ssnote

x

新規登録する

作品にスターを付けるにはユーザー登録が必要です! 今ならすぐに登録可能!

この作品は執筆を終了しています。

赤松「サイハラーマン・ザ・ライド……?」

    • Good
    • 0

loupe をクリックすると、その人の書き込みとそれに関連した書き込みだけが表示されます。

▼一番下へ

表示を元に戻す

  1. 1 : : 2018/10/10(水) 23:28:09
    キャラ崩壊多数あり。

    勢いで書いていきます。何も考えずに読んでください。

    なお、某テーマパークアトラクション丸パクリのため、乗ったことがない人はネタバレ注意です。


    参考のため、元ネタが見れるURL貼っときます。
    これ見た後に読むともっと面白くなるかもしれません。
    https://youtu.be/Bb0DN4PnUEI
  2. 2 : : 2018/10/10(水) 23:28:31
    赤松「何それ………?」アハハ...


    百田「どこぞのアトラクションみたいな名前だな…」


    白銀「まあまあ!何も聞かず乗ってみてよ!!勢いって大事でしょ!」グイグイ!!


    赤松「ちょっと待って押さないで!何この変な車!?」


    白銀「"スクープ"だよ!」グイグイ!!


    百田「だから押すなって!!こいつ力強ぇ!?」


    白銀「はいセーフティーバー下げて〜」


    ガチャン


    百田「う、動けねぇ…」


    白銀「はぁーいそれじゃあ行ってらっしゃーい!」ポチッ


    赤松「きゃあ!?動いた!?」
  3. 3 : : 2018/10/10(水) 23:39:59
    赤松「なんだか変なことに巻き込まれちゃったね……」トホホ


    百田「しゃーねー…白銀の気分が満足するまで付き合うか…」ハァ


    ザザ-


    『スタンバイ オネガイシマス』


    ザザ-


    ピピピ ピピ


    『ハンザイタイムシャタチ ガ スク-プ ニ ノリコミマス』


    赤松「何か喋り出したんだけど…」


    百田「この車が無線通信してるっぽいな…」


    ザザ-


    『コンポ-トシステム ヲ カクニンシマス』


    ピ-----------------


    ザザ-


    『ファンクション キドウ ヲ カクニンシマス』


    ピピ


    ザザ-


    『ラジャ- トウジョウカクニン』


    赤松「東条さん?」


    百田「搭乗だろ…」


    ザザ-


    『コ-ドバンコウ ハ キュウ ゼロ ヨン』


    ザザ-


    『カクニン ネガイマス』


    ピ-ピ-


    ザザ-


    『カクチイキ デ ハンザイタハツ ノ ホウコク ガ ハイッテキテマス』


    赤松「犯罪!?まさか殺人!?学級裁判!?」ガ-ン!!


    百田「いや違うだろ…」


    ザザ-


    『カクニン サイコウケイカイタイセイ』


    ザザ-


    ピピピ


    『クリア』


    『スク-プ ハンザイチョウサタイセイ ニ ハイリマス』


    ピ-


    ザザ-


    『クリア』


    『スク-プ コレカラ ヤカンチョウサ ニ ハイリマス』


    赤松「夜間?今お昼だよ?」


    百田「マジレスするな…」
  4. 4 : : 2018/10/10(水) 23:50:23
    ザザ-


    白銀『おーい!白銀つむぎだよー!聞こえるー?』


    赤松「白銀さん!?」


    百田「おい!これ乗ったら俺は部屋に戻るからな!」


    白銀『いい?チームスクープ!次々と犯罪のニュースが舞い込んできて私も不安になってきたよ!ww』


    百田「無視するな!」ガ-ン!!


    赤松「不安ならもっと不安そうにしなよ!?」ガ-ン!!


    百田「ん……?なんだアレ?」


    赤松「最原くんの変顔が壁に投影されてるけど……」


    白銀『ねぇ!今の見た!?サイハラwwwシグwwナルだwwwよwwww』


    赤松「なんて!?」ガ-ン!!


    白銀『サイハラーマンが近くにいるってことは何か事件が起こるってことだよ!」


    白銀『事件だ!つまり大見出しだ!特ダネだ!!……ぷっ……あはははははwwww』


    百田「あいつの楽しんでる顔想像するとムカついてきた…」


    赤松「ちょ!?百田くん!?何か飛んでくる!!人!?」
  5. 5 : : 2018/10/10(水) 23:57:00
    最原『なぜここに来たんだ!』


    ドン!!!


