ssnote

x

新規登録する

作品にスターを付けるにはユーザー登録が必要です! 今ならすぐに登録可能!

この作品は執筆を終了しています。

エレン「グリシャ…グリシャ………ギリシャ!! ソーレッ☆!」ダダダダダダダダダ

    • Good
    • 26

loupe をクリックすると、その人の書き込みとそれに関連した書き込みだけが表示されます。

▼一番下へ

表示を元に戻す

  1. 1 : : 2015/07/26(日) 09:56:32
    久々に書きます
    思いつきなんで誤字脱字等拙い箇所は多々あると思いますがよろしくお願いします
    元ネタがわからない人はこちらをみてくれればわかりやすいかと
    https://m.youtube.com/watch?v=dYuAKRLkMq8
    ネタ系なんで生暖かい目で見ていただけるとありがたいです
    コメントもらえたらうれしいです
  2. 2 : : 2015/07/26(日) 09:57:54
    〜森の中〜

    グリシャ「エレンよ、この地球儀は常に肌に離さず持っておくんだぞ」

    エレン「え、やだよ。こんなのかさばるし邪魔でしかたないよ」

    グリシャ「そんなことを言うな。これはいつかきっと人類の希望になる」

    エレン「へぇー希望かー」

    グリシャ「そうだ。このグリシャの言葉を忘れるなよ」

    エレン「グリシャの言葉…グリシャ…」




    エレン「ギリシャ!!ソーレッ☆!」ダダダダダダダダダ

    エレン「ここ!ギリシャ!!」ビシッ

    グリシャ「よしっ! その調子だ!」



    それがエレンの覚えているグリシャさんとの最後の会話らしい。それ以来グリシャさんは姿を消し、僕らは訓練兵になった。

  3. 3 : : 2015/07/26(日) 10:23:39
    訓練所

    キース「貴様は何者だ!」 

    コニー「ハッ!」 

    キース「逆だァ馬鹿者! 貴様の心臓は右側にあるのか……!?」 

    コニー「」グググ 

    キース「……ん?」 



    サシャ「」モグモグ

    キース「貴様…おい貴様」

    サシャ「?」モグモグ

    キース「貴様だ貴様ァ! 貴様は何者なんだァ!?」 

    サシャ「ダウパー村出身サシャ・ブラウスです」

    キース「貴様は何を食べている?」

    サシャ「蒸かした芋です」

    キース「いやわからんな…なぜ芋を食べている」

    サシャ「調理場にちょうどいい頃合のものがあったのでつい」

    キース「…ブラウス。誰がここで芋を食えと言った?」

    サシャ「?」



    エレン「食えと?」




    キース「誰がここで芋を食えと言ったんだァ!?」

    エレン「食えと…」スタスタ

    キース「どうした? なんだ貴様は?」

    エレン「食えと…くえと…」

    エレン「クウェート!! ソーレッ☆」ダダダダダダダダダ

    エレン「ここ! クウェート!!」ピシッ

    全員(何言ってんだこいつ…)

    サシャ「あ、クウェートって書いてありますね」




    ジャン「……なあ、今もグラウンドを走ってるぜ、あの二人」 

    コニー「すげえレベルの高いバカだったよな。特に男のほう」 

    アルミン「昔は普通だったんだけどね。気がついたら地球儀とかいうあの丸い球体を持っててそれからあんな風に変な発作が出るようになったんだ」

    ライナー「なんであんなモノが壁の中に」コソコソ

    ベルトルト「知らないよ」コソコソ
  4. 4 : : 2015/07/26(日) 10:52:21
    訓練所〜夜〜

    エレン「ふぅ。ようやく終わったか」ゼェゼェ

    サシャ「はぁ。流石に疲れました」ゼェゼェ

    クリスタ「あ、いた」

    エレン「ん? あれは?」

    サシャ「はっ! この匂い…」

    サシャ「パァン!」ガブ

    クリスタ「ひぃ」

    サシャ「」モグモグゴクン

    クリスタ「お、落ち着いて食べてね。あなたはいる?」

    エレン「パァン!ゴクン…ぱんごくん…」

    エレン「バンコク!! ソーレッ☆!」ダダダダダダダダダ

    エレン「ここ!バンコク!!」ビシッ

    クリスタ「あ、本当にバンコクって書いてある!」

    エレン「あ、パン俺も貰っていいか」

    クリスタ「う、うん」

    ユミル(な、なんだあいつ…)

