ssnote

x

新規登録する

作品にスターを付けるにはユーザー登録が必要です! 今ならすぐに登録可能!

この作品はオリジナルキャラクターを含みます。

この作品は執筆を終了しています。

エレン「魔王の俺が召喚されたのは異世界でした」序章 魔法系、エレンチート

    • Good
    • 4

loupe をクリックすると、その人の書き込みとそれに関連した書き込みだけが表示されます。

▼一番下へ

表示を元に戻す

  1. 1 : : 2017/08/26(土) 22:38:49
    どもども!こんばんは!NONAMEです!

    初のエレンチート、魔法系です!

    長くなりそうなのでシリーズにします!


    今回は序章って感じですかね?
    ビシバシバトルがあるって感じでは無いです!


    イメージしてたのと違かったらすいません...

    次回から戦闘シーンが増えると思います


    注意事項


    敵キャラはほぼオリキャラです、重要になってくるキャラクターだけ想像図?のURL貼ります


    キャラが崩壊するかも?


    オリ設定多いです。ほぼオリ設定です


    技などは次回書く時安価で決めます


    誤字脱字あるかも?


    色々と設定を考えながら書くので更新いつもより少し遅くなるかもです




    無理な方はブラウザバックお願いします


    では行きます!(乂'ω')
  2. 2 : : 2017/08/26(土) 22:48:23
    人は_

    「ん...朝?...」


    生き物は_


    「……目が覚められましたか?魔王様」


    産み落とされた瞬間から_


    「...おはよう。ファーラン。イザベル」


    平等とは限らない_


    「いい朝だな」


    力のある強き者は上に立ち


    「はい。魔王様。」


    弱い者は下につく


    「エレンでいいってば。長い付き合いじゃないか」


    世の中はそうできている

    _________________
  3. 3 : : 2017/08/26(土) 22:50:08
    1番GET!!
    シャァァァ!!オラァァァ!!

    待ってたぜぇ!
  4. 4 : : 2017/08/26(土) 22:58:18
    ファーラン「……」



    イザベル「え?だってカッコいいじゃん!このセリf」


    バァン!


    ???「魔王様!また決闘の申し込みが...」



    エレン「...え?だってもうその『遊び』辞めたじゃん...」グデェ...



    ???「何故か参加者が次々と...。いつもの事ですが...」



    イザベル「...俺に勝ったら魔王の座を譲る。暇潰しにこんなことを書いたチラシを大陸中に配るから…こうなるんだよ。エレン」



    イザベル「パンドラも大変だねぇ…」



    エレン「やっと名前呼んでくれたな!毎朝だるくない?このやり取り...」ムクリ...



    ファーラン「……で?どうすんだ?てかお前が負けるわけないのにな」



    エレン「とりあえず爆破」グデェ...



    イザベル「死ぬよ?相手が」



    エレン「そーゆーのめんどくさいからパス〜」グデー
  5. 5 : : 2017/08/26(土) 22:59:42
    >>3

    早いですね~日番谷さん!
    いつもありがとうございます!

    エレンチートと魔法系はよく読んでて書きたかったのでかなり緊張してます…


    頑張ります!
  6. 6 : : 2017/08/26(土) 23:07:36
    イザベル「う〜わぁ怠惰」



    ファーラン「まぁ怠惰だからね」



    エレン「第143代魔王、怠惰のエレンでーす」



    イザベル「はいはい。早く行ったら?下がうるさい...」



    ファーラン「イザベルは耳がいいからな。頭の代わりに」



    イザベル「るせー!」



    エレン「めんどくさいけど...行ってきますよ...」トボトボ...



    パンドラ「いってらっしゃませ」



    ガチャ...バタン




    イザベル「...歴代でずば抜けて強い魔王がアレでいいのかね?」ハァ...