    赤松「きゃあ!」


    百田「車のフロントに乗りやがった……ってて終一ぃ!?」ガ-ン!!


    最原『キーボくんが暴れてる!何が起こるかわからないんだぞ!』


    赤松「キーボくんが!?」ガ-ン!!


    百田「あいつもいるのかよ!」ガ-ン!!


    最原『まぁとにかく……』


    ドガ----ン!!


    最原『!?』


    最原『……気をつけてくれ』


    百田「あ、あぁ…」


    最原『いいサングラスだね』


    シュバ!!


    赤松「かけてない!私たちサングラスなんてかけてないよ!」ガ-ン!!


    百田「おい終一!どこいくんだよ!てかあいつどうやって飛び回ってんだ!?なんか糸出してたぞ!」ガ-ン!!
  6. 6 : : 2018/10/11(木) 00:00:20
    ザザ-


    白銀『今のはサイハラーマンだよ!あのふざけたコスプレ野郎め!wwww』


    百田「コスプレ野郎はお前だろうが!!」ガ-ン!!


    赤松「きゃあ!!前!!前ぇぇ!!」


    百田「うおぉぉぉトラック突っ込んで来てんじゃねぇか!!」


    赤松「きゃあああああああああ!!!」
  7. 7 : : 2018/10/11(木) 00:17:29
    バァァァァン!!


    赤松「あ、危なかった……ギリギリよけた……」


    百田「てかトラック運転してたの王馬じゃなかったか…?めちゃくちゃ笑顔で突っ込んで来てたぞ…」


    赤松「ここどこ?地下みたいだけど……」


    入間『おいボッキーボ!全ては計画通りだなぁ!』


    赤松「ん??入間さんの声……?』


    百田「あ!あそこに何人かいるぞ!」


    赤松「うわっ、自由の女神の手だ…」


    キーボ『素晴らしいです!この反重力砲があればサイハラーマンでもボクを止められません!』


    入間『俺様"達"だろうが!』


    キーボ『ああ、そうでしたね!』スチャ


    赤松「なんか関わりたくない雰囲気だね……」ヒソヒソ


    百田「ああ、そうだな…絡まれると面倒そうだからこのまま見つからずに素通りさせてもらうぞ」ヒソヒソ


    バキュ-ン!!


    赤松「自由の女神の手が…浮いた!?」ヒソヒソ


    サザ-


    白銀『ねぇ!!!wwwどうしたのおぉぉ!!??wwwww』


    赤松「ちょ」


    真宮寺『ン!?何だイ!?』


    赤松「見つかったあぁぁぁぁ!!??」ガ-ン!!


    百田「白銀てめえぇぇぇぇぇ!!!!」
  8. 8 : : 2018/10/11(木) 06:48:18
    赤松「やばい!真宮寺くんに先回りされる!」


    バリバリバリ!!


    百田「うわっ何だこの部屋!コードだらけじゃねぇか!!」


    赤松「すごく漏電してる!!絶対ヤバイよコレ!!」


    百田「げ!真宮寺きやがった!めっちゃ太いコード持ってやがる!」


    バリバリバリ!!


    真宮寺『侵入者ども、無事に帰れると思ったら……』


    真宮寺『クックックッ………大間違いだヨ!!クックックックックックッ!』ブン!!

    バリバリバリバリバリ!!!


    百田「うおぉ!!やめろ!!車にコード突き刺すなショートするだろうが!!!」


    ガタガタガタガタ!!


    赤松「きゃあぁぁ!揺れる!!揺れる!!車壊れるって!!!」


    バリバリバリバリバリ!!!


    パシャ!
  9. 9 : : 2018/10/11(木) 06:59:51
    百田「くそ!車が弾かれた!!」


    タタタタ!!


    赤松「誰かくる!」


    百田「うぉ!ハルマキか!?」ガ-ン!!


    赤松「ちょ!なんで鬼の形相なわけ!?髪の毛もブワッてなってる!」


    春川『ガルルルrrrrrrrrrr!!!!!』ブン!ブン!


