ssnote

x

新規登録する

作品にスターを付けるにはユーザー登録が必要です! 今ならすぐに登録可能!

この作品は執筆を終了しています。

エレン「お前は俺に勇気をくれた・・・・だから」

    • Good
    • 5

loupe をクリックすると、その人の書き込みとそれに関連した書き込みだけが表示されます。

▼一番下へ

表示を元に戻す

  1. 1 : : 2015/06/06(土) 22:05:57
    http://www.ssnote.net/archives/35623
    の続きです!!



    http://www.ssnote.net/archives/35642
    こちらも宜しくお願いします!!
  2. 2 : : 2015/06/06(土) 22:36:47
    期待!
  3. 3 : : 2015/06/06(土) 23:49:52
    期待してます!
  4. 4 : : 2015/06/07(日) 00:11:09
    新作!!!憧れの人って??
    期待です。
  5. 5 : : 2015/06/07(日) 00:50:14
    期待!!
  6. 6 : : 2015/06/07(日) 01:36:14
    期待してるよ!
  7. 7 : : 2015/06/07(日) 02:09:59





    ・・・・・12年前











    「母さん!行ってきます!!」」






    カルラ「いってらっしゃい、エレン」







    エレン「父さん!」






    グリシャ「ん?」






    エレン「今日こそ一本取るからね!」






    グリシャ「フッ・・・・ああ、楽しみにしてるよ」ニヤニヤ






    エレン「あっ!バカにしてる!!」








    グリシャ「さ~て、今日はどう遊んでやろうかね~」







    エレン「」ムキーーーーー!!!!







    カルラ「ほら、エレン。遅刻するわよ」







    エレン「うん!!いってくる!」タタタタタ







    カルラ「まったく」






    グリシャ「フッ」
















    ー学校ー





    ガラッ






    エレン「おっはよー!」






    みんな「!」






    「あっ!エレンくん!」





    「エレンくんだ!!」








    エレン「おはよう!」













    この日








    先生「はい!今日も1日元気に行きましょう~!」






    みんな「はーい!」













    アイツと出会った








    先生「おっ!今日は転校生が来たんだ!!紹介しよう!!」







    「えっ!転校生!?」





    「男の子?女の子?」






    先生「さて、どっちだろうな~」








    エレン「(1年生で転校生・・・・・誰だろう)」











    先生「入っていいよ」







    ガラ









    「」スタスタ










    みんな「」









    「初めまして!私は
















    パチッ












    エレン「・・・・・チッ」ムク










    思い出せない










    エレン「またわからなかった・・・・」











    アイツの名前と顔が











    エレン「・・・・ハァ」











    ーーーー












    ーーー











    ーー















    ー学校ー


    ガラ






    エレン「ふぁ~」






    「あっ、おはよう」







    エレン「よ~アルミン」






    ジャン「相変わらず、朝はしまらねェな」







    エレン「うるせー」






    ライナー「どうだ?女体化が解けた感想は?」






    エレン「あ~今なら人殺せそうだ」






    ベルトルト「・・・・」






    マルコ「怖いこといわないでよ」




    エレン「悪い悪い」







    コニー「なあ」






    エレン「あ?」







    コニー「アレ・・どうにかしてこいよ」






    エレン「」チラ









    ミカサ・アニ・ユミル・サシャ・クリスタ「」ズーーーーーーン








    エレン「やだ。めんどい」






    「も~酷いんじゃない~」







    アルミン「・・・ミーナがそれを言う?」






    ミーナ「いや~ん、かわいい女の子を責めないでよ~」






    エレン「俺は寝る」スースー








    ライナー「女体化が終わったら話してやるっていってなかったか?」






    ベルトルト「アハハ・・・エレンらしいね」








    ガラ








    キース「お前ら!!席につけ!!」







    みんな「」ゾロゾロ








    キース「え~明日は転校生が来る、皆わからないことを教えるように」






    みんな「!」








    マルコ「この時期に転校」






    ライナー「どんな奴だろうな」








    エレン「」スースー
















    ・・・・・放課後



  8. 8 : : 2015/06/07(日) 02:10:05



    エレン「ふぁ~」





    ライナー「エレン」トントン






    エレン「あ?」







    ライナー「いい加減・・・なあ」







    エレン「・・・・・ハァ」スタスタ










    ミカサ・アニ・クリスタ・サシャ・ユミル「」ズーーーーーン








    エレン「おい」






    ミカサ・アニ・クリスタ・サシャ・ユミル「」クル






    エレン「あ~帰るぞ」スタスタ









    ミカサ・アニ・クリスタ・サシャ・ユミル「・・・」









    エレン「・・・・・早く来いよ」








    ミカサ・アニ・クリスタ・サシャ・ユミル「う、うん!」タタタタ











    ダキッ







    エレン「暑い、離れろ」






    クリスタ「あああ~久しぶりのエレンだ!!」スリスリ





    ミカサ「エレンの香り」クンクン






    ユミル「もう一生口きいてくれないかと思った!」ギュッ





    アニ「/////」







    サシャ「エレン!エレン!エレンエレン!!」モギュ






    アルミン「あ~あ」






    マルコ「いつも通りに戻ったね」







    エレン「・・・・」








    ーーーー













    ーーー














    ーー

















    スタスタ





    サシャ「さあ!!!たくさん食べましょう!!」






    ジャン「クレープ?」






    アルミン「・・・・」







    エレン「ふぁ~」






    ライナー「眠そうだな」






    エレン「眠いんだよ」






    ミカサ「エレン!!コレを食べて!!」






    アニ「こっちを食べな!!」







    エレン「いい」







    ユミル「冷たい・・・」







    エレン「・・・・俺・・・ちょっと散歩してくるわ」スタスタ








    ミーナ「どうしたの?」






    ライナー「数日前からずっとああなんだよ」






    ベルトルト「いつもと違うよね」







    ジャン「そうか?あんな感じじゃなかったか?}






    ミカサ・アニ・クリスタ・サシャ・ユミル「」



















    ヒューーーーーーー






    エレン「」














  9. 9 : : 2015/06/07(日) 07:08:12


    ライナーに聞かれた時から同じ夢を見る












    異性で好きな奴?










    そんなのいない














    でも











    憧れたことがある













    名前も顔もわからない














    アイツに







    ーーーー











    ーーー











    ーー
















    バキ





    エレン「ぐっ!」







    六年生「くそ!!こんなガキが!」





    エレン「へっ!ちょっと問題教えてあげただけだろ!」






    六年生2「なんでテメェみたいな一年が・・・・」






    エレン「うるせェよ!」ダッ   シュッ







    六年生3「ぐへっ!」







    六年生たち「クソガキ!!」ダッ  シュッ スッ ゲシ







    エレン「ぐっ!くそ!」







    六年生4「ハァハァ・・・なめた態度取るんじゃねェ!」






    エレン「くそ!!三人程度なら余裕なのによ!!10人かよ!!恥ずかしいな!!おい!!」






    六年生「こ、このガキ・・・・その減らず口一生開かないようにしてやる!!」ブン







    エレン「ちっ!」









    ダッ








    シュッ








    六年生「!」







    メキ







    六年生「ぐへっ!」








    「」シュタ






    エレン「!」






    「本当に恥ずかしいことやるのね・・・・バカってすごいわ」






    エレン「」プルプル







    六年生5「誰だ・・・・このガキ」






    「この子のクラスメイト、そしてこの子を助けに来た」







    エレン「」プルプル








    「大丈夫?いmバキ






    六年生たち「!」







    「え・・・」







    エレン「邪魔すんな!!俺は・・・俺はこんな汚い奴らなんかに負けない!!」ダッ














    ・・・・・数分後






    エレン「ハァ・・・・ハァ・・・・」






    「すごいのね・・・・・10人ぐらいいたわよ」





    エレン「へっへ・・・まあな」








    「まあ、私は最初から私は貴方を連れて隙を見て逃げる予定だったけど・・・・」






    エレン「・・・お前・・・今日の転校生」






    「何が原因で喧嘩?しかも一年生の君が」






    エレン「君じゃねぇ、エレンだ。それとお前も一年だろ」






    「そうね、で?原因は?」







    エレン「六年生の問題を教えた・・・そしたらキレられた」






    「・・・・・本当に一年生?」








    エレン「そうだよ、で?お前は?」






    「一度紹介したのに・・・・・私はブツッ















    パチッ







    エレン「!」













  10. 10 : : 2015/06/07(日) 07:54:39
    誰だろう…気になる!
    期待です♪
  11. 11 : : 2015/06/07(日) 10:32:27
    期待です♪×999999999999999999999999999999
  12. 12 : : 2015/06/07(日) 11:04:39
    毎回毎回すごく面白いです!すごいですね!頑張ってください!
  13. 13 : : 2015/06/07(日) 11:17:53
    12<<それは…作者が神だからだ!
    キ・タ・イ♪
  14. 14 : : 2015/06/07(日) 13:08:53


