ssnote

x

新規登録する

作品にスターを付けるにはユーザー登録が必要です! 今ならすぐに登録可能!

このSSは性描写やグロテスクな表現を含みます。

この作品は執筆を終了しています。

フレンダ「生き返ったって訳よ…」【安価】

    • Good
    • 2

loupe をクリックすると、その人の書き込みとそれに関連した書き込みだけが表示されます。

▼一番下へ

表示を元に戻す

  1. 1 : : 2016/05/14(土) 19:15:26
    ・基本的にエロでもグロでも何でもアリです。
    ・無理難題な安価は再安価。
    ・連投もアリです。







    フレンダ(私は、スクールって言う暗部組織に捕まって、見逃す代わりにアイテムの情報を喋っちゃって……)


    フレンダ(それが、麦のんにバレて……体を真っ二つにされて死んだ筈だったけど…………)









    冥土帰し「前に右腕が切断された患者を治した事があるけど…………本当によく、くっ付いたね」


    フレンダ「自分でも未だに信じられない……って訳よ…………」


    冥土帰し「まぁ、何にしても助かった命だ。もう裏の世界で生きるのはやめて、これからは表の世界で生きなさい」


    フレンダ「は、はい……」


    フレンダ(どうやら生き返ったって訳よ…)







    ~数日後~











    フレンダ「生き返ったのは良いけど、はぁ……これからどうしよう……?」


    フレンダ「行く宛がない……」



    どうする?>>2
  2. 2 : : 2016/05/14(土) 19:34:33
    取り敢えず歩き回る(上条さんと出会う)
  3. 3 : : 2016/05/14(土) 20:01:52



    フレンダ「でも此処でじっとしていても仕方がないから、とりあえず歩こう…」テクテク






    ~数時間後~





    フレンダ「歩き回ったのはいいげど……結局、何も現状は変わらないって訳よ」ハァ…


    フレンダ「一体これからどうしたら……ん?」


    フレンダ「財布が落ちてる……ん?」っ財布









    上条「ハァ……不幸だ」


    上条「まさか財布を落とすなんて……多分この辺で落とした気がするんだけどなぁ…」ガックリ







    フレンダ「あの人の財布かな?どうしよう?」



    どうする?>>4
  4. 4 : : 2016/05/14(土) 20:15:44
    返してあげる代わりにしばらく同居させてもらう
  5. 5 : : 2016/05/14(土) 20:33:47
    フレンダ「困っているっぽいし、返してあげても良いけど……」


    フレンダ「そうだ!拾ったお礼って事で、宛が見つかるまでしばらく泊めて貰おう!」


    フレンダ「あの…」


    上条「ん?何でせうか?」


    フレンダ「これ、貴方の?」っ財布


    上条「そ、それは俺の財布!」


    フレンダ「そこに落ちてたって訳よ」


    上条「悪い!助かった!…あ、お礼しなきゃな」


    フレンダ「いや、別に良いって訳よ。まぁ……どうしてもって言うなら………」


    上条「ああ、何でも言ってくれ!上条さんの出来る範囲であれば」


    フレンダ「じゃあ、しばらく泊めてくれない?」


    上条「へ?」


    フレンダ「ちょっと色々あって……宛が見つかるまでの間でいいから……」


    上条「え、えーと……>>6
  6. 6 : : 2016/05/14(土) 20:39:33
    家事手伝ったりヤらせてくれるなら
  7. 7 : : 2016/05/14(土) 20:50:59
    上条「え、えーと……良いぜ」


    フレンダ「本当!?」


    上条「ああ、ただし家の家事手伝ったりとか……」


    フレンダ「うんうん!」






    上条「ヤらせてくれるなら」グヘヘ


    フレンダ「うんうん!……えっ?」


    ゲス条「当然だろ?家に泊めてやるんだからさぁ?」


    ゲス条「ここの所、穀潰しのせいで溜まってるんだよなぁ……それくらいあっても良いよな?」


    フレンダ「」


    ゲス条「じゃあ行こうぜ」グイッ(腕を掴む)


    フレンダ「やっぱりいいって訳よ!」パシッ!(手を払う)


    ゲス条「あ?」


    フレンダ「最低!!そんな人とは思わなかったって訳よ!!!」


    ゲス条「何だと?…>>8




  8. 8 : : 2016/05/14(土) 20:59:32
    ならば今ここで俺の性技を見せてやるぜ!
  9. 9 : : 2016/05/14(土) 21:15:22
    ゲス条「ならば今ここで俺の性技を見せてやるぜ!」


