ssnote

x

新規登録する

作品にスターを付けるにはユーザー登録が必要です! 今ならすぐに登録可能!

【亀更新】いじめられっ子のエレンと9つの悪魔

    • Good
    • 0

loupe をクリックすると、その人の書き込みとそれに関連した書き込みだけが表示されます。

▼一番下へ

表示を元に戻す

  1. 1 : : 2019/03/28(木) 14:39:36
    いじめss。
  2. 2 : : 2019/03/28(木) 14:41:27
    俺はエレン・イェーガー

    突然だが俺はいじめられている

    「…レン」

    「エレン!」

    カルラ「エレン!起きなさい!」

    エレン「…」

    カルラ「早く起きなさい!学校遅刻するわよ!」

    エレン「…学校行きたくない」

    カルラ「はあ?」
  3. 3 : : 2019/03/28(木) 14:44:02
    カルラ「何バカな事言ってるのよ!良いから早く行きなさい!」

    エレン「…でも」

    カルラ「母さんの言う事が聞けないの!?」

    エレン「…はい」




    家に居場所はない、

    母さんは父さんと離婚してから俺の教育に口うるさくなり、医師だった父を見返す為に進学校にも入らされた

    母子家庭な事もあり、毎日夜遅くまで働いてる為にいつもピリピリしていた

    昔はあんなに優しかったのに…
  4. 4 : : 2019/03/28(木) 14:45:33
    ーーーーーーー
    ーーーーー
    ーーー

    母さんに窘められて俺は学校に行った

    校門に近づく程、空気が淀み重くなり、空気も薄くなって息が出来なかった。

    重力が何倍にも感じた

    呼吸が出来なくて身動きが取れない

    エレン「なんで…俺が…」
  5. 5 : : 2019/03/28(木) 14:47:05
    教室についた、

    扉を開ける手が止まる。

    開けたくない、今すぐここから抜け出したい

    誰か、誰か助けて











    ガラッ












    俺は扉を開けた

    クラスメイト達は談笑していたが、俺に気づくとすぐに視線が一斉に俺に向かった

    そして、悪魔が嗤った
  6. 6 : : 2019/03/28(木) 14:49:31
    ライナー「おやおやエレンちゃん、今日も来たのかい?」

    ベルトルト「いやあ、いつもご苦労様」

    エレン「…」

    クラスメイトのライナーとベルトルト。

    この2人は俺の友達だと言い張っている

    ライナー「ところで早速だから今日の友達料金1万円追加な」

    ベルトルト「早くしてよね」

    エレン「…今月はもう五万も払って…お金ないよ」

    ライナー「ん?」

    ベルトルト「だから?」

    エレン「…えっと」
  7. 7 : : 2019/03/28(木) 14:51:19
    ライナー「親達友達…だよな?」

    ベルトルト「ねえエレン?」

    エレン「それは…その」

    ライナー「ほら、早く出せ」

    エレン「待っ…!!!」

    ライナー「なんだ7千円しかないのかよ、仕方ないな」

    ベルトルト「明日までに利子も付けて2万、早くね」

    ライナー「わかったか?」

    エレン「…はい」
  8. 8 : : 2019/03/28(木) 14:55:50
    またお金取られた

    母さんに何て言ってお金貰おう、お小遣い前借りしたのももう無いし

    財布からこっそり盗むしか無いのかな…

    ジャン「おい、エレン」

    エレン「え、ジャン君…」

    クラスメイトのジャン君。

    巷では不良というものらしい。

    ジャン「ジュース買ってこい」

    エレン「え、だってもうすぐHR始まって授業…」

    ジャン「あ?俺の命令が聞けねえのか?」

    エレン「いや、だって…ジャン「買ってこい」

    エレン「わかったよ、じゃあお金?」

    ジャン「ああ、ツケな」

    エレン「またそう言って!ずっとツケっていつお金返してくれるのさ!」

    ジャン「あ?」

    エレン「ひっ…」

    ジャン「ゴタゴタとうるせえんだよたかがジュースくらいで!早く行け!殺すぞ!」

    エレン「待って!お願い…します…もう、殴らない…で、下さい」

    袖で涙を必死に隠して俺は急いで走った
  9. 9 : : 2019/03/28(木) 15:00:27
    エレン「ハアハア…」

    急がなきゃ…

