ssnote

x

新規登録する

作品にスターを付けるにはユーザー登録が必要です! 今ならすぐに登録可能!

この作品は執筆を終了しています。

エレン「は?ちょ、おま、えぇぇぇぇぇ!?」

    • Good
    • 4

loupe をクリックすると、その人の書き込みとそれに関連した書き込みだけが表示されます。

▼一番下へ

表示を元に戻す

  1. 1 : : 2017/01/15(日) 11:31:57
    ーーートロスト区・訓練兵団兵舎裏ーーー 





    アニ「朝からうるさいね、あんたは」ハァ 





    エレン「だっておま、今なんつった!?」 





    アニ「あんたさ、私と付き合ってくれない?」 





    エレン「は?ちょ、おま、えぇぇぇぇぇ!?」 





    アニ「またかい?」 





    エレン「だっておま、今…………!」 





    アニ「おんなじくだり要らないから」 





    エレン「すみません」 





    アニ「分かればよろしい」 





    エレン「でもさ、なんでいきなりそうなるんだ?俺達は兵士だ。それもまだ訓練兵だぞ?恋愛なんかにうつつをぬかして、立派な兵士になれると思ってるのか?」 





    アニ「なれるんじゃないの?私成績良いし。それに私、兵士じゃなくて戦士だから」 





    エレン「は?」 






    ※キャラ崩壊・(無いに等しい)ネタバレあり



  2. 2 : : 2017/01/15(日) 11:35:57
    アニ「いやだから、私人間側じゃないから。向こう側だから」





    エレン「話が全く頭に入って来ないんですが」





    アニ「ハァ……私巨人なの。あっち側なの」





    エレン「は?」






    アニ「だから、私巨人なんです。巨人側なんです」






    エレン「もうそれ聞いたから。丁寧にしても分からないから」





    エレン「大体、人間が巨人になれるわけないだろ?」





    アニ「人にできない事をやるのが私」





    エレン「……まぁ、千歩譲って、いや万歩譲って人が巨人になれるとしよう。アニメでは俺もなれるらしいからな。だけど、女性の巨人はいないんだぞ?アニメにも出てねぇ」





    アニ「いや、漫画では出てるから。アニメもとっくの昔に出てるから。もう一期終わってるから」




    エレン「嘘だろ?……俺が巨人化した辺りから意味分かんなくなって見なくなったけど最近また見ようかなと思ってる俺にさりげなくネタバレしやがった」




    アニ「早口で何言ってるかよく分からなかったけど、見なかったあんたが悪いね」






    エレン「いやそうだけどさ……」




  3. 3 : : 2017/01/15(日) 11:43:37
    アニ「とにかく、私は戦士、兵士じゃない。だから立派な兵士になんかならなくて良いの」





    エレン「理解が追い付かないんだけど、じゃあなんで兵士の俺に告白なんかしたんだ?敵なんだろ?」





    アニ「とりあえず、私に告白してみてよ」





    エレン「あの~、アニさん?話聞いてくれてます?」





    アニ「ほら早く」





    エレン「聞いてくれないんですね分かりました」





    アニ「早くして。あ、真面目にやらなかったら蹴るから」





    エレン「は?なんで俺がお前に告白しなきゃいけねぇんだよ、好きでもないのに」






    アニ「ハァ……実力行使しかないようだね……」スッ





    エレン「まてまて。やるよ、やるからその構えやめてくれ。お前の蹴り痛いから」





    アニ「よし、やってみろ」





    エレン「(崩壊激しいなこの人)ハァ……」





    エレン「アニ……お前は訓練でも容赦なく蹴りかましてくるし、いつも無表情で笑顔なんか見たこともねぇ。けどよ、それはお前自身じゃなく、今の環境に問題があるんじゃねえのか?」





    エレン「お前ら巨人は確かにやっちゃいけねぇ事をした。俺の母さんも巨人に食い殺されたからな。でもよ、お前は巨人じゃない、普通の人間なんじゃねぇか?」



  4. 4 : : 2017/01/15(日) 11:58:28
    エレン「俺の知ってるアニは、安全な内地に行きたくて、訓練を頑張ってる普通の人間だ。恋愛もする普通の女の子だ。巨人じゃなくてな」





    アニ「……」





    エレン「さっきも言った通り、お前は笑わないけどよ、いつか、お前を笑顔に出来るように頑張るよ。……だからさ」





    エレン「良かったら俺と、付き合ってくれないか?」





    アニ「嫌だね」






    エレン「は?」
  5. 5 : : 2017/01/15(日) 12:01:05
    アニ「なんであんたみたいな死に急ぎ野郎と付き合わなくちゃいけないの?」ハァ





    エレン「いや、お前が告白してみろって言ったんだろ?」





    アニ「冗談だよ冗談。まさか本気にしてたの?」





    エレン「張り倒すぞ?真面目にやった俺に謝れよ」






    アニ「セクハラ?やめて触らないで」






    エレン「」





    アニ「そもそも、あんたに告白したのも罰ゲームだったし」





    エレン「誰だよそんな悪趣味な罰ゲーム考えた奴。今から張り倒しに行ってやる」イライラ





    アニ「私だよ」





    エレン「お前かよ!!」





  6. 8 : : 2017/01/17(火) 15:36:16
    どういうこっちゃ
  7. 9 : : 2017/01/17(火) 21:29:09
    >>8
    カオスでしたねすみません
  8. 11 : : 2017/01/29(日) 17:01:04
    笑えました(笑)
  9. 12 : : 2017/01/29(日) 17:04:13
    >>11
    ありがとうございます!そう言ってもらえると嬉しいです!(๑>؂<๑)
  10. 13 : : 2017/01/30(月) 20:51:09
    このアニちゃん大好きw
  11. 14 : : 2017/01/30(月) 20:59:03
    >>13
    コメントありがとうございます!ちょっと崩壊気味ですが、好きになってもらって良かったです!

    お気に入り登録もありがとうございます(๑>؂•̀๑)

▲一番上へ

名前
#

名前は最大20文字までで、記号は([]_+-)が使えます。また、トリップを使用することができます。詳しくはガイドをご確認ください。
トリップを付けておくと、あなたの書き込みのみ表示などのオプションが有効になります。
執筆者の方は、偽防止のためにトリップを付けておくことを強くおすすめします。

本文

2000文字以内で投稿できます。

0

投稿時に確認ウィンドウを表示する

著者情報
karino

@karino

「進撃の巨人」カテゴリの人気記事
「進撃の巨人」カテゴリの最新記事
「進撃の巨人」SSの交流広場
進撃の巨人 交流広場