    クリスタ(不思議な人だなぁ)
  5. 5 : : 2015/07/26(日) 10:58:53
    エレン「いやー食ったわ」

    サシャ「女神のおかげで夕飯食べれましたね」

    クリスタ「だから女神じゃないってば」

    ユミル「そうだぞ芋女。こいつにはクリスタって立派な名前が…」

    エレン「クリスタ…クリスタ…」

    エレン「クラナダ!! ソーレッ☆!」

    エレン「ここ!クラナダ!!」

    ユミル「こいつのこれは大丈夫なのか?」

    クリスタ「う、うーん。多分平気なんじゃないのかな」アハハ

    サシャ「というか今のは少し無理がないですかね…」

    アルミン「騒がしいと思ったらやっぱり君か」

    ジャン「よう。バカコンビ」

    サシャ「むぅ。バカとはなんですか!」

    アルミン「サシャにはともかくエレンにそういう風に絡んでも無駄だ…って聞いてないなこれ」

    ジャン「いや馬鹿だったろ。二人とも」に

    エレン「馬鹿だったろ?」

    ジャン「な、なんだよ」

    エレン「馬鹿だった…ばかだった…」

    エレン「バグダッド!! ソーレッ☆!」ダダダダダダダダダ

    エレン「ここ!バグダッド!!」ビシッ

    サシャ「……すいません。馬鹿であってますね」

    アルミン「ごめんね。これ発作みたいなもんだから流してあげて」

    ジャン「お前の言う通りこりゃ絡んでも時間の無駄だな」

    ミカサ「大丈夫。私はどんなエレンでも愛していける」





    そんなこんなで僕らの訓練兵生活は始まった



  6. 6 : : 2015/07/26(日) 11:22:20
    適性検査

    エレン「昨日はわるかったな」

    アルミン「しょうがないよ。エレンの意思を無視してくるんでしょあれ」

    ミカサ「私も気にしていない」

    ライナー「あの発作お前の意思無視してくるのかよ…」

    ベルトルト「いっそその地球儀捨てた方がいいんじゃ…」

    エレン「考えたけどこの地球儀絶対捨てるなって言われたしなぁ」

    キース「よしっ! 次ィ!!」

    エレン「お? 俺の番だ」






    ジャン「」プラーン

    コニー「」プラーン

    ンレエ「」プラーン

    キース「何をしているイェーガー! 状態を起こせ!」

    クリスタ「というかあんな地球儀抱えてたらバランス取りにくいんじゃ」

    ユミル「バカにはバカなりの考えがあるんだろ」

    エレン「く、くそっ」

    エレン「こんなところで終わってたまるかァ!」グルン

    全員「オォォォォーーー!!」

    トーマス「あいつすげぇな。あんなもん抱えて起き上がりやがったぞ」

    ライナー「あの体勢から体幹だけで浮かんだだと…」

    エレン「ん? 浮かんだ?」

    ベルトルト「というか地球儀手放せばもっと簡単だったんじゃ」

    アルミン「まぁそこはエレンだし」

    ミカサ「エレンだからこそできる技」ドヤァ

    エレン「浮かんだ…」ボソッ

    キース「どうした? そのままの状態を維持するばいいんだぞ」

    エレン「浮かんだ…うかんだ…」

    アルミン「まずい! 発作が!」

    ライナー「あそこで暴れたらまた倒れるぞ」

    エレン「ウガンダ!! ソーレッ☆!」ダダダダダダダダダ

    ジャン(足がついてないからか地球儀持ってジタバタしてやがる…)

    ライナー(そ、その割に軸が全くぶれないだと…)

    エレン「ここ!ウガンダ!!」ビシッ

    キース「そ、そうだな。合格だ」

    「やっぱりあいつすげーぞ」

    「なんか空中でジタバタしてた割に軸が全然ぶれてねぇ!」

    「あんなに早く地名を見つけるなんて」

    アルミン「暴走中は身体能力が上がるのか」メモメモ

    ミカサ「流石私のエレン」

    トーマス(冷静なこいつらも大概おかしいような…)

    ダズ(シガンシナ区では日常茶飯事だったんだろ)

    ミーナ(なにそれ怖い)

    キース(グリシャよ…貴様どうやったらあんな息子が育つんだ…)




    色んな困難を乗り越え



  7. 7 : : 2015/07/26(日) 11:28:43

    対人格闘

    ライナー「」ドサッ

    エレン「手加減が下手で悪いな」

    ライナー「ったく。お、あれみろよ?」

    エレン「ん? なんだアニじゃねぇか。うまくサボってんな」

    ライナー「なぁ、あのやる気のなさそうやつに兵士の本分を教えてやろうぜ」スタスタ

    エレン「やる気なさそう?」スタスタ

    ライナー「おーい!アニ!」スタスタ

    アニ「なんだい」

    アニ(こいつあの地球儀の…)

    ライナー「そんなに教官の頭突きは嫌か? これ以上背を縮めたくなかったら真面目にやるんだな」

    アニ「」イラッ

    ライナー「さぁエレン。お前が教えてやるんだ」

    エレン「やる気なさそう…やる気なさそう」スタスタ

    ライナー(はっ! いつの間に発作が!?)