    ファーラン「さぁな...イザベル。耳塞げ。」ギュッ


    イザベル「ぅん...」ギュッ



    パンドラ「...はぁ」ギュッ

    _________________
  7. 7 : : 2017/08/26(土) 23:08:14
    パンドラのイメージ図です!↓
    http://pds.exblog.jp/pds/1/200906/13/09/c0165009_1920385.jpg
  8. 8 : : 2017/08/26(土) 23:15:57
    ガチャ



    魔物達「!」


    エレン「うぃ〜っす。魔王ですよ」



    魔物A「来たか!さぁ!やろu」



    エレン「めんどいから全員で来いよ。早く戻って漫画の続き読みたいんだ。死んでも文句言うなよ?」



    魔物B「おーおーお!死んでも文句言うなよぉ!?」グッ



    魔物達「うおぉぉぉぉらぁぁああ !!」グワッ



    ドドドドドド


    エレン「数で言うと...」チラ...



    エレン「...503?500にしろよなぁ...。まぁいいや」スッ...←手を銃の形に


    魔物B「あ?」



    エレン「BAN!!」ニヤ...



    魔物B「はっ!何がバンだ...ん?」


    ズ…ズズズズズ



    魔物A「え、ちょっ!た、たんm」



    ズッッガアアァァァン!!!!
  9. 9 : : 2017/08/26(土) 23:22:38
    _____________

    ズズ...パラパラ....


    イザベル「うっるせぇ...」ギュッ



    ファーラン「...なんか言った?」ギュゥゥ



    イザベル「え?なんて?」ギュッ




    ファーラン「え?なに?」ギュゥ



    パンドラ「...」(似てるなぁ...)



    ガンッ...ガララ...



    ファーラン「...あいつ...」



    ガチャ



    エレン「続き...」トボトボ



    イザベル「え?上がってくるの早......あ」



    ファーラン「まーた床に穴開けたろ?ジャンプ禁止なはずだぞ?」



    エレン「めんどくさい...パース」ボスッ



    ピカー



    イザベル「ん?眩しいな...ハゲ?」



    エレン「やめろw」



    ファーラン「なんでハg」



    ピカーーーン
  10. 10 : : 2017/08/26(土) 23:27:27
    エレン「うおっ?」


    エレン
    ___
    魔法陣



    イザベル「魔法陣?」スッ



    ファーラン「...召喚系のだけど」サワ...



    パンドラ「!!魔王s」バッ



    ズ……ピカン!



    スッ



    エレン「あ、これは...」



    イザベル「巻き込まれた?召喚に?」



    ファーラン「...うん」



    エレン「あ...これ召喚する側じゃないわ」



    エレン「される側だ」スッ



    イザベル「エレン!?消えた!?」



    ファーラン「きっと魔法陣のところ行ったんだろ。俺達は手ぇ繋いどくぞ」ギュッ



    イザベル「お前好きな人に振られたばっかだからって...」



    ファーラン「違うわ!はぐれない為...」スッ



    イザベル「あ」スッ
  11. 11 : : 2017/08/26(土) 23:30:13
    面白いです!!!!

    Cpは、決まってますか?何なんですか?教えてもらって良いですか?w

    とにかく、期待!!!!
  12. 12 : : 2017/08/26(土) 23:32:51
    ーーーーーーーーーーーーーーーーー
    イザベル、ファーランside



    ストン


    ファーラン「着地成功...」ヨット...



    イザベル「……森?」キョロキョロ




    ファーラン「...森」



    イザベル「森か……」



    ギーギー!ザーザーザー...



    イザベル「ジャングルじゃね?」



    ファーラン「...だな」



    ファーラン「...半径150km内にエレンはいないな...とりあえず西に町があるみたいだし。行こう」



    イザベル「...飛んでもいい?」



    ファーラン「俺も飛ばせ」



    イザベル「魔力...あとで飯奢れよ」



    ファーラン「飯ばっかだな...。この世界が魔界かどうかで金が使えるかが変わるからな...」



    イザベル「...帰ったら飯奢れよ!」グッ



    ファーラン「はいはい...」ギュッ



    イザベル「掴まったな?行くぞ〜」




    ドンッ!!



