ssnote

x

新規登録する

作品にスターを付けるにはユーザー登録が必要です! 今ならすぐに登録可能!

この作品は執筆を終了しています。

進撃の巨人Another 第19話 『待つ者』 ――憲兵団配属編 No.11――

    • Good
    • 8

loupe をクリックすると、その人の書き込みとそれに関連した書き込みだけが表示されます。

▼一番下へ

表示を元に戻す

  1. 1 : : 2013/11/08(金) 15:53:16

    進撃の巨人Another 第19話 『待つ者』

    ――憲兵団配属編 No.11――


    ――――トロスト区滞在 3日目(配属16日目)――――

    ユーク「昨日は、いろいろな事があったな。少し頭がパンクしそう」ウツラウツラ

    アニ「午前は訓練所でアンタの講義を聞いて」

    アニ「お昼にコニーとサラダサンド食べて」

    アニ「午後はライナーとベルトルトの手伝いをした後」

    アニ「ハンジ分隊長に会いに行って、議論に明け暮れていた、と」

    ユーク「ん、順を追った親切な説明をありがとう」モグモグ
  2. 2 : : 2013/11/08(金) 15:55:42

    アニ「昨日は多くの人に合った気がする」

    ユーク「そうだな、初日よりも若干多かったな」

    アニ「1日目は、誰に会ったんだっけ。忘れちゃったよ」

    ユーク「おいおい酷いな、アニ」

    ユーク「会った同期の事を忘れちゃうなんて」

    アニ「ごめん。でも、教えてくれない?」
  3. 3 : : 2013/11/08(金) 15:55:55

    ユーク「そうだな。回想も兼ねて復習するか」

    アニ「回想?復習?」

    ユーク「アニは気にしないで」ニコ

    アニ「う、うん。わかった」ポカン

    ユーク「1日目は、朝早くから2日続けて馬に揺られて来て、既に疲れ気味だったよな」

    アニ「そうだね、腰が痛くなっちゃったよ」サスサス
  4. 4 : : 2013/11/08(金) 15:56:41

    ユーク「後でマッサージしてやるから、我慢して」

    アニ「…変な事はしないでよ?」

    ユーク「こんな真剣な時に、そんな事しません!」キッパリ

    アニ「あっそ。つまんないの」ボソリ

    ユーク「なんか言った?」キョトン

    アニ「何でもないから、続きをお願い」ジッ
  5. 5 : : 2013/11/08(金) 15:56:49

    ユーク「あぁ。それで街に入ってジャンを見つけたから、ドッキリを仕掛けようとしたら」

    アニ「ミーナも一緒に居たんだったね」ソウイエバ

    ユーク「ミーナも可哀想だろ?アニの親友だったじゃないか」

    アニ「まぁそうだけどさ。(『だった』…ね)」シンミリ

    ユーク「それで、2人と共に食事に行ったな」

    アニ「久しぶりに話ができて、アンタも嬉しそうだったね」
  6. 6 : : 2013/11/08(金) 15:57:22

    ユーク「まぁな。アニもそうだろ?」

    アニ「うん。ミーナが復帰していて、ホッとしたよ」

    ユーク「その後は、訓練兵舎に立体機動装置の検査に行ったんだよな」

    アニ「アンタの工作のお陰で、全く怪しまれる事なく通過できたよ。感謝してる」

    ユーク「アニの冷静な演技があってこそ、成功したんだよ?」

    アニ「うん。私も久々に頑張った気がする」
  7. 7 : : 2013/11/08(金) 15:57:33

    ユーク「だからその夜に、たくさん撫でであげただろ?」ニッ

