ssnote

x

新規登録する

作品にスターを付けるにはユーザー登録が必要です! 今ならすぐに登録可能!

この作品は執筆を終了しています。

キース「貴様は何者だ!」 エレン「シガンシナ区出身! アルミン・アルレルトです!」 アルミン「はっ!?」 ②

    • Good
    • 21

loupe をクリックすると、その人の書き込みとそれに関連した書き込みだけが表示されます。

▼一番下へ

表示を元に戻す

  1. 1 : : 2014/06/29(日) 15:40:48
    どうも葉月です!

    思いつきでたてたこのギャグ作品が以外にも人気?がでて嬉しいですw

    http://www.ssnote.net/archives/13386

    ↑の続きです


    解散式まで書いていく予定です!


    よろしくお願いしますm(*_ _)m
  2. 10 : : 2014/06/30(月) 20:58:57
    ー食堂ー

    ザワザワ ザワザワ


    訓練兵1「おい!聞いたか?」


    訓練兵2「何がだ?」


    訓練兵1「あの、エレンってやつ自分が姿勢制御できないのベルトのせいにしてたらしいぞ?」


    訓練兵3「まじかよ! 自分が運動オンチなのをベルトのせいにするなよwww」


    訓練兵1「だよなwww」




    アルミン「なぜ、こんなことになってるんだ!!」


    アルミン「僕、激おこプンプン丸だぞ(。 ・`ω・´) キラン☆」


    皆「ないわー…」 シーン


    アルミン「ンン…ごほんごほん! 皆、静粛に!」


    エレン「もう静かでーすw」


    アルミン「僕は確かに姿勢制御出来なかった。しかし! 死にかけるなんてヘマはし無かった(`・ω・´)ドャッ」


    皆「おい!あいつ開き直ったぞwww」ヒソヒソ


    アルミン「まぁ、見ているがいい皆のもの! 明日は必ず成功させると誓おう! ではまたな! Good night!」
  3. 12 : : 2014/06/30(月) 21:13:59
    サシャ「エレン、ご飯食べずに行っちゃいましたねw」


    コニー「あいつ馬鹿なんじゃねーのwww」


    クリスタ「戻ってくるかもしれないから、残しておこうよ!」


    エレン「いや、その必要はないな(`-ω-´)フッ」


    クリスタ「えつ!?どうして?」


    エレン「あんなにカッコつけて出て行ったんだ。今さら、飯食い忘れたからって戻って来れねぇよwww」チラッ


    壁|ミン.。oO(クソッ! エレンめ!!)


    エレン「しょうがねぇから、俺が部屋に持って行ってやるよw」


    壁|ルミン.。oO(エレン.。゚+.(・∀・)゚+.゚ 君はいい奴なんだね!)











    エレン「俺の胃袋に入れてwww」


    皆「アルミンひでぇwww」


    マルコ「その役割は僕がやろう! まだお腹が空いていてねw」


    サシャ「私も立候補します!w」


    クリスタ「皆!そんなことしちゃダメだよ!」ニヤニヤ


    ユミル「クリスタァァァ!! 言ってることと顔が合ってないぞぉぉ!!」
  4. 38 : : 2014/07/06(日) 17:42:29
    皆さんお待たせしました!
    Σ(・ω・ノ)ノえっ!待ってない!? すいませんww

    久しぶりに更新します!





    壁|アルミン.。oO(ニヤニヤしてるクリスタもいい…!!)


