ssnote

x

新規登録する

作品にスターを付けるにはユーザー登録が必要です! 今ならすぐに登録可能!

クリスタ「金の彼女」ヒストリア「銀の彼女」第2話

    • Good
    • 1

loupe をクリックすると、その人の書き込みとそれに関連した書き込みだけが表示されます。

▼一番下へ

表示を元に戻す

  1. 1 : : 2018/06/10(日) 19:43:19
    エレヒスのようなエレクリのような。そんなssです。


    第1話「高校生の恋愛哲学」
    http://www.ssnote.net/archives/59309


    これの続きです!
  2. 2 : : 2018/06/10(日) 20:11:20
    第2話「21世紀のスキッツォイド・ガールズ」



    エレン(……な、何だこれ……!クリスタが泉に落ちた……そこまでは理解できる……!問題は、その後だ!
    泉からいきなり『女神』みてぇなヤツが出てきてソイツが俺にこう聞いてきた……!)



    ーーーー


    女神『答えなさい、少年。
    金の彼女、銀の彼女。アナタが落とした彼女はどっち?』


    ーーーー



    エレン(どっちも、そもそも『彼女』じゃない、って答えたら何故か分裂した(髪の色も違う)クリスタが2人、ここに……これって、まるで……)




    銀髪クリスタ「な……何よ、これ……!目の前に私が……!」


    エレン(ッ!銀髪の方が目を覚ました!?)



    星を散りばめたみたいな『銀色』の髪……
    妙な髪の毛だが確かにコイツは『クリスタ・レンズ』だ……声色や背格好も同じだぞ……?



    銀髪クリスタ「ど、どうなってんのよ。これぇ〜……!」


    クリスタ「……」スゥ…


    銀髪クリスタ「何故か目の前に私がいるみたいだし(まだ意識がハッキリしてないよーだけど)……それに……!」サラリ…


    銀髪クリスタ「何で私は『銀髪』なんかになってんのよぉー!せっかく毎日、手入れしてるのにさぁー!
    どーゆー事よ、エレン!!!アンタが何かやったんじゃあないでしょうね!?」


    エレン「お、俺は知らねぇよ!知ってるとしたら、あの女神……!」


    銀髪クリスタ「ちっ……役に立たないのね……!」


    エレン(まぁ、急な事で驚くのも仕方ないが……って、ん?
    そういやクリスタって、こんなガサツな喋り方だったか?普段は、いつもニコニコしてて穏やかな感じで……あんまり知らないけど)
  3. 3 : : 2018/06/10(日) 20:12:35
    二重人格的な感じですか?期待です!!!
  4. 4 : : 2018/06/10(日) 20:13:56
    >>3
    二重人格どころか体さえも分裂してしまった……みたいな、そんな感じです!
  5. 5 : : 2018/06/10(日) 20:34:55
    銀髪クリスタ「ていうかさぁ……エレンの持ってるソレ……何か妙に下半身がスゥスゥするなぁーって思ってたんだけど……!」


    エレン「え?」

    スカート「」ヒラヒラ


    銀髪クリスタ「それ……っ……私の……?」カアァ///


    エレン(し、しまった……!そういえばさっきから掴んだまま……)

    エレン「わ、悪かったよ!クリスタ。ほら、返すからよ……!」ビクビク


    銀髪クリスタ「当たり前よ!このスケベ!!」ボコォ


    エレン「げぷぅッ!?」


    バッシャアァ-ン…!!


    エレン「ゲボボバググウ…!!」


    ぱしゃあっ……!


    エレン「おい、銀髪!!何すんだよ、落ちちまったじゃねぇか!」ビチョビチョ…!!


    銀髪クリスタ「知るか!私だってビショビショだし……ていうか透けてる制服見ないで!!!
    それにエレンどうせもう私の『パンツ』見ちゃったんだし、これくらい『見物料』でしょ!?」プンプン!!


    エレン「くっ……!悪かったって……これでカンベンしてくれ、頼むから……!」


    銀髪クリスタ「ふん、どーだかね」ツ-ン


    エレン(た、確かに今のは全面的に俺が悪いかもしれないが……1つだけ言える事がある……コイツ、『クリスタ・レンズ』じゃない!クリスタとはまるで正確が正反対……って、ん……?)


    ーーーー


    クリスタ『こんな人生ぇぇ!!!もお嫌だーーーーーーーーーーーッ!!!!!」』


    ーーーー


    エレン(さっきも、こうやって叫んでたし……もしかしたら、これもまた穏やかなクリスタの一面なのか……?)
  6. 6 : : 2018/06/10(日) 20:57:44
    クリスタ「んッ……くっ……!」ムクッ…


    銀髪クリスタ「あ、もう一人の私!ようやく起きたわね!」


    クリスタ「え、え……な、何で私のスカートが……///……ていうか、え?何で何で?
    わ、私に似てる『銀髪』の女の子が……!!」プシュウ-…!!


    エレン「こ、こっちはいつも通りなのか……?」


    クリスタ「…こ……これは一体……?」



    ヒュオォォォ…!!



    銀髪クリスタ「そんな事、知らないわよ!気がついたらこうだったんだから!
    ていうかアナタこそ何よ、ニセモノ!何で私と同じ顔してるの!?」


    クリスタ「か、髪の毛の色的には私がホンモノだと思うんだけど……ア、アナタがニセモノじゃないの……?」マゴマゴ…


    銀髪クリスタ「バカ言わないで!私はホンモノよ!」


    クリスタ「……ていうか私のスカート……スカート……」カアァ///


    エレン「す、すまん!今返すからよ!ホラ!」ピラッ


    クリスタ「うぅっ……///」


    銀髪クリスタ「……って、ちょっと待って!そしたら私の分はどうなるのよ!?1つしかないじゃないの!」


    エレン「そ、そりゃお前……スカートは、お前らが『分裂』する前に脱げたんだから……1つしかないのは当ぜ……」

    銀髪クリスタ「ふっざけてんじゃあないわよ!そしたら何!?私には、こんな露出狂みたいな格好で歩けってぇの、アンタはぁー!?」


    クリスタ「ちょっ……ちょっとぉ……!止めようよ、2人共ぉ……!」オドオド


    ドヤドヤ…!!




    「……やれやれ、ですね」




    エレン「こ、この声!」




    パアァァァッ……!!



    女神「既に願いは叶えたのですから、喜んで帰れば良いものを……」フワァッ…!!


    エレン「⁉︎」


    クリスタ「だ、誰……?」


    銀髪クリスタ「ちゅ、宙に浮いてるわよ!?うちゅーじん!?」


    エレン「ち、違う……!さっきから言ってる『女神』だ!」


    クリスタ「め、女神様!?」



    女神「その通り。私は女神……この泉の。人の子の願いを叶えし、願いの女神です」


    銀髪クリスタ「願い……?」


    女神「増やすだけ増やして、何の説明も無しに立ち去るのは悪いと思いました……私がアナタ達の問いに答えて差し上げましょう。
    謂わゆる『アフターサービス』ですね、はい。
    まずはスカートを……!」スッ…


    銀髪クリスタ「あ……ど、どーも」
  7. 7 : : 2018/06/10(日) 21:21:54
    クリスタ「そ、その……質問いいですか?」


    女神「えぇ」ニコ


    クリスタ「女神様は『願い』を司る女神様なんですよね?
    だとすればどうして私が2人に……私は願い事なんかしてないのに……?どうして?」


    女神「何を言ってるのです、クリスタ。アナタは先ほど願ったはずですよ?
    『こんな人生、もう嫌だ』……『誰かに代わってほしい』……とね。この泉に向かって、そう叫んだはずです」