    ーーーーーーーーーーーーーーーー
  13. 13 : : 2017/08/26(土) 23:34:23
    >>11

    特に決めてませんが流れによりますね


    期待ありがとうございます!
  14. 14 : : 2017/08/26(土) 23:43:06
    エレンsideー




    エレン「...ここ...どこ?」



    「!?喋れるの!?」



    エレン「...誰?てかここアレだよね?」



    エレン「大召喚魔術を行う時に使われる『流星の塔』」(ゲームの世界と似てるなぁ...)



    「流星の塔?ここは星降りの塔だよ。それと私はフリーダ。魔術師よ」



    エレン(違かった...)「そ。で、なに?帰っていい?」フアァ...



    「!?おーい!お姉ちゃん!成功...ん?誰?」



    フリーダ「クリスタ...これ戦力になるかな?」



    クリスタ「あ、召喚したの?私に聞かないでよぉ〜」



    フリーダ「魔神戦争での戦力としてわざわざ星降りの塔まで来たんだけどね...」



    エレン「魔神戦争?なにそれ」(面倒臭いことに巻き込まれた感じ?)



    フリーダ「魔神軍と五大種族との戦争だよ、まぁ詳しいことは後で話すから...とりあえず」グッ



    フリーダ『服従の首輪』



    ガチンッ



    エレン「ん?なんだこれ...首輪?」スッ



    フリーダ「これで貴方は私達に従うしかなi」



    ガキンッ!



    エレン「……取れた」プラーン



    フリーダ「」



    クリスタ「」




    ハアアァァァァァァァァァァ!!!?!



  15. 15 : : 2017/08/26(土) 23:49:31
    そうなんですか、じゃあ、個人的にエレクリと何かで期待します。

    作品頑張って下さい。期待してます。
  16. 16 : : 2017/08/26(土) 23:50:05
    >>13
  17. 17 : : 2017/08/26(土) 23:50:29
    パンドラ普通に可愛いじゃねえかよ

    エレン・・・首輪取るなよアハハ
  18. 18 : : 2017/08/26(土) 23:53:52
    ーーーーーーーーーーーーーー


    ファーラン、イザベルside



    ズン...



    イザベル「ふぅ......ここ?ボロッボロで燃えてるよ?」



    ファーラン「……おかしいな...この数分で生命反応が消えた...ん?」



    ガラ...



    ???「……ん?まだ生き残りがいたか...」スッ



    イザベル「!!」



    スタスタ



    イザベル「誰あんた」



    ファーラン「...背ぇ高いね〜」



    ???「...私は魔神直属の魔人14貴族の第1いt...ぁえ?」ブシュッッ...



    ドクドクドク...ドサッゴトン



    イザベル「...話が長い」フゥ...



    ファーラン「知らない人をすぐ殺す癖直せよな...。聞き出せた顔しれなi」



    「おい」



    イザベル「!!」

  19. 19 : : 2017/08/26(土) 23:57:34
    >>15
    頑張ります!

    >>17
    エレン「握ったら取れたんだもん」ハァ...
  20. 20 : : 2017/08/27(日) 00:04:21
    >>19
    握ったら取れたって(゜д゜)ポカーン
    凄いな
  21. 21 : : 2017/08/27(日) 00:04:29




    ???「痛っってええぇぇぇぇなぁ!!!おい!!!!!」ユラァ




    ファーラン「!!首が...落としたよな!イザベル!」




    イザベル「あぁ...コイツ...」グッ



    ???「このブル様をぉぉ!!怒らせたなぁ!」ブン



    ファーラン「!!?!?」バッ


    ズガァァン!!


    イザベル「おいおいお前...こんな強かった?」ズザザザ...




    ブル「ぁ?テメェは弱いなぁ!!避けてばっかかよぉ!!」ブン



    ブチッ



    ブル「ぁげ...?」ブシッ...