    赤松「えぇ!?」ガ-ン!!


    百田「あぶねぇ!お前鉤爪振り回すな!当たるだろ!」


    キーボ『どいてください!ボクがやります!』


    春川『カロロロロrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrr!!!』フシャ-!


    赤松「今度はキーボくんが来た!」


    百田「ハルマキ野生的になりすぎだろ!?」ガ-ン!!


    スチャ!


    バキュ-ン!!


    百田「あの銃で撃って来やがった!?外したけど!!」


    赤松「うわ!代わりに打たれた自由の女神の顔が浮いた!やっぱりあれに打たれると浮いちゃうんだ!」ガ-ン!!


    入間『おい!外したぞ!もっかい打て!』


    スチャ!


    バキュ-ン!!


    百田「また外したぞ!」
  10. 10 : : 2018/10/11(木) 14:16:15
    やっぱりウォーターナインさんの作品は面白いですねー
  11. 11 : : 2018/10/11(木) 21:19:53
    赤松「きゃぁ!避けた拍子にスリップして……!!」グラッ


    百田「うおぉ!回転してやがるっ!!」グラッ


    グルグルグルグルグルグルグル........


    赤松「ああああぁぁぁぁぁぁぁあぁああああああああああ!!!!」


    グルグルグルグルグルグルグル........


    百田「うおおぉぉぉおおおおぉぉぉぉぉぉおおぉぉぉ!!!」


    グルグルグルグルグルグルグル........


    ピタッ


    シ--------ン


    百田「と、止まった………」


    赤松「は、吐く………出る…………」ウプ..


    百田「下水道か……?ここ……」
  12. 12 : : 2018/10/11(木) 21:30:31
    シュタ!!


    最原『ここにいちゃ危険だ!』


    赤松「最原くん!!」


    最原『早くヒューグルに戻って……』


    ズズズゥ.......


    百田「うおぉぉ!!おい!!終一!後ろ後ろ!!」


    赤松「水がせり上がってるぅ!!!」ガ-ン!!


    獄原『ウオォォォォォォォォ・・・・・』ズズズ...


    百田「ゴン太の姿になったぞ!?でかすぎだろ!!」ガ-ン!!


    最原『!!』


    最原『まずい……!!』パンチ!キック!!


    百田「効いてないぞ終一!!」


    赤松「み、水だからだよ!!」


    獄原『・・・・・・・・・・』ブシャアァァ!!


    赤松「きゃあ!水かかった!!」


    獄原『アッハッハッハ・・・・・・」スッ....


    百田「お、おい、アイツ何振りかぶってんだ………」


    赤松「まさか…足元にあるあの大きなパイプを………」


    獄原『・・・・・・・・・・・・』ブゥゥン!!!


    最原『避けろおぉぉぉぉ!!!』


    百田「ぎゃあぁぁぁ!!パイプ飛んできたあぁぁぁあ!!」


    赤松「きゃああぁ!!車に当たった!!!めちゃくちゃすぎるううぅぅぅ!!」
  13. 13 : : 2018/10/11(木) 21:41:45
    百田「くそ!車ごと吹き飛ばされた!!」


    赤松「ちょっと!目の前レンガの壁だよ!進めないよ!バック!バック!」


    ドカッ....


    ボロボロ.....


    赤松「百田くん……?レンガ崩れてない?」


    バキッ....


    ボロボロ.....


    百田「レ、レンガの向こうに誰かいるのか!?」



    ボカアァァァン!!


    赤松「レンガ飛んできたあぁぁ!!」


    百田「あぶねえぇぇぇ!!!!!!」


    ゴン!!


    百田「ぐぇ!?」キゼツ.....


    赤松「あぁぁぁぁ!!待って百田くん!!気絶しないで!!!私一人で処理しきれないからあぁぁぁぁ!!」ガ-ン!!


    キーボ『もうお帰りですか!!!!』


    赤松「キーボくん!?」


    キーボ『これからもっと熱くなるのに!!!』ボオォォォォオ!!!


    赤松「あああぁぁぁぁっっつ!!!!火炎放射機!?」


    キーボ『ふーっふっふっふっふっふっ!!』ボォォォォオ!!!


    キーボ『うわあぁぁぁ!!』ガシャ-ン!!