    銀髪クリスタ「え……?た、確かにソレはそうかもしれないけど……」


    女神「でもね。実際のところ、自分の人生を歩む事ができるのは自分だけ。アナタの代わりはいないのだから。
    だから増やしてあげたのです。アナタ自身をもう1人」


    エレン「ど、どこがクリスタ自身をもう1人だよ?俺もあまりクリスタの事は知らないけどよ……少なくとも、こんな銀髪の方みてぇにガサツな子じゃなかったと思うぜ……?」


    女神「はぁ……エレン・イェーガー?アナタは1つも隠し事をしていないと言い切れますか?」


    エレン「な、何だよ。いきなり……そりゃ子供の頃とかはイタズラして、ソレを黙ってたりしたけどよぉ……!」


    女神「そうですね、エレン・イェーガー。人には必ずどこか『隠している部分』がある。本性と言いますか……『本当はさらけ出したいのに中々出せないでいる自分』というヤツです。

    アナタ達の世界の物語に『ジキル博士とハイド氏』というモノがありますね?私も読みましたが非常に面白かったです。女神のクセに人の子に感心させられてしまいました。

    善人ジキル博士と悪人ハイド氏。全く別人に見える2つの人格。だけど2人は全く同じ人物なのです。
    コインの表と裏のようなモノですね。2人とも、その本質は全く一緒」


    銀髪クリスタ「わ、私たちもソレと同じだって言うの!?」


    女神「その通りですよ、クリスタ。この泉は鏡のように綺麗な水面でしょう?この泉には不思議な力があって、水面に映し出された互いの姿が分裂するようにして、アナタ達は2人になったのです。

    だけどそれは所詮、同じコインの『表と裏』。どちらかが表で、どちらかが裏というわけでもない。アナタ達2人は同じ『クリスタ・レンズ』という1人の人間……ニセモノなんていないのですよ?」
  8. 8 : : 2018/06/10(日) 21:29:36
    面白そう!期待!
  9. 9 : : 2018/06/10(日) 21:30:09
    期待だz

    同じ名前の設定なのかな?エレクリエレヒスかぁ名前一緒!w
  10. 10 : : 2018/06/10(日) 21:32:26
    >>8>>9
    期待ありがとうございます!
  11. 11 : : 2018/06/10(日) 21:44:01
    >>9に同意する!
  12. 12 : : 2018/06/10(日) 21:57:13
    クリスタ「い、言われてみれば確かに!」ハッ!!


    エレン「?」


    クリスタ「さっきまで、あんなに苛立って泉に向かって叫んでたのに……!ドス黒い何かを吐き出せたみたいに心がスッキリしたような……!」シャララ-ン…!!


    銀髪クリスタ「ふーん……それは良かったわね……って待ちなさい!
    それじゃあ私がアンタの中にあった邪悪な成分みたいじゃないの!?」


    クリスタ「本当にスッキリしたわ……」パアァ-ッ…!!


    銀髪クリスタ「私は排泄物扱いかーー!?」


    女神「ふふ……良かったわね、願いが叶って。それじゃあ私はこれで……!」フッ…!!


    銀髪クリスタ「え……消えた……?」


    エレン「女神のやつ、言うだけ言って帰りやがった!」


    クリスタ「あ、あの女神様!?私も後先考えずに増やされても困るというかー!!」


    シイィンッ…!!


    エレン「だ、ダメだ!この泉の底にいるはずなのに引きこもった根暗中学生みてーに出てこねぇ!」


    銀髪クリスタ「あーもう、どうすんのよー!勝手な事だけして帰って……!!!
    エレン!アナタのせいよ!」ビシィッ!!


    エレン「す、すまない!俺に出来ることならなんでもやるから……!」


    銀髪クリスタ「そうよ。女神云々より、だいたいアナタが悪いのよ。乙女のプライベートにズカズカと入りやがって……!」


    エレン(ぐぬぬ……確かに、こうなってしまったのには俺に完全に責任があるが……この銀髪の方、何かちょっぴりムカつくな……!)


    銀髪クリスタ「ま、あそこでエレンに気付かなかったら『アンタがどうの』って事そのまま叫んでたところだったけどねぇー」


    エレン「え……俺がどうの、って……」

    クリスタ「わぁー!ちょっともう1人の『私』ィィィーーー!!!」ガッシィ


    銀髪クリスタ「もごがぁっ……!!い、いきなり何すんのよ!!」


    クリスタ「だ、だってぇー……確かに、あのままエレンに気付いてなければ私は『エレンに告白したい』って言うところだったけれど……何でソレを今わざわざ言うのよぉー……」ヒソヒソ…


    銀髪クリスタ「はぁ?別にアンタの恋路がどうなろうと私には関係ないんだけど?」ヒソヒソ…


    クリスタ「え……でも、同じ私なら……アナタはエレンの事……す、好きじゃないの?」ヒソヒソ…


    銀髪クリスタ「ふん。あったり前じゃない、あんなの……スカートをとるようなスケベよ?」ヒソヒソ…


    クリスタ「そ、それはワザとじゃあないんだから……///」ヒソヒソ…


    銀髪クリスタ「……ま、良いわ。別にアンタなんてどうでも良いけど、黙っておいてあげる」ヒソヒソ…


    クリスタ「あ、ありがとう……」ヒソヒソ




    エレン(……何2人だけで話してんだろうなぁ……)ポツ-ン…
  13. 13 : : 2018/06/10(日) 22:07:51
    エレン「おい、2人とも……そろそろ良いか?」


    クリスタ「う、うん。ごめんね」


    エレン「これからの事だけどさ……さっきも言った通り、お前達が2人になっちまったのは完全に俺の責任だ……その事について謝りたい。すまない」ペコリ


    クリスタ「ちょ、ちょっと!違うよ!私が悪いんだよ……そもそも幾ら聞かれたくない事を聞かれたからって、あんな事したのは正気の沙汰じゃないし……私が悪いの……」シュンッ


    銀髪クリスタ「なぁに偽善者ぶってんのよ。コイツが自分のせいだってんだから、コイツの責任にすればいいじゃないの」


    クリスタ「そ、そんな事!」


    エレン(うーん、やっぱり正反対……コインの表と裏、か……)

    エレン「と、ともかくだ!俺がこの件の『責任』をとるとしても、まずお前達の意見を聞きたい」


    銀髪クリスタ「んー、何?どういう事?」


    エレン「……お前たちが元に戻りたいか戻りたくないか。そう聞いてんだよ」
  14. 14 : : 2018/06/10(日) 22:19:47
    クリスタ「元に……」

    銀髪クリスタ「……戻る、か」


    エレン「あの女神様はこうしちまった以上、おそらく意地でもお前たちを元には戻さないはずだ。まぁ、俺がなるべく毎日ここに来て元に戻してもらえるように頼むが……それ以外にも何か元に戻る方法があるかもしれない。
    だけど、そもそもお前らがどう思ってるかどうか知りたい。戻りたいか?戻りたくないか?」


    クリスタ「そ、それはもちろん……!」

    銀髪クリスタ「あー、私はどっちでも良いわよ?別に」




    エレクリ「!?」


    クリスタ「ほ、本気で言ってるの?」


    銀髪クリスタ「本気よ。別に体が2つになったから、って死ぬわけでもないし。暫くは家のうぜぇお父さんや使用人さん達から逃れてダラダラしたいって言うか……
    まぁ、別にどっちでも良いんだけどさー」グデェ-ン…!!


