ssnote

x

新規登録する

作品にスターを付けるにはユーザー登録が必要です! 今ならすぐに登録可能!

この作品はオリジナルキャラクターを含みます。

この作品は執筆を終了しています。

Fate/Resurrection フェイト /リザレクション 第三部~希望~

    • Good
    • 1

loupe をクリックすると、その人の書き込みとそれに関連した書き込みだけが表示されます。

▼一番下へ

表示を元に戻す

  1. 1 : : 2016/02/06(土) 17:43:33
    第二部は……察してください。
  2. 2 : : 2016/02/25(木) 16:28:43
    「はああああああああああ!」
    「でやあああああああああああ!」

     カキンッ。
     っと、金属同士が重なり合う音がする。

    「やるな、セイバー!」
    「あなたこそ! ですが!!」

     しゅっ。
     少女の振り回す剣が先に出た。しかし、それを上回るかのように、男は瞬時に盾を作り出す――


    「喜んでください。あなたの願いは、すぐそこです」

     監督役。そう名乗ったのは遠坂凛だった。……実の母親だ。

    「あー、堅苦しい言葉使い疲れるわあ」
    「か、母さん! 仮にも協会に努めてるんだから――」
    「いーのいいの。前のエセ神父だって神父してなかったんだから」

     前の――神父。本来ならば監督役などいらないはずだった。ロードエルメロイⅡ世と、母、遠坂凛によって、冬樹の聖杯は解体されたはずだった。
     しかし――

     数年後。突如として、新たな聖杯が生まれた。何者かが――聖杯に願ったんだ。この戦いを繰り返す。と。

    「さて、あなたのサーヴァントは?」
    「あ、うん。こいつ」
    「こいつとは何だ、こいつとは……」
    「アー……チャー……?」

     それは、まるで知っている人のようだった。
     いや、知っている人同士だった。の方が正しい。

    「……久しいな、凛」
    「全く、なんだってあんたが……」
    「やれやれ……相変わらずだな、君は」
    「あんたこそ! ……少しはまともになったんじゃない?」
    「まあな。君にああいわれたんだ。私とて変わろうと思う」

     ……話に、着いていけない。

▲一番上へ

名前
#

名前は最大20文字までで、記号は([]_+-)が使えます。また、トリップを使用することができます。詳しくはガイドをご確認ください。
トリップを付けておくと、あなたの書き込みのみ表示などのオプションが有効になります。
執筆者の方は、偽防止のためにトリップを付けておくことを強くおすすめします。

本文

2000文字以内で投稿できます。

0

投稿時に確認ウィンドウを表示する

著者情報
jeanmaru

ジャンマルα

@jeanmaru

「Fate」カテゴリの最新記事
「Fate」SSの交流広場
Fate 交流広場