    アニ「うん、嬉しかったよ///」テレテレ

    ユーク「で、検査の後に、ミカサとアルミンを見つけてさ」

    ユーク「今回の検査の意義についての議論を深めたな」

    アニ「アンタ、議論してる時、楽しそうだもんね」

    ユーク「好きだからな、そういうのが」
  8. 8 : : 2013/11/08(金) 15:57:51

    アニ「でも、全てアンタの策略の内だったんだろ?」

    ユーク「あぁ、あの2人には核心を突かれないように、緻密な誘導を施しておいた」

    ユーク「きっと本番までの間に気付かれることは、有り得ないだろうな」

    アニ「自信満々だね」

    ユーク「当たり前だ。第一声から最後の一言までが、全て誘導の内さ」

    アニ「アンタが私達の敵じゃなくて、本当に良かったと思ってるよ」ホッ
  9. 9 : : 2013/11/08(金) 15:58:13

    ユーク「そりゃどうも」

    アニ「で、2人はアンタの弁舌に納得がいってた感じだった?」

    ユーク「あぁ104期を優先して検査した理由も納得されてたようだし」

    ユーク「そして、裏切り者がその中に居る可能性も、2人は無意識的に否定しただろうさ」

    アニ「恐ろしい誘導だね」

    ユーク「脆いからな。人の頭も…感情も」
  10. 10 : : 2013/11/08(金) 15:58:33

    アニ「……」

    ユーク「おっと!気分が落ちてしまったな」

    ユーク「次の話に移ろうか!」

    アニ「そうだね!」

    ユーク「その後は、兵舎内もがらんとなっていて、仕方ないから街に出たんだよな」

    アニ「アンタ達がずっと議論していたから、皆はその間にはもう、さっさと帰ってたんだよ」
  11. 11 : : 2013/11/08(金) 15:58:53

    ユーク「いやぁ、面目ない」ペシッ

    アニ「それで街中でサシャを見つけて、アンタはいきなり財布の中身を確認してたね」クスッ

    ユーク「サシャとの戦いは財布で決まってしまうからな」

    アニ「それは、否定できないね」クスリ

    ユーク「結局、奢る事にはなったけどさ」

    アニ「アンタがそういう風に誘ったからね」
  12. 12 : : 2013/11/08(金) 15:59:06

    ユーク「あの時のサシャは、なぜか腹が膨れてたらしくて」

    ユーク「『たった1食分しか』食べなかったんだよな?」

    アニ「なんでだろうね?」

    ユーク「さぁな?サシャに聞いてみない限り、わからないだろうな」ハハッ

    アニ「あの芋フライは美味しかったよ」

    ユーク「だろうな。アニは甘いもの大好きだし」ニカッ
  13. 13 : : 2013/11/08(金) 15:59:22

    アニ「砂糖がかかってるとは知らないで頼んじゃって、ごめんね?」

    ユーク「なんでだ?」キョトン

    アニ「だって、あれ高かったでしょ?」

    ユーク「気にするな」

    アニ「でも…」

    ユーク「俺は、2人が美味しそうに食べていたのを、見ていただけで嬉しかったからさ」ニコ
  14. 14 : : 2013/11/08(金) 15:59:57

    アニ「…いつもありがとね」ニコ

    ユーク「あぁ!だからこれからも、いい笑顔を見せてくれよ?」ニカッ

    アニ「…うん///」コクリ

    ユーク「…とまぁ、こんな感じの1日目だったな」

    アニ「随分長い事、話し込んじゃったね」

    ユーク「このまま2日目も行くか?」