    クリスタ「で……でも実際問題、大変だよ?戸籍は?住所は?学校は?
    それ以外にも何か体に不都合があるかもしれないじゃない……一応アナタも私の体なんだから……」


    銀髪クリスタ「だから別にどっちでも良いって言ってるでしょ?
    元に戻る方法を探すにしたって、その時間は決して短くないだろうし……ただ、私はその間に束の間の自由な生活を堪能したいだけよ。
    元に戻れる方法が見つかったら、大人しく元に戻る。それで良いでしょ?」


    クリスタ「う……うん」コクリ…

    クリスタ(……やっぱり彼女は私の『片割れ』……言葉遣いとか態度とかは違うけど、その底の部分は2人とも一緒だわ)
  15. 15 : : 2018/06/10(日) 22:27:09
    エレン「……決まりだな。俺はお前らが元に戻る方法を全力で探し出す……それで良いな?」


    銀髪クリスタ「異議なしよ」


    クリスタ「うん……でも、それはちょっと違うよ。エレン」


    エレン「?」


    クリスタ「エレン一人に探させるわけにはいかないよ。そもそもは私の問題なんだから、私も手伝うに決まってるじゃない」


    エレン「クリスタ……」


    銀髪クリスタ「えぇー!アンタ、そんな面倒なことすんの?」


    クリスタ「当然、もう一人の私も手伝うからね?」ニコ


    銀髪クリスタ「うぅっ……!ま、まぁ良いわよ。何もせずにダラダラしてるってのもアレだし……気が向いたら、ね」


    エレン「はははっ……何だよ、お前ら。仲良いじゃねぇか」クスッ


    クリスタ「もちろん。だって彼女は私なんだし」


    銀髪クリスタ「ちょっ……別に仲良くなんてないわよ!誰がこんな偽善者と……///」
  16. 16 : : 2018/06/10(日) 22:50:05
    エレン「さて……方針を決めたら次は『中身』だ……実際問題どうするんだよ……お前たちの住む場所。
    一人くらい子供が増えても、お嬢様だからお金とかは心配ないだろうが……その、どんな感じなんだ?クリスタのお父さんって……!」


    クリスタ「どう、って……」

    銀髪クリスタ「そりゃあ……!」


    モワンモワンモワンモワン……!!!


    ーーーー


    クリスタ父『あぁ、何て事だ!!私のクリスタが2人に!!!可愛らしいことこの上ないが、これは何かの病気なのでは……!?』ハッ…!!


    執事『救急車です!!救急車を呼ぶのです!!これは何かの精神疾患に違いない!!あぁ、おいたわしや!クリスタお嬢様……!!このワタクシがいながら心に巣食う病魔に蝕まれてしまうなんて……!!』


    メイドさん『いいえ、そもそもその銀髪の彼女は本当にお嬢様なの!?
    まさか上手く化けて、この家に取り入り!最終的にレンズ家を乗っ取るつもりではなくて!?』


    クリスタ父『何だと!?えぇい!今すぐに、どちらが本物かを見極めるのだ!!』


    ワァワァ…!!  


    ーーーー


    モワンモワンモワンモワン……!!!


    銀髪クリスタ「ロクなことにならなそうね……私が2人もいる、ってバレたら……!」

    クリスタ「え、えぇ」


    エレン「そ、そうか」

    エレン(コイツの家、どんななのかスゲー気になる……!)
  17. 17 : : 2018/06/10(日) 22:57:19
    モワンモワンモワン……………!!

    なるほど、そういうもこもこ下感じの表し方があるのか、他人の良いスレを読んでるとそう思いますわ
  18. 18 : : 2018/06/10(日) 23:04:27
    銀髪クリスタ「それじゃあどっちかしか、あの家には戻れないわね」


    エレン「どっちが戻るんだ?」


    銀髪クリスタ「どっち、って……そりゃあ」ジィ-


    クリスタ「え、えぇ!?私!?」


    銀髪クリスタ「そりゃそうじゃない。自分で言うのもナンだけど、私はちょっぴりガサツなところあるし。アンタの方が前の『クリスタ』らしいわ。
    何より髪がしっかり『金髪』じゃない」


    クリスタ「うぅっ……それなら仕方ないか……」

    クリスタ(あーあ……せっかく2人になって、自由になれると思ったのにな……これじゃ今までと同じで恋愛もロクにできない。
    悔しいけど、もう1人の私には目一杯楽しんでもらお……)ハァ…


    エレン「それじゃあ、お前はどうするんだよ?銀髪」


    銀髪クリスタ「銀髪って呼ばないで。私はクリスタよ。
    そうね……普通に考えると、どこかのホテルに泊まる事になりそうね。あっ、もちろんボロっちぃのは、やーよ?」


    エレン「待て待て待て待て……お前、その金どうするんだよ?
    知ってるか?お嬢様。宿泊施設に泊まるには、お金がかかるんだぜ?
    『チェックイン』って分かるか?『チェックアウト』って分かるか?」


    銀髪クリスタ「箱入り娘だと思ってバカにすんじゃないわよ!知ってるわよ、そんくらい!そりゃ停めさせていただくんならお金だってかかるでしょうよ!」


    エレン「だから、その金をどうすんのかって聞いてんだよ!」


    銀髪クリスタ「エレン、責任とってくれるんでしょ?宿泊代も当然……」

    エレン「払えるか、バカ!」


    クリスタ「あ、それなら私がお父さんに宿泊代ねだるよ。『お小遣い』ねだるみたいにさ」


    エレン「えっ……宿泊代って1日や2日じゃねぇんだぞ……!?
    下手すりゃ3ヶ月……いや、1年もかかるかもしれねぇのに……流石にお前んちでも……!」


    クリスタ「いや、出してくれる思うよ?私のお父さん、『超』がつくほどの親バカだし……そんなにポンポン出すほどバカでもないと思うけどさ、粘り強くおねだりすればいけるよ。ねー?」サラリ


    銀髪クリスタ「ねー?」サラリ


    エレン(レ……レンズ家スゲェ……!)
  19. 19 : : 2018/06/10(日) 23:05:40
    >>17
    他スレを読んで勉強させてもらうってのはよくありますよね。自分も殆どをパクリで書いてるようなヤツだしw
  20. 20 : : 2018/06/10(日) 23:23:00
    エレン「い、いや!いくら凄くてもダメなモンはダメだ……!こうなったのは俺のせいなんだしさ。クリスタのお父さんに迷惑かけるわけには……!」


    銀髪クリスタ「じゃあ、どうすんのよ。私たちが元に戻るまで、家に戻れない私は一体どこで生活すれば良いわけ?」


    エレン「だから、それを今考えて……!」


    銀髪クリスタ(……あ、そうだ。良いこと思いついたわ……!)フフ…!!

    銀髪クリスタ「はい!はい!はい!私に良い案があります!」


    エレン「? 何だ?銀髪の方のクリスタ」


    銀髪クリスタ「ホテルとか旅館とかさ、そういう宿泊施設いろいろ考えたけど。
    別にそんな所じゃなくても良いじゃない!タダで寝泊まりできる場所があるわ!」


    クリスタ「えっ……そんな所……」


    エレン「おいおい、公園暮らしか?それはダメだろ、お嬢様。
    知ってるか?公園の住人たちにも『ランク付け』っつーのがあるんだとよ。新人はイビられるらしい……」


    銀髪クリスタ「ホームレスになる、って言ってんじゃないのよ!
    エレン!アナタの家に泊まればタダでしょ?」


    クリスタ「え……」

    エレン「!」


    クリスタ「えぇぇぇぇぇぇぇ!!!……い、いやいや!それはダメだよ『私』!!!流石に図々し過ぎ……」

    エレン「いや、俺は別に構わないぜ?」サラリ


    クリスタ「えぇぇぇぇ!!!」
  21. 21 : : 2018/06/10(日) 23:36:03
    エレン「ちょうど今、家族も仕事の都合でいないしな。(ちょっぴりガサツなヤツだが……)話し相手が出来るのは嬉しいぞ!」


    銀髪クリスタ「決まりねー♪」


    クリスタ「いやいや、だからダメ!そ、そんな男女が1つ屋根の下で一夜を共にするどころか、お風呂も共同で使って……///
    だ、ダメだよ!そんな……は、破廉恥な……///」カアァ///


    銀髪クリスタ「何よ『私』ィ……?もしかしたら嫉妬してるの?良いじゃないの、別に……『私=アンタ』なんだから。
    例えナニをしたって、ソレはアンタとしたのと同義なのよ?
    逆にラッキーだと思わない?」ヒソヒソ…!!


    クリスタ(……こ、この子……!私をからかうつもりで……!!)