    カーカー→カラス






    エレン「・・・・いつの間にか寝てたか」ムク











    また思い出せなかったな









    エレン「・・・・ハァ、戻るか」スタスタ








    「」スタスタ






    エレン「」スタスタ











    サッ







    エレン「」スタスタ









    「」クル


















    「エレン?」





    ーーー









    ーー
















    ・・・・次の日





    ー学校ー





    エレン「」スースー






    ミカサ「よしよし///」ナデナデ







    クリスタ「あー!!またミカサがエレンに膝枕してる!!」







    ア二「いい加減にしな!!」









    エレン「お前らうるさい」スースー







    サシャ「お布団まだ持ってきて!!」






    ユミル「自由すぎる」








    ア二「ほら、代わりな」グイグイ







    ミカサ「だめ!エレンは寝ぬたいの!エレンの安らぎを守るのが私の役目!」






    ユミル「それはお前じゃなくてもいい!!」






    サシャ「そうですよ!!エレンもどうせなら巨乳の人におっぱい枕されたほうがいいですよね!!」






    エレン「う~悪くないけど今はミカサの膝枕が一番だ」スリスリ







    ミカサ「////」







    ア二・クリスタ・サシャ・ユミル「」ギリギリ








    アルミン「・・・」






    ジャン「くそ・・・」







    ライナー「今日は転校生が来るっていうのに」






    ベルトルト「エレンはまるで興味ないんじゃない?」






    コニー「エレンらしいや!!」








    ガラガラ






    キース「お前ら!!席に付け!!」







    みんな「」ゾロゾロ







    ミカサ「エレン!起きて!」ユサユサ






    エレン「う~~」ウトウト





  15. 15 : : 2015/06/07(日) 13:08:59


    キース「・・・そこ」






    ミカサ「!!」





    キース「学校をなんだと思っている!!」






    エレン「はいは~い」






    ミカサ「すいません・・・」







    アルミン「(まあ、お布団ひいて寝てたらね)」






    マルコ「アハハハ・・・本当にいつもどおりだね」








    エレン「」スースー






    キース「え~それでは転校生を紹介する。入っていいぞ」







    ガラ





    みんな「」






    ジャン「女だな」





    ライナー「綺麗だな」





    ベルトルト「うん」







    「はじめまして、私はガタ







    みんな「!」クル






    エレン「あ・・・・・」







    ーーーー












    ーーー












    ーー


















    ザザザザザザザザ→雨






    エレン「」






    スタスタ









    「エレン」








    エレン「」








    「中に入ろ。風邪ひいちゃうよ」







    エレン「嫌だ」







    「あの・・・お母さんだけど・・・・」







    エレン「・・・・・・たい








    「え?」








    エレン「母さんを殺したやつ・・・・殺したい」ギリ








    「・・・エレン」







    エレン「なんで母さんが・・・なんで・・・・なんで」








    「・・・えr「なんでだよ!!!」ガシッ







    エレン「なんで母さんが・・・・なんで」ポロポロ








    「」







    エレン「母さんがいたから勉強が好きになった、母さんが勇気をくれたから父さんに毎日挑戦できた」ポロポロ







    「」









    エレン「母さんは・・・俺のすべてを勇気に変えてくれた」ポロポロ







    「」








    エレン「それなのに・・・・・もう・・・・・・いやだ」ギュッ











    スゥ






    エレン「」









    「泣かないで・・・エレン」ポロポロ








    エレン「」ポロポロ









    「エレンがお母さんを大切にしていた気持ち・・・わかるよ」ギュッ







    エレン「」ポロポロ








    「辛いよね、嫌だよね、悲しいよね」ポロポロ








    エレン「うっ・・・」グス








    「エレン」







    エレン「え・・・」









    「私がアナタに勇気をあげる・・・・・・だから



































    泣かないで」ギュッ












    ザザザザザザザザ










    エレン「フリーダ」


    ーーーーーーーーーーーー





    エレン「フリーダ?」








    フリーダ「エレン・・・・」





  16. 16 : : 2015/06/07(日) 13:39:06
    うぉーー!期待です!
  17. 17 : : 2015/06/07(日) 13:51:23
    期待!
  18. 18 : : 2015/06/07(日) 14:54:14
    フリーダって知らねw
    期待♪
  19. 19 : : 2015/06/07(日) 15:10:17
    フリーダ降臨超絶期待
  20. 20 : : 2015/06/07(日) 15:16:39
    フリーダ降臨ってパスドラ?モンスト?w
  21. 21 : : 2015/06/07(日) 15:23:16
    フリーダレイスのことですよ
    クリスタ(ヒストリア)の姉です
  22. 22 : : 2015/06/07(日) 15:52:33
    知らんかったw
    ていうか題的には告白てきな!?
    超期待♪
  23. 23 : : 2015/06/07(日) 17:41:35
    この二人がどうなっていくのかが気になるな~
  24. 24 : : 2015/06/07(日) 17:58:08
    本当に面白いですね!大変でしょうが、頑張ってください!
  25. 25 : : 2015/06/07(日) 18:13:39
    ま、まさかのフリーダ参戦とは‥‥これはまたさらに‥‥修羅場になるんじゃね?
  26. 26 : : 2015/06/07(日) 18:25:58
    いやフリーダの一発勝ちでしょ!
    期待♪×99999999999999999999999999
  27. 27 : : 2015/06/07(日) 18:26:49
    続きが気になり過ぎて寝れんわいw
  28. 28 : : 2015/06/07(日) 19:05:10
    もぉ最高に期待っすよ
  29. 29 : : 2015/06/07(日) 19:19:39
    ハイセさんの作品はとても面白い
    だけどとても残念だ…
    少しだけ期待してます。
    荒らしではないです、こんなコメントしてすいませんだした…
  30. 30 : : 2015/06/07(日) 19:38:20
    ハイセさん小説とか書いたら売れるな確実に
  31. 31 : : 2015/06/07(日) 20:33:56

    キース「なんだ・・・知り合いか?イエーガー」






    エレン「」







    フリーダ「」







    キース「なら、お前がこの学校を案内してやれ」





    エレン「・・・はい」







    キーンコーンカーンコーン






    キース「おっ、そろそろ終わらないとな。お前ら授業に遅れないようにな」






    みんな「はーい」








    ゾロゾロ






    エレン「」





    フリーダ「エレン・・・」






    エレン「来いよ」クイ





    フリーダ「ええ」スタスタ







    ミカサ「あああああああ、えええええええ、エレンが」





    クリスタ「違う女と」







    ア二「親しげに」






    サシャ「出会ってまだ数分の女と」






    ユミル「うそ・・・」ガク







    アルミン「エレン・・・知ってる感じだったね」





    ライナー「ああ」






    ミーナ「」ニヤニヤ







    ーーーー







    ーーー








    ーー














    エレン「久しぶりだな」





    ダキッ





    エレン「」






    フリーダ「ずっと・・・・会いたかった」ギュッ





    ギュッ






    エレン「俺も」






    フリーダ「エレン・・・あの時は何も言わずに・・・・その・・・」







    エレン「お前がこの街を出て行ったことか?」





    フリーダ「う、うん・・・お父さんの仕事の事情で少し・・・」






    エレン「で、帰ってきたわけか」





    フリーダ「うん・・・・・ごめんね・・・・エレンと別れを告げるのが辛くて」





    エレン「いいよ・・・・別に」






    フリーダ「エレン・・・」







    エレン「どうだ?今日空いてるか?」






    フリーダ「え?」






    エレン「久しぶりの街だろ。案内してやるよ」







    フリーダ「え!////それってでででで「デートだ」







    フリーダ「!!////」






    エレン「大丈夫か?」






    フリーダ「う、うん!」







    エレン「なら、放課後だ」スタスタ






    フリーダ「・・・/////」ギュッ













    ミーナ「(おもしろそ~)」ニヤニヤ






    ガシッ







    ミーナ「!!」






    エレン「変なことしたら殺す」ボソボソ







    ミーナ「あ、アハハハハ!!わわわわ、わかってますよ!」







    エレン「」スタスタ







    ミーナ「・・・・」

















    ・・・・放課後




  32. 32 : : 2015/06/07(日) 20:42:28
    エレンはフリーダが好きなのか?
    期待♪
  33. 33 : : 2015/06/07(日) 20:56:03
    絶対修羅場があるなこれ
  34. 34 : : 2015/06/07(日) 21:19:34
    エレン×フリーダ!!??
  35. 35 : : 2015/06/08(月) 05:54:03
    まだですか?まちきれない!
  36. 36 : : 2015/06/08(月) 20:57:14
    毎回毎回面白すぎる〜!!
    なんでこんなに上手いの!?ってぐらいに上手いですね!
    頑張ってください!応援してます!
  37. 37 : : 2015/06/08(月) 21:04:36
    ここまで来たらエレンとフリーダ両思いってことにしてエレフリでハッピーエンドにして欲しいです
  38. 38 : : 2015/06/08(月) 21:09:22
    エレフリ期待
  39. 39 : : 2015/06/08(月) 21:10:51
    俺、初エレフリの可能性50%
    期待♪×99999999999999
  40. 40 : : 2015/06/08(月) 21:46:09