    またHR遅刻したら担任に叱られる、ただでさえ内申がヤバイのに…

    エレン「はあ…はあ…






    ガラッ












    キース「イェーガー!遅いぞ!何をしている!」

    エレン「ま、待ってください!違うんです!…その、キルシュタイン君が…」

    キース「何?」

    キルシュタイン「」ギロッ

    エレン「うっ…」

    キース「どうした?」

    エレン「なんでも…ありません」

    キース「何が何でもありませんだ!貴様、今他人のせいにしようとしたな!」

    エレン「それは…」

    ベルトルト「そうだそうだ!被害妄想だぞエレン!」

    ライナー「ジャンに謝れよ!」

    エレン「え…」

    キース「そうだな、イェーガー、キルシュタインに早く謝りなさい」

    エレン「え、その…」

    ジャン「」ニヤニヤ

    キース「お前は他人に謝る事も出来ないのか!?早くしろ!」


    エレン「ごめん…なさい」
  10. 10 : : 2019/03/28(木) 17:37:00
    ライナー ベトベトン(ベルトルト) ジャン○ね
    期待してます
  11. 11 : : 2019/03/28(木) 17:43:16
    キース「イェーガー、反省文3枚目書け、そして居残り四日を命ずる」

    エレン「そんな…」

    エレン(母さんにまた何言われるか…どうしよう)



















    アルミン「先生、待ってください」

    エレン「⁉︎」

    キース「むっ、どうしたアルレルト」
  12. 12 : : 2019/03/28(木) 17:45:31
    アルミン「エレンをどうか怒らないであげてください!彼は情緒不安定でよく他人から誤解されますが根は真面目なんです!」

    エレン「…」

    キース「ふむ、だがな…」

    アルミン「どうか許してあげてください!生徒会としてクラスの仲間を見捨てられません!」

    キース「…特待生のお前がそこまで言うならば…」

    エレン「…」

    キース「イェーガー、良い友人を持ったな」
  13. 13 : : 2019/03/28(木) 19:25:53
    ーーーーー
    ーーー


    ジャン「おい、エレン」

    エレン「」ビクッ

    ベルトルト「さっきは随分反抗的な顔してたね」

    ライナー「どういうつもりだ?」

    エレン「え…」

    ジャン「舐めた真似しやがるぜ」

    ベルトルト「僕達がどれだけ迷惑したと思ってるんだい?」

    エレン「だって…」

    ライナー「慰謝料、明日までに俺達1人ずつに各3万だ。」

    エレン「そんな…‼︎」

    ジャン「あ?」ギロッ

    ライナー「文句」ギロッ

    ベルトルト「あるの?」ギロッ

    エレン「…ありません」ビクッ

    ジャン「明日までに9万、必ず用意しろ」

    ベルトルト「もし出来なかったら…わかってるね?」

    エレン「…」

    ライナー「なあエレン、俺達は友達だよなあ?」ニヤニヤ
  14. 14 : : 2019/03/28(木) 19:33:02

    ーーーーーー
    ーーーー
    ーー




    エレン「ううっ…どうしたらいいんだよお…」

    アルミン「あれ、エレン、泣いてるの?」

    エレン「アル…ミン」

    アルミン「またジャン達に虐められて泣いてるんだw本当エレンってトロいよねw」

    エレン「そんな…」

    アルミン「あ、そうそう、さっき先生から助けてやっただろ?謝礼は4万で良いからね」

    エレン「え…」

    アルミン「は?何?僕の様な優等生がお前みたいなクラスで地味〜な陰キャのいじめられっ子のキモオタをタダで助ける訳ないだろ?」

    エレン「で、でも…」

    アルミン「嫌なら良いよ?先生にでもエレンの内申を悪くさせる方法なんていくらでもあるしね」

    エレン「うっ…」

    アルミン「よく考えてごらんよ、遅刻欠席も多くて成績もパッとしない君と優等生で生徒会に入ってる特待生の僕、先生はどっちを優遇して信用する?」

    エレン「…」

    アルミン「4万、よろしくね^ ^」ニッコリ
  15. 15 : : 2019/03/28(木) 22:28:13
    出た!なろうタイプ量産型主人公!
  16. 16 : : 2019/03/28(木) 23:08:08
    さて…クズは殺らなきゃ…
  17. 17 : : 2019/03/28(木) 23:17:02
    エレン「どうしてこうなったんだ…」

