ssnote

x

新規登録する

作品にスターを付けるにはユーザー登録が必要です! 今ならすぐに登録可能!

このSSは性描写やグロテスクな表現を含みます。

アルミン「朝起きたらおっぱいに埋まってた」【現パロ】

    • Good
    • 0

loupe をクリックすると、その人の書き込みとそれに関連した書き込みだけが表示されます。

▼一番下へ

表示を元に戻す

  1. 1 : : 2015/06/29(月) 20:06:34
    注意
    ・性 転 換
    ・スレ主は巨乳好き
    ・恐らくガチのエロシーンがある、がんばって書く
    ・ミカエレ(ラッキースケベ的にはアルエレ?)
    ・キャラ崩壊
    ・現パロ、巨人中学校ではない

    僕の名はアルミン。幼馴染にエレン、ミカサがいる。体力がない、それ以外は大体普通の高校1年生。
    ……いやまぁ可愛いとか頭がいいとか何とか言われるけど、それ以外は本当に普通だと思ってる。うん。
    僕の通う高校は寮で生活をして過ごす寮制度がある。
    そして、僕はエレンと同じ部屋、ついでに同じベッドでもある。
    他にもジャンとかライナーとかマルコとかコニーとかがいるけど……。あ、あとベルベロス。多分。
    まぁ、そんな感じで、いつものように寝て、いつものように起きたんだけど。


    「すー……すー……」ムニュ

    アルミン「…………ナニコレ?」

    なぜ僕は、おっぱいに埋まっているんだ?
  2. 2 : : 2015/06/29(月) 20:16:21
    アルミン「……えと、これ……やっぱり」ムニュムニュ

    ???「ん……うう……すぅ……」



    アルミン(落ち着け落ち着け落ち着け落ち着け!!!!!!)

    アルミン(なんだこれはどういうことだこれはおっぱい!?あの女子にだけついてるとされる夢の詰まった柔らかい袋OPPAIがなぜここに!?いやそれよりここ男子寮だよね!?なんで女子がいるの!?)

    アルミン(ていうか柔らかいなにこれ!心地いい!不思議!でも恥ずかしい!なのに若干わくよ下心!て言うかやばいどんどんわいてきた股間がむずむずしてきたやばいやばいやばいやばい!!!!)

    アルミン(どうしようやばいあんなことこんなこと考えてしまいそうだ好きな人いるのにどうしようどうしようああああああああああだめだぁぁぁああああああああ)

    ???「ん……ふわぁ」

    アルミン(お、起きた!今だ離れよう!)ムニュン

    ???「ん……あれ……どうした、顔赤いぞアルミンー……???」

    アルミン「え!?」

    ???「どうしたんだ?……ふわぁ」

    アルミン(この子……僕のこと知ってる……?あれ、そういえば……エレンがいな……え、まさか)

    アルミン「……エレン?」

    ???「? そうだけど……」
  3. 3 : : 2015/06/30(火) 17:16:19
    アルミン「………うん、エレン」

    エレン「え、なんだよ」

    アルミン「ちょっと……下、向いてみて?」

    エレン「え、なんなんだいっt……」


    ポイーン


    エレン「…………お」



    「おっぱいだぁあああああああああああああああああああ!?!?」


    ジャン「なんだうっせえな、おっぱいが何だって……( ゚∀゚)o彡゜おっぱい!おっぱい!」

    ライナー「うるさいぞ、いったいな……これは、超大型おっぱい!?」

    ベルベロト「え、何……こ、神々しい!なんだこれは!おっぱい!?おっぱいなのか!?」

    マルコ「ふわぁぁ、おっぱいって聞こえ……お、おっぱい現人神さまぁああああああああああ!!!!」

    コニー「なんだようっせーn……すみません、そのおっぱい触っていいですか?」


    アルミン「なんかみんな起きた!!」

    エレン「な、何か全員怖い……主に手が」

    アルミン「うう……正直言って僕の息子もはちきれそうでとてつもなくその胸を揉みたいけどだめなのも分かるよ……!!でも……クソッ!!」

    エレン「アルミンまで!?」

    アルミン「……クッ、ごめんエレン!」

    エレン以外「お願いします!揉ませろくださぁあああああい!!!」ワキワキワキ

    エレン「わあああああああ!だ、誰かああああああああああ!!!!」


    「エレン!!」


    『え?』
  4. 4 : : 2015/06/30(火) 17:21:11
    ミカサ(♂)「エレン!大変なの、私の身体が男になった!このままじゃエレンと結婚できn……」

