ssnote

x

新規登録する

作品にスターを付けるにはユーザー登録が必要です! 今ならすぐに登録可能!

進撃の人狼【Part2】

    • Good
    • 0

loupe をクリックすると、その人の書き込みとそれに関連した書き込みだけが表示されます。

▼一番下へ

表示を元に戻す

  1. 1 : : 2019/07/15(月) 19:34:05
    こちらはPart2になっております。

    まだPart1を見ていない方はこちらをご覧下さいませ。

    進撃の人狼【Part1】

    http://www.ssnote.net/archives/80189


    このssのルールなどはPart1に書かせて頂いております。


    推理要素が含まれていますが、なるべくわかり易く致しますのでよろしくお願いします。
  2. 2 : : 2019/07/15(月) 19:57:30
    〜翌日、教官室にて〜


    アルミン「教官、失礼致します」


    キース「む、何だアルレルト訓練兵」


    キース「…その機械…人狼の事か」


    アルミン「はい、早速ですが昨日ゲームをした村のログを見て欲しいんです」


    キース「ふむ。その様子だとイェーガー訓練兵も参加したのか。見てみよう。」


    エレン「お、おいアルミン、その機械ってなんだ?」


    アルミン「あれかい?あれは人狼ゲームの村のログを見れる機械さ。」


    アルミン「あの機械によって、人狼中の誰がどんな事をしていたか、リプレイして見ることができるんだ」


    エレン「そんなのあるのか…知らなかったぜ」


    キース「……」


    エレン(なんか怖いな…「もっと考えて推理しろ」とか「積極的に意見を出せ」とか言われたらどうしよう…)


    キース「…イェーガー訓練兵、人狼ゲームの経験は?」


    エレン(読むのはええ!!上級者になると15秒程度で見切れるもんなのか!?)


    アルミン「一日です」


    キース「…何?」


    キース「それは本当か?イェーガー訓練兵。」


    エレン「は、はい。昨日の夜からです」


    キース「…素晴らしい」


    エレン「へ?」


    キース「素晴らしい!初めてなのに推理を投げ出さず、しっかり考え抜いて正解を導き出せているのは偉いぞ!」


    キース「貴様のような人狼初心者がいれば人狼の未来は明るいな!」


    エレン「あっ……ありがとうございます!(なんかめっちゃ褒められた…)」


    キース「それにしてもうちのメンバーが色々世話になったな。」


    キース「他の訓練兵もしっかり鍛え直してやらないといけないようだ。」


    エレン「むしろ世話になったのはこちらの方です!ありがとうございます!」(訓練の時とではまったく印象違うな…優しい爺さんみたいな…)