    「ギャーギャーうるせぇな...黙れよ」



    ブル「テメェ...は...リヴァイィィ!」ブン



    リヴァイ「おいおいおい、喉引き裂かれてんのになんで喋れんだよ」ヒョイ



    ブル「ブル様舐めてんじゃねぇぇ!!!」ブンブォン



    リヴァイ「……流石のブル様も...」スチャ



    スパン




    リヴァイ「魔人のコアを切られたら死ぬよな?」




    ブル「ぐぅぅおおぉぉぉぉぉ...ぉ……ぉ……...」ズブズブズブ……
  22. 22 : : 2017/08/27(日) 00:05:24
    >>20

    フリーダ「……」ポカーーン


    8秒差ww
  23. 23 : : 2017/08/27(日) 00:15:09
    イザベル「...スゲェ」



    リヴァイ「...おい」スチャ



    ファーラン「!!な、なんで刃を向けるんだ!」



    リヴァイ「さっきの動き、お前らはここの住民じゃないだろ?殺しはしねぇ。ただ王都まで来てもらうぞ」ギロ



    イザベル「……どうする?」ヒソヒソ



    ファーラン「エレンも王都ってところに居るかもしれないだろ、ここにいても無駄だし行こう」ヒソヒソ



    イザベル「なーる」ヒソヒソ



    リヴァイ「...エレン?誰だそいつは」スッ



    ファーラン「...答える前に答えて欲しい。ここは魔界か?」



    リヴァイ「魔界?ソイツは知らんがここに名前なんぞ無いぞ」



    ファーラン「……異世界か」ボソ



    リヴァイ「ぁ?」



    ファーラン「何でもない。行こう」



    リヴァイ「指示すんな。お前が俺についてくるんだよ。行くぞ」クルッ スタスタ



    イザベル「???」スタスタ



    ファーラン(...魔界はどうなってるんだ?とりあえず前魔王ハンネスがいるから大丈夫か?だといいが……)

    ーーーーーーーーーーーーーーーー
  24. 24 : : 2017/08/27(日) 00:22:49
    魔界ー



    バァン


    パンドラ「ハンネス様!」



    ハンネス「うぉっ!?ビックリしたァ...なんだ?」



    パンドラ「エレン様達が消えました!何かの召喚陣でどこかに...」



    ハンネス「召喚されに行ったってか?エレンが?ハハハハハ!!」ケラケラ



    パンドラ「笑い事じゃありません!魔王がいなくなり魔物達が暴れだしたんですよ!代理をハンネス様に頼みたくて...」



    ハンネス「いいけど...わかってるよな?」



    パンドラ「はい。お酒なら倉庫に余るほど...」



    ハンネス「やろう。今行く!」ガタッ



    ガタガタガサゴソ



    パンドラ(わかりやすい……)
  25. 25 : : 2017/08/27(日) 00:28:11
    ーーーーーーーーーーーーー


    草原ー



    イザベル(...兄貴って呼んでいいかな?)



    リヴァイ「...なぁ?答えろ。エレンとは誰だ」スタスタ



    ファーラン「...俺達は何者かに召喚された」



    リヴァイ「!?」



    イザベル「マジで!?あn」



    ファーラン「イザベルは黙っとけ」



    イザベル「」(後で殴ろ)



    ファーラン「まぁお前らから見たら異世界から呼び出されたんだ。召喚されたのは俺達じゃ無いけどなぁ」



    イザベル「……ほうほう」



    ファーラン「...で、その召喚された本人がエレンだ。ソイツは異世界の魔王だ」



    リヴァイ「……お前もアイツらの仲間なのか?」



    ファーラン「え?」
  26. 26 : : 2017/08/27(日) 00:37:48
    リヴァイ「……」ガシッ



    ガッドサッ!



    ファーラン「いった...」



    リヴァイ「答えろ。お前等は魔神側なのか?」スチャ



    ファーラン「魔神?なんだ...それ」



    リヴァイ「.....いや、すまない。忘れてくれ」スッ...




