ssnote

x

新規登録する

作品にスターを付けるにはユーザー登録が必要です! 今ならすぐに登録可能!

この作品は執筆を終了しています。

風花-カザハナ-【夏花杯】

    • Good
    • 7

loupe をクリックすると、その人の書き込みとそれに関連した書き込みだけが表示されます。

▼一番下へ

表示を元に戻す

  1. 1 : : 2016/07/10(日) 20:18:09
    http://www.ssnote.net/groups/835
    こちらのグループで企画された、『夏花繚乱 夏花杯』への参加作品です。


    他の参加者の方々の作品も見たい!という方は、
    タイトルで『夏花杯』と検索するか、
    http://www.ssnote.net/groups/835/archives/46
    ↑こちらのスレッドからご覧になってください。


    執筆終了までコメントは制限しますので、上のgoodボタンをぽちりしていただけると((

    では、宜しくお願いします!
  2. 2 : : 2016/07/10(日) 21:09:46










    _______私は、風花(かざはな)よ。




    冬の空に煌めいて…




    そして、消えていくの。




    そんな、儚い風花。




    嗚呼、残念ね_______



















    風花は、夏には輝けないの。




    風花-カザハナ-


  3. 3 : : 2016/07/10(日) 23:27:31
    僕の愛した人は、


    名前を教えてくれなかった。




    「私のことは“風花”って呼んで」


    彼女はそう言った。


    すこしだけ、哀しそうな笑顔を浮かべて。

  4. 4 : : 2016/07/10(日) 23:41:14
    「ね、(じゅん)…」


    「ん?」


    「淳は、ずっとずっといつまでも、私を愛してくれる?」


    「…もちろんじゃないか」


    「そう…よかった」


    そして、風花はまたあの笑みを見せる。




    時折、そんな会話が続く。




    …その度に不安を覚えるのはきっと気のせいだ。


  5. 5 : : 2016/07/11(月) 21:35:10




















  6. 6 : : 2016/07/11(月) 21:42:28
    私の愛した人は、


    私のことを、全部見抜いているみたい。





    駄目だわ…


    あなたの声に酔わされてしまうの。


    全てをあなたにさらけ出してしまいたくなる。


  7. 7 : : 2016/07/11(月) 22:20:12
    もしかしたら…


    分かってるんじゃない?




