ssnote

x

新規登録する

作品にスターを付けるにはユーザー登録が必要です! 今ならすぐに登録可能!

この作品は執筆を終了しています。

漆原「ベルがうるさい」鈴乃「お前の為だ」

    • Good
    • 2

loupe をクリックすると、その人の書き込みとそれに関連した書き込みだけが表示されます。

▼一番下へ

表示を元に戻す

  1. 1 : : 2013/11/30(土) 19:00:59
    うーひっさしぶり。古参の方あまり見えないみたいですが・・・なんすかファミリーってwww知らん間に家族制度できとるwww
    そんなわけではたらく魔王さま!の漆原×鈴乃書いてきます。。

    漆原「も~うるさい!お腹減ったじゃん!」

    鈴乃「何度言えば分かるのだ!洗濯物はちゃんと伸ばして干すんだ!シワができるだろ!」

    漆原「どうせ芦屋のでしょ?いいよ別に」

    鈴乃「なっ!普段世話になっている主夫に対しなんたる態度だ!日々の恩を返そうという気はないのか!」

    漆原「うんうん返す。返すからご飯作って」

    鈴乃「・・・見損なったぞ。かつての悪魔大元帥としての威厳はどうした」

    漆原「いやだってエンテ・イスラと東京は違うし・・・」

    鈴乃「それもそうだな・・・って、違うだろ!上に立つ者として責任感は無いのかと聞いているのだ!」
  2. 2 : : 2013/11/30(土) 19:03:52
    期待でーす
  3. 3 : : 2013/11/30(土) 19:07:32
    >>2ありがとうございます。お久しぶりですヽ(´∀` )ノ



    漆原「残念ながら僕は責任感ゼロでね。お腹減った!」

    鈴乃「お前はそれしか言えないのか!」

    チュルルル

    鈴乃「どうだ?働かないで食べるうどんの味は?」

    漆原「めんつゆとねぎと聖法気の味」

    鈴乃「そうか。じゃあ悪魔のお前はいらないな」

    漆原「いや別にマズイとか言ってないじゃん!おいしい!ベルの作る料理はいつもすごく美味しいよ!」

    鈴乃「なっ・・・」カァァ

    漆原「何リンゴみたいな顔になってんの」

    鈴乃「うるさい!半蔵殿こそ早く食べて選択の続きだ!」
  4. 4 : : 2013/11/30(土) 19:19:38
    芦屋「ただいま戻りました」

    漆原「おかえり~」

    鈴乃「四郎殿!半蔵殿はいつもこうなのか!」

    芦屋「まあそんなところだ。漆原。履歴を見せろ」

    漆原「ほい」

    芦屋「うむ。今日は何も買っていないようだな」

    漆原(ところが残念買っているんだな~)

    漆原(芦屋に履歴は消せるってこと教えなくてよかった)

    芦屋「っと待て。そういえばエミリアからいい事を教えてもらったぞ」

    芦屋「・・・」カチカチ

    漆原(マズイ!ジャングルから直接履歴を見る気か!)

    芦屋「・・・これはなんだ?」

    履歴
    ダークタマシイx1 ¥5250
    ジャケットモンスターx1 ¥3980
    マリコパーリイx1 ¥4800
    ウイニング12x1 ¥6980


    芦屋「・・・これを、どうするつもりだ?」

    漆原「ま、真奥のクレジットカードに請求させていただこうかと・・・アハハ」

    芦屋「これから短期のバイトに出てもらう」

    漆原「えええええええ!?」

    芦屋「なんだ。そんなにパソコンを売って欲しいのか。ついでにゲーム機も」

    漆原「・・・働きます」
  5. 5 : : 2013/11/30(土) 20:58:17
    漆原「辛い・・・肉体労働クソ辛い・・・」

    その日漆原はとある建設現場へ出向いていた。
    自分が指揮をとる側だと信じて行ったものの、当然コキ使われる方だった。
    悪魔大元帥の名が廃ると芦屋にも言われていたがまさかここまでとは当の本人も驚きだった。

    鈴乃「お疲れ様」

    漆原「ベル来てたんだ」

    鈴乃「芦屋に頼まれてな」

    漆原「それにしても外って暑いね。よくもこんなところを人間は歩けるもんだよ」

    鈴乃「お前は出なさすぎだ」

    鈴乃は別に芦屋の指示で動いているわけではない。
    彼女の面倒見の良さからか、いつも漆原の世話を焼いているが、敵対する者同士の溝といったものも感じられない。
    何故彼女はそこまで魔王城、強いて言えば漆原にそこまでするのだろうか。
  6. 6 : : 2013/12/01(日) 12:54:03
    漆原「疲れた。お腹減ったよ」

    鈴乃「もう少し我慢しろ。家に着くまでの辛抱だ」

    やはりニートの彼にはいきなりの肉体労働は苦だった。その日のバイトが終わるとすぐに倒れてしまったのだ。
    そして漆原を鈴乃がおぶるという状況に至る。

    漆原「柑橘系」

    鈴乃「何がだ?」

    漆原「ベルの首のうしrゴフッ」

    鈴乃「さっきから息が荒いと思っていたがそういうことか!せくはらだぞ!」

    漆原「」ノビー

    鈴乃「あ、強くし過ぎてしまったか」
  7. 7 : : 2013/12/01(日) 13:04:19
    その日一日は漆原は寝込んだという。
    明くる日、鈴乃が謝罪に来た。敵に謝罪などおかしいとは思うのだが。