    酷い事ばかりじゃないか

    親は親を手駒としか見てないし、教師も俺の味方になってくれない。

    友達だっていないし、良い事なんて

    何も、ない












    クリスタ「イェーガー君?」

    エレン「え?」
  18. 18 : : 2019/03/28(木) 23:19:02
    クリスタ「どうしたの?もしかして…泣いてた?」

    エレン「え、いや…違…」

    クリスタ「……ねえ、もしも辛い事あったら私で良ければ相談にのるよ?」

    エレン「え…?」

    クリスタ「そうだ!もしよかったら連絡先交換しよ!暇な時とかにさ!」

    エレン「え、あ…いや」






    絶望の闇の中で希望が見えた気がした

    それが仮初めである事に、この時は気づかなかった
  19. 19 : : 2019/03/28(木) 23:24:01
    ー自宅ー

    エレン「母さん…は、今日も仕事で遅いか…」

    エレン「…1人で食うか」

    エレン「…」







    プルルッ


    ミカサ「はい、もしもし…エレン?」

    エレン「ミカサか?久しぶり」

    ミカサ「エレン?久しぶりね、どうしたの?」

    彼女はミカサ、小学生の時まで仲が良かった唯一の幼馴染。

    中学の時に札幌に転校してしまい疎遠になっていた…

    ミカサ「どうかしたの?そういえば今エレンはミットラス高校よね?凄いじゃない、名門の進学校でしょ?」

    エレン「ああ、うん…」

    ミカサは俺がいじめられてる事を知らない、しかしそれは返って俺にとって好都合だった

    ミカサ「うん、それで、そう、」

    エレン「ああ、ありがとう」

    少しだけ気分が落ち着いた、もしもミカサが側にいてくれてたら俺もイジメられる事はなかったかもしれない。

    でもミカサに俺の学生生活がバレるのは絶対に嫌だった
  20. 20 : : 2019/03/29(金) 14:55:09
    親の金盗んで札幌に行け笑
  21. 21 : : 2019/03/29(金) 19:12:39
    その日からまた、ミカサと電話する事が増えた

    最初はたわいも無い話…

    でもそれが俺にとって、居場所を失っていた俺にとっては安らぎになっていた…

    ライナー「ベルトルト、しっかり抑えてろよ!」

    ベルトルト「勿論さ!」ガシッ

    エレン「…‼︎」

    ジャン「へへ、じゃあエレン!今から俺とライナーの10分間サンドバックだ」ニヤニヤ

    ライナー「これはイジメじゃないぜ、お前に喧嘩の仕方を親切に教えてあげるんだ」ニヤニヤ

    エレン「…」

    ドカッバキッズシャッ

    エレン「おぇ…けほっ…」

    ジャン「ライナー、顔は殴るなよ、ボディなら証拠は残らねえ」

    ライナー「こいつは良いストレス発散だ!」

    ベルトルト「後で僕と交代だよ!」

    ドカッ

    ッバキッ

    エレン「かはっ…」

    ジャン「汚ねえ!吐きやがったコイツ!」

    ベルトルト「うわあ、汚いなあ…」

    ライナー「本当、気持ち悪い奴だぜ」

    エレン「…」

    ーーーーーーー
    ーーーー


    ライナー「じゃ、今日の授業料とお前のゲロの慰謝料として2万受け取っとくぜ」

    ベルトルト「また明日ね!エレン」

    ジャン「勝手に逃げたら分かってるな?」

    エレン「…」
  22. 22 : : 2019/03/29(金) 19:22:07
    キース「イェーガー!また課題を忘れただと!」

    エレン「それは…その…」

    エレン(ジャンとライナーにプリント盗まれて…)

    ジャン「はーい!エレンの机に白紙のプリントがありました〜」

    エレン「!?」

    キース「イェーガー…やる気がないのか貴様!」

    エレン「ごめん…なさい」

    ジャン「」ニヤニヤ
  23. 23 : : 2019/03/29(金) 19:49:53
    アルミン「先生、僕のノートが盗まれました」

    キース「何い!?特待生のお前のノートを盗むのは…許せんな」

    エレン(あれ…?)

