ssnote

x

新規登録する

作品にスターを付けるにはユーザー登録が必要です! 今ならすぐに登録可能!

世界はハッピーエンドで出来ている~エレミカ~

    • Good
    • 0

loupe をクリックすると、その人の書き込みとそれに関連した書き込みだけが表示されます。

▼一番下へ

表示を元に戻す

  1. 1 : : 2016/11/27(日) 17:26:30
    エレミカです。

    多少シリアス

    学パロ
  2. 2 : : 2016/11/27(日) 17:28:09
    誰かが言った気がする

    この世界には神様がいて、私達を守ってくれると

    だけど、少なくとも私は信じない

    もしも神様がいるならこんな残酷な現実はありえないもの…
  3. 3 : : 2016/11/27(日) 17:33:52
    ートロスト学園ー

    ローゼ市にあるそこそこの倍率の進学校…

    そこで起きたある男女の話

    アルミン「エレン、ミカサ、おはよう‼」

    エレン「おう、アルミンおはよう」

    ミカサ「…おはよう」

    エレン、アルミン、ミカサはこの春入学したばかりの新入生、

    三人とも思い思いの目標を掲げて入学した…

    ミカサ「エレン、今日も寝坊したでしょう?」

    エレン「ああ?うるせえな、お前は俺の母親か!」

    アルミン「もう、二人とも遅れちゃうよー」

  4. 4 : : 2016/11/27(日) 17:40:46
    ー下駄箱ー

    アルミン「ほら、エレンとミカサも喧嘩しないで」

    ミカサ「わかった…アレ?」

    アルミン「どうしたの?」

    ミカサ「私の靴箱に…何かが…」

    ミカサの靴箱「手紙」

    ミカサ「手紙?なんだろう、」

    アルミン「え?」

    エレン「」

    ミカサ「……放課後屋上に来て下さい」

    アルミン「ふぁっ⁉」

    エレン「………」
  5. 5 : : 2016/11/27(日) 17:42:08
    【現在公開可能な情報】

    ミカサ・アッカーマン

    学年の成績:2位

    エレンとアルミンの幼馴染

    備考:割りとモテる
  6. 6 : : 2016/11/27(日) 17:51:36
    アルミン「ミカサ…誰から貰ったんだろうね」

    エレン「へ…し、知るかよ!」

    アルミン「エレン?」

    エレン「あー、あー俺には関係ない‼」

    アルミン「でも、女子の間ではその話題で持ちきりだよ?」

    クリスタ「ねえミカサ、誰から貰ったの?」

    ミカサ「わからない、宛名が書いてないから…」

    クリスタ「へー」

    サシャ「え?でもミカサ、本当にラブレターならどうするんですか?付き合うんですか?」

    ミカサ「わからない、会ってみないと…」

    クリスタ「へー良いなあ」キラキラ

    ユミル「クリスタ、お前ならもっと良いのがあるさ」

    アルミン(うわあ、なんかムードが…)

    アニ「ねえ」

    アルミン「え?ふぁっアニ!?」

    アニ「あのラブレター書いたの、心当たりないの?」

    アルミン「え、いや…誰だろうね…」

    アニ「アンタじゃないだろうね…」

    アルミン「ち、違うよ!ミカサは友達だし‼」

    アニ「ふーん」チラッ

    アルミン(アニ…今、エレンを見た?)

    アニ(まあ、あの駆逐バカは違うだろう)

    アルミン(アニ…エレンが好きなのかな?)

    アルミン(エレン…羨ましいよ)

    エレン「………」
  7. 7 : : 2016/11/27(日) 18:01:11
    期待期待期待!
  8. 8 : : 2016/11/27(日) 18:09:42
    ーその日の昼休みー

    キーンコーン カーンコーン

    ミカサ(サシャとお昼を食べよう…)