    フレンダ「はっ?」


    ゲス条「テメェが俺の親切心を無下にするってなら……先ずはそのふざけた処女膜をぶち破るッ!!」


    フレンダ「なッ!本気!?」





    01~30返り討ちにする。
    31~00そげぶされて犯される。

    >>10
  10. 10 : : 2016/05/14(土) 21:16:55
    がんばれ
  11. 11 : : 2016/05/14(土) 21:29:35
    ゲス条「うおおおおお!!」(*`Д´)≡〇)`Д゚).・;'∴


    フレンダ「ぎゃッ!!」


    ドサッ!!


    フレンダ「うぅ……」グッタリ


    ゲス条「これで終わったと思うな!」ガシッ


    フレンダ「きゃッ!や、止め……」ガクガク


    ゲス条「今ここで犯してやる!野外レイプだ!!」


    フレンダ「嫌ッ!!離して!!」


    ゲス条「うるせえッ!!」 ゴンッ!


    フレンダ「がッ!!」


    ゲス条「黙って犯されてろ!」


    フレンダ「だ、誰か……助け…」ガクガク



    どうなった?>>12

  12. 12 : : 2016/05/14(土) 21:32:04
    結局犯されたけど体の相性が素晴らしく良かった
    約束通りしばらく飼ってもらうことになった
  13. 13 : : 2016/05/14(土) 23:43:12
    くッ!!儂とした事が生々しく書いてしまった……







    ゲス条「犯すにも、先ずはその邪魔な服を」ビリッ!ビリッ!


    フレンダ「やッ!嫌ッ!!」ジタバタ


    ゲス条「暴れるな!!」バシッ!!


    フレンダ「ぎゅッ!!」ビクッ!


    ゲス条「そのままじっとしてろ!」


    フレンダ「うっ!」ガクガク


    ゲス条「いい身体してるわりに、貧相な胸だな」サワッ


    フレンダ「うぅ……ぅ……ぃゃ…………」ポロポロ


    ゲス条「まぁ、ちょうど揉みやすいサイズだから良いか」ムニュムニュ


    フレンダ「んんッ!んッ…」ビクンッ!


    ゲス条「お?感じてんのか?」ニヤニヤ


    ゲス条「感じてんなら、激しく行くぞ」チュパッ!(乳首吸う)


    フレンダ「んぐッ!!?」ビクッ!


    ゲス条「チュゥ…っぱ……ュうっチュ…ウ」ムニュムニュ


    フレンダ「あッ!嫌ッ!!止めッ、止めて!!」ジタバタ


    ゲス条「ッちっ…ュゥっぱ……チュゥ……ハァ…ハァハァ!もう我慢出来ねぇ!///」ガシッ


    フレンダ「ぎゃあッ!!」


    ゲス条「良いよな!?///もう挿入しても!?///」ハァハァ


    フレンダ「嫌ッ!嫌ッ!!それだけは止めッ!!」ジタバタ


    ゲス条「お前の言い分て知るか!俺は我慢出来ねーんだ!!」カチャ!カチャ!…ボロンッ


    フレンダ「ヒィィッ!!」


    ゲス条「パンツが邪魔だ…脱がずぞ!!」ハァハァ


    フレンダ「止めてッ!!それだけは!!」ジタバタ


    ゲス条「抵抗するなって言ってるだろ!!」ゴンッ!バシッ!!


    フレンダ「ぎゃッ!嫌ッ!!」


    ゲス条「チッ!!…今度ばかしは相当嫌がってんなぁ……手退けろ!邪魔って言ってるだろ!!」ゴンッ!ガシッ…バシッ!!バシッ!!


    フレンダ「んぐッ!!ぎゃあ!!」


    ゲス条「手こずらせやがって……最初っから縛れば良かったなぁ…」


    フレンダ「離して!!嫌ッ!!」


    ゲス条「それじゃあ、脱がすぞ」ガシッ…ズルッ


    フレンダ「や、嫌……もう許して…………」ポロポロ


    ゲス条「おお!すげぇ…ツルツルの外国美少女のマ○コだ//……こんなに綺麗なのか///…」ハァハァ


    フレンダ「…もう止めてよ……」ポロポロ


    ゲス条「こんなの見たら、ますます我慢出来ねぇよ!」ハァハァ


    フレンダ「お願い……止めて……止めて…」ガクガク


    ゲス条「入れるぞ!」ブチブチ


    フレンダ「いぎッ!!がぁッ!!」ビクッ!