    エレン「ブルキナファソ!! ソーレッ☆!」ダダダダダダダダダ

    エレン「ここ! ブルキナファソ!!」ビシッ

    アニ「……え? 教えるってまさかこのこと?」

    ライナー「いやそうじゃなくてだな。待て、違う」




    ア゙ア゙ア゙ア゙ア゙





    たまにエレンの発作が周り(主にライナー)を巻き込んで混乱を生みながらも




  8. 8 : : 2015/07/26(日) 11:36:33
    くっwwwww
  9. 9 : : 2015/07/26(日) 11:54:41
    兵站行進


    キース「アルレルト!! ペースを上げろ!」

    アルミン「くそっ」タッタッタッ

    キース「所詮は貴様はこの程度か?」

    アルミン「こんなところで!」

    キース(アルミン・アルレルト。体力面において兵士の基準を大幅に下回る。ただ座学において非凡な発想を見せる)

    ライナー「おい、荷物貸せ。このままじゃお前もリタイア組になっちまうぞ」

    キース(ライナー・ブラウン。屈強な体格と精神力を持つ。何より仲間から高い信頼を得る)


    「お前もリタイア組に?」


    アルミン「でもそんなところ見つかったら教官に怒られるよ」

    ライナー「なら精々見つからないことを祈るんだな」

    「もリタイア…もうリタイア…」┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨

    ライナー(なんだこの音? はっ!前から来るってことはまさか…)

    アルミン「もう足でまといはこりごりだ!」ガバッ

    エレン「モーリタニア!!ソーレッ☆!」ダダダダダダダダダ

    ライナー「アルミン前見ろ! 前!」

    エレン「ここ!モーリタニア!!」ビシッ

    アルミン「エレン!? ってうわぁーっ」




    ドンガラガッシャーン





    キース(そしてエレン・イェーガー。目立った特技は見られないものの人一倍高い目的意識を持つ。また、たまに謎の発作により周囲を混乱させる)

    キース(グリシャよ。あいつの発作はどうにかして治らんのか…)




    なんだんかんだ大きな問題を起こすことなく



  10. 10 : : 2015/07/26(日) 12:07:24
    雪山訓練

    ユミル「おい、いい加減にこいつおいてけよ。このままじゃ三人ともお陀仏だぞ」

    クリスタ「いやまだ助かるよ。私頑張るから」

    ユミル「お前さ、助ける気ないだろ」

    クリスタ「そ、そんなことないよ。私は」

    ユミル「ダメだろ。クリスタお前はいい子なんだからさ」

    クリスタ「な、何を」

    ユミル「人を巻き込んで殺しちゃそりゃ悪い子だろ」

    クリスタ「違う! そんなんじゃない! ダズはまだ助かる」

    「まだ助かる…」

    ユミル「はぁ…。なぁ、お前だろ妾の子は?」

    「まだたすかる…まだたすかる…」┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨

    クリスタ「い、一体どこでそのことを…」

    エレン「マダガスカル!!ソーレッ☆!」ダダダダダダダダダ

    クリユミ「「!!!?!!?!?」」

    エレン「ここ! マダガスカル!!」ピシッ

    クリスタ「……え、そこで聞いたの?」

    ユミル「そんなわけねぇだろ!! てかてめえどこから湧いた?!」

    エレン「ここ!マダガスカル!!」ピシッ

    ユミル「それはもういいんだよぉぉぉぉ!!」





    そんなこんなで卒業式までどうにか漕ぎ着けた



  11. 11 : : 2015/07/26(日) 12:13:59
    卒業式〜夜〜

    アルミン「やっと卒業できたね」

    エレン「色々大変だったな…」

    アルミン「本当にね…最後の方は勝手に飛び出して行くから何事かと思ったよ」

    エレン「それな。気がついたら知らない場所にいるから驚いたぜ」

    アルエレ「「HAHAHA」」

    ミーナ(笑い事で済むことなのかな…?)

    ダズ(シガンシナ民だからね、しょうがないね)

    エレン「ああこれで調査兵団に入られる!」

    トーマス「そういえばなんでお前らはそんなに外の世界に憧れてるんだ?」

    エレン「行ってなかったっけ。外にはいろんな物があるんだぜ。氷の大地、炎の水、砂の丘…」

    トーマス「へぇ色々あるんだな」

    エレン「炎の水…ほのおのみず…ほのおの…」

    ミーナ「あ、これまさか」

    アルミン「そのまさかだよ…」

    エレン「ホノルル!! ソーレッ☆!」ダダダダダダダダダ

    エレン「ここ!ホノルル!!」

    サムエル「今日のキレはイマイチだな」

    ミリウス「だな。少し無理やり感がある」

    ミーナ「それにしてもすっかりお約束として定着したね」

    アルミン「お約束のためだとしてもたまに壁突き破ってくのはやめて欲しいなぁ」

    ミーナ「それはもう諦めたら?」アハハ

    トーマス「てかさ、もしかしてそこも外の世界にあったりしてな」

    アルミン「さぁ。そんなことあるのかな」

    ミカサ「私は常にエレンのそばにある」

    ミーナ「うん。誰も聞いてないよミカサ…」





    そしてついにあの日を向かえた



  12. 12 : : 2015/07/26(日) 12:18:42
    一旦ここまでで
    夜に再開します
    多少無理やり感があるのは見逃してくだい。なんでもしますから!