    エレン「おい」

    ミカサ「え?」

    エレン「お前…放課後屋上に行くのかよ…」

    ミカサ「え、ええ…」

    エレン「付き合うのか?」

    ミカサ「それは…わからないけど…どうしたの?」

    エレン「は?」ガタッ

    ミカサ「え、エレン…どうしたの?怖い顔して…」ビクビク

    エレン「うるせえよ…お前は…」

    サシャ「ミカサ!」

    クリスタ「エレン、何してるのさ‼」

    エレン「⁉」

    サシャ「大丈夫ですか?ミカサ…」

    ミカサ「さ、サシャ…」ポロ

    クリスタ「エレン、あっち行ってよ‼ミカサ泣いてるでしょ‼」

    エレン「チッ」

    サシャ「ミカサ…大丈夫ですか?」

    ミカサ「うん…」

    エレン「………」

    アルミン「エレン、何があったの?」

    エレン「なんでも…ねえよ‼」ギリイ
  9. 9 : : 2016/11/27(日) 22:12:55
    期待っ!
  10. 10 : : 2016/11/28(月) 19:17:18
    手紙の主はジャンだったら普通wwでも吐露さんの作品だから先が読めない!!期待!!
  11. 11 : : 2016/11/28(月) 21:22:54
    エレミカアルアニに大期待☆
  12. 12 : : 2016/11/29(火) 15:29:11
    ー放課後ー

    ミカサ(屋上に行かないと…エレンは部活に行ってるし…良いよね?)

    ーーーーーーーー
    ーーーー

    ー屋上ー

    ジャン「あ、ミカサ」

    ミカサ「え?ジャン…」

    ジャン「来てくれたのか…」

    ミカサ「うん…?この手紙、ジャンが書いたの?」

    ジャン「ああ…悪いな、迷惑だったか?」

    ミカサ「う、ううん…それで話って?」

    ジャン「…ああ」

  13. 13 : : 2016/11/29(火) 15:33:28
    ジャン「俺は…お前の事、好きなんだ…つ、付き合ってくれ!」

    ミカサ「え…///」

    ジャン「駄目か…?」

    ミカサ「ごめんなさい…急に言われても少し困る。でもジャンが折角勇気を持って言ってくれたので私も出来れば答えたい…」

    ジャン「ミ、ミカサ⁉じゃあ…」

    ミカサ「返事は待って欲しい////」

    ジャン「わ、わかった///」

    ジャン「そ、それとよ…」

    ミカサ「?////」

    ジャン「エレンとは…その、付き合ってるんじゃないのか⁉

    ミカサ「⁉」

    ジャン「その、もし無理してるなら…俺はミカサ「違うの」

    ジャン「え?」

    ミカサ「エレンは…私の…」

    ーーーーーーーーーーーーーー
    ーーーーーーーーーーー
    ーーーーーーーー

    ミカサ「、という訳なの…」

    ジャン「え?」
  14. 14 : : 2016/11/29(火) 15:36:41
    ミカサ「ビックリした?」

    ジャン「いや、その…」

    エレン「ミカサ!!」

    ジャン「⁉」

    ミカサ「エ、エレン?」ビクッ

    エレン「……ジャン?まさかあの手紙…」

    エレン「どういうつもりだテメエ‼」

    ミカサ「エレン、違うのこれは…」

    エレン「うるせえよ‼ミカサ、そんな奴から離れろ、帰るぞ!」

    ミカサ「わ、わかった…」ビクビク

    ジャン「お、おいエレン!」

    エレン「うるせえうるせえ‼関係ない奴は引っ込んでろ!!」

    ジャン「なっ‼」

    ミカサ「ジャン…ごめんなさい…また…」

    ジャン「ミカサ…?」
  15. 15 : : 2016/11/29(火) 18:09:36
    エレン「ミカサ…早く帰るぞ…」

    ミカサ「エレン…痛い…それに今日の部活は?」

    エレン「うるせえうるせえ‼」

    ミカサ「エレン…」

    クリスタ「ちょ、ちょっとエレン、」

    サシャ「ミカサに何してるんですか‼」

    ミカサ「皆…」ウルッ

    アルミン「エレン…ちょっとやりすぎだよ」

    エレン「黙れ‼お前らには関係ない‼」グイッ

    ミカサ「きゃっ…」

    クリスタ「あ、ミカ…」

    アルミン「エレン…」







    ジャン(ミカサ…)