    クリスタ「と、とにかくダメ!今、思い出したけどホラ!べ、別荘があるじゃない!
    アルプスの高原に、モナコの海岸!最近はハワイなんかも行ってないでしょ!?」アタフタ…!!


    エレン(レンズ家スゲェ……!)


    銀髪クリスタ「えぇ……でも、私もう飽きちゃったしさぁ……」


    クリスタ(こ、この子はぁぁぁぁ!!………って、よく考えるとこの子は『私』なのか……!!うそ……私ってこんなにイヤな子だったの……!?)ガ-ン…!!
  22. 22 : : 2018/06/10(日) 23:37:16
    凄く面白いです(●´ω`●)
    期待です(`・ω・´)
  23. 23 : : 2018/06/11(月) 00:21:41
    >>22
    期待ありがとうございます!
  24. 24 : : 2018/06/11(月) 00:21:46
    エレン「よし……とりあえずはソレで決まりだな。安心しろよ、金髪の方のクリスタ。
    父さんも母さんも当分帰って来ねぇからさ。小言言われる心配もないぜ」ニッ


    クリスタ(そういう事を言ってるんじゃないのぉ!!むしろいてくれた方が幾らか安心だよ!)


    エレン「それにクリスタも庶民の生活に興味あるだろ?」


    銀髪クリスタ「うん、あるある!銭湯連れてってね!一回行ってみたかったのよねぇ!皆んなで背中流し合いっこするんでしょ?」キャッキャッ!!


    エレン「いや……俺んちは風呂ちゃんと付いてるし……それに今どきそんな古典的な銭湯は無いと思うぜ?」


    銀髪クリスタ「えっ……うそ!富士山は!?」ガァ-ン!!


    エレン「近所の銭湯は違うぜ。何かカラフルで、『招き猫』とか『ナマズ』とかのヘンテコなキャラクターと山のタイル絵だな」


    銀髪クリスタ「何それ!?逆に見てみたい!」


    エレン「そんなら今週末にでも行くか。ロビーには『漫画』とかもたくさん置いてあるぜ……確かオバちゃんに頼めばソフトクリームひり出す機械もいじらせてくれたな……」


    銀髪クリスタ「すごぉー!」キラキラ…!!



    キャッキャッ…!!



    クリスタ「……」

    クリスタ(そっちの『私』いいな……私だってエレンとそういう風に色々と遊んでみたかった……しかも、銀髪の私は別にエレンの事を好きでもなんでもないのに……代わってよ)


    エレン「なぁ」ポン


    クリスタ「!?」ビクッ!!


    エレン「お前も一緒に行こうぜ?」


    クリスタ「わ、私……も?」


    エレン「あ、いや!都合が悪い、ってんならいいんだ……やっぱお嬢様だしよ。予定とかもさ、俺に想像がつかないくらい沢山あるんだろ?
    ……だけどさ。都合が良くて行きたいな、って思った時はいつでも言ってくれ!付き合うからよ」


    クリスタ「え……で、でも悪いよ……私の都合で……!」




    エレン「良いんだって、遠慮すんなよ!俺どうせ『暇人』だからさ」ニカッ


    クリスタ「エレン……///あ、ありがとう!」


    エレン「……おい、また顔赤く……」


    クリスタ「な、何でもないの!」


    エレン「そ、そうか……」



    あまり話した事ないけど……エレンってこんなに優しい人だったんだ……


    正直言って、今まではただの憧れで……謂わゆる『恋に恋してる』って感じだったけど……



    クリスタ「……///」ドキドキ…!!


    エレン「?」




    クリスタ「ヤバいよ……本気で好きに、なっちゃった……///」ボソッ…
  25. 25 : : 2018/06/11(月) 01:06:42
    クリスタぐう可愛~~~~~~
  26. 26 : : 2018/06/11(月) 01:06:55
    クリスタ「あ、あの……エレン。どうして私にそんなに親切に……今まで友達でも何でも無かったのに……って、ううん!別に余計だとかそういうじゃなくてね、ただ不思議で……」


    エレン「え……いや、友達でも何でもない、って……まぁ、そりゃ今まではそうだったけどよ。こんな奇妙な事件に関わっちまえば、俺はもうお前とは他人になれねぇよ。
    まぁ……改めて言うのも小っ恥ずかしいけど、俺たちは『友達』って事でいいんだよな?」


    クリスタ「う、うん!そうだね!私たちは『友達』!こ、これからよろしく……お願いします!」フカブカ


    エレン「ちょっ……そういうのやめろよ恥ずかしい///
    それにさ、お前さっき叫んでただろ」


    クリスタ「え……?」


    ーーーー


    クリスタ『嫌だ嫌だ、もお嫌だッ!!何が嫁ぐ事が定められた身だ!!!恋愛禁止だァーーーーーッッ!!!』


    クリスタ『……普通に恋愛できる女の子になりたい……!
    誰か代わりなさいよ、こんな人生……ッ!!』


    ーーーー


    クリスタ「あ、あれは!ちが……!」

    エレン「違わねぇよ」


    クリスタ「ッ……!」


    エレン「いや……そりゃ俺も、急な事だったし、普段のクリスタとのギャップも感じて軽くひいたけどさ」


    クリスタ(や、やっぱドン引かれてた!)グサァッ!!


    エレン「……でもお前の気持ちになって考えてみると、そう叫びたくなるのは分かるよ……そうでもしなきゃやってられないよな、一つの財閥のお嬢様だなんて」


    クリスタ「……」


    エレン「周りにいるみたいな……普通の女子高生になりたいんだろ?」


    クリスタ「……うん」


    エレン「だったら、この関わり合いも何かの縁だ。
    なるべく協力したいんだ、お前に」


    クリスタ「……ありがとう」


    エレン「それに好きなヤツもいるんだろ?だからあんなに叫んでた」


    クリスタ「あっ……!」カアァッ///


    エレン「そんなに叫んでもらえて幸せ者だよな、ソイツも!ま、俺そういうの疎いからよく分んねぇけどよぉ!」


    銀髪クリスタ「あーあー……その『幸せ者』は一体誰なのかなぁ……!」


    エレン「誰なんだろうな」


    銀髪クリスタ「そ・れ・はぁ〜……」

    クリスタ「わあぁぁぁぁぁぁぁ!!!何言ってるの『私』ィィ!!!」グッ!!


    銀髪クリスタ「も、もが……アンタ……また……口を塞いで……!」


    エレン「おい、銀髪のクリスタが苦しがってるだろ!やめてやれよ」


    クリスタ「あっ……ご、ごめんなさい」シュンッ


    パッ…


    銀髪クリスタ「ぜぇはぁぜぇはぁ……!」


    エレン「取り敢えず、もう山から降りようぜ?金髪のクリスタはどうすんだよ、ナンなら送ってってやろうか?」


    クリスタ「い、いいよ!私は!お迎え呼ぶから!」


    エレン「そうか。そんじゃあ山、下ったらお別れだな」
  27. 27 : : 2018/06/11(月) 01:11:12
    スタスタ…


    クリスタ「うん……」


    銀髪クリスタ「はぁ……はぁ……」


    クリスタ「……」


    銀髪クリスタ「はぁ……全く……アンタさっきの何よ……?あんなにやられるとさぁ……『片割れ』である私が死んじゃうのよ?良いの?それで……」


    クリスタ「……あんな事言ったアナタが悪い」プイッ


    銀髪クリスタ「あんなのほんの冗談でしょ?本当に言うわけないじゃない!」


    クリスタ「……それから今日……いや、これからずっとエレンには手を出さないでね……『私』……」


    銀髪クリスタ「ふぅん……私がタガの外れた暴れ馬だとしたら、アンタはそれを収める『理性』ってわけね……
    それなら安心してよ。さっきも言った通りあんな変態、全然好きじゃないし。手なんて出さないわよ……馬鹿馬鹿しい」


    クリスタ「エレンを馬鹿にしないでよ……」


    銀髪クリスタ「……私だって一応『クリスタ』なんだけどなぁ……ま、だから余計に腹が立つのね。
    けどさぁ、アンタが自分の気持ちに正直になって行動しないとさ……私、エレンに何するか分かんないよ?」


