ssnote

x

新規登録する

作品にスターを付けるにはユーザー登録が必要です! 今ならすぐに登録可能!

この作品は執筆を終了しています。

ソニア「左右田さんの日記を見つけました!!」日向「お前は見ちゃダメだ」

    • Good
    • 7

loupe をクリックすると、その人の書き込みとそれに関連した書き込みだけが表示されます。

▼一番下へ

表示を元に戻す

  1. 1 : : 2015/01/30(金) 19:35:31
    【このssは、アイランドモードということが前提です!】


    日向「ソニア、その日記を俺に貸してくれ。」

    ソニア「なぜでしょうか?」

    日向「下手したら、お前に一生もののトラウマが出来るからだ!」

    ソニア「……」(無言で日記を渡す)

    日向「よし」

    ソニア「で、ではわたくしはレストランで飲み物でも飲んできます!」ダッ

    日向「逃げるように去って行ったな……」

    日向「さてと、日記読むか!だいたい想像はつくけどな!」


    俺は後で後悔することになる。


    あぁ、ここで読もうと思わなければ……と。
  2. 2 : : 2015/01/30(金) 19:38:26
    一日目
    ソニアさんって人女神だ。まじ天使。
    いいよな、あの綺麗な瞳、もっと近くでみたい。
    それにいい匂いがする髪、どっかに落ちてればいいな。
    あと、一仕事終えたあとにでる汗、宝石みたいにキラキラ輝いてむっちゃ綺麗だ。

    全部好きだ。俺のものにしたい。まぁ、まだ日が浅いから無理だろうけどな……


    日向(日が浅いとかそういう問題じゃないだろ。これは……一度罪木に見てもらったほうがいいのか?)
  3. 3 : : 2015/01/30(金) 19:45:01
    期待。
  4. 4 : : 2015/01/30(金) 19:45:54
    >>3
    ありがとうございます!
  5. 5 : : 2015/01/30(金) 19:47:44
    二日目
    小泉にソニアさんの写真を貰おうとしたが、門前払いされた。泣きたい。
    だが、収穫もあった。それはな……
    >>動くこけしだ!!<<
    早速、ソニアさんのコテージの前に置いておいた。
    盗聴器をバレないように設置もした。
    この時、初めて超高校級のメカニックで良かったと思った。

    一晩徹夜したが、ソニアさんのエロい声は聞こえなかった。

    日向「……バーロォ。」
  6. 6 : : 2015/01/30(金) 20:05:09
    三日目
    朝、レストランで会議があった。
    それは、"ソニアさんにセクハラ極まりないモノを贈った人がいる件について"だ。
    会議を提案したのは小泉だ。「女の子にこんなことするなんてサイテー」だとか。
    俺は、好意でやったのに酷くねぇか?ソニアさんが使ってくれると思ってプレゼントしただけなのによぉ……
    そんなことより、会議の結果だが……

    犯人は花村ということになった

    日向「とんだとばっちりじゃねぇかっ!花村が可哀想だろ!」

    ウサミ「自業自得だと思いまちゅ」ニョキ

    日向「うわぁっ!?ビックリした!なんだよウサミ」

    ウサミ「生徒の日記を見るのも先生の役目でちゅ!」

    日向「この島にはプライベートというものが存在しないんだな」
  7. 7 : : 2015/01/30(金) 21:06:46

    左右田はソニアが絡まないとまともなはずなんだがなぁ…

    期待!!
  8. 8 : : 2015/01/31(土) 14:39:40
    >>7
    ありがとうございます!
    左右田はもっと常識人のはず
  9. 9 : : 2015/01/31(土) 15:48:50
    四日目
    ソニアさんの希望のカケラが集まんねぇ……自己紹介の一つしかねぇよ!?バグってんのかコレ?
    おかしい、毎日毎日ソニアさんに話しかけてんのに。
    あ、まだ四日目だからか!まだ俺たちには経験が必要だということか!
    でもまぁ、やっぱり……

    はやく全部集めてぇな!パンツ貰えるって日向が言ってたし。

    日向「俺は言ってないぞそんなこと!」

    ウサミ「……」ジトッ

    日向「そんな目で見るな」
  10. 10 : : 2015/01/31(土) 15:55:40
    五日目
    ソニアさんと田中がよく一緒にいる。
    くっそぉ……!許さねぇぞ田中ァ!
    腹いせに田中のコテージに侵入して、ハムスターの回るアレ(名前なんていったか忘れた)にエンジンつけてきた。
    ざまぁみろ!