    クリスタ「なっなんか悪寒が…。」


    ユミル「大丈夫か!クリスタ! 誰だ! 変なこと考えてるやつは!」


    アルミン「僕だ(*`・ω・´)」


    エレン「隠れてたのに出てきちゃだめだろwww」


    ユミル「エレン…」ゴゴゴゴ


    ユミル「覚悟はできてるか!?」ゴゴゴゴ


    アルミン「君こそ覚悟はできてるの?」ニコッ


    ユミル「はっ!? どういうことだよ?」イラッ


    アルミン「僕、知ってるんだよ? ユミルが皆寝静まった後、一人で……モガッ」


    ユミル「やめろぉぉぉぉぉ!!」


    エレン「幼い頃の俺のセリフぅゥぅ!!www」


    クリスタ「」ニコニコ


    ユミル「どっどうしたんだ?クリスタ?そんなにニコニコして…。」


    クリスタ「私気づいてたんだよ?」


    ユミル「何だって!? いつからだ?」


    クリスタ「一昨日!」


    エレン「結構最近なんだなwww」
  5. 39 : : 2014/07/06(日) 17:52:21
    アルミン「クリスタ、言っちゃったら?」ニコニコ


    クリスタ「そうだね」ニコニコ


    ユミル「ちょっと待てよ! クリスタの悪寒の原因はエレンなんだぞ? そんなやつの言うこと聞くなんておかしいだろ!!w」


    ミカサ「ユミル落ち着いて。 そして、クリスタはやく。」ワクワク


    サシャ「ミカサ実は気になってたんですねwww」クワクワ


    エレン「サシャ! ワクワクがクワクワになってるぞwww」


    マルコ「ワとク、区別難しいwww」





    クリスタ「じゃあ、話すよ?」ニコニコ


    ユミル「クリスタやめるんだ!!お願いだ!!」


    クリスタ「」ニコッ


    ユミル「……オワタ\(^o^)/」






    クリスタ「ユミルは、皆が寝たあとに私に近づいてきて……。」


    ミーナ「もしかしてGL展開ですか!? そうですか?」ウズウズ


    アニ「ミーナ、ハウス。」


    ミーナ「アニ酷い」シクシク


    アニ「www」
  6. 47 : : 2014/07/07(月) 21:29:12
    クリスタ「ユミルは、私の鼻にグリーンピースを詰めて、私が苦しがってるの見てニコニコしてたのw」


    皆「Σ(・ω・ノ)ノえっ!…………」ジトッ


    ユミル「うっ…! そうだよ! 私はクリスタの鼻の穴にグリーンピース突っ込んでたよ!」


    アルミン「マニアックすぎてビックリしたよwww」


    クリスタ「私苦しかったんだよ!プンプン!!」


    アニ「ユミルはいつからそれをやってたんだい?」


    ユミル「…半年前から…。」


    アニ「Σ(・ω・ノ)ノえっ! 半年前って結構前じゃないかいwww」


    サシャ「クリスタが気がついたのは一昨日なんですよね?www」


    エレン「クリスタ、お前鈍感っていうレベルじゃねーぞwwwwww」


    クリスタ「そっそんなことないもん! 実は半年前から知ってたもんね!」アセアセ


    ミカサ「クリスタ、嘘は良くないwww」
  7. 63 : : 2014/07/24(木) 19:44:25
    クリスタ「もっもうこの話は終わり!!」


    皆「……。」ニコッ


    クリスタ「止めて! その暖かな目で見るの止めて!」


    アルミン「よし、この話は止めようwww」


    クリスタ「そうだよね。それで、アルミンの話に戻そ?」ニコッ


    アルミン「うん! ってオイコラ!!ヽ(`Д´)ノ」


    ユミル「おい。エレン! 天使スマイルに歯向かうのか?」


    アルミン「黙れ!グリーンピース!www」


    ユミル「(´。・д人)シクシク…」
  8. 69 : : 2014/07/29(火) 10:56:18
    27日更新予定と言ったのに更新しなくてすいませんm(*_ _)m