    クリスタ「え……」


    銀髪クリスタ「当然、あんなの好きにはならないけどさ……アンタ見てるとイライラするのよ。私と同じ顔してる癖に……
    どうして親の言いなりになんかなってるの?素直になりなよ。好きなんでしょ?エレンの事が……だったら告白すれば良いじゃない……簡単な事でしょう?」


    クリスタ「でも……『恋愛の禁止』もお父さんが私の将来を想っての事で……!その気持ちもわからないわけじゃ……」


    銀髪クリスタ「それがイライラするって言ってるの!
    中途半端に親のお節介な優しさを理解したフリして……でも結局、気に入らないからってさっきみたいに一人でイジイジ叫びまくる!何がしたいのよ!
    要はアンタ(私)、お父さんに縛られ続ける悲劇のヒロイン演じていたいだけなのよ……自分に酔ってるの」


    クリスタ「ち、違うよ……私は本当にお父さんの事は好きなの……!
    でも自由に恋もしたい……!ただ、それだけなの」


    銀髪クリスタ「そうよ、ただそれだけ。ならそれで良いじゃない。もっと愚直にさ……『ストレート』に。
    物事を難しく考え過ぎて途方にくれるなんて、時間の無駄だと思わない?少しは私の『愚直(ストレート)』を見習いなさいよ……」
  28. 29 : : 2018/06/11(月) 01:56:00
    クリスタ「『愚直』……アナタみたいに?」


    銀髪クリスタ「『アナタ』って言っても私はアンタなんだからさ……出来るよ、絶対。
    この私が良い証拠でしょ?」ドヤァ


    クリスタ「ふふ……アナタほどストレート過ぎるのもどうかと思うけど……」クスッ


    銀髪クリスタ「な、何よ!せっかく私なりに励ましてあげたのに!」


    クリスタ「……そうだよね。ありがとう『私』」ニコッ


    銀髪クリスタ「……別に私と同じ顔した子が馬鹿過ぎてイライラしただけよ……」


    クリスタ(ふふっ……何だか自分に相談するって……勝手に『自己完結』してるみたいでおかしい)




    エレン「おーい!何してるんだよ、2人とも!早く行くぞぉー!」フリフリ


    クリスタ「あっ……うん!ごめんね、エレン」タッ


    銀髪クリスタ「気ィ使って少しは待ってなさいよ!」タッ


    エレン「ところでよ、銀髪のクリスタって何か嫌いなモノあるか?」


    銀髪クリスタ「さぁ。基本はこっちと同じだと思うけど……」


    エレン「じゃあ金髪のクリスタの方は……って、うーん……今思ったんだが『金髪』と『銀髪』で呼び分けるのスゲェ面倒だな……!
    何か他に良い呼び方ねぇか?」


    銀髪クリスタ「そうね……『クリスタ・レンズ Mark -2』とかは?」


    クリスタ「い、嫌だよ……何だか私まで恥ずかしくなる」


    銀髪クリスタ「えぇー、良いじゃない!カッコいい!
    ちょうど私の髪の色もよく見ればステキって言うかさぁー……ほら、『銀髪』ってロボっぽくない?美少女ロボット!」


    エレン「あぁ……確かにお前のヴィジュアルってロボアニメとかで出てきそうだな!」


    銀髪クリスタ「でしょー?」


    クリスタ「駄目だよ。恥ずかしい……わ、私が許さないから、そんなの///」


    エレン「じゃあクリスタがつけてやれよ、銀髪の方の名前。金髪の方は今まで通り『クリスタ』として生活するわけだからな」


    クリスタ「わ、私が……!?」


    銀髪クリスタ「『可愛い』or『カッコいい』のでお願いね。あ、キラキラネームは無しよ。『ピカチュー』とか『ルフィ』とか……」


    クリスタ「『Mark−2』だって立派なキラキラネームじゃない……」



    名前……名前、かぁ



    我が子に名をつける親もこんな気持ちなのだろうか?
    ちょうど子どもというのは、母親の腹を借りて産まれてくるモノ……自身の分身のような存在だ



    私の両親も私の名前『クリスタ』を一生懸命考えて……


    それこそ馬鹿みたいに、画数やら語感やら、当てにならない命名辞典をひいて一生懸命に考えてくれたのだろうか?


    そう思案するまでもなく分かる



    あの『親バカ』のお父さんは私の事が本当に大切なんだ……それも縛り付けちゃうくらい



    それは分かっている。分かっているけど……


    いや、父親に不満をぶつけたり『こうあって欲しかった』と願うのはやめよう


    ここまで大事に育てられてきてそんな事をするのは『恩知らず』のする事だ


    贅沢過ぎる



    だから私自身が変わらなきゃいけないんだ



    それこそ『銀髪』のあの子みたいに……


    言いたい事をハッキリと言えるあの子みたいに……


    いつかは両親に立ち向かわなければならない



    『私には好きな人がいます。だからお父さんの言う事は聞けません』……と、そう言ってやらなければならない



    思えば彼女は、私が昔読んだ本の主人公に似ていた


    ちょっぴりガサツだけど、自分の心に正直で……後悔のないように生きる主人公だった


    彼女も私の一部……という事は私は知らぬ間に、その憧れを心の中で育んできていたのかもしれない


    いつかこういう風になりたいと願いながら……



    その僅かな『ワガママ』が形をとって現れたのが、きっと彼女なのだ


    昔、憧れた……あの主人公……







    その子の名前は……………












    –––––ヒストリアよ。





    銀髪クリスタ「……え?」



    クリスタ「アナタの名前よ。『ヒストリア・レイス』……それがアナタの名前」ニコッ


    そして、いつか私の一部となる『憧れ』……!


    銀髪クリスタ「この名前……昔読んだ本の……!」


    エレン「へぇ。カッコいい名前だな……ヒストリア!どうだ?気に入ったのか?」


    銀髪クリスタ「ふふ……まぁね」クスッ


    クリスタ「それじゃ、よろしくね。『私』……改め『ヒストリア』」




    ヒストリア「えぇ。よろしく」ニコッ
  29. 30 : : 2018/06/11(月) 11:53:42
    ヒストリア出現
  30. 31 : : 2018/06/11(月) 12:12:56
    >>30
    やっとタイトル回収です
  31. 32 : : 2018/06/11(月) 12:35:51
    ーーーー


    エレン「……さて、ここが俺んちだ」ザッ


    ヒストリア「へぇ……これはまたこじんまりとした」


    エレン「うっせぇな……嫌なら野宿だ」


    ヒストリア「何よ!素直な感想じゃない。別に悪口じゃないのよ?
    お邪魔しま〜す!」ガチャッ


    エレン「おう、いらっしゃい。それよりアイツ……『クリスタ』の方はもう家に着いたのかな?
    やっぱ門限とかって厳しいのか?」


    ヒストリア「あー、それもそうね。私、今日お稽古サボっちゃったからなぁ。
    ま、そのお説教はクリスタの方に代わってもらお♪」フフフ…!!


    エレン「自業自得だが……同じ存在であるお前が難を逃れるっつーのは納得いかねーな」


    ヒストリア「役得よねー」


    ーーーー


    その頃、クリスタ


    クリスタ父「全くクリスタ!お前はどこで何をしていたのだ!
    あまり遅いからピアノの先生には帰ってもらったぞ?
    急に予定が入るのは仕方のない事かもしれないが、その時は一つ連絡を入れなさいと何度も何度も……!」クドクド…!!


    クリスタ「ごめんなさい、ごめんなさい!」ペコペコ…


    ーーーー


    エレン「お前、服濡れてて寒いだろ?今、風呂沸かしてくるからちょっと待ってろよな」


    ヒストリア「ありがと。あ、今日は泡風呂じゃなくて普通の湯でいいわよ?」


    エレン「そもそも泡風呂入浴剤なんて買ってねぇから安心しろ」


    タッ
  32. 33 : : 2018/06/11(月) 13:28:24
    パタン…


    ヒストリア「へぇ、それにしてもここがエレンの家……」キョロキョロ…!!


