ssnote

x

新規登録する

作品にスターを付けるにはユーザー登録が必要です! 今ならすぐに登録可能!

この作品は執筆を終了しています。

アルミン「104期カラオケ大会!」

    • Good
    • 0

loupe をクリックすると、その人の書き込みとそれに関連した書き込みだけが表示されます。

▼一番下へ

表示を元に戻す

  1. 1 : : 2018/03/05(月) 00:10:36
    アルミン「カラオケ大会だぁー!!!!!!!!!」

    エレン「うるさい」ゴゴゴゴゴ

    アルミン「すいませんまじ許してください」土下座

    エレン「よし許そう」

    アルミン「最初にエレンイェーガーが歌うぞー!!!!!!!!!」

    ミカアニクリユミサシャ「よし聞こう」ピタッ

    エレン「エェッ!?」

    エレン「んーとーえーコホンッ」

    エレン「歌えばいいのか?」

    アルミン「うん、あっ!はいマイク」つマイク

    エレン「あっはいどうも」スッ

    エレン「えーとー....これでいいや!ゴーストルール!歌います!」

    エレン「どうだっていい言を 嘘って吐いて戻れない
    時効なんてやってこない 奪ったように奪われて

    今日だって叶わない 思ったように騙せない
    腐っている僕には 腐ったものが理解わからない

    おいでココまで 捨てい

    「隠して仕舞ったんだ」

    メーデー 僕と判っても もう抱き締めなくて易々いいんだよ
    メーデー 僕が解ったら もう一度嘲笑わらってくれるかな 

    マボロシだって知るんだよ
    嘘憑きだって知るんだよ ネェ

    NO だって言う筈が キョドって YES を声に出す
    後悔の脆弱は 騙したほうが正義なの

    卑怯だって構わない 祈っておいてそれはない
    飾っていた饒舌が 墓穴を掘って焼ける様

    負い目どこまで 灰色グレー

    被害者ヅラしたって

    メーデー 僕を叱ってよ 正直者が夢見たいなら
    メーデー 僕を裁いてよ 最後まで甘えてしまうのは

    亡霊だって知るんだよ
    空白だって知るんだよ ネェ

    足りないものを望んだら 僕じゃない僕に出逢ったよ
    それでも前に進んだの クラクラしちゃう夜も
    足りない僕を愛してよ  EGO-MAMA が僕を育てたの
    きみには僕が見えるかな 孤毒なピエロが

    メーデー 僕と判っても もう抱き締めなくて易々いいんだよ
    メーデー 僕が解ったら もう一度嘲笑わらってくれるかな

    メーデー 僕を叱ってよ 正直者が夢見たいなら
    メーデー 僕を裁いてよ 最後まで甘えてしまうのは

    メーデー 僕を暴いてよ もう直終わるこの世界から
    メーデー 僕と踊ってよ 最初からイナイと理解わかってた?

    嗚呼

    マボロシだって知るんだよ
    嘘憑きだって知るんだよ

    亡霊だって知るんだよ
    空白だって知るんだよ

    どうだっていい言を 嘘って吐いて戻れない
    時効なんてやってこない 奪ったように奪われて」

    ミカアニクリユミサシャ「声可愛い!!!」ズッキューン

    エレン「ありがとな///」テレテレニコッ

    アルミン「(声が)可愛いなぁ〜❤️」ボソボソ

    ライナー「ウホッ」

    ゲスミン「ホモ殺しスパーク!!!」トドドドドド

    ライナー「」壁埋まる

    1日目 終 了
  2. 2 : : 2018/03/05(月) 20:26:16
    トリップ変わります
  3. 3 : : 2018/03/05(月) 20:35:19
    クリスタ「次は私が歌ってもいい?」上目

    アルミン「うん、いいよ!」(女神様!)

    クリスタ「それじゃあ頑張るね!」ニコッ

    45秒

    クリスタ「45秒で何ができる?

    45秒で何ができる?
    君の事を考える事!!

    45秒で何ができる?
    カップラーメンは作れません!

    45秒で何ができる?
    君に「好きです」と伝える事!

    45秒で何ができる?
    算数ドリルは終わりません!

    45秒で何ができる?
    君を笑顔にさせる事!

