ssnote

x

新規登録する

作品にスターを付けるにはユーザー登録が必要です! 今ならすぐに登録可能!

この作品は執筆を終了しています。

クリスタ「変な天使は転校生?」

    • Good
    • 5

loupe をクリックすると、その人の書き込みとそれに関連した書き込みだけが表示されます。

▼一番下へ

表示を元に戻す

  1. 1 : : 2017/08/20(日) 10:31:42
    はい!ども!おはようございます!NONAMEです!

    何故かシリーズの方の完結させるのに緊張してます。

    エレン「空から変な天使が降ってきた」現パロ
    の続きです!

    一気に登場人物増えますよ!キャラが濃いです!とても!


    注意事項(乂'ω')

    キャラ崩壊注意

    恋愛要素は極たまにです

    誤字脱字あるかも?

    現パロ

    無理な方はブラウザバック!

    では書きます!(乂'ω')

    ちなみに一番好きな顔文字は(乂'ω')←これですよ
  2. 2 : : 2017/08/20(日) 10:32:39
    あ、前回の貼っときますね↓
    http://www.ssnote.net/archives/55294
  3. 3 : : 2017/08/20(日) 10:45:02
    エレン「・・・え?」



    クリスタ「だ〜か〜ら!学校に通ってみたい!」バン



    エレン「だめだ」バッサリ



    クリスタ「なんで!」バンバンバンバンバンバン



    エレン「机を叩くな!うるさい!」



    クリスタ「辞めて欲しければ学校に行かせて!」バンバンバンバンバンバンバンバン



    エレン「ダメだ」



    クリスタ「むぅ〜!」バンバンバンバンバンバン



    エレン「・・・うるさ...」




    クリスタ(そろそろ手が痛い...)バンバンバンバンバンバン



    アニ「うるさいんだけど・・・」



    クリスタ「アニ!アニも学校行きたいよね!」バンバンバンバンバンバン



    アニ「学校...」(マンガで読んだ所か)



    クリスタ「ねぇ!」バンバンバンバンバンバン



    アニ「学校・・・エレンと・・・登校...」



    クリスタ「手...痛い...」バンバン...



    ミカサ「私も行きたい」ヒョコッ



    アニ「うっひゃぁぁ!」ビクッ



    エレン「お前どこから出てきてんだよ」ハァ



    ミカサ「最近エレンは驚かない。少し寂しい」シュン



    クリスタ「手ぇ・・・」ジンジン



    エレン「とりあえず校長に頼んでみるか」



    ミカサ「!!」パァァ!



    アニ「エレンと学校...///」



    クリスタ「ヤッターーーー!!!」ピョンピョン



    エレン「てかご飯中だろ。ミカサ、席戻れ」



    ミカサ「御意」
  4. 4 : : 2017/08/20(日) 10:50:49
    翌日ー

    エレン「てりあえず頼んでみるから!今日は大人しくしてろよ!」ガチャ



    エレン「んじゃ行ってきます」



    クリスタ「行ってきます!!」フリフリ


    ガシッ


    クリスタ「ん?」



    エレン「お前は留守番だ」グイッ



    クリスタ「おっとっと!やだ!行く!行くの!学校!!」バタバタ



    エレン「明日から行けるから。少し大人しくしてろ。な?」



    クリスタ「・・・わかった」



    エレン(よしっ!)



    クリスタ「でも今夜はホットケーキね!」



    アニ「私はパスタ」



    ミカサ「私は寿司で」



    エレン「地味にお前ら2人増やすなよ。わかったから。んじゃ行ってきます!」バタン



    ミカサ「・・・」ニヤ
  5. 5 : : 2017/08/20(日) 10:53:55
    ミカサ(今のうちにエレンの部屋に・・・グヘヘ」



    アニ「声に出てるよ。真顔でそのセリフって...」ハァ...



    クリスタ「お菓子!」バタバタ



    ミカサ「アニも行く?」



    アニ「行く」キリッ



    ミカサ「同士よ!いざ宝の山へ!」シュバッ



    クリスタ「ケーキがない!」ガーン
  6. 6 : : 2017/08/20(日) 11:00:01
    アニ「隊長!目標を発見!」



    ミカサ「よくやったアニ少尉!慎重に近ずこう!」ソロリソロリ



    アニ「・・・」ソロリソロリ



    エレンの部屋「」



    ミカサ「よし...いくぞ!」



    アニ「いやそこで大声出したらそっと近ずいた意味無いよね?」



    ミカサ「小さいことは気にしない!さぁ!」



    ガチャ



    アニ「・・・」(エレンの匂い//)


    ミカサ「では早速・・・」



    タンス)ガサゴソ



    アニ「!!わ、私も!」



    ミカサ「ほぉ・・・これは...」


    つエレンの手袋



    ミカサ「・・・いい!」キリッ



    アニ「また変なのを...」つエレンのシャツ
  7. 7 : : 2017/08/20(日) 11:14:12
    時間経過・・・

    ミカサ「ふぅ...とりあえず持って帰るのは決めた...」つ袋



    アニ「・・・」つ袋


    ガサゴソガサゴソ

    ーーーーーーーーーー
    玄関ー

    エレン「ただいま〜」

    ーーーーーーーーーー

    アニミカ「!!!!?!?」



    クリスタ「おかえり〜!!!」バッ


    ダキッ


    エレン「はいはい、ただいま。とりあえず部屋戻るから」ガタ



    アニミカ「」クルッ


    グチャグチャ


    アニミカ「」タラタラタラ



    エレン「ふぃ〜つかれた」ガチャ





    アニミカ「うわぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!!!!」バッ



    エレン「」ビクッ




    エレン「アニ...ミカサ?なんで俺の部屋に...」



    アニ「あ...」(終わった...)



