ssnote

x

新規登録する

作品にスターを付けるにはユーザー登録が必要です! 今ならすぐに登録可能!

この作品は執筆を終了しています。

ミカサ「私がこの手で…あなたを倒す!」【エレミカ】

    • Good
    • 0

loupe をクリックすると、その人の書き込みとそれに関連した書き込みだけが表示されます。

▼一番下へ

表示を元に戻す

  1. 1 : : 2018/05/17(木) 21:18:40
    最新作です!
    よろしくお願いします!


    こちらも是非!私の1番のオススメです!
    http://www.ssnote.net/archives/58813
  2. 2 : : 2018/05/17(木) 21:24:54
    期待してます!最新作頑張ってください!
  3. 3 : : 2018/05/17(木) 21:43:28














    ー私はあなたに何度、助けられたか。












    ーその恩は、忘れたことはない。












    ーでも今、あなたは人類にとっての敵。












    ミカサ「私がこの手で、あなたを倒す!」












    ーーーーーーーーーーーーーーーーーー











    エレン「ハァ…ハァ…もうこんなところ、いたくないよ…嫌だ…」












    巨人スヤスヤ













    エレン「巨人!…寝てるのか…」












    エレン「早く行かないと!」












    パキパキ












    エレン「!木が!」












    ドオオオオオン












    ーーーーーーーーーーーーーーーーーー











    ミカサ母「ミカサ!薪とってきてちょうだい!」












    ミカサ「はーい。」スタスタ












    ーーーーーーーーーーーーーーーーーー











    ミカサ「この川のあたり、誰もこないのかな。いつも薪、たくさんある。」












    チャプンチャプ












    ミカサ「!誰か、いるの…?」












    チャプンチャプン












    エレン「」












    ミカサ「!男の子!大変!助けてあげないと!」












    ーーーーーーーーーーーーーーーーーー











    ミカサ母「薪拾ってきた…?」












    ミカサ「あのね…お母さん…この子…川に落ちてたんだけど…」












    エレン「」












    ミカサ母「!まぁ!大変!すぐに寝かさないと!」












    ミカサ「…死んじゃうの…?」












    ミカサ母「!大丈夫…死にはしないわ…」












    エレン「」












    ー3日後ー
  4. 4 : : 2018/05/17(木) 21:44:56
    >>3
    私です!


    >>2
    早いですね!
    ありがとうございます!
  5. 5 : : 2018/05/17(木) 22:33:56
    期待!!
  6. 6 : : 2018/05/18(金) 00:14:42
    期待です!

    頑張って下さい!!
  7. 7 : : 2018/05/18(金) 15:19:29
    主さん、新しいss書くより他のss書き終わってから
    新しいss作って書けよ
  8. 8 : : 2018/05/18(金) 16:35:36
    >>5
    ありがとうございます!

    >>6
    ありがとうございます!
    頑張ります!

    >>7
    どういうことでしょうか?
    一応全て終わらせてから書いていますが…
  9. 9 : : 2018/05/18(金) 16:39:41
    ミカサ「…なかなか起きない…」





    エレン「」スヤスヤ





    ミカサ「…」




    エレン「」ピクッ




    ミカサ「…!」




    エレン「ん…?」




    ミカサ「お母さん!起きたよ!」




    ミカサ母「本当!?」




    エレン「!…誰だ…」ジリッ




    ミカサ「!」サササッ




    ミカサ母「…大丈夫よ…警戒するかもだけど…この子があなたを助けたの。」




    ミカサ「…」




    エレン「!ありがとう…ございます…」




    ミカサ母「帰る家がないのなら、うちにすみなさい。」




    エレン「!いいんですか…?」




    ミカサ母「大歓迎よ!」




    エレン「ありがとうございます…」




    ー3ヶ月後ー
  10. 10 : : 2018/05/18(金) 17:24:25
    >>7みたいな奴は無視した方が良いですよ?
  11. 11 : : 2018/05/18(金) 17:24:55
    期待です!面白いです!
  12. 12 : : 2018/05/18(金) 19:15:05
    >>10
    了解です!

