ssnote

x

新規登録する

作品にスターを付けるにはユーザー登録が必要です! 今ならすぐに登録可能!

この作品は執筆を終了しています。

罪木「日向さん」

    • Good
    • 10

loupe をクリックすると、その人の書き込みとそれに関連した書き込みだけが表示されます。

▼一番下へ

表示を元に戻す

  1. 1 : : 2017/05/10(水) 07:15:04

    キャラ崩壊、多少日罪要素有ります。
    日向君は本科生ということになってます。
    そんなに長くはならないので、最後まで読んで頂けると嬉しいです。




    ٩( ᐛ )و
  2. 2 : : 2017/05/10(水) 07:24:00

    5/10


    -玄関ホール-


    日向「ん、なんだ?罪木」

    罪木「えっと、その……日向さんって好きな人とかいますか?」

    日向「え!?好きな人!?」

    罪木「はい。ちょっと気になってしまって……」

    罪木(今更ながら何故私はこんなことを!?)

    罪木(日向さんが別の人の名前を出したら泣いちゃいますよぉ、多分)

    日向「えっと……」

    日向(俺の好きな人は罪木なんだけど……)チラッ

    罪木「…………?」

    日向(『好きな人なら、目の前にいるぞ!』なんて言う度胸ねえよ……)ショボン

    罪木「ひ、日向さん!?顔色が悪いですよ!?」

    日向「ああ、ごめんな。なんでもない」

    罪木「それで、好きな人はいるんですか?」

    日向(嘘なんてつきたくないけど、罪木だと正直に言う勇気もないし……)

    日向(いや、待てよ。罪木が言っている”好きな人”っていうのは、本当に”恋愛的に好きな人”のことなのか?)ピコ-ン

    日向(好きは好きでも”恋愛的な好き”ではなく、”友人として好き”な人を聞いてるのかもしれない)
  3. 3 : : 2017/05/10(水) 07:26:00


    日向「ああ、いるぞ。左右田だ!」

    罪木「……は?」

    日向「ん?」

    罪木「え?左右田さん、ですか?」

    日向「お、おお。そうだ」

    罪木(まさか……日向さんは同性愛者だったんですか!?)

    罪木(いや、そんなはずは……きっと左右田さんに脅されているんですっ!)


    日向「ち、ちなみに罪木の好きな人は誰なんだ?」

    日向(って、何聞いてんだ俺!?)

    日向(もし罪木が”恋愛的に好きな人”だと勘違いして、誰か別の奴の名前出してきたら俺泣くぞ?)

    罪木「え!?えーっと……その///」モジモジ

    罪木「ひ、ひにゃ……」

    日向(あ、噛んだ?)

    罪木「ご、ごめんなさぁい!!」ピュ-

    日向「あ、おいどこ行くんだ罪木!」


    日向「…………行っちまったか」

    日向(『ひにゃ』ってもしかして……)

    日向「いや、高望みしすぎか」ハァ



    \ユ-ガット メ-ル  ユ-ガット メ-ル/



    日向「わっ!こんな時間にメールなんて珍しいな」

  4. 4 : : 2017/05/10(水) 07:28:00


    差出人:狛枝凪斗>
    宛先:kusamoti@mottimoti
    ────────────
    ドンマイ
    今日 7:28
    ────────────
    でもこの絶望を乗り越えた
    先に、きっと希望はあるは
    ずだよ
  5. 5 : : 2017/05/10(水) 07:29:00


    日向「決めた。狛枝捻り潰す」ゴゴゴ...

    狛枝「ちょっ、落ち着いてよ!日向クン」ヒョコ

    日向「狛枝の命日は5月10日で決定だな」

    日向「あれ、5月10日……?」

    狛枝「あれ?日向クンの動きが止まったね。この隙に逃げさせてもらうね。やっぱりボクはついてるよ!」ε=┏(・ω・)┛

    日向「んー。明後日何かあったような……」

    日向「って、狛枝逃げやがった!しかもあいつなんか落として行ったぞ?」

    日向「えーっとなになに?”隣のスカ◯ロ”?」

    日向「思いっきしエロ本じゃねーかッ!」バン!

