ssnote

x

新規登録する

作品にスターを付けるにはユーザー登録が必要です! 今ならすぐに登録可能!

このSSは性描写やグロテスクな表現を含みます。

この作品は執筆を終了しています。

士郎「セイバーとのセックスが楽し過ぎて聖杯戦争どころじゃない」

    • Good
    • 3

loupe をクリックすると、その人の書き込みとそれに関連した書き込みだけが表示されます。

▼一番下へ

表示を元に戻す

  1. 1 : : 2016/01/16(土) 20:40:32






    士郎「ハァ//…ハァ//…セイバー、俺ッ……もう//……」パンパン


    セイバー「いいですよ//……中にッ//、アッ///……中に出してッ///……くださッ!!///アッ!アアッ!!////」パンパン


    士郎「くッ!!///セ//、セイバーッ!!///」ドピュドピュ


    セイバー「ッ!!///アッ!///アアアアッ!!/////」ビクンビクン


    士郎「ハァ!///……ハァ!///…………セイバー//……」


    セイバー「……今日も///……凄かった//………です…シロウ///……」
























    ______________________







    切嗣『僕はね、正義の味方になりたかったんだ…』


    士郎『なりたかったって……諦めたのかよ』


    切嗣『正義の味方になるのは期間限定でね、大人になると名乗るのが難しいんだ…』


    士郎『しょーがないなぁ』


    切嗣『ああ…確かに、しょーがないね…』


    士郎『しょーがないから、俺がじーさんの代わりになってやるよ』


    切嗣『ッ…………』


    切嗣『……その言葉が聞けて……安心した…』





    ______________________





    士郎「…………ん…………ん?……朝かぁ……」


    士郎「……………………」


    チュゥ…チュパ… チュゥ…


    士郎(じーさん……)


    セイバー「起きましたかシロウ……」


    士郎「ああ、おはよう…セイバー……」


    セイバー「おはようございますシロウ」


    士郎「…………………………」


    士郎(俺……)




    シュポ …チュゥ…チュパ…


    セイバー「ん//……んむ///……ん///…………ん///…」チュパチュゥ


    士郎(俺……朝から女の子にフェラされてるんだ……)


    士郎(これじゃあ、正義の味方、失格だよな……)


    セイバー「ん///……んむ////……はぁ//…む///……シロウ///……の//……」 ハァハァ


    士郎「うぅッ///……セイバー///……」ハァハァ


    セイバー「…固くてッ////んん//…大きい///……んむ///……」チュゥチュパ


    士郎「うぅ//……ッ!///……で、出るッ!////」ハァハァ




    ドピュッ!








  2. 2 : : 2016/01/16(土) 21:52:31





    桜「はい、先輩」っお茶碗


    士郎「ありがとう、桜」


    セイバー「シロウお腹が空きました。早く食べましょう」グゥ~


    士郎「たく、セイバーは食いしん坊なんだから」ヤレヤレ


    藤ねぇ「………ねぇ、士郎」


    士郎「ん?どうしたんだ、藤ねぇ?」


    藤ねぇ「この家なんか臭わない?」


    士郎「ッ!!」ビクッ


    セイバー「ッ!!」ビクッ


    士郎「き、気のせい……じゃない…かな……」アセアセ


    セイバー「そ、そうです!」


    士郎「だ、だよな!セイバー!!」


    桜「確かに……ここの所、特に先輩の部屋から……」


    藤ねぇ「そうよね桜ちゃん」


    士郎「に、臭いの事はとりあえず後にして、早く飯食べない…」


    藤ねぇ「は!もしかしてッ!!」


    士郎・セイバー(バ、バレたッ!?)


    藤ねぇ「このツーンとくる臭い……間違いないッ!!」


    藤ねぇ「士郎ッ!!アンタ、部屋でスルメ焼いて食べてたでしょう!」


    士郎「えっ?……あ、ああ!ば、バレたかぁ……」


    士郎「実は昨日、セイバーと一緒に食べたんだ。なぁ、セイバー?」


    セイバー「ッ!は、はい…美味しかったです…」


    藤ねぇ「やっぱりね、私の鼻をなめないでよね♪」


    士郎(あ、危なかった……)ホッ


    セイバー(間一髪でした……)ホッ


    桜(でも、この臭いはスルメとは少し違うようなぁ……)


    桜(昔、何処かで嫌と言うほど嗅いだような……)