    ミカサ「...」スッ…



    アニ「ミカサ!?」




    ミカサ「エレン、部屋を片付けようとしたら失敗してしまった。ごめんなさい」



    アニ「!!」(なるほど!これなら)



    エレン「そっか!ありがとな!次から気をつk」




    クリスタ「アニ!ミカサ!エレンのパンツの回収おわったの?」ガチャ




    アニ「」




    ミカサ「」




    エレン「」
  8. 8 : : 2017/08/20(日) 11:19:10
    エレン「アニ、ミカサ...ちょっとお話しようか?ん?」ゴゴゴゴ



    アニ「はい...」(目が怖い・・・)



    ミカサ「はい」(怒ってるエレンもカッコイイ!!)ハァハァ



    エレン「ミカサ、お前大丈夫?」



    ミカサ「怒るつもりが心配なんて...さすがエレン」(怒るつもりが心配なんて...さすがエレン)




    アニ「ミカサ...」




    エレン「ミカサ。おわったら少し残ってな?」ゴォォォォォ



    ミカサ「了解」(エレンと2人きり////)



    クリスタ「アニ達に無視された...」
  9. 9 : : 2017/08/20(日) 11:20:14
    すいません、用事があるので少し落ちます

    また後で(乂'ω')シュバッ!
  10. 10 : : 2017/08/20(日) 12:40:16
    神様出てこない?
  11. 11 : : 2017/08/20(日) 17:35:19
    期待です!

    そして神様の想像図を!
  12. 12 : : 2017/08/21(月) 08:46:27
    >>10>>11
    コメありがとうございます!

    神の容姿はこんなかんじです
    https://touch.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=50283460


    神様の登場頻度あげますかww
  13. 13 : : 2017/08/21(月) 09:07:34
    ー説教後ー


    アニ「・・・」



    ミカサ「・・・」



    クリスタ「2時間も説教て...」



    エレン「これぐらいしないとまたやるだろ」ハァ



    クリスタ「あ!それで学校どうなったの?」キラキラ



    エレン「あぁ、OKだってさ。校長がいい人で助かったよ」



    クリスタ「ヤターーー!!!」パァァ!



    エレン「制服も届いてるぞ」


    制服のイメージはこんな感じで↓(1)
    http://lohas.nicoseiga.jp/thumb/4538999i?


    クリスタ「ふおぉぉぉぉ!!!」キラキラ



    アニ「・・・ハッ!」



    ミカサ「・・・エレンに...嫌われ...」



    エレン「おい!おーきーろー!」ポンポン




    ミカサ「ハゥっ...////」



    アニ(羨ましい...」ボソッ




    エレン「そうか?じゃあ」ポンポン



    アニ「!!?!! /////」ボシュ...



    クリスタ「あ、パスタ買ってきた?」



    エレン「あ...。今買ってくるよ」バタバタ



    クリスタ「一緒に行く!」ダキッ



    エレン「はいはい。準備しろ」ガサガサ



    ミカサ「...////」



    アニ「」/////



    エレン「行ってきます!」ガチャ


    バタン


    アニ「・・・はっ!エレン!?」



    シーーーン



    アニ「」

  14. 14 : : 2017/08/21(月) 09:17:50
    ー天界ー

    神「んー...ムニャ...うまうま...」...zzZ



    バァァン!!!←扉



    神「ふぁっ!」ガバ!



    「神様!クリスタは何処に!」クワッ



    「マイエンジェルを何処に!」クワッ




    神「...ユミル...フリーダ...」




    ユミル「マイ!エンジェッッッル!!!」クワッ!!



    神「うるさいぞ!眠いんだから後にしてくれい!」



    フリーダ「いや仕事やってくださいよ。あとクリスタどこに行ったか教えて下さい」



    神「ぇ、やだ」



    フリーダ「どこにクリスタが行ったか教えてくれれば代わりに仕事しますよ!」



    神「人間界の日本ってところです。エレン・イェーガーの家に住んでます」キリッ



    フリーダ「了解。ユミル、行こう」クルッ



    ユミル「はいよ!クリスタ!今行くぞっ!」クワッ



    神「おい!仕事やれy」



    フリーダ「はて?なんのことですか?」



    神「いや!しg」


    フリーダ「ん?」


    神「s」



    フリーダ「ん?」ニゴッ



    神「」



    フリーダ「どうかしました?」ニゴゴゴゴゴ



    神「行ってらっしゃい!」キリッ



    フリーダ「は〜い♡」



    神「...寝よ」




    .....zzzzz
  15. 15 : : 2017/08/21(月) 09:25:53
    フリーダ「さぁいざゆかん!」バッ


    ヒュゥゥゥ



    ユミル「いよっ」バッ



    ヒュゥゥゥ




    フリーダ「・・・そういえばクリスタもこうやって落としたのかな...?こんど問い詰めよう...」


    ーーーーーーーーーー


    神「ムニャ...んっ!!!?!!」ゾクッ


    ーーーーーーーーーー




    フリーダ「...さて、そろそろ地上に...ユミル!」



    ユミル「着地!」タンッ



    フリーダ「ほっ」タンッ



    フリーダ「さて...クリスタを探そう!」




    ユミル「ン!?クリスタの気配!」クワッ





    クリスタ「でね〜〜」




    ユミル「はっけn」



    エレン「ははっ!アニもドジなとこあるんだな」ケラケラ



    フリユミ「ふぁっ!!!?」



  16. 16 : : 2017/08/21(月) 09:30:41
    クリスタ「ん?フリーダお姉ちゃん?」クルッ


    サッ!