    アルミンのノート「」

    エレン(なんで…俺の机に…⁉︎)

    ライナー「ハッキリさせる為にも全員机の中身全部机の上に出そうぜ!」ニヤニヤ

    ベルトルト「ライナー、それは名案だね」ニヤニヤ

    ジャン「それでハッキリするもんなあ」ニヤニヤ

    エレン「…⁉︎」

    キース「仕方ない、全員机の上に荷物を出せ」

    エレン「…」

    キース「イェーガー、早く中身を出せ、皆やってるぞ」

    エレン「先生…あの、、、」

    キース「早く出せ!貴様!」

    エレン「あ…」

    アルミンのノート「」

    キース「やはり貴様か!この屑め!」

    エレン「あ…その…」
  24. 24 : : 2019/03/29(金) 19:52:45
    アルミン「先生、僕はノートが帰れば良いです、それに僕がいけないんです、イェーガー君の手の届くところにノートを置いたから…」

    キース「アルレルト…」

    エレン「…」

    ゲスミン「…ただ今回の事は彼の保護者も呼んでじっくり話した方が良いかと…」ニタァ


    エレン「……‼︎」(こいつ…)

    キース「ああ、そうだな、イェーガー、お前の親に話がある」

    エレン「先生!違うんです!それは…」

    キース「口答えをするな!盗人が!」

    エレン「…はい」
  25. 25 : : 2019/03/31(日) 21:26:31
    期待!
  26. 26 : : 2019/03/31(日) 21:37:53
    すいません、しばらくnote来れませんので見てくれてる人達には誠に申し訳ありませんが暫く放置します。このssは人によっては後味が悪い展開になると思うのとこの先もエレンに不幸な展開がしばらく続きますのでエレンが好きな人は見ない方が良いかもしれません。

    因みに私の好きなcpはエレミカ、エレヒス、ユミクリ、アルアニ、アルサシャ、ライアニ、ライサシャ、ライクリ、ベルアニ、ベルユミ、ジャンミカ、ジャンクリなどです。

    あ、後エレンは好きなので悪しからず
  27. 27 : : 2019/04/01(月) 03:22:14
    何時ぐらいにまたかけそうですか?個人的には好きなので早く書いて欲しいです。急かした見たいですいません。長文失礼しました
  28. 28 : : 2019/04/02(火) 23:19:16
    頑張ってください
  29. 29 : : 2019/04/02(火) 23:19:56
    いじめてるやつ死ね
  30. 30 : : 2019/04/03(水) 14:09:01
    ずっと待ってるので大丈夫です
    2.3ヶ月くらいずーっと待ってます
  31. 31 : : 2019/04/04(木) 19:26:14
    ーーーー
    ーー

    キース「エレン君の成績に関してですが…まず本人にはやる気が感じられず…」

    カルラ「はい…」

    エレン「」

    キース「本校は進学校でもあり、また彼は授業態度も悪く、成績も…」

    カルラ「…申し訳…ありません」

    キース「高校は義務教育ではありませんので、今後改善が見られない場合は…」

    カルラ「…」ギロッ

    エレン「」ビクッ
  32. 32 : : 2019/04/04(木) 19:29:27
    ーーーーー

    ー帰宅後ー

    カルラ「…」

    エレン「母さん…その、」




    バチンッ

    エレン「痛っ…」

    カルラ「何でアンタはそうなのよ!いつもいつも!」

    バチンッバチンッ

    エレン「痛い…やめ…」

    カルラ「あーーーーー!もう!イライラする!イライラする!」

    エレン「か、母さん…」

    カルラ「誰の為に働いてると思ってるのよ!アンタの為に私立行かせて!毎日働いて!ご飯作って!」

    エレン「あ…」

    カルラ「あんたの為に‼︎あんたの為に‼︎あんたの為に‼︎アンタの為に‼︎あんたの為に‼︎あんたの為に‼︎あんたの為に‼︎アンタの為に‼︎あんたの為に‼︎あんたの為に‼︎あんたの為に‼︎アンタの為に‼︎あんたの為に‼︎あんたの為に‼︎あんたの為に‼︎アンタの為に‼︎あんたの為に‼︎あんたの為に‼︎あんたの為に‼︎アンタの為に‼︎」