    澪田「あ、創ちゃんおは……ってなんすかソレ!?」ガビ-ン

    終里「お、エロ本かソレ?三人目の父ちゃんが毎日読んでたのとそっくりだな!」キャッキャ

    辺古山「日向、お前はもう少し出来る者だと思っていたのだがな…………今ここで成敗させてもらうッ!」

    日向「お、落ち着けみんな!これは狛枝の……」

    辺古山「問答無用だ!」
  6. 6 : : 2017/05/10(水) 07:29:40
    期待
  7. 7 : : 2017/05/10(水) 07:33:00
    >>6
    ありがとうございます。なんかギャグっぽくなってますが、一応カップリングものです。


    小ネタ:
    【作中の時間】と【そのレスを投稿した時間】がリンクしているという、よく分からない仕様になっています。そこまで重要では有りませんが。
  8. 8 : : 2017/05/10(水) 08:42:36
    というか雨太郎さんのレスのコンマがやばい
  9. 9 : : 2017/05/10(水) 15:30:31
    期待です!
    小ネタ凄い!
  10. 10 : : 2017/05/10(水) 16:07:00
    >>8
    狙った訳じゃ無いんですがね(大嘘)
    ミスった時が、僕の命が尽きる時です(笑)
    >>9
    ありがとうございます。



    -教室-


    \キ-ンコ-ンカ-ンコ-ン/


    左右田「ふぅー、やっと授業が終わったぜ」

    九頭龍「おい日向。今日一日中、ずっと辺古山に睨まれてたけど、なんかしたんじゃねーだろうなぁ?」

    日向「いや、別に……」

    弐大「ときに罪木はどうしたんじゃ?彼奴は一度も授業に出て来んかったが……」

    九頭龍「さぁな。まぁ体調崩したとかじゃねぇのか?」

    日向「そうだな。ちょっと俺罪木を探してくる!」

    田中「フッ、健闘を祈るぞ」

    花村「まったく日向君も罪な男だねぇ」

    花村「この前、僕と愛を誓い合ったばかりだと言うのに、すぐに別の女の子のところへ行くだなんて……」ヤレヤレ

    左右田「え?」

    九頭龍「は?」

    弐大「なんじゃとォォォッ!?」

    花村「そう、あれは一週間前の雨の日……」

    九頭龍「オイ、なんか馴れ初めを語り始めたぞ!?」

    花村「日向君は僕が作った料理を食べてこう言ったんだ」



    花村「『お前のような奴が毎日料理を作ってくれたらなぁ……』ってね」



    九頭龍「嘘だろ……あいつがそんな事を!?」

    左右田「待ってろ日向!俺が目を覚まさせてやる!!」

    弐大「ワシらも行くぞォォ!」

    田中「俺様は感想文の提出がまだなのでな、ここでおいとまさせてもらう」

    九頭龍「おう、じゃあな!」
  11. 11 : : 2017/05/10(水) 16:19:01

    -女子寮-


    日向「おい、罪木?いるか?」ピンポ-ン


    シ─ン



    日向「部屋にはいないのか……」

    小泉「はぁ……」

    日向「うわっ!?」

    小泉「きゃあっ!?」ベチン!(ビンタ

    日向「痛っ!」

    小泉「なんで日向が女子寮にいるのよ!?」

    日向「いや、罪木が今日居なかったから心配になって、見にきたんだ」

    小泉「ああ、そういうことね」

    日向「なぁ、罪木が何処にいるか知ってるか?」

    小泉「蜜柑ちゃんは今、保健室にいるよ」

    日向「保健室か。サンキュー小泉!」

    小泉「そうだ日向!蜜柑ちゃんに会ったら、このカメラと手紙を渡しといて!」

    日向「ああ、分かった!」






    -寮付近-


    ソニア「あら?何故日向さんが女子寮から出て来たのでしょうか」

  12. 12 : : 2017/05/10(水) 16:23:00


    -保健室-


    罪木(日向さんが左右田さんのことを……私は、左右田さんより魅力がなかったんですか?)


    罪木(日向さんは私なんかを気にかけてくれる優しい人です)


    罪木(でも、私だけ特別扱いって言うわけじゃないんですよね……)



    バタン!!



    左右田「お、罪木!突然で悪いけど、日向が何処にいるか知らねーか!?」

    罪木「そ、左右田さん!?」ビクッ



    弐大「ワシもいるぞォォォ!」

    九頭龍「日向は放課後になって速攻で罪木を探しに言ったんだがよぉ、ここには来てねーのか?」

    罪木「来てませんよぉ」

    左右田「クソッ、早くあいつの目を覚まさせてやらねーといけないのによ」

    罪木「目を覚まさせる……?」

    左右田「そうだ。あいつはよりにもよって、同じクラスの男を好きになっちまったんだ!」

    罪木(日向さん、左右田さんにバレてますよぉーー!)

