ssnote

x

新規登録する

作品にスターを付けるにはユーザー登録が必要です! 今ならすぐに登録可能!

この作品は執筆を終了しています。

もう一つのエピソード

    • Good
    • 0

loupe をクリックすると、その人の書き込みとそれに関連した書き込みだけが表示されます。

▼一番下へ

表示を元に戻す

  1. 1 : : 2016/07/13(水) 02:06:53
    バーダック「これで全てが変わる・・・」

    バーダック「この惑星ベジータの運命・・・この俺の運命・・・
    ・・・カカロットの運命・・・そして・・・貴様の運命も‼︎」

    バーダック「これで最後だぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!!」

    フリーザ「・・・・・・・・・ホッホッホ」

    バーダック「何っ⁉︎」

    バーダック「ぐぐぐぐぐぐぐぐ!!!」

    バーダック「あ、あれは・・・カカ・・・ロットを飛ば・・した星・・・・」

    バーダック「落としてたまるかぁぁぁぁぁぁぁぁぁ」

    フリーザ「何っ⁉︎」

    バーダック「はぁ・・・はぁ・・・・く・・・・そ」

    フリーザ「ふ・・・ふふふ、所詮サイヤ人・・・宇宙の帝王が倒されるわけがない」

    フリーザ「ふふふふ・・・・ホッホッホッホホッホッホホッホッホホッホ」

  2. 2 : : 2016/07/18(月) 22:28:51
    ~~~~時空の果て~~~~
    バーダック「っ⁉︎ここは?」

    バーダック「俺は確かフリーザーに・・・・・フリーザーに・・・・・」

    バーダック「くそっっっっ!!!!!!!!!」

    バーダック「!?」

    ーーーーーーーー
    フリーザ『くそっ‼︎お前は・・・俺に・・・・・殺されるべきなんだ!!!!!!!!!』ビシュゥゥゥゥゥ

    悟空ss『バカヤロウ!!!!!!!!!』ビシュゥゥゥゥゥ

    フリーザー『ぐわぁぁぁぁぁぁ‼︎チクショォォォ』

    ーーーーーーーーー
    バーダック「・・・・・そうか・・・あいつがフリーザーを・・・・・倒したのか・・・」

    バーダック「へ・・・へへへ・・・あいつが・・・・・あのフリーザーを」

    バーダック「はっ・・・・・はは」

    バーダック「俺は何の役にも・・・立ってねぇ」

    バーダック「俺は・・・俺は・・・あぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!!」

    バーダック「あいつを・・・倒す!!!!!!!!!」バンッッッ

    ば「」
  3. 3 : : 2016/07/18(月) 22:29:29
    バーダックss「待ってろよ・・・フリーザ!!」
  4. 4 : : 2016/07/23(土) 23:22:31
    訂正
    バーダックss→超バーダック、
  5. 5 : : 2016/08/03(水) 21:26:53
    フリーザーさて・・・・・今度こそ」シュウィィィィィン
    フリーザは巨大なエネルギー玉を作りもう一度惑星ベジータを破壊しようとした時
    ピキ・・・ピキピキピキ・・・ピキピキピキピキピキピキピキ・・・パリィィィン
    フリーザのエネルギー玉が割れた‼︎

    フリーザ「⁉︎」

    超バーダック「まだ戦いは終わってねぇぜ。」

    フリーザ「ぐぐぐぐぐぐぐ・・・・・いいでしょう。貴様に100%のフルパワーをお見せしましょう。ハァァァァ!!!!」
    大きな揺れと、ともに脅威な姿を現したフリーザ
    そのオーラは『宇宙の帝王』そのものだった
    フリーザ「・・・・・」

    超バーダック「かかってきやがれ」

    フリーザ「恐怖のフリーザパーティーですよ!!!!」
    激しくぶつかり合う二人
    宇宙が揺れてるかのよう

    超バーダック「オラァァァァ」
    超バーダックのストレートがきまりよろめくフリーザ

    フリーザ「何故だ・・・何故何だぁぁぁ」

    フリーザ「俺が宇宙一なんだぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!!!!!」
    フリーザと気が上がると共に片手を構えた
    と放たれるフリーザの一撃

    超バーダック「これで・・・これで・・・
















































    最後だぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!!!!!!!!!!!!!!」
  6. 6 : : 2016/10/23(日) 20:52:49
    二人の最大の『気』がぶつかり合う。両者共に互角のパワー。
    超バーダック「はぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ」
    バーダックの『気』が上がりそれと共にパワーも上がる。
    フリーザ「フッフッフッフッ」
    超バーダック「あぁ?」
    フリーザ「俺が虫ケラとまともに戦うと思ったか」
    超バーダック「さぁ」
    フリーザ「クソォォォォォ」
    フリーザの周りに紫のバリアが出来る。
    バーダックとの気のぶつかり合いを抜け突っ込んでくるフリーザ
    バーダック「くっ!」
    ドォォォォォォォォォン
    フリーザ「フッ・・・勝った・・・・・俺の勝ちだ!!」
    フリーザ「はっはっはっ地獄でくる後悔しやがれ」
    ガシッ!!
    フリーザ「なっ!」
    バーダック「後悔すんのはテメェェェェェだぁぁぁぁぁぁぁ」
    フリーザ「やめろっっ!!」
    バーダック「食らいやがれ」
    バーダックの手に気が集まる
    バーダック「はぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ」
    フリーザ「ぐわぁぁぁぁぁぁぁぁ」
    バーダック「終わりだ・・・・フリーザ」
    ドォォォォォォォォン
    フリーザ「ちくしょぉぉぉぉ」
    end

▲一番上へ

名前
#

名前は最大20文字までで、記号は([]_+-)が使えます。また、トリップを使用することができます。詳しくはガイドをご確認ください。
トリップを付けておくと、あなたの書き込みのみ表示などのオプションが有効になります。
執筆者の方は、偽防止のためにトリップを付けておくことを強くおすすめします。

本文

2000文字以内で投稿できます。

0

投稿時に確認ウィンドウを表示する

このSSは未登録ユーザーによる作品です。

「ドラゴンボール」カテゴリの最新記事
「ドラゴンボール」SSの交流広場
ドラゴンボール 交流広場