    その笑顔でまた惚れ直す事!」

    クリスタ「どうかな?」ニコニコ

    アルミン「うん、うまいよ」

    ライナー「天使の....歌声...最高☆」バタッ

    作者「こいつは窓から投げておくから進めといて」ガラガラポイッ

    ドサッ

    作者「じゃ」瞬間移動

    2日目終了



  4. 4 : : 2018/03/14(水) 18:34:58
    トリップあっていますかね?
  5. 5 : : 2018/03/14(水) 18:35:24
    んー
  6. 6 : : 2018/03/14(水) 18:35:48
    このトリップでいきます
  7. 7 : : 2018/03/22(木) 03:31:49
    ジャン「次は俺が歌うぜ!」

    ジャン「俺は初日にこーいをしーてしまった!」

    ジャン「だけれど だけれど うざいっていわーれた」

    みんな(....ん?)

    ミカエレ「?」

    ジャン「俺は諦めねぇええ!」

    ジャン「俺は諦めねぇ!」

    ジャン「あーははあははっはー」

    ジャン「今日も無理だったぁぁ!!!!!!!!!」

    みんな(注意 これはジャンが初日にあった出来事ですww 」



  8. 8 : : 2018/03/30(金) 18:12:24
    アルエレ「僕(俺)が歌うね(が歌う)」

    クリスタ「二人でどうぞ!」


    カゲロウデイズ


    エレン「8月15日の午後12時半くらいのこと
    天気が良い
    病気になりそうなほど眩しい日差しの中
    することも無いから君と駄弁(だべ)っていた」


    アルミン「でもまぁ夏は嫌いかな」


    エレン「猫を撫でながら
    君はふてぶてしくつぶやいた
    あぁ、逃げ出した猫の後を追いかけて
    飛び込んでしまったのは赤に変わった信号機」


    エレン「バッと通ったトラックが君を轢きずって鳴き叫ぶ
    血飛沫(しぶき)の色、君の香りと混ざり合ってむせ返った
    嘘みたいな陽炎(かげろう)が「嘘じゃないぞ」って嗤(わら)ってる
    夏の水色、かき回すような蝉の音に全て眩んだ」


    アルミン「目を覚ました時計の針が鳴り響くベッドで
    今は何時?
    8月14日の午前12時過ぎ位を指す
    やけに煩(うるさ)い蝉の声覚えていた

    でもさぁ、少し不思議だな。
    同じ公園で昨日見た夢を思い出した
    「もう今日は帰ろうか」道に抜けた時
    周りの人は皆上を見上げ口を開けていた





    エレン「落下してきた鉄柱が君を貫いて突き刺さる
    劈(つんざ)く悲鳴と風鈴の音が木々の隙間で空廻り
    ワザとらしい陽炎が「夢じゃないぞ」って嗤ってる
    眩む視界に君の横顔、笑っているような気がした」


    アルミン「何度世界が眩んでも陽炎が嗤って奪い去る。
    繰り返して何十年。もうとっくに気が付いていたろ。
    こんなよくある話なら結末はきっと1つだけ。
    繰り返した夏の日の向こう。」


    エレン「バッと押しのけ飛び込んだ、瞬間トラックにぶち当たる
    血飛沫の色、君の瞳と軋(きし)む体に乱反射して
    文句ありげな陽炎に「ざまぁみろよ」って笑ったら
    実によく在る夏の日のこと。 そんな何かがここで終わった。」


    アルミン「目を覚ました8月14日のベッドの上
    少女はただ
    「またダメだったよ」と一人
    猫を抱きかかえてた」


    ライナー「ウホッ」


    女子「エレン....カッコいい///」ポー

    男子エレアル以外「アルミン可愛い!」


  9. 16 : : 2018/04/01(日) 17:11:39
    9〜15の方、何がしたかったんですか?
  10. 19 : : 2018/04/10(火) 00:41:45
    アルミン「ここからは!替え歌をやってもらいます!」