  13. 13 : : 2017/05/10(水) 16:23:51
    や、ややこしい!期待です!
  14. 14 : : 2017/05/10(水) 16:28:00
    >>13
    ありがとうございます。
    (寒い)ギャグが続きますが、最後まで読んで頂けると嬉しいです。







    弐大「罪木よ。お前さんも日向を止めるのに協力してくれんか?」

    罪木「え、えっと……はい。もちろん協力しますよ」

    九頭龍「助かるぜ。おそらくあいつは罪木の部屋に……」

    罪木「私の部屋に行く前に、一つ聞かせてください。左右田さん」

    左右田「は、俺?なんだよ」

    罪木「惚けても無駄ですよ。日向さんが左右田さんに好意を抱いているのは、本人から確認済みです」

    左右田「おいおいちょっと待て!日向が俺に好意を?」

    弐大「花村ではないのか!?」

    罪木「え?」

    九頭龍「いや、もしかすると、日向は花村と左右田の両方を愛しているんじゃねぇか?」

    弐大「日向よ……二股なんぞ男のすることじゃないぞ!!」

    左右田「なんかこんがらがって来たから現状を図に表してみたぞ!」



    ┌──────────────┐
    │              │
    │              │
    │花村⇔日向⇒おれ⇔ソニアさん │
    │              │
    │              │
    └──────────────┘


  15. 15 : : 2017/05/10(水) 16:29:00


    九頭龍「なんでテメーとソニアが相思相愛になってんだよッ!」

    左右田「うるせー!紙面でくらい両想いでも良いじゃねーか!」

    弐大「悲しいセリフじゃのぉ……」

    左右田「同情すんな!」

    辺古山「お前達、何を騒いでいるのだ?」

    弐大「おう、辺古山か。いろいろあったんじゃが、これを見ればわかるぞ」つ[さっきの図]

    辺古山「何!?日向が左右田と花村を?校門前でエロ本を読むだけらに留まらず……」

    左右田「おい初耳だぞ!どんなエロ本だ!?」

    罪木「それより左右田さん、貴方は日向さんの事をどう思っているんですか?」

    左右田「どうって、その図の通り俺はソニアさん一筋だ!」

  16. 16 : : 2017/05/10(水) 16:30:00


    ソニア「皆さん、こんな所で何をしているのですか?」

    左右田「噂をすればソニアさん!」

    九頭龍「実は、日向がヤベーんだ!」

    ソニア「なんと!日向さんは矢部だったんですか!?」

    弐大「いかにも!これから日向を探しに行くところだったんじゃ!」

    ソニア「日向さんなら先程、カメラを片手に女子寮から出て行きましたよ?」

    九頭龍「なんだって?カメラ持って女子寮?」

    左右田「まさか盗撮ってやつか……?」

    弐大「日向よぉ、お前さんはどこまで堕ちていくんじゃ……」

  17. 17 : : 2017/05/10(水) 16:31:00

    日向「皆んな集まって何してるんだ?」ヒョコ

    ソニア「矢部さん!?」

    日向「矢部って誰だ」

    九頭龍「おい日向ァ。テメー男を二人も愛してエロ本読んで女子寮盗撮とは良い度胸じゃねーか!」

    日向「全くもって話が見えない!」

    花村「男なら、本当に愛している人の事だけを考えるべきだよ!」ニュルン

    日向「お前はどっから出て来たんだ!?」

    左右田「役者が揃ったな。日向!お前は誰を選ぶっていうんだ!?」

    九頭龍「どうなんだ!?日向」

    弐大「漢ならハッキリさせんかい!」

    日向(漢なら?正直言って状況が全く読めないけど、勇気を振り絞って言うしかないな)


    日向「分かった。俺が好きの好きな人は……」




    日向「つみ……」




    田中「グハァッ!!」ドスン!!!

  18. 18 : : 2017/05/10(水) 16:32:00

    ソニア「きゃあ!田中さんが吹き飛んで来ました!」

    警備員S「田中、お前の感想文意味わかんねーよ。日本語で書けや、オラ!」

    田中「ク、ククク……これは貴様の真の力を見るための布石に過ぎない……」ボロボロ

    警備員S「誰に口聞いてんだテメェ!ちょっと説教部屋に来い!」

    田中「ま、待て!俺様を殺せば配下どもが黙ってないぞ!やめろォォ!」ズルズル

    ソニア「待ってください田中さーん!」

    左右田「ソニアさんについて行くぜ!」






    罪木「…………」


    日向「…………」



    罪木「あのぉ、日向さん……」

    日向「な、何だ?」

    罪木「やっぱり何でもないですぅ!」タッタッタッ

    日向「あ、罪木!?」

  19. 19 : : 2017/05/10(水) 16:45:24
    田中、お前なんてタイミングで…
    期待です!
  20. 20 : : 2017/05/10(水) 16:57:52
    >>19
    ありがとうございます。
  21. 21 : : 2017/05/10(水) 17:38:49
    やべ!!まじでおもろい!(っ´ω`c)