    赤松「キーボくん後ろに落ちちゃった……!!い、今のうちにUターンして逃げなきゃ!」アセアセ!!


    赤松「あーもー!百田くん起きてよぉ!!」



    百田「・・・・・・・・・・」チ-ン...



    トビラガチャ!!



    赤松「ち、地上だ!!」
  14. 14 : : 2018/10/12(金) 00:45:54
    赤松「に、逃げきれたのかな……!?ってうわ!おっきな橋!!」


    シュウウゥウゥゥ!!


    赤松「ええ!何か飛んで来るうぅ!?」ガ-ン!!


    シュウウゥゥゥ!!


    入間『間抜けども!覚悟しやがれ!!』


    赤松「入間さん!!??…てか何乗ってるの!?宙に浮いてるんだけど!??」


    入間『てめぇら全員オクトパスゥゥ!!』ブン!!


    赤松「うわぁ!!ボール投げてきた!!??あとオクトパスって何!?」


    入間『ひゃーーはっはっはっはっはっはっはっ!!!!』


    最原『あぶない!!』クイッ!!


    赤松「さ、最原くん!!」


    ドカアァァァァアァァァァァァァァンンン!!!!


    赤松「ええぇぇぇぇぇぇぇぇ!!!???入間さんのボール向こうに飛ばしてくれたと思ったら!ば……!爆発したあぁぁぁぁ!!!??」ガビ-ン!!


    入間『ダサイハラーマン!?』スッ!!


    赤松「ひ!?またこっちに爆弾投げようとしてる!?」


    最原『!!』


    最原『やめろ!!』ガシ!!


    入間『ぐっ!?』ポイ!!


    赤松「うわぁ!爆弾が斜め上に!!」


    ドガアァァァァァァアアアアアアアァァァァァァァンンンンン!!!!!


    入間『ぎゃああぁぁ!』


    赤松「きゃああぁぁぁぁぁ!!!!」


    百田「うおぉおぉぉおおおおおお!!!???何だ!?」ガバッ


    百田「ってえええ!?柱が爆発してるやがるうぅうぅぅ!!!」


    ザザ-


    白銀『スクープがー!私の大事なスクープがぁぁ!!www』


    赤松「もう嫌あぁぁぁぁ!!」
  15. 15 : : 2018/10/12(金) 00:57:42
    赤松「私家に帰るうぅぅぅぅ!!!」


    百田「お、落ち着け赤松!!」


    最原『危なかったね…!!』


    百田「し、終一……。あ!おい!後ろ!!!」


    バキュ-ン!!!


    最原『うお!?』


    百田「キーボ!!あいつまたあの浮く銃使ってやがる!」


    バキュ-ン!!!


    最原『君の射撃はその頭のアンテナと同じくらいひどいな!!』


    百田「終一!お前もアンテナあるじゃねぇか!」ガ-ン!!


    赤松「あ!最原くんよけて!」


    キーボ『フン!!』ドカ!!


    最原『ぐわぁ!!』


    赤松「最原くぅぅん!!」


    百田「くそ!終一がやられた!」


    キーボ『いやぁ、その間抜けヅラのお二人にはこれで十分です!』スチャ


    百田「おいおいおい!!その銃こっちに向けるな!!マジでやめろおぉぉぉ!!」


    バキュ-ン!!!!


    赤松「きゃあ!!打たれたあぁ!?」


    フワァッ


    百田「うわ!浮いた!?」


    キーボ『ご達者で!ふっーふっふっふっふっふっふっ!!!』


    百田「た、助けてくれえぇぇ!!」
  16. 16 : : 2018/10/12(金) 12:01:19
    赤松「どんどん上がってくよ!?止まらないぃ!!」


    最原『ねぇ!待ってよ!!』シュバ!シュバ!


    百田「終一!!てうぉ!?お前どうやって壁登ってんだよ!?」ガ-ン!!


    最原『君たち保険には入ってないでしょ!?』


    赤松「いきなり何言ってるの最原くん!?そんなことより助けてぇ!!」


    最原『落ちないでね!今助けてあげる!』ピュン!!
  17. 17 : : 2018/10/12(金) 12:20:20
    赤松「うわぁ!最原くんまた糸出してる!!」


    百田「車に引っ付いたぞ!?」


    赤松「引っ張って下ろしてくれるみたい!」


    シュウウゥゥゥゥゥゥゥゥ!!!