    オチまで考えてるんで今日中に完結すると思います
    それにしても今の子たちにゴー☆ジャスネタって通じてるのかな?(・_・)

    >>8
    コメントありがとうございます!
  13. 18 : : 2015/07/26(日) 20:07:47
    璧上〜固定砲台整備中〜


    エレン「いやー最後までこの発作は治んなかったなぁ」

    アルミン「いっそその地球儀ここから投げ捨ててみたら」

    エレン「いやなんかいつの間にか手から離れなくなっててさ。本当に親父はとんでもないものを押しつけてくれたな」

    ミーナ(なにそれ怖い)

    トーマス(呪いの装備かよ)

    アルミン「あーそれで立体機動中にもそれを手放さなかったんだね」

    トーマス(てか驚かないアルミンもどうかしてるだろこれ)

    サムエル(地球儀抱えながら5位に入る変態と霊長類最強の女と幼馴染みなんだから慣れたんだろ)

    サシャ「」ゼェゼェ

    ミーナ「あれ? サシャそんなに慌ててどうしたの?」

    サシャ「食料庫から肉取ってきました」グヘヘ

    ミリウス「お、お前肉ってどんだけの貴重品かわかってんのか?!」

    サムエル「見つかったら独房もんだぞ!」

    サシャ「見つかる前に食べてしまえば問題ないですよ」

    コニー「俺も食うぜ。巨人から領土さえ取り返せばこれぐらいの肉すぐ食えるようになるだろ」
  14. 19 : : 2015/07/26(日) 20:09:26
    トーマス「おいおい。バカに余計な知識あたえたのどこのどいつだよ」

    ミーナ「ここにいるバカでしょ」

    エレン「どこのどいつ…どーこ…どいつ」

    アルミン「あーあ。また始まった。トーマス言動には気をつけてよ」

    トーマス「なんかわるいな。どう気をつければいいかわかんねぇけど」

    エレン「トーゴ!!ドイツ!!ソーレッ☆!」ダダダダダダダダダ

    エレン「ここ!トーゴ!! ここ!どいつ!!」ビシッビシッ

    トーマス「おい、なんか進化したぞ」

    アルミン「一気に二つとはたまげたなぁ」

    ミーナ「ファッ!?」

    アルミン「ん? どうしたの?」ニッコリ

    ミーナ「ナンデモナイテス」




    エレン「こんな展開ファンタスティック☆」

    全員「「!!!?!!?!?」」

    アルミン「ネタをやったのに発作が収まってない…だと…」

    トーマス「というかあのでかい帽子はどこから出したんだ?!」
  15. 21 : : 2015/07/26(日) 20:35:21
    エレン「はっはっはっ…ウォンチュー!!」

    ミーナ「え? なにこれエレン本格的に壊れてない」

    トーマス「いやそれはいつものことだろ」

    ミーナ「明らかにいつもより様子が変でしょ!!!」

    エレン「君と出会えて…ディスティニー☆」

    ミーナ「あ、はい//」キュン

    トーマス(ちょろい)

    サムエル(ちょろいな)

    サシャ(ちょろいですね)

    アルミン(ちょろいね。ってそんな場合じゃないないなこれ)

    ミリウス(いやそもそも今の言葉のどこに堕ちる要素があった?!)
  16. 22 : : 2015/07/26(日) 20:48:47

    アルミン「エレンしっかりしてよ。どうしちゃったのさ」

    エ☆レン「俺は…いや私はエレンではない。宇宙海賊…キャプテンエ☆レンだ! さぁみんな、私と一緒に宇宙旅行に出発だ!」

    ミーナ「お供します//」

    トーマス「エレンもおかしいけどこいつも大概じゃないか?」

    アルミン「トーマスだまってて。今それどころじゃない」

    アルミン(今まで考えたこともなかった。いつもネタをやり終わったらすぐにいつものエレンに戻ったのに。一体どうしたら元のエレンに戻るんだ?)

    エ☆レン「なんだ? みんな遠慮する必要はないぞ。 ああ、その前にやることがあったな」

    エ☆レン「おい。ライナー、アニ、ベルトルト。そこにいるんだろぉ〜。出てきたらどうだ?」

    アルミン「え? 何を言って」





    ライナー「驚いたな。なんで俺たちのことがわかった?」




  17. 23 : : 2015/07/26(日) 20:53:23

    アニ「あんたらの図体でかいからはみ出てたんじゃないの?」

    ベルトルト「そんなことある? 全身ちゃんと隠れてたはずだよ」

    エ☆レン「ある? 全身…ある? ぜんしん…」

    エ☆レン「アルゼンチン!! ソーレッ☆!」ダダダダダダダダダ

    エ☆レン「ここ!アルゼンチン!!」ビシッ

    ミーナ「流石エレン//」

    アニ「こいつどうなってんの?」

    ライナー「どいつのこと言ってんだ?」

    アニ「そりゃエレンのほ「どいつ…どいつ…」

    トーマス「この流れはまさか」

    アルミン「うん。さっきやったね…」








    エ☆レン「そんなバハマ!!ソーレッ☆!」ダダダダダダダダダ

    エ☆レン「ここ!バハマ!!」ビシッ

    アルミン「ま、まさかのフェイントだと」

    トーマス「またネタが進化しやがった?!」

    エ☆レン「ドイツだと思ったらだろぉ〜?」

    アニ(なんかよくわからないけどムカつくね…)イラッ

    アニ「とりあえずさっさとお前を殺してその地球儀を回収させてもらうよ」

    ライナー「悪く思うなよ。それはお前が持ってていいものじゃねぇ」

    ベルトルト「君が持っていたら世界が滅びかねないしね」

    トーマス(あの地球儀そんなにやばいものだったのかよ?!)