    ファーラン「いてて...」ムクッ



    イザベル「???」



    ファーラン「まぁいい...で、話の続きだが、この世界にも俺たちと似た魔法があるんだろ?」



    リヴァイ「...あぁ」



    ファーラン「...まぁエレンは魔王な訳だ。それも歴代最強。ずば抜けてな。本気出したところは見たことねぇ」



    リヴァイ「.....ほぉ...」



    ファーラン「言っとくけど敵に回したら終わりだぞ。灰も残らねぇ」



    リヴァイ「そんなにか?」




    ファーラン「何度も言ってるだろ。アンタも相当だろうけどなぁ」



    リヴァイ「...そうか。まぁ話は聞けた。お前等は飛べるか?」



    イザベル「兄貴飛べんの!?最初から言ってよ!」



    リヴァイ「...うるせぇ。飛べるようだな。行くぞ」(兄貴...?まぁいい……)



    ファーラン「...イザベル」



    イザベル「疲れるぅ...」ギュッ



    リヴァイ「……」グッ



    ズドン
  27. 27 : : 2017/08/27(日) 00:43:16
    ーーーーーーーーーーーーーーー
    エレンsideー



    エレン「?!急に大声出してどうしたんだよ...」



    フリーダ「う、嘘...す、素手で...」



    クリスタ「ぁわ...わ...」



    エレン「???」



    フリーダ「……ちょ、ちょっと話そう」グイッ



    エレン「お、おう??」スタスタ



    クリスタ「...大丈夫かなぁ...」スタスタ



    フリーダ「...アンタ何者?」



    エレン「……あ、俺?魔王」



    フリーダ「そう……え?」



    エレン「あ、聞こえなかった?俺魔王」



    フリーダ「」




    クリスタ「ぇ?」



    フリーダ「え、魔王?ちょっと待って、召喚される前アンタどこにいたの?」



    エレン「...ベッド?」




    フリーダ「違う、どんな世界にいたの?」



    エレン「...魔界?」



    フリーダ「私に聞かないで、魔界?やばそうな所から魔王が来たの?こんなグダッとしたのが?魔王?魔法ってあった?あったならどんなものを使うの?使えないならどんな感じで戦うの?近接?剣?弓?やっぱり鎌?」アセアセペラペラ



    クリスタ「お、お姉ちゃん!落ち着いて!はい!」つ水



    フリーダ「あ、...うん。ありがとう...」ゴクゴク

  28. 28 : : 2017/08/27(日) 00:46:29
    期待イイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイ
  29. 29 : : 2017/08/27(日) 00:50:06


    エレン(コップどこから...)「ぁ〜っと、魔法はあるぞ、どんなのかって言うと...え〜と...」



    フリーダ「...ふぅ...ゴメンね」


    エレン「魔法は...あ、うん」(ダラケたいけどなんか雰囲気がなぁ...)



    フリーダ「とりあえず王都に行きましょ。王に許可をとったら私達と3ヶ月暮らしてもらうわ。用事が終わったら元いた世界に戻すから……」




    クリスタ「おねーちゃん!その癖直してよ!」



    フリーダ「ご、ごめん...」



    エレン「???」(暮らす?どこで?3ヶ月?長くね?てか漫画続き...)



    フリーダ「終わったら願いを3つ叶えて貰えるらしいから...」



    エレン「やります」キリッ



    フリーダ「ありがとう!!!」



    エレン(最高の寝床を!!)



    クリスタ「...切り替え...」



    エレン「じゃあ王都まで飛んでくか!」



    フリーダ「え?」


    ガシッ


    エレン「歯ぁ食いしばれよ〜」




    クリスタ「ここから王都まで約1200kmだよ?無理だっt」



    ズッドォォン!




    エレン「……ぁ」ゴォォォォ...