    キース「はい、今日はこれで終わりだ。気をつけて帰れよ」






    みんな「はーい」









    ガタ






    ミカサ「エレン!!一緒にかえrガタ








    アルミン「エレン?」








    エレン「行くぞ」






    フリーダ「うん!}







    みんな「!!!」







    ア二「えええええええええ!!!」






    ユミル「どどどどど、どうして」






    サシャ「エレンと転校生が・・・・」






    ミカサ「エレン・・・・」ガク






    クリスタ「どうして」ガク







    ライナー「・・・」





    ベルトルト「どうする?」






    ジャン「気になるだろ」





    コニー「あとをつけようぜ」






    マルコ「いいのかな?」






    ミーナ「」ニヤニヤ






    ライナー「お前知ってるだろ」







    ミーナ「はて?なんのことやら~」







    ライナー「(白々しい)」






    ーーーー












    ーーー












    ーー


















    ー街ー


    エレン「」スタスタ






    フリーダ「///」ギュッ






    エレン「引っ付きすぎだ」





    フリーダ「いいじゃん//」ニコ





    エレン「・・・好きにしろ」






    フリーダ「うん」









    ー物陰ー




    ミカサ・ア二・クリスタ・サシャ・ユミル「」ギリギリ






    ライナー「おお~」





    ベルトルト「ア二たちが引っ付いても「離れろ」っていうだけなのに」






    ミーナ「いい感じだね~」







    アルミン「やっぱり知り合いなのかな?」













    エレン「・・・ハァ。フリーダ。ちょっとここでまってろ」スタスタ






    フリーダ「え?」






    エレン「」スタスタ








    ー物陰ー



    マルコ「あっ、エレンがどっか行った」







    ミカサ「今のうちにあの女を」ゴキ









    「あの女を?」







    ミカサ「排除する」







    ガシッ








    みんな「!!」







    ミカサ「」クル







    エレン「フリーダに手を出してみろ・・・・・お前ら全員


































    殺す」ギロ








    みんな「は、はい」







    エレン「たく」スタスタ








    ミカサ「」ガタガタ




    ア二「エレンが・・・初めて」






    クリスタ「怒った?」







    ミーナ「(あんなエレン見たことない・・・・)」

















    エレン「悪い待たせた」





    フリーダ「どこいってたの?」






    エレン「ちょっとな」






    フリーダ「?」






    エレン「それより行くぞ」






    フリーダ「うん」









  41. 41 : : 2015/06/08(月) 22:59:26
    もうこれはエレフリで決定でしょう!・・・ていうかエレフリがいい(・∀・)イイ!!期待!
  42. 42 : : 2015/06/08(月) 23:01:15
    うんこ
  43. 43 : : 2015/06/08(月) 23:08:08
    荒らしならやめて!
    うざいから
  44. 44 : : 2015/06/08(月) 23:37:31
    エレフリを見るのは初めてなのでエレフリを見てみたいですー
  45. 45 : : 2015/06/09(火) 02:19:26
    うんこに吹いたwエレフリかーまさかのフリーダかまぁフリーザよりましだね
  46. 46 : : 2015/06/09(火) 06:23:13
    初エレフリキマシタハーw
    期待
  47. 47 : : 2015/06/09(火) 16:47:01
    う○こって書いたやつホモにやられろw
  48. 48 : : 2015/06/09(火) 17:52:18
    続き期待
  49. 49 : : 2015/06/09(火) 19:43:39
    >>45
    フリーザwww
  50. 50 : : 2015/06/09(火) 20:26:05
    >>49
    それなwww
  51. 51 : : 2015/06/09(火) 20:37:12
    まだかな〜?
    期待過ぎます×99999999999999999999
  52. 52 : : 2015/06/09(火) 22:13:44
    続き早くお願いします
  53. 53 : : 2015/06/09(火) 22:30:17
    すいません、今日は用事かあったので書けませんでした。

    頑張って書いていくので待っててください

    本当にすいません
  54. 54 : : 2015/06/10(水) 03:22:48
    期待です!!!
  55. 55 : : 2015/06/10(水) 04:28:09
    期待
  56. 56 : : 2015/06/10(水) 06:13:38
    作者さん、忙しいときは無理しなくていいですよ^_^
    作者さんのペースでいいですよ!
    期待です♪
  57. 57 : : 2015/06/10(水) 15:48:52
    もう一回全部読んだけど何度見ても面白いです!
    期待♪
  58. 58 : : 2015/06/10(水) 15:55:04
    ハイセさんの作品は全て見ました最高です
  59. 59 : : 2015/06/10(水) 17:17:47
    >>56
    同意見です!リアル重要視でいきましょう(^▽^)ノ
  60. 60 : : 2015/06/10(水) 20:52:06
    ーーー







    ーー














    フリーダ「わー!これ懐かしい!」





    エレン「そうだな」










    ー物陰ー




    ライナー「結局つけてるけどいいのか?」





    アルミン「見つかったら殺されるね」






    ジャン「あの目はマジだったからな」






    サシャ「ミカサ、自分で歩いてくださいよ」ググ







    ミカサ「」ズーーーーン






    クリスタ「よしよし」ナデナデ





    ア二「エレンが・・・あんなにもアノ女のことを・・・」





    ユミル「・・・」
















    フリーダ「そう言えばエレンは学校でもモテモテなの?」






    エレン「なんでその話になるんだよ」





    フリーダ「だって、エレンを見る周りの目が・・・」







    エレン「知らねぇよ」






    フリーダ「相変わらずだね」






    エレン「お前も相変わらず普通だな」







    フリーダ「むっ!それは聞き捨てならないな!」







    エレン「普通だろ、別に特別な何かがあるわけでもない」






    フリーダ「失敬な!」








    エレン「まあ、そこがいいところだけどな」ポン





    フリーダ「!///」






    エレン「普通の優しさ、普通の厳しさ、普通ののことを当たり前に・・・・・いや、普通の行動はできないんだったな」ニヤ







    フリーダ「途中までいい感じだったのに台無しだよ!」






    エレン「ははははは」






    フリーダ「もうっ!」プイ






    エレン「怒んなよ」ポン






    フリーダ「ふ~んだ!」






    エレン「たく、怒ったときのおまえクリスタそっくりだぞ」











    ピク






    フリーダ「クリスタって誰?」クル





    エレン「あ?今俺の家に住んでる奴だけど」






    フリーダ「・・・・ねえ、エレンの家に行ってもいい?」






    エレン「別に構わないぜ」







    フリーダ「そう」










    ー物陰ー



    ミーナ「あ~移動するみたいだね~」






    アルミン「バレたら怖いな・・・」






    コニー「それにしてもこうして見るとカップルみたいだな」








    ライナー「ばか!!何言ってんだよ!!!」







    コニー「ん?」







    ゴゴゴゴゴゴゴオゴ









    男性陣「」クル







    ミカサ・ア二・クリスタ・サシャ・ユミル「カップル?}ギロ







    アルミン「だだだだだ、大丈夫だよ!!」







    マルコ「エレンが彼女なんて作るわけないじゃん!!」






    ジャン「マルコ!!それも色んな意味で!!!」






    マルコ「!」








    ミカサ・ア二・クリスタ・サシャ・ユミル「つくらいない?」ギロ








    男達「ひぃいいいいいいいいいい!!!」






    ミーナ「みんな~早くしないと見失うよ~」






    アルミン「(なんでコイツはこんなに冷静なんだよ!!!)」









    タタタタタタ







    ーーー









    ーー


















    みんな「!!」








    ーエレンの家ー
  61. 61 : : 2015/06/10(水) 21:15:16
    続きに期待しています(^-^)ゝ
  62. 62 : : 2015/06/10(水) 22:06:28


