ssnote

x

新規登録する

作品にスターを付けるにはユーザー登録が必要です! 今ならすぐに登録可能!

このSSは性描写やグロテスクな表現を含みます。

強く…なってみせる! ※エロ注意

    • Good
    • 0

loupe をクリックすると、その人の書き込みとそれに関連した書き込みだけが表示されます。

▼一番下へ

表示を元に戻す

  1. 1 : : 2019/11/10(日) 16:18:53
    リヴァイ等に救われ

    地上へ出たエレン…

    一日後…









    リヴァイ「お前には俺の班にはいってもらう」



    エレン「あぁ、構わん」



    リヴァイ「案内する、ついてこい」



    エレン「了解だ…」



    ???「あっ!兵長!お帰りなさいです!」



    ???「お疲れ様です!」



    ???「ん?その子供は?」



    ???「けっ!なんだよそのガキは」



    エレン「あ?」ギロッ



    ???「やる気か?ガキ」ギロッ



    エレン「おいリヴァイ…」



    リヴァイ「なんだ?」



    エレン「こいつ…殺していいか?」



    リヴァイ「ほどほどにな」ヤレヤレ



    エレン「」ニヤ



    ???「このがきがぁ!」



    エレン「」ゴッ



    ???「は?」



    ドガッバキッゴシャッグチャバキッズゴッギェアアアァァ



    エレン「ふぅ、すっきり」テカテカ



    リヴァイ「おい、エレンその辺にしろ」



    エレン「わあったよ」



    リヴァイ「紹介しよう…今日から俺達の班の」



    エレン「エレン・イェーガーだ…よろしくな」



    リヴァイ「お前達も自己紹介しろ」




    ペトラ「ペトラ・ラルです。よろしくね」ニコッ




    エレン「あぁ、よろしくな」




    グンタ「グンタ・シュルツだ…よろしく!」




    エレン「あぁ、」




    エルド「エルド・ジンだ!よろしく!」




    エレン「あぁ!よろしく!」




    ???「」ゴハッ




    リヴァイ「こいつは、オルオ・ボザドだ」




    エレン「あっそ」




    オルオ「」




    エレン「おいリヴァイ…腹が減った」



    リヴァイ「そうだな…今日の当番は…」チラッ



    オルオ「」オルオダッタモノ



    エレン「チッ…俺が作ろう…」




    ペトラ「えっ?作れるの?」



    エレン「まぁ、多少のもんはな」




    リヴァイ「そうか、なら頼んだぞ」



    エレン「あぁ」トコトコ










    グンタ「兵長、何故エレンを?」



    リヴァイ「あぁ、あいつはいずれ…」



    リヴァイ「俺をこえるだろう…」



    ペトオルグンエル「!?!?!?」



    オルオ「あ、あんながきに…」



    リヴァイ「オルオ、お前が一番体験したはずだ」



    オルオ「っ」



    エルド「理由を伺ってもよろしいでしょうか?」



    リヴァイ「あぁ、まずエレンのようなガキが」




    リヴァイ「ろくに食い物もてに入らん地下街で」



    リヴァイ「生きてるわけがねぇんだ」



    リヴァイ「なのに、あいつは生きていた」



    リヴァイ「それは何故か俺にもんからん」



    リヴァイ「だが!」



    ペトオルグンエル「!」



    リヴァイ「逸材であることは間違いない」



    リヴァイ「それも明日になりゃあわかるさ」



    ペトオルグンエル「」ゴクッ



    エレン「できたぞー」



    リヴァイ「飯ができたみてぇだな…いくぞ」



    ペトオルグンエル「はい!」





  2. 2 : : 2019/11/10(日) 16:40:32
    翌日…







    リヴァイ「エレン…まずは適性検査だ」



    エレン「了解…なにをすればいい?」



    リヴァイ「これでバランスをとれ」



    エレン「わかった…」



    リヴァイ(悪くない…だが…)



    リヴァイ「おい、エレン、ベルトに違和感は感じねえのか?」



    エレン「ん?あぁ、やっぱこれ壊れてんのか」



    リヴァイ(こいつ!間違いねぇ!)



    リヴァイ(俺を………こえる!)



    リヴァイ「合格だ…」



    エレン「っし!」



    リヴァイ「お前はもう、飛べるな!」



    リヴァイ「お前ら!集合だ!」



    リヴァイ「今から立体機動の訓練を行う」



    リヴァイ「巨人ダミーは全部で百体!」



    リヴァイ「最下位は夕飯抜きだ!」



    ペトラ「へ、兵長…エレンはまだ初心者なのでは?」



    リヴァイ「問題ない…尚、この訓練」



    リヴァイ「俺は参加しない」



    リヴァイ(さぁ、エレン!見せてみろ)



    開始!



    エレン「!」



    エレン(あれか!)