    >>11
    ありがとうございます!
  13. 13 : : 2018/05/18(金) 19:28:24
    エレン「おーい、ミカサ。行くぞ!」




    ミカサ「うん。」




    エレン「だいぶ薪も集まったな…」




    ミカサ「これだけあればお母さん、喜んでくれそう。」




    エレン「そうだな。」




    エレミカ「「ただいまぁ!」」




    シーーーン




    エレン「あれ?いつもならお帰りって言ってくれるのに…」





    ミカサ「…何か、あったのかな…」




    ミカサ「お母さん…お父さん…」




    ミカサ「」ピチャ









    ミカサ「ヒィ!…」




    エレン「なんでこんなのとこに血が…」




    エレン「!まさか…!」




    ミカサ「!エレン!?」




    部屋の奥


    母の死体 父の死体




    ミカサ「お、母さん…?おと、うさん…?」




    エレン「…ダメだ…もう…」




    エレン「!血が、外まで続いてる…?」




    エレン「これを辿っていけば…犯人の家に…」




    ミカサ「仇が打てる…」




    エレミカ「「殺してやる…」」




    スタスタ




    ー犯人の家ー
  14. 14 : : 2018/05/18(金) 21:31:06
    犯人1「おい!なんで女も殺したんだよ!」




    犯人2「仕方ねぇだろ!?反抗してきたんだぜ!?」




    ギィィ




    犯人1&2「「!!」」




    犯人1「誰だ!?」




    エレン「すみません…僕たち…森で、迷って…」




    ミカサ「その、小屋が…見えたから…」





    犯人1(こいつら高値で売れそうだな…)




    犯人1「もう大丈夫だぞ。おじさんがいるからな。」












    グサッ




    犯人1「え?」ドクッドクッ←血




    エレン「じゃあ死んじゃえよクソ野郎。」




    エレン「ミカサ!奥のやつ倒せ!」




    ミカサ「え?無理だよ…」




    ミカサ「ウグッ!」




    犯人2「よくも!殺してくれたな!」




    ミカサ「たす、けて…」




    その瞬間、俺は何かが変わった気がした。












    そう、まるで力がみなぎってくるような…












    エレン「…」グサッ




    犯人2「」




    ミカサ「ありがと…」




    エレン「!グッ…」首掴まれてる




    犯人3「お前らが殺したのか!?」




    エレン「こいつ…を!こ…ろせ…!」












    その瞬間、私には力がみなぎってきた。












    もう、こいつなんか、敵じゃない。












    ミカサ「…」グサッ




    犯人3「」




    ミカサ「さよなら…」




    ーーーーーーーーーーーーーーーーーー




    エレン「お前、なんか感じたか…?」




    ミカサ「…力がみなぎってきた…」




    エレン「!!俺も!」




    ミカサ「この力…なんだろう…」




    エレン「さぁ…」




    ドッカァァァン




    エレミカ「「!?」」




    エレン「なんだ!?」




    ミカサ「!エレン!壁が!!」




    エレン「!巨人が入ってくる!」



    ーーーーーーーーーーーーーーーーーー




    キャアアァァァ!




    ーーーーーーーーーーーーーーーーーー




    エレン「あいつら…ぜってぇゆるさねぇ…」




    ミカサ「罪もない人を殺した…それはいけない…」



    エレン「駆逐…してやる…」




    ミカサ「…私も…」




    エレン「俺は、2年後の訓練兵団に参加する…」




    ミカサ「私も…そうしないと倒せない…」




    エレン「!お互い…頑張ろうな…」




    ミカサ「…うん…」












    ー2年後ー
  15. 15 : : 2018/05/18(金) 21:34:22
    今日はここまでです!

    アドバイスもお願いします!
  16. 16 : : 2018/05/18(金) 23:14:53
    期待です!

    長編を書くなら、一つ一つの展開を細かい所まで書いてこだわると良いとおもいます!内容はとてもおもしろいので、それで更にレベルupすると思います!