  15. 15 : : 2013/11/08(金) 16:00:15

    アニ「いや、要らないだろうさ」

    ユーク「そうだな。概要はさっきアニが説明してくれたし」

    アニ「そういう事」

    ユーク「それじゃあ、説明は終わりにして!朝食を再開しようか!!」

    アニ「そうだね」

    ユーク「あっ!すっかり冷めちゃったな」モッタイナイ!
  16. 16 : : 2013/11/08(金) 16:00:29

    アニ「それにしても、ここのご飯って妙に豪勢だよね?」パクパク

    ユーク「訓練所とは比べ物にならないな。流石、税金使って宿取っただけの事はある」ハァ

    アニ「あまり好きじゃないの?こういうご飯」ジッ

    ユーク「いや、ちょっと疲れてるんだ」

    アニ「ストヘス区からのハードスケジュールな旅の所為で?」

    ユーク「誰かさんが寂しいと言って、枕持参でこっちの部屋へ押しかけて来たもんだからね」
  17. 17 : : 2013/11/08(金) 16:00:43

    アニ「…その事は、もういいでしょ?///」モジモジ

    ユーク「まぁ俺はそれが嬉しかったから、眠れなかっただけなんだけどね?」ケロッ

    アニ「……ごめん///」

    ユーク「いいよ、いつでもおいで?」ニコ

    アニ「……うん、また行くかも///」

    ユーク「今日は、どこを回ってみようか?」
  18. 18 : : 2013/11/08(金) 16:00:58

    アニ「ゆっくり食べて、ゆっくり見て回りましょ」

    アニ「一応、104期優先で装置の検査をした理由は、分かったんだし」パクパク

    ユーク「(嘘ついてなきゃ、の話だがな)」モグモグ

    ユーク「折角遠出したのに、理由も分からないんじゃ、溜まったもんじゃないからな」

    アニ「(それは、建前上の理由?)」チラ

    ユーク「(そゆこと)」チラ
  19. 19 : : 2013/11/08(金) 16:01:13

    アニ「アンタは、私の希望ばかり聞いてるけど、アンタは行きたいところはないの?」

    ユーク「今は、『あの情報』に直結するようなイベントがほしいな」

    アニ「街を回ってみない事には、いけないんじゃない?」スクッ

    ユーク「そうだな、何があるか分からないんだし」ヨイショ

    アニ「行って『ある』か『ない』かは、確率50%?」クス

    ユーク「二次元理論なら、そゆこと!」ヨーシ!
  20. 20 : : 2013/11/08(金) 16:01:28

    アニ「とりあえず、部屋に戻る?」

    ユーク「そうだな。さっき言ってたマッサージしてやるよ!」

    アニ「…変態」

    ユーク「おいおい!だからさっき、変な事はしないって言ったじゃないか」プンプン

    アニ「嘘だよ。信じてるからさ」ニコ

    ユーク「…ありがと」
  21. 21 : : 2013/11/08(金) 16:01:46

    アニ「それじゃあ、戻ろうか」

    ユーク「そうだな。ご馳走様でした」スッ

    アニ「忘れるところだった…ご馳走様でした」スッ

    ユーク「それじゃあ、行こう」スタスタ

    アニ「うん」トコトコ


  22. 22 : : 2013/11/08(金) 16:41:07
    面白いです! 期待!
  23. 23 : : 2013/11/08(金) 17:55:31
    最近忙しくて読めなかったー
    やっと追いつきました
    期待!
  24. 24 : : 2013/11/08(金) 18:41:22

