ssnote

x

新規登録する

作品にスターを付けるにはユーザー登録が必要です! 今ならすぐに登録可能!

この作品は執筆を終了しています。

【毛物語】鼻毛「御用件はリストラですか?」

    • Good
    • 3

loupe をクリックすると、その人の書き込みとそれに関連した書き込みだけが表示されます。

▼一番下へ

表示を元に戻す

  1. 1 : : 2016/03/22(火) 01:16:40
    すぐ終わります。もし鼻毛がぴょんぴょんしてもポイッてポイッてしないで下さいね。
  2. 2 : : 2016/03/22(火) 01:17:55


    株式会社タイモーウ



    体毛会議室



    髪の毛「うむ、今までご苦労だったね」



    鼻毛「え、えっと……はい?」



    髪の毛「本日をもって、君を我が社から正式に解雇する」



    鼻毛「は、はは。そんな鼻が詰まるようなキツい冗談は止めて下さいよ社長。強いストレスは抜け毛まっしぐらですよ?」



    髪の毛「冗談なんかではない。これは決定事項なのだよ」



    鼻毛「えっ……」



    髪の毛「ということで明日から、君はもう一本も生えてこなくていいからね?」



    鼻毛「と、突然そんなことを言われても納得いきません!だいたい、私は誰よりも鼻からの異物侵入阻止に貢献してきたはずです!」



    鼻毛「正当な理由がない限り、私は絶対にこの会社を辞めませんよ!」


  3. 3 : : 2016/03/22(火) 01:19:02


    髪の毛「やはり、簡単には引き下がってはくれないか……。まつ毛秘書、彼にリストラの理由を説明してあげてくれ」



    まつ毛「はい、社長」



    鼻毛「是非とも聞かせてもらいましょうか」



    まつ毛「鼻毛係長、あなたが第一線で活躍できたのは今はもう昔の話。今日ではPM2.5、新型インフル、顆粒花粉や黄砂など海外から続々と新型の脅威が迫って来ています」



    まつ毛「そして、我が社はそれらに対して十分な成果を上げられないあなたをいつまでも雇い続けていくことは困難なのです」



    鼻毛「待ってください!確かに昔より異物侵入防御率が落ちてきているのは自分でも分かっています。しかし、だからといってこんな一方的なのはあんまりです!」



    髪の毛「鼻毛係長、君だけが悪いわけではないのは我々も重々承知している。だがね、もはや大気汚染が進み過ぎたのだよ」



    まつ毛「えぇ、残念ですが……」



    鼻毛「じゃ、じゃあ、誰がその私の穴埋めを出来るっていうんですか!?」



    髪の毛「うむ、そこのところは心配無用だ。新人君、入りたまえ」



    ???「はい、失礼します」コンコンガチャ



    鼻毛「お、お前は……!」


  4. 4 : : 2016/03/22(火) 01:20:03


    新型マスク「ご無沙汰しております叔父さん」



    鼻毛「マス坊じゃないか!久しぶりだな!しばらく見ないうちに随分大きくなったんじゃないか?」スッ



    新型マスク「おっと」パシッ



    鼻毛「マ、マス坊……?」



    新型マスク「鼻クソまみれの汚い毛で気安く触らないでもらえますか鼻毛係長?いや、『元』係長でしたね」ニヤッ



    鼻毛「……っ!」



    髪の毛「紹介しよう。彼が君の後継者の新型マスク君だ」



    新人マスク「どうも、紹介にあずかりました新型マスクです」



    新型マスク「私が来たからには、あらゆる微細な異物の侵入も許しません」



    新型マスク「なぜなら、この特殊な化学繊維で縫合されたフィルターは鼻だけでなく、喉からの異物の侵入も防げるからです」



    鼻毛「そ、そんなバカな!」



    新型マスク「つまり、あなたの時代は終わったんですよ、鼻毛さん」



    鼻毛「くっ!」


  5. 5 : : 2016/03/22(火) 01:20:53


    新型マスク「それに、僕とあなたとの決定的な違いは防御率だけではないんですよ?」



    鼻毛「そ、それは何だというんだ!?」



    新型マスク「ルックスですよ!」



    鼻毛「ルックス!?」



    新型マスク「確かにあなたは長年鼻の穴を守ってきた功労者だ。しかし、その鼻の穴から少しでもあなたが顔を出した時、周りからどんな反応がありましたか?」



    鼻毛「そ、それは……」プルプル



    新型マスク「『うわぁ、あの人鼻毛出てる……』ですよね?」



    鼻毛「や、やめろ……」



    新型マスク「一方で僕はウィルス対策はもちろん、マスクを装備することによって鼻や口やエラを隠し、ニ◯生主やざ◯ちんさん達を美化することだって出来るんですよ!!」



    鼻毛「やめろぉぉぉぉぉぉぉ!!!」


  6. 6 : : 2016/03/22(火) 01:21:40


    新型マスク「さぁ、そろそろ潮時じゃないですかね?」



    鼻毛「クソォ!いつか世界一の鼻毛カンパニーを作って、お前達を見返してやるからな!それまで毛を洗って待っていろ!!」ダッ



    髪の毛「行ったか……」



    まつ毛「えぇ、行きましたね……」



    新型マスク「ふぅ……」



    髪の毛「ありがとうございました、新型マスクさん。これで未来ある若者がまた一人、自分の大きな夢に向かって走り出しました」



    新型マスク「生意気な大物ルーキーを装って、小さな毛穴で実力を持て余している毛の毛根を刺激する……」



    新型マスク「全く、楽な仕事じゃないよ!」ダッ



    鼻毛の戦いはこれからだ!



    完結
  7. 7 : : 2016/03/22(火) 01:22:40
    あとがき

    読んでくださった方々ありがとうございました!
    他人の鼻の穴から元気一杯な鼻毛さんが出ててもなかなか指摘しにくいですよね。
    では、またどこかで(^-^)/
  8. 8 : : 2016/03/22(火) 01:24:37
  9. 9 : : 2016/03/22(火) 01:25:11
    面白かったです‼鼻毛さんガンバれ‼
  10. 10 : : 2016/05/10(火) 00:38:28
    すごく面白かったです!
    落つかれさまでした!
  11. 11 : : 2016/12/14(水) 16:06:46
    鼻毛さんガンバ!

▲一番上へ

名前
#

名前は最大20文字までで、記号は([]_+-)が使えます。また、トリップを使用することができます。詳しくはガイドをご確認ください。
トリップを付けておくと、あなたの書き込みのみ表示などのオプションが有効になります。
執筆者の方は、偽防止のためにトリップを付けておくことを強くおすすめします。

本文

2000文字以内で投稿できます。

0

投稿時に確認ウィンドウを表示する

著者情報
777

オッドボール三等軍曹

@777

「ギャグ」カテゴリの人気記事
「ギャグ」カテゴリの最新記事
「ギャグ」SSの交流広場
ギャグ 交流広場