    最原『!!』


    入間『ひゃーっはっはっはっはっはっ!!』


    ガシィ!!


    赤松「あぁ!!最原くんが飛んできた入間さんに捕まった!!」ガ-ン!!


    百田「ハルマキも一緒に変なのに乗ってやがる!」


    百田「てか終一と糸で繋がってるってことは………」ゾゾゾ......


    グイッ!!!!!


    ビュオォォオオオォォォォォォオオオオォ!!!!


    赤松「きゃああぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!」


    百田「引っ張られるうぅうぅぅぅぅぅぅぅぅう!!!!!!!」


    ビュオォォォオォォォォォォォ!!!!


    百田「うおぉぉぉぉおおおおぉぉ!!!!速えぇぇぇぇぇ!!!!」


    ガシィ!!!


    最原『!?』


    赤松「さ、最原くんが春川の髪の毛で拘束されてるぅぅぅぅぅ!!??」ガ-ン!!


    百田「何いぃぃぃぃぃぃぃぃぃ!!??」ガ-ン!!


    春川『カロロロロロロロrrrrrrrrrrrrr!!!』


    入間『ひゃーっはっはっはっはっはっはっ!!』


    ビュオォオオオォォォォォォ!!!!


    百田「うおぉ!!勢いのまま飛ばされてんぞこの車!!」


    入間『ひゃーっはっはっはっはっはっはっ!!!』


    赤松「ああぁぁぁぁ!!!このままだと入間さんにぶつかる!!!」ガ-ン!!


    百田「アイツ終一にの方見ててこっちに気づいてねぇ!!!」ガ-ン!!


    入間『ひゃーっはっはっはっはっはっはっ!!!』


    百田「おい!!入間!!!こっちに気づけえぇぇぇぇぇぇ!!!!!」


    赤松「ぶつかるうぅぅぅぅぅぅぅ!!!」


    入間『ひゃーっはっはっは………あん??』


    ドガァァァァァァァァァ!!!!


    入間『ああああぁぁぁぁぁぁぁあぁああああああああああ!!!!』ヒュウウウゥゥゥゥゥゥゥゥ!!!


    百田「入間が落ちたあぁぁぁぁ!!あといつの間にか終一がハルマキを倒してやがるうぅぅ!!」


    シュウゥゥゥウゥゥゥゥゥゥ!!!


    赤松「ああぁ!!入間さんが乗ってた変なのがこっちにぃ!!!」


    ドカッ!!!


    百田「うおぉ!またぶつかった!!」


    赤松「まずいよ!車変な方向に流れてくよ!?」
  18. 18 : : 2018/10/12(金) 12:52:29
    百田「げぇ!?上に真宮寺とゴン太いるぞ!?」


    真宮寺『これ以上、君たちに邪魔されてたまるかヨ!』


    バリバリバリバリ!!!


    赤松「何もしてない!!私たち何もしてないぃぃぃぃ!!!!」ガ-ン!!!


    百田「あいつ手からも電気出してやがる!!??」


    獄原『トビコンデモラオウゥゥゥゥゥ!!』


    赤松「なんて!?」ガ-ン!!


    百田「相変わらずゴン太は水かよ!でけえぇぇぇ!!」


    真宮寺『クッークックックックッ!!!』


    バリバリバリバリ!!!


    最原『そうはさせないぞ!!』シュバ!


    百田「うおぉぉ!!真宮寺のやつ電撃でガラス割りやがった!!??」ガ-ン!!


    赤松「きゃあぁぁぁぁぁ!!!ガラスが降ってくるるぅぅぅぅ!!」


    赤松「最原くん!!助けてぇ!!」


    百田「真宮寺のやつ終一を狙ってるぞ!!」


    真宮寺『クックックックックックッ!!』


    バリバリバリバリバリバリ!!


    百田「終一!!避けろおぉおぉ!!」


    最原『!』シュ!


    赤松「避けたぁぁ!!」


    獄原『!?』


    バリバリバリバリバリ!!


    百田「代わりにゴン太が電撃食らってるぞ!?」


    獄原『グオォォォォォォォォォォ!!!』バリバリバリ!!