  3. 3 : : 2016/01/17(日) 14:01:45





    ~学校・生徒会室~



    士郎「………………」


    一成「衛宮、顔色が悪いぞ、具合でも悪いのか?」


    士郎「ん?ああ、最近ちょっとなぁ……」


    一成「はぁ…あまり無茶はするなよ」


    士郎「分かってるよ、ありがとうなぁ一成」











    士郎(セイバーとこんな関係になって、数週間は経つ)



    士郎(最初はセイバーの魔力補給が目的でやむを得なく始めた)





    士郎(セイバーも承諾して俺達は身体を重ねあった)







    士郎(だが、次第に俺達は求め合い、身体を重ね合い続けた)









    士郎(そして……)






    ~男子トイレ~



    セイバー「ハァ//…ハァ//……シロウ……こんな場所で//………バレてしまいます///……」ハァハァ


    士郎「ごめんセイバー///……俺//……我慢出来なくて///……」サワサワ


    セイバー「い//、いいですよ///……早く来て//……」ハァハァ


    士郎「セイバーッ///」ブスッ


    セイバー「ッ!//アッ////…ァ//……」ブスブス





    士郎(今では、セイバーとのセックスが楽し過ぎて聖杯戦争どころじゃない)





  4. 4 : : 2016/01/18(月) 09:45:54
    士郎「ハァ///…ハァ///…セイバーの中///……気持ちいいッ///…」パンパン


    セイバー「わ///、私も//……ッ!//シロウに突かれて///……アッ///……気持ちいいッ//……です//……」パンパン


    士郎「セイバー///……愛してるッ///……」パンパン


    セイバー「私も///…ァ//……アッ!////…シロウを///……愛しています///……ッ//……ァ////…」パンパン


    士郎「セイバーッ!///…セイバーッ!///…」パンパン


    セイバー「アアッ!!//…シッ///…シロウ!////」パンパン





    ガチャッ!



    士郎「ッ!!」ビクッ


    セイバー「ッ!!」ビクッ






    男子生徒1「それでソイツがさぁwww」


    男子生徒2「マジかよwww最高だなぁwww」






    セイバー「シ、シロウ…」オドオド


    士郎「し、静かにッ!?」


    男子生徒1「ん?今、声がしたような……?」


    男子生徒2「気のせいだろう」















    バタンッ‼






    士郎・セイバー「………………」


    士郎・セイバー「……ふぅ……危なかった(です)」

















    士郎(最近はこんな感じで隠れてセイバーとヤる時がある)





  5. 5 : : 2016/01/19(火) 20:24:15



    ~数日後・間桐の家~







    ワカメ「遠坂なんかより俺と組む気はないか?」ニヤニヤ


    士郎(慎二、話が長い……)


    士郎(昨日は色々あってセイバーとできなかったから、溜まってるて言うのに……)


    ワカメ「俺達なら上手くやれる」ニヤニヤ


    士郎(早く家に帰ってセイバーとしたい……)


    ワカメ「どうなんだ?衛宮…」ニヤニヤ


    士郎「はぁ…」


    士郎(適当に理由着けて帰るかぁ…)ハァ


    士郎「話ってそれだけか?なら帰る」テクテク


    ワカメ「ッ!?ちょ、待て衛宮!」


    士郎(いい加減ウザいなぁ…)イラッ


    士郎「お前とは話す事はない、じゃあな」テクテク


    ワカメ「ぐッ!…後悔するぞ!衛宮ッ!!」(*`Д´)ノ


    士郎(半分くらい話聞いてなかったし、別に気にしなくていいかぁ…)











  6. 6 : : 2016/01/21(木) 11:26:17

    ~翌日~




    ドドドドドドドドド




    凜「ッ!?これはライダーの魔術結界!?」


    ワカメ「よう、遠坂…」ニヤリ


    凜「慎二…アンタの仕業ね。今すぐ結界を解きなさいッ!」ギロッ


    ワカメ「そう睨むなよ遠坂、そうだなぁ…昨日の事を謝れば、解いてやってもいい」ニヤニヤ


    凜「お断りよ」


    ワカメ「ッ!チッ!そうかよ…殺れライダー!」


    ライダー「………」ダッダッ!


    凜「慎二を止めるわよ!衛宮くん!」


    シーン


    凜「あれ?衛宮くん?」キョロキョロ


    ワカメ「どうしたんだ遠坂…衛宮なんて何処にも居ないぜ」ニヤニヤ


    凜「もー!!こんな時に何処で何やってんのよッ!あのバカはッ!」ι(`ロ´)ノ





    ~その頃~




    セイバー「ァ///…さっきからッ!///…ァ///…ッ!///…外が///…騒がし気がッ///…ァ///…」パンパン


    士郎「多分///……気のせい///…だろう///…そんな事より//…もうイキそうッ!///」パンパン


    セイバー「アッ!///そ///、そうですね////…きてくださいッ!///…シロウ///…ァ///…アアッ!///」パンパン







    その後、凜が令呪を使ってアーチャーを呼び出し、何や間やでライダーを撃破した。






  7. 7 : : 2016/01/22(金) 21:57:30

    ~数日後・アインツベルン城~



    イリヤ「士郎は私と一生この城で暮らすの」(^-^)


    士郎(何ッ!?それじゃあ、セイバーとセックスが出来なくなってしまうじゃねぇか!)


