ssnote

x

新規登録する

作品にスターを付けるにはユーザー登録が必要です! 今ならすぐに登録可能!

このSSは性描写やグロテスクな表現を含みます。

この作品はオリジナルキャラクターを含みます。

この作品は執筆を終了しています。

進撃の巨人ss ???「ここはどこだ?」

    • Good
    • 0

loupe をクリックすると、その人の書き込みとそれに関連した書き込みだけが表示されます。

▼一番下へ

表示を元に戻す

  1. 1 : : 2018/06/06(水) 00:38:14
    今回から初めてスレッドssを投稿します!ほどほどに見て下さい!本編入ります!

    ???「今日暇だな…そうだ!また進撃のss書くか!」(俺の名前は神崎シンジ。最近進撃の巨人のssを書いている。家に帰っている途中に、重大な事件に巻き込まれる事を、俺はまだ知らなかった。)
    シンジ「なんだあれ?紫色の…裂け目?なんかマンガ見たいな展開起こりそうだな…って、こっちに近づいてきている!?ま、まさか、ウワァァァァァァァァ!!!!!!!!!!」
    こうして、何故か進撃の巨人の世界に生まれ変わった…
    シンジ「イテテテテテ…ココドコ?ん?でかい壁?この町の風景…進撃の巨人の世界!?!?ん?あそこにいるのは、エレンとミカサ?話しかけてみるか…」
    シンジ「あのー!ちょっといいですか~?」
    エレン(少年期)「何ですか?」
    ミカサ(少年期)「エレンどうしたの?」
    シンジ「ここら辺は何地区ですか~?」(一応聞いとこう…)
    エレン(少年期)「ここら辺はウォールマリアのシガンシナ区ですけど…」(何でこんな質問してくるんだ?)
    ミカサ(少年期)「エレン、そろそろ時間、戻ろう。」
    エレン(少年期)「そうだな。母さんに怒られるしなw」
    エレミカ(少年期)「じゃあさようなら。」
    シンジ「やっぱりここは、ウォールマリアか…じゃああともう少しで超大型巨人が来るのか…散歩しよ」
    その後…
    ーーーーーーーーーーーー
    ーーーーーーーーーー
    ーーーーーーーー
    ーーーーーー
    ーーーー
    ーー
    超大型巨人が襲撃してカルライーターが現れたとき…
    シンジ「あそこにいるのは…カルラさんとエレンとミカサ!?!?そうか!ここはイェーガー家か!」
    俺には何も出来ないなか…
    続く!!!!!
  2. 2 : : 2018/06/06(水) 00:42:38
    あまりにも長くてすいません!突然ですがここでアンケートを取りたいと思います!
    Aここで能力が目覚める

    B何も手が出せなく頭を抱える

    AかBだけでコメントしてください!お願いします!
  3. 3 : : 2018/06/06(水) 00:56:37
    投稿ペースは一日に一回か二回更新する予定です。よろしくお願いします!
  4. 4 : : 2018/06/06(水) 22:40:52
    Bかな?

    それと、一行か二行開けた方が見やすいよ!
    上から目線でごめんなさいっ
  5. 5 : : 2018/06/07(木) 21:32:52
    いえ、アドバイスありがとございます!m(_ _)m
  6. 6 : : 2018/06/07(木) 22:36:59
    やはり、原作にそって生きたいのでBを勝手に進めていきたいと思います!すいません!
    シンジ「くそ、俺は何をすれば…アァァァァァァ…」

    スタスタスタスタパシューン

    ハンネス「おいどうした!走って逃げろ!」

    シンジ「は、はい……」

    スタスタスタスタ

    そして走って逃げたあと、船でエレンが

    エレン「駆逐してやる!この世から…一匹残らず!」

    そして五年後……………

    シンジは、訓練兵団に入団した…

    キース「貴様は何者だ!」

    シンジ「はっ!シガンシナ区出身!神崎シンジです!」

    キース「貴様はなにしにきた!」

    シンジ「超大型巨人の首を捕るためです!」

    キース「ほぅ、超大型巨人をか…」バキッ!