    赤松「獄原くんが消えたぁ!?」ガ-ン!!


    百田「み、水だから電気分解しやがった!?………ってあぁぁぁ!!!真宮寺の足元に灯火(トウカ)があんじゃねえか!」ガ-ン!!


    赤松「え!?どうしたの!?」


    百田「水素が火に近づくと………!!」


    ドガァァァァァァァァァァァァン!!!!


    真宮寺『ぐわァアァァァァァァ!!!』


    赤松「爆発したああぁぁぁぁぁぁ!!!???」ガ-ン!!


    百田「真宮寺が巻き込まれたあぁぁぁ!!!」ガ-ン!!


    ヒュウゥゥゥゥゥゥ!!


    赤松「きゃあぁぁぁぁぁ!!!爆発のせいで瓦礫が降ってくるうぅぅぅ!!!」


    ガン!!!


    百田「うおぉ!?ぶつかった!!!車が下向くぞ!?」
  19. 19 : : 2018/10/12(金) 13:55:52
    赤松「たっ!高いいぃぃぃぃぃい!!!ビルより高いところにいるうぅぅぅ!!」


    百田「くそ!!今度は下の屋根にキーボが!!あいつまたこっちに銃向けてやがる!!」


    キーボ『よぉーし!着陸しましょうか!!』


    スチャ


    バキュ-ン!!


    赤松「へ……?」


    百田「え………?」


    最原『ふん!!』ドカ!!


    キーボ『うわあぁぁぁぁぁぁぁ!!!!』ヒュウゥゥゥゥゥゥ!!!!


    ガクン!!


    赤松「あ、コレ落ちてる……この車落ちてる……」


    最原『やめろおぉぉぉ!!!!』ヒュン!!


    ヒュウウゥゥゥゥゥゥゥウゥウウウゥゥゥゥ!!!


    赤松「あぁぁぁぁぁぁぁあぁぁぁぁぁぁぁああぁぁぁぁ!!!!!!!」


    ヒュウウゥゥゥゥゥゥゥウゥウウウゥゥゥゥ!!!


    百田「うおおぉぉぉぉぉぉおおぉぉぉぉぉぉおぉぉぉぉおぉおおおおぉぉお!!!!!」


    ヒュウウゥゥゥゥゥゥゥウゥウウウゥゥゥゥ!!!


    赤松「ぶつかるうぅぅぅぅぅぅぅううぅぅぅぅぅぅぅう!!!!!!!」


    ヒュウウゥゥゥゥゥゥゥウゥウウウゥゥゥゥ!!!


    百田「死ぬぅぅぅぅぅうぅうぅぅぅぅぅぅぅぅう!!」


    ヒュウウゥゥゥゥゥゥゥウゥウウウゥゥゥゥ!!!


    百田「あぁぁぁぁぁぁぁあぁぁぁぁぁぁぁああぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!」


    赤松「あぁぁぁぁぁぁぁあああぁぁぁぁぁぁぁあぁぁぁぁぁぁぁ!!!!」


    ビヨ-ン


    赤松「はぁ………はぁ…………………え……?」



    百田「ぜぇ…………ぜぇ…………い、糸…?最原か………?」



    赤松「た……助かったぁ……………」
  20. 20 : : 2018/10/12(金) 14:02:55
    最原『これで一件落着!』


    赤松「あ、最原くん」


    百田「後ろでキーボ達がしばられてやがる…」


    ワ-ワ-ギャ-ギャ-!!


    最原『君たちはよくやったよ』


    キーボ『・・・・・・・・』コソ-


    百田「あ、最原!キーボが攻撃しようとしてるぞ!」


    最原『フン!』ドカッ


    キーボ『ぎゃあ!』


    赤松「あはは……」


    最原『けどこれっきりにしときなよ…』


    赤松「是非とも、そうさせてください……」


    最原『はい、チーズ!』スッ!


    パシャ!


    百田「うぉ!?いきなり写真とるなよ!」


    赤松「私変な顔してたかも…!!」ガ-ン!!


    最原『じゃあまたね!』シュバ!


    赤松「あ、行っちゃった……」
  21. 21 : : 2018/10/12(金) 20:55:59
    ザザ-


    白銀『おめでとう!!君たちはヒーローだよ!w』


    百田「こいつ………」イラッ


    白銀『私が見込んだだけのことはあるね!』


    赤松「あとで絶対白銀さん殴る……」イラッ


    ピピピ!!