    キース「うむ。是非人狼に興味を持ってくれれば嬉しいぞ」


    キース「…ところで、スプリンガー訓練兵とレオンハート訓練兵は?」


    アルミン「もうじき来るかと。」


    キース「そうか、では二人が来たら三人で私の所へ来てくれ。」


    アルミン「はっ。」


    キース「イェーガー訓練兵は男子寮に戻っておれ。暇があったら人狼でもやるといい。」


    エレン「はっ!失礼します!」
  3. 3 : : 2019/07/15(月) 20:33:11
    エレン「ん?なんか食堂が騒がしいな…」


    ベルトルト「お、エレンじゃないか!また君も人狼ゲームをするのかい?」


    エレン「おう!」


    ベルトルト「前回は凄い推理を見せてくれたから、今回も期待してるよ」


    エレン「任せとけ!」


    ベルトルト「今日は妖狐入りの配役をやろうと思ってるんだけど、分かるかい?」


    エレン「妖狐…?」


    ベルトルト「さっき人狼をやったなら、村人陣営と人狼陣営は知ってるよね?」


    ベルトルト「そこに「妖狐」っていう役職を1人追加して、村人陣営と入狼陣営と妖狐陣営の3陣営で戦うんだ。」


    エレン「妖狐陣営って一人なのか?それじゃ、厳しくないか?」


    ベルトルト「確かに厳しいね。
    ただ、妖狐は狼に噛まれても死なないんだ。」


    ベルトルト「そのかわり、占い師に占われたら死ぬんだけどね。狐が占われて死ぬことを一般的に「呪殺」と呼ぶよ。」


    エレン「妖狐陣営の勝利条件って何なんだ?」


    ベルトルト「妖狐陣営の勝利条件は、村人陣営か人狼陣営の勝利条件を満たした時に、妖狐が生存していることだよ。」


    エレン「…えーっと」


    ベルトルト「要するに、「妖狐を除いて狼と村人の数が同じになったら狐の勝ち」ってことだね。


    人狼1人、村人1人、妖狐1人の計3人
    人狼2人、村人2人、妖狐1人の計5人
    人狼3人、村人3人、妖狐1人の計7人


    上記のようなパターンになると妖狐陣営の勝ちだよ。」


    エレン「難しいのでさっきのパターン覚えとくわ…」


    ベルトルト「そうそう、今回は「役欠けあり」で行うよ」


    エレン「役欠けありって確か霊媒師や占い師がいない場合の事だよな?」


    ベルトルト「そうだね。第一犠牲者が、何らかの役職を持っていることがあるから、さらに推理の幅が広がるんだ。」


    ベルトルト「狼や狐は欠けることはないんだけどね」


    エレン「狼が欠けることがないのはアルミンも言ってたな。」


    エレン「そういえばアルミンとアニとコニーは、さっき教官に呼ばれていなくなっちゃったみたいだな。」


    ベルトルト「あの三人は訓練兵の中でも特別強いからね。直々に教官が教えてるのも多々見かけるよ」


    エレン「コニーってそんなに強かったのか?ぼーっとしてたから俺と同じ初心者かと思ったぜ」


    ベルトルト「この訓練兵の間では時々、「アルミン コニー アニ」の中で誰が一番強いかで話題になることもあるね」


    ベルトルト「本人たちはあまり気にしてないみたいだけどね」


    ベルトルト「おっ、もうじき人数が集まるみたいだね。席に座りに行こう」


    エレン「よし!やるかぁ!」
  4. 4 : : 2019/07/15(月) 21:08:13
    今回は議論の内容が少し難しくなる場合があるかもしれないので、御容赦ください。

    Part1を全部理解出来れば大丈夫です。

    レペルアップと思って頂ければ。
  5. 5 : : 2019/07/16(火) 21:07:07
    配役
    村5/狼2/占1/霊1/狂1/狩1/狐1
    計12人


    詳細なレギュレーション
    ·役欠けあり
    *初日から占いの実行あり
    ·連続ガードあり
    *最終日以外「村人」の賜り禁止
    *遺言なし
    *最多投票者が複数人いる場合は再投票
    4回目の投票で決着がつかない場合は引き分け


    登場人物


    エレン
    サシャ
    ユミル
    ライナー
    クリスタ
    ミカサ
    マルコ
    ベルトルト
    ジャン
    トーマス
    ミーナ
  6. 6 : : 2019/07/16(火) 21:53:24
    〜二日目の朝になりました〜