    シーン



    エレン「どうかしたか?」



    クリスタ「...なんでもないよ!でね!」



    ペチャクチャ




    フリーダ(久々のお姉ちゃん発言いただきました!)グッ




    ユミル(気づかれなかった...)ズーン
  17. 17 : : 2017/08/21(月) 09:36:36
    あ、神様のURL先消されてますな。
    数分の間に何が...
    ほかの貼っときますね!
    https://station-test.s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/uploads/user_matome/image/496/きんぱつ.png
  18. 18 : : 2017/08/21(月) 09:39:24
    んぬっ!?貼れてない!もう一度!
    https://cdn.img-conv.gamerch.com/img.gamerch.com/fate-go/1459251896002.jpg

    結局子ギルがイメージに近かった
  19. 19 : : 2017/08/21(月) 10:47:16
    広いスーパーー


    エレン「んーと、お!醤油が安いな...」ガサ



    クリスタ(...暇だ...)ポケー



    エレン「...んー」


    _______
    お菓子コーナー│



    クリスタ「!!お菓子!」トテトテ



    エレン「お!鶏もも肉も安いな...なぁ、クリスタ...ん?」



    シーーーン




    エレン「」




    ーーーーーーーーーー


    クリスタ「ふおぉぉ!ん!フエラムネだと!」



    壁)フリユミ(かわゆい...)



    フリーダ「今なら話しかけていいんじゃ」コソコソ



    ユミル「そうだね、私が行こう」コソコソ



    フリーダ「行ってらっしゃい!」コソコソ




    クリスタ「あとでエレンに買ってもらおう!おお!これも...ん?」



    ユミル「クリスタ!」ダキ



    クリスタ「!!ユミル!?」



    ユミル(ふふ...かんどうのさいかi)




    アナウンス「えー、迷子のお知らせです、クリスタ·レンズちゃん、クリスタ·レンズちゃん、保護者様が迷子センターでお待ちです。繰り返します...」



    ユミル「」



    クリスタ「迷子?私が?エレンが迷子なんだよ!」プンプン


    ユミル「なぁ、クリスタ。エレンってお前の住んでる家の人だよな。変なことされてないか?大丈夫か?」アセアセ



    クリスタ「ん?エレン?エレンは優しいよ!ご飯も美味しいし!そ、それに...//」



    ユミル「そ、それに?」



    クリスタ「け、契約も...////」



    ユミル「」






    「ウオオオオオオォォォォアアァァァァァァァ!!!!!!!!!!」




    彼女のその叫びは大宇宙までとどいた


    ーーーーーーーーーーー

    ぉおぉぉぉおおおおお!!!!!!!


    神「うぉぉぉぉぉぉ!!!?!」ガバァ!



    神「...あ、ユミル達にクリスタ達が契約結び終わったの言い忘れてた」テヘッ☆


    ーーーーーーーーーーー


    クリスタ「ゆ、ユミル...うるさい...」



    ユミル「おぉ...!!す、すまない!嫌わないでくれ!」オロオロ



    クリスタ「わかった、分かったよ」ナデナデ



    壁)フリーダ「ユミル羨ましい...」



    ユミル(...エレン...殺す...)ゴゴゴゴ



    クリスタ(ユミルが怖い...)
  20. 20 : : 2017/08/21(月) 10:54:05
    エレン「あ。クリスタ」



    クリスタ「エレン!迷子になっちゃダメじゃん!」プンプン



    エレン「いやお前だよ。迷子は」




    ユミル「...コロス」ボソッ



    エレン「ん?そこの女の人だr」



    ユミル「ふっ!」ブン!



    エレン「んぉっ!?」ヨケッ



    ガシッドサ...



    ユミル「痛...!」




    エレン「ぁっ、すいません」パッ



    クリスタ「ユミル...?」ゴゴゴゴ



    ユミル「いっ...く、クリスタ...」ゾクッ



    クリスタ「お話しよっか?」ニゴッ



    ユミル「」



    エレン(朝の俺と似てる...)



    壁)フリーダ(出るタイミング失った...)
  21. 21 : : 2017/08/21(月) 11:07:29
    クリスタ「とは言っても...来てるんでしょ?フリーダお姉ちゃん?」



    壁)フリーダ(きた!)「...バレてた?」テヘッ



    クリスタ「バレバレだよ?てか半分ストーカーじゃん!お姉ちゃんなんだからもっと堂々としててよ!」



    フリーダ「」ザクッ!ザクザクッ!!



    ユミル「フリーダが死んだ!」



    フリーダ「クリ...スタ...」ドクドクガク...



    クリスタ「はい!着いてくる!エレン家にお世話になるんでしょ!」



    エレン「勝手に決めんな!てかお前いつもと違うな!」



    フリーダ「行く!」ガバァ



    ユミル「仕方がない...クリスタの頼みだ...」



    クリスタ「別に頼んでないよ?嫌なら別に...」



    ユミル「行きます」キリッ




    エレン「...帰ろ」スタスタ



  22. 22 : : 2017/08/21(月) 11:08:32
    亀更新で申し訳ない...ネタが思いつかない...

    ちょっと風呂入ってくるので落ちます(乂'ω')


    より良くするため努力しまする!(乂'ω')(乂'ω')
  23. 25 : : 2017/08/21(月) 11:32:29
    んー、荒らしかな?とりあえず非表示にしときますね!
    あと嫌がる人多いから辞めといた方がいいですよ!
  24. 26 : : 2017/08/21(月) 11:34:51
    非表示ヨロ(`・ω・´)スク!&期待だぜ!
  25. 27 : : 2017/08/21(月) 11:42:27
    フリーダ「ふぇ〜〜!デカっ!広っ!綺麗!」キラキラ



    ユミル「大したもんだな」ハヘー



    クリスタ「だろ!」ドヤ



    エレン(結局ついてきてるし・・・)



    エレン「ていうか姉妹なんですよね?俺ん家見た時の発言がほぼ同じでビックリですよ」ハハ...



