ssnote

x

新規登録する

作品にスターを付けるにはユーザー登録が必要です! 今ならすぐに登録可能!

捧げるものと貰うもの

    • Good
    • 0

loupe をクリックすると、その人の書き込みとそれに関連した書き込みだけが表示されます。

▼一番下へ

表示を元に戻す

  1. 1 : : 2015/10/13(火) 19:09:02
    ソニアさんお誕生日おめでとうございます!!!!!!!!

    大好きです!!!!!!!!!ノヴォセリック王国万歳!うまれてきてくれてありがとうございます!!!!!!!!


    っていうことでお誕生日ssを書いた次第で。

    本当おめでとうございますソニアさん!!!
  2. 2 : : 2015/10/13(火) 19:09:34
    わたくしの誕生日はいつもつまらないものでした。


    豪華なパーティーが開かれて、名も知らない方々から中身のないお祝いの言葉をいただく。


    オーダーメイドの綺麗なドレスを身にまとっても、客人からプレゼント(ガラクタ)を貰っても、何かが違ってつまらない。


    それが、歳をとるたびに繰り返されるのです。
  3. 3 : : 2015/10/13(火) 19:10:00








    ソニア「わたくしが欲しいもの?」


    左右田「はい!」

    日向「ほら、今日はソニアの誕生日だろ?ソニアが欲しいものがあればなって」


    紅茶を飲みながら個室で休んでいたところ、日向さんと左右田さんがやってきました。


    ソニア「まぁ……お気持ちだけで充分です!」


    左右田「さすがソニアさん!!素晴らしすぎてオレ……!」


    日向「遠慮しなくてもいいんだぞ?」


    ソニア「いえ、いいのです。本当に」


    もう、触れられるプレゼントは貰い尽くしてしまいましたから。


    日向「……そうか」


    そうして会話を終わらせて、お二人は去って行きました。
  4. 4 : : 2015/10/13(火) 19:10:40
    数十分後、紅茶も冷めきって新しい紅茶を淹れているところ、田中さんがやってきました。


    田中「欲するものはあるか?」


    いつも通り、素っ気なく田中さんは言いました。


    ソニア「お気持ちだけで充分ですよ!」


    カップをもう一つ出して、紅茶をいれて田中さんに渡します。


    田中「本心か?」

    ソニア「本心ですよ」


    田中「俺様にはそうは見えんがな」


    ソニア「……え?」

    わたくしは本当に、いらないのです。

    なにも嘘はついていません。


    田中「貴様がなにか欲しているのは明らかだ。だが、何を欲しているのか見当も付かんからこうしてたずねている」


    ソニア「……わたくしもわかりません」


    田中「自分でもわからんとはこっけいだな」


    ソニア「ふふっ、そうですわね!」


    田中「俺様も貴様の欲すものを探してみよう。もしかしたら見つかるかもしれんからな」


    ソニア「ありがとうございます!」


    田中「……そうだ、メス猫共が四時ごろにレストランに集まれと言っていた」


    ソニア「了解です!絶対に行きますね!」


    田中「フハハハハ!!!さぁこい!最高の宴へ!!」


    そうして、勢いよくドアを開けて……そして丁寧にドアを閉めて田中さんは去って行きました。
  5. 5 : : 2015/10/13(火) 19:11:01
    何事もなく、10分、20分……と時間が過ぎてゆく。


    その間、わたくしはずっと欲しいものを探していました。


    ソニア(純情ジーパン……ググロフ……いや、それならいつでも買えます。ううん……もっと、こう……)


    パーティーまであと1時間、それまでの間、このモヤモヤした疑問を解決しようと、外に出るのです。


    行き先は、海。
  6. 6 : : 2015/10/13(火) 19:13:49
    ソニア「うーん!海風が気持ちいいです!」


    スクール水着は一応持ってきましたが、泳ぐ気分にはなれずに……砂浜で海を眺めながら、欲しいものはなにかと必死に探します。


    ふと、砂浜に落ちている綺麗な貝殻を見つけ拾ってしまいました。


    ソニア「すごく綺麗です……」


    すると、後ろから声がかかります。


    七海「どうしたの?ソニアさん」


    ゆっくり振り返ると、そこには七海さんが……


    ソニア「……少し、考えごとをしていて」


    七海「へー……あ、その貝殻、すごく綺麗だね」


    ソニア「さっき拾ったんです。いりますか?」


    七海「どうせなら交換こしよっか。パーティーのときに渡そうと思ったんだけど……」


    そう言って、青いリボンでラッピングされた小さな箱をくれました。

    かわりに、とこちらも貝殻を渡します。


    七海「ありがとう。さぁさぁ!開けてみてよ!」

    ワクワクしながらこちらを見てきているので、すぐにリボンを外します。


    蓋をあけると……


    箱からウサミさんの顔が飛び出してきました。


    ソニア「わぁっ!」


    七海「どう?ソニアさん、こういうの好きかなって。頑張ってウサミちゃんと作ったんだよ!」


    ソニア「……」


    七海「あれ……?もしかして、 気に入らなかった……?」


    ソニア「いえ、嬉しすぎて、言葉が出ないんです」


    いつの間にか、わたくしは泣いていたようです。

    自分でも、気づかないうちに。


    七海「ソニアさん……私ね、ソニアさんがなんで泣いてるかわかっちゃったかも」


    頭の上に柔らかい感触がします。


    涙で見えなくても、それが七海さんの手ということはわかりました。


    七海「多分ね、ソニアさんは欲しいものが手に入ったから嬉し泣きしてるんだ……と思うよ?」


    ソニア「これが、欲しいもの?」


    手の中にあるびっくり箱を見ながら首を傾げます。


    七海「そう、びっくり箱……じゃなくて、気持ち」


    ソニア「……」


    七海「心の底から"おめでとう"って気持ちがこもったプレゼント」


    ソニア「……」


    ギュッと箱を掴みます。


    一生離さないように。


    ソニア「ありがとうございます……!!!」



    きっとわたくしの顔は、笑顔なのでしょう。


    涙にまみれた、王女の笑顔。
  7. 7 : : 2015/10/13(火) 19:13:57
    ソニアさんお誕生日おめでとうです!!

    期待大です!!
  8. 8 : : 2015/10/13(火) 19:14:16
    七海「どういたしまして、だよ!あ、もうパーティーが始まるね。さぁ、行こう?」


    立ち上がって、わたくしに手を差し出してくださいました。


    ソニア「はい!」


    わたくしはその手を強く握るのです。
  9. 9 : : 2015/10/13(火) 19:14:38
    >>7
    期待ありがとうございます!!
  10. 10 : : 2015/10/14(水) 21:42:42
    期待
  11. 11 : : 2015/10/15(木) 22:07:32
    >>10
    期待、ありがとうございます!

▲一番上へ

名前
#

名前は最大20文字までで、記号は([]_+-)が使えます。また、トリップを使用することができます。詳しくはガイドをご確認ください。
トリップを付けておくと、あなたの書き込みのみ表示などのオプションが有効になります。
執筆者の方は、偽防止のためにトリップを付けておくことを強くおすすめします。

本文

2000文字以内で投稿できます。

0

投稿時に確認ウィンドウを表示する

著者情報
3579

ノエルの葉っぱ

@3579

「ダンガンロンパ 」カテゴリの人気記事
「ダンガンロンパ 」カテゴリの最新記事
「ダンガンロンパ 」SSの交流広場
【sn公式】ダンガンロンパ交流広場