    ついでにプロテインも置いてきた。

    日向「こいつ……ハムスターをトレーニングさせる気か!」

    ウサミ「そ、それより!他人のコテージに勝手に入るなんてプライベートの侵害でちゅー!」

    日向「生徒の日記見てるやつがなにを言う」
  11. 11 : : 2015/01/31(土) 16:00:43
    六日目
    今日から毎朝、ソニアさんを起こしに行くことにしたぜ!
    寝起きのソニアさんが見れ……ないだと!?
    起こしにいっても、ソニアさんもう起きてるんだよな。
    さすが王女!とっても規則正しい生活をおくっていますね!(正直泣きたい)

    あと、田中のハムスターがたくましくなってた。俺はなにもやってない。

    日向「お前のせいだよ」

    ウサミ「左右田くんがエンジンつけて、プロテインを置いておいたせいでちゅ」
  12. 12 : : 2015/01/31(土) 17:14:23
    左右田wwwwww
    期待です。
  13. 13 : : 2015/01/31(土) 17:41:04
    >>12
    ありがとうございます!
  14. 14 : : 2015/02/01(日) 19:30:04
    七日目
    一週間がたった。
    記念に海水浴をすることになったぜ!よっしゃソニアさんの水g……
    ウェットスーツだと!?
    ウェットスーツでも、ソニアさんのナイスバディがよくわかる。
    上に凸!下に凸!……これはこれでいいな

    けど、本当はマイクロビキニとか着て欲しい。

    日向「……」ヒキッ

    ウサミ「仕方ないでちゅよ。男子高校生でちゅし」

    日向「あいつとソウルフレンドやめよっかな」

    ウサミ「そんなに!?」
  15. 15 : : 2015/02/01(日) 21:16:46
    期待です!!左右田好きなのに色々と残念
  16. 16 : : 2015/02/01(日) 22:01:54
    >>15
    ありがとうございます!
  17. 17 : : 2015/02/02(月) 07:27:33
    期待です!
    左右田可愛いw
  18. 18 : : 2015/02/02(月) 12:28:23
    >>17
    ありがとうございます!
  19. 19 : : 2015/02/02(月) 12:39:49
    八日目
    ソニアさんのあの豊満な胸にダイブしたい。
    ソニアさんのパンツをかぶりたい。
    ソニアさんの肋骨がみたい。
    ソニアさんのスリーサイズが知りたい。
    ソニアさんのファーストキスを奪いたい。
    コーラ飲みたい。

    以上、"ソニアさんの彼氏になったらやりたいこと"でした。

    日向「いや、彼氏になってもできねぇよ」

    ウサミ「コーラはソニアさんと関係ないと思うんでちゅけど!」
  20. 20 : : 2015/02/02(月) 13:09:50
    九日目
    ソニアさんのコテージ前に言ったら
    パンツが落ちてた。
    白いパンツだった。ソニアさんはこんなものはいてるのか?と思いつつも持って帰った。
    被ったり、嗅いだりした。

    ちょっと男くせぇけどこれもソニアさんの匂いだろ!

    日向「白……?ソニアのパンツは確か黒じゃ?」

    ウサミ「白、男くさい……はっ!」

    ウサミ(気づいちゃいけないようなことに気づいちゃいまちた)
  21. 21 : : 2015/02/03(火) 10:41:49
    十日目
    弐大がパンツをどこかにやったらしい。
    白いパンツだとか。
    洗濯して、乾してたら風で飛ばされたみたいだと言っていた。
    俺が持ってるパンツはもしかして……

    あれ、パンツに"弐大猫丸"って書いてある(吐血)

    日向「あっ……」

    ウサミ「でちゅよねー」
  22. 22 : : 2015/02/03(火) 14:43:11
    十一日目
    パンツは、弐大のコテージ前に置いてきた。
    なんでブリーフの時点で気付かなかったんだよ、俺。
    そんなことより!今日ソニアスゲー美しかった!髪をツインテールにしてたんだぜ!
    うなじがたまんなかったな!提案したウサミに感謝だな!

    トイカメラでしか撮れなかったのが残念だ。

    日向「ウサミはなんでそんな提案を?」

    ウサミ「だって、左右田くんがあまりに報われてなかったから……」

    日向「……うん」
  23. 23 : : 2015/02/03(火) 18:54:18
    十二日目
    弐大パンツ事件から、ソニアさんのパンツが気になってしかたがない。
    もう我慢できねぇ!こうなったら!
    走って、ソニアさんの近くまで行って
    転んで顔を上にあげてスカートの中をみr……

    踏まれた。ありがとうございます。

    日向「左右田ストーカー説浮上」

    ウサミ「もうストーカー確定じゃないでちゅかね」
  24. 24 : : 2015/02/04(水) 17:41:29
    十三日目
    彼シャツ(ツナギ)っていいよな……
    ちょっと大きめの服をソニアさんが着るって、考えただけでも興奮するな!
    いや、小さくてもそれはそれでいいか。肌の露出が増えるし、胸は強調されるし!あわよくば着ないっていうのもあるな!