    エレン「もうそろそろ寮に戻ろーぜ!」


    ミカサ「えぇ。そうしよう。」


    ゾロゾロ


    アルミン「うん。帰ろう! あれ?」チラッ


    サシャ「ふぅー」


    アルミン「えっ!?えっ!?!?」


    サシャ「どうしました?エレン。」


    アルミン「今食べ終わったご飯誰の?」ニコッ


    サシャ「エレンのですよ。」ニコッ


    アルミン「そっかぁ。」ニコッ


    サシャ「ご飯が私に食べてもらいたそうでしたから。」ニコッ


    アルミン「へぇ。」ギロッ


    サシャ「えっえぇ。」ビクッ


    サシャ「……」ダッ


    アルミン「おいこら!!待て!!」


    ドタバタ ドタバタ


    マルコ「そうやって君が走り回っているとき、君のご飯はさらに減る。」ハハッ


    アルミン「なんだってぇぇ!!」


    サシャ「今のうちに!!」・*・:≡( ε:) シューッ


    アルミン「あっ!!」
  9. 70 : : 2014/07/29(火) 11:04:45
    アルミン「くっ!!」


    マルコ「君は僕を甘く見てはいけない。」


    アルミン「ゲスコめっ!!」ギロッ


    マルコ「なんだい?アルゲス。」ニコッ


    アルミン「おいっ!そこはゲスミンだろ!www」




    マルコ「まぁ、今日のところは寮に帰ろう!」


    アルミン「しょうがない。帰るか。」



    ー男子寮ー


    エレン「遅かったな!二人共!」


    アルミン「まぁ、いろいろあってね!」


    マルコ「あぁ。」


    エレン「そうか。」


    ライナー「もう寝ようぜ!」


    ジャン「待てよ!お前ら!」


    コニー「どうしたんだ?ジョン?」


    ジャン「お前らあれをしないと駄目だろ!」


    ジャン以外の男子「(ジョンって呼ばれたの気にしないんだ…www)」


    コニー「あれってなんだ?」




  10. 73 : : 2014/07/29(火) 14:42:06
    私はたくさんの方からコメントもらえて嬉しいです!

    しかし、見やすくするために皆さんからもらったコメントを非表示にさせてもらいました。


    これからも、コメントお待ちしてますが、私が読んだら非表示にさせてもらいます。


    このSSが終わったときまとめてお返事させてもらいます。


    名無しさんは何かしら名前をつけてコメントしていただけると嬉しいです!