    ミカサ『エレンは私の…』

    ジャン(本当なのか?)
  16. 16 : : 2016/11/29(火) 18:11:09
    クリスタ「ミカサ…帰っちゃった…」

    アルミン「………」

    サシャ「そう言えばいつも一緒に帰ってますけどあの二人って家が近いんですか?」

    アルミン「いや、」

    サシャクリ「え?」

    アルミン「あの二人…一緒に暮らしてるんだよ…」

    サシャクリ「えええええええ‼」
  17. 17 : : 2016/11/29(火) 18:39:32
    き、期待
  18. 18 : : 2016/11/29(火) 19:27:37
    期待期待!ジャンミカになるのかな?エレミカになるのかな?
  19. 19 : : 2016/11/29(火) 19:30:11
    期待っス
  20. 20 : : 2016/11/30(水) 21:00:03
    エレン(くそっ…くそっ!くそっ!)

    エレン(なんで…なんで…)

    エレン(こんな…筈じゃあ…)

    ミカサ「エレン…?」
  21. 21 : : 2016/11/30(水) 21:02:25
    ーーーーーーーーー
    ーーーーーーー
    ーーーー

    サシャ「えっと…アルミン?」

    サシャ「ミカサとエレンって親戚って訳でもないですよね?」

    アルミン「うん…」

    クリスタ「じゃあどうして一緒に住んでるの?」

    アルミン「……あれは小学生の時だったかな」

    ジャン「………」

    アルミン「ミカサの両親は地元でも有名な名士で、裕福な家庭だったけど…」
















    アルミン「殺されたんだ…ある日突然」
  22. 22 : : 2016/12/01(木) 18:24:57
    期待
  23. 23 : : 2016/12/04(日) 12:50:18
    サシャ「え…」

    クリスタ「そ、それ本当なの?」

    アルミン「うん…」

    ジャン「…………」

    ーーーーーーーーーーーー
    ーーーーーー
    ーーー

    ミカサ『エレンは…私を助けてくれた…』

    ジャン『え?』

    ミカサ『私が小学生の頃、両親が強盗に襲われて死んだ…』

    ジャン『⁉』

    ミカサ『その時…お父さんの知り合いだったグリシャおじさんの家族が私を引き取ってくれた…』

    ミカサ『最初は不安で怖くていっぱいだった、でもエレンはこんな私を優しく包み込んでくれた』

    ミカサ『だから…』

    ミカサ『エレンは私の家族なの』

    ジャン『…………』
  24. 26 : : 2016/12/24(土) 01:42:19
    ハッピーエンドで出来てねぇよ…事故死した人にそんなこと言えんのか…?所詮エレゴミか…
  25. 27 : : 2016/12/24(土) 17:27:13
    ↑それなwwww
  26. 28 : : 2016/12/24(土) 17:36:37
    バッドエンドの方が多くね?w(マジレス)
  27. 29 : : 2016/12/24(土) 17:46:43
    マジレスすなwwwwww
  28. 30 : : 2016/12/26(月) 23:33:51
    >>10間違えました。どうかお気にせず
  29. 31 : : 2017/01/04(水) 08:57:53
    結局放置か´^ω^`ぶふぉwwwww
    >>28ww現実を見ろwwwwwwwwwwwwアニメとかの話wwwwwwwww笑いが止まりてんわwww
  30. 32 : : 2017/02/21(火) 23:10:36
    人をバカしてるやつwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww( •́ฅ•̀ )クッサ
  31. 33 : : 2017/05/13(土) 21:03:17
    エーレッミーカッ♪(v^_^)vエーレッミーカッv(^_^v)♪エーレッミーカッ♪(v^_^)v
    エーレッミーカッ♪(v^_^)vエーレッミーカッv(^_^v)♪エーレッミーカッ♪(v^_^)vエーレッミーカッv(^_^v)♪
  32. 34 : : 2018/01/28(日) 23:13:12
    俺はエレンイェーガー。俺が朝起きると目を疑うような事が起きていた。


    「…教官…?」ボソッ


    本人には聞こえなかったのだろう。目の前でライナーの男性器を
  33. 35 : : 2018/01/28(日) 23:13:15
    俺はエレンイェーガー。俺が朝起きると目を疑うような事が起きていた。


    「…教官…?」ボソッ


    本人には聞こえなかったのだろう。目の前でライナーの男性器を
  34. 36 : : 2018/01/28(日) 23:13:17
    俺はエレンイェーガー。俺が朝起きると目を疑うような事が起きていた。


