ssnote

x

新規登録する

作品にスターを付けるにはユーザー登録が必要です! 今ならすぐに登録可能!

みんなでHしよ?

    • Good
    • 0

loupe をクリックすると、その人の書き込みとそれに関連した書き込みだけが表示されます。

▼一番下へ

表示を元に戻す

  1. 1 : : 2015/12/23(水) 20:46:45
    女子の皆『...』
    カノ『君は...』
    コノハ『誰と』
    シンタロー『この部屋で』
    セト『寝たいっすか?』
    マリー『私...セトと一緒がいいー!!!』
    モモ『じ、じゃぁ私シンタロー貰いますね!
  2. 2 : : 2015/12/23(水) 21:11:38
    エネ『じゃぁ、私がシンタロー貰いますね☆』
    キド『...』
    カノ『残りは僕だけだね...?』
    キド『か、カノは...で......のか?』
    カノ『ん?』
    キド『か、カノ...は、私で...いいのか?』
    カノ(か、かっわいい!!!!!!!!前から知ってたけど...)
    カノ『どうだろうね?』
    キド『か、カノが嫌なら...』
    カノ『嘘ついてごめんね?キドで嬉しいよ』
    キド『へ、部屋に行くぞ?!』
    カノ『はぁい(にこにこ』

  3. 3 : : 2015/12/23(水) 21:30:28
    〜〜〜〜シンタロー×モモ〜〜〜〜

    シ『モモ...寝た?』
    モ『お、起きてますよ?!』
    シ『...なんか興奮するね...』
    モ『ど、どこがですか?!』
    シ(焦っちゃって可愛い...)
    シ『むらむらしちゃう。』
    モ『...///』
    シ『モモは?』
    モ『わ、私もで、です///』
    シ『そっか...。じゃ、任意だね?』
    シンタローは、無理矢理モモの唇に自分の唇を
    重ね合わせる。
    モ『むぐ?!』
    シ『ちゅ...。』
    続けざまに、舌を絡ませる。
    次第にモモの目はとろんとしてき、
    抗わなくなる。
    シ『んっ...。ぷはぁ...モモの美味し...』
    モ『し、シンタロぉ...。も、もっとしてぇ...』
  4. 4 : : 2015/12/23(水) 21:40:18
    2回目のやつ、エネは、コノハを取りました...
    ミスりましたすみません(/ _ ; )
  5. 5 : : 2015/12/23(水) 21:48:34
    〜〜〜〜エネ×コノハ〜〜〜〜

    コ『まだエネ...寝てない?』
    エ『あ、うん。起きてますよ?』
    コ『そっか...。』
    エ『なんかムラムラしない?』
    コ『...え?』
    エ『いや、男子とお泊まりしたことないなあー
    って...?』
    コ『そうなんだ...。僕もそういえば無いかも。』
    エ『やっぱり。大体の人がないんじゃない?』
    コ『...ぎゅ。』
    エ『え?!』
    コ『女の子ってあったかくて華奢なんだね。』
    エ(え?え?え?え?え?!なんでコノハが私のことだきしめてるの?!は、はわわわ)
    コ『エネ...大好き。』
    エ『わ、わ、わ、私も...///』
    コ『キス...してもいい?』
    エ『も、勿論...///』
  6. 6 : : 2015/12/23(水) 22:11:01
    〜〜〜〜セト×マリー〜〜〜〜

    セ『まだマリーおきてるっすか?』
    マ『うん!まだ全然...ふぁぁぁ...』
    セ『ち、ちょっとお話してもいいっすか?』
    マ『うん...途中でねちゃうかもだけど...ふぁ』
    セ『マリーは、好きな人っているっすか?』
    マ『...せ、セト?好きな人って...
    ずっと一緒にいたいって思うことだよね?』
    セ『?そ、そうっすね。』
    マ『な、ならいるよ?//セトは...?』
    セ『俺ももちろんいるっすよ?』
    マ『わっ、私ね...セトのこと...。好きみたいなんだけど///』
    セ『?!?!?!?!?!』
    マ『せ、セトと、誰よりも一緒にいたいと思うし...///ほかの人といたら羨ましいなぁって思う...から///』
    セ『お、俺もマリーのこと好きっす...。』
    マ『き、キス...したい...///』
    セ『いいっすよ...//』
    マ『ちゅ...。』
    マリーは、セトの唇に自分の唇を近づける。
    ふるふると震えているのがわかる。
    セ『...。』
    セトはそれを悟ったのか、自分からも近づけた。
    ちゅ...。
    あまい、甘いキスだった。
  7. 7 : : 2016/02/20(土) 19:08:23
    期待
  8. 8 : : 2016/02/25(木) 00:37:49
    続きお願いします。
  9. 9 : : 2016/02/27(土) 00:01:37
    期待しています。
  10. 10 : : 2016/02/27(土) 00:36:00
    なんで私小説?
  11. 11 : : 2016/02/27(土) 11:35:48
    シンタローとモモ、兄妹なのに…。
    モモはシンタローの事、お兄ちゃんって言うんだよ?知らないの?

▲一番上へ

名前
#

名前は最大20文字までで、記号は([]_+-)が使えます。また、トリップを使用することができます。詳しくはガイドをご確認ください。
トリップを付けておくと、あなたの書き込みのみ表示などのオプションが有効になります。
執筆者の方は、偽防止のためにトリップを付けておくことを強くおすすめします。

本文

2000文字以内で投稿できます。

0

投稿時に確認ウィンドウを表示する

このSSは未登録ユーザーによる作品です。

「私小説」カテゴリの最新記事
「私小説」SSの交流広場
私小説 交流広場