    『Good job, Team Scoop! You did great! Now when the Scoop comes to a stop, carefully raise your lap bar and exit the vehicle. 』


    赤松「なんて!?」ガ-ン!!


    百田「あー、なんか車が完全に止まってから降りろ的なこと言ってんな。てかこれ王馬の声だよな?」


    『Make sure you take all your personal belongings, and you can drop off the night-vision goggles in the bins provided.』


    百田「ナイトビジョンゴーグルってなんだ!?」ガ-ン!!


    赤松「何言ってるか全然わかんない…」


    ザザ-


    天海『ご苦労さんっす、チームスクープ。よくやったっす』


    赤松「今度は天海くん!?」


    百田「このタイミングで新しいやつ出てきやがった!?」ガ-ン!


    天海『車が完全に止まったらゆっくりとセーフティーバーをあげて降りるっす。忘れ物をしないように気を付けて』


    百田「さっきの王馬の話を訳してくれてるみたいだな」


    赤松「じゃあ王馬くんのくだりいらないじゃん!」ガ-ン!!


    天海『暗視メガネは指定された場所に返してほしいっす』


    百田「だから暗視メガネってなんだ!!」ガ-ン!!


    天海『おっと、白銀さんが呼んでるんで俺はもう行くっす、それじゃ!』


    百田「やっぱ白銀に頼まれてやってんのか…?」
  22. 22 : : 2018/10/13(土) 00:40:38
    赤松「あ、車止まったよ!」


    白銀「二人とも、おかえり〜」


    赤松「白銀さん…」イラッ


    百田「おい!!なんなんだよコレ!!説明しろよ!!」


    白銀「どうだった??楽しかった?」


    百田「だから無視するなよ!」ガ-ン!!


    赤松「ひどい目にあったよ!!」ガァ!!


    白銀「うんうん!!楽しかったみたいでよかった!」


    百田「俺らの顔が笑顔に見えるか!?」ガァ!!


    白銀「まあまあ、勢いってそういうものじゃない??」


    百田「"勢い"に逃げるな!」


    白銀「とりあえずセーフティーバー上げて降りなよ」


    赤松「全くもう……」


    グイッグイッ!


    赤松「あれ?」


    百田「おい、上がらねえぞコレ」


    白銀「え?そんなはずは。ちょっと私がやるね」


    グイッグイッ!


    白銀「あーこりゃ故障だねー」


    百田「はぁ!?おいなんとかしろよ!降りられないだろうが!」


    白銀「ちょっと原因調べるから待ってね!あ、けど二人は待ってるだけだとしんどいだろうから、もう一周行ってきなよっ」ポチッ


    赤松「え!?ちょ!?また動いた!!?」


    百田「おいいぃぃぃぃ!!!」


    白銀「いってらっしゃーい!」





















    ザザ-


    『スタンバイ オネガイシマス』


    ザザ-


    ピピピ ピピ


    『ハンザイタイムシャタチ ガ スク-プ ニ ノリコミマス』


    ザザ-


    『コンポ-トシステム ヲ カクニンシマス』


    赤松「降ろしてえぇぇぇぇぇえ!!」


    百田「降ろせえぇぇぇぇぇええ!!」


  23. 23 : : 2018/10/13(土) 00:47:08
    勢いで書き切りました 笑
  24. 24 : : 2018/10/13(土) 00:47:23
    >>10
    ありがとうございます!

▲一番上へ

名前
#

名前は最大20文字までで、記号は([]_+-)が使えます。また、トリップを使用することができます。詳しくはガイドをご確認ください。
トリップを付けておくと、あなたの書き込みのみ表示などのオプションが有効になります。
執筆者の方は、偽防止のためにトリップを付けておくことを強くおすすめします。

本文

2000文字以内で投稿できます。

0

投稿時に確認ウィンドウを表示する

著者情報
water_nine

ウォーターナイン

@water_nine

「ダンガンロンパ 」カテゴリの人気記事
「ダンガンロンパ 」カテゴリの最新記事
「ダンガンロンパ 」SSの交流広場
【sn公式】ダンガンロンパ交流広場