    ヒストリア「別に、友達の家に入ったのは初めてじゃないけど……男子の家に入ったのはこれが初めてね……しかも、それが初恋の人の家だなんて凄くついてる……って、いやいや。
    エレンを好きなのは私じゃなくてクリスタの方だし」


    ヒストリア「……いや、でも私とクリスタは同じ存在なのよね?……表面的な態度は違っても、心の底は同じ。という事は、私もエレンの事が……!」


    エレン「俺が何だって?」ヌッ


    ヒストリア「おわわぁっ!?別に何でもないわよ!」


    エレン「どうだかな。お前、クリスタと性格正反対だからよ。悪口でも言ってたんじゃねぇの?」


    ヒストリア「ふ、ふん……ま、そんなとこね」

    ヒストリア(さ、最初はクリスタをからかうつもりでエレンの家に住むことにしたのに、これじゃ逆に私が緊張しちゃうじゃない!
    そうよ!別に私はエレンの事なんかなんでもないのに……!)


    エレン「風呂は今、沸かしてる。だから着替え用意してこいよ。俺の母さんの分、貸すからよ」


    ヒストリア「私、お客様なんですけど。着替えくらい用意してくれないわけ?」


    エレン「どこの世界に、自分の母ちゃんの下着に触りたいっつー息子がいるんだよ」


    ヒストリア「……ま、それもそうね。分かったわ。私が用意しといてあげる。
    その代わり、美味しいディナー作ってなさいよね」スクッ


    エレン「へいへい……ディナーって呼べるモンでもないけどなー」
  33. 34 : : 2018/06/11(月) 22:05:44
    凄く面白いです!焦らず頑張ってくださいね。
  34. 35 : : 2018/06/12(火) 11:36:14
    >>34
    お気遣いありがとうございます!
  35. 36 : : 2018/06/12(火) 23:24:03
    このエロガッパー!期待!
  36. 37 : : 2018/06/13(水) 00:28:45
    >>36
    安田くん良かったですよね。古き良きラブコメ主人公です。
  37. 38 : : 2018/06/13(水) 00:28:56
    ーーーーお風呂


    ヒストリア「ふんふふ〜ん♪」


    ザッパァ-ッ…!!


    ヒストリア「あったか〜い……お風呂ってのはどこで入っても良いものよね〜」


    ヒストリア「おまけに、この……『入浴剤』って言うの?シュワシュワが溶けてすっごい可愛い!
    ジャグジーじゃなくても、こんなのがあるのね〜、初めて知ったわ」


    ブクブクブク…!!


    ヒストリア「あっ……でも、もう無くなっちゃいそう……うーん、つまんないな。そうだ……!」ニヤマリ


    ーーーー


    エレン「–––––で……!」


    ヒストリア「う……う〜ん♡」ホカホカ///


    エレン「一つじゃ物足りねぇから、って一箱まとめて風呂にぶち込んだのか!?
    一回一袋って書いてあんじゃねーかよ、ここに!馬鹿か!」


    ヒストリア「ちょ、ちょーっと過激だったけど……!シュワッシュワに弾けるお風呂炭酸、超気持ち良かった……///」フゥ-…!!


    エレン(何か変な方向に目覚めてねーか、コイツ)


    ヒストリア「庶民の粗末な風呂だからとバカにしてたらとんでもないわ……褒めたげる!
    あと、喉乾いたから飲み物!炭酸ね!シュワシュワが良いの♡シュワシュワがァ〜♡」


    エレン「粗末な風呂で悪かったな!それから偉そうに命令すんな!」ガチャッ!!

    エレン(……ったく、コイツは……!人を使いたくなるのは、お嬢様のサガかもしれねーけどよぉ……
    クリスタの方だったらまだ可愛げがあるし、もうちょい楽だったろうに……!)ハァ…!!
  38. 39 : : 2018/06/13(水) 19:32:29
    どちらがいいのか

    ヒストリア何様だしww


    世界の果てまで〜きたーい!
  39. 40 : : 2018/06/13(水) 22:54:37
    >>39
    期待ありがとうございます!
  40. 41 : : 2018/06/13(水) 22:54:43
    エレン「ほらよ」


    ヒストリア「ん、ありがと」ゴク…ゴク…


    ヒストリア「……ぷっふぅー!……美味しい!やっぱお風呂あがりってコレよねえー!」


    エレン「おい……お前、仮にも女子だろうが。つーかお嬢様……」


    ヒストリア「何よー?女の子でお嬢様なら『ぷっはぁー』しちゃダメ?
    エレンも、私んちの家族みたいなこと言うのね」ゴクゴク…!!


    エレン「お前んち……やっぱりマナーとかも厳しいのか?」


    ヒストリア「食事中はホント針のムシロだったっての。
    やれ『作法がなってない』だ、やれ『音を立てるな』……だ。小さい頃、お父さんに『じゃあ、お父さんはウドンどうやって食べるの?』って聞いたら困った顔してたっけな。あははっ!」


    エレン「ふーん……」

    エレン(その割には品があるように見えねーよな。『ヒストリア』の方は……)ジトォ-


    ヒストリア「な、何よ。その目ぇー!」


    エレン「いや、何でもない。それより晩飯食うか。お嬢様の口に合うかどーかは知らねぇがポテトサラダ作ってみたぜ」


    ヒストリア「おっ、大好物〜!」トテテ


    エレン(はぁ……こんなのが本当にお嬢様なのか?別に悪いとは言わねぇが、こんなんじゃそこらの子供と変わらねぇ–––––」





    ……と、そう思っていた時期が俺にもありました。


    ーーーー


    カチャ…カチャ…!!


    エレン「……ッ!?」


    ヒストリア「……何よ。どうしたの、ジロジロこっち見て」スッ…パクッ


    エレン「い、いや……別に何でも……!」




    エレン(晩飯を出してやってから早10分……!俺はヒストリアを誤解していたと瞬時に悟った。
    こいつ……それ以外は全くガサツだから気付かなかったが……)



    ヒストリア(なかなか美味しいじゃない)オシトヤカ-



    エレン(何かモノを食ってる時はめちゃくちゃ上品だ!
    意識してんのか?それとも無意識でもマナーが染み付いてんのか?
    とにかく、こうして見てるとコイツは紛う事なき『お嬢様』だ……!)




    エレンの言う通り、彼女のその気品は、まさしく大切にそだてられた令嬢のソレであった。


    普段あまり見慣れてないのだろうか?テレビの下らないトークに顔を綻ばせて横を向き、サラリと一さじ、スープを小さな唇の間に滑り込ませた。

    『サラリ』という形容は決して誇張ではなく、謂わゆる『庶民』の食べ方とはまるで違ってみえた。
  41. 42 : : 2018/06/13(水) 22:57:26
    エレン「あ……」


    ヒストリア「……何よ?さっきから変な顔ばっかりして」


    エレン「明日からはもっと上等なモノ作るから勘弁して下さい!」ペコォ-ッ!!


    ヒストリア「ちょ、ちょっと!いきなりどうしたのよ!?」ガタァッ!!


    エレン「い、いや……改めて見るとお前も、やっぱりお嬢様なんだなっつーか……!
    こんなモン出した自分が恥ずかしいっつーか」ドヨンド


    ヒストリア「あっ……そっか。いつもの癖で、つい行儀良くしちゃってた……別にここにはエレンしかいないから、そんなの気にする必要ないのにね」ススッ…


    エレン「……」


    ヒストリア「それに、わざわざエレンが気ぃ使う必要ないよ。別にアンタにうちのシェフ並みの腕を期待してる訳でもないし……
    むしろ、せっかくこんな機会なんだからチープな味も楽しみたいしね」


    エレン「そ、そうか……」ホッ…


    ヒストリア「どうせ私の事ただのガサツな女とでも思ってたんでしょ?」


    エレン「うっ……!」


    ヒストリア「ま、分かったんなら良いのよ。これからは認識を改める事ねー」ニヤニヤ
  42. 43 : : 2018/06/16(土) 12:57:08
    最近読んでなかったから知らんけど金の彼女と銀の彼女ってもう終わったの?