    フリーダ「」




    クリスタ「」




    エレン「……気絶してる...」

  30. 30 : : 2017/08/27(日) 00:50:40
    >>28
    ありがとうございますゥゥゥゥゥゥゥ!!!!
  31. 31 : : 2017/08/27(日) 00:54:13
    ーーーーーーーーーーーーーーー

    王都ー


    スタン


    リヴァイ「...着いたぞ。とりあえず王宮に行く。バタバタしてすまんな」スタスタ



    イザベル「づがれ...だ...ファーラン...おぶって……」グデー



    ファーラン「...はぁ...ほら。乗れ」スッ



    イザベル「ぁぃ...」


    ストン


    ファーラン「……お前...おm、、、背が高くなったn」バキィ



    イザベル「私の拳で顔面サンドイッチにするよ?」ゴゴゴ



    ファーラン「...すまん」(痛い……)ズキズキ



    リヴァイ「...」(仲良いんだな)スタスタ

  32. 32 : : 2017/08/27(日) 01:00:08
    ーーーーーーーーーーーーーーーー


    エレン「...ここだよね?」



    フリーダ「...ぅん...」←さっき起きた



    クリスタ「...」←半分気絶



    エレン「よ〜っと...」



    フワァ……スタッ



    エレン「...ふぅ、飛んだら冷えた...」



    クリスタ「...」



    フリーダ「疲れ...た...」ガクッ



    ザ...ゾロゾロゾロ……



    エレン「……草原だぜ?城門まで500mは...」(注目し過ぎたか?)



    警備兵A「おい貴様!何をしている!....!!フリーダ様!クリスタ様!」



    ミケ「どうした!!」



    警備兵A「ミケ様!何故ここに...」



    ミケ「!!!!どうでもいいだろ!全員でヤツを取り押さえろ!」



    警備兵達「はっ!うおおぉぉ!!」ズドドド



    エレン「...フリーダ、説得を...」



    フリーダ「...」←ほぼ気絶



    クリスタ「」←気絶



    エレン「……」
  33. 33 : : 2017/08/27(日) 01:08:39
    エレン「...はぁ」


    スッ



    ウオオォォォォォォ!!!



    エレン「グラビティ」グッ




    ズン!!




    警備兵C「!!体が...」ガクッ



    エレン「話を聞けよ。なぁ?」ズ...



    ミケ「!!!」(なんて威圧...気を抜けば気絶する...)



    エレン「とりあえず王様んとこ連れて行ってくんね?フリーダが話あるって...」



    ミケ「お前が例の……。すまない、取り乱してしまった。ついてきてくれ」クルッ



    ミケ「……」チラッ




    警備兵達「」←気絶



    ミケ「...行こうか」(起きたら来るよね...)



    エレン「話のわかる人で良かったぜ!」スタスタ




  34. 34 : : 2017/08/27(日) 01:18:15
    ーーーーーーーーーーーーーーー

    王宮、リヴァイside


    リヴァイ「着いたぞ...」



    ファーラン「綺麗だな...」



    リヴァイ「行くぞ」スタスタ




    ーーーーーーーーーーーーーーーー


    王宮、エレンsideー



    ミケ「エルヴィン、フリーダと例の召喚されたヤツ。連れてきたぞ」



    エルヴィン「おぉ、早いね。ありがとう」



    エレン「……」ヒョコッ




    エルヴィン「君は...あぁ、例の」



    エレン「...アンタが王様か?お互い王様疲れるよな!」



    ミケ「!!?」



    エルヴィン「...どうゆうことだい?」



    エレン「俺はm」


    バァン



    リヴァイ「エルヴィン。急用...ん?」



    ファーラン「ここが...!!エレン!」バッ



    ズル...ゴチンッ!