    アルミン(まぁ色々と不思議な点はあったしね。腕から離れないとかオカルトじみてるし)
  18. 24 : : 2015/07/26(日) 21:09:14
    コニー「よくわからねーがエレンはやらせねーぞ」

    サムエル「と、とりあえず俺上官呼んでくる」

    ライナー「させるか! ベルトルト、ウォールローゼを壊して中を混乱させろ」

    ベルトルト「わかったよ。ライナー」スッ

    エ☆レン「ウォールローゼ…ウォール…」

    エ☆レン「ウェールズ!!ソーレッ☆!」ダダダダダダダダダ

    エ☆レン「ここ!ウェールズ!!」ビシッ

    ベルトルト「ぐわぁぁぁぁぁ!!」

    ライナー(地球儀を持ちながらのタックルだと…)

    アニ(あの距離を一瞬でつめてくるなんて…)

    アルミン(確かに今まで暴走中はありえない身体能力を発揮していたけどまさか力を使いこなしているのか?!)

    アニ「ねぇベルトルト、しっかりしな。…くっ、こりゃダメだね。しばらく起きそうにないよ」

    トーマス「な、なんかよくわからんがエレンがベルトルトを倒したぞ」

    サムエル「てかあれ生きてんのか? 10mは吹き飛んでったぞ…」

    アルミン「今はそんなことどうでもいい! コニー、サシャ、サムエル、ミリウスは急いで上官呼んできて! 彼らは多分五年前シガンシナの事件に関わってる。幸いこの場は多分このエレンがいればなんとかなる」

    サシャ達「り、了解」
  19. 25 : : 2015/07/26(日) 21:36:20

    トーマス「そもそもこいつら敵なのか?」

    アルミン「わからない。でもローゼを壊せとか言ってたし何か知ってるはずだよ」

    ライナー「くっ作戦変更だ。他のやつらに気がつかれてない今がチャンスだ」

    エ☆レン「チャンスだ…チャンス…」

    ライナー「はっ!? ま、まずい!」

    アニ「ライナー、早く巨人化しな!」

    エ☆レン「チュニス!!ソーレッ☆!」ダダダダダダダダダ

    エ☆レン「ここ!チュニス!!」ビシッ

    ライナー「けはぁぁぁぁ?!」

    アニ「ライナー!?」



    ドンガラガッシャーン



    アルミン「あ…ありのまま今起きたことを話すよ。エレンが地球儀を回し始めたと思ったら消えて、ライナーが吹き飛んで大砲にめり込んでた。何を言ってるかよくわからないと思うけど僕自身もよくわからなかった。頭がどうにかなりそうだった…夜の立体起動とか淫らな堕天使クリスタとかそんなちゃちなものじゃ断じてない。もっと恐ろしいものの片鱗を味わったよ…」

    トーマス「もう俺らが何考えても無駄なんじゃないか」

    アルミン「そこは無駄無駄無駄って言ってほしかったなぁ」

    トーマス「ア、アルミンまでもおかしくなってきてやがる…」
  20. 26 : : 2015/07/26(日) 21:45:25
    アニ「まさかあの二人があっさりやられるなんて…」

    エ☆レン「ウォンチュー!! 君のハートにレボリューション☆」

    アニ(何を言ってるんだ? 私のハートにレボリューション? 革命?)

    ミーナ「ウォンチュー!!君のハートにレボリューション☆」

    アニ(ミーナまで、ウォンチュー…あなたが欲しい…そうか。エレン、ミーナこんな簡単なことだったんだね)

    トーマス「てかミーナいつの間に地球儀を持ってきたんだ…?」

    アルミン「一体いつからミーナが地球儀を持っていないと錯覚していた…?」

    トーマス「なん…だと…」

    ライナー「いてて。あの野郎ヤバすぎだろ…」

    トーマス(超スピードで大砲につっこんでおいていててで済むお前もやばいんだよなぁ)

    ア☆ニ「ウォンチュー!」

    アルトーライ「「!?」」

    ライナー「ア、アニ?」

    トーマス「とうとうアニにまでうつったぞ?!」

    アルミン「普通の伝染病よりよっぽどたち悪くないこれ?」

    ア☆ニ「君のハートにレボリューション☆」

    ライナー「くそっ、アニが洗脳されちまった」

    ア☆ニ「違うよライナー。私は気づいたんだ」

    ア☆ニ(生きることを諦めかけた私を必要としてくた…だから私は…こいつらのために)
  21. 27 : : 2015/07/26(日) 21:51:31
    ライナー「意味わかんねーよ。そんなことよりさっさと殺せよ」

