) 16:29:50
    投稿します。

    エレン「えっちょっと、魔法って…」

    サシャ「もしかして魔法騎士団の訓練騎士になりたいんですか?行きましょー」

    エレン(えっ魔法!?巨人とかいるのか?)


    訓練所

    エレン「人、多いなぁ」

    サシャ「そりゃぁそうですよ?10歳しか訓練騎士になれませんからね。」

    エレン「つまり15歳で騎士団入りか!?」

    サシャ「そんなこと知らないんですか?これだから田舎もんは…」

    ???「待てよ!クリスタ!」

    クリスタ「えへへ~遅いよ~ユミルー」

    ユミル「おい、そんなに距離とったら…」

    ?????「クーリースータ??」

    クリスタ「あっ…ヒストリア…」

    ヒストリア「もう!訓練騎士になるんだから自覚してよ~」

    クリスタ「ごめん…ヒストリア…」

    ヒストリア「良いよ、クリスタ」

    ユミル「空気かよ…」

    クリスタ「あっごめんユミル…」

    ユミル「心配してくれるとかさっすが私のクリスタ! って置いて行くなよ~」

    エレン「…」

    サシャ「…早く登録行きましょうか。」

    エレン「そうだな」

    女性A「クリスタ・レイスさん、回復ですね?登録しました。そしてヒストリア・レイスさん闇ですね。同じく登録しました。」

    男性「ユミルさん、氷です。登録しました。」

    女性B「ライアー・キシンさん光ですね?登録しました。」

    ライアー「とうとう私も訓練騎士になれるんだ…」

    女性A「次、エレンさん」

    エレン「は、はい」

    女性A「あなたは…火!珍しいですね。エレン・イェーガーさん登録しました」

    エレン「そんなに珍しいのか…」

    男性B「サシャさん」

    サシャ「はい!」

    男性B「サシャ・ブラウスさんは、雪ですね?登録OKです。」

    教官A「登録完了した人はグラウンドに移動して下さい。」
  30. 31 : : 2018/11/09(金) 21:07:17
    投稿します

    グラウンド

    ???「今日から5年間、お前らの教官をするキースだ!まず自己紹介からしてもらおう。」

    アルミンまでカット

    キース「貴様は何者だ!」

    アルミン「はっ!シガンシナ市出身!アルミン・アルレルトです!」

    キース「バカみたいな名前だな?親が付けたのか?」

    アルミン「いえ!祖父が付けてくれました!」

    キース「次!貴様は何者だ!」

    ??「はっ!ユトピア町出身!モブ・モーブーです!」

    キース「そうか、バカみたいな名前だな?」

    モブ「いや~そうですよね?」

    モブ以外の全員「き、教官にタメ口とかこいつ、アホだ~!!」

    キース「教官にむかってその態度はなんだ!1日ずっと走ってこい!」

    モブ「わっかりました!!」

    モブ以外全員「何なんだ?あいつ…」

    キース「そうだ。騎士団はチームで行動する!5~7くらいの人数でチームを来週までに作れ!この事はモブにも伝えるように!」

    全員「はっ!」

     夜 食堂

    ユミル「クリスタと部屋同じだな~」

    クリスタ「うん!あと、ヒストリアとも同じだよ。」

    ガヤガヤ

    エレン「うーん、チームかぁ…」

    ??「仲間、探してるの?」

    エレン「ん?誰だお前…」

    ??「私はユメ、ユメ・アッカーマン。魔法の種族は風。君の火と相性良いよね?チーム、入れてくれない?」

    エレン「風…確かに相性良いもんな。よろしく、ユメさん。」相性表記見ながら

    ユメ「ユメで良いよ」

    ヒソヒソ

    ???「アルミン。」

    アルミン「ん?何?ミカサ。」

    ミカサ「あそこの人、エルじゃない?」

    アルミン「何言ってるんだい?エルは…エルはもういないんだよ?君も見たじゃないか。魔法がまだ使えない5歳位の時、ミカサとエルのお母さんが街で買い物していて、エルのお父さんが狩りに行っている時に…」

    ミカサ「殺されたのは分かっている。でも姿とか本当にエルみたいだったんだもん」

    アルミン「でもきっと別人だよ…」

    ミカサ「分かった。この事は一旦忘れよう…」
  31. 32 : : 2018/11/09(金) 23:46:51
    ユメ~!お姉ちゃん期待だよ~!(*≧∀≦*)
  32. 33 : : 2018/11/11(日) 04:24:22
    最近、youtube ばかり見ている自分…あっでもssはきちんと更新しますよ!

    ちなみにこのyouruber面白いです!暇ならどうぞ!

    https://www.youtube.com/channel/UCIZzHNbzlIskx3TxGznRyYg
  33. 34 : : 2018/11/11(日) 10:04:02
    今僕が書いている超激怖エレン見てください!お願いします❗
  34. 35 : : 2018/11/11(日) 10:08:06
    へたくそですがお願いします❗
    あと今日夜ぐらいにまた見ます❗
  35. 36 : : 2018/11/12(月) 06:52:42
    ありがとうございます!今日は月曜なので、学校が終わったら書き込みします!あとオリキャラ出してほしいなどは、

    http://www.ssnote.net/groups/633/archives/2570

    にお願いします!!書き込んでくださったオリキャラはがんばって物語に出させてもらいます!
  36. 37 : : 2018/11/12(月) 06:58:59
    >>35 さん見させてもらいました!期待です!
  37. 38 : : 2018/11/12(月) 07:01:47
    自分のSSの紹介も>>36のURLにお願いします!書き込まれたSSは必ず見てコメントさせていただきます!(・a・)/

▲一番上へ

名前
#

名前は最大20文字までで、記号は([]_+-)が使えます。また、トリップを使用することができます。詳しくはガイドをご確認ください。
トリップを付けておくと、あなたの書き込みのみ表示などのオプションが有効になります。
執筆者の方は、偽防止のためにトリップを付けておくことを強くおすすめします。

本文

2000文字以内で投稿できます。

0

投稿時に確認ウィンドウを表示する

このSSは未登録ユーザーによる作品です。

「進撃の巨人」カテゴリの人気記事
「進撃の巨人」カテゴリの最新記事
「進撃の巨人」SSの交流広場
進撃の巨人 交流広場