    イリヤ「聖杯戦争が終るまで、しばらく我慢しててね」


    士郎(くそ……自力でも脱出してやる!)ジタバタ


    イリヤ「無駄よ士郎、貴方はここから出られないわ」


    士郎(セイバーとセックスしたい…セイバーとセックスしたい…セイバーとセックスしたい…)ジタバタ








    ~中略~







    アーチャー「別にアレを倒してしまっても構わんのだろう?」


    凜「ッ…、分かった……しくじるんじゃないわよ」


    士郎(早く帰ってセイバーとセックスしたい…)ムラムラ


    セイバー(早く帰ってシロウと///……したい//…)モゾモゾ


    凜「行くわよ……衛宮くん、セイバー」












    ____________________






    士郎「セイバーちょっとこっちに来い」ガシッ


    セイバー「ッ!?シロウ今の状況で///…そんな///」



























    凜「あれ?衛宮くんとセイバーは?」キョロキョロ





  8. 8 : : 2016/01/22(金) 22:01:26
    士郎が普通の高校生してて微笑ましいです
  9. 9 : : 2016/01/23(土) 18:37:23






    イリヤ「殺っちゃえ!バーサーカー!」


    バーサーカー「ガァァァァァァァァ!!!!」ダッダッ!


    ドガガガガガガガーーーーン!!!!!!


    アーチャー「はああああああああ!!!」ダッダッ!













    ~その頃~




    セイバー「アッ!////アアアアッ!////…良いのですか?///ッ///シロウ///…」パンパン


    士郎「どうしたんだ?///…セイバー///…」パンパン


    セイバー「アーチャーが///…アッ///……囮になってくれッ////…いるのに///……アッ!////…こんな時に////…こんな場所で///……」パンパン


    士郎「だけど///…俺///……イリヤに監禁されてて///…ずっと我慢してたんだ///……」パンパン









    _________________






    アーチャー「 I am the bone of my sword……」


    アーチャー「偽・螺旋剣(カラドボルグ)ッ!!!」

    ヒューーーーーーン


    ドガガガガガガガーーーーン!!!!!!


    バーサーカー「ガァァァァァァァァ!!!!」


    アーチャー「しぶといなぁ…流石はギリシャの大英雄……」


    イリヤ「バーサーカーが負ける筈ない!」


    バーサーカー「ガァァァァァァァァ!!!!」






    ~その頃~






    士郎「セイバー///……やっぱり俺には////…セイバーしか///…」パンパン


    セイバー「シロウ///……ッ!///アッ!///わ///、私も///……シロウしか////……」パンパン







    __________________









    アーチャー「無限の剣製(アンリミデッドブレードワークス)ッ!!」




    ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ


    ピカ~ンッ!




    イリヤ「これは……固有結界…」


    アーチャー「そうだ、これが我が宝具……」


    アーチャー「行くぞ、バーサーカーッ!」


    バーサーカー「ガァァァァァァァァ!!!!」






    ~その頃~






    士郎「セイバーッ!///中に出すぞッ!///」パンパン


    セイバー「アッ!////アアアアッ!////出してッ!///.…アッ!////…私に中にッ!/////…いっぱい////…シロウのッ!////出してッ!!///」パンパン


    士郎「セイバーッ!!」ドピュドピュ


    セイバー「アッ!/////アアアアアアッ!!/////」ビクンビクン







    _____________________















    凜「こんな時に何迷子になってんのよ!!あの2人はぁぁぁぁぁ!!!」ι(`ロ´)ノ









    まぁ……何や間やでアーチャーが脱落して、何や間やでバーサーカーを撃破する事が出来た。





  10. 10 : : 2016/01/24(日) 21:00:45

    ~数日後・柳洞寺~





    アサシン「ここを通りtセイバー「エクス…カリバアアアァァァァァァ!!!」


    アサシン「えっ!?ちょッ!!」(゜д゜)


    ドガガガガガガガガガーーーーン!!!!!



    セイバー「……」ダッダッ!!










    ~神殿~


    ドガガガガガーン!!!