    期待です(っ´ω`c)
  22. 22 : : 2017/05/10(水) 20:26:00






    -日向の部屋-


    日向「結局罪木は夕食の時も食堂に来なかったな……」

    日向「小泉のカメラと手紙も渡せてないし」

    日向「そういえば、どんな写真を保存してるのかな……ちょっとくらい見させてもらっても、いいよな……?」

    日向(罪悪感に苛ませながら見た小泉のカメラに映っていたのは、俺と罪木が笑顔で写っている写真ばかりだった)


    日向「これって……!」


    日向(すぐさま俺はもう一つの届け物……罪木宛の手紙を読んだ)




    ───────────
    蜜柑ちゃんへ

    少し早いけど、お誕生日おめでとう!
    明日から暫く撮影の仕事で学校に行けないからこんな形になっちゃったけど、これからもよろしくね。

    誕生日プレゼントになるかは分からないけど、日向とのツーショット写真をまとめたカメラを送ります。



         小泉真昼より
    ───────────






    日向「誕生日……?」

    日向「そうだ!明後日は罪木の誕生日だ!」


    日向「できるなら、あいつに一番最初に『おめでとう』って言いたいな……」
  23. 23 : : 2017/05/11(木) 17:03:00
    5/11



    -近所のデパート-


    日向「んー……どれにすれば……」

    七海「あれ、日向君?」

    日向「ああ、七海。買い物か?」

    七海「うん。罪木さんの誕生日プレゼントに……日向君も?」

    日向「そうなんだけど、何を送ればいいか迷っちゃって……」

    七海「そういう時はね、無理に相手の好みに合わせなくてもいいんだよ?」

    日向「え?」

    七海「もちろん嫌がるような物を送れってわけじゃないけど、自分の好きな物を罪木さんにも知って貰えるチャンスだし……」

    日向「自分の好きなものを……」

    日向「そうだな!ありがとう七海!」ダダダッ




    七海「……日向君、頑張ってね」
  24. 24 : : 2017/05/11(木) 17:37:00


    店員「……以上で、約1000円になりますー」

    日向「はい!」つ[野口英世]

    店員「ありがとうございましたー」ペコリ



    日向(罪木の誕生日まで、あと6時間30分……)












    -罪木の部屋-


    罪木「あ、そういえば明日は私の誕生日でしたね……」

    罪木「誕生日を祝われるってどんな気持ちなんでしょう……」

  25. 25 : : 2017/05/11(木) 20:00:00

    -食堂-

    罪木「ご馳走様でした……」

    御手洗(詐欺師)「あれ、罪木さんもう食べないの?」

    罪木「はい。あんまり食欲がなくて……」

    西園寺「じゃあこのエビフライ貰うねー」




    \ピロロン♪/

    罪木(メール?)






    差出人:日向創>
    宛先:mikan512@codomo.ne.jp
    ──────────────
    伝えたいことがあるんだけど…
    今日 20:00
    ──────────────
    日付が変わる頃に罪木の部屋に
    行ってもいいか?











    罪木(つ、伝えたいこと!?何を言われるんしょう……)


    罪木(あ、ひとまず『大丈夫です』と返信しておきましょう)
  26. 26 : : 2017/05/11(木) 21:41:00
    一応、夜中の12時頃に完結予定です。
    次は23時57分くらいに更新します。
  27. 27 : : 2017/05/11(木) 23:57:00

    -調理室-


    日向「よし!出来たぞ!」

    日向「待っててくれ、罪木!」









    〜〜〜〜◕タラリラララ~〜〜〜〜












    -罪木の部屋-


    罪木「日向さん……」

    罪木「昨日の『つみ』ってもしかして……」

    罪木「そんな訳無いですよね……」ハァ



    ピンポ-ン! ピンポ-ン!




    罪木「は、はい!」


    ガチャ


    日向「罪木、夜遅くにごめん」

    罪木「日向さん……」
  28. 28 : : 2017/05/12(金) 00:00:00
    >>1(罪木さん誕生日おめでとう!)