    ――――部屋――――

    アニ「――――それじゃあ、お願い」ゴロン

    ユーク「腰だけ?」

    アニ「今は腰だけでいいや」

    ユーク「はいよ」グイッグイッ

    アニ「いい感じ」

    ユーク「アニの身体は細すぎて、力加減を間違えたら一発で折れそうだ」グイッグイッ
  25. 25 : : 2013/11/08(金) 18:42:06

    アニ「え!?ちょ、ちょっと気を付けてね!?」アセアセ

    ユーク「大丈夫だ。もう…コントロールは出来るようになってるからさ」

    アニ「そ、そう。ならいいや」ゴロン

    ユーク「続けるよ?」

    アニ「うん、お願い」ジッ

    ユーク「……」グイッグイッ
  26. 26 : : 2013/11/08(金) 18:44:20

    アニ「(効くなぁ)」グテーン

    ユーク「(アニ、だらけ過ぎだ…)」グイッグイッ

    アニ「(折角だし、“あれ”も頼もうかなぁ?)」


    ユーク「――――終わったよ、アニ?」

    アニ「ありがと。気持ち良かったよ」

    ユーク「アニの身体は、華奢で危なっかしいな」
  27. 27 : : 2013/11/08(金) 18:44:37

    アニ「私だって、ずっと鍛えてたんだけどね」プニプニ

    ユーク「その割には、腕も柔らかそうだな」

    アニ「変態」

    ユーク「ちょっと!」

    アニ「冗談」クスリ

    ユーク「もう!」プンプン
  28. 28 : : 2013/11/08(金) 18:45:01

    アニ「ねぇ、それよりさ…」スッ

    ユーク「…近づいて来て、どうかした?」

    アニ「…“あれ”やってくれない?」ジッ

    ユーク「朝から?」クスリ

    アニ「うん…ダメ?」ジーーッ

    ユーク「別にいいよ?」
  29. 29 : : 2013/11/08(金) 18:45:32

    アニ「やったね!」パァァ

    ユーク「柔らかいベッドもあるし、丁度いいね」チラ

    アニ「訓練兵時代は、倉庫にあった長椅子に、2人で腰掛けてたもんね」

    ユーク「あれも初めは硬くて、後々腰が痛くなったんだよな」アハハ

    アニ「だから次回からは、毛布を持って来て、椅子に敷いてたんじゃないか」

    ユーク「アニはいつも寝ちゃうから、俺も毛布を持って来て、掛けてあげたりしたね」クスッ
  30. 30 : : 2013/11/08(金) 18:47:20

    アニ「だ、だって、アンタの耳掃除は気持ち良すぎて、どうしても眠たくなるんだよ///」

    ユーク「ふぅーん」ニヤリ

    アニ「な、何さっ!?///」プンプン

    ユーク「…じゃあ、アニ。どうぞ?」スッ

    アニ「うん…今日もお願いします///」ゴロン ジッ

    ユーク「よぉーし、今日も発掘だ!」ホジホジ
  31. 31 : : 2013/11/08(金) 18:47:32

    アニ「……///」ジッ

    ユーク「……」ホジホジ

    アニ「(気持ちいいなぁ♪)」


    ユーク「――――はい、今日も終わりだよ」

    アニ「ありがと、気持ち良かったよ」

    ユーク「それは良かった」ニカッ
  32. 32 : : 2013/11/08(金) 18:47:45

    アニ「じゃあ、私は部屋に戻って、準備してくるね?」

    ユーク「じゃあ、10分後に部屋の前な?」

    アニ「わかった」


    ガチャ バタン


    ユーク「俺も準備しようか!」ガソゴソ

    ユーク「(今日は何があるだろうなぁ?)」


    ――――――――
  33. 33 : : 2013/11/08(金) 18:47:55

    ユーク「準備は出来たね?」

    アニ「とは言っても、特別持って行く物はないけどね」

    ユーク「財布くらいだね」

    アニ「また、サシャと闘う?」クスリ

    ユーク「いや、当分いいや」アセアセ

    アニ「(『当分』…か)」
  34. 34 : : 2013/11/08(金) 18:50:32

    ユーク「どうかした?」

    アニ「ううん、何でもないさ」

    ユーク「(アニはこれまでの日常を捨てる事が惜しいのだろうか?)」

    アニ「(ユーク、ちゃんと捨てられるのかな?)」

    ユーク「…もう行こうか」

    アニ「そうだね、行こう――――」