    問題はソニアさんが田中の学ランを着てたことだ

    日向「左右田が花村ポジションになろうとしている」

    ウサミ「貴重なツッコミ要員がっ!」
  25. 25 : : 2015/02/04(水) 18:18:20
    十四日目
    二週間がたった。変わらずソニアさんは美しいです。
    その美しいソニアさんが、七海と一緒にお昼寝しているのを見かけた。あまり騒いで起こすのも悪いし、そっとロッケトパンチマーケットから、毛布を持ってきて掛けておいた。

    小泉がそのとき、物陰から写真を撮っていたが気づかないふりをした。

    日向「いつもこういうふうに接してれば、ソニアからさけられないのにな」苦笑

    ウサミ「そうでちゅよね……あれ、ここでページが終わってまちゅ!」

    日向「本当だな。終わってる、というより破かれてるな……」

    ウサミ「今日はまだ十六日目なのに」

    日向(なんという後付設定……)

    ソニア「あ、あの!すみません!」

    日向「そ、ソニア?どうしたんだ?」

    ソニア「実は、そのっ、これを……」(破れた紙を渡す)

    ウサミ「十五日目のページでちゅね」

    日向「これを持ってたってことは、ソニアはもう日記を読んでたんだな」

    ソニア「他人の日記を読むなど非常識にもほどがありますが、どうしても気になってしまって」

    日向「非常識……」

    ウサミ「どうしてあちしをみるんでちゅか!?日向くんも同罪でちゅよね!?」

    日向「さーて、そんなことより日記読もう!」

    ウサミ「見事なスルー!まぁ、日記読むのには賛成でちゅけど……」
  26. 26 : : 2015/02/04(水) 20:28:44
    十五日目
    こっそりソニアさんのコテージに入った。幸い、誰もいなかったぜ!
    だから、花瓶のとこにカメラ設置した。バレねーよになっ!

    これでソニアさんのあんなことやこんなことが……

    日向「……」

    ウサミ「」

    ソニア「このページはとっておこうと思ったのです。いつでも左右田さんを訴えられるように!ですが、日向さんに相談したほうがいいかと考えたので、ここに見参いたしました!」


    日向「でも、どうして日記を渡したときに言わなかったんだ?」

    ソニア「まだ、カメラの確認ができてなかったので……」

    ウサミ「カメラはあったんでちゅか?」

    ソニア「えぇ、ここに」(カメラを見せる)

    ウサミ「逃れられない事実でちゅね」

    左右田「ソニアさん!?……と日向とウサミ?」

    日向「左右田、見ろコレを!」(日記をみせる)

    左右田「うわああああああ!?」

    ウサミ「ソニアさんに近づくなとは言いまちぇんが、左右田くんには厳しい罰をあたえまちゅよ」

    ソニア「この豚野郎に今後とも近づかれるのですか!?」

    左右田「罰は嫌だが、豚野郎はありがとうございます!」

    ウサミ「で、罰でちゅが……」

    ウサミ「一週間女子になってもらいまちゅ」

    左右田「え……?」

    ウサミ「左右田くんは、少し女の子の気持ちを知るべきでちゅ」

    左右田「うおおお!全然罰じゃねーじゃん!むしろご褒美じゃねーか!」

    ウサミ「身体も女の子になるとは大間違いでちゅよ?」

    ソニア「ジャパニーズ男の娘……」

    日向「よかったじゃないか左右田!」

    左右田「よくねーよ!?それと、男の娘はジャパニーズ以外にもあると思いますよ、ソニアさん!」

    ソニア「気安く話しかけないでください豚野郎」

    左右田「ご褒美ですっ!」

    ウサミ「慈悲で、お洋服はあちしとおそろいでちゅよ!」

    左右田「慈悲でもなんでもねーよ!?」

    ウサミ「とりあえず、着替えてもらいまちゅよー!ちちんぷいぷいちんぷいぷーい!」

    左右田「」(ウサミの格好)

    ソニア「素敵ですよ……プッ」

    日向「すごくにあってブフォッ」

    ウサミ「それじゃあ、左右田くんは一週間頑張ってくだちゃんね!」

    左右田「」

    日向「WWWWWWWWWWWWW」


    今思えば、最初に日記を読まなければ俺は笑い転げて、走ってた終里にけとばされて、全治一週間のけがを負わなくてすんだんだろうな。


    終わり
  27. 27 : : 2015/05/30(土) 23:09:13
    え?何で日向がソニアのパンツの色知ってんの?
  28. 28 : : 2016/04/06(水) 17:23:28
    朝高校級のパンツハンターだからですよ

▲一番上へ

名前
#

名前は最大20文字までで、記号は([]_+-)が使えます。また、トリップを使用することができます。詳しくはガイドをご確認ください。
トリップを付けておくと、あなたの書き込みのみ表示などのオプションが有効になります。
執筆者の方は、偽防止のためにトリップを付けておくことを強くおすすめします。

本文

2000文字以内で投稿できます。

0

投稿時に確認ウィンドウを表示する

著者情報
3579

ノエルの葉っぱ

@3579

「ダンガンロンパ 」カテゴリの人気記事
「ダンガンロンパ 」カテゴリの最新記事
「ダンガンロンパ 」SSの交流広場
【sn公式】ダンガンロンパ交流広場