    第一犠牲者さんは無残な姿で発見されました…


    挨拶中…


    ベルトルト「占い師co ミカサ〇」


    co・・・自分の役職を発表する事


    ベルトルト「前村ではお世話になったね。前回の議論で手強く感じたので、敬意を込めて占ったよ。」


    クリスタ「占い師co ベルトルト〇」


    クリスタ「最初は勘だよ!ただ、前村では素村だったから、今回は何か役職を持ってるんじゃないかと思って占ったよ!」


    ジャン「霊能者co 〇進行だな。今日はグレランでいくぞ。」


    ミーナ「2-1だね。」


    2-1・・・(占い師の数)ー(霊媒師の数)ー(村スライドor素村COの数)。今回は占い師と霊媒師だけなので2-1となる。


    ライナー「比較的オーソドックスな形だな。」


    サシャ「普通って感じですね。グレランしましょうか。」


    ミカサ「クリスタ視点ではベルトルトは狂人確定。」


    エレン「グレランだな!狼が吊れるといいぜ!」


    トーマス「co者の出方は普通だね。乗っ取りとかは無さそうだ」


    ミーナ「エレンの「狼が吊れるといいぜ」という発言は、少なくともグレーに狼が1w以上いると知っている狼の視点漏れのように見えるね…」


    W.Fなどの数字列・・・人狼を『W(Wolf)』、妖狐を『F(Fox)』として、残りの人外数のこと。


    サシャ「確かに、狼がグレーにいることを知っている発言に見えますね。それを指摘できているミーナさんは、やや村っぽく見えるでしょうか。」


    トーマス「そんなことないと思うな。」


    トーマス「だってクリスタがベルトルトに○を出しているんだから、グレーに狼がいないケースって 占い欠けか霊能欠けでしょ?」


    トーマス「そのミーナの指摘はただの揚げ足取りだと思うな。」


    ミカサ「むしろグレーに1wもいない可能性の方が低い。ミーナの指摘は、SG作りのための発言にも思える。」


    SG・・・『スケープゴート(Scape Goat)』の略。濡れ衣を着せて吊らせるため、人狼が噛み残しておいた村人のこと。


    マルコ「僕もエレンの発言にはそこまで違和感を感じなかったけどな。」


    マルコ「エレンの発言は、実際に狼がグレーにいるかどうかを考慮した上での発言ってより、狼を吊って村利になるようにしたいっていう感情的な発言に見えたよ。」


    ユミル「エレンが深く考えずに感情で発言したなら、ミーナも深く考えずに感情で発言してる可能性はあるぜ。」


    ユミル「どちらかというと、ミーナに便乗しているサシャはちょっと気になったな。」


    ミーナ「エレンは役欠けを一切考慮しない視点が気になったんだ。」


    ミーナ「村なら様々な可能性を考えるべきなのに、それらを一切考慮していないのは視野が狭いように思ったよ。」


    トーマス「初日にレアケースまで考慮する必要はないんじゃないかな。後から情報が集まったところで考察すれば良い話だよ」


    ライナー「まあ本当に視点漏れかもしれないし、村の素の意見かもしれねぇな。」


    ライナー「どちらとも取れるので、現段階でそこまで細かく議論する必要はないと思うぞ。」


    エレン「お、俺の一言で凄ぇ波紋が広がってるな…深い意味で言ったつもりはないんだが…」


    マルコ「まあいいんじゃない?
    こういう2-1の白進行って話すことなくなりがちだからね。」


    マルコ「さっきのやり取りだけでも、ラインとかがかなり見えてくると思うよ。」


    ミカサ「他に話すことと言ったら、占いの内訳くらい。」


    ミカサ「クリスタ視点で占い真狂は確定してるけど、ベルトルト視点ではまだ分からない。」


    ミカサ「今後の占い結果や噛み先などで内訳は見えてきそう。」


    ユミル「ミカサの発言は村っぽく見えるから、占いが真狂なら、まだ狼はどっちの占いが真なのかは分かってなさそうだな。」


    ミーナ「私は、ミカサは特段村には思えないな。人外でもできる発言しかしていないように見えるよ。」


    サシャ「ミーナは誰かを村目で見たりしてないんですか?」


    ミーナ「私は私以外信じないよ。」


    サシャ「あ、そうですか…」


    マルコ「クリスタが真なら真狂だけど、ベルトルトが真なら真狼や真狐って可能性もあり得るね。」


    ライナー「占いの内訳は深く考えてないが、現状、どっちもフラットに見てる。」


    トーマス「僕もクリスタとベルトルトで信用に大差はついてないと思うよ。」


    トーマス「サシャは発言が便乗多めだから占って欲しいところかな。」


    議論はまだ続きます
  7. 7 : : 2019/07/16(火) 22:08:37
    ミカサ「私はミーナを占って欲しい。」


    ミカサ「エレンに対する自身の発言を弁論論するなど、防御感があって狼狐目に見える。」


    ライナー「俺はユミルを占って欲しいな。」


    ライナー「発言はしてるんだが、具体的にどう見てるかの意見が暖味に感じた。」


    サシャ「私はライナーを占って欲しいですね。議論から一歩引いて傍観しているように思えます。」


    マルコ「どこを占って欲しいとか言う必要はそんなにないと思うな。」