    ゲス条「狭ッ…やっぱ処女か」


    フレンダ「痛い"…痛"い"……抜いて……」ガクガク


    ゲス条「抜く分けねーだろ、このまま動くぞッ」パンパン


    フレンダ「ぐがぁ"ッ!!ああ"!!嫌"ッ!!」ジタバタ


    ゲス条「ハァ//…ハァ//…ハァ//…ハァ///……」パンパン


    フレンダ「ぎゃあ"あッ!!抜い"て"…抜いて"ッ!!」ジタバタ


    ゲス条「ヤバ……癖になりそう…」パンパン


    フレンダ「もう"嫌"ッ!!だ、誰がぁ……助け"て"」ポロポロ


    ゲス条「ああ出そう//……出すぞ…お前の中に//……」パンパン


    フレンダ「嫌ッ!そ"れだけ"は止め"ッ!!お願"い"!!」フルフル(首を振る)


    ゲス条「ああッ!…で、出るッ!」パンパン


    フレンダ「嫌ッ!嫌ッ!!嫌ッ!!!」ジタバタ


    ドピュドピュッ!!


    フレンダ「ッ!!??!?!!?!!」ビクッ!ビクッ!ビクンッ!


    ゲス条「ああ//……」


    フレンダ「うぅ!……っくッ…ひッ!うぅ……ッ!」ポロポロ









    もう何回目だろう……
    その後も、この男は散々私の中に何回も何回も……乱暴に満足するまで出された。
    私は、いつの間にか抵抗も止めた。
    抵抗しても無駄だったし、何より早く終わって欲しい一心で全てを受け入れて諦めた。
    私を犯している間「俺達相性がいいよな」とか言っていたけど、そんな言葉がどうでもいいと感じるくらい早く終わって欲しいかった。
    何回もヤられている内に、嫌な筈なのに身体中が熱く感じ……自然にこの男を求めたくなる衝動が何回も襲いかかった。
    それだけはダメだと、最後に残った抵抗の心で、衝動を押さえ込んだ。

    最悪だ……

    せっかく生き返ったのに…………

    男はしばらくして、何度も私の中を滅茶苦茶にしたソレを抜き、放心状態の私の酷い姿をあらゆる方向からケータイで撮った。
    「逃げたら、この写真をばらまいてやる」と脅され、そのままこの男の家に住むことになった。











    さて、どうしよう?>>14
  14. 14 : : 2016/05/15(日) 00:01:43
    途中からイチャラブになると思ってたらそうじゃないだと…
    安価は家事スキルを上げとく
  15. 15 : : 2016/05/15(日) 14:29:49


    フレンダ(レイプされて数日がたった…)









    上条「あ、あの……フレンダさん?」


    フレンダ「何?」


    上条「今日も俺だけ鯖の味噌煮でせすか?」


    フレンダ「そうよ。文句あるなら食べなくていわよ」ギロッ


    上条「ふ、不幸だ……」ダックリ


    インデックス「あんまり当麻を虐めないでやってほしいんだよ…」


    フレンダ「自業自得よって訳よ!アイツが私に何をしたか教えてあげようか?」


    インデックス「いや、いいんだよ。大体察しはついてるから…」







    フレンダ(立場逆転したって訳よ)


    フレンダ(あの後…隙を付いて
    きっちり仕返し。その際、コイツの片方の玉を潰してやってやったわ)


    フレンダ(だから今では私に逆らえないし、玉を潰したトラウマから襲わないって訳よ)


    フレンダ(まぁ、約束は約束だし……一応家の事はやってあげてるって訳よ)


    フレンダ(そのお陰て、私の家事スキルも上がったし)


    上条「で、では、行ってきます……」


    フレンダ「とっとと行って、そして帰ってくるな!」イライラ


    上条「……はぁ………数日前までは俺が上だったのに…不幸だ……」


    ガチャ‼…バタンッ!…




    フレンダ「さて、あのクソ野郎は学校に行った事だし、私は何しよう?」


    とうする?>>16
  16. 16 : : 2016/05/15(日) 14:55:51
    アナニー
  17. 17 : : 2016/05/15(日) 16:01:47