    エレン以外「」

    エレン「え……ミカサ……なのか?」

    ミカサ「……エレン、まさかあなたも性別が……それより、そこのエレンに群がる糞男ども」


    ミカサ「……肉をはぎ取ってあげるから、そこに並んで。逃げようとしても、逃がさない」


    エレン以外「\(^o^)/」


    その後、めちゃくちゃ肉をはぎ取られた……(ただし僕は免除された)
  5. 5 : : 2015/06/30(火) 18:57:52
    それから数十分……

    エレン「とりあえずまとめると……」


    アルミン「あ…ありのまま 今 起こった事を話すよ!

    「ぼくは朝起きたと思ったらこの上なく素晴らしいおっぱいに埋もれていた」

    ライナー「な… 何を言っているのか わからねーと思うが」 

    ベルルルル「ぼくも 何があったのか わからなかった… 」

    マルコ「頭がどうにかなりそうだった… ひんぬーだとかきょぬーだとか

    そんなチャチなもんじゃあ 断じてない(もはや大きさとか関係ないぐらい)」

    コニー「もっと恐ろしいもの(おっぱい)の片鱗を 味わったぜ…」

    エレン「なんでそこまでおっぱいプッシュなんだよ!……あれ、ていうかジャンは……」
  6. 6 : : 2015/06/30(火) 19:05:21
    ジャン「あ…ありのまま 今 起こった事を話すぜ!

    「おれは心に決めた人がいるのにも関わらずクイーンおっぱいを揉もうとしたらミカサが男になってた」

    な… 何を言っているのか わからねーと思うが 

    おれも 何をあったのか わからなかった…

    頭がどうにかなりそうだった… 8つに割れた腹筋だとか特技が肉剥ぎなこととか

    そんなチャチなもんじゃあ 断じてねえ

    もっと恐ろしいものの片鱗を 味わったぜ…」

    エレン「こいつは一体何言ってんだ?」

    ミカサ「分からない……精神科に連れて行った方がいいだろうか」

    アルミン(ミカサの性転換のせいかなんかあらぶってる!!)
  7. 7 : : 2015/06/30(火) 20:01:08
    エレン「あれ、そういえばお前以外の女子は?」

    ミカサ「皆が起きる前に私が起きた。ので、知らない」

    エレン「そうか……ってまて」

    アルミン「え、何?何かあったの?」

    エレン「あ、いやさ……さっきから変な足音聞こえるんだけどよ」

    ジャン「え、まじでか?気のせいだろ死に急ぎ野郎だし」

    アルミン「正直僕も聞こえないよ」

    エレン「本当だって!それでさ」


    エレン「……結構時間たってるから、もしかしたらミカサに何かあったかもしれないって発想にいたって女子全員ミカサを探してるんじゃ……」


    『え』


    「ミカサー!どこですかー!!」

    「くっ……本当に見つかんないね……」

    「大丈夫かなミカサ……」

    「あんまり心配いらなくねえか?」



    『……』

    エレン「? おまえらどうしたんだ?」

    アルミン(……エレンは女体化していて……結構な美少女。そして、おっぱい。……女子。しかもおっぱい。それが男子寮にいて、僕ら男子に囲まれてる……)

    エレミカ以外(……み)




    (見つかったら……終わる!色々終わってしまう!!!)

    第一話
    「終わりそうな人生、最後にどうかおっぱいを」

    始まり

▲一番上へ

名前
#

名前は最大20文字までで、記号は([]_+-)が使えます。また、トリップを使用することができます。詳しくはガイドをご確認ください。
トリップを付けておくと、あなたの書き込みのみ表示などのオプションが有効になります。
執筆者の方は、偽防止のためにトリップを付けておくことを強くおすすめします。

本文

2000文字以内で投稿できます。

0

投稿時に確認ウィンドウを表示する

著者情報
mameco

眼鏡をかけた変態

@mameco

「進撃の巨人」SSの交流広場
進撃の巨人 交流広場
「ギャグ」SSの交流広場
ギャグ 交流広場
「ラブコメ」SSの交流広場
ラブコメ 交流広場