    マルコ「占い誘導に思えるし、どこを占うかは占い自身に任せればいいと思うよ。」


    ユミル「誰を占って欲しいか言うのは自由だと思うが…占いに無頓着なマルコは狐には見えなさそうだな。」


    エレン「うーん、初日から誰が人外か見定めようとしてたが、如何せん難しいな…」


    ミカサ「初日から見極めようとするのは難しい。まずは自分の意見を積極的に落とすべき。」


    ジャン「明日の占い位置についてだが、特に指示はない。」


    ジャン「ベルトルトは対抗であるクリスタ以外、クリスタは対抗とその〇であるベルトルトとミカサ以外を占ってくれ。」


    クリスタ「分かったよー!狂人を引いちゃったのはもったいなかったね。明日は人外を引けるよう頑張るよー!」


    ベルトルト「了解したよ。明日も無事生きてるといいな。」


    〜投票時間になりました〜


    3票 エレン→サシャ
    1票 トーマス→ミーナ
    2票 ユミル→ライナー
    2票 サシャ→エレン
    0票 クリスタ→ユミル
    2票 ミーナ→エレン
    0票 ミカサ→サシャ
    0票 マルコ→ミーナ
    0票 ベルトルト→エレン
    0票 ジャン→ユミル
    1票 ライナー→トーマス


    村民協議により、エレンさんは処刑されました…


    エレン「大して発言出来なかったのが悪いな…頑張ってくれよ!」
  8. 8 : : 2019/07/17(水) 07:36:58
    三日目の夜(霊能者視点)



    〜霊能結果 エレンさんは「村人」でした〜



    ジャン「初日のグレランはエレンだったか。まああまり発言についていけてなかったし寡黙吊りの意味合いも強いだろうな。」


    ジャン「そして霊能結果は〇か。」


    ジャン「霊能結果が〇でも狩人や狂人、妖狐といった可能性もあり得るが、素直に村人と見るのが妥当なところだろう。」


    ジャン「まだ判断が付かないな。」


    ジャン「ただ、クリスタ視点でベルトルトが狂人であると確定しているのは留意すべき点だ。」


    ジャン「順当に行けば明日に占いを決め打ち、ベルトルトかクリスタを吊るのが無難なところだな。」


    ジャン「占いの真偽判断は文章や占い位置等から明日判断するか。」


    ジャン「占いが噛まれていたとしても、狼視点で占いの真偽判別が付いていないうちに襲撃する、俗に言う「ベグ噛み」の可能性もある。」


    ジャン「その場合は狂人が噛まれていることも考慮して残った占いの真を追いつ、狐を保護する進行を取るべきだな。」


    ジャン「もし真占いが噛まれたとしても、狐を始末しないことには狼も勝ちようがない。」


    ジャン「狐を保護し盾とすることで、不利な状況を引き分けへ持ち込んだり、勝負できる盤面にまで整えることもできる。」


    ジャン「まあ真占いが噛まれないのが一番いいんだがな。」


    ジャン「グレーの雑感で言えば、サシャはミーナに対して執拘に絡みに行っているように見えるな。」


    ジャン「2wのラインという可能性も高いが、発言稼ぎをしてグレランを切り抜けたい狩人のようにも思える。」


    ジャン「グレーの中ではマルコの発言は比較的村っぽく見えるな。」


    ジャン「村目を取るのが上手い狼という可能性もなくはないが、後半まで放置してもいい位置だろう。」


    ジャン「逆に中身があまり見えてこないのがライナーとユミルだな。」


    ジャン「慎重に推理を進めるタイプなのか、どのような作戦を取ろうか考えている人外なのかは判断が難しい。」


    ジャン「トーマスは論理的にエレンを庇いにいった点ではやや村目に見える。」


    ジャン「ベルトルトの○であるミカサも今のところ不穏な感じはしないな。」


    ジャン「一通り考察し終わったが、これであっけなく噛まれていたら少し虚しいな。」


    ジャン「指定役ということで感情的にならず、視野を広く持って判断していこう。」
  9. 9 : : 2019/07/19(金) 20:48:43
    〜三日目の朝になりました〜


    〜平和な朝を迎えました〜


    ベルトルト 占いco ライナー〇


    発言が中庸的、かつ、中身が見えづらい位置を占ったよ。

    『俺はユミルを占って欲しいな。
    発言はしてるんだが、具体的にどう見てるかの意見が暖味に感じた。』

    ライナーは昨日、この様な理由を述べてユミルに占い誘導を掛けていたね。

    けど、エレンの発言により議論が発展した時には、
    『まあ本当に視点漏れかもしれないし、村の素の意見かもしれねぇな。どちらとも取れるので、現段階でそこまで細かく議論する必要はないと思うぞ。』

    と述べるのみに終止していて、占いの内訳考察の話になった時も、『占いの内訳はそこまで深く考えてないが、現状ではどちらの占いもフラットに見てる。』
    とことごとく考察を保留にしていたのが気になったかな。

    ユミルがどう見てるのか暖味に感じると言った割には、ライナー自身も強い考察を落としてはいなかったよね。

    占い位置から遠ざかりたい狼狐目と見て占ったよ。


    クリスタ 占いco トーマス〇


    ユミルに投票して吊れなかったから占おうかと思ったけど、ユミルは霊能者であるジャンも投票してたから占うのはやめといたよ!