    フレンダ「朝から上条のせいで気分悪し、オナニーでもしよう…」


    フレンダ「でも今日は志向を変えてみようから……う~ん、そうだ!」


    フレンダ「アナルでオナニーするって訳よ!」


    フレンダ「早速…」ヌギヌギ


    インデックス「あの……私が要るのを忘れないでほしいんだよ…」


    フレンダ「>>18
  18. 18 : : 2016/05/15(日) 16:57:25
    今更だけどまたアイテムの皆に会いたいな。
    特に浜面に
  19. 19 : : 2016/05/15(日) 19:28:24



    フレンダ「今更だけどまたアイテムの皆に会いたいなぁ…………特に浜面に……」ボソッ


    インデックス「無視しないでほしいんだよ…」


    フレンダ「けど、今さら合わせる顔がないし……」




    どうする?>>20
  20. 20 : : 2016/05/15(日) 19:30:15
    アイテム連中に電話をかけてみる
  21. 21 : : 2016/05/15(日) 21:34:32
    フレンダ「………………電話でもかけようかな……?」


    フレンダ「でも、突然かけたらびっくりするかも……と言うか確実に驚くって訳よ……」


    フレンダ「そもそも一体誰にかければ……」



    誰に電話をかける?>22
  22. 22 : : 2016/05/15(日) 21:43:04
    麦野ん
  23. 23 : : 2016/05/16(月) 20:59:18
    フレンダ「麦のんにかけてみようかな……」


    フレンダ「でも…………私は……」


    フレンダ「って何弱気になってるのよ!」


    フレンダ「当たって砕けろって訳よ!!」ピッ!ピッ!


    プルルルルル~♪……ガチャ!


    麦野『はい、もしもし?』


    フレンダ(ああああ!!麦のんだッ!!!)アワアワ


    フレンダ(どうしよう!?いざかけてみたのはいいけど!……うぅ…………)


    麦野『あの?どちら様?』


    フレンダ「……………………む……」


    麦野『ん?』



    フレンダ「麦…………のん……?」


    麦野『ッ!?……おい!お前……まさか…………』


    フレンダ「ひ、久しぶりね麦のん………」


    麦野『フレ……ンダ…………??』


    フレンダ「そ、そうよ……」


    麦野『…………>>24
  24. 24 : : 2016/05/16(月) 21:04:32
    んほおおぉぉぉぉ!!♡当麻のおチンポすっごく気持ちいぃのおおぉぉぉぉぉ!!♡♡♡
  25. 25 : : 2016/05/16(月) 21:59:41
    麦野『…………ア!////アアアアアアア!!!////』パンパン


    フレンダ「ふんッ!!?」


    麦野『んほおおぉぉぉぉ!!////当麻のおチンポすっごく気持ちいぃのおおぉぉぉぉぉ!!/////』パンパン


    フレンダ「む、麦野ッ!?」アセアセ


    麦野『ダメッ!///ダメッ!!!////逝っちゃっうよぉぉぉぉぉぉ!!////』パンパン


    ゲス条『出すぞッ!//麦野!!///』パンパン









    フレンダ「」


    フレンダ「」ガチャ!


    フレンダ「……………………あの獣……いや、あのクズ……両方潰して置けば良かったって訳よ!!」イライラ


    フレンダ「もう!こんな所出ていってやる!!」














    フレンダ「ハァ……また振り出しに戻ったって訳よ……どうしよう?」


    どうする?>>26
  26. 26 : : 2016/05/16(月) 22:27:54
    絹旗を探す
  27. 27 : : 2016/05/17(火) 22:36:16
    フレンダ「麦のんは、あのクズのせいでおかしくなっちゃったし……後、頼れるのは…………ダメ元で絹旗を探そう」


    フレンダ「けど、何処にいるのかな?」キョロキョロ



    どうやって接触する?>>28
  28. 28 : : 2016/05/18(水) 17:09:50
    映画館にいそうなので行ってみる
  29. 29 : : 2016/05/19(木) 21:30:32
    フレンダ「絹旗の事だから、何時ものように映画でも観てるだろうから、映画館を当たってみるって訳よ!」


