ssnote

x

新規登録する

作品にスターを付けるにはユーザー登録が必要です! 今ならすぐに登録可能!

この作品は執筆を終了しています。

君は最高

    • Good
    • 0

loupe をクリックすると、その人の書き込みとそれに関連した書き込みだけが表示されます。

▼一番下へ

表示を元に戻す

  1. 1 : : 2018/01/23(火) 09:43:23
    箸休めに。
  2. 2 : : 2018/01/23(火) 09:43:46
    「君の絵、とても綺麗だね。」

    「そうかな。僕は、暇潰しに描いた程度だけど。」

    コンクールに描いた絵。私が誘って、君は暇潰しって言って参加した。今は作品が貼り出されている市役所に来ている。

    館内は暖房が炊かれて案外に暖かい。君は厚ぼったいコートを脱いでいて。いつもなら、その筋張った腕にドギマギしていたけど。今の私に、そんな余裕は無かった。


    「うーん、まぁまぁだったかな。」

    君はそう言うけど、最優秀賞までもらっている。およそ素人が描いたとは思えないほど、緻密で綺麗に書き込まれた、美しい作品だ。描かれているのは、何か綺麗な女の人が、小さな赤ん坊の腕を噛んでいる絵だ。肌色が、柔らかな布が、美しい目が。全て生き生きしているんだ。

    私が描いたものは、君と比べると明らかに劣っているけど。運が良かったのか、何か特別な賞だった。市長賞?君の描いた女性の青い目。どこか憂いているような表情は君にそっくりだ。


    「さ、帰ろっか。」

    一通り批評文を読み終わって、君はそう言ってコートを羽織った。
  3. 3 : : 2018/01/23(火) 09:44:06
    市役所を退出して、暫く歩いたけど。歩道に出たところで、不意に進むことが出来なくなってしまった。さっきの君の絵の女性の瞳が忘れられない。青みがかった目だ。


    「ん?どうした?」

    君はゆっくりと振り返って、私を見るんだ。さっきの。さっきの批評文、見たよ。でも、君はどうしてそんな目で見ていたの?

    君は最も優秀な賞だったでしょ?これ以上に無いくらいの傑作だって。

    私の描いたもの、全力で。全力で臨んで描いたんだよ。私の全力だったんだ。でも、君はそれよりも上手に、美しく、綺麗に描いてしまうんだ。

    「君は、最高だよ。」

    「そうかな」

    「そうだよ、羨ましいくらいに。」

    君は何とも思わないような、そんな顔をしていた。私のお腹に、お腹の奥に。鉛のような重いものが沈んでいった。

    君の全て、私が食べてしまえたら。どれだけいいだろうか。君の描いた、女性みたいに。君を食べてしまえたら。どれだけいいだろうか。



    「でも。」
  4. 4 : : 2018/01/23(火) 09:44:58
    「君は最高なわけじゃん、これ以上。何を望むってのさ」

    コートの裾を掴む手に力が入る。君はあっけらかんとしているけど、私の心臓はバクバクしている。声が震えて、何だか涙が出てきそうだ。

    「僕は、ただ退屈だっただけだよ。全部、暇潰しさ。」

    私のことなんか目もくれないような、そんな冷たい言葉だった。君の才能に、君の優秀さに、君の飛び出た能力に。一体どれだけの人が泣きたくなっただろうか。目が熱い。

    「今回、描いてみたけど…だけどやっぱり、退屈は埋まらなかったよ。」

    あぁ、あぁ。本当に、本当に。君は私のことなんて見ていないんだな。ただ、自分の。自分の中にある退屈を噛み潰す為だけの、絵だったんだ。冷たい木枯らしが私と君の髪を乱していく。

    「…最高な君の、君の。全てを食べてしまいたい。食べて、私の中で君の細胞を取り込んで。君の才能を、能力を、優秀さを。私の中で受け継ぎたい。」

    「…何それ。」

    「私でも、何言ってるか分かんないよ。…でも、君は。君は私の中で、君は生き永らえて。君は私の中でひっそりと生きるんだ。やがて、私が忘れた頃に、大きくなって。私を食い破って出てきてしまうだろう。」


    君は気色悪そうに私を見て、手を差し出した。私はその手を握って一緒に歩くんだ。最高な君を、食べてしまえたら。私も最高になれるだろうか。


    季節は冬。君はくしゃみをした。
  5. 5 : : 2018/01/26(金) 23:36:42
    とても期待です。
  6. 6 : : 2018/01/26(金) 23:44:22
    まちがえた。執筆お疲れ様でした。
    君は最高、すごく面白かったです(作文)
    こんなssが書けるようになりたぁい!
    キイさんの作品ほんとうに好きなのでこれからもたくさんss書いて欲しいです…
  7. 7 : : 2018/01/28(日) 16:03:35
    >>6
    たまご、ありがとう!

▲一番上へ

名前
#

名前は最大20文字までで、記号は([]_+-)が使えます。また、トリップを使用することができます。詳しくはガイドをご確認ください。
トリップを付けておくと、あなたの書き込みのみ表示などのオプションが有効になります。
執筆者の方は、偽防止のためにトリップを付けておくことを強くおすすめします。

本文

2000文字以内で投稿できます。

0

投稿時に確認ウィンドウを表示する

著者情報
kii

ナナ

@kii

「男・女」カテゴリの最新記事
「男・女」SSの交流広場
男・女 交流広場