    よろしくお願いしますm(*_ _)m




  11. 76 : : 2014/08/12(火) 19:49:35
    ジャン「ファブリ━━゚+。( ゚∀゚ )。+゚━━ズ!!だよ!」


    皆「……。」


    ジャン「……//。」


    ライナー「明日は早いしもう寝るか?(^_^;)」


    アルミン「そっそうだね(^_^;)」


    エレン「よし、寝よう!(^_^;)」


    コニー「」Zzz


    アルミン「コニー寝るのはやっ!www」


    ライナー&エレン「」Zzz


    アルミン「ねっ寝よ!」Zzz


    ジャン「(´・ω・`)」
  12. 77 : : 2014/08/12(火) 20:02:14
    マルコ「ジャン!僕はやるよ!」


    ジャン「マルコ( ✪ω✪ )」


    マルコ「」シュシュシュ


    ジャン「」シュシュシュ


    ジャン「なっなぁマルコ。俺の寝床重点的にやるのやめてくれないか?(T_T)」


    マルコ「wwwwww」


    ジャン「俺、そんなに臭いのか?(T_T)」


    マルコ「(o´・ω-)bwwwwww」


    ジャン「ガガガ━Σ(ll゚ω゚(ll゚д゚ll)゚∀゚ll)━ン!!!」


    ジャン「もう寝よ……。」


    マルコ「僕も寝よっとwww」


    ベルトルト「ちょっとみんな!僕の存在忘れてない!?」


    エレン「」Zzz


    アルミン「」Zzz


    ライナー「」Zzz


    コニー「」Zzz


    ジャン「」Zzz


    マルコ「……w」


    ベルトルト「マルコ起きてるでしょ! それに小さく笑うの止めて!」シクシク


    マルコ「ネテマース!www」


    ベルトルト「寝てたら返事できないよね!?ねぇ!」


    皆「」Zzz


    ベルトルト「もー寝よ(´・ω・`)」

  13. 113 : : 2014/08/29(金) 20:04:30













  14. 114 : : 2014/08/29(金) 20:04:39
    アルミン「僕たちの訓練生活は」


    エレン「とても充実していました!」


    ミカサ「主席になれたこと」


    クリスタ「馬術が上手になったこと」


    ジャン「立体機動がうまくなったこと」


    ライナー「しかし、時には困難にぶち当たることもありました。」


    マルコ「それでも、僕たちはその困難を乗り越え」


    アニ「大きく成長することができました。」


    クリスタ「成長したのは精神であって、身長ではありませんでした。」


    コニー「俺はチビだと馬鹿にされました」


    ベルトルト「僕は名前を覚えてもらえませんでした」


    サシャ「そんな毎日が宝物です」


    アルミン「このくだりは、あることを読者の皆さんに伝えたくて作者が書きました」


    エレン「それは解散式までいっきに話が飛ぶということです」


    ユミル「決してめんどくさくなったとかそういうのではありません」


    作者「(多分w)」


    ジャン「俺たちの訓練生活はこんなちょっとでは伝わりません」


    マルコ「しかし、想像してみましょう」


    サシャ「笑いがたくさんある光景を思い浮かべられたと思います」


    アニ「今、思い浮かべられた人はかなり妄想が素晴らしいと思います」


    ミカサ「その長所を活かして下さい」


    アルミン「長くなりましたが、次のレスからは解散式です」


    エレン「よろしくおねがいします」

  15. 152 : : 2014/09/29(月) 19:13:36

    久しぶりに更新します。





    ー解散式ー


    訓練兵1「いーよなお前らは10番以内に入れてよ! どーせ憲兵団に入るんだろ?」


    ジャン「(゜Д゜)ハァ?」


    ジャン「あたりまe」


    エレン「違うぜ! 俺は駐屯兵団に入る!」(ジャンの後ろに隠れて)