    アルミン「1番!エレン命!エレンが死んだら私も死ぬ!ミカサ!アッカーマン!」

    ミカサ「1番、ミカサアッカーマン!歌います!」

    紅蓮の弓矢 替え歌

    進撃のミカサ


    ミカサ「~♪」

    ミカサ「踏まれた花の
    名前も知らずに
    地に落ちた鳥は風を待ちわびる」

    アルミン「す、すごい.....!」

    ジャン「ミカたん!ミカたん!ミカたん!ミカたん!ミカリーン!!!」

    ミカサ「祈ったところで何も変わらない」

    ミカサ「しかばね踏み越えて」

    ミカサ「進む!意思を!笑う!クズよ!」

    ミカサ「家畜の繁栄!気にもしない!しせる奴隷に勝利を!」

    アニ「ぐっ....負けるかもしれない!」ボソボソ

    ミカサ「囚われたエレンは反撃の準備を!」

    アルミン「ミカサァ....」ガックリ

    ミカサ「囚われた!屈辱は!反撃の粒だあ!」

    ミカサ「城壁のその彼方!獲物を殺す!ミカサ!」

    ポチっ

    ミカサ「!?....なぜ」

    クリスタ「フッ...」クスクス

    ミカサ「女狐ェ」ギリギリ

    アルミン(まぁ途中から歌詞が変になってたからね....)
  11. 20 : : 2018/04/11(水) 00:14:21
    ライナー「次は〜俺が〜歌うぞ」

    アルミン「2番クリスタ天使とホモがなくライナー!ブラウン!」

    ライナーオリジナル曲
    みんなの女神、クリスタちゃん

    ライナー「~♪」

    ライナー「クリスタは天使!女神ィツ!女神ィツ!可愛い!」

    クリスタ「チッ...クソゴリラが....!!」ボソッ

    ユミル(わ、私は...エレンがこんな感じの曲で歌われなければ別に...///」

    ライナー「だけども、鈍感過ぎて!結婚できないんだ!
    結婚しようぜ!クリスタ!!!」キリッ

    クリスタ「ごめんね?」ウルウル

    ライナー「ブハッ」ダラダラ

    アルミン「3番!駆逐系男子!エレン・イェーガー!!!」

    女子「よしっ!!!」ぐっ

    オーエンは彼女なのか? 替え歌

    狂いに狂った彼なのか?

    エレン「...綺麗に咲いている花は、
    幼い瞳に壊され枯れる、独りが嫌ならもう一人も殺すよ
    逃げても殺してあげる....」

    アルミン「す、すごい...!!!いつもとのギャップが違う!」



    エレン「さあさあ逃げて見な、逃げれるものなら
    生きてみろ、でも、追いつかれたら『死』しかないからね..?」ニコッ

    エレン「さあさあ逃げてみろ!悲鳴を聞かせてよぉ〜!?」ふふっ

    アルミン「すごい....狂ったように笑えるなんて」

  12. 21 : : 2018/04/11(水) 00:19:02
    エレンかっこいい
  13. 22 : : 2018/04/13(金) 15:03:40
    ここからシリアス入ります
    --------------

    クリスタ「貴方を壊させてよぉ〜!!!!」

    エレン「!!!」ニッ

    アルミン「えええええ!?く、くりすたもうたうのぉ!?」あたふたあたふた

    エレクリ「逃げないと、殺しちゃうよ?」ニコッ ←セリフです

    みんな「ッ!---」ゾクッ

    そう...そこにいた全員は恐怖を味わった
    今まで感じたこともなかった恐怖を------


    “殺意を”

    それはアニやミカサも感じるほどだった

    『精神が弱いものは倒れ』

    【精神が強きものだけ立つ】


    そう--



    世界は残酷だ、そして---



    とても美しい

    僕はそれを“黒い曲事件”と読んでいる


    あの後のことを、僕は覚えていない

    けれど---


    あの時の“殺意”“憎しみ”そして---


    悲しみの溢れた眼を、僕は忘れない

    -------true end-------

    アルミン end 完

  14. 23 : : 2018/04/13(金) 15:06:18
    はい、これでアルミン endは終わりです

    次はミカサ視点の endを書こうかと思っています

    リクエストがあればエレン視点ことエレン endクリスタ視点ことクリスタ endも書きます

  15. 24 : : 2019/11/13(水) 23:04:57
    エレンとその取り巻きの女どもマジで気色悪い

▲一番上へ

名前
#

名前は最大20文字までで、記号は([]_+-)が使えます。また、トリップを使用することができます。詳しくはガイドをご確認ください。
トリップを付けておくと、あなたの書き込みのみ表示などのオプションが有効になります。
執筆者の方は、偽防止のためにトリップを付けておくことを強くおすすめします。

本文

2000文字以内で投稿できます。

0

投稿時に確認ウィンドウを表示する

このSSは未登録ユーザーによる作品です。

「進撃の巨人」カテゴリの最新記事
「進撃の巨人」SSの交流広場
進撃の巨人 交流広場