    キャスター「なっ!?何事!?」


    宗一郎様「…?」



    セイバー「エクス…カリバアアアァァァァァァ」

    ドガガガガガガガガガーーーーン!!!!!










    セイバー「ふぅ……シロウから沢山魔力を貰ってて楽にかたをつけれました」


    セイバー「早くサクラを救出しtギル「久しいなぁ、セイバー」


    セイバー「ッ!?貴方は!」


    ギル「セイバー、貴様は我の物だ。大人しく来いセイb士郎「無限の剣で出来ていたッ!!」


    ゴォォォォォォォォォォ


    ピカ~ンッ!!



    ギル「ッ!?なんだ!?」


    士郎「セイバーは俺の物だ!!テメーなんかに渡してたまるかぁぁぁぁぁ!!!」


    セイバー「シロウ///……」キュン


    士郎「うおおおおおおおおおおお!!!」ダッダッ!!


    ザシュッ!!



    ギル「グハッ!!」



    シュ~








    アサシン・キャスター・ギルガメッシュ撃破


  11. 11 : : 2016/01/26(火) 22:02:13




    ~数日後~





    ランサー(気に食わねぇが、命令だから仕方ねぇー…)ダッダッ!!


    ランサー(奇襲なんて柄じゃねーのによ……)ハァ~






    ドガガガガガガガガガーーーーン!!!!!




    ランサー「…………」テクテク


    ランサー「よう…久しぶりだなぁ坊………主…………?」ピタッ





    セイバー「アッ!///今日も//一ッ///段と///……は///、激しいッッ////」パンパン


    士郎「だって///……セイバーの中が///…気持ちよ過ぎるんだ///」パンパン


    セイバー「ァァァッ!!///シ///…シロウ///…もう//……逝っちゃうぅ///」パンパン


    士郎「ぅ///……俺もだ//、出るッ!///」パンパン



    ドピュドピュッ!!



    ランサー「」



    セイバー「ハァ///……ハァ///……今日もいっぱい///、私の中で///……」ビクッ…ビクッ…


    士郎「ハァ///……ハァ///……セイバー///………」グッタリ




    ランサー「」(;・ω・)


  12. 12 : : 2016/01/26(火) 22:16:39
    その後……



    綺礼「自害せよ、ランサー」


    ランサー「グハッ!!」シュ~


    凛「ランサーが死んだッ!?」



    ~少し離れた所~



    士郎「こ//、この///…」パンパン


    セイバー「ひ///、人でなしッ!///」パンパン





    ランサーが脱落した事により、セイバーが生き残り聖杯を勝ち取った。


    願いはもちろん……







    ~数年後~





    士郎「じゃあ行ってくるよ」


    セイバー「行ってらっしゃいアナタ」ニコ


    息子「行ってらっしゃい~パパ~」(^O^)


    娘「お仕事頑張ってね~」(^∇^)


    士郎「ああ、行ってきます」







    幸せに暮らしました





    ~おしまい~






  13. 13 : : 2016/01/26(火) 22:28:24
    最高
  14. 14 : : 2016/01/27(水) 00:10:14
    良かった
    乙でした
  15. 15 : : 2016/05/02(月) 01:32:01
    誰得だよwwwww




    ごめん、俺得の最高のssだわ…
  16. 16 : : 2017/01/11(水) 04:18:07
    面白かった
  17. 17 : : 2017/07/02(日) 21:33:17
    最高でした!
  18. 18 : : 2017/07/02(日) 21:33:37
    最高でした!
  19. 19 : : 2017/08/06(日) 22:44:54
    バーサーカーの扱いが・・・
  20. 20 : : 2017/09/06(水) 20:33:10
    桜の救出。。。
  21. 21 : : 2018/01/19(金) 16:21:30
    ギル、弱すぎ!ってか、ワカメって『俺』じゃなくて『ぼく』だよね…でも今までで一番面白かったです
  22. 22 : : 2019/11/09(土) 22:49:31
    いつから魔力提供知ったんだよwww

▲一番上へ

名前
#

名前は最大20文字までで、記号は([]_+-)が使えます。また、トリップを使用することができます。詳しくはガイドをご確認ください。
トリップを付けておくと、あなたの書き込みのみ表示などのオプションが有効になります。
執筆者の方は、偽防止のためにトリップを付けておくことを強くおすすめします。

本文

2000文字以内で投稿できます。

0

投稿時に確認ウィンドウを表示する

著者情報
mkai1002251

KAI

@mkai1002251

「Fate」カテゴリの最新記事
「Fate」SSの交流広場
Fate 交流広場