    これからも頑張ってください!
  17. 17 : : 2018/05/19(土) 09:06:47
    >>16
    ありがとうございます!!
    細かいところまで…
    やってみますね!
  18. 18 : : 2018/05/19(土) 09:32:46
    キース「貴様は何者だ!!」




    ミカサ「ハッ!シガンシナ区出身、ミカサ・アッカーマンです。」




    キース「なんのためにここにきた!」




    ミカサ「…巨人を殺して…平和にするためです…」




    キース「そうか!なら貴様には巨人のエサになってもらおう!1列目!後ろに向け!」




    ザッ




    キース「貴様は何者だ!」




    エレン「ハッ…シガンシナ区出身、エレン・イェーガーです…」




    キース「なんのためにここにきた!」




    エレン「巨人をぶっ殺して…巨人がいない世界にするためです。」




    キース「そうか!なら貴様には巨人のエサになってもらおう!」




    キース「2列目!後ろに向け!」




    ザッ
  19. 19 : : 2018/05/19(土) 10:55:36
    キース「貴様は何者だ!何しにここにきた!」




    アルミン「シガンシナ区出身!アルミン・アルレルトです!人類の平和に貢献するためです!」




    キース「貴様なんぞができるものか!?」




    キース「3列目!後ろを向け!」




    ザッ





    キース「貴様は何者だ!」





    ジャン「ハッ!トロスト区出身!ジャン・キルシュタインです!」




    キース「何しにここにきた!」




    ジャン「…憲兵団に入って…内地で暮らすためです…」




    ゴツッ




    ジャン「イデッ!」



    キース「誰が座っていいと言った!?」




    キース「そんなんでへばるようなら憲兵団など夢のまた夢だ!」




    ーーーーーーーーーーーーーーーーーー




    エレン「どうだったか…?」




    ミカサ「このくらいなら…立体機動を使ってみたい…」




    エレン「そうだな。あれがあれば巨人余裕で倒せんじゃねぇの?」



    ミカサ「そうね…」




    スタスタ




    ジャン「…!」




    ジャン「おい!そこの君!」



    ミカサ「!」クルッ




    ジャン「とても…綺麗な黒髪だ…///」




    ミカサ「…どうも…」





    ーーーーーーーーーーーーーーーーーー




    ミカサ「待ってよ!エレン!」




    エレン「ん?なんだよ。」




    ミカサ「いや、髪を切りたいんだけど…」




    エレン「どうしてだ?そのままでもいけると思うぞ?」





    ミカサ「いや、立体機動の邪魔になると思って…どれくらい切ればいいと思う?」




    エレン「こんくらいじゃね?」




    ミカサ「!ありがとう。」
  20. 20 : : 2018/05/19(土) 20:59:17
    ・立体機動適正訓練は省略!!