    エ☆レン「殺せよ?」

    ライナー「そうだ。早くやれ。人類の敵を打つチャンスだぞ」

    ミ☆ーナ「チャンス?」

    ライナー「アニ、何があったかわからんがお前は壁の中でうまくやれよ」

    トーマス「おい! 何言ってんだ! こいつも敵なんだろ」

    アルミン「やめるんだ! とりあえずここは空気読んだほうがいいよ!」

    ライナー「アニを俺らと比べんな。俺らとは罪の大きさが全然違う」

    ア☆ニ「比べんな?」

    ア☆ニ(ライナー…不器用な私にもわかるならあんたにもわかるはずだよ)

    エ☆レン「ころせよ…ころっせよ」

    ミ☆ーナ「チャンス…チャンス…」

    ア☆ニ「比べんな…くらべんな」

    エレン「コロッセオ!!ソーレッ☆!」ダダダダダダダダダ

    ミーナ「チュニス!!ソーレッ☆!」ダダダダダダダダダ

    アニ「ラベンナ!!ソーレッ☆」ダダダダダダダダダ

    ライナー「それでいい。やるなら楽に頼むぜ」

    エレミーアニ「「ここ!コュッナオ!!」」ビシッ



    アルミン(かぶってて何言ってるかわからないよ…)

    トーマス(無駄に息合いすぎだろ)




    ライナー「ぐすっ、うおぉぉぉぉん…うおぉぉぉぉぉん」

    アルトー「「ファッ!?」」

    アルミン(吹き飛んでいない…?)

    トーマス(いや寸前でエレン達が止まってるのか?!)
  22. 28 : : 2015/07/26(日) 21:53:32
    ア☆ニ「ライナーどうして泣いて…?」

    エ☆レン「わけわかんねぇだろぉ〜?」

    トーマス(いやマジで訳わかんないんだけど…)

    アルミン(むしろ理解出来る人間いるんだろうか…)

    ライナー「そうだ…お前らの言う通りだ。俺はただ羨ましかったんだ…地球儀の操作に長けている…色んな地名を知っているお前が…」

    エレン「」ウンウン

    アルミン「エレンそんなこと言ったっけ…」

    トーマス「きっと何か通じるものがあったんだろ(適当)」

    ライナー「でもそれは間違ってたんだな…。よしっ、お前たちの言い分はよくわかった」

    アルトー「今ので何がわかったんだよ!?」

    ライナー「よし、じゃあ一発かますか」

    エ☆レン「ウォンチュー!!君のハートに…」

    エレミーアニライ「「レボリューション☆ 」」
  23. 29 : : 2015/07/26(日) 21:57:21
    エ☆レン「さぁ、猿を止めに行くか」

    ライナー「だが本当に俺なんかを仲間にしてよかったのか。確かに壁を壊したのは張本人のベルトルトの元仲間だぞ」

    ア☆ニ「宇宙海賊は心も宇宙のように広いんだよ。それに壁を壊したのはベルトルトだし」

    ミ☆ーナ「そうだよ。それに私達とっくに仲間だもんね。ベルトルトは別として」

    エレン「その通りだ。さぁ一緒に宇宙旅行へ出発だ。ベルトルトは別として」

    ライ☆ナー「お前ら…」

    アルミン「やつらはベルトルトに全部押しつける気なんだろうか…?」

    トーマス「てかいつの間にかにいい話みたいに終わろうとしてんだけど!?」

    グリシャ「宇宙海賊なら当然だな」

    アルミン「いやなんでも宇宙海賊だから! で解決できると思ったらおお間違いだよ……ってグリシャさん!??!」

    トーマス「アイェェェェ?!グリシャさん!? グリシャさんなんで!?」

    グリシャ「流石は我が息子。あの地球儀を使いこなしたか」

    エ☆レン「親父? なんでここに?」

    グリシャ「我が息子がちゃんと地球儀の力を使いこなしてるか心配でな」

    アルミン「てか生きてるなら自分でその力使ってなんとかすればよかったんじゃ…」

    グリシャ「いや年齢的に流石に私がそれをやるには厳しいものがあるというか」

    エ☆レン「」

    グリシャ「まぁ巨人側とwin-winの関係になれたし結果オーライということでいいではないか」ハハッ

    エ☆レン「win-win?」

    ミ☆ーナ「うぃんうぃん」

    アニライ「「うぃーん…うぃーん…」」ゴゴゴゴゴゴ

    アルミン「あっ…(察し)」

    グリシャ「待つんだエレンよ。その人数でそれはいけない! しかも私の後ろは壁の外だぞ?!」

    エレミーアニライ「「ウィーン!!ソーレッ☆!」」┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨

    グリシャ「やめろぉぉぉぉぉ! 来るなぁぁぁ!」

    エレミーアニライ「「ここ!ウィーン!!」」ピシッ

    グリシャ「うわぁぁぁぁぁ!!」

    アルミン「イイハナシダナ-」

    トーマス「ソウダナー」
  24. 30 : : 2015/07/26(日) 21:59:51


    グリシャさんを壁の外へと消し飛ばした後、エレン達宇宙海賊は巨人化したライナーたちと共に宇宙旅行へと出発して行った。
    残されたミカサをなだめるのは大変だったけどひとまず壁の中には平和が訪れたようだ。
    若干一名忘れているような気がするがきっと気のせいだろう。
    君たちは今どこで何をしてるんだろうか



