ssnote

x

新規登録する

作品にスターを付けるにはユーザー登録が必要です! 今ならすぐに登録可能!

この作品は執筆を終了しています。

エヴァ銀魂

    • Good
    • 0

loupe をクリックすると、その人の書き込みとそれに関連した書き込みだけが表示されます。

▼一番下へ

表示を元に戻す

  1. 1 : : 2018/02/13(火) 23:23:32
    銀時「ジャーン!」

    新八「何ですかそれ」

    神楽「これは、別世界へワープできる道具アルヨ!」

    新八「へー!すごいですね!」

    銀時「じゃあ早速」



    ピッ




    ピロロロロ


    一同「うわー!」



    新八ナレーション「なぜか僕らは岩がたくさんあり、目の前に湖が広がっている、なんか見たことある風景の所にたどり着いた。」

    神楽「あ!あそこ!!!」

    新八ナレーション「そこには岩に座った、銀髪で赤い目をした15歳くらいの少年がいた。」

    ???「歌はいいね。心を潤してくれる。リリンの生み出した文化の極みだよ。そう思わないかい?碇シンジくん?」

    一同「シンジじゃない、銀時
    神楽
    新八だ。」
  2. 2 : : 2018/02/14(水) 11:30:43
    ???「へー。どれが誰?」

    新八「あっさり理解したぁぁぁぁぁぁ!!!」


    神楽「お前も誰アルか⁉︎」

    ???「僕は渚カヲル。エヴァンゲリオンパイロット。15歳。」

    銀時「ふーん。カヲルくんねー。俺は坂田銀時。」

    神楽「私は、神楽ヨ!こいつがメガネ」

    新八「ちげーよ!あ、すいません。志村新八です。」

    神楽「エヴァンゲリオンって何アルか?乗ってもヨロシ?」

    カヲル「クス。こっち。」


    ドォォォオン!

    銀神新「うおおおおおお!デッケぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ!!!」

    神楽「よーし!行くアルヨー!神楽、いきまーーーーーす!!」

    カヲル「へー。何の説明も受けずにできるだなんてすごいね。」

    新八「そこ⁉︎てかあの掛け声違うから!」

    神楽「行くアルヨ!!!定春マークシックス!」

    ウーウーウーウー

    第六使徒出現
  3. 3 : : 2018/02/15(木) 12:02:45
    新八「ちょっと待てぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ!!!定春マークシックスって何⁉︎」

    神楽「うおおおおおお!」

    顆粒子砲ドォォォオン!

    カヲル「神楽ちゃん。人間ではないみたいだね。」

    銀時「おお。神楽は夜兎族っていう宇宙最強の一族の一人なんだ。」

    新八「でも、神楽ちゃん。あの第六使徒?一人で直に倒せるんじゃ…」

    カヲル「無理だよ。流石に(苦笑)」

    神楽「行っけぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ!!!定春マークシックスゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥ!!!」

    ドォォォオン

    第六使徒撃破
  4. 4 : : 2018/02/16(金) 13:09:44
    第9使徒出現

    神楽「よし、試してみっか。人を捨てたエヴァの力見せてやるアル。モード反転裏コード、ザ、ビースト!!!」

    エヴァ「ァァァァァァァァァ!!!」

    新八「⁉︎気持ち悪!!!」

    銀時「なんだありゃぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!」

    神楽「我慢するアル。定春マークシックス…私も我慢するネ…。」

    カヲル「!零号機⁉︎まさか…」

    桂「くっ…。」

    新八「綾波レイじゃねえぇぇぇぇぇ!!!」

    桂「ATフィールド、全開!!!高杉が、もう…エヴァに乗らなくてもいいようにする!」

    銀時「高杉エヴァ乗ってたんかい!!!」

▲一番上へ

名前
#

名前は最大20文字までで、記号は([]_+-)が使えます。また、トリップを使用することができます。詳しくはガイドをご確認ください。
トリップを付けておくと、あなたの書き込みのみ表示などのオプションが有効になります。
執筆者の方は、偽防止のためにトリップを付けておくことを強くおすすめします。

本文

2000文字以内で投稿できます。

0

投稿時に確認ウィンドウを表示する

このSSは未登録ユーザーによる作品です。

「エヴァンゲリオン」SSの交流広場
エヴァンゲリオン 交流広場
「銀魂」SSの交流広場
銀魂 交流広場