    フリーダ「嘘!同じ?!嬉しい!!」パァァ




    エレン(そしてシスコン...)



    ユミル(...契約したのは仕方が無くて無理矢理じゃないのか...。クリスタが幸せそうだからいいか...)


    (案外ユミルは優しいです)


    クリスタ「さ!どぞどぞ!」ガチャ


    エレン「俺ん家きてまだ4日なのにもう慣れたな。あ、フリーダさん、迷子にならないように気をつけてくださいよ!クリスタは当日すぐに迷子になったんで」



    フリーダ「クリスタ...ドジっ子と言うか...でもそこがいい!」キリッ



    クリスタ「??早く入ろ!ホットケーキ早く食べたい!」



    エレン「そうだな。後でもう1回買い出し行ってくるよ。歓迎パーティだな。今夜は」スタスタ



    フリーダ「優しいのね。お邪魔します」スタスタ



    クリスタ「エレンは優しいんだよ!」ドヤ スタスタ



    ユミル(空気...)「お邪魔します...」スタスタ
  26. 28 : : 2017/08/21(月) 11:43:06
    >>26 カイトさん!期待ありがとうです!
  27. 29 : : 2017/08/21(月) 11:43:32
    クリスタさんは相変わらずですねー(いいぞもっとやれの意)
  28. 30 : : 2017/08/21(月) 11:45:16
    >>29通りすがりのトルトさんコメありがとうございます!

    クリスタ「ふふ...任せなさい!」(何をかわかんないけどね!!)
  29. 31 : : 2017/08/21(月) 11:56:03
    冬獅郎「姉妹揃って、同じ様な性格か・・・エレン、疲れないように使用人として俺が出てやろうか?そうすれば、負担が減るだろう」
    ↑フリです
  30. 32 : : 2017/08/21(月) 11:57:42
    フリーダ「凄いわね〜。お掃除大変じゃないですか?」



    エレン「あぁ、知り合いがやってくれるんですよ。あとタメ口で大丈夫ですよ」


    フリーダ「はいはい」(なんか弟みたい...)フフッ...



    エレン「そういえばクリスタのお姉さんってことは...フリーダさんは...」



    フリーダ「タメ口でいいわよ。あぁ私も天使よ。あとユミルもね」ツバサバサッ



    ユミル「」



    エレン「へー、やっぱり」



    ユミル「フリーダ!!!なに暴露してんの!人間の男に(以下略)」



    エレン「あ...//」



    フリーダ「あ...契約?なら」スッ…


    グイッ


    エレン「!!」



    チュッ



    フリーダ「ふぅ...」スッ



    エレン「っ////」カアァ...///



    クリスタ「ぁ...お姉ちゃん!!」バッ



    フリーダ「なに?クリスタ?」



    クリスタ「エレンは渡さないよ!」ビシッ



    フリーダ「!!」



    ユミル「!!?」




    エレン「???そーいえば契約って絶対なんですか?」



    フリーダ「ええ。ユミルはもう結んでるけどね」




    エレン「へー!誰と?」




    ユミル「さぁな。あ、着いたぞ」




    クリスタ「たっだいまー!」ガチャ




    アニ「おかえ...!!ユミル!!」バッ



    ユミル「...アニ」スッ…



    エレン「!!な、何事?!」バッ



    フリーダ「あぁ...実は...まぁ見てればわかるよ」(なんで構えたんだろ...)



  31. 33 : : 2017/08/21(月) 11:58:46
    >>31 なるほど!使用人ですか!良いですね...

    あ、いつもお疲れ様です!
  32. 34 : : 2017/08/21(月) 12:06:52
    アニ「気は変わったかい?ユミル...」



    ユミル「いんや...その様子じゃぁあんたも変わってないね...」



    エレン「??」



    アニ「たい焼きは顔からに決まってる!」クワッ



    ユミル「いや尻尾からだ!」



    エレン「...は?」



    アニユミ「ぬ〜!」バチバチ



    フリーダ「2人はね...たい焼きの食べ方で喧嘩してね...これだけは譲れないって言ってさ...。ずっとこんな調子なんだよね...」ハァ



    エレン「...いや、割って食うだろ」キョトン



    アニ「なん...」




    ユミル「だと...?!」



    エレン「え?」



    フリーダ「なるほど...それなら2人も納得するね...」



    アニ「なるほどね...。ユミル、一旦休戦としようか」



    ユミル「そうだね」



    クリスタ「・・・なんかたい焼き食べたくなってきちゃった」



    エレン「置いてあるから食ってこい」ハァ...



    クリスタ「さすが!」シュバッ
  33. 35 : : 2017/08/21(月) 12:08:51
    あ、なんかタイトルに転校生って書いたのに学校まで長くなりそ...

    たぶん60位までかかるかもです...

    フリーダ達はもう少し後にすればよかったかな?まぁいいや
  34. 36 : : 2017/08/21(月) 12:09:36
    うーむ…使用人か…掃除担当→リヴァイだから(進撃キャラで)出来るとしたらファーラン、イザベル辺りかな(あ、俺は普通に使ってもらってもいいんで!)
    そして姉は積極的だね~
    そしてたい焼きはエレンと同じで割って食べる派だ!
  35. 37 : : 2017/08/21(月) 12:16:22
    エレン「...さて、準備できたことだし...」


    クリスタ「歓迎パーティ始めましょう!」



    エレン「えっと、2人ともここに住むんだろ?これからよろしくな!」



    フリーダ「よろしくね!」



    ユミル「あいよ」


    クリスタ「それじゃあいただきます!」シュバッ



    パクパクモグモグ




    エレン「...喉つまらせんなy」



    クリスタ「んぐっ!え、エレン!」



    エレン「・・・」つ水スッ…



    クリスタ「ん!・・・ぷはぁ!さっすがエレン!準備がいいね!」



    エレン「いつもの事だからな」ハァ...