    〜どこか遠い地〜



    エ☆レン「ウォンチュー! 君のハートに」

    エレミーアニライ「「レボリューション☆」」






    猿「……なにこれ?」






    アル☆ミン「こんな結末ファンタスティック☆」
  25. 31 : : 2015/07/26(日) 22:02:34

    これにて完結です
    思いつきのネタなのでまとめるのが大変でしたけどなんとかまとまったかな(´・ω・`)
    コロッセオは地名じゃないだろ!とか強引すぎぃ!とか色々思うことはあるかもしれまんせんが許してください! ベルトルトがなんでもしますから
    最後まで読んでくれた方ありがとうございました!
  26. 32 : : 2015/07/27(月) 03:42:59
    面白かった(笑)
    エレンがここ!○○!って言ってるの想像したら少し可愛いな
  27. 33 : : 2015/07/27(月) 04:27:25
    闇さんお久しぶり


    面白かった、乙
  28. 34 : : 2015/07/27(月) 06:43:37
    くっそwww
  29. 35 : : 2015/07/27(月) 07:29:12
    久々に面白い作品見た気がするw
  30. 36 : : 2015/07/27(月) 07:32:36
    面白いw
  31. 37 : : 2015/07/27(月) 07:49:21
    ソーレッ☆

    あ、やべ、はまったwww
  32. 38 : : 2015/07/27(月) 08:20:39
    乙カレーwwww
  33. 39 : : 2015/07/27(月) 13:05:23
    他にも色んなネタ仕込んであって草

    やりますねぇ!
  34. 40 : : 2015/07/27(月) 16:58:14
    懐かしいゴー☆ジャスだ笑
    昔ちょっと流行った。またテレビに出てほしい
    期待してます!!
  35. 41 : : 2015/07/27(月) 17:03:02

    発作という設定が面白かったです

    終わり方も良かったです!

    これからも期待してます
  36. 42 : : 2015/07/27(月) 21:30:11
    ゴー☆ジャスはまっちゃったw
    おつかれさまでした!
  37. 43 : : 2015/07/28(火) 20:41:20
    ゴー☆ジャスとコラボは面白いwwwww
  38. 44 : : 2015/07/29(水) 18:58:53
    乙でした
  39. 45 : : 2015/07/29(水) 21:58:04
    地味なジョジョネタが、べネ。
  40. 46 : : 2015/07/31(金) 00:59:01
    ラーミー氏の作品面白い。

    乙です
  41. 47 : : 2015/08/01(土) 22:53:26
    クッソワロタwwwwww


    乙っしたwww


    こんなネタ考え付くなんてwww

    貴方様ホントイケメンだわwww



    俺「イケメン!?」



    俺「イケメン…いけめん……」



    進☆ミナ「イエメン!!ソーレッ☆」ダダダダダダダダダダ




    進☆ミナ「ここ!!イエメン!!」ビシッ



  42. 48 : : 2015/08/01(土) 23:01:39
    >>47

    ノリよすぎw

    てかそんな呪いの地球儀いらんわ!ww


    俺「いらん!?」


    俺「いらん……いらん……」



    HAH☆AHA「イラン!!ソーレッ☆」ダダダダダダダダダ


    HAH☆AHA「ここ!!イラン!!」ビシッ
  43. 49 : : 2015/08/04(火) 09:47:16
    面白っかたです!!
  44. 50 : : 2015/10/27(火) 23:57:08
    >>48
    お前もなww
    まぁ洗脳されたんだから良いじゃないか

    俺『じゃないか!?』

    俺『じゃないか...じゃないか.....

    幼き赤☆色の餓狼『ジャマイカ!!ソーレッ☆』ダダダダダダダ

    幼き赤☆色の餓狼『ここ!!ジャマイカ!!』
  45. 51 : : 2015/10/28(水) 00:15:56
    ブ-ン ピト
    先輩『あ!蚊だ!』

    先輩2『おい。後輩、何してんだ?』

    俺『蚊だ!?..後輩!?』

    俺『蚊だ....後輩...』

    幼き赤☆色の餓狼『カナダ!!ドバイ!!ソーレッ☆』ダダダダダダダ

    幼き赤☆色の餓狼『ここ!カナダ!!ここ!ドバイ!!』ビシッ

    先輩先輩2『ウワァァァァ』

    クラスメイト『イイハナシダナー』

    先輩の友『ソウダナー』

    幼き赤☆色の餓狼『こんな展開ファンタスティック☆』
  46. 52 : : 2015/10/28(水) 00:39:15
    私「皆がどんどん洗脳されて行く…」コワイ…