    パシュッ




    ミカサ「…簡単だな…もっと難しいかと…もう少しスピードあげてもいいかな…」




    パシュッ プシュゥゥゥ




    エレン「なぁ…ミカサ〜かんたんだとおもわねぇか…?」




    ミカサ「えぇ簡単…他の人は手こずってるけど…」




    ジャン「なんであいつら2人はあんないけるんだよ!」




    ミカサ「まぁ、いいか…」




    ーーーーーーーーーーーーーーーーーー




    キース「これより!第104期訓練兵団解散式を行う!!」




    「ハッ!」




    キース「呼ばれたものは前に出ろ!」





    キース「今年は初のものがいる…」




    キース「首席!エレン・イェーガー!ミカサ・アッカーマン!」




    「2人!?」




    エレミカ「「ハッ!」」




    キース「2位!ライナー・ブラウン!」




    キース「3位!ベルトルト・フーバー!」




    キース「4位!アニ・レオンハート!」




    キース「5位!ジャン・キルシュタイン!」




    キース「6位!マルコ・ボット!」




    キース「7位!コニー・スプリンガー!」




    キース「8位!サシャ・ブラウス!」




    キース「9位!クリスタ・レンズ!」




    キース「10位!アルミン・アルレルト!」












    キース「以上の11名は憲兵団に行く資格を持つ!」




    キース「以上で第104期訓練兵団解散式を終了する!」




    「心臓を捧げよ!」



    「ハッ!」
  21. 21 : : 2018/05/19(土) 22:28:53
    ーーーーーーーーーーーーーーーーー




    ドッカァァァン




    グラグラ




    ミカサ「!」




    ミカサ「エレン!?」




    黒髪の巨人「グオオオオオッ!」




    ミカサ「…え、れん…?」




    黒髪の巨人「」ドッシン




    バタン



    プシュゥゥゥ




    エレン「」





    ミカサ「エレン!!」




    お前は…人類の敵だ…




    死ね!




    ミカサ「エレンは!そんなこと!しない!」




    ーーーーーーーーーーーーーーーーーー




    ミカサ「ハァッ!」




    ミカサ「ゆ、め?」




    ガチャン




    ミカサ「夢じゃ、ない。」




    ーーーーーーーーーーーーーーーーーー



    この前、トロスト区の門が超大型巨人によって破壊され、壁に穴が空いた。




    その戦いによって、エレンが巨人化できることが判明。




    人類の敵だと判断された。




    そして、私も家族なので、同じだろうと、同じ、巨人化できる、人類の敵だと…




    だから…捕まって…地下牢に捕らえられた。
  22. 22 : : 2018/05/20(日) 12:23:04
    ミカサ「…エレン…大丈夫…?」




    エレン「…」




    ミカサ「…エレン…」




    ーーーーーーーーーーーーーーーーーー




    私には何も異常がないとされ、解放された。




    エレンはダメだった。




    しかし、裁判によって調査兵団に引き渡され、




    私とエレンは特別作戦班




    …つまり、『リヴァイ班』に所属された。




    ミカサ「リヴァイ兵長。私たちは何をすれば。」




    リヴァイ「…掃除だ。」




    ミカサ「もう、終わりました。」





    ペトラ「兵長!さっきも言ってたじゃないですか!オルオたちが死んでどうかしたんですか?」




    リヴァイ「…」




    リヴァイ「次の壁外調査にお前ら2人を連れて行く。死ぬなよ。」




    エレン「はい。」




    ミカサ「了解しました。」





    こうして私たちは壁外調査に参加することになった。
  23. 23 : : 2018/05/20(日) 16:29:46
    頑張ってください!期待してますよ!
  24. 24 : : 2018/05/20(日) 21:35:12
    >>23
    ありがとうございます!
    頑張ります(^-^)
  25. 25 : : 2018/05/20(日) 21:54:33
    壁外調査の日になった。





    パカッパカッ




    ミカサ「…」




    エレン「…兵長…俺たち、何もすることないじゃないですか…」




    リヴァイ「…黙れ…今はな…」




    ミカサ「!」




    ドッシンドッシン




    ダダダダダ




    ミカサ「兵長!奇行種がちかづいてきます!!」




    女型の巨人「」




    リヴァイ「チッ…戦闘準備!」




    ガシャン




    リヴァイ「立体機動に移れ!」




    ヒュン




    プシュュュュュウ




    ミカサ「…おりゃ!」ブン




    ガキィィィン




    ミカサ「!刃が通らない!?」





    ミカサ「ッ!腕を!削ぐ!」ザン




    女型の巨人「ッ!」プラン




    ミカサ「これで!うなじが削げる!!」




    ミカサ「おりゃ!」ブン




    ガキィィィン




    ミカサ「こいつ!うなじも硬くなるのか!?」




    ミカサ「兵長!ダメです!」




    リヴァイ「ダメなら3人だ…エレン!準備できたか!」




    エレン「はい!」




    リヴァイ「行くぞ!」シュン
  26. 26 : : 2018/05/20(日) 22:01:41
    きーたぁーいー
  27. 27 : : 2018/05/20(日) 22:05:39
    ミカサの口調が男みたいに…もっと静かな感じじゃないですか?