    ガチャ





    エレン「ほら、上がれよ」






    フリーダ「う、うん////」









    ガチャ







    クリスタ「私とエレンの愛の巣に」ギリ






    アルミン「今入っていったらまずいよね」







    ミカサ「関係ない」スゥ








    みんな「!!」








    ガチャ






    ミカサ「!」ガチャガチャ





    ジャン「閉めれれてるな」





    ア二「クリスタ!鍵!」






    クリスタ「うん!!」ガサガサ






    ミカサ「早く!!」







    クリスタ「あれ?あれ?」






    ユミル「どうした!?」







    クリスタ「鍵がない・・・・」






    サシャ「!!」







    ライナー「なあ」






    ベルトルト「うん」







    マルコ「エレンだろうね」







    ミーナ「残念だな~」







    ミカサ「それなら窓から隠れて見るのみ!!」タタタ







    ア二・サシャ・ユミル・クリスタ「うん!!」タタタタタ





    アルミン「ハァ・・・」






    マルコ「先が怖い」















    ーリビングー





    コト






    エレン「悪いな。コーヒーしかなくて」






    フリーダ「だ、大丈夫」チラチラ







    エレン「どうした?」






    フリーダ「い、いや・・・あれ」








    レイン「」スースー






    エレン「ああ、レインか。安心しろ襲いはしない」







    フリーダ「そ、そうかな・・・・」






    エレン「」ズズズ






    フリーダ「そう言えば、ずっと気になってたんだけど」







    エレン「ん?」







    フリーダ「どうして、エレンは片方だけ手袋を付けてるの?」







    エレン「・・・・・知りたいか?」






    フリーダ「う、うん」






    エレン「教えねぇよ」






    フリーダ「ええ~なにそれ!!」






    エレン「知りたいなら自分で調べてみろ」ベー







    フリーダ「このっ!」ダッ







    ツル








    エレン「!」シュッ








    ガシッ







    フリーダ「」






    エレン「大丈夫か?」






    フリーダ「え、ええ////ありがとう///」







    エレン「ん?」チラ








    コーヒー ポチャ ポチャ







    フリーダ「あ、ご、ごめん!」






    エレン「いいよ、俺もふざけすぎた。大丈夫か?」






    フリーダ「大丈夫。ちょっと服が汚れただけ」






    エレン「・・・・風呂入ってこいよ」






    フリーダ「!!」







    エレン「服も洗濯しといてやる。風呂入ってこいよ」






    フリーダ「いいよ!!そこまで!!」






    エレン「女性は肌を気にする・・・・母さんが言ってたぜ」ニコ






    フリーダ「え・・・・でも・・・・」






    エレン「別におまえの貧相な体なんて覗かねぇよ」







    フリーダ「!!ふんっ!」シュッ







    ガシッ









    フリーダ「!」グイ









    ガシッ





    エレン「ふ~ん」ギュッ






    フリーダ「あ///え////」ギュッ






    エレン「まあ、小学生よりはマシか」パッ






    フリーダ「」ムカ





  63. 63 : : 2015/06/10(水) 22:06:44


    エレン「入ってこいよ・・・風呂」






    フリーダ「ふんっ!!エレンの変態!!えっち!!!このアホンダラあああああああああああああ!!!」タタタタタ







    エレン「・・・・プッ」









    ー外ー





    ミカサ・ア二・クリスタ・サシャ・ユミル「」ギリギリ






    アルミン「怖い・・・」





    ベルトルト「エレン・・・積極的だね」





    ライナー「初めて見るな」






    ミーナ「そう?いつもと変わらないような気がするけど」






    ジャン「そうか?」
















    エレン「・・・・汗かいたし着替えるか」ヌギヌギ








    ガチャ








    エレン「!!!」








    フリーダ「エレン!!!!」タタタタ ビチャビチャ






    エレン「!」











    ダキッ ベチャ







    エレン「なにやってんだ!!」






    フリーダ「お風呂が!!お風呂の蛇口が!!」ポロポロ





    エレン「・・・あ」







    フリーダ「早く来て!!!」






    エレン「・・・ハァ」











    ガチャ










    ミカサ「エレンに・・・」






    クリスタ「裸で・・・」






    ア二「抱きついて・・・・」







    ユミル「上目遣いで・・・・」







    サシャ「おねだり・・・」ギロ







    ミーナ「」プルプル






    アルミン・ジャン・コニー・ライナー・ベルトルト・マルコ「」


















    ガチャ





    エレン「ハァ・・・お前が機械に弱いの忘れてたわ」






    フリーダ「だって・・・・」






    エレン「それといつまでタオルいっちょでいるつもりだ、服きろ」






    フリーダ「・・・・エレン」





    エレン「あ?」







    フリーダ「その腕・・・」






    エレン「・・・これか?」










    ー外ー




    サシャ「」ズーーーーン















    エレン「ちょっとな・・・」






    フリーダ「大丈夫?」スゥ






    エレン「大丈夫だ」






    フリーダ「・・・・ねえ、エレン////」






    エレン「あ?」






    パッ








  64. 64 : : 2015/06/10(水) 22:06:54


    ー外ー





    みんな「!!」
















    フリーダ「ど、どう////?」







    エレン「・・・・前隠せ」メヲトジテル










    ー外ー





    ジャン「くそ!!なんでこっち向きじゃないんだよ!!」






    ライナー「タオルで見えん!!!」







    ベルトルト「・・・・」








    ミカサ「あのクソアマ・・・」ギリ





    ア二「エレンを誘惑してんじゃねぇよ」ギリ





    クリスタ・サシャ・ユミル「」ギリギリ
















    エレン「隠したか」






    フリーダ「エレン////」





    エレン「その様子だと隠してないな」






    フリーダ「私/////エレンにだったらあげてもいいよ///」






    エレン「・・・・処女か?」







    フリーダ「う、うん/////」







    エレン「・・・・・ハァ・・・・・後悔するなよ」スゥ










    ガバッ








    フリーダ「!//////」









    ー外ー




    ミカサ「は、離せ!!」グググ





    アルミン「落ち着いて!!」ググ






    ア二「殺す殺す」ググググ






    ライナー「うおおおおお」グググ







    サシャ「シャアアアアアアアア!!!」ググググ






    ベルトルト「お、重い」グググ






    ユミル「離しやがれ!!!」ジタバタ






    ジャン「暴れんな!!」





    コニー「すごい力」グググ







    クリスタ「エレンの童貞は私の!!」グググ





    マルコ「・・・(弱い)」















    フリーダ「////」ゴクリ







    エレン「力抜けよ」







    フリーダ「うん////」






    エレン「」スゥ






    フリーダ「/////」ビクビク









    ピンッ







    フリーダ「あつっ!」






    エレン「ビビり過ぎ。冗談だろ」ムク







    フリーダ「じょ、冗談じゃない・・・・」







    エレン「たく・・・」







    フリーダ「エレン」






    エレン「処女ならいらねぇぞ」
































    「好き」









    エレン「」









    ー外ー




    みんな「」





















    フリーダ「エレンのこと好き」






    エレン「・・・・・そうか」







    フリーダ「友達としてじゃないよ・・・・異性として」






    エレン「」






    フリーダ「私と付き合って」







    エレン「・・・・」







  65. 65 : : 2015/06/10(水) 22:06:59


    ー外ー




    ミカサ「エレン・・・」





    クリスタ・ア二・サシャ・ユミル「」






    アルミン「(エレンのことをわかってるからこそ・・・異性としてとつけた・・・・あの人すごい)」





















    エレン「・・・俺も好きだぜ。フリーダのこと」






    フリーダ「!それn「でも付き合わない」









    フリーダ「!」







    エレン「悪いな」







    フリーダ「・・・どうして?他に好きな人がいるの?」







    エレン「・・・・別に」







    フリーダ「なら・・・どうして?」






    エレン「・・・・好きになっても





























































    見てくれる人がいないだろ」ニコ






    ー外ー




    ミーナ「見てくれる人?」





    アルミン「・・・・」














    フリーダ「・・・そう」







    エレン「フリーダ。おまえ今どこに住んでる」






    フリーダ「え・・・・えっと・・・普通に家で家族と」






    エレン「泊まってけよ。それとそこにいる奴らも」










    みんな「!」ビク







    エレン「最初からバレバレ」









    スゥ






    フリーダ「!!!」







    アルミン「アハハハ・・・・」





    マルコ「どうも」






    コニー「よう!」






    ジャン「ここ開けろよ」





    ライナー「すまんな」







    ベルトルト「アハハ・・・・」









    フリーダ「・・・」







    ミカサ・クリスタ・ア二・サシャ・ユミル「」ジーーーーー







    ミーナ「どうもどうも~」








    エレン「見てたんだろ」ニヤ






    ミーナ「もちっ!」






    エレン「そうか」






    ミーナ「私たちに見せつけたんだしょ~」ニヤ






    エレン「まあな」ニヤ







    フリーダ「!/////」カーー






    エレン「どうだ?みんなの前で処女を失わなくて良かっただろ」ニヤ






    フリーダ「このおおおおおおおおおお!!」ブンッ







    パシンッ







    フリーダ「うううっ・・・」






    エレン「それよりいい加減そのタオル一枚なんとかしろ」






    フリーダ「ふんっ!!」タタタタ








    エレン「ほら、上がれよ」









    ーーーー










    ーーー











    ーー


















    ・・・・夜
  66. 66 : : 2015/06/10(水) 22:30:51
    ハイセさん面白いです!図々しいですがCPはエレフリでよろしくお願いしますm(__)m
  67. 67 : : 2015/06/10(水) 23:10:06
    期待です、いつもいい作品ありがとうございます。
  68. 68 : : 2015/06/11(木) 00:11:05
    毎回面白い作品有難うです!
    期待です♪
  69. 69 : : 2015/06/11(木) 00:15:28
    期待!
  70. 70 : : 2015/06/11(木) 07:30:49
    期待
  71. 71 : : 2015/06/11(木) 15:46:09
    毎回毎回お疲れ様です!
    とても面白かったです!
  72. 72 : : 2015/06/11(木) 20:51:31
    続きちょうぜつ期待
  73. 73 : : 2015/06/12(金) 16:27:44
    まだですか?超絶期待♪
  74. 74 : : 2015/06/13(土) 07:28:15
    期待♪×99999999999999999999999999999999999
  75. 75 : : 2015/06/13(土) 16:10:15
    まだかなー?
    期待♪
  76. 76 : : 2015/06/13(土) 20:53:28
    続きが気になって寝れませんだから早く書いてください
  77. 77 : : 2015/06/13(土) 21:56:13