    とても面白いです!これからも頑張ってください!!
  43. 44 : : 2018/06/16(土) 18:04:05
    >>43
    期待ありがとうございます!
    金の彼女は終わりましたよ〜、もう月マガで読むの久米田しかねぇ。
  44. 45 : : 2018/06/16(土) 18:22:49
    エレン(……つっても『それ以外』はアレだけどな〜。言わねぇけど)


    ヒストリア「それと……美味しいのは良いんだけど、貸してもらったこの服さぁ〜……!」


    ヨレ-ン…!!


    ヒストリア「ちょっと大きすぎない?パジャマ代わりには十分だけど、これじゃあ外歩けないわよ……おまけにババくさい」


    エレン「ババなんだか仕方ねぇだろ。それにお前、身体ちっさいんだからガバガバなのは……」

    ヒストリア「誰の身体が貧相ですって?」ギロリ-ン


    エレン「言ってねぇよ、そんな事……」


    ヒストリア「遠回しな方が人を傷つける事もあるの!
    あぁ、もう!これも元を正せば今までの『私』のせいよ!食べ過ぎだ何だ、って細かい事気にしてたからこんな『小学生』みたいなボディになっちまったのよ!」


    エレン(……気にするんだな、やっぱ。女子って……)


    ヒストリア「『ヒストリア』の方は、いっぱい食べまくってダイナマイトボディを手に入れてやるんだから!
    エレン、ご飯おかわり!それから牛乳もね!」ドンッ!!


    エレン「……運動しなきゃ本末転倒だからな?」


    ヒストリア「もちろんよ!」


    エレン「へいへい。仰せの通りに、お姫様」ストッ

    エレン(本当コイツ、クリスタと正反対だな……)
  45. 46 : : 2018/06/16(土) 18:55:42
    ーーーー


    ヒストリア「はぁ〜……!ごちそう様でした」ペコリ


    エレン「おう、おそまつさん。それともう一度聞いておくけど、本当に飯こんなんで良いのか……?」


    ヒストリア「男子の癖にオドオドしないでよ、ウザいなぁ。
    別に普通のご飯で良いって言ってるじゃない。それともアンタ何か、私の舌を唸らせる超高級なご飯でも食べさせてくれるっての?」


    エレン「ま……幕の内弁当とか」


    ヒストリア「庶民のアンタにそこまで無理させるほど落ちぶれてないわよ、私も。
    ……そ、それにエレンの料理もまぁまぁ美味しかったわよ?……ちょっとは自信持ちなさいよ」


    エレン「ヒストリア……ありがとな」ニッ


    ヒストリア「……って、調子に乗らないでよね!アンタにしては、って事なんだから……!」


    エレン「そうか、そうか!ヒストリアは俺の手料理が食べたくて仕方ないってか!」ニコニコ


    ヒストリア「ちょっ……///」

    ヒストリア(て、手料理って……!……恋人や家族じゃないんだし……言い方が……///)


    エレン「そんなら明日からも張り切って作らなくちゃな!」

    エレン(何だよ、コイツ捻くれた奴だと思ってたけど素直なところあるじゃねぇか)ニコニコ

    ヒストリア「……のは……タに……え……!」ブツブツ…!!


    エレン「あ?何だ?聞こえねぇよ。メチャクチャ美味かった?また作ってやるって!」


    ヒストリア「……そういうのは『クリスタ』の方に言えェ!!」ブンッ!!


    エレン「何でぇぇぇ!?」ドッゴオォォォ-ン!!


    ヒストリア「か、勘違いしないで!あくまでも『庶民』のアンタが作ったにしちゃ美味しいって事よ!ちょ、調子乗るなバカ……///」クルッ スタスタ…!!


    エレン(何だよ、コイツやっぱ性格悪りぃー……!)チ-ン




    ヒストリア(あぁ、もう!エレンが『手料理』だとか言うから……!そ、そういうのは『クリスタ』の方に作ってあげなさいっての……
    あくまでも私は『片割れ』なんだから……アンタの事なんてどうでも良いのに……///どうしてこんなにドキドキしなきゃいけないのよ……!)
  46. 47 : : 2018/06/16(土) 19:22:27
    ーーーー


    ドヤドヤドヤ…ドワハハハ…!!


    ヒストリア「う〜ん……もう、あんまり面白い番組入ってないわね〜」ピッ ピッ ピッ


    エレン「寝ようぜ……俺はもう一日の密度が濃過ぎて疲れたよ……!」フワ-ア…!!


    ヒストリア「嫌よ。もうちょっと起きてる」


    エレン「……あんまり夜更かしとかさせてもらえないのか?家にいるときは」


    ヒストリア「『深夜帯の番組は見ちゃいけません』ってね、お父さんが。
    もう16なのに……私がまだ『ピュアピュア』だって信じてんじゃないの?お父さんは」アハハ


    エレン「お、俺は結構、お茶の間が凍るのキツいけどな」
  47. 48 : : 2018/06/16(土) 19:36:55
    ヒストリア「意外。エレンってそういうの気にしないでいれる人だと思ってた」


    エレン「だってさ……あの父さんと母さんが『行為』に及んで俺ができたって考えると……うん、やっぱり気まずいな」


    ヒストリア「ふーん。いずれは自分だって『そういう事』して子供つくるってのに。
    やっぱエレンって見た目通り子供っぽいわねー、そういうのに無頓着っていうか」


    エレン「……ガキっぽくて悪かったな」カチン


    ヒストリア「別にいいんじゃないの?毎日スポーツ、スポーツ!爽やかで素敵じゃない。
    色恋沙汰に興味なんてないものね」ニヤニヤ


    エレン(……そりゃ別に興味はねぇが……コイツ本当イラつくモノの言い方するよな……神経に障るっつーかよー)
  48. 49 : : 2018/06/16(土) 19:58:27
    エレン「だから、その……そういう事を聞ける、って事はすすんでるんだろ?色々……」


    ヒストリア「あはは!まさか!私、今まで『恋愛禁止』だったんだよ?
    そんなの無縁に決まってるじゃない。お父さんに自由を奪われてたんだし……」


    エレン「はっ、だったらお前だって子供じゃねぇか。人の事言えねーっての」ククッ


    ヒストリア「えぇ、そうね。私もエレンもまだ子供。でもさ……」スッ…


    エレン「……ヒストリア?」


    ヒストリアが座布団から動き出し、エレンの立っているソファの前まで歩み寄ってくる。
    そして……!


    ヒストリア「よっ、と」クイッ


    エレン「!?」


    ドサァッ!!