    ジャン「はぁ!? 何いっt」


    訓練兵2「まじかよ!!」


    訓練兵2「みんな! ジャンのやつ駐屯兵団に入るらしいぜ!」


    皆「えっ!?」


    ジャン「(ほら、みんな俺が憲兵団に入ると思ってるからビックリしてるぜ(`-ω-´)フッ)」


    皆「馬小屋兵団じゃないの!?」


    ジャン「ブーーーーー!!」←飲み物を吹き出す


    エレン「馬小屋兵団じゃなくて、豚小屋兵団なのかすまん!!www」


    ジャン「ちげーよ!!!!」
  16. 153 : : 2014/09/29(月) 19:29:41

    エレン「じゃあ、俺と勝負だ!」


    ジャン「いきなりどうした?www」


    エレン「俺が勝ったら、お前は馬小屋兵団! お前が勝ったら豚小屋兵団な!」


    ジャン「勝つのも負けるのも嫌だなwww」


    ミカサ「審判は私に任せて!」


    ユミル「ミカサはけんか止める役だろwww なんでノリノリなんだよwww」


    ミカサ「マフラーを巻いてくれてありがとう。」


    皆「…。」


    アニ「ミカサ、何でその名言持ってきたんだい?www 合ってないよwww」


    ミカサ「では、どの名言を言えばよかったの?」


    ユミル「名言縛りしてないわwww」


    ミカサ「Σ(゚д゚lll) 私は愚かだった…」


    ユミル「いや、そんなに責めてない…w」


    エレンジャン「なぁ?まだ?www」


  17. 154 : : 2014/09/29(月) 19:40:20

    ミカサ「ん? スタート。」


    エレン「テキトーすぎだろ!!www」


    ジャン「おりゃ!」←パンチを繰り出す


    エレン「ふはははは!!」


    エレン「そんな分かりきった攻撃を仕掛けてくるとは。お主まだまだじゃのう。」


    ジャン「あなたは!ピクシス司令だったのか!」


    皆「なんでそうなった!!www」


    クリスタ「お前らうるせーn……ゴホゴホ ちょっと五月蝿いんだけど、静かにしてもらえる?」ニコッ


    皆「わぁお。」


    エレン「堕天使がYO!」


    ジャン「ここにYO!」


    ミカサ「健在したYO!」


    皆「\( 'ω' )/ヘイッ!!!!!」



  18. 156 : : 2014/09/29(月) 19:47:26

    クリスタ「堕天使だなんて照れるよ(〃ω〃)」


    ユミル「どこに照れる要素があるんだ!www」


    アルミン「ということは、天使役は僕かな(`・ω・´)」


    皆「それは(ヾノ・∀・`)ナイナイ」


    アルミン「なんで、即答なのさぁぁぁぁ!!」


    ライナー「あなたには分からないでしょうね(`-ω-´)フッ」


    アルミン「分かんないよ! ていうか、それちょっと古いよ!!」
  19. 157 : : 2014/09/29(月) 19:59:00

    エレン「・・・さ、さぁーて! そろそろお開きにしようぜ!!」


    アルミン「いきなり話変えないでよ!恥ずかしいじゃんwww」


    皆「そ、そーだな! 解散しよう!」


    アルミン「みんなまで(´;ω;`)」


    ベルトルト「エレン、いじってもらえるだけいいじゃないか。 僕は・・・」


    アルミン「べ、べべべべべ!! 」


    ベルトルト「待って!! 最後の最後に僕の名前の最低ランクでたよ!www」


    コニー「まぁまぁ落ち着けよ!」


    サシャ「そーですよ!」


    コニー「俺らもあんまり登場してないしな!」


    サシャ「コニーの言う通りです! 私たちはたくさん登場しました!」


    ベルトルト「ねぇ、サシャ。 コニーの話ちゃんと聞いてた?」


    サシャ「はい!もちろん!(`・ω・´)ドャッ」


    ベルトルト「・・・。」


    アルミン「サシャ、っょぃwwwwww」
  20. 158 : : 2014/09/29(月) 20:02:35

    ミカサ「エレン!何やってるの? 早く行くよ。」


    アルミン「ごめん!ミカサ今行く!」


    アルミン「…って! なんで、アルミンがミカサの肩に乗ってるんだよ!!www」


    エレン「退場はこれって決まってるじゃないか(`・ω・´)」


    ミカサ「えぇ。その通り!(`・ω・´)」


    アルミン「あ、うん。ごめん。僕が間違ってた。」


    エレン「分かればいーよ(。 ・`ω・´) キラン☆」


    ミカサ「(。 ・`ω・´) キラン☆」


    アルミン「あ、はい。」
  21. 160 : : 2014/09/29(月) 20:06:27

    ー建物の裏(?)あたりー


    ミカサ「3人で過ごすのは久しぶり。」


    エレン「そうだな。」


    アルミン「そーだね!」


    ミカサ「他には誰もいないので、本当の名前で呼ぶ。」


    エレンアルミン「おう!(うん!)」

  22. 161 : : 2014/09/29(月) 20:12:16

    ミカサ「エレン。私ずっと聞きたいことがあったの。」


    エレン「なんだ?」


    ミカサ「どうして、通過儀礼のときアルミンの名前を言ったの?」


    アルミン「それ、僕も聞きたい!」


    エレン「それは…。」


    エレン「俺、ずっとどうすれば人類の役にたてるか考えてたんだ。 兵士になれば役に立てるとは思うけど、それだけじゃ駄目だと思ったんだ。」


    ミカサ「それで?」


    エレン「それで、キース教官に名前を聞かれたときに俺は分かったんだ!」


    エレン「名前を偽ることが、人類の役に立つって…!」


    アルミン「はっ!?」


    ミカサ「それで、エレンはアルミンの名前を名乗ったのね。」


    エレン「おう!」
  23. 162 : : 2014/09/29(月) 20:19:22

    ミカサ「そう。 エレンがそこまで深く考えたんだから、名前を偽ることは必ず人類の役に立つ。」