    フレンダ「そうと決まれば、絹旗の行きそうな映画館に行ってみよう」テクテク








    フレンダ「前、一緒に映画を観た映画館に来てみたのはいいけど……」


    フレンダ「はたして、絹旗はいるのかなぁ?」キョロキョロ


    誰がいた?>>30
  30. 30 : : 2016/05/19(木) 22:19:38
    絹旗とキャッキャしながら映画を見ている冥土帰しに玉を直してもらったゲス条
  31. 31 : : 2016/05/20(金) 18:46:33



    絹旗「ちょっ///上条…こんな所で///……超不謹慎ですよ///」イチャイチャ


    ゲス条「だ、だって絹旗が可愛い過ぎるのが行けないんだ///上条さんは夜まで待てません//…」イチャイチャ


    絹旗「もう//……上条ったら……///」イチャイチャ








    フレンダ「」


    フレンダ「あのクズ……私や麦のんじゃあ
    飽きたらず……絹旗にまで手を…………」ゴゴゴゴゴ


    フレンダ「もう限界……もう許さないって訳よ!!」




    どうする?>>32
  32. 32 : : 2016/05/20(金) 21:26:13
    様子見
  33. 33 : : 2016/05/21(土) 21:58:33
    フレンダ「ググぅ……今は耐えるのよ…」


    フレンダ「ここは映画館……人の目もあるし、一先ず様子を見よう」ジー








    絹旗「ねぇ…上条///」


    ゲス条「ん?なんだ?」


    絹旗「>>34
  34. 34 : : 2016/05/22(日) 08:17:13
    実は今日…ノーパンノーブラなんです///(スカートチラッ
  35. 35 : : 2016/05/22(日) 10:00:56
    絹旗「実は今日…ノーパンノーブラなんです///」スカートチラッ


    ゲス条「何ッ!?」


    絹旗「ですから//……この後、何処かのホテルで………その///…しませんか?//」


    ゲス条「ああ!!」








    フレンダ「ッ!…ググッ!!!まだ、決定的な行動ではないって訳よ……耐えるのよ!」ググゥ…








    ~数時間後~





    絹旗「上条///……映画も終わった訳ですし//………そろそろ行きましょう///…」


    ゲス条「そうだな、今日は足腰が立てなくなるくらい可愛がってやるからな!!」


    絹旗「もう///…上条ったら///……優しくして下さいよ///」





    フレンダ「動いたわ…後を着けるって訳よ」ササッ!!



    どうなった?>>36
  36. 36 : : 2016/05/22(日) 10:34:59
    まさかの人気のない路上で盛りだす
    どういうわけか尾行がばれて3Pへ
  37. 37 : : 2016/05/23(月) 19:39:43



    絹旗「上条、下がって下さい」


    ゲス条「と、突然どうした?」


    絹旗「そろそろ出て来たらどうですか?尾行されてるのは超分かってます」ギロッ









    フレンダ「…………」サッ!


    絹旗「えっ……」


    フレンダ「バレてたって訳ね」


    絹旗「嘘……フレンダ……ですか?」


    フレンダ「久しぶりね、絹旗……こんな形で再開したくなかったって訳よ…」


    ゲス条「げッ!フレンダ!?」


    絹旗「何で……貴女は死んだ筈じゃ……」


    フレンダ「事情は後で話すわ……それより絹旗…ソイツから離れるって訳よ!」


    絹旗「えっ?」


    フレンダ「ソイツは……いいえ、そのクズは私をレイプした挙げ句、麦のんに手を出している最低野郎よ!!」ビシッ!


    ゲス条「ちょッ!!フ、フレンダさん!その話は……」アセアセ


    絹旗「は?…どういう事ですか?上条……」


    ゲス条「いや……これは、その……」


    絹旗「超白状するのです!!」


    ゲス条「…………くそ……後もう少しで、絹旗とヤれたのに…」グッ!!


    絹旗「そんな……」ガクッ!


    ゲス条「バレたのなら仕方ねぇ……絹旗とはラブラブセックスをしたかったが、今ここでレイプしてやる!!」


    絹旗「ッ!!」ビクッ!