    ヒストリアはエレンに足を掛け、転ばせ……


    エレン「なっ……!」


    ちょうどソファの上で、ヒストリアがエレンに覆い被さる形になった。


    ヒストリア「ふふ……」


    エレン「な、何すんだよテメェ!転んじゃっただろうが!」


    ヒストリア「はぁ……こういうシチュエーションで雰囲気ぶち壊しの怒鳴り声なんてあげるから『子供っぽい』っていうのよ。ま、さっきも言った通り私も子供だけどさ」


    ヒストリアはエレンを小馬鹿にしたように口角をあげ、顔を近づける。
  49. 50 : : 2018/06/16(土) 20:00:20
    お?ここで・・・ヤるんだなヒストリア!
  50. 51 : : 2018/06/16(土) 20:28:18
    ヒストリア「確かに私は過保護なお父さんにがんじ絡めにされてた子供だったわ。でもさぁ……」


    エレン「な、何だよ……!?」


    ヒストリア「今は違うわ。だって私は自由に生活を堪能する事を許された『ヒストリア』だもの。『クリスタ』じゃないから別に何をしたって構わない……やる事の全てが私の『好き勝手』よ」


    エレン「……だから何だってんだよ。はっきり言えよ」


    ヒストリア「あんたバカァ?ここまで言っても分かんないなんて」


    エレン「俺はどうせガキだからな」


    ヒストリア「ふふっ、恥ずかしくて言えないわけね……仕方ないなぁ。
    エレンのしたい事して良いって言ってんのよ、この私に。私も興味あるっていうかさぁ……その、今までこういう事に全く無縁だったわけだし?」


    エレン「……ッ!」




    ヒストリア(ふっふーん!どーよ、この私の迫真の演技は!完璧な色仕掛けでしょ?これでコイツの心臓もドキドキし過ぎて爆発寸前ってところねー!さっきの仕返しよ……庶民のくせに私の心を乱しやがって……!
    当然こんな奴に私の純潔を捧げるわけにはいかないわ……ふふっ、ちょっとでも私のこの清い身体に手をかけてきたら『冗談だよ』って言ってからかってやるんだから!)クククッ…!!
  51. 52 : : 2018/06/16(土) 20:36:40
    ジーヤ役はペトラさんかな?期待ですよ!
  52. 53 : : 2018/06/16(土) 20:49:45
    ヒストリア「ねぇ……良いよ?エレン」


    エレン「はぁ……!」スッ…


    ヒストリア「!」

    ヒストリア(お……おぉ!?エレンの手が伸びてくる……私の頰の辺りまで?
    なぁに?最初はキスからしたいって事?)


    殆ど密着した体位にあるヒストリアとエレン。


    ヒストリアは思惑通りに事が運んだと心の中でほくそ笑む。


    エレンは何を考えているのか分からないが、至近距離で自分に覆い被さる彼女の目をまっすぐ見つめていた。


    そして、その手はいよいよヒストリアの頰に触れるか触れないかのギリギリの距離になり……!


    ヒストリア(き、来たー!……って私は何を浮き立っているのよ!エレンを好きなのは『クリスタ』の方……私は彼を使ってちょっぴり遊んでやってるだけなのよ……!
    そう、止めなきゃ!この私が魅力的なのは仕方ないけど、ここでオアズケ……)

    ヒストリア「ふふっ……エレン!ちょっとストップ……残念だけど……って、むぎゅうぅぅぅぅーーーーッ!」ギュ-ッ…!!


    エレン「……」


    ヒストリア「ちょ、ちょっとぉ!いきなり何すんのよ、乙女の柔肌に……!
    女の子のホッペを思いっきり鷲掴みするなんてぇ!」ムギュ-ッ!!


    エレン「止めて欲しけりゃとっととどけ。俺もう眠いって言ってんだろ」パッ


    ヒストリア「はぐうっ!」スッテンコロリン

    ヒストリア(な、何でぇ〜!?)
  53. 54 : : 2018/06/16(土) 21:09:27
    エレン「じゃ、おやすみ」スタスタ…


    ヒストリア「ちょ、ちょっとぉ!」バッ!!


    エレン「ん?」クルッ


    ヒストリア「今のはどういう事よ、今のはぁ!こんなに可愛らしい女の子が迫ってきてるのよ!?この時間帯に!この誰もいない一軒家で!
    こんなシチュエーションで女の子に恥かかせるなんて、どーゆー神経してんのよアンタはァ!」ウガオ-ッ!!


    エレン「え……いや、だってお前タイプじゃないし……!気にしてるみたいだから指摘すんの可哀相だけどよぉ……『貧相』だし」


    ヒストリア「ズバリ言うなぁ!」


    エレン「間接的だと傷つくって言ったのお前じゃねぇか!……まぁ、それは冗談としてさ」


    ヒストリア「な、何よ?」


    エレン「もっと自分の体、大切にしろよ。せっかく父親から逃れて自由に恋愛できるようになったんだろ?だからこそ、こんな簡単に行動するべきじゃねーよ」


    ヒストリア「……ッ」


    エレン「笑えねぇだろ。こんなのさ……俺たち、まだ高校生だぜ?……そういうのは本当に好き合ってるヤツらがする事だと思うし……それくらい俺だって分かる」


    ヒストリア「……ごめんなさい」


    エレン「分かればいいんだよ」


    ヒストリア「うん……私、どうかしてた……」

    ヒストリア(そうだよ……今のがエレンだったから良かったかもしれないけど、もしこれがどこの誰とも知らないケダモノ野郎が相手だったら私……大事な……!
    クリスタにも顔向けできなくなるところだった。こんなアホらしいきっかけで初めてを済ませるなんて、さ……)


    ヒストリア「……ありがとね、エレン」


    エレン「おう」
  54. 55 : : 2018/06/16(土) 21:31:17
    エレン「……つーかお前さ、どうせ俺の事からかってたんだろ?」


    ヒストリア「え」ギクリ


    エレン「どうせお前に変な事し始めたらニヤァーッてして俺の事からかいまくるつもりだったんだろ?」


    ヒストリア(な、何もかも見透かされていたぁーッ///)

    ヒストリア「と、当然そうに決まってるじゃない!何でアンタなんかに発情しなきゃなんないのよ!
    本気でしたいだなんて思ってたわけないじゃない……バカバカしい!」


    エレン「はぁー……!やっぱりな……お前の事だからそういう動機だと思ったよ。じゃあな、おやすみ」


    ヒストリア「さ、さっきの私の超セクシーな色仕掛けでコーフンしたからって夜中に襲って来ないでよね!
    いーい?これは決して崩れる事のない『ジェリコの壁』よ!このふすまの『線』を越えてきたら蹴り飛ばすから!」ピョンッ!!


    エレン「あんな『色』も『仕掛け』もない仕草でどう興奮しろってんだよ……!」ハァ-…


    ヒストリア「何ですって、失礼ね!!」ヒュンッ…!!


    エレン「はぐおぉッ!?」ドッゴオォォ-ン…!!


    ヒストリア「ふん、お休みなさい!」ピシャッ!!


    エレン「お、お前だって越えてきてんじゃねーかよ……!」ピクピク…!!


    ヒストリア「レディはいいのよ、レディは!」


    エレン(くっそぉー……!まだ一日目だってのに三回も蹴り入れられたぜ……こんなんでこの先大丈夫なのか……?俺の体……)
  55. 56 : : 2018/06/16(土) 21:36:25
    ーーーー


    その頃、クリスタ


    クリスタ(うぅ〜……!今頃もう一人の『私』はエレンと一つ屋根の下……変な事してないよね……ヒストリア?
    ソワソワして寝れないよぉ〜……)ギンギン!!
  56. 57 : : 2018/06/16(土) 21:49:49
    >>50
    残念でしたね、お預けだ!


    >>51
    ジーヤと同じ性格のキャラいない……いなくない?
    無理にキャラ合わせるのも大変だし、それっぽい役割りを振り分けていきたいです
  57. 58 : : 2018/06/17(日) 12:11:03
    全然読んでなかったからな~
    キャラは適当でいいんじゃないですか?原作に合わせ過ぎたらつまんないし。考え出したらきりないですよ?エレンに姉とか

    期待
  58. 59 : : 2018/06/19(火) 01:11:56
    原作のドラマCD買った俺が期待。

▲一番上へ

名前
#

名前は最大20文字までで、記号は([]_+-)が使えます。また、トリップを使用することができます。詳しくはガイドをご確認ください。
トリップを付けておくと、あなたの書き込みのみ表示などのオプションが有効になります。
執筆者の方は、偽防止のためにトリップを付けておくことを強くおすすめします。

本文

2000文字以内で投稿できます。

0

投稿時に確認ウィンドウを表示する

著者情報
Anjelina

ジャガーマンが見てる!

@Anjelina

「進撃の巨人」カテゴリの人気記事
「進撃の巨人」カテゴリの最新記事
「進撃の巨人」SSの交流広場
進撃の巨人 交流広場