    エレン「ミカサ…! 分かってくれたのか!」


    アルミン「はい!ストップーー!!」


    エレン「なんだよ!アルミン!」


    アルミン「その言い訳はなんだよ!! 名前偽ることが人類の役に立つわけ無いだろ!!」


    アルミン「後々面倒になるわ!!www」


    ミカサ「www」


    エレン「違っ!本当に…」


    アルミン「本当に何なの? 早く言ってごらん?」ニコォ


    エレン「アルミンに嫌がらせをしたかったからです!(`・ω・´)ドャッ」


    アルミン「子どもかよっ!!」


    エレン「あぁ。そうだ!(`・ω・´)ドャッ」


    ミカサ「ブフッwwwwww」


    アルミン「ミカサ、笑いすぎ! イエローカード!w」


    ミカサ「有り難く頂戴しますw」


    アルミン「何にも有り難くないから!w」
  24. 163 : : 2014/09/29(月) 20:30:47

    エレン「まぁまぁ、落ち着けよ。」


    アルミン「エレンに言われたくないわぁw」




    ミカサ「さぁ、もう解決したしそろそろ寮に帰ろう。」


    アルミン「待って! 何も解決してないから!!www」


    ミカサ「このまま名前を偽って生きていこうって決めた。」


    エレン「おう!」


    アルミン「いつの間に!?」


    ミカサエレン「いつでもない間。」


    アルミン「はっ!?」


    ミカサ「今決めた。てへぺろ(´>ω∂`)☆」


    エレンアルミン「・・・・・・。」


    ミカサ「///」


    エレンアルミン「てへぺろ(´>ω∂`)☆」


    ミカサ「エレン!アルミン!.。゚+.(*''*)゚+.゚」


    エレン「恥ずかしい思いをしただろうから、俺らも恥ずかしい思いをしてみたぜ!」


    アルミン「うん!」


    ミカサ「2人とも…!! ありがとう!」


    エレン「さぁ、最後はあの言葉で締めようぜ!」


    エレン「せーの!!」





    アルミン「人類の反撃はこれからだ!!」


    ミカサ「人類の反撃はまだ日程が決まっておりません!!」


    エレン「巨人の進撃はいつまでも!!」


















    ──────────END────────











  25. 164 : : 2014/09/29(月) 20:34:59




















    アルミン「…って!!待てい!!!!!」


    アルミン「二人の決め言葉なんだよ!!」


    ミカサ「てへぺろ(´>ω∂`)☆」


    エレン「てへぺろ(´>ω∂`)☆」


    アルミン「てへぺろじゃねぇーーよ!!!」


    エレン「悪かったってwww」


    ミカサ「次はちゃんとやる!任せて!」


    アルミン「じゃあ、信じるよ!」






    アルミン「せーの!!」






    アルミン「人類の反撃はこれからだ!!」


    ミカサ「人類の反撃はこれからだ!!」


    エレン「人類の反撃はこれからザマス!!」



















    ───────────END────────
  26. 165 : : 2014/09/29(月) 20:38:36

















    アルミン「エレン!!! なんだよ!ザマスって!!」


    エレン「悪ぃ! 噛んじまった!www」


    アルミン「どうすれば、ザマスって噛めるんだよ!!」


    ミカサ「エレンしっかりして!」


    エレン「分かったぜ!」





    エレン「じゃあいくぞ!! せーの!!!」







    アルミン「人類の反撃はこれからだ!!」


    ミカサ「人類の反撃はこれからだ!!」


    エレン「人類の反撃はこれからだ!!」

























    ほんとうに





    ─────────END──────―──




  27. 166 : : 2014/09/29(月) 20:41:47

    キース「貴様は何者だ!」エレン「シガンシナ区出身!アルミン・アルレルトです!」アルミン「はっ!?」



    これにて完結です!!


    沢山のお気に入りやコメント、ほんとうにありがとうございました!!


    とっても嬉しかったです!!



    これからこの②にコメントしてくださった方々を書き上げます。

  28. 167 : : 2014/09/29(月) 21:02:49
    コメントしてくださった方々↓

    巨人のえささん
    ジャアアアンさん
    ゲスコ・ボットさん
    田中さん
    進撃のイェーガーさん
    威樹@いちあずさん
    レイさん
    マッカーアン不ログインさん
    ★☆進撃の蒼穹☆★さん
    33さん
    んーさん
    MM氏さん
    アルミン親衛隊さん
    巨人キラーさん
    せっけん友@ナツさん
    Hanaさん
    破壊神エレンさん
    pazu0728さん
    ねこれいむさん
    雨宮リンドウさん
    唐揚げクンさん
    ミンミンさん
    いちご大福さん
    ミカサアンパンマンさん
    エレエレへいちょさん
    名無しからの名有りさん
    yuさん
    メープルさん
    Flugel der Freiheitさん
    さくらさん
    クロノスさん
    憲兵団に入りたいさん
    かやさん
    極天さん
    新米なので?さん
    アニきゃわさん
    兵士長さん
    朱鳥・ラングレーさん
    パァンさん
    これからもおねがいしますさん
    ジャャャャャーーン坊さん
    ayakaさん
    ひよりさん
    みよさん
    大正義エレアニさん
    名無しさん×数名



    執筆中お礼を言えなかったので、今言わせてもらいます。

    ほんとうにありがとうございます!!