    イザベル「いったぁ!あ!エレン!」



    エレン「あ!ファーラン!イザベル!」



    ガシッ



    エレン「んぉ?」クルッ




    リヴァイ「お前が例の魔王様か?」
  35. 35 : : 2017/08/27(日) 01:26:36
    ミケ「魔王を召喚?!」



    エレン「??なんで知って...あ〜ファーランか?」



    リヴァイ「ダメだったか?」



    エレン「別に...てか王にフリーダが話があるって...」



    エルヴィン「いや、大丈夫だ。フリーダからは今聞いた。君の実力については君の友人さんからね」



    ファーラン「.....」(帰りたい...)



    エレン「起きてたの?」



    フリーダ「なんとかね」



    エルヴィン「説明不足だろうけど話はあっちに着いてから聞いてくれ。すまない」



    エレン「おう??」



    ーーーーーーーーーーーーーー

    ???ー


    ミケ「着いたぞ」



    エレン「あ、ここ?」



    ミケ「あぁ。お前にはこれから「訓練兵団」に入ってもらう。3ヶ月兵達と共に過ごし、信頼関係を築いて欲しい。」



    ミケ「皆は君が召喚された魔王というのはまだ知らないだろう。色々と大変だろうけどもよろしく頼む」



    エレン「お、おう……」



    ミケ「どうした?やはり不満が...」



    エレン「ベッドある?ふかふか?」



    ミケ「あっ、うん」



    エレン「ならいい!行こう!」




    イザベル(相変わらずエレンは馴染むの早いんだよなぁ...)



    ファーラン「行ってらっしゃい」



    ミケ「あ……君達もだよ?」



    ファーラン「」



    イザベル「...私たちのベッドもふかふか?」



    ミケ「...うん」(ベッドそんなに重要かい?)



    イザベル「行こう!」キリッ



    ファーラン「...うん」(めんどい...)
  36. 36 : : 2017/08/27(日) 01:34:55
    ベットこそ至高!!
  37. 37 : : 2017/08/27(日) 01:38:08
    ーーーーーーーーーーーー
    時間経過、訓練所内ー


    キース「貴様ら!よく聞け!急だが訓練兵団に3人!新たな仲間が加わることになった!」



    ザワザワザワ


    ジャン「...卒団まで3ヵ月ちょっとだぞ?」



    アルミン「なんでだろうね...」



    キース「静かに!3人!前に出て簡単に自己紹介を!」


    スッ...



    イザベル「人多いな...」ヒソヒソ



    ファーラン「なんで俺まで...」ボソ



    エレン「しょうがないだろ...ふかふかベッドには勝てない」スッ



    ファーラン「そーゆー問題じゃ...」



    ーーーーーーーーーーーーー
  38. 38 : : 2017/08/27(日) 01:41:43
    エレン・・・マイペースだなぁ

    そこがいい所なんだけど
  39. 39 : : 2017/08/27(日) 01:43:36
    ーーーーーーーーーーーーー

    訓練兵sideー


    クリスタ「そっか...似てるんだよね...」



    アニ「...ぇ?」




    ミカサ「...!?」



    アルミン「!!」



    ミカサ「ぁ...?」



    アルミン「エレン...?」


    ________________

    エレンsideー



    エレン「...皆ザワついてるな...そうだ...」ズ...←角



    イザベル「...エレン?!」



    エレン「ちょっとな...」スッ



    ファーラン「あの眼...めんどい事する時の...」


    ーーーーーーーーーーーーーーーー

    訓練兵sideー



    ザワザワザワザワ...!!


    ミカサ「……角?エレン?え?」グッ



    アルミン「エレンが生きて...嘘...だ」



    ジャン「偽モンに決まってるだろ。しっかりしろよ」ボソ



    アルミン「う、うん...!!!角?」


    ーーーーーーーーーーーーーーー
    エレンsideー



    コツコツコツ...






    エレン「皆さん初めまして、俺はエレン·イェーガー」ズズズズ...