    ミカサ「こいつ!項も硬くなるの!」

    みたいな感じじゃないですかね?

    後期待です!頑張ってください!
  28. 28 : : 2018/05/20(日) 22:11:14
    確かにミカサ少し男みたい!
    あと、期待です!
  29. 29 : : 2018/05/21(月) 15:53:34
    >>26
    ありがとうございます!!

    >>27
    そうですね…
    ちょっと焦ってる感が出てます…
    ありがとうございます!

    >>28
    ありがとうございます!
    原作より冷静すぎる感じです!
    そうしないと題名通りにはいきませんから!
  30. 30 : : 2018/05/21(月) 19:55:36
    ミカサ「兵長!こいつもう腕が再生してます!」




    リヴァイ「…エレン…お前は腕を削ぎ落とせ…俺とミカサは両方向から同時に叩くぞ!」




    エレン「了解。」




    ミカサ「了解しました。」




    エレン「…削ぐ…」ブンッ




    女型の巨人「!」プラーン




    エレン「ミカサ!兵長!今です!」




    ミカサ「…おりゃ…!」ブンッ




    ガッキィィィィン




    ミカサ「チッ!」



    兵長「(硬質化…?らしきものが溶けて行く…)叩くなら今だ!」ブンッ




    女型の巨人「!!」




    ザクッ




    プシュゥゥゥ




    アニ「な!ハァ…ハァ…」




    ミカサ「アニ!?」




    エレン「…アニ…お前…俺らの仲間を…よく殺してくれたな…」




    リヴァイ「!早く!切れ!」




    アニ「さようなら…」パキパキ




    ピカァァァァン




    エレミカ「「!?」」




    アニ「」(水晶体の中)