    ワイワイ







    アルミン「へえ、フリーダさんはエレンと小学校のころの知り合いなんですね」






    フリーダ「はい」







    エレン「たく、お前ら最後までつける必要なかっただろ」






    ジャン「気になるだろうが」





    ライナー「フリーダさん?」







    フリーダ「フリーダでいいよ」






    ライナー「エレンとはどういう関係で?」






    フリーダ「・・・・」







    エレン「昔の友達なだけだ」






    ミカサ「あ、あの・・・」






    フリーダ「はい?」







    ミカサ「その・・・・ごめんなさい」






    フリーダ「え?」







    ミカサ「私は貴方をこr・・・・・排除しようと思ってた」






    フリーダ「今サラッととんでもないこと言ったね」






    エレン「ミカサ」






    ミカサ「」ビクッ






    エレン「それとお前ら」







    みんな「」







    エレン「フリーダを傷つけるようならマジで殺す」ギロ






    ア二「・・・・エレンにとってその子はなに?」






    みんな「」ゴクリ







    エレン「・・・・恩人」







    ユミル「恩人?」






    エレン「憧れ・・・・・変人だけど俺のが憧れた優しさを持ってる」






    フリーダ「ひどい!!!変人じゃない!!」






    エレン「変人だろ。みんなの前で俺を誘惑するような奴」ニヤ







    フリーダ「!//////」









    エレン「それよりお前ら飯食おうぜ」






    マルコ「う、うん」








    クリスタ「できたよ~」





    ユミル「運ぶの手伝え~お前ら~」







    エレン「お~お前ら運べ~」






    ライナー「エレンも運べよ」





    ベルトルト「アハハ・・・・やめといたほうがいいよ」







    エレン「めしめし~」






    コニー「飯だー!」






    ア二・ミカサ・サシャ「」ジーーー








    フリーダ「」











    ガツガツ  バクバク









    ーーーー










    ーーー









    ーー















    エレン「あ~食った食った~」






    クリスタ「エレン!!お風呂入ろ!」







    みんな「!!!」







    エレン「あ~そうだな~入るか」






    フリーダ「ちょ、ちょっと!!!」







    エレン「あ?」







    フリーダ「その子女の子だよ!」







    エレン「うん」






    フリーダ「うんって・・・・・みんなもなんとか言わないの!?」






    ミカサ「そうね、お風呂に入りましょう」






    ア二「ほら、行くよ」





    ユミル「体洗ってやるよ」






    サシャ「またおっぱいもんでください!!」







    フリーダ「ええ!!??」







    エレン「でもお前らと入るきね~よ~」






    クリスタ「えー!一緒に入ろうよ~!」





    ミカサ「エレン、一緒に洗いっこしよ」






    エレン「え?胸揉んでいいの?」






    ミカサ「いいよ///」





    エレン「へえ~」






    ジャン「テメェ!!」







    エレン「ま~それでもお前らとは入らないけど~アルミン。行くぞ」





    アルミン「うん」







    ライナー「俺たちもいいか?」






    エレン「お~男ども~入りに行こうぜ~」







    コニー「おお!!」






    ミーナ「エレン~みんなで入ろ~よ」






    ミカサ「エレン以外に肌を見せるなら私は入らない」






    ア二「私も」





    ユミル「キモイ奴らと入れるかよ」





    サシャ「エレンとがいいです」







    ジャン「うっ・・・・」





    ライナー「心が・・・」






    ベルトルト「折れる・・・・」








    エレン「お~じゃあ、入ってくるわ~」









    ガチャ








  78. 78 : : 2015/06/13(土) 21:56:24


    シーーーーーン







    ミカサ「ねえ、フリーダさん」







    フリーダ「は、はい!!」






    ア二「アナタ・・・エレンのことが好きなのね?」






    フリーダ「そ、そんなことは・・・・///」モジモジ







    ユミル「告白のことろ見てんだ。隠さなくてもいい」







    フリーダ「・・・・フッ・・・なんのことやら」クル






    クリスタ「エレンを裸で誘惑してたよね」






    フリーダ「!!!」







    ミーナ「私が見た限りアレはCはあったよ」





    フリーダ「なっ////」







    サシャ「どこが好きなんですか?」





    フリーダ「/////全部」






    ミカサ「そう・・・・私もエレンの全てが好き」





    ア二「私も」





    ユミル「同じく」





    サシャ「大好きです!」






    クリスタ「私も!」







    フリーダ「・・・やっぱりエレンはモテモテだね」






    ミカサ「フリーダさん」






    フリーダ「は、はい!」






    ミカサ「負けないから」ニコ






    フリーダ「!・・・・・うん」








    ガチャ







    エレン「はっはっは!!!」







    みんな「!!」







    ライナー「エレン!!」






    ジャン「テメェ!!」









    クリスタ「きゃああああああああああああ!!」







    ライナー・ジャン「あ・・・・」









    シュッ








    ライナー「ごっ!」







    ジャン「がっ!」











    ミカサ「不潔」




    ア二「キモイ」








    エレン「お~いたそ~」







    ユミル「おまえ前隠せ!!/////」






    エレン「いいじゃねェか、いつも見てるだろ」






    サシャ「あ~確かにです」






    クリスタ「それよりなんで裸できたの?」









    「説明しようか?」ベチャ






    クリスタ「!アルミン!」







    マルコ「うっ・・・・死ぬ」ベチャ







    ユミル「何やったらそうなるんだよ」








    アルミン「エレンが・・・」








    エレン「よし!!!もう一回やるぞ!!」







    アルミン「やらないよ!!」







    エレン「いいじゃねェか!」






    コニー「エレン!!もう一回だ!!」






    エレン「おう!!」








    クリスタ「何やってるの?」







    アルミン「人間ボーリング」







    マルコ「投げる側とピン側。タライを投げてどれだけ倒せるか・・・というゲーム」






    ユミル「危険だな」






    エレン「よし!!やるぞ!!」








    ジャン・ライナー・ベルトルト・マルコ・アルミン「やらねェよ!!」






    コニー「よし!それじゃあエレン!!違うゲームやろうぜ!!」







    エレン「おう!流石コニーだ!!」





    コニー「おう!!」
















    フリーダ「・・・フフ」







    ミカサ「どう?」






    フリーダ「楽しいよ」ニコ





    ア二「でしょ」









    ーーーー











    ーーー











    ーー


















    ー寝室ー

  79. 79 : : 2015/06/13(土) 22:07:08


    ジャン「よし!!ゲームしようぜ!!」





    エレン「めんどい」






    ライナー「ゲームってなにするんだよ」






    ジャン「フフフフ・・・・また王様ゲームだ!!」






    みんな「!!」








  80. 80 : : 2015/06/13(土) 22:29:09
    期待!
  81. 81 : : 2015/06/13(土) 23:17:54
    おぉ!!王様ゲーム第二弾!期待しています!
  82. 82 : : 2015/06/13(土) 23:39:31
    王様ゲームって?なんですか?
  83. 83 : : 2015/06/14(日) 00:45:53
    >>82
    クジ引いて当たりの人が王様になりクジに書いてある数字を使いなんでも命令できるゲームです!
  84. 84 : : 2015/06/14(日) 00:51:44
    クジで王様を決めて。王様がほかの人たちに命令するゲームです。命令する内容はエッチなのが多いです。