    エレン「ごめんなさい…ごめんなさい…」
  33. 33 : : 2019/04/04(木) 19:36:23
    カルラ「今日の食事はこれよ、反省しなさい」

    キャットフード「」

    エレン「…」













    プルルルル












    ミカサ「エレン?どうしたの?」

    エレン「ミカサ…」

    ミカサ「エレン、どうして泣いてるの?」

    エレン「ミカサ、あのさ…」

    ミカサ「?」

    エレン「俺…俺さ…」ポロポロ

    ミカサ「…エレン、何かあったのね」

    エレン「俺…」

    ミカサ「無理して言う必要はないから…」

    エレン「うん…」

    ミカサ「ねえ、エレン…実はね、私今度また東京に遊びに行こうと思うの」

    エレン「え?」

    ミカサ「久しぶりに会わない?エレンと直接話してみたい」

    エレン「ミカサ…」
  34. 34 : : 2019/04/04(木) 19:38:07
    5月までに完結、更新予定。

    このssはいくつかのルートに分かれています。

    エレミカエンド、エレンの復讐ルート、バッドエンドルート、

    何本かアナザーエンディング版を書く予定です。

    全部書いたらエレヒスかジャンミカ書きたいです
  35. 35 : : 2019/04/05(金) 18:47:28
    復讐ルートがいいです
  36. 36 : : 2019/04/05(金) 18:48:30
    すみません。最後まで読んでなかった
  37. 37 : : 2019/04/05(金) 19:16:31
    復讐ルートか…良いなぁ
  38. 38 : : 2019/04/05(金) 19:23:35
    どいつもこいつも(クリスタ、ミカサ除くは、)屑ばっかだ…殺らなきゃ殺られるなら…闘え…闘わなければ生き残れない…
  39. 39 : : 2019/04/05(金) 22:40:15
    ミカサに会える

    それだけで何故か胸が弾む

    いつのまにか自分の中でミカサの存在がこんなに大きくなっていたのが自分でも驚いた。

    キース「ほお、今週の小テストでイェーガーは中々だな」

    アルミン「」ピクッ

    エレン「はい!」













    クリスタ「イェーガー君、すごいねー、がんばったね!」

    エレン「ああ、うん…」

    最近は、余裕が出てきたと思う

    クリスタ「あ、ねえねえ、もし良かったら一緒に勉強しない?」

    エレン「え?良いのか?」

    女子と普通に話せてる、これも前だったらありえなかった

    クリスタ「うん、よろしくね!」












    ジャン「あいつ…また調子乗ってんな…」ニヤニヤ

    ライナー「エレンの泣き顔を想像すると今のアイツのアホヅラが笑えるぜ…」ニヤニヤ

    破滅の足音がすぐそこまで来てたのに、

    俺はどうして気づかなかったのだろう
  40. 40 : : 2019/04/06(土) 14:39:23

    プルルッ

    ミカサ「エレン、最近どう?」

    エレン「ミカサ!いつもありがとうな」

    ミカサ「ふふ、最近声も元気そうで良かった」

    エレン「ああ!」

    ミカサ「それでね、5月なんだけど私ゴールデンウィークから1週間東京にいようと思うの」

    エレン「本当か?楽しみだなぁ!」

    ミカサ「うん、私も!」

  41. 41 : : 2019/04/06(土) 14:42:56
    ー学校ー

    ー放課後ー

    クリスタ「イェーガー君、何か良いことあった?」

    エレン「え!ああ、いや…そのさ」

    クリスタ「?」

    〜〜〜〜〜〜
    〜〜〜〜

    クリスタ「ふ〜ん、彼女に会えるんだね」

    エレン「え、そそそんな!彼女なんかじゃ////」

    クリスタ「ふふふ、嘘嘘」

    エレン「////」



    クリスタ「…でも、そうなんだ」ニヤリ

    エレン「?」

    エレン(今、笑った様な…)