    ミカサ「エレン、そう言いながらもパンくずが付いてる。」ヒョイパク



    エレン「ミカサ...お前はおれの母親かよ...」



    ミカサ「エレンの嫁」キリッ



    アニ「!」ガタッ



    クリスタ「」ビクッ



    ユミル「」ビクッ



    クリスタ「ん!いまのでまだづまっ」



    エレン「」スッ…



    クリスタ「ぷはっ!さっすが(以下略)」



    エレン「・・・騒がしくなりそうだな」
  36. 38 : : 2017/08/21(月) 12:18:41
    >>36 申し訳ない...。ファーランイザベルの出てくる小説?を読んでないからわからないんです(泣)

    意見をくれたのにすいませんm(_ _)m

    ちなみに自分は背ビレから食べます。周りに驚かれます。はい
  37. 39 : : 2017/08/21(月) 12:21:13
    あの、すいません。わかる方に質問したいんですが、スターってなんですかね?

    進撃の巨人のSS読もうと思ったらなんかランキング?に入ってたので気になったんですが...
  38. 40 : : 2017/08/21(月) 12:26:36
    謝らなくていいですよー、その代わり楽しみにしてるんで!
    あとスターの数=最近お気に入りに登録された数だと思います。
  39. 41 : : 2017/08/21(月) 12:33:32
    エレクリフリ「ごちそうさまでした!」プハー



    ミカサ「ご馳走様」



    ユミアニ「・・・ご馳走様でした」



    クリスタ「どうしたの!2人とも!テンション低いね!」



    フリーダ「もっと元気出して!ほらほら!」



    エレン(最初のお姉さんイメージ完璧に崩れたな...。クリスタが分身したみたいだ)



    アニ「だって・・・」



    回想ー



    クリスタ「んぐ!つま(以下略)」



    エレン「何回目だよ」スッ…



    クリスタ「ぷは(以下略)」


    フリーダ「ん!美味しい!ユミル!アニ!ミカサ!ほら!美味しいよ!」



    ユミル「もうお腹いっぱいだ...」グテー



    アニ「...もう大丈夫です」



    ミカサ「お腹いっぱいです...。あ、エレン、またパンく(以下略)」ヒョイパク


    エレン「ミーカーサ!大丈夫だから!」



    ミカサ「エレンはまだまだ子供。私がいないと早死する」



    エレン「子供じゃねぇ!」



    クリスタ「美味しい!お姉ちゃん!これも美味しいよ!」パクパク



    フリーダ「ん?どれどれ...ん!美味しい!」モグモグ


    ユミアニ(うるさい...)


    回想終了ー


    ユミアニ(アレだけ騒いきゃね)



    フリーダ「ほらほら!元気元気!」



    クリスタ「いえーい!」



    ユミアニ(なんで疲れないんだろ・・・)ハァ



    エレン(わかるぞ。その気持ち)



    ユミアニ(こいつ直接脳内に!!)
  40. 42 : : 2017/08/21(月) 12:35:42
    >>40 や、優しすぎる...!
    教えてくれてありがとうございます!

    お気に入りにしてくれてる人いるんですね..。ニヤけてしまうなんて言えない・・・

    ( ゚д゚)ハッ!
  41. 43 : : 2017/08/21(月) 12:47:24
    ユミル「あ、荷物届いたぞ」



    フリーダ「さすが神様。気が利きますね」

    ーーーーーーーー

    神「だろ!いつもの事だけどね!」ドヤァァン!

    ーーーーーーーー


    フリーダ「今回だけは」


    ーーーーーーーー


    神「」


    ーーーーーーーー



    ユミル「まぁどこに置くかだな」



    エレン「あぁ、部屋決めてるよ」



    ユミル「あぁ、気が利くな!」



    ──────────

    ユミル部屋ー

    ユミル「予想はしてたが...広いな」


    (広さはご想像にお任せします。ベット、冷蔵庫、タンスが付いてます)


    エレン「好きに使ってくれ。多分ここにいる限り使うだろうしな。」



    ユミル「ここも例の人が掃除してくれてんのか?」



    エレン「あぁまぁ」


    回想ー


    例の人「ちっ...相変わらずくずホコリがたまるな...」

    シュバッ


    例の人「・・・やるか」


    回想終了ー


    エレン「・・・まぁな」



    ユミル「ふーん。ま、とりあえず寝るわ。おやすみ。」



    エレン「あぁ、おやすみ。俺はフリーダを部屋に案内してから寝るわ。んじゃ」ガチャバタン
  42. 44 : : 2017/08/21(月) 12:48:17
    すいません。ご飯食べに行くので一旦落ちます。多分1時半〜2時までに戻ってきます。

    では(乂'ω')
  43. 45 : : 2017/08/21(月) 12:51:33
    更新早いですね(`・ω・´)

    期待です!
  44. 46 : : 2017/08/21(月) 13:10:55
    \( 'ω')/ウオオオオオオアアアアアアアアアアアアアーーーーーッッッッ!!!!!

    外食先で書きます!多分書けないけど!
  45. 47 : : 2017/08/21(月) 13:34:00
    頑張れNO NAMEさん!