    シンジ「ん?」サラッ…

    キース「よけただと!?」

    シンジ「何ですか今の遅いパンチは。止まって見えますよ。」

    キース「ほう…ならばこれが終わったなら夕方までにトラックを100週しろ!」

    シンジ「はっ!…って、え?」

    キース「貴様は何者だ!」

    シンジ「次の人に行っちゃった…まぁいいや」

    入団式が終わったあと、二時間でトラックを100週していたのだった。それを見ていたキースは

    キース「へ、部屋に戻ってよし…」(何だあの化け物の兵士…)
  7. 7 : : 2018/06/07(木) 22:49:34
    面白そうですね!期待です!
  8. 8 : : 2018/06/09(土) 20:47:55
    ≫7 期待ありがとうございます!
  9. 9 : : 2018/06/09(土) 23:36:17
    次からは>>9風にしてみたいなと思います!
  10. 10 : : 2018/06/09(土) 23:44:38
    やっぱ>>9は取り消しです。違う方にしたいと思います
  11. 11 : : 2018/06/12(火) 23:16:45
    別のssにも進撃してきたぜ
  12. 12 : : 2018/06/12(火) 23:17:35
    期待(名作)のよかん
  13. 13 : : 2018/07/27(金) 01:15:51
    そして、初陣では、

    シンジ「巨人が多すぎる!てか、俺いつ戻れんだろ…」バギッ!

    シンジは、一瞬の内で、何が起きたのかは、シンジ自身もわからなかった!

    シンジ「うっ…ウーン…はっ!…いつのまにか巨人に囲まれてた…だと…そうか、俺はここで死ぬのか…エレン、ミカサ、アルミン、5年間過ごしたが、ありがとな…」ガシッ!

    巨人「イタダキマス」ガブリ!

    シンジ「…………ここは…病室……あっ!確か俺は、あの時巨人に食われたはず…そしてここは、現代なのか?外を見てみるか」

    そこに広がっていたのは、五年が過ぎても、何も変わらない町の風景だった…

    シンジ「戻ってこれたんだ…母さんは元気かな…あ、アンタは…遼太郎先輩!」

    遼太郎「よ、シンジ、ケガの方はどうだ?そしてシンジ、お前に謝らねぇと行けねぇ、あの黒い時空の裂け目、あれは俺がやったんだ」

    シンジ「あ、アンタが…やった?」

    遼太郎「あぁ、俺の能力で、進撃の巨人の世界に行けるのかという実験をしていたんだ。それが成功したらいつでも行ききできるようになる」

    シンジ「それならば、もう一度その中に入れろ」

    遼太郎「あれは未完成だ!失敗すると、肉体が滅ぶ!」

    シンジ「それでもいい!俺には覚悟ができている!」

    遼太郎「…わかった、今それを持ってくる」


  14. 14 : : 2018/08/06(月) 23:40:37
    シンジ「俺は、なんで、なんで、こう人を巻き込むんだ!!!」

    (記憶が蘇ってくる…)

    過去シンジ「やめてよ!離してよ!」

    いじめっ子「離すわけねーだろ!馬鹿!」

    シンジ弟「お兄ちゃんを離してよ!」

    いじめっ子「こいつの弟か…」ガシッ!

    シンジ弟「何をすんの!?やめてよ!」((꜆꜄•௰•)꜆꜄꜆オラオラオラオラ!!!

    いじめっ子「ぎゃぁぁぁ」_(:3」∠)_

    過去シンジ「あ、ありがと」

    シンジ弟「お兄ちゃんしっかりしてよね!?」

    分かったよ
    その夜中、いじめっ子が家に忍び込んで、弟を連れ去っていったまま、弟は帰って来なかったが、そのいじめっ子だけが戻って来ていた。俺はそのいじめっ子が、そいつの名前を今、思い出したぞ…遼太郎、お前だったんだ!
  15. 15 : : 2018/08/06(月) 23:49:15
    遼太郎「持って来たぞ…って、なんで般若みたいな顔で睨むんだよ…」

    シンジ「おい、俺の弟覚えてるか…お前が殺した、弟を!!!!!!!」

    遼太郎「…俺も進撃の巨人の世界に行く…そこで決着を付けるぞ!」

    シンジ「お前、死ぬぞ」

    遼太郎「それでも決着を付ける!」

    シンジ「…弟の恨み…はらさせてもらう!」

    もわもわもわもわもわもわ

    シンジ「ここは、俺が巨人に食われた所か、」

    アルミン「シ、シンジ、あのさ…」

    シンジ「アルミン、早くいけ、ここで俺は戦わなければいけない相手がいるんだ。」
  16. 16 : : 2018/08/24(金) 20:05:48
    アルミン「でも、これだけ言わせて良いかな…(´°̥ω°̥`)」

    シンジ「おいどうした」

    アルミン「エレンが…巨人に食われた…」

    シンジ「…分かった…アルミン…エレンは、生きてるはずだ…とりあえず、早く行け!」

    アルミン「…うん…」パシュッピューン

    シンジ「アルミン、あとは任せたぜ…」

    遼太郎「おい、シンジ!」

    シンジ「遼太郎オオオオ!」(꜆꜄╬◣д◢)꜆꜄꜆)`ω'* )

    遼太郎「クッ……なかなかやるな!」

    シンジ「まだまだぁー!(╬◣д◢)꜆꜄꜆꜆꜄꜆∑∑(๑º口º๑)フガッ!!