    5/12




    日向「罪木、誕生日おめでとう」

    罪木「あ……ありがとうございます!」

    日向「それで、プレゼントなんだが、まずこれは小泉からだ」

    罪木「カメラと手紙、ですか?」

    日向「ああ」

    罪木(わ、日向さんと一緒に写ってる写真です!ありがとうございます小泉さん///)

    日向「それで俺からのプレゼントは、この手作り草餅だ」

    罪木「ひ、日向さんの手作り?」

    日向「できれば食べて欲しいんだけど……」

    罪木「勿論です。その、ありがとうございます!」
  29. 29 : : 2017/05/12(金) 00:01:00


    罪木「あのぉ……日向さんも食べましょうよ」モグモグ

    日向「い、いいのか!?」

    罪木「は、はい!むしろ私一人で食べ尽くすなんて無礼にも程がありますよ!」モグモグ

    日向「じゃあ、頂きます……」パクッ




    罪木(日向さんの草餅美味しい……)


    日向(パジャマ姿の罪木可愛い……)






    日向(今なら、言えるかもしれない……)



    日向「ちょっといいか?伝えたいことがあるんだけど……」




    罪木「……はい」ゴクリ






    日向「……好きだ。罪木を絶対に幸せにして見せるから、俺と付き合ってください」




    罪木「……私も、日向さんのことが好きです。こちらこそよろしくお願いします」
  30. 30 : : 2017/05/12(金) 00:03:00



    罪木(その日は、私にとって単なる365日の内の1日なんかではなくて、もっと特別な意味を持つ1日でした)

    罪木(私の誕生日と、それから、私の大好きな人……日向さんと交際を始めた日)

    罪木(5月12日の誕生花、”ライラック”の花言葉は『初恋』……)

    罪木(日向さんへのこの想いを、これからもずっと大切にしていきたいです)





    日向「よろしくな……罪木。大好きだ」ギュッ

    罪木「私もです。日向さん…」ギュッ





    〜終わり〜

  31. 31 : : 2017/05/12(金) 00:07:29
    終わりです。
    急いで考えたので内容の杜撰さには目を瞑って欲しいです。
    最後まで見て頂き、誠にありがとうございます。
  32. 32 : : 2017/05/12(金) 00:15:02
    お疲れ様でした!
    日付変わった瞬間に投稿って凄いです
    罪木ちゃん可愛い!
  33. 33 : : 2017/05/12(金) 00:18:30
    お疲れ様です!時間との闘いの中すばらしい作品でした!


    時間取りも意識していて、スゴいなと思いました(;゚д゚)


    感動作をアザス!
  34. 34 : : 2017/05/12(金) 00:25:59
    >>32
    ありがとうございます!
    罪木さん可愛いですね〜
    >>33
    ありがとうございます!
    >>28を投稿するときはちょっと緊張しました(苦笑)
  35. 35 : : 2017/05/12(金) 00:37:02
    お疲れさまです

    ギャグを絡めつつ心温まる日罪ss……大変楽しく読ませていただきました

    献身的な人って損をしがちですけどそういう人にこそ幸せになって欲しいですよね
  36. 36 : : 2017/05/12(金) 01:15:03
    >>35
    ありがとうございます。
    『序盤の(寒い)ギャグ展開で興ざめした人結構いるだろうな〜』と思ってたんでそう言って頂けると嬉しく思います。
  37. 37 : : 2017/05/12(金) 06:49:18
    遅れましたが、お疲れ様でした!
    時間がリンクしていることも凄かったし、
    物語がとても面白かったです!感動しました!
  38. 38 : : 2017/05/13(土) 00:09:51
    >>37
    お褒めに預かり光栄です。
  39. 39 : : 2017/06/26(月) 19:06:34
    とても面白かったです!!
    名作ですね♪
  40. 40 : : 2017/09/02(土) 15:36:53
    >>39
    ありがとございます〜!!!!

    . /フフ         ム`ヽ
    / ノ)   ∧∧     ) ヽ
    / |  (⁎⁍̴̆Ɛ⁍̴̆⁎))ノ⌒(ゝ._,ノ
    / ノ⌒7⌒ヽーく  \ /
    丶_ ノ 。   ノ、  。|/
       `ヽ `ー-‘_人`ーノ

▲一番上へ

名前
#

名前は最大20文字までで、記号は([]_+-)が使えます。また、トリップを使用することができます。詳しくはガイドをご確認ください。
トリップを付けておくと、あなたの書き込みのみ表示などのオプションが有効になります。
執筆者の方は、偽防止のためにトリップを付けておくことを強くおすすめします。

本文

2000文字以内で投稿できます。

0

投稿時に確認ウィンドウを表示する

著者情報
rain2000

雨太浪

@rain2000

「ダンガンロンパ 」カテゴリの人気記事
「ダンガンロンパ 」カテゴリの最新記事
「ダンガンロンパ 」SSの交流広場
【sn公式】ダンガンロンパ交流広場