    リヴァイ「…エルヴィン!ペトラ!」




    リヴァイ「こいつを本部まで連れてけ!」




    ーーーーーーーーーーーーーーーーーー




    ミカサ「まさか…アニが巨人だったなんて…」




    エレン「…巨人化…しなくてよかった。」




    エレン「あのままじゃやられてた…」




    ミカサ「超大型巨人…鎧の巨人…もしかしてこの壁の中に…?」




    エレン「…そうだろうな…いや、そうだな…」




    ミカサ「だとしたら削ぐ!」




    エレン「…あぁ…」
  31. 31 : : 2018/05/21(月) 19:57:10
    リヴァイが兵長になっていました…



    脳内変換お願いします…!
  32. 32 : : 2018/05/21(月) 21:51:44
    27
    いや原作でもこんな感じの口調じゃね?
  33. 33 : : 2018/05/21(月) 22:59:16
    >>32 ミカサ「これでうなじが削げる!」は原作通りですけど、ミカサ「こいつ!うなじもかたくなるのか!」の、のか!は少し原作とは違う気がします。それ以外はd(^-^)ですが。
  34. 34 : : 2018/05/21(月) 22:59:51
    期待です!
  35. 38 : : 2018/05/22(火) 16:38:44
    〈〈35お前が死ね
  36. 39 : : 2018/05/22(火) 16:39:45
    作者さんこうゆうのは無視していいですよ
    期待です!
  37. 46 : : 2018/05/22(火) 17:29:49
    糞みたいなエレン様は糞でも食って死ね。荒らすな。知能が虫以下ですね。生ゴミの方がまだましですよ。速く死ね。世界のゴミめ。
  38. 48 : : 2018/05/22(火) 17:31:50
    期待です!荒らしは無視して頑張ってください!
  39. 49 : : 2018/05/22(火) 17:32:54
    黙れ糞虫速く死ね。
  40. 51 : : 2018/05/22(火) 17:34:20
    何故?pardon?
  41. 53 : : 2018/05/22(火) 17:36:16
    お前が死ねとかマジでレベル低いし。ていうかww自分がエレン様とか自己主張激しすぎww糞虫がエレンと同等とかマジで吐き気がするんだけどww
  42. 54 : : 2018/05/22(火) 17:37:32
    もうお前が知的障害だな。一回精神科行ってこいks
  43. 55 : : 2018/05/22(火) 17:40:54
    こんな糞虫に負けないで下さい!期待してるんで!
  44. 56 : : 2018/05/22(火) 17:46:51
    期待です
    アンチに負けないでください!
  45. 57 : : 2018/05/22(火) 17:48:41
    <<52死ねエレミカが嫌いならこのss見るな
  46. 58 : : 2018/05/22(火) 17:51:52
    エレン様ってmなの?
  47. 59 : : 2018/05/22(火) 17:59:17
    >>58 きっとそうに違いない!(期待)ドMなんだ!あの糞虫は!
  48. 60 : : 2018/05/22(火) 18:07:10
    > >50きもいねw
  49. 61 : : 2018/05/22(火) 18:07:24
    エレン様嫌われすぎて草
  50. 62 : : 2018/05/22(火) 18:58:34
    >>50
    お前ミカサに謝ってこい
    ミカサの声優にも謝ってこい
    エレアニ依存性
    お前イケメンエレン様じゃなくて
    エレアニ依存性のばかですに、してこい
    そしてエレミカの作品を見に来るな
    作品見てアンチ書いてるとかめっちゃ時間の無駄笑だったらその時間をエレアニに増やせば?笑
  51. 63 : : 2018/05/22(火) 19:18:57
    エレン様はアンチしか言えないんだねw
  52. 65 : : 2018/05/22(火) 20:59:48
    暴言吐きまくりだな、エレミカ、アルアニ厨の民度はホント最低
  53. 72 : : 2018/05/22(火) 21:08:53
    また変なのが来たw
  54. 73 : : 2018/05/22(火) 21:11:54
    エレミカが嫌いならみに来なければいいのにw
    バカだねw
  55. 74 : : 2018/05/22(火) 21:18:26
    だからさ、>>64~>>71みたいな糞虫はさ、さっさと精神科行くか、死ぬかしろって。マジでお前ら糞だからな?本当に死ね。失せろカス
  56. 75 : : 2018/05/22(火) 21:21:17
    病院いった方がいいのかな?
  57. 76 : : 2018/05/22(火) 21:21:31
    エレン様とかまじ死ねよ
  58. 77 : : 2018/05/22(火) 21:22:26
    >>64も死ね
  59. 81 : : 2018/05/22(火) 21:38:09
    >>78キモいしか言えないんだねw可哀想
  60. 82 : : 2018/05/22(火) 22:36:40
    精神科にgo
  61. 83 : : 2018/05/22(火) 23:17:13
    もうスレを変えないとダメかもしれないですね。荒らしが湧きすぎです。期待です!
  62. 84 : : 2018/05/22(火) 23:37:21
    私はミカサ好きなのに、何でミカサ嫌いが多いの?
  63. 85 : : 2018/05/23(水) 05:46:07
    なんか色々荒らしちゃってごめんなさい
    これからも頑張ってください
  64. 87 : : 2018/05/23(水) 15:45:33
    荒らしが来たのでスレを変えます…
    次もよろしくです!
  65. 88 : : 2018/05/23(水) 16:25:24
    >>87 了解です!次回も期待してます!
  66. 89 : : 2018/05/23(水) 19:13:25
    ふっ、俺に恐れをなして逃げたか、愚かな作者め
  67. 90 : : 2018/05/23(水) 20:10:16
    黙れ知的障害。さっさと失せろ。だま

▲一番上へ

名前
#

名前は最大20文字までで、記号は([]_+-)が使えます。また、トリップを使用することができます。詳しくはガイドをご確認ください。
トリップを付けておくと、あなたの書き込みのみ表示などのオプションが有効になります。
執筆者の方は、偽防止のためにトリップを付けておくことを強くおすすめします。

本文

2000文字以内で投稿できます。

0

投稿時に確認ウィンドウを表示する

このSSは未登録ユーザーによる作品です。

「進撃の巨人」カテゴリの人気記事
「進撃の巨人」カテゴリの最新記事
「進撃の巨人」SSの交流広場
進撃の巨人 交流広場