    面白かったです!!
  47. 53 : : 2015/11/12(木) 20:33:31
    面白かったですwwwww
    テスト勉強中にこれ見たのは間違いだったwwwww
    これを私が学校でやったら注目されますかね?wwwwww


    ちさ「注目?ちゅうもく…ちゅうもく…」


    Chi☆Sa「中国!!ソーレッ☆」ダダダダダダダダダ

    Chi☆Sa「ここ!!中国!!」ビシッ

    Chi☆Sa「ウォンチュー!君のハートに」

    Chi☆Sa「レボリューション☆」

  48. 54 : : 2015/12/05(土) 15:44:57
    笑いが止まらないwwwwww
    このシリーズもっと見たいwww
  49. 55 : : 2016/01/19(火) 19:02:39
    次々感染者がwww
  50. 56 : : 2016/02/20(土) 02:42:48
    >>55 いや、もしかしたら感染者をもとに戻す方法があるんじゃないか?

    ラーメン好き「じゃないか?ジャナイカ」

    ラーメン☆好き「ジャマイカ!ソーレ☆」

    ラーメン☆好き「ここ、ジャマイカ!!」

    ラーメン☆好き「君のハートにレボリューション☆」
  51. 64 : : 2016/09/19(月) 15:43:35

    謎だわ~www
  52. 65 : : 2016/10/11(火) 18:49:23
    >>57>>63 ハイハイご苦労さん

    ゴー☆ジャスってイケボですよね〜〜(^ω^)
  53. 68 : : 2016/11/28(月) 19:13:19
    魔鬼天使 Muira.PuamaII:http://zzleshirts.com/p347.html
    ビグレックス:http://zzleshirts.com/p198.html
    男宝:http://zzleshirts.com/p329.html
    巨根カプセル:http://zzleshirts.com/p4.html
    D10催情剤:http://zzleshirts.com/p74.html
    SEX DROPS:http://zzleshirts.com/p220.html
    催情剤:http://zzleshirts.com/p74.html
    蔵八宝:http://zzleshirts.com/p430.html
    Spanish sex drops:http://zzleshirts.com/p170.html
    房事の神油:http://zzleshirts.com/p409.html
    魔根金中草:http://zzleshirts.com/p403.html
    韓国痩身一号:http://zzleshirts.com/p49.html
    蔵秘雄精:zzleshirts.com/p690.html
    夜狼神:http://zzleshirts.com/p689.html
    ペニス増大活力素カプセル:http://zzleshirts.com/p687.html
    バイアグラUSA純正品(VIAGRA):http://zzleshirts.com/p657.html
    King Wolf狼王戦宝(新二代)販売:http://zzleshirts.com/p655.html
    超級猛男健力カプセル販売:http://zzleshirts.com/p654.html
    中華牛鞭:http://zzleshirts.com/p60.html
    リドスプレー:http://zzleshirts.com/p212.html
    蟻力神:http://zzleshirts.com/p128.html
    五夜神生精片:http://zzleshirts.com/p741.html
    德國魔棒:http://zzleshirts.com/p737.html
    シアリス:http://zzleshirts.com/p727.html
    中華牛宝:http://zzleshirts.com/p710.html
    トラ王 滋養強壮:http://zzleshirts.com/p711.html
    超強 黒倍王:http://zzleshirts.com/p401.html
    興奮剤:http://zzleshirts.com/p684.html
    蒼蝿水:http://zzleshirts.com/p677.html
    SPANISCHE FLIEGE D5:http://zzleshirts.com/p168.html
    花痴:http://zzleshirts.com/p28.html
    同仁堂牛黄清心丸:http://zzleshirts.com/p256.html
    999皮炎平:http://zzleshirts.com/p70.html
    徳国公牛:http://zzleshirts.com/p777.html
    男露888:http://zzleshirts.com/p349.html
    五便宝:http://zzleshirts.com/p238.html
    同仁烏鶏白鳳丸:http://zzleshirts.com/p255.html



  54. 70 : : 2017/04/02(日) 16:51:29
    57~69 タヒね
  55. 71 : : 2018/11/17(土) 11:45:42
    70お前が死ね まじで

▲一番上へ

名前
#

名前は最大20文字までで、記号は([]_+-)が使えます。また、トリップを使用することができます。詳しくはガイドをご確認ください。
トリップを付けておくと、あなたの書き込みのみ表示などのオプションが有効になります。
執筆者の方は、偽防止のためにトリップを付けておくことを強くおすすめします。

本文

2000文字以内で投稿できます。

0

投稿時に確認ウィンドウを表示する

著者情報
r02c32g281ta

闇ラーミー

@r02c32g281ta

「進撃の巨人」カテゴリの人気記事
「進撃の巨人」カテゴリの最新記事
「進撃の巨人」SSの交流広場
進撃の巨人 交流広場