    ゲス条「フレンダ!お前も一緒に3Pだッ!!」


    フレンダ「や、ヤれるものならヤってみなさいって訳よ!!」


    フレンダの行動>>38
    絹旗の行動>>39
    上…ゲス条の行動>>40
  38. 38 : : 2016/05/23(月) 19:42:39
    割とノリノリでヤられる
  39. 39 : : 2016/05/23(月) 20:05:38
    愛さえあれば関係ないよねっ!?
    フェラする
  40. 40 : : 2016/05/23(月) 21:00:35
    絹旗の幼児体型を楽しみつつフレンダの外国人アナルを拡張する
  41. 41 : : 2016/05/24(火) 16:15:38


    絹旗「あ、愛さえあれば関係ないよねっ!?」


    ゲス条「えっ?」


    フレンダ「へっ?」


    ゲス条「正直///……少しショックだったけど、でも上条は上条だし///………良いですよ///…」ソワソワ


    フレンダ「へ?…え…?ちょっと絹旗……それ本気でいってるの?」


    絹旗「超本気です!さぁ、上条///…」ヌギヌキ


    ゲス条「まぁ、いい…犯す手間がはぶけたぜ!」ボロン


    絹旗「こ、これが上条の///……大きい/////」






    フレンダ「」(゜_゜;)




    ゲス条「と、その前に……フレンダ!オラッ!!!」 (*`Д´)≡〇)`Д゚).・;'∴


    フレンダ「アッ!!!///」ドサッ!


    ゲス条「今まで俺を、散々やってくれたなぁ?いろいろと?」


    フレンダ(あれ?今殴られたのに……私感じちゃった?)


    ゲス条「さぁお前も脱げ!!今からアナル開発してやるッ!!」バサッ!!


    フレンダ「キャッ!!///」


    ゲス条「絹旗はその間、下の俺の方を好きに使ってくれても構わねーぜ」ギンギン


    絹旗「上条のを///……好きに///…?」ゴクリッ



    フレンダ「や、止めて////……」


    ゲス条「ほら、さっさとケツを俺の前に付き出せ!」


    フレンダ「は、はい///……」



    フレンダ(あ、あれ?嫌な筈なのに、何でコイツの言うことを聞いて……)ヌギヌキ


    絹旗「じゃあ超お言葉に甘えて……アア///固い///……」ニギ


    ゲス条「ッ!?//おぉ……つい最近まで小学生だった少女の手の感触かぁ///」ハァハァ


    絹旗「な//、舐めますよ?///」ペロッ


    ゲス条 「ッ!?//おぉ……つい最近まで小学生だった少女のフェラかぁ///たまんねーな///…」ハァハァ



    さて……結局どうなった?>>42(そろそろ終わりにします)
  42. 42 : : 2016/05/25(水) 08:39:32
    2人とも穴という穴を犯される
  43. 43 : : 2016/05/28(土) 19:46:55
    ~数時間後~





    ゲス条「ハァ!//ハァ!//絹旗…いや//、最愛!//中に出すぞ!!///」パンパン



    絹旗「アッ!!!///アアアアア!!///!超出して下さい!////当麻ッ!!!///」


    ゲス条「うぅッ!」ドピュドピュ


    絹旗「アアアアア!!!///逝くゥゥゥゥゥゥ!!!!///」ビクンビクン


    ゲス条「ハァ…ハァ…流石に5回は出しすぎたぜ……」ハァハァ


    絹旗「当麻の精液///……こんなにいっぱい私の中に///……」ハァハァ


    ゲス条「うぅ……最愛を見ていたらまたしたくなって来た…」ムクムク


    絹旗「すみません……少しだけ休ませて下さい…」


    ゲス条「そうだなぁ……じゃあ最愛が休んでる間、フレンダに相手してもらおうか」


    フレンダ「わ//、私も///……休ませて///……」ビクッ!…ビクッ!…


    ゲス条「ダメだ、俺が最愛とヤってる時、十文休めただろ?それでも、まだ休みたいなんて言うなら……」


    ゲス条「先ずは、そのふざけた幻想をぶち殺すッ!!」





    このあと、私と絹旗は……上条に穴という穴を無茶苦茶犯されて、その勢いで上条の性奴隷にされたって訳よ。




    ~完~


▲一番上へ

名前
#

名前は最大20文字までで、記号は([]_+-)が使えます。また、トリップを使用することができます。詳しくはガイドをご確認ください。
トリップを付けておくと、あなたの書き込みのみ表示などのオプションが有効になります。
執筆者の方は、偽防止のためにトリップを付けておくことを強くおすすめします。

本文

2000文字以内で投稿できます。

0

投稿時に確認ウィンドウを表示する

著者情報
mkai1002251

KAI=モドキもドッキドキ

@mkai1002251

「とある」カテゴリの最新記事
「とある」SSの交流広場
とある 交流広場