    クリスタ「ねえ、もっと教えてくれる?エレンの事…」

    エレン「あ、ああ…」












    ライナー「なあ、聞いたか?エレン君の話w」

    ジャン「ああw」

    ベルトルト「ふふふふw」

    アルミン「ゴールデンウィークが楽しみだw」
  42. 42 : : 2019/04/06(土) 14:43:47
    ちょっとずつ書いていきます。

    アナザーエンディング版全部書こうと思うと思ったより時間かかりそうですね
  43. 43 : : 2019/04/06(土) 14:44:11
    今更ですがキャラ崩壊酷いなとエレンでやる意味が皆無ですねw
  44. 44 : : 2019/04/06(土) 15:59:18
    エレン(もうすぐゴールデンウィークだな…)

    エレン(早く学校が終わればいいのに…)

    ジャン「おうwエレン、何ニヤニヤしてるんだあ?」

    エレン「うっ…」

    ジャン「最近随分ご機嫌じゃねえか、遊んでくれなくて寂しいなあww」

    エレン「いや、その…」

    ジャン「楽しみだよなあwww」

    エレン(なんだ…この寒気は…)
  45. 45 : : 2019/04/06(土) 22:08:21
    面白い俺的には復讐&エレミカが良い
  46. 46 : : 2019/04/06(土) 23:59:52
    エレン大好き軍ですー


    ジァン達○ねばいいのに

    期待してますーー!!