    「…教官…?」ボソッ


    本人には聞こえなかったのだろう。目の前でライナーの男性器を
  35. 37 : : 2018/01/28(日) 23:13:19
    俺はエレンイェーガー。俺が朝起きると目を疑うような事が起きていた。


    「…教官…?」ボソッ


    本人には聞こえなかったのだろう。目の前でライナーの男性器を
  36. 38 : : 2018/01/28(日) 23:13:22
    俺はエレンイェーガー。俺が朝起きると目を疑うような事が起きていた。


    「…教官…?」ボソッ


    本人には聞こえなかったのだろう。目の前でライナーの男性器を
  37. 39 : : 2018/01/28(日) 23:13:24
    俺はエレンイェーガー。俺が朝起きると目を疑うような事が起きていた。


    「…教官…?」ボソッ


    本人には聞こえなかったのだろう。目の前でライナーの男性器を
  38. 40 : : 2018/01/28(日) 23:13:27
    俺はエレンイェーガー。俺が朝起きると目を疑うような事が起きていた。


    「…教官…?」ボソッ


    本人には聞こえなかったのだろう。目の前でライナーの男性器を
  39. 41 : : 2018/01/28(日) 23:13:30
    俺はエレンイェーガー。俺が朝起きると目を疑うような事が起きていた。


    「…教官…?」ボソッ


    本人には聞こえなかったのだろう。目の前でライナーの男性器を
  40. 42 : : 2018/01/28(日) 23:13:32
    俺はエレンイェーガー。俺が朝起きると目を疑うような事が起きていた。


    「…教官…?」ボソッ


    本人には聞こえなかったのだろう。目の前でライナーの男性器を
  41. 43 : : 2018/01/28(日) 23:13:34
    俺はエレンイェーガー。俺が朝起きると目を疑うような事が起きていた。


    「…教官…?」ボソッ


    本人には聞こえなかったのだろう。目の前でライナーの男性器を
  42. 44 : : 2018/01/28(日) 23:13:37
    俺はエレンイェーガー。俺が朝起きると目を疑うような事が起きていた。


    「…教官…?」ボソッ


    本人には聞こえなかったのだろう。目の前でライナーの男性器を
  43. 45 : : 2018/01/28(日) 23:13:39
    俺はエレンイェーガー。俺が朝起きると目を疑うような事が起きていた。


    「…教官…?」ボソッ


    本人には聞こえなかったのだろう。目の前でライナーの男性器を
  44. 46 : : 2018/01/28(日) 23:13:41
    俺はエレンイェーガー。俺が朝起きると目を疑うような事が起きていた。


    「…教官…?」ボソッ


    本人には聞こえなかったのだろう。目の前でライナーの男性器を
  45. 47 : : 2018/01/28(日) 23:13:48
    俺はエレンイェーガー。俺が朝起きると目を疑うような事が起きていた。


    「…教官…?」ボソッ


    本人には聞こえなかったのだろう。目の前でライナーの男性器を
  46. 48 : : 2018/01/28(日) 23:13:50
    俺はエレンイェーガー。俺が朝起きると目を疑うような事が起きていた。


    「…教官…?」ボソッ


    本人には聞こえなかったのだろう。目の前でライナーの男性器を
  47. 49 : : 2018/01/28(日) 23:13:52
    俺はエレンイェーガー。俺が朝起きると目を疑うような事が起きていた。


    「…教官…?」ボソッ


    本人には聞こえなかったのだろう。目の前でライナーの男性器を
  48. 50 : : 2018/01/28(日) 23:13:56
    俺はエレンイェーガー。俺が朝起きると目を疑うような事が起きていた。


    「…教官…?」ボソッ


    本人には聞こえなかったのだろう。目の前でライナーの男性器を

▲一番上へ

このスレッドは書き込みが制限されています。
スレッド作成者が書き込みを許可していないため、書き込むことができません。

著者情報
mikasaanti

吐露比軽古鬱@10年後までごきげんよう

@mikasaanti

「進撃の巨人」カテゴリの人気記事
「進撃の巨人」カテゴリの最新記事
「進撃の巨人」SSの交流広場
進撃の巨人 交流広場