  35. 35 : : 2013/11/08(金) 19:49:23

    ――――宿 受付前――――

    アニ「ん?玄関前で誰か待ってるよ?」

    ユーク「…ジャンじゃね?」


    ジャン「よぉ、ユーク、待ってたぜ?」

    ユーク「今日は、何か用か?」

    ジャン「おいおい、約束を忘れたとは言わせねぇぞ?」

    アニ「(約束なんてしてたっけ?)」
  36. 36 : : 2013/11/08(金) 19:49:40

    ユーク「……覚えてるよ」

    ジャン「なら、いいんだ。マルコのところに行くぞ?」

    ユーク「(あぁ、その約束か。ちょっと出来事多すぎて、忘れそうだった)」

    アニ「(ユークのこの顔は、今思い出したって感じだ)」ジッ

    ジャン「ほら、もたもたしてんなよ?」グイグイ

    ユーク「わかったから、引っ張るなよ。寝起きなんだ…」ユラユラ
  37. 37 : : 2013/11/08(金) 19:51:44

    ユーク「(まぁ、テキトーな口実なんだけどね)」

    ジャン「へっ、だらしねぇなー」ケッ

    アニ「(…私もまだ少し眠い)」ウトウト

    ジャン「マルコも待ってるぞ?」グイグイ

    ユーク「はいはい、ジャンもマルコ好きだな――――」


  38. 38 : : 2013/11/08(金) 19:51:58

    ――――病院――――


    コンコンコン


    「はい、どうぞ」


    ガチャ 


    ユーク「失礼します」

    アニ「……」スッ

    マルコ「ユーク!久しぶりだね!!」

    ユーク「あぁ、マルコ!無事で何よりだ。よかった」ホッ

    アニ「……」
  39. 39 : : 2013/11/08(金) 19:52:13

    マルコ「あぁ、この命があるのも君のおかげだ。ありがとう」ペコリ

    ユーク「感謝の気持ちは受け取ったぞ。もう頭あげてくれ」

    マルコ「では、失礼して」スッ

    ユーク「怪我人はゆっくり休んでろよ?それが俺にとって、なにより安心する」

    ジャン「へっ、てめぇも言うじゃねぇか」ハッハッハ

    マルコ「ジャン、ユークの心情も察してあげて」
  40. 40 : : 2013/11/08(金) 19:53:40

    ジャン「…わかったよ」

    マルコ「ありがと、ジャン」

    ユーク「……」

    アニ「……」

    ユーク「…マルコ、お前の席はちゃんとある。焦らずに治して来い」

    マルコ「…そうか。それを聞いて安心したよ」
  41. 41 : : 2013/11/08(金) 19:53:47

    ユーク「あぁ」

    マルコ「これで、落ち着いて療養できるよ」ホッ

    ユーク「…待ってるからな」

    マルコ「…遅れていくよ」

    ユーク「あぁ!」

    ユーク「(もしかしたら、その時には既に…)」

  42. 42 : : 2013/11/08(金) 19:54:00


    マルコ「でもジャンは、意外だったよね」

    ジャン「あん?」

    ユーク「お前もずっと、憲兵団に行く!って息巻いていたじゃないか」

    ジャン「…そうだったな」

    マルコ「……」

    ジャン「それも…もう随分と昔のような気がする」
  43. 43 : : 2013/11/08(金) 19:54:24

    マルコ「…どうして?」

    ジャン「何がだ?」

    マルコ「…どうして、その選択をしたの?」

    ジャン「…さぁな」

    ジャン「俺は…何を考えてたんだろうな」

    アニ「……」
  44. 44 : : 2013/11/08(金) 19:54:51

    ジャン「いや…きっと俺は解ってて、この道を選んだ」

    ジャン「これが…俺の生き方なんだって」

    ユーク「そうか」

    ジャン「おう」

    マルコ「…頑張れよ、ジャン!」

    ジャン「おうよ!」
  45. 45 : : 2013/11/08(金) 19:57:14

    ジャン「ぜってぇ、巨人をブッコロしてやるからな!!」

    マルコ「ジャン…」

    ユーク「俺もお前の活躍を期待してるぞ?」

    ジャン「へっ、任せとけってんだよ!」

    マルコ「……」

    アニ「……」
  46. 46 : : 2013/11/08(金) 19:57:49

    ユーク「まっ、辛気臭い話は、これで終わりにしよう!」パンッ!