    頑張れーー!!
  47. 47 : : 2019/04/07(日) 21:34:26
    期待
  48. 48 : : 2019/04/07(日) 23:21:59
    トリップこれにしますね
      エレンのちんぽ食べたい
  49. 49 : : 2019/04/10(水) 00:02:29
    ホモ?
  50. 50 : : 2019/04/10(水) 16:44:35
    エレンのちんぽエレンのちんぽエレンのちんぽエレンのちんぽエレンのちんぽエレンのちんぽエレンのちんぽエレンのちんぽエレンのちんぽエレンのちんぽエレンのちんぽエレンのちんぽエレンのちんぽエレンのちんぽエレンのちんぽエレンのちんぽエレンのちんぽエレンのちんぽエレンのちんぽエレンのちんぽエレンのちんぽエレンのちんぽエレンのちんぽエレンのちんぽエレンのちんぽエレンのちんぽエレンのちんぽエレンのちんぽエレンのちんぽエレンのちんぽエレンのちんぽエレンのちんぽエレンのちんぽエレンのちんぽエレンのちんぽエレンのちんぽエレンのちんぽエレンのちんぽエレンのちんぽエレンのちんぽエレンのちんぽエレンのちんぽエレンのちんぽエレンのちんぽエレンのちんぽエレンのちんぽエレンのちんぽエレンのちんぽエレンのちんぽエレンのちんぽエレンのちんぽエレンのちんぽエレンのちんぽエレンのちんぽエレンのちんぽエレンのちんぽエレンのちんぽエレンのちんぽエレンのちんぽエレンのちんぽエレンのちんぽエレンのちんぽエレンのちんぽエレンのちんぽエレンのちんぽエレンのちんぽエレンのちんぽエレンのちんぽエレンのちんぽエレンのちんぽエレンのちんぽエレンのちんぽエレンのちんぽエレンのちんぽエレンのちんぽエレンのちんぽエレンのちんぽエレンのちんぽエレンのちんぽエレンのちんぽエレンのちんぽエレンのちんぽエレンのちんぽエレンのちんぽエレンのちんぽエレンのちんぽエレンのちんぽエレンのちんぽエレンのちんぽエレンのちんぽエレンのちんぽエレンのちんぽエレンのちんぽエレンのちんぽエレンのちんぽエレンのちんぽエレンのちんぽエレンのちんぽエレンのちんぽエレンのちんぽエレンのちんぽエレンのちんぽエレンのちんぽエレンのちんぽエレンのちんぽエレンのちんぽエレンのちんぽエレンのちんぽエレンのちんぽエレンのちんぽエレンのちんぽエレンのちんぽエレンのちんぽエレンのちんぽエレンのちんぽエレンのちんぽエレンのちんぽエレンのちんぽエレンのちんぽエレンのちんぽエレンのちんぽエレンのちんぽエレンのちんぽエレンのちんぽエレンのちんぽエレンのちんぽエレンのちんぽエレンのちんぽエレンのちんぽエレンのちんぽエレンのちんぽエレンのちんぽエレンのちんぽエレンのちんぽエレンのちんぽエレンのちんぽエレンのちんぽエレンのちんぽエレンのちんぽエレンのちんぽエレンのちんぽエレンのちんぽエレンのちんぽエレンのちんぽエレンのちんぽエレンのちんぽエレンのちんぽエレンのちんぽエレンのちんぽエレンのちんぽエレンのちんぽエレンのちんぽエレンのちんぽエレンのちんぽエレンのちんぽエレンのちんぽエレンのちんぽエレンのちんぽエレンのちんぽエレンのちんぽエレンのちんぽエレンのちんぽエレンのちんぽエレンのちんぽエレンのちんぽエレンのちんぽエレンのちんぽエレンのちんぽエレンのちんぽエレンのちんぽエレンのちんぽエレンのちんぽエレンのちんぽエレンのちんぽエレンのちんぽエレンのちんぽエレンのちんぽエレンのちんぽエレンのちんぽエレンのちんぽエレンのちんぽエレンのちんぽエレンのちんぽエレンのちんぽエレンのちんぽエレンのちんぽエレンのちんぽエレンのちんぽエレンのちんぽエレンのちんぽエレンのちんぽエレンのちんぽエレンのちんぽエレンのちんぽエレンのちんぽエレンのちんぽエレンのちんぽエレンのちんぽエレンのちんぽエレンのちんぽエレンのちんぽエレンのちんぽエレンのちんぽエレンのちんぽエレンのちんぽエレンのちんぽエレンのちんぽエレンのちんぽエレンのちんぽエレンのちんぽエレンのちんぽエレンのちんぽエレンのちんぽエレンのちんぽエレンのちんぽエレンのちんぽエレンのちんぽエレンのちんぽエレンのちんぽエレンのちんぽエレンのちんぽエレンのちんぽエレンのちんぽエレンのちんぽエレンのちんぽエレンのちんぽエレンのちんぽエレンのちんぽエレンのちんぽエレンのちんぽエレンのちんぽエレンのちんぽエレンのちんぽエレンのちんぽエレンのちんぽエレンのちんぽエレンのちんぽエレンのちんぽエレンのちんぽエレンのちんぽエレンのちんぽエレンのちんぽエレンのちんぽエレンのちんぽエレンのちんぽエレンのちんぽエレンのちんぽエレンのちんぽエレンのちんぽエレンのちんぽエレンのちんぽエレンのちんぽエレンのちんぽエレンのちんぽエレンのちんぽエレンのちんぽエレンのちんぽエレンのちんぽエレンのちんぽエレンのちんぽエレンのちんぽエレンのちんぽエレンのちんぽエレンのちんぽエレンのちんぽエレンのちんぽエレンのちんぽエレンのちんぽエレンのちんぽエレンのちんぽエレンのちんぽエレンのちんぽエレンのちんぽエレンのちんぽエレンのちんぽエレンのちんぽエレンのちんぽ
  51. 51 : : 2019/04/10(水) 22:36:35
    荒らしですか?
    やめて下さいお願いです
    あと期待です!
  52. 52 : : 2019/04/13(土) 22:04:03
    荒らしに負けるな!ファイト!
  53. 53 : : 2019/04/14(日) 05:16:48
    >>52非表示にすればどうです?
    あと、期待です

▲一番上へ

名前
#

名前は最大20文字までで、記号は([]_+-)が使えます。また、トリップを使用することができます。詳しくはガイドをご確認ください。
トリップを付けておくと、あなたの書き込みのみ表示などのオプションが有効になります。
執筆者の方は、偽防止のためにトリップを付けておくことを強くおすすめします。

本文

2000文字以内で投稿できます。

0

投稿時に確認ウィンドウを表示する

このSSは未登録ユーザーによる作品です。

「進撃の巨人」カテゴリの人気記事
「進撃の巨人」カテゴリの最新記事
「進撃の巨人」SSの交流広場
進撃の巨人 交流広場