    鈴乃「その・・・昨晩はすまなかったな」

    漆原「いいよ別に」

    鈴乃「何かお詫びをさせてくれ」

    漆原「じゃあご飯作ってよ」

    鈴乃「え?」

    鈴乃は漆原が最新の機械やゲーム等を欲しがると思っていたが
    ご飯だけでいいとは流石に思わなかった。

    鈴乃「い、いいのか?ほら、ゲームとかは・・・」

    漆原「いいよ。ベルのご飯がいい」

    鈴乃「・・・何だかとてつもない罪悪感に襲われている」

    漆原「なんでさ。僕はベルが言った通りセクハラをしたんだ。お礼をするなら僕の方なんだけど」

    鈴乃「そうなのか・・・でも、あれは過剰防衛だ。本当にすまなかった」ペコ

    漆原「こちらこそごめん」


  8. 8 : : 2013/12/01(日) 13:55:32
    漆原「やっぱベルのご飯はおいしいなー」

    鈴乃「まだまだだ」

    漆原「でもさ、なんでそんなに僕らの世話をしてくれるの?」

    鈴乃「え?」

    気付かなかった。ただ単に日常生活を悪魔と過ごしていることもおかしいのに
    悪魔の世話をしていた。敵の世話なんてなんの得がある?もしくは自分から・・・
    そんなことはあるはずがない!あってはならないのだ!敵!目の前にいるのも元はといえば悪魔大元帥だ!
    でもこの気持ちはなんなんだろう。ここにずっといたい。そんな気持ち・・・

    漆原「ベルー」

    鈴乃「・・・」

    漆原「おーい」

    鈴乃「あっ、なんだ?」

    漆原「なんか悩み事?」

    鈴乃「いや、そんなことはない。悩んでなどいない」

    漆原「そっか、なんか思い耽ってた顔してたけど」

    鈴乃「え・・・」

    そうか、そんなに分かりやすかったのか。

    漆原「ごちそうさま」

    鈴乃「私達は・・・敵だ」

    漆原「そうだけど。いきなりどうしたの?」

    鈴乃「敵同士がこんなことをしているなんて、おかしいとは思わんのか?」

    漆原「まあそうだけど・・・」

    鈴乃「では何故こんなことをしているのだ?」

    漆原「何故っていうか・・・ベルがしてくれているんじゃないか」

    核心を突かれた。どう返せばいいのかわからない。

    漆原「・・・僕はこのままの生活でいいと思うなー」

    鈴乃「何故?」

    漆原「この魔王城に僕、芦屋、真奥がいて、毎日のように遊佐や佐々木千穂がくる」

    漆原「もちろんベルも来てくれるし」

    鈴乃「・・・エンテ・イスラに戻りたいとは思わんのか」

    漆原「思わないよ。こっちの暮らしの方が僕は好きだよ」

    鈴乃「そうか・・・ここでずっと暮らしたいと思うか?」

    漆原「そうだね。もうちょっと贅沢な暮らしがしたいけど」

    鈴乃「じゃあ、いいだろうか」

    漆原「何が?」

    ずっと一緒にいていいだろうか。人間としてではなく、女として。
  9. 9 : : 2013/12/01(日) 13:56:23
    くぅ疲これ完

    短いっすねww前みたいにもうちょっと長くできればいいのですが。。
  10. 10 : : 2013/12/01(日) 13:59:41
    面白かったです!!!
  11. 11 : : 2014/02/17(月) 17:33:44
    つまんねぇし文才ねぇ
  12. 12 : : 2014/03/31(月) 21:42:34
    そんなことはない
    良かった
  13. 13 : : 2014/04/05(土) 20:31:40
    短すぎ…
    終わりがすっきりしない
  14. 14 : : 2014/08/23(土) 02:28:56
    漆原と鈴乃のSEXする話しが欲しい

  15. 15 : : 2014/08/23(土) 02:31:12
    漆原と鈴乃が結婚する話しが欲しい
  16. 16 : : 2014/08/23(土) 02:32:56
    もっと書いてください
    でも、確かにエロい話しもいいなーと
    思いますよー
  17. 17 : : 2014/08/23(土) 03:37:37
    SEX10連発したった
  18. 18 : : 2014/08/23(土) 03:39:00
    マンコ美味しいー
    彼女はJカップ
    揉みすぎた
  19. 19 : : 2014/08/23(土) 03:40:08
    はたらく魔王様の話しですら無い
  20. 20 : : 2014/08/23(土) 03:41:23
    でも漆原と鈴乃がSEXしてる話しが
    欲しいですまた書いてください
  21. 21 : : 2015/05/24(日) 03:13:28
    ほのぼのが良かったです♪
  22. 22 : : 2015/06/27(土) 12:08:11
    そこそこでした^_^
  23. 23 : : 2015/08/12(水) 22:47:24
    おまいらエロを求め過ぎwwwwww
    乙乙!
    こういうのは本当大好きだからもっと描いて欲しい

▲一番上へ

名前
#

名前は最大20文字までで、記号は([]_+-)が使えます。また、トリップを使用することができます。詳しくはガイドをご確認ください。
トリップを付けておくと、あなたの書き込みのみ表示などのオプションが有効になります。
執筆者の方は、偽防止のためにトリップを付けておくことを強くおすすめします。

本文

2000文字以内で投稿できます。

0

投稿時に確認ウィンドウを表示する

著者情報
gameonry0321

凛推しラブライバー@古参探索勢

@gameonry0321

「はたらく魔王さま!」SSの交流広場
はたらく魔王さま! 交流広場