    すごく励みになりました!!


    そしてこれからも宜しくお願いします((。´・ω・)。´_ _))ペコリ
  29. 168 : : 2014/09/30(火) 19:39:18
    お疲れ様です。

    面白かったです!
  30. 169 : : 2014/09/30(火) 20:49:59
    ザマス(笑)エレンとミカサが台詞を間違えたりするの面白いです(笑)ww
    葉月さんのギャグ作品大好きです!!
    他の作品も大好きです!!次も期待しています!!!( ☆∀☆)
  31. 170 : : 2014/10/02(木) 10:04:46
    全く笑えなかった。
  32. 171 : : 2014/10/02(木) 10:05:33
    観覧数すごい減ったwwwww
  33. 172 : : 2014/10/02(木) 10:07:34
    観覧数3分の1になったwwwwwまああまり面白く無い上に更新遅過ぎだったからなwwwwwwwww
  34. 173 : : 2014/10/03(金) 19:33:45
    つまんなかった

  35. 174 : : 2014/10/03(金) 23:15:24
    面白かったwww
  36. 175 : : 2014/10/05(日) 10:08:19
    ざwwwwwまwwwwwすwwwww ス○夫のママwwwww
  37. 176 : : 2014/10/28(火) 20:21:05
    ざますえーwwwwwwwwwwww
  38. 177 : : 2014/11/30(日) 18:22:19
    面白かったっす!wwwwwwwwz
  39. 178 : : 2015/01/26(月) 18:51:06
    マジ吹きましたwwwベベベベベとかwwwベルトルトがwww
  40. 179 : : 2015/03/24(火) 23:03:21
    ベルベルかわいそうっwwww
    すごく面白かったです! 
    ゆっくりでいいのでまた新しいSSかいてください(*'▽')
  41. 180 : : 2015/07/12(日) 18:26:52
    ザマスww面白かったですw!( ・`ω・´)ノ☆
  42. 181 : : 2015/12/27(日) 22:52:28
    これはssあるあるだな
    コメントしたつもりだけどしていなかった
    後ザマスwwww
  43. 189 : : 2016/12/10(土) 00:03:29
    チョー面白かったです!!
  44. 191 : : 2017/08/04(金) 17:53:28
    面白いw
  45. 192 : : 2017/08/06(日) 10:59:49
    笑わないやつは居ない!
  46. 193 : : 2017/08/16(水) 21:17:02
    面白かったです!ww
  47. 194 : : 2017/09/02(土) 20:38:24
    めちゃ面白かった!
    めっちゃ吹いたww
  48. 195 : : 2017/09/06(水) 19:07:00
    最高。
  49. 196 : : 2017/10/06(金) 21:05:25
    ちょっともう腹が痛いwww
  50. 197 : : 2018/08/11(土) 16:17:28
    wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
    面白かった続編書いて欲しい
    wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
  51. 198 : : 2018/09/29(土) 22:54:40
    めっちゃ面白かったʬʬʬʬʬ
    腹筋が痛いʬʬʬʬʬ
  52. 199 : : 2018/09/29(土) 22:54:58
    最高ʬʬʬʬʬ
  53. 200 : : 2019/11/21(木) 01:40:46

▲一番上へ

名前
#

名前は最大20文字までで、記号は([]_+-)が使えます。また、トリップを使用することができます。詳しくはガイドをご確認ください。
トリップを付けておくと、あなたの書き込みのみ表示などのオプションが有効になります。
執筆者の方は、偽防止のためにトリップを付けておくことを強くおすすめします。

本文

2000文字以内で投稿できます。

0

投稿時に確認ウィンドウを表示する

著者情報
mikasa-L

葉月@久々

@mikasa-L

この作品はシリーズ作品です

葉月のギャグ集www シリーズ

「進撃の巨人」カテゴリの人気記事
「進撃の巨人」カテゴリの最新記事
「進撃の巨人」SSの交流広場
進撃の巨人 交流広場