    エレン「フッ!」ギュイイイイイインクルッ



    オルオ「へっ!これは俺のえもn」ザンッ



    オルオ「なに!?」



    エレン「フッ!」クルックルッギュイイイイイインスババッ



    巨人ダミー×5ズドォーン



    オルオ「」



    エルド「な!」



    グンタ「うそ…だろ?」



    ペトラ「エ、エレン、あなたはいったい」



    エレン「おらぁ!」ズバババババババババ



    エレン「フッ!」ギュイイイイイインクルッストン



    エレン「こんなもんか…」



    ペトオルグンエル「」



    リヴァイ「終了だ…」



    リヴァイ「結果を発表しよう」



    リヴァイ「一位…エレン!討伐数78!」



    ペトオルグンエル「!?」



    リヴァイ「2位!ペトラ!討伐数12!」



    ペトラ「ほっ」



    リヴァイ「3位!グンタ!討伐数6!」



    グンタ「くっ!」



    リヴァイ「4位!エルド!討伐数4!」



    エルド「くそ!」



    リヴァイ「最下位!オルオ…討伐数……0」



    オルオ以外「プッ」



    オルオ「」



    リヴァイ「オルオ、お前は…」



    リヴァイ「とりあえず死ね」



    リヴァイ「よし、飯にするぞ」



    オルオ以外「了解!」

  3. 3 : : 2019/11/10(日) 17:31:05
    ドガッバキッゴシャッグチャバキッズゴッギェアアアァァ
    ↑草
  4. 4 : : 2019/11/10(日) 18:51:05
    一週間後…






    リヴァイ「エレン」



    エレン「なんだ?」



    リヴァイ「来週…壁外調査がある…」



    リヴァイ「お前にも参加してもらうが」



    リヴァイ「かまわねぇな?」



    エレン「ふっ、ようやくか」



    エレン「断る理由は、ねぇな」ニヤッ



    リヴァイ「ふっ、死ぬなよ」



    エレン「はっ!誰が死ぬか!」



    一週間後…








    エルヴィン「久しいな…エレン」



    エレン「ようはg…じゃなくてエルヴィン」



    エルヴィン「」



    ハンジ「やっほー!エレン!」



    エレン「よう奇行種!」



    ハンジ「」



    リヴァイ「エレン…気を引き締めろよ」



    エレン「わぁってるよ」



    エレン「んじゃあな!」



    エルハン「」



    エルヴィン「Σ(゚Д゚;)はっ!」



    キース「これより!第27回壁外調査を開始する!開門!」



    キース「進めぇぇぇ!!!!」



    ドドドドドドドドドドドドドド








    エレン「これが…壁の…外」キラキラ



    リヴァイ(ふっ、俺と似ているな)



    オルオ「兵長!煙弾です!」



    リヴァイ「了解だ」パシュウウゥ



    エレン「!リヴァイ!」



    リヴァイ「なんだ?」



    エレン「前方!巨人約15体だ!」



    エレン「先にいくぞ!」ドドドドト



    リヴァイ「了解だ!いくぞ!お前ら!」



    ペトオルグンエル「了解!」



    エレン「っと…てめぇが巨人か」



    巨人「」アウアー



    エレン「ふっ」ギュイイイイイインクルッ



    エレン「っらぁ!」ザンッ



    巨人「」バタンシュー



    エレン「ふっ!」クルクルクルシュンギュイイイイイイン



    エレン「おらぁ!」ズバババババババババ



    巨人×10「」バタンシュー



    エレン「はっ!」パシュウウゥ



    巨人「」テノバス



    エレン「チッ!」カワス



    エレン「触んじゃねえよ!」ザンッ



    エレン「しね!」ギュイイイイイインクルッズバババババ



    リヴァイ「ふっ」



    グンタ「な!?エレンのやつ!」



    エルド「あの量を…一人で!?」



    ペトラ「かっこいいなぁ///」



    オルオ「オレノホウガ…オレノホウガ」ブツブツ



    エレン「リヴァイ!終わったぞ!」



    リヴァイ「よくやった…」







    ーエルヴィンsideー




    エルヴィン!!!



    エルヴィン「ミケか…どうした?」



    ミケ「巨人が急に北上しだしたぞ!」



    エルヴィン「なに!?」(嫌な予感が)



    エルヴィン「団長に知らせてくる」



    エルヴィン「ミケ!お前はリヴァイ達に知らせに行け!」パシュウウゥ



    ミケ「了解だ!」パシュウウゥ



    エルヴィン「団長!」シュタッ



    キース「どうした?エルヴィン」



    エルヴィン「巨人が急に北上を始めたようです!」



    キース「な、なんだと!?」



    エルヴィン「何か…嫌な予感がします…」



    キース「そうだな…撤退の煙弾を」



    エルヴィン「了解です」



    ーエレンsideー



    ミケ「リヴァイ!」パシュウウゥ



    リヴァイ「どうした?」



    ミケ「巨人が急に北上しはじめた!」



    ミケ以外「!」



    リヴァイ「了解だ…おそらく撤退命令がでるだろう」



    パシュウウゥ



    リヴァイ「撤退命令だ!帰還するぞ!」



    エレン(嫌な予感がする…)


  5. 5 : : 2019/11/10(日) 19:21:12
    数十分後…










    キース「!」



    エルヴィン「か、壁が!?」



    キース「くっ!急いで住民の避難を!」



    エレン「チッ!先にいくぞ!」パシュウウゥ



    リヴァイ「わかった…死ぬなよ!」






    ーエレンsideー



    エレン「チッ!生存者はどこだ」



    オカアサン!



