ssnote

x

新規登録する

作品にスターを付けるにはユーザー登録が必要です! 今ならすぐに登録可能!

この作品は執筆を終了しています。

苦悩と答

    • Good
    • 2

loupe をクリックすると、その人の書き込みとそれに関連した書き込みだけが表示されます。

▼一番下へ

表示を元に戻す

  1. 1 : : 2018/08/25(土) 23:47:30
    ※鬱
    ※一レス
    ※診断メーカー作品
    https://shindanmaker.com/801664
  2. 2 : : 2018/08/25(土) 23:47:55
     ほんの少し時間をください。もしも神様というものがいて、僕の話に耳を傾けてくれるのなら、今すぐにでもそう叫びたい気分だった。

    「兄弟……ッ!」

     侃々諤々(かんかんがくがく)かつ喧喧囂囂(けんけんごうごう)とした議論の中で、血の気の失せた兄弟の顔が特に記憶に刻まれている。
     ただ終わったことを悔いる彼の表情は目に見える、また目に見えない何か全てにすら頭を垂れていた。

     ……吐き気がする。カーペットにぶちまけた。吐瀉物のどろりとした白を見て、また吐き気を覚えた。まだ起きて早いけれど、風呂に行こう。


    ◇◇◇


     熱くない。暑くない。熱を感じない。身体の汚れはとうに落ちた筈なのに、胸を掻き毟って穴を開けて中身をぶちまけてしまいたい。

    「……サウナ」

     扉を開ける。圧が襲ってくるが、そこにあるはずの熱は無い。ベンチに腰掛けても、限界があるようには思えなかった。


    ◇◇◇


     寒い。身体から出た汗の温度だけが感じられる。どこまでも累積する冷気が、どこまでも心を沈めていく。

    「……!?」

     何時間いたのだろう。熱がなくて気が付かなかったが、少し喉が渇いていた。視界がぼやける。頭が揺れて、床に叩きつけられる。目の端に、どんな高校の校則でも違反するような長ランが映ったら気がした。

    「兄……弟……」


    ◇◇◇


    「青い……」

     どれだけの水を使ったんだろう。顔色が悪い。

     あの後何故か自室のベッドで目を覚まして、また訪れた異常な吐き気を収めるためにトイレに向かった。

     ガチャリ。

     音がした。咄嗟に振り向くと、尖った特徴的なシルエットが見える。

    「……!」

     相手も、僕も、息を呑んだ。記憶がフラッシュバックする。兄弟が追い詰められる姿。彼の抵抗を尽く糾弾する、馬鹿そのものの有象無象。無責任な御曹司。人任せの探偵。ただ一人言葉の重みに耐えていた、凡人。

    「石丸クン……大丈夫? 顔色が悪いけど……」

    「…………」

     何か。何かないか。僕の口よ動いてくれ、お前は声が大きいことが取り柄だろう。なんでもいいんだ。彼を糾弾してくれ。「兄弟が死んだのはお前がその指で指したからだ」と、心に刻むように叫んでくれ。彼を安心させてくれ。「僕は何も問題ない。気にしていない」と、うわべだけでも彼を許してくれ。彼にかける言葉で、僕を救ってくれ。

     ああ。ああ。でも。駄目だ、駄目だ。そんな、憐れむような顔をしないでくれ。悼むような目をしないでくれ! それじゃあまるで──

     ──誰も悪くないみたいじゃないか(・・・・・・・・・・・・・・)

    「あっ、石丸クン……」

     僕はその、半ば事実である叫びから逃げ出すために、彼の横をすり抜けて外へ出た。


    ◇◇◇


     ……ここが、現場。悲劇の舞台。

     僕は、男子更衣室で立ち尽くしてした。よろめいて尻餅を着く。目眩が狭い景色を歪めると、兄弟と不二咲君が語らっていた。
     ノイズが走る。背筋を凍らせる嫌な予感は、この後に何が起きるかを如実に表していた。

    「兄弟……やめてくれッ! 兄弟ッ!」

     暗転する。次の瞬間、舞台には血が広がっていた。手を血の海に沈める。爪の先までぬめりが纏わりついた。

    「ああ……僕は……」

     もしも願いが叶うなら、僕にほんの少しの時間をください。過去の僕に、二人を救うだけの時間を与えてください。

     顔を上げて、幻の背中を見る。

    「なあ、兄弟……僕は何を間違えたんだ? 何か、確かに間違えた筈なんだ! 頼む……一言でいいんだ、『お前が間違えたんだ』と……兄弟が死んだのは僕が間違えたからだと! きっと避けられた死だったと……言ってくれ……お願いだ……」