    “風花”の意味。


    この呼び名に込めたメッセージ。


    気付いてもらいたくないのに、


    気付いてもらいたいなんて。


    我儘過ぎるね。



    …なんて考えも、見透かされてる気がするのはきっと気のせいよ。

  8. 8 : : 2016/07/12(火) 01:14:08




















  9. 9 : : 2016/07/12(火) 01:18:25
    知ってるんだ。


    知ってるのよ。




    君は、


    あなたは、




    隠してるんだろう。


    気付いてるんでしょう。




    本当は、


    本当は、




    ずっと前から、


    ずっと前から、




    知ってたんだ。


    知ってたのよ。










    君と僕は、


    あなたと私は、









  10. 10 : : 2016/07/12(火) 01:19:15










    「「もう長くない」」









  11. 11 : : 2016/07/13(水) 23:40:36





















  12. 12 : : 2016/07/13(水) 23:45:57
    風花は元気に振る舞っているみたいだった。


    いつも笑顔でいたけど、


    食欲が少しずつ減り


    痩せていっているのを僕は見逃さなかった。

  13. 13 : : 2016/07/16(土) 16:49:02
    それだけじゃない。




    最近の風花はおかしい。


    僕と関わるのを避けているみたいだ。


    抱擁もキスも、拒んでくる。









    あの日


    あの時




    微笑んでくれた風花は、…








  14. 14 : : 2016/07/16(土) 16:53:17
    ◆◆◆


    プルルル…

    プルルル…


    FAXの受信を告げる音が部屋に響く。




    プルルル…

    プルルル…


    嫌だ。

    嫌だよ。




    プルルル…

    プルルル…


    辞めっ、




    プルルル…

    プルルル…









    「嫌だああああっ!!!」




    がっしゃああん。

  15. 15 : : 2016/07/16(土) 21:41:55
    「はあっ、は…」


    放り出された電話機から印刷されたFAXがのぞく。




    『7月24日ごろ、ご来院下さい。』




    「・・・」


    「淳…っ!」




    独りは、さみしいよ…。

  16. 16 : : 2016/07/20(水) 23:58:36
    ◆◆◆

    7月24日 ○○病院ロビー









    『淳へ』


    『大切な話があるの』


    『7月24日、9時に』


    『○○病院のロビーで』


    『_____風花』




    この最近、君がおかしかったのは




    このことだったのか。




    風花_____









    「淳…私は」




    「あなたと別れることにした…から」




  17. 17 : : 2016/07/21(木) 23:50:53
    淳は、表情を変えない。


    「私は病気なの」


    「病態がかなり悪化してきたから」


    「これから集中治療に入るわ」




    「…そうか」


    「治療…頑張って」




    私をあんなに溶かした淳の声が


    あまりに単調でどきりとした。




    「うん…」



  18. 18 : : 2016/07/23(土) 08:09:52
    「治療に何年かかるか分からない」


    「もしかしたら、治療の甲斐なく死んでしまうかもしれない」


    「だから…もう終わりにしたいの」




    風花が無になったみたいでどきりとした。


    君はもういなくなる。


    風花は、もうあの笑顔を見せることも、ない。




    なら




    教えて欲しい。









    「最後にひとつだけ…」



    「君の名前を、聞かせて」



  19. 19 : : 2016/07/23(土) 21:01:14










    「そうね…」


    「これが最後の置き土産」









    「私の名前は」





































    「_____」




  20. 20 : : 2016/07/23(土) 21:10:57
    「じゃあね」


    「楽しかった」




    伝えることを伝えた私は淳に背を向ける。






















    あっけない。





















    本当にあっけない別れ方。























  21. 21 : : 2016/07/24(日) 07:45:48












    ああ












    あんなに愛した人が















    あんなに愛された人が_____。





















  22. 22 : : 2016/07/24(日) 07:46:21































  23. 23 : : 2016/07/24(日) 07:51:33
    ◆◆◆

    5年後 7月24日


    ちょうど5年前のあの日を思い出していた。




    全てが終わったあの日を。














    今日は何故か、風花が降っている。

















    僕の愛した人は、今_____。




  24. 24 : : 2016/07/24(日) 07:53:09
















    「淳!…」

















  25. 25 : : 2016/07/24(日) 08:02:57
    彼女は5年前と同じに僕に笑いかけた。









    ああ




    本当に君は風花みたいな人だ。




    綺麗で、繊細で、儚くて、




    僕は君のその儚さに惹かれたんだよ…。

















































    彩夏(あやか)_____。」




    風花-カザハナ-

    -END-




  26. 26 : : 2016/07/24(日) 08:08:23
    終わり。

    こういう純恋愛ものを書くのは初めてです。ぐだぐだになってしまい申し訳ないです…。最後まで読んで下さりありがとうございました。

    夏花杯の主催部の皆さんも、このようなssを書く場を設けて下さり、ありがとうございます。どうぞ厳密な審査をよろしくお願いします。
  27. 27 : : 2016/07/24(日) 15:28:11
    執筆お疲れ様です!
    全然グダッてないですよ!
    とても綺麗で美しい話でした!
  28. 28 : : 2016/07/24(日) 16:14:16
    u-mopさん

    ありがとうございます!文才はありませんが頑張りましたよ(笑)このようなコメントがいただけて嬉しいです。

▲一番上へ

名前
#

名前は最大20文字までで、記号は([]_+-)が使えます。また、トリップを使用することができます。詳しくはガイドをご確認ください。
トリップを付けておくと、あなたの書き込みのみ表示などのオプションが有効になります。
執筆者の方は、偽防止のためにトリップを付けておくことを強くおすすめします。

本文

2000文字以内で投稿できます。

0

投稿時に確認ウィンドウを表示する

著者情報
lds_inko

インコ

@lds_inko

「恋愛」カテゴリの最新記事
「恋愛」SSの交流広場
恋愛 交流広場