    エレン「異世界の魔王だ。よろしく」ニコッ







    続く
  40. 40 : : 2017/08/27(日) 01:45:23
    魔王なのに爽やかに挨拶するんだな(゜д゜)ポカーン
  41. 41 : : 2017/08/27(日) 01:47:08
    >>36
    エレン「ベッド!」


    イザベル「こそ!」


    ファーラン「...言わないよ?」


    エルヴィン「至高!」



    ファーラン「ふぁっ!?」



    >>38
    エレン「他人に合わせるのがめんどいだけだよ~」ケラケラ


    ファーラン(いや少しは俺を気遣え!)



    >>40
    エレン「まぁな!」キリッ
  42. 42 : : 2017/08/27(日) 01:50:16
    エレン「魔王の俺が召喚されたのは異世界でした」


    はこれで終わりです!


    なんか色々と名前だけ出てきたりしてゴチャゴチャですね...


    続きを書く時に色々と説明されますので!


    ではでは読んでくださった皆さん!ありがとうございました!


    また次回!(乂'ω')
  43. 43 : : 2017/08/27(日) 01:57:39
    あ、次回の安価です。夜遅いので...
    とりあえず朝の7時までで


    エレン「魔王の俺が召喚されたのは異世界でした」1章



    エレン「変な天使と」リヴァイ「堕ちた天使」



    エレン「お姫様系夫と?」女子「王子系妻!」キリッ




    ペトラ「人類最強の?」リヴァイ「れ、恋愛事情...」



    アルミン「進撃キャラに安価で性転換の薬を飲ませる」キリッ



    誰でもどうぞー
  44. 44 : : 2017/08/27(日) 02:14:08
    これの続きが見たくて未だに起きている俺氏…(´・ω・`) 期待です!(一応夜中の2時だよね?作者さんは日にち跨いでまで書いてくれている…マジ神!)
  45. 45 : : 2017/08/27(日) 02:53:28
    お姫様系夫と王子系妻!
  46. 46 : : 2017/08/27(日) 03:51:58
    「魔王の俺が召喚されたのは異世界でした」一章
  47. 47 : : 2017/08/27(日) 05:00:50
    エレン「魔王の俺が召喚されたのは異世界でした」1章
  48. 48 : : 2017/08/27(日) 05:01:41
    面白かったです
    期待してます(`✧∀✧´)
  49. 49 : : 2017/08/27(日) 07:02:15
    魔王召喚
  50. 50 : : 2017/08/27(日) 08:23:26
    ども!皆さんおはようございます!
    え〜と今日は魔王召喚ですね!
    頑張ります!
  51. 51 : : 2017/08/27(日) 08:43:17
    がんばってください!
  52. 52 : : 2017/08/27(日) 08:51:28
    おもしろかったです
    期待
  53. 53 : : 2017/08/27(日) 09:54:12
    天使がいいです。
    お願いしまーす。
  54. 54 : : 2017/08/27(日) 23:06:37

    エレン「魔王の俺が召喚されたのは異世界でした」1章
    がいいです
  55. 55 : : 2017/09/08(金) 20:54:57
    誰か続きのリンク貼ってください
  56. 56 : : 2017/09/08(金) 21:07:41
    >>55
    すいません!貼ってなかったですね

    1章です!↓

    http://www.ssnote.net/archives/55517
  57. 57 : : 2017/09/09(土) 07:29:17
    有難うございます

▲一番上へ

名前
#

名前は最大20文字までで、記号は([]_+-)が使えます。また、トリップを使用することができます。詳しくはガイドをご確認ください。
トリップを付けておくと、あなたの書き込みのみ表示などのオプションが有効になります。
執筆者の方は、偽防止のためにトリップを付けておくことを強くおすすめします。

本文

2000文字以内で投稿できます。

0

投稿時に確認ウィンドウを表示する

著者情報
re1990

NO NAME

@re1990

この作品はシリーズ作品です

エレン「魔王の俺が召喚されたのは異世界でした」 シリーズ

「進撃の巨人」カテゴリの人気記事
「進撃の巨人」カテゴリの最新記事
「進撃の巨人」SSの交流広場
進撃の巨人 交流広場