    今回はクジで王様を決めて、あらかじめ命令を紙に書いてそれを王様が引くようにしています。
    また名前の指名をなしとして番号だけにしています。


    わかりにくい説明ですいません。

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー










    マルコ「また?」





    ジャン「おう!!やろうぜ!!」






    エレン「いやだ」






    ミカサ「エレンがしないならやらない」






    アニ「それより寝よう」ゴソゴソ






    エレン「おい」







    アニ「なに」






    エレン「なんで俺の布団に入ってんだよ」






    アニ「////ダメ」







    エレン「ダメだ」






    アニ「チッ」






    エレン「たく」







    ジャン「おい!!エレン!!やるぞ!!てかやりやがれ!!」






    エレン「あ?」ギロ






    ジャン「!」






    エレン「お前・・・俺に命令してんのか?あ?」ギロ スタ






    ジャン「い、いや・・・」ジリ





    エレン「お前・・・殺してやろうか}スタ






    ジャン「」ジリ







    エレン「」スゥ







    ジャン「!」メヲツブル









    「はいはい、冗談はそこまで!」







    ジャン「え・・・」






    エレン「チッ・・・・まあそれもそうだな」






    ミーナ「も~からかい過ぎだよ~エレン~」






    エレン「しょんべんくらい漏らすと思ったんだけどな」ニヤ







    ジャン「なっ!」







    エレン「まあ、よく耐えた方だ。褒めてやるよ」







    ジャン「エレン・・・テメェ」ギロ






    エレン「まあ、怒るなよ。ゲームはしてやるよ」







    ジャン「!」







    エレン「どうせなら面白くやろうぜ」ニヤ







    アルミン「(不安だ・・・)」







    ーーー








    ーー











    アルミン「え~これから王様ゲームを始めたいと思います」






    みんな「はーい」






    アルミン「ルールは前と同じでくじで王様を選んで王様がこちらの紙を引く。いいね」






    みんな「はーい!」






    アルミン「フリーダさん。ルールはわかった?」







    フリーダ「うん、おもしろそうね」






    アルミン「それでは各々紙にできる最低限のことを書いてこの箱のなかに入れてください」








    ミカサ「(エレンとえっちなことする!!)」





    アニ「(アイツと子作りする!!)」







    エレン「あ~一応言っておくが名前で指名するの無しな。全部番号だ」








    「チッ」







    エレン「ミーナ殺すぞ」






    ミーナ「?」







    ライナー「(さて、どんなこと書くか・・・・クリスタとイチャイチャしたいが・・・・どうもな~)」






    ベルトルト「(変なこと書いてもばれないけど・・・・そんなこと書いても無意味だし)」カキカキ







    ジャン「(ミカサと!)」カキカキ







    コニー「ん~?」






    エレン「・・・」カキカキ








    フリーダ「・・・」チラ














    できれば・・・・エレンと







    ユミル「・・・・よし」カキカキ







    サシャ「う~ん」カキカキ








    ・・・・・数分後






    エレン「よし、くだらないこと書いた奴はいないな」






    みんな「」シーーーン







    ジャン「よし!!始めようぜ!!」








    みんな「王様だーれだ!」シュュ









    マルコ「あっ・・・僕だ」






    アルミン「じゃあ、どうぞ」スゥ







    マルコ「うん」ガサガサ










    スゥ






    マルコ「・・・・」







    ライナー「なんて書いてたんだ?」








    マルコ「」スゥ







    ーーーーーーーー


    8番と2番は今夜一緒に寝る



    ーーーーーーーー






  85. 85 : : 2015/06/14(日) 00:51:49

    みんな「」






    ユミル「誰だ!?これ書いたの!」







    エレン「」ジーーーー







    ジャン「いいじゃねェ「ミーナか」








    みんな「!!」







    エレン「ミーナの字だ」ギロ







    みんな「」クル








    ミーナ「」ピューピュー







    エレン「・・・ハァ、まあルールはルールだ。8番と2番は誰だ」






    ミカサ「私が8番」スゥ







    ジャン「くそ!!!」







    アルミン「2番は?」








    「チッ」







    みんな「!」クル






    アニ「・・・私だよ」







    ミカサ「チッ」









    ミーナ「百合///いいね~///」ジュル







    ミカサ「エレンとかよかった」





    アニ「こっちのセリフだよ」






    フリーダ「こんな命令もあるの?」






    アルミン「気を付けた方がいいよ」







    ジャン「よし!!次だ!!」







    みんな「王様だーれだ!」シュッ










    コニー「よし!!!俺だ!!」






    アルミン「それじゃあ、引いて」






    コニー「おう!」ガサガサ










    スゥ






    コニー「?」








    ベルトルト「コニー。なんて書いてあったの?」







    コニー「これ」スゥ










    ーーーーーーーーー


    7番は9番に全力でタイキック



    ーーーーーーーーー









    ライナー「あっぶねえええ!!!」







    クリスタ「わ、私が9番」






    ユミル「!7番は誰だ!?」







    スゥ







    みんな「!!」







    エレン「俺だ」






    クリスタ「ええええ!!!」







    ライナー「ふう・・」





    ベルトルト「あぶなかった」






    マルコ「危うく痔になるところだった」






    アルミン「よかった」









    クリスタ「全然よくないよ!!!」







    ミーナ「さあ!!エレン!!クリスタに全力で全力で全力で!!タイキックを!!」






    ユミル「エレン!!やめてやれ!!」






    フリーダ「そうだよ、可哀そうだよ」







    エレン「でも王様の命令は絶対だろ?なあ?」







    コニー「おう!!俺が王様だ!!絶対だ!」








    エレン「そういうことだ」






    クリスタ「そんな・・・・」







    エレン「いくぞ」スゥ







    クリスタ「ひぃ!!」






    エレン「」シュッ



















    ポン






    クリスタ「え・・・」







    エレン「可愛いクリスタにそんなことするわけないだろ」ナデナデ







    クリスタ「エレン/////」ウルウル







    エレン「王様。俺はペナルティだよな」






    コニー「ん?あ、ああ」








    エレン「ペナルティだがオレが全員からタイキックでいいか?」






    みんな「!!」







    コニー「う~ん、いや、3人でいいぜ!!」





    エレン「コニー」








    コニー「王様だからな!!俺って心ひれぇ!」







    ジャン「よし!!俺がやるぜ!!」






    ミカサ「」ギロ







    ジャン「」タラタラ







    ユミル「私がやろう」






    サシャ「私もします!!」






    ミカサ「私もやる」







    エレン「ほら、やれよ」






    アルミン「(まあ、彼女たちのことだから・・・)」









    チョン  チョン   チョン







    ユミル「はい」






    サシャ「終わりです」






    ミカサ「エレン、大丈夫?」







    エレン「ありがとな、お前ら」ナデナデ







    ミカサ・ユミル・サシャ「えへへへへへ////////」ナデナデ










    アニ・クリスタ「」ギリ







    フリーダ「(いいな)」







  86. 86 : : 2015/06/14(日) 00:57:08
    期待!
  87. 87 : : 2015/06/14(日) 05:18:19

    ジャン「よ、よし!!次行こう!!」







    みんな「王様だーれだ!!」シュッ









    エレン「俺だ」






    アルミン「はい」






    エレン「」ガサガサ








    スゥ








    エレン「」スゥ









    ーーーーーーーー


    一番はリタイア



    ーーーーーーーー







    みんな「!!」






    コニー「あっぶねぇ・・・」





    ミカサ「フーーー」





    ユミル「よかった・・・・」









    ジャン「くそ!!!!」







    ライナー「・・・どんまい」






    エレン「なんだ、お前か」







    ジャン「俺の野望が終わった・・・」ガク







    アルミン「アホだね」





    マルコ「うん」







    ライナー「じゃあ、次行こうぜ」








    みんな「王様だーれだ!」シュッ







    フリーダ「あ・・・私」







    エレン「引けよ」






    フリーダ「うん」ガサガサ









    スゥ








    フリーダ「!!」







    アニ「なに?」







    フリーダ「・・・」スゥ





  88. 88 : : 2015/06/14(日) 05:45:55
    期待です!!
  89. 89 : : 2015/06/14(日) 06:34:02
    フリーダとエレンのキスでしょ!
    それか、一緒に寝るかでもいいです!
    どっちでもなくてもいいですw
    あ、期待です♪
  90. 90 : : 2015/06/14(日) 07:07:52
    フリーダとライナーキスおもろそう
  91. 91 : : 2015/06/14(日) 07:08:03
    あと期待してます
  92. 92 : : 2015/06/14(日) 07:39:33
    エレフリにしてくれー

  93. 93 : : 2015/06/14(日) 08:37:52
    エレフリがいいです
  94. 94 : : 2015/06/14(日) 08:40:42
    >>83なるほど、教えてくれてありがとうございます
    >>84いえいえ、わかり易くて内容がわかりました
  95. 95 : : 2015/06/14(日) 09:36:36
    90<<ベルトントン 「それはいけない」
  96. 96 : : 2015/06/14(日) 09:38:12
    ハンジ 「エレフリいいねー!」