    ジャン「なんだよ、俺が意気込みを語ってたんだぞ?」

    アニ「まぁそれは、また今度でもいいじゃないか」

    ジャン「アニまで…」

    マルコ「その元気はまた今度、僕を励ましに来てくれた時の為に取っておいてよ」

    ジャン「わかったよ」
  47. 47 : : 2013/11/08(金) 19:58:02

    ユーク「そうだ、マルコ!」ピコーン

    マルコ「何だい?」

    ユーク「一昨日、ミーナとジャンが街で2人で居るところを見たぞ?」ニヤニヤ

    マルコ「え!?」

    ジャン「は!?」

    アニ「(また、羽目を外して…)」
  48. 48 : : 2013/11/08(金) 19:58:13

    マルコ「え?ジャ、ジャン…どういう事だい?」ワナワナ

    ジャン「い、いや。ちげぇって!!」アセアセ

    ユーク「何が違うんだ?事実だろ?」ニマニマ

    ジャン「おいこら、ユーク!誤解を生むようなニュアンスは止めろよな!!」

    ユーク「俺は何も嘘は言ってないだけどなぁ?」ニヤニヤ

    マルコ「2人は何をしていたの?」ワナワナ
  49. 49 : : 2013/11/08(金) 19:58:35

    ユーク「デートかな?」ニマニマ

    ジャン「ちげぇわ!!」ドンッ

    アニ「ジャン、騒がないで」

    ジャン「おいアニ!お前も俺達と一緒に居ただろうが!!」

    ジャン「なんとかして、この馬鹿を止めやがれ!!」ウガァァーー!