    代わりにあまり投票されてなかったトーマスを占うよ。

    理由としては以下の2点かな一

    1

    CO数や私が対抗に○を出しているという確認よりも、役職の出方から乗っ取りがあるかどうか考えているのが気になった。

    2

    真っ先に占い誘導を始めて、
    首分が占われないよう動いているのかなと思った。


    ジャン「霊能co エレン〇」


    ミカサ「死体なし。護衛成功か狐噛みのどちらか?」


    トーマス「いずれにせよこの平和はありがたいね。」


    ユミル「占いが真狂なら占い噛みでGJ、占いが真狼なら霊GJや狐噛みの可能性が高いんじゃないか。」


    GJ・・・「グッドジョブ」の略。
    狩人の護衛が成功した、占い師が初日に呪殺したなど、自陣営に有利な行動を指す。


    ミーナ「占いが真狼なら真偽判断がついてるので、真狼の方が占いが噛まれやすいと思うよ。」


    ミカサ「私視点の話だけど、私が噛まれないならGJの方がありそうな気がする。」


    ミカサ「もし狐捕捉なら、狼視点で狩目と映った人物がいて、そこが狐だったのかもしれない。」


    ライナー「初日からそこまで狩目に見えるような人はいない気もしたな。」


    ライナー「占い真狼なら霊能GJの方だと思うぞ。」


    サシャ「占いが真狂でも真狼今日の平和は狩人のGJによる可能性の方が高くないですか?」


    マルコ「狼がどこを噛むかなんてこの時点で考えても仕方ないと思うけどな。」


    マルコ「占いの内訳がどうであれ、狼は噛みたいところを噛んでくると思うよ」


    トーマス「多少は考えた方がいいとは思うけど、マルコに同感だな。」


    トーマス「真狂と真狼でどちらの方が占い噛みになりやすいかなんて議論は水掛け論だし、深く考えすぎても仕方ないとは思うよ。」


    ミカサ「確かにそう。そもそも真狼の可能性はクリスタ視点ではなくなっている。」


    ミカサ「平和の内容についてよりも、占いや占い位置についての考察をした方が得策かもしれない。」


    ミーナ「占いはベルトルトの方が真目に見えるね。理由もしっかりしてるし印象良いと思うよ。」


    サシャ「私もライナーは占って欲しいと思いましたし、ベルトルトが真に見えますね。」


    ユミル「私に誘導をかけてきたライナーの中身は私も気になってたぜ。ただ、〇が出ると反応に困るな。」


    トーマス「僕はマルコをかなり村目に見てるから、クリスタが偽でも真結果を出しているように思えるな。」


    トーマス「どっちの方が真に見えるってのは、まだ無いかな。」


    ミカサ「ミーナを占って欲しかったから、どちらもそこを占ってくれていないのはやや残念。」


    ミカサ「ただ、個人的にトーマスは村か狼と見ていて、当分縄が回らない位置だと思っていたので、そこを占っているクリスタの方を印象よく見ている。」


    縄・・・処刑出来る残りの回数


    トーマス「僕が占われるのは正直意外だったけど、ひとまず僕視点ではクリスタに囲いはないよ。」


    トーマス「ベルトルト真のクリスタ狂or狐でも、まだ狼視点では占いの真偽判別がついてないな。」


    囲い・・・人狼に対して、偽の占い師が白判定を出して保護すること。

    序盤では白判定されたプレイヤーは処刑され(吊られ)にくくなるため、他の仲間を守るために行うことがある。

    ただ、占い師が偽物と分かった場合は逆に疑われる要素にもなる。


    議論はまだ続きます
  10. 10 : : 2019/07/20(土) 14:20:44
    ライナー「占い分的にはベルトルトの方が真っぽいな。無駄占いさせちまって面目ない。」