    リヴァイ 「ほぅ 悪くない」
  97. 97 : : 2015/06/14(日) 13:57:04

    ーーーーーーーー


    2番と3番がキチュ♥



    ーーーーーーーー








    みんな「」






    エレン「」ギロ





    ミーナ「アハハッハハハッハ!!!」









    ライナー「な、なあ、やめないか?」






    ベルトルト「・・・ライナー・・・」






    ライナー「・・・2だ」







    コニー「フーー」






    アルミン「それで?3番は?」






    スゥ








    みんな「!!」






    エレン「オレだ」






    ミカサ「だめええええええええええ!!!!」シュッ








    ライナー「ぐへっ!」メキ








    ミカサ「エレン!!私と!!」ダッ






    みんな「!!」









    エレン「」グイ







    「え・・・」








    ミカサ「!」スーーーーー



















    チュッ♥








    アルミン「あ・・・」






    マルコ「・・・・」






    ベルトルト「・・・」






    ユミル「ふう・・・よかった」





    サシャ「エレンじゃなくてよかったです!」






    クリスタ「だね~」






    ア二「・・・」










    ミカサ・フリーダ「」チューーーーーー








    パッ








    フリーダ「」ヘナヘナ






    ミカサ「いやあああああああああああああああ!!!!!」ガーン







    エレン「よし、次行くぞ!!」








    ミカサ「ちょっと待って!!エレン!!今は貴方が3番を持ってるはず!!なのに!!」






    エレン「あ?それならフリーダのポケットの中に入れておいたぜ」ニヤ






    フリーダ「!」ガサガサ









    3番







    フリーダ「・・・エレン」ゴゴゴゴ







    エレン「女同士でキスとか面白いな」ニヤ






    ミカサ「せっかくのエレンとのキチュが・・・・」





    フリーダ「・・・ハァ」







    エレン「どうたどうた?そんなに俺とキスしたいのかよ」






    フリーダ・ミカサ「したい!!」









    フリーダ「あ・・・」







    エレン「そうかいそうかい、それならいいクジ引くことを祈っとくんだな」






    フリーダ「/////」カーーー








    ミカサ「(エレン・・・甘いわね。私は自分のターンが来るのを待ってる。・・・・そうエレンとの子作りを)」ニヤ








    アルミン「それじゃあ・・・・・次行く?」






    ユミル「そうだな」






    みんな「王様だーれだ!」シュッ










    ア二「あっ・・・私」 チラ






    マルコ「どうぞ」スゥ






    ア二「(これで・・・あいつと/////)」ガサガサ








    スゥ








    ア二「・・・・」ニヤ チラ







    エレン「あ?どうした?」







    ア二「(私の勝ち!)」スゥ






    ーーーーーーーーーー



    王様と七番がs●x♥




    ーーーーーーーーーー









    みんな「!」






    ミカサ・ユミル・サシャ・クリスタ・フリーダ「」







    ミーナ「ぎゃははははははっはは!!!!最高!!!」








    ミカサ「はっ!」クル






    エレン「?どうした?」






    ユミル「誰だ!?七番!!ライナーか!?ライナーだろ!」





    クリスタ「エレン以外で!!」






    マルコ「ちち、違う!!」






    アルミン「僕も違う!!殺さないで!!」






    ベルトルト「危ない・・・殺されるとこだった」





    コニー「フーーー」






    ライナー「フーーーー」









    サシャ「じゃあ!!女ですよね!!ですよね!!」






    ミーナ「私違うよ~」






    フリーダ「くっ・・・」






    クリスタ「もうっ!!」






    ユミル「てことは・・・・」









    エレン「ああ、オレだ。七番」






    ア二「(よし!!!)」







  98. 98 : : 2015/06/14(日) 13:57:20

    エレン「それじゃあ」スゥ












    ガシッ





    ア二「!」







    エレン「行くぞ~」スタスタ







    ア二「え!?どこに!?」ズルズル








    エレン「どこって・・・俺の部屋でヤるんだろ」







    ア二「//////」カーーー







    ザッ







    エレン「ん?」






    ミカサ「ダメダメダメ!!絶対ダメ!!」






    エレン「いや~でも王様の命令だし」







    クリスタ「さっき私にやったみたいにさあ!!ねえ!!」






    フリーダ「ダメよ!!」






    サシャ「いけません!!」






    ユミル「ダメだからな!!」







    エレン「いや~俺も高三だし~そろそろ童貞捨ててもいいんじゃないか?」








    マルコ「うわ~すごいこと言ったね」





    ライナー「迷いがないな」





    ベルトルト「ある意味すごい」







    ジャン「(ア二とあいつがくっつけば俺にも!)」







    ミカサ「なら私も混ざって3Pする!!」









    アルミン・ジャン・ライナー・ベルトルト・コニー・マルコ「」









    クリスタ「わ、私も混ざって4Pだよ!///」






    ユミル「私もだ!!5Pに変更だ!!////」






    サシャ「胸の大きな人がいないとダメでしょ!!6Pです!!///」







    フリーダ「わ、私も///混ざって///その////7P////」モジモジ








    エレン「え~めんどくさいからいいわ~」スタスタ





    ア二「あいつとs●x/////」







    ミカサ「エレン!!」






    フリーダ「ダメ!!」









    ガチャ







    ミカサ・クリスタ・ユミル・サシャ・フリーダ「」





    ミーナ「ぎゃははははははっは!!!!めちゃくちゃおもしろーい!!」


















    ーーーーーーーーーーーーーーーー




    ーエレンの部屋ー





    ア二「////」ポケー






    エレン「」ヌギヌギ









    ア二「!///」






    エレン「ほら、脱げよ」








    ア二「う、うん///」ヌギ








    ーーーーーーーーーーーーーー








    ー寝室ー





    アルミン「・・・あれから数十分」





    ライナー「長いな・・・」






    ベルトルト「しっ!ライナー」








    ミカサ・サシャ・ユミル・クリスタ・フリーダ「」ズーーーン








    マルコ「ちょっとでも触ると逆鱗に合いそうだね」










    ガチャ






    みんな「!!!」








    エレン「フーーー」




    ア二「///」シューーーーー








    ジャン「お、おまえ・・・裸ってことは・・・・」







    ライナー「やったのか?」







    ミカサ「そ、そんな」ポロ






    フリーダ「エレンの童貞は・・・小学校の時から決めてたのに」ポロ





    サシャ「こんなゲームでなくなるなんて・・・・」ポロ






    クリスタ「ひどいよ」ポロポロ






    ユミル「エレンのバカ」ボソ ポロ








    エレン「あ?やってねェぞ」







    みんな「!!」







    エレン「ア二の奴、裸で抱きついた瞬間。なんか~こう~「ボンッ!」ってなってな~」






    ア二「////」シューーーーー







    ミカサ「じゃ、じゃあ・・・・」ウルウル






    エレン「まだ童貞だな」ニヤ







    クリスタ「エレエエエエエエエエエエン!!!」ダキ






    エレン「おいおい。泣くほどか?」








    クリスタ「よかったよおおおおお!!!エレンがア二とやらなくて」ポロポロ グス








    エレン「安心しろ。クリスタ・・・俺はお前に童貞やるから」ナデナデ







    クリスタ「ほんと!」







    エレン「え?うそ」







    クリスタ「ひどいよおおおお!」ポカポカ







    エレン「叩くな叩くな」ポンポン

  99. 99 : : 2015/06/14(日) 13:57:25





    アルミン「もう・・・やめる?」






    ミカサ「いや!!あと数回しよ!」






    マルコ「・・・(絶対何かを狙ってる)」







    ミカサ・サシャ・クリスタ・ユミル・フリーダ「(あと数回が勝負!)」







    エレン「それじゃあ、ア二はリタイアな。」スゥ







    ジャン「」




    ア二「///」シューーーーー










    アルミン「それじゃあ、行くよ」







    みんな「王様だーれだ!!」シュ
  100. 100 : : 2015/06/14(日) 15:02:07
    え?裸で抱き合った?さりげなくすごい事してると思ったのは俺だけか?
    まぁいいやw
    期待♪
  101. 101 : : 2015/06/14(日) 15:04:26
    エレン 「ミカサが王様じゃないように」ナンダムナンダム

    ミカサ 「」チーン

    調子こきましたwすみませんm(_ _)m
  102. 102 : : 2015/06/14(日) 15:05:05
    クリスタかフリーダがいいな〜!
  103. 103 : : 2015/06/14(日) 16:20:14
    エレンとフリーダがsex
  104. 104 : : 2015/06/14(日) 18:39:27
    エレンとフリーダで
  105. 105 : : 2015/06/15(月) 10:22:33
    エレフリエレフリエレフリ✖︎999999
  106. 106 : : 2015/06/15(月) 15:06:31
    俺の初エレフリをこのSSにしてください!
    期待♪
  107. 107 : : 2015/06/15(月) 16:46:25
    別に安価じゃないんですし推すのやめません?
    あ、期待です!
  108. 108 : : 2015/06/15(月) 17:09:00
    期待してます!
  109. 109 : : 2015/06/15(月) 17:13:13
    107<<そうですね…作者さんごめんなさいm(_ _)m
  110. 110 : : 2015/06/15(月) 20:53:10