    小6の俺でも出来るんですから!

    期待です!
  46. 48 : : 2017/08/21(月) 13:49:57
    フリーダ「わぁ・・・広い・・・」



    エレン「みんな感想同じだな。ま、好きに使ってくださいな。んじゃ、おやすみ」


    フリーダ「はいおやすみ。」


    バタン


    ーーーーー

    神「...zzzz」


    ーーーーー
    朝ー


    ウワァァァァ!



    フリーダ「にゃ・・・ん?」ムク...



    エレン「寝坊したァァァ!」バァァン!



    アニ「ほら!早く準備しな!」バタバタ



    ミカサ「エレンは私がいないと早死する」



    エレン「関係ないし何の事だよ!」バタバタ



    クリスタ「朝ごはん!」バンバン



    エレン「なんでいつもみたいに食っとかないんだよ!てかはよ着替えて準備しろ!」



    クリスタ「知らないの?女の子は返信すれば早着替えできるんだよ!」



    エレン「それマンガの中だけの話な!はよ着替えろ!子供か!」



    クリスタ「え、だってこれはムグァ!?」



    エレン「言わせないよ?」ニゴッ



    クリスタ「...はい。着替えてきます」スタスタ



    エレン「あぁー!ち!こ!く!」キガエキガエ



    壁)ミカサ(エレンの裸...////)



    壁)アニ(・・・////)



    壁)フリーダ(ふむ...いいね)
  47. 49 : : 2017/08/21(月) 13:51:27
    >>47 うお!?パルクールさんが小6!意外です!

    まぁ自分も中二と変わりませんけどね


    結局少し書いただけで投稿できなかった...すいませぬ
  48. 50 : : 2017/08/21(月) 14:01:47
    時間経過ー

    エレン「ごちそうさま!よし!手洗い行ったら準備完了!ちょっと待ってろよ!」



    フリーダ「はいはーい」フリフリ



    アニ「・・・なんで制服持ってんの?」



    ユミル「神様が送ってくれた。ほら」



    ミカサ「手紙?」ガサガサスッ…

    ーーーーーーーーーー

    ユミル、フリーダへ

    クリスタ達学校行くらしいから制服送っとくね!
    褒めてもいいよ?
    あ、あとクリスタ達は契約し終わってるからね!
    いい遅れてスマソ テヘッ☆

    んじゃがんばってちょ!★

    神より★
    ーーーーーーーーーーーー


    ミカサ「...」



    アニ「・・・適当だね。」



    フリーダ「どうよ!似合う!?」クルッ



    クリスタ「似合ってるよ!ねぇ!私は?!似合う?」



    ユミフリ「かわゆい...。もう神々しくも感じる...」



    クリスタ「えへへ〜///」



    エレン「さ!いくぞ!フリーダ達も昨日校長に電話しといたからさ!」


    アニ「はいはい。」(エレンと登校...ふふ///)スタスタ



    ミカサ「エレン。手を繋ごう」ギュ



    クリスタ「ん!私も!」ギュ



    フリーダ「仲いいわね。」ホンワカ



    ユミル「むしろ少しうるさいくらいだ...」ハァ...



    エレン「手ぇ繋いでる場合じゃないだろ!てかフリーダホンワカするなよ!」
  49. 51 : : 2017/08/21(月) 14:04:26
    あ、気づいたら50行ってますね。
    今まで30くらいで終わってたのに...
    コメント増えたからですかね?そうだと嬉しいです!
  50. 52 : : 2017/08/21(月) 14:17:18
    時間経過ー


    エレン「つ、着いた...」ゼェ...ゼェ...



    アニ「ここが...」



    クリスタ「ウワサの...」



    ミカサ「...学校」



    エレン「ウワサじゃねぇよ。ほら行くぞ」



    フリーダ「フンフーンフーン♪」



    ユミル「い、いくぞ」(ヤッベ緊張してきた)



    クリスタ「あ、待って!」




    教室ー



    ザワザワザワ



    キース(先生)「静かにせい!今日は転校生が来るとのことで集会がある!全員移動しろ!私は先に行ってるぞ!」


    (この学校はマジ自由です。常識はありますが色々やばい人多いです)


    ガタッガタガタゾロゾロゾロゾロ



    ジャン「黒髪美少女が転校してこないかなぁ・・・」ハァ...



    ライナー「同じく金髪の身長低めの美少女来ないかなぁ〜」ハァ...



    ベルトルト「ライナーが言うとなんか犯罪感半端ないね。僕は金髪美女かな。少女じゃなくて」



    コニー「何の話してんだ?」ヒョコッ



    アルミン「コニーには分からないだろうね...」ハハ...(ライナーと同じなんて言えない...)





  51. 53 : : 2017/08/21(月) 14:26:23
    体育館ー

    アルミン「エレン!遅かったね。大丈夫?息切れすごいけど...」



    エレン「あぁ...ちょっと走ってきたからな...。アイツらが...ホントに...」ゼェ...ゼェ...



    アルミン「アイツら・・・?」




    エルヴィン「えー、あー、おはよう。生徒諸君。もう聞いてる人もいるだろうか今日は転校生が5人。我が進撃高校に入ってくる。キース先生。あとはお願いします。」



    クリスタ「あの人カツラだよね?」



    アニ「声が大きいよ」ヒソヒソ



    フリーダ「え、だってズラズラ感半端ないじゃん。」


    ユミル「声が大きいってば」ヒソヒソ




    エルヴィン(・・・ズラ変えよ...)
  52. 54 : : 2017/08/21(月) 14:28:27
    >>45 コメントありがとうございます!
    対応が遅くなってしまいすいません...