    遼太郎「(( ゚∀゚)):∵グハッ!!」。・*・:≡( ε:)| 壁

    シンジ「ハァハァ…さすがにあいつは死んだよな…何!?エレンが…巨人になっている!?」

    遼太郎「シンジを…撃つ!」一═┳┻︻▄(´・ω・`)バキューン

    シンジ「('д'):∵グハッ!!」バタリ

    遼太郎「これでアイツは死んだ…ハハハ…」

    エレン巨人「ウォォォォォ!!!」カベハカイ

    遼太郎「(>'A`)>ウワァァ!!」グチャッ

    シンジ「…ハァハァ…ハァハァ…クソッ…俺もあともう少しであの世か…エレン…ミカサ…アルミン…頑張って…生きろよ…」c⌒っ-─-)っバタリ

    こうして神崎シンジという青年の人生は幕を閉じた…
    〜完〜
  17. 17 : : 2018/08/25(土) 20:16:19
    どうしてこうなった(困惑)
  18. 18 : : 2018/08/26(日) 23:43:38
    ∈(oëo)∋
  19. 19 : : 2019/03/31(日) 10:21:27
    ブライアン風サザエさん(弟の自己満足)
  20. 20 : : 2019/03/31(日) 10:46:39
    堀川「すいませんワカメちゃんもらいに来ました」
    タラちゃん「死ねです」
    堀川「ファッキュー」
    サザエさん「お前は、もう死んでいる」
    堀川「なに!」
    堀川「ぐあーー」
    波平「jta'ap_'g'j'j'lpa」
    カツオ「ワッツ!」
    ワカメ「騒いだら殺す」
    波平「ああああああああぁぁぁ」
    グチャ
    カツオ「ワロタwww」
    タラちゃん「ママ本拾ったです」
    デスノート
    フネ「さああざあえぇぇ」
    タラちゃん「お前らの名前書いたです」
    サザエさん「このクソガキー」
    バァン
    タラちゃん「汚物は、消毒です」
    [完]


  21. 21 : : 2019/03/31(日) 10:59:28
    ライナー「クリスタとやりたい」
    エレン「こいつ殺していいか?」
    アルミン「どうぞご勝手に」
    ゴロゴロ
    エレン「があああああ」
    ライナー「俺もだ!」
    ゴロゴロ
    ライナー「うほうほ」
    エレン「こいつやばいやつだ、、、」
    エレン「逃げよう」
    クリスタ「あ、、、、」
    アルミン「クリスタフォトナしよ」
    クリスタ「うん
  22. 22 : : 2019/03/31(日) 11:15:42
    霊夢「冒険に行こう!!」
    魔理沙「魔王城に行こう」
    霊夢「え?」
    魔王「早すぎワロタwww」
    魔理沙「たのもー」
    部下「お任せ下さい魔王様」
    魔理沙「マスタースパーク」
    ドカーン
    魔王「まいりました」
    魔理沙「笑」
    そして魔理沙は大変なものを盗んでいきました
    [完]
  23. 23 : : 2019/03/31(日) 11:52:20
    凄い
  24. 24 : : 2019/04/03(水) 17:17:13
    弟の自己満足ですからw

▲一番上へ

名前
#

名前は最大20文字までで、記号は([]_+-)が使えます。また、トリップを使用することができます。詳しくはガイドをご確認ください。
トリップを付けておくと、あなたの書き込みのみ表示などのオプションが有効になります。
執筆者の方は、偽防止のためにトリップを付けておくことを強くおすすめします。

本文

2000文字以内で投稿できます。

0

投稿時に確認ウィンドウを表示する

著者情報
11451419194545

ssを書く男 玉城

@11451419194545

「進撃の巨人」カテゴリの人気記事
「進撃の巨人」カテゴリの最新記事
「進撃の巨人」SSの交流広場
進撃の巨人 交流広場