    マルコ「あっ、僕だ」





    ミカサ「チッ」





    アルミン「・・・・どうぞ」







    マルコ「う、うん」ガサガサ










    スゥ








    マルコ「フーーー、よかった」スゥ







    ーーーーーーーーー


    1番と2番が手をゲーム終了までつなぐ



    ーーーーーーーーー







    アルミン「あ、普通だね」






    ライナー「あっ、俺1番だ」







    コニー「あっぶね!!」






    ライナー「ひでェな!!」







    エレン「誰だよ。2番」






    スゥ






    みんな「!!」







    ユミル「クソゴリラが・・・」ギロ






    ライナー「・・・」






    ベルトルト「ライナー!!大丈夫だよ!次王様になれば解除命令ができるんだから!!」







    ライナー「そ、そうだな!!(そうじゃないと俺がもたない・・・)」






    ユミル「くそ・・・」チラ





    エレン「あ?なんだ?」







    ユミル「///・・・くそ!」ギュウ






    ライナー「痛い痛い!!!」ギチギチ






    アルミン「次行くよ」







    みんな「王様だーれだ!!」シュッ









    ミカサ「よし!!!!」グッ






    アルミン「・・・」






    ミカサ「アルミン。早く引かせて!」







    アルミン「・・・・・」ブンブン






    みんな「!!」






    コニー「アルミン、なんで箱振ってんだ?」





    アルミン「いや・・・なんとなく」チラ







    ミカサ「」ゴゴゴゴゴゴ







    アルミン「(やっぱり何か狙ってたな・・・)」







    ミカサ「(くそ!!せっかく隠してたのが!!)」







    アルミン「はい、どうぞ」






    ミカサ「くっ・・・・」ガサガサ









    スゥ








    ミカサ「・・・・」スゥ






    ーーーーーーー


    8番はエレンの部屋を掃除



    ーーーーーーー







    エレン「おい」






    サシャ「やりました!!」バッ






    ベルトルト「サシャが8番なんだね・・・」






    サシャ「はい!!」






    エレン「誰だ・・・コレ入れたの」







    シーーーーン






    エレン「」ギロ






    ミーナ「!!わ、私じゃない!!」






    エレン「チッ・・・(誰が・・・)」







    フリーダ「」








    サシャ「それでは行ってきます!!」タタタタ






    ミーナ「変なことしちゃダメだよ~」






    サシャ「・・・・はい!!」







    エレン「(くそ・・・・さっきの間が気になる・・・)」








    ガチャ




  111. 111 : : 2015/06/15(月) 20:53:22




    アルミン「・・・さて、次で最後にしよう」






    マルコ「そうだね」





    ライナー「そろそろ寝ようぜ」







    ユミル「くそ・・・」ギュッ






    ライナー「(痛い・・・)」ミチミチ







    ミカサ「(くそ・・・・エレンとのs●xが・・・)」






    クリスタ「(私の入れたのでないな~)」






    フリーダ「・・・」







    アルミン「いくよ~」






    みんな「王様だーれだ!!」シュッ








    クリスタ「やった!!私だ!!」





    マルコ「どうぞ」






    クリスタ「よ~い」ガサガサ








    スゥ







    クリスタ「え~と、!!!」







    ミカサ「どうしたの!?」







    クリスタ「」チラ







    ユミル「どうしたんだよ!?クリスタ!!」







    コニー「なあ、見せろよ」







    クリスタ「だ、ダメ!!」スゥ






    エレン「なんだよ、見せろよ」







    クリスタ「絶対ダメ!!」






    スゥ







    クリスタ「あっ!」






    ミーナ「どれどれ~」スゥ









    ーーーーーーーーーーーーー



    7番は好きな者になんでもどんなことでも絶対に無効できない命令ができる



    ーーーーーーーーーーーーー










    みんな「!!!」








    フリーダ「あ・・・・」







    クリスタ「うっ・・・」







    エレン「なんだよ、こんな命令くらい。誰だ?7番」









    スゥ







    フリーダ「わ、私」






    エレン「へえ~」






    フリーダ「ど、どんなことでもいいの?」






    クリスタ「うっ・・・・う、うん」







    フリーダ「そ、それじゃあ////」チラ













    ギロ






    フリーダ「!!」






    ミカサ・ユミル「」ゴゴゴゴ






    フリーダ「(怖い・・・・でも・・・・)」







    ギュッ






    フリーダ「ん?」






    クリスタ「・・・」ギュッ







    フリーダ「・・・」






    エレン「で?誰に命令すんだよ」






    フリーダ「それじゃあ・・・エレンに」






    エレン「俺に?」






    フリーダ「うん」






    エレン「ふーん、で?」






    フリーダ「付き合って」







    みんな「!!」







    エレン「・・・」






    クリスタ・ミカサ・ユミル「」









    フリーダ「一週間私の彼氏になってよ」







    みんな「!!」





    ミカサ・ユミル・クリスタ「!!」








    フリーダ「今回は私の一歩リードだよ」ベー






    ミカサ「フリーダ・・・」ポロ






    ユミル「お前・・・」






    クリスタ「うわああああああああああ!よかったよおおおおおおお」ポロポロ








    エレン「ふ~ん、まあ王様の命令だからないいぜ」





  112. 112 : : 2015/06/15(月) 20:53:35


    アルミン「フッ・・・・それじゃあ、寝よ」







    ライナー「だな」





    ユミル「離せよ」パッ







    ベルトルト「おやすみ」





    コニー「やすみ~」








    フリーダ「エレン!一緒に寝よ!}ギュッ






    ミカサ・ユミル・クリスタ「!!」






    エレン「え~」





    フリーダ「彼氏でしょ!!それぐらいいいじゃん!!」





    エレン「う~ん」







    クリスタ「だ、ダメだよ!彼氏でも一緒に寝るなんて!!」






    ミカサ「そう!!」







    フリーダ「それじゃあみんなで寝よ!」






    ミカサ・クリスタ・ユミル「!!!」







    フリーダ「みんなでエレンを抱き枕にしよー!」





    ユミル「フリーダ!!お前最高!!」






    ミカサ「貴方は神ですか?」ウルウル






    クリスタ「フリーダも大好き!」ダキ








    エレン「・・・・たく」








    ジャン「くそ!!!」





    ライナー「羨ましいな」






    ベルトルト「だね」









    ア二「うっ・・・・こ、ここは?」







    アルミン「あっ、ア二。起きたんだ」





    ア二「!!エレンは!!?私はエレンに抱かれたはず!!」








    ガチャ






    サシャ「エレンの部屋の掃除終わりました!!」






    エレン「・・・ハァ、うるさいのが増えた」






    ミーナ「アハハハハッハハハハハハハ!!マジ笑える!!」ジタバタ







    エレン「ぶっ殺してェ・・・」











    ワイワイ






    ーーーーーー












    ーーーーー












    ーーーー












    ーーー












    ーー



















    ライナー・ベルトルト・マルコ・コニー・アルミン・ジャン「」スースー








    ミカサ「エレン///」ギュッ






    ア二「この//」ギュッ





    ユミル「どこ触ってんだよ///」ギュッ





    クリスタ「やわらかいよ///」ギュッ






    サシャ「プニプニです///」ギュッ








    フリーダ「ん・・・んん・・・・(お手洗い)」ムク












    ガチャ








  113. 113 : : 2015/06/15(月) 20:53:40


    フリーダ「ふぁ~」








    コト







    フリーダ「!」ササ











    エレン「月が綺麗だな・・・・・レイン」





    レイン「グウ・・・・」






    エレン「悪いな・・・・お前まで起こしちまって」






    レイン「グウ~ウ」






    エレン「・・・・いるんだろ」








    フリーダ「!」






    エレン「出てこいよ」







    フリーダ「・・・」スゥ





    エレン「・・・フリーダか」






    フリーダ「どうしたの?」






    エレン「いや・・・・月が綺麗だから見てるだけだ」






    フリーダ「・・・そう」







    エレン「」







    フリーダ「・・・・・ねえ」






    エレン「あ?」






    フリーダ「どうしてエレンは私のこと・・・その・・・・」







    エレン「・・・俺がお前に手を出そうとする奴を排除しようとする理由か?」







    フリーダ「いや、そこまでやってないけど・・・まあそんなとこ」







    エレン「・・・・」







    フリーダ「・・・」











    エレン「お前が俺に勇気をくれた・・・・・だから」









    フリーダ「え?」








    エレン「アノ時お前が俺を支えてくれなかったら俺は・・・・今の俺じゃない」







    フリーダ「エレン・・・」







    エレン「もちろんアイツ等と出会ったおかげで俺は変われたところもある・・・・俺はアイツ等にも感謝してる」







    フリーダ「」








    エレン「でも、やっぱりお前がアノ時いたことが・・・なにより嬉しい」







    フリーダ「エレン・・・・」







    エレン「ありがとな・・・フリーダ」







    フリーダ「・・・うん」








    ーーーー










    ーーー










    ーー














    ー学校ー





    フリーダ「はい、あーん」





    エレン「あーん」パク







    フリーダ「美味しい?」





    エレン「う~うまいうまい」モグモグ





    フリーダ「よかった」







    ア二「ねえ・・・・私の寝てる間何があったの」






    サシャ「私が掃除してる間に何をしたんですか」






    アルミン「ハァ・・・」






    ミカサ「くそ・・・いくら一週間彼女でも・・・」ギリ





    クリスタ「これは耐えるのが厳しいね・・・」ギリ






    ユミル「確かにな・・・」ギリ










    フリーダ「フフフ、楽しい」







    エレン「・・・フッ・・・・だな」









    (続)




  114. 114 : : 2015/06/15(月) 20:54:40
    http://www.ssnote.net/archives/36287
    続きになります!!!



    よろしくです!!
  115. 115 : : 2015/12/02(水) 22:33:36
    どうもです。

    この作品からですか?
    フリーダが出てるのは?
    これから面白い事が起きて来るのはわかってるんで楽しみにしていますね。

    後、今まで見たss作のコメントは最初の方に
    コメント送ります。
    今後もよろしくお願いします。

    それでは、続きを見ます

▲一番上へ

このスレッドは書き込みが制限されています。
スレッド作成者が書き込みを許可していないため、書き込むことができません。

著者情報
ryky0107

カネキ・イェーガー

@ryky0107

この作品はシリーズ作品です

進撃の巨人:楽しくめちゃくちゃな学園物語! シリーズ

「進撃の巨人」カテゴリの人気記事
「進撃の巨人」カテゴリの最新記事
「進撃の巨人」SSの交流広場
進撃の巨人 交流広場