    すいません、少し落ちます。
    すぐ戻りますので少々お待ちを(乂'ω')
  53. 55 : : 2017/08/21(月) 14:31:46
    結局ここでもズラヴィン(笑)
  54. 56 : : 2017/08/21(月) 14:33:33
    おおっ!?もしかしてベルアニくるかな!?
    フラグが見えるぞ(歓喜)
  55. 57 : : 2017/08/21(月) 14:41:14
    今戻りました。少し誤字がないか見返してたんですが自分で「ズラズラ感てなんや」って思いました。
    自分で書いたのに分かってないのはなんでだろ...
    あ、再開しますね
  56. 58 : : 2017/08/21(月) 14:45:19
    >>55
    ズラヴィン「どこでもズラヴィン!ここでもズラヴィン!みーんなズラヴィンになぁ〜れ!」


    エレン「何言ってんだあの人」


    >>56
    ベルアニ...カップリングは自分にもわかりません!もう大宇宙の意思に任せます。はい。
    関係ないんですけど「ベルトルト」って打つと「腰巾着」とか「ベルなんとかさん」って出てきてちょっと可哀想だなと思いました。関係ないですね!すいません!

    あ、ホントのホントに再開します
  57. 59 : : 2017/08/21(月) 14:59:30
    キース「相変わらず騒がしいな!けど一旦聞け!今ハゲって言った奴校庭70周走ってこいよ!では紹介する!」



    アルミン(うわ容赦ないな)



    キース「アニ・レオンハート、クリスタ・レンズ、フリーダ・レイス、ユミル、ミカサ・アッカーマンの5人だ。入ってきなさい!」


    ゾロゾロ

    クリスタ「ぅあぅ...人多い...」


    アニ「・・・」(エレンはどこだろ...)


    ミカサ「...」(あ、エレン)フリフリ


    ーーーーーーーー

    ジャン「!!黒髪美少女...!!手を振ってくれた!?脈ありすぎだろぉ!」

    ーーーーーーーー


    ユミル「・・・」(人多い人多い人多い人多い!!!多ぃぃぃ!あ、アイツいるんだ...)



    フリーダ「わぁ...注目されてるね。私達。」




    ザワザワザワビジョバッカジャン!ス、スッゲェー
    オレノクラスコナイカナ...アトデコクツテクルワ!カワイスギル


    キース「この人達だ!皆、仲良くするように!ちなみに全員5組(エレン達のクラス)だ!あとジャン・キルシュタイン!うるさいぞ!お前なんぞに手を振るのは馬くらいだ!後で校庭40周!」



    アルミン(口悪くて厳しいって...。てかハゲと美少女ってwww)


    ジャン(いや!俺に手を振ってくれてた!絶対に!あと馬じゃねぇ!)


    5クミウラヤマシィ...テカウマwwウマッテwwクソワロww



    馬(おい!)
  58. 60 : : 2017/08/21(月) 15:12:56
    教室ー

    キース「全員席についたな!ではさっきの5人!改めて自己紹介を!」


    アニ「2人とも天使だってばらさないようにね!契約は1度ていいけど面倒臭いことになるかもしれないからね」ヒソヒソ



    クリフリ「了解!!」ビシッ←敬礼



    ユミル「何そのポーズ。カッコイイ」



    クリスタ「?なんだろ」ハテ?



    フリーダ「体が勝手にね...」ハテハテ?



    ミカサ「ミカサ・アッカーマン。離れた場所から引っ越してきた...ました。」



    ジャン(近くで見るとより眩しい...。脈ありなんて幸せだ...!)



    ミカサ「将来はエレンの嫁、又は夫になります。よろしく」



    皆「」



    ジャン「」



    エレン「」



    ミカサ「」スタスタ



    ジャン「・・・ぇ?」


    ザワザワザワ


    エレン「...アイツ...」



    アルミン(・・・)


    ジャン「羨ましい!エレンテメェ!」



    エレン「!!?なんだよ急に!離せよ!」



    キース「・・・ジャン・キルシュタイン。あとで職員室に来なさい」



    ジャン「」
  59. 61 : : 2017/08/21(月) 15:14:05
    あ、今日は16時から少し更新が遅くなります
  60. 62 : : 2017/08/21(月) 15:21:38
    スッ…


    ユミル「ユミルです。あー、えー、よろしく。」チラ



    ベルトルト「・・・」ニコッ



    ユミル「...フン...///」



    クリスタ「く、クリスタ・レンズです。好きな事は甘いものを食べることです」



    ライナー「天使・・・」ハァハァ



    アルミン「可愛いな...」


    クリスタ「エレンの家に住んでます。これからよろしくお願いします。」




    皆「」



    ライアル「」



    エレン「また...」



    皆(エレン...!!)ギロッ



    エレン「???」



    アニ「アニ・レオンハート。趣味は特に...。よろしく」



    皆(ホント美人だな...)