    ジャン「まとめると、ミーナ、サシャ、ライナーはベルトルトを真目で見ており、ミカサはクリスタを真目で見ている。」


    ジャン「ユミル、マルコ、トーマスは今のところフラットで見てるって感じだな。」


    サシャ「すでに信用差がありますので、ここはベルトルトを真で決め打って、クリスタを吊りませんか?」


    ジャン「残り吊りで最大人外数は4。確かに縄余裕的には占いに手を付けるべきだが、平和で偶数になったため、もし村を吊ってしまっても呪殺が出れば取り返しが付く。」


    ジャン「今日は灰を指定するぞ。」


    ベルトルト「僕目線の話だけど、対抗のクリスタが狐という可能性もあるね。」


    ベルトルト「クリスタが狂人でも、今日村が吊られて、僕が噛まれ、呪殺を出せなかった場合、縄数が足りなくなってしまう。」


    ベルトルト「僕を真で決め打ってくれるなら今日はクリスタを吊って欲しいな。」


    クリスタ「信用はちょっと低いみたいだけど、私が吊られる位ならグレーを吊って欲しいよ。」


    ジャン「ベルトルトが真でクリスタが狐であれば、確かに村を吊ってしまうと厳しくはある。」


    ジャン「だが、その場合だと潜伏狂人がいることになるが、グレーの中に狂人らしい狂人が見当たらない。」


    ジャン「現時点で決め打つほど情報が揃っている訳でもないことを鑑みると、今日は灰吊りで進行させてもらう。」


    ベルトルト「そうか…残念だけど、呪殺を出して詰められるよう頑張るよ。」


    トーマス「占い文や発言を見る限りではベルトルトは思慮深そうなのに、ここで対抗吊りを言い出すのはなんか焦ってる気がするね。」


    ミーナ「そうかな。灰から村を吊ってしまった時に勝てなくなるケースを考慮して、自分視点の最善な進行を提示しているように見えるけどね。」


    ミーナ「むしろ真っぽい発言だと思うよ。」


    ミカサ「潜伏狂人っぽい人がいないのは同感。」


    ミカサ「仮に真狼や真狐なら狂人が欠けている可能性はありそう。」


    ジャン「そろそろ時間だから指定を出すぞ。

    指定 ユミル

    coはあるか?」


    ユミル「無いな。ただ、遺言としてはミカサとサシャが気になるところだな。」


    ユミル「サシャは占い吊りを早めたいような言動があったのが、あまり村には見えなかったな。」


    ユミル「ミカサは発言自体は問題ないんだが、昨日時点で唯一の○貰いだったのに死体になってないのは少し違和感があるぜ。」


    トーマス「ユミルは役職があるのかと思ってたけど、co無いんだね。」


    マルコ「ユミルは人外って可能性がそこそこあると思ったけど、遺言を聞く限りでは村っぽい感じがするね。」


    サシャ「占い両偽の可能性も視野に入れておくべきでしょうか…」


    サシャ「もしそうなら○を貰っている方も見直す必要はありそうですね。」


    ジャン「占いに関しては特に指示は無いが、狼目だけでなく狐目も意識して占ってくれ。対抗の〇を占うのも許可するぞ。」


    ベルトルト「分かったよ。狼狐目を狙って占うよ。」


    クリスタ「分かったよー!今日は〇を引いちゃったから、明日は人外を占えるといいなあ。」


    〜投票時間になりました〜



    0票 トーマス→ユミル
    9票 ユミル→サシャ
    1票 サシャ→ユミル
    0票 クリスタ→ユミル
    0票 ミーナ→ユミル
    0票 ミカサ→ユミル
    0票 マルコ→ユミル
    0票 ベルトルト→ユミル
    0票 ジャン→ユミル
    0票 ライナー→ユミル


    村民協議により、ユミルさんは処刑されました…


    ユミル「祈るしかないな…」

▲一番上へ

名前
#

名前は最大20文字までで、記号は([]_+-)が使えます。また、トリップを使用することができます。詳しくはガイドをご確認ください。
トリップを付けておくと、あなたの書き込みのみ表示などのオプションが有効になります。
執筆者の方は、偽防止のためにトリップを付けておくことを強くおすすめします。

本文

2000文字以内で投稿できます。

0

投稿時に確認ウィンドウを表示する

著者情報
MGRct

紺水

@MGRct

「進撃の巨人」カテゴリの人気記事
「進撃の巨人」カテゴリの最新記事
「進撃の巨人」SSの交流広場
進撃の巨人 交流広場