    ユーク「落ち着けよ、ジャン」
  50. 50 : : 2013/11/08(金) 19:59:30

    ジャン「何が落ち着けだ!」

    マルコ「ジャン!君は彼女と一体――」

    ジャン「俺達は、4人で飯を食いに行っただけだ!」

    マルコ「――何を…え?飯?」

    ユーク「……」ニマニマ

    アニ「……はぁ」
  51. 51 : : 2013/11/08(金) 19:59:45

    ユーク「あぁ、そうだったな」

    ユーク「その前にジャンとミーナが2人で話しているところを通りかかり」

    ユーク「驚かそうと近づいたら、そういう流れになった」

    ユーク「だろ?」ニヤニヤ

    ジャン「てめぇ…」ギリギリ

    マルコ「な、なんだ。それだけの事か…」ホッ
  52. 52 : : 2013/11/08(金) 20:00:08

    ユーク「マルコも心配そうだな?」ニマニマ

    マルコ「え!?そ、それは…」アセアセ

    ユーク「まっ、もう周知の事実だし、今更普通に、お前達を囃《はや》し立ててもなぁ」

    ユーク「面白くないだろ?」ニシシ

    アニ「そう言う訳で、こいつの悪巧みだったってわけ」ハァ

    マルコ「な、なんだ。心配させないでよ、ユーク」ドキドキ
  53. 53 : : 2013/11/08(金) 20:00:32

    ユーク「悪かったな」

    ジャン「寧ろ俺が、一番の被害者じゃねぇのか?」ユサユサ

    ユーク「そういう見解もありかもな?」ツーン

    ジャン「てめぇはそれを狙ってやがっただろうが?」ユサユサ

    ユーク「さぁ、どうだろうねぇ」グラグラ

    アニ「もう、その辺にしておきな」グッ
  54. 54 : : 2013/11/08(金) 20:01:03

    ジャン「なんだよ、アニ。邪魔するな!」

    アニ「……」ジッ

    ジャン「うっ、わかったよ。くそっ」パッ

    ジャン「アニに助けられたな」ヘッ

    ユーク「そうだな。きっとそうなると思ってたよ?」チラ

    アニ「……」プイッ
  55. 55 : : 2013/11/08(金) 20:01:27

    ジャン「全く、てめぇはよ…」イジイジ

    ユーク「まぁ、俺なりの元気のつけさせ方だ」ニッ

    ジャン「素直じゃねぇんだよ、テメェの方法は」

    マルコ「ジャンがそれを言うかな?」クスス

    アニ「全くだ」クスッ

    ユーク「じゃあ、お後が宜しい様で…」
  56. 56 : : 2013/11/08(金) 20:02:24

    ジャン「だから、俺の腹の虫は治まってねぇっての!!」

    ユーク「あれ?そうなのか?」ケロッ

    アニ「(そりゃあ、そうだろうね)」ハァ

    ジャン「――――」ギャーギャー ガミガミ

    ユーク「――――」ハハハッ ケラケラ

    マルコ「(元気になったよ。ありがとね、3人とも――――)」


    ――――――――
  57. 57 : : 2013/11/08(金) 20:02:54

    ユーク「それじゃあ、俺達はそろそろ帰ることにするよ。養生してくれ」

    アニ「そうだね、お邪魔したよ」

    ジャン「俺は、もう少し話してから行く」

    マルコ「ありがとう、ジャン」

    マルコ「そして2人とも、今日はありがとう」

    マルコ「また会えて、とても嬉しかったよ」
  58. 58 : : 2013/11/08(金) 20:05:57

    ユーク「…こっちに来たら、また一緒に居られるさ」

    アニ「新しい同期も居るよ」

    マルコ「うん。そっちの生活も楽しみにしてるよ!」

    ユーク「それじゃあな」

    アニ「またね」


    ガチャ バタン

  59. 59 : : 2013/11/08(金) 20:06:11


    ジャン「いい仲間を持ったな、マルコ」ジーン

    マルコ「うん。彼らには感謝してもしきれないよ」

    ジャン「憲兵団へ行っても、ぜってぇ折れんじゃねぇぞ?」ニカッ

    マルコ「勿論さっ!僕にできる事は、ひたすら頑張る事だけだからね」

    ジャン「あいつらとも…仲良くな?」

    マルコ「うん!絶対ね!!――――」


    ――――――――
  60. 60 : : 2013/11/08(金) 20:06:43

    マルコ…君は知らないから、落ち着いていられる

    対して、俺達の心情は…

    いや、見つめるものは、唯一つだけ

    “あの時”…そう誓ったから――――



    To be continued...