    フリーダ「フリーダ·レイスです。クリスタの義理の姉です。クリスタと同じくエレンの家に住んでます。よろしくお願いします」ペコリ


    皆(驚くの疲れたけどエレンは爆ぜろ)



    エレン「まぁ、何事もなく自己紹介は終わったな...」



    アルミン(・・・)
  61. 63 : : 2017/08/21(月) 15:32:38
    エレン!!
    家に帰ったら、知り合いの掃除屋を玄関に配置しないと汚された事怒られるよ!
    え?ちょ!リヴァイさん!?え、あのまって!
    ギャァァォァァ
  62. 64 : : 2017/08/21(月) 15:40:58
    時間経過ー



    ユミル「・・・ベルトルさん」スッ



    ベルトルト「ユミル、久しぶりだね」



    ユミル「元気にしてたかい?」



    ベルトルト「まぁね。そっちは?」



    ユミル「まぁ普通だね」



    ベルトルト「そっか...よかった」



    ユミル「・・・」



    ベルトルト「・・・」



    ユミル「・・・なんか話してよ」



    ベルトルト「...初めてあった日のことでも・・・」



    ユミル「恥ずいから却下。他の」



    ベルトルト「え〜。じゃあ契約結んだ時の...」



    ユミル「却下!絶対に!」



    ベルトルト「...話すことなくない?」



    ユミル「いや他のことあるだろ」



    ベルトルト「じゃあ...」



    ユミル「なに」



    ベルトルト「綺麗になったね。ユミル」



    ユミル「なっ!も、もう行く!」ガタッ



    ユミル「...バカヤロー///」



    アルミン(爆ぜろ)
  63. 65 : : 2017/08/21(月) 15:46:31
    >>63

    し!死ぬなぁー!

    NONAME「とりあえず玄関に...」


    例の人「おい。ちょっと表出ろ」ガシッ


    NONAME「ぁ...例の人さんご、ごきげんよう」



    リヴ...例の人「...╬舐めるなよ」


    NONAME「さ、作者の力を舐めるなよ!作者の力!」ウデバッ


    例の人「人類最強舐めるなよ」ウデバキッ



    NONAME「」



    例の人「さぁ、表出ろ」



    NONAME「ちょっ、まって、タンm」




    うわぁぁぁぁぁ!!!!!
  64. 66 : : 2017/08/21(月) 15:58:34
    放課後ー

    エレン「疲れた・・・」



    フリーダ「まさか先生が皆エレン家に住んでるって暴露するとはね...」



    エレン「みんなにめっちゃ睨まれた...」



    エレン「...変な天使が転校生...か」ハァ...



    クリスタ「変な天使が転校生?」ヒョコッ



    エレン「・・・なんでもない」



    クリスタ「少しは驚いてよ!」プンプン



    ミカサ「エレン。帰ろう。」



    エレン「疲れた...」ガタッ



    スタスタゾロゾロ



    ゴリライナー「え、エレンのやつ...ハーレムじゃねぇか!」



    馬「ミカサたんは渡さねぇ!」



    ライナー「しかも親友はリア充だったし・・・」



    ジャン「校庭走らされるし...」←走ったよ☆


    ホモライナー「ジャン。今夜は慰め合おうぜ...」ガシッ



    ジャン「あぁ・・・ん?今夜は?慰め合あu」


    ズルズル


    掘りライナー「さぁ、行こうか」ガチャッ



    ジャン「ぁ、ちょっまっ」


    バタン


    この日ジャンは鎧の巨人にウォールマリアの扉を突破されたとかされてないとか





    ジャン「逃げたよ!馬スキルでな!てかなんだよ馬スキルって!」
  65. 67 : : 2017/08/21(月) 16:04:14


    エレン「ただいまぁ〜」(クリスタ達はコンビニで買い食いか...)



    ピカピカキュッキュ



    エレン「・・・相変わらずすごいな...」



    「・・・帰ったか」



    エレン「『リヴァイ』さん」



    リヴァイ「お前...この数日で女を5人も住ませるなんて...何があった?」



    エレン「まぁ色々とですね」



    リヴァイ「・・・そうか。それでなんだ?話って」



    エレン「あぁ...急になんですけどリヴァイさん。」



    リヴァイ「なんだ」



    エレン「俺ん家で働いてみません?」



    リヴァイ「・・・は?」




    続く?
  66. 68 : : 2017/08/21(月) 16:07:01
    クリスタ「変な天使は転校生?」

    はこれで終わります!



    終わりが急に過ぎた...ごめんなさい...

    そして想像以上に長くなった...。そして疲れた...

    あ、次のタイトルは決まってます!まぁお楽しみですね!


    ではでは読んでくださった方々ありがとうございます!

    また今度!ばいばい!(乂'ω')
  67. 69 : : 2017/08/21(月) 17:16:50
    お疲れさま(^-^)

    次も頑張ってください!
  68. 70 : : 2017/08/21(月) 17:17:50
    >>69 でっちょさんありがとうございます!
  69. 71 : : 2017/08/22(火) 21:32:47
    http://www.ssnote.net/archives/55362

    ↑続きです!遅れてすいません!
  70. 72 : : 2017/08/27(日) 22:17:16
    なんと‼︎
    僕も鯛焼きは背びれからですよ!
    驚かれますよね〜
  71. 73 : : 2017/09/06(水) 23:04:48
    おつ
  72. 74 : : 2017/10/22(日) 02:16:35
    お前馬鹿だろ。

    女性陣全員がエレン好きになるわけないだろ


    ましてやイケメンでもないんだぞ?

    悪人面なんだぞ?

    ミカエレ、クリエレはあるとして
    アニエレはない。

    師弟関係ってだけでそうなるって
    どんだけ恋愛脳なんだよ

▲一番上へ

名前
#

名前は最大20文字までで、記号は([]_+-)が使えます。また、トリップを使用することができます。詳しくはガイドをご確認ください。
トリップを付けておくと、あなたの書き込みのみ表示などのオプションが有効になります。
執筆者の方は、偽防止のためにトリップを付けておくことを強くおすすめします。

本文

2000文字以内で投稿できます。

0

投稿時に確認ウィンドウを表示する

著者情報
re1990

NO NAME

@re1990

この作品はシリーズ作品です

エレン「変な天使と・・・」 シリーズ

「進撃の巨人」カテゴリの人気記事
「進撃の巨人」カテゴリの最新記事
「進撃の巨人」SSの交流広場
進撃の巨人 交流広場