     幻に縋りついた手は、輪郭を崩すようにすり抜ける。

    「兄弟、待ってくれ! 僕に答えを……」




     ──消え行く幻の君は、否定も肯定もしなかった。
  3. 3 : : 2020/10/14(水) 15:47:15
    459 : ラーメンラーメン : 2018/10/27(土) 23:51:02 このユーザーのレスのみ表示するこの書き込みをブックマークする
    いやーここまで勘違いした陰キャが集まってると見苦しくて仕方ないね笑


    460 : ラーメンラーメン : 2018/10/27(土) 23:52:10 このユーザーのレスのみ表示するこの書き込みをブックマークする
    こういう辺境のサイトで嘘吐いて何になるの?そっちが下らなくて草生えるわ


    461 : ラーメンラーメン : 2018/10/27(土) 23:56:16 このユーザーのレスのみ表示するこの書き込みをブックマークする
    正直まともに話せるのは井上雅也だけだな笑

    こういう時だけ前から思ってたとか下らない理由をつけて便乗してる小学生君はさっさと寝な笑

    462 : ラーメンラーメン : 2018/10/28(日) 00:15:24 このユーザーのレスのみ表示するこの書き込みをブックマークする
    てかさ、偏差値70なんて、正直勉強大量にやるとかそういうレベルじゃなくて、産まれたときから違うから笑


    あと、勘違いしてるかもしれないが、70はいくときがあるとしか言ってないぞ?笑


    あと、本当の天才はいないって言ってたけど偏差値70程度は天才でもなんでもないし、学校の半分がオタクって言われてるから笑


    知らないのに口出してんじゃねぇよ笑


    463 : ラーメンラーメン : 2018/10/28(日) 00:23:10 このユーザーのレスのみ表示するこの書き込みをブックマークする
    正直な話、俺は井上雅也だけと話したい。君らみたいな、便乗してるだけの奴等が混ざると、結局それだけになるんだよ。少しは考えてくれ。


    11 : ラーメンラーメン : 2018/10/21(日) 10:35:09 このユーザーのレスのみ表示する
    >>7 177っすね


    12 : ラーメンラーメン : 2018/10/21(日) 10:35:59 このユーザーのレスのみ表示する
    >>8 学年で一番身長ありましよ。柔道してるんで筋肉だけで50㎏超えてますし


    14 : ラーメンラーメン : 2018/10/27(土) 08:24:19 このユーザーのレスのみ表示する
    >>13 片手で持ち上げて投げれるかも

    62 : ラーメンラーメン : 2019/06/20(木) 13:20:42 このユーザーのレスのみ表示する
    偏差値70って言える頭も無いのに下らない煽りしてんじゃねぇよ餓鬼みたいに

    15 : ラーメンラーメン : 2019/06/20(木) 13:38:04 このユーザーのレスのみ表示する
    お前も行ってんのかよ

    偏差値何?

    17 : ラーメンラーメン : 2019/06/20(木) 14:57:11 このユーザーのレスのみ表示する
    >>16 張り合うっていうかもし俺より賢いなら凄いなぁって単純に思った

    まぁほっとくわ

    ラーメンラーメン
    kana3515
    嘘を吐いてる?そんな下らない事をする理由がないだろう。偏差値70前後は努力でどうにかなる問題じゃねぇよ。元の頭次第だよ。それに、ssに関係するのは偏差値じゃなくて文才。あと、人の事も信じられなくて人に合わせて、妄想に縋るような陰キャは黙ってて、どうぞ。受験前でしばらく低浮上なつもりだったけど止める。最後に話して垢消すよ。別に、荒らすつもりとか、そういうのも無いから。

▲一番上へ

名前
#

名前は最大20文字までで、記号は([]_+-)が使えます。また、トリップを使用することができます。詳しくはガイドをご確認ください。
トリップを付けておくと、あなたの書き込みのみ表示などのオプションが有効になります。
執筆者の方は、偽防止のためにトリップを付けておくことを強くおすすめします。

本文

2000文字以内で投稿できます。

0

投稿時に確認ウィンドウを表示する

著者情報
Kirameki

淤能碁呂島

@Kirameki

「ダンガンロンパ 」カテゴリの人気記事
「ダンガンロンパ 」カテゴリの最新記事
「ダンガンロンパ 」SSの交流広場
【sn公式】ダンガンロンパ交流広場