  61. 61 : : 2013/11/08(金) 20:07:54

    【あとがき】

    誰も知らず、自分だけが知っているという事

    その幻影は、己の優越感、或《あるい》は自尊心を煽り、冷静さを失わせる

    その迷いや葛藤を乗り越える為の方法には、――――等が挙げられる

    それを見つけられるのもまた、各々の出逢いと努力次第――――

  62. 62 : : 2013/11/08(金) 20:10:23

    【投稿完了 / シリーズ名 / 話数 / タイトル / URL】

    ――本編――

    【13/11/06 進撃の巨人Another 第18話 『以心』】
    http://www.ssnote.net/archives/2219

    【13/11/05 進撃の巨人Another 第17話 『志と命』】
    http://www.ssnote.net/archives/2140

    【13/11/04 進撃の巨人Another 第16話 『選ぶ』】
    http://www.ssnote.net/archives/2041

    【13/11/03 進撃の巨人Another 第15話 『悪癖』】
    http://www.ssnote.net/archives/1992

    【13/11/02 進撃の巨人Another 第14話 『クチは...』】
    http://www.ssnote.net/archives/1943

    【13/11/01 進撃の巨人Another 第13話 『ドウキ』】
    http://www.ssnote.net/archives/1886

    【13/10/31 進撃の巨人Another 第12話 『人柄』】
    http://www.ssnote.net/archives/1841

    【13/10/30 進撃の巨人Another 第11話 『危機と嬉々』】
    http://www.ssnote.net/archives/1815

    【13/10/29 進撃の巨人Another 第10話 『見上げる先』】
    http://www.ssnote.net/archives/1748

    【13/10/28 進撃の巨人Another 第9話 『辛辣』】
    http://www.ssnote.net/archives/1702

    【13/10/10 進撃の巨人Another 第8話 『本物』】
    http://www.ssnote.net/archives/805

    【13/10/10 進撃の巨人Another 第7話 『捨てる』】
    http://www.ssnote.net/archives/800

    【13/10/10 進撃の巨人Another 第6話 『側』】
    http://www.ssnote.net/archives/796

    【13/10/10 進撃の巨人Another 第5話 『指令』】
    http://www.ssnote.net/archives/795

    【13/10/10 進撃の巨人Another 第4話 『再び』】
    http://www.ssnote.net/archives/793

    【13/10/10 進撃の巨人Another 第3話 『解散式の夜』】
    http://www.ssnote.net/archives/792

    【13/10/10 進撃の巨人Another 第2話 『見たもの、見るもの』】
    http://www.ssnote.net/archives/791

    【13/10/10 進撃の巨人Another 第1話 『4人目』】
    http://www.ssnote.net/archives/790
  63. 63 : : 2013/11/08(金) 20:10:34

    ――番外編――

    【執筆中 進撃の巨人Another ――番外編―― 第9話】
    http://www.ssnote.net/archives/2257

    【13/10/27 進撃の巨人Another ――番外編―― 第8話】
    http://www.ssnote.net/archives/1550

    【13/10/24 進撃の巨人Another ――番外編―― 第7話】
    http://www.ssnote.net/archives/1374

    【13/10/15 進撃の巨人Another ――番外編―― 第6話】
    http://www.ssnote.net/archives/1078

    【13/10/14 進撃の巨人Another ――番外編―― 第5話】
    http://www.ssnote.net/archives/1040

    【13/10/13 進撃の巨人Another ――番外編―― 第4話】
    http://www.ssnote.net/archives/941

    【13/10/12 進撃の巨人Another ――番外編―― 第3話】
    http://www.ssnote.net/archives/923

    【13/10/12 進撃の巨人Another ――番外編―― 第2話】
    http://www.ssnote.net/archives/878

    【13/10/11 進撃の巨人Another ――番外編―― 第1話】
    http://www.ssnote.net/archives/845


    ――雑談――

    【13/10/14 進撃の巨人Another シリーズ ――思い出(過去コメント)保管所――】
    http://www.ssnote.net/archives/1038

    【13/10/12 進撃の巨人Another シリーズ ――雑談所――】
    http://www.ssnote.net/archives/924
  64. 64 : : 2013/11/08(金) 20:12:22
    今日は本編19話をお送りしました

    明日は、番外編9話part2です

    多分この先は、交互に公開していく予定
  65. 65 : : 2013/11/08(金) 20:14:19
    >>22
    面白いの一言だけで、投稿する意義が生まれます
    ありがとう!
  66. 66 : : 2013/11/08(金) 20:19:16
    >>23
    アロマさん、久しぶりですね

    受験を控えた学生さん方が、PC画面から離れていく季節となりましたね

    高校、大学受験を経験した者として、皆がここを離れずに且つ、
    勉強に勤しんでもらえるような、アドバイススレッドでも立ち上げて、
    皆さんにエールを送りたいなぁと思え始めて来ました(お節介精神

    大体言いたい事は纏まっているので、必要とあればお教えします。
  67. 67 : : 2013/11/08(金) 22:19:08
    勉強が大変でも
    My.LoさんのSSは見に来ます!

    受験生に是非ともアドバイスをお願いしますm(_ _)m
  68. 68 : : 2013/11/08(金) 23:30:40
    私は高校2年なんですけど…
    勉強方法がわかりません!
  69. 69 : : 2014/11/26(水) 22:54:00
    いいssです

▲一番上へ

名前
#

名前は最大20文字までで、記号は([]_+-)が使えます。また、トリップを使用することができます。詳しくはガイドをご確認ください。
トリップを付けておくと、あなたの書き込みのみ表示などのオプションが有効になります。
執筆者の方は、偽防止のためにトリップを付けておくことを強くおすすめします。

本文

2000文字以内で投稿できます。

0

投稿時に確認ウィンドウを表示する

著者情報
MyLo0922

My.Lo

@MyLo0922

この作品はシリーズ作品です

【進撃の巨人Another】 シリーズ

「進撃の巨人」カテゴリの人気記事
「進撃の巨人」カテゴリの最新記事
「進撃の巨人」SSの交流広場
進撃の巨人 交流広場