    エレン「!」クルッ



    イッテ!イキノコルノヨ!?



    エレン(くっ!間に合うか!?)



    バキッグシャッボトボト



    エレン「っらぁ!」ザンッ



    エレン(間に合わなかった…)



    ア,アノ!アリガモウゴザイマス!



    エレン「すまなかった…助けれなかった…」



    オマエノセイダ!モットハヤクキテイレバ


    ナンテコトイウンダ!



    エレン「」パシュウウゥ



    エレン(すまん…)



    一時間後…




    キース「避難は無事完了した!」



    エルヴィン「よくやってくれた!」



    リヴァイ「おい、エレンを見てねぇか?」



    エルヴィン「エレンなら向こうにいるぞ?」



    リヴァイ「わかった…」



    エレン「」



    リヴァイ「どうした?」



    エレン「………れ…………た」



    リヴァイ「あ?」



    エレン「守れなかった」



    エレン「ガキどもの親を」



    エレン「守ってやれなかった」



    リヴァイ「………そうか」



    リヴァイ「これだけは言わせてくれ」



    リヴァイ「お前のせいじゃない」スタスタ



    エレン「っ」



    オマエノセイダ!オマエノセイダ!オマエノセイダ!オマエノセイダ!



    エレン(ちがう…俺のせいだ…)



    リヴァイ「ペトラ…エレンは?」



    ペトラ「さっきから部屋に…」



    ペトラ「なにがあったんですか?」



    リヴァイ「守れなかったらしい」



    ペトラ「!」



    ペトラ「私…様子を見てきます…」



    リヴァイ「頼んだ…」



    ペトラ「エレーン?入るよ?」ガチャ



    エレン「なんだ、ペトラ」



    ペトラ「」ダキッ



    エレン「!」



    ペトラ「エレンのせいじゃないよ?」



    エレン「ちがう!俺が…」



    ペトラ「あなたは悪くない」



    エレン「」ポロポロ



    ペトラ「わかった?」



    エレン「うん…」ポロポロ



    ペトラ(え///泣き顔かわいい///)



    ペトラ(それに…エレンのが///)



    ペトラ(おっきくなってる///)



    ペトラ(まだ11歳なのに…)フフッ



    ペトラ「エレン…ここ///」スリスリ



    エレン「は?なに触って…っ」



    ペトラ「よいしょ」ズボンオロス



    エレン「ペトラ?」



    ペトラ「シーッ」



    ペトラ「エレン…気持ちよくしてあげるね」



    エレン「?」



    ペトラ「辛かったと思うから…忘れちゃお?」




    エレン「うん…」



    ペトラ「どぉ?」シコシコシコシコ



    エレン「あぁ///変な感じ///」



    ペトラ「そっかぁ」パクッ



    エレン「!」



    ペトラ「えへぇんほおぉ?」(えれぇんどぉ?)



    エレン「っ!やばい!なにか!でそう///」



    ペトラ「んぅーひいよーらひて?」グポグポ



    エレン「あぁ///」ドピュドピュ



    ペトラ「んー、」ゴックン



    ペトラ「んー、おいしかったぁー」ツヤツヤ



    エレン「今でたの、なに?」



    ペトラ「んー、また今度教えてあげる…」



    ペトラ「じゃあおやすみ!」



    エレン「おやすみ…」

  6. 6 : : 2019/11/11(月) 05:30:24
    い、今のは、ふぇOチオ!?
    せーえき!?
  7. 7 : : 2019/11/14(木) 13:04:37
    ???「>>6お、おい、もう帰ろうぜ、」ガルガクブルガクブル
  8. 8 : : 2019/11/19(火) 14:18:00
    だにぃ!?
  9. 9 : : 2019/11/27(水) 11:55:43
    >>6~>>8だからエレンに何 ナニかがあったんじゃないか?
  10. 10 : : 2019/11/30(土) 14:17:08
    急にエロ展開は草
  11. 11 : : 2019/12/23(月) 10:12:23
    続きあるのかな
    期待
  12. 12 : : 2019/12/27(金) 17:12:09
    11、あるだろ多分

▲一番上へ

名前
#

名前は最大20文字までで、記号は([]_+-)が使えます。また、トリップを使用することができます。詳しくはガイドをご確認ください。
トリップを付けておくと、あなたの書き込みのみ表示などのオプションが有効になります。
執筆者の方は、偽防止のためにトリップを付けておくことを強くおすすめします。

本文

2000文字以内で投稿できます。

0

投稿時に確認ウィンドウを表示する

著者情報
Zeno

まんじゅうお・

@Zeno

この作品はシリーズ作品です

すべてを捨てた者 ※エレンチート シリーズ

「進撃の巨人」カテゴリの人気記事
「進撃の巨人」カテゴリの最新記